義史のB型ワールド

2012年10月4日

明石大久保方面へ行った序に、藤江にあるトンカツ屋さんに行ってみた。何かこの名前のお店って昔、姫路にもあった様な・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:23 PM
 
代理人記録
 
時々書いている様に、最近ちょっとした事情で明石大久保方面へ行く事が多い。この日も夕方近くから大久保近辺へ行ったので、その序でに夕ご飯を食べてから帰る事となった。が、個人的にあまり土地勘の無い場所だし、気軽に夕飯を食べる様なお店をあまり知らない・・・。てな事で、以前、明石方面まで行った時に、その途中に”とんかつ屋さん”があった事を思い出したので、そちらのお店に行ってみる事にした。
 
とんかつ播/明石藤江店
こちらが今回食べに入ったお店『とんかつ播/明石藤江店』で、お店は旧浜国沿いの、山電藤江駅から少し東へ行った辺りにある。今年の春頃に通った時は、こんな”とんかつ屋さん”は無かったはず・・・、と思って後で調べたら今年の6月頃にオープンしたお店らしい・・・、てか、以前は別のお店があった処に、この”とんかつ屋さん”が入った・・・、って感じかな?で、このお店と同じ名前の”とんかつ屋さん”が、西明石(神戸西区)の方にもあるし、何年も前には姫路飾磨辺りにも、これと似た様な名前の”とんかつ屋さん”があった様な気がするのだが・・・、記録が残って無いので定かでは無い・・・。
 
とんかつ播/明石藤江店の店内
そしてこちらが『とんかつ播/明石藤江店』の店内で、雰囲気的には”とんかつ屋さん”と言うよりか、町中の飯屋さん・・・、と言う様な感じだ。しかも、偶々入店した時間の関係からか、店内には店主?らしき、オジサン一人しか居ないこのオジサン一人で注文を取って、厨房で料理を作って更に電話応対までやっていた。何かちょっと大丈夫なの?と言う気が多少しないでは無かったが・・・。唯一の救い?は、そのオジサンは中々、人当りの良さそうな丁寧な人だったので、多少の事なら許してあげたい・・・、と言う気持ちを起こさせる様な雰囲気はあったが・・・。
 
とんかつ播/明石藤江店のメニューとんかつ播/明石藤江店のメニュー
そしてこちらが『とんかつ播/明石藤江店』のメニューの一部で、オジサン一人でやっている割にはメニューが多い。この他にもまだまだメニューがあったので、ホンマに一人で全部出来るのかいな・・・、と思ってしまうのだが・・・。それは兎も角として、この中のメニューから、どうで滅多に来る事は無いお店?って事で、ちょっと張り込んで、豚カツとステーキがセットになった”国産牛ステーキ&ロースカツ定食”と言うセットを食べる事に決定!!!
 
とんかつ播/明石藤江店のメニュー
ちなみにこちらは”大好評!メニュー”と書かれたメニューで、時期的に未だ9月の初旬だったのだが、”カキフライ”等のメニューが並んでいる。こちらも若干は気になったのだが、シーズン的に未だ牡蠣は早いでしょう・・・、って事で見送ったのだった。
 
とんかつ播/明石藤江店のメニュー
その他にも、この様な”天然のびっくり!ジャンボ海老フライ”と言う様なメニューもあり、A4サイズの紙に原寸大と書いてあったので、ちょっと実物を見てみたい気もしたのだが、値段を見てちょっと躊躇ってしまった・・・。何と言っても初訪問のお店で、そこまでチャレンジする気にはなれないよねえ・・・、みたいな。
 
とんかつ播国産牛ステーキ&ロースカツ定食
で、先にも書いた世に、オジサン一人で、豚カツを揚げつつ、ステーキを焼いて、更には電話応対までしたりと何やかんやで時間が掛かっている様で、それなりの時を過ごした後、漸く運ばれて来たのが、こちらの”国産牛ステーキ&ロースカツ定食”で、お値段は1785円也。メインの”国産牛ステーキロースカツ”が盛られた皿の他には、味噌汁とご飯、それにステーキ用のタレと、豚カツ用のゴマが付いている。”とんかつソース”はテーブル備え付けの物を使う様だ。
 
とんかつ播国産牛ステーキ&ロースカツ
そしてこちらが”国産牛ステーキ&ロースカツ定食”のメインである、その名の通りの”国産牛?のステーキ”と”ロースカツ”で、ご覧の通り”ステーキ”で、雰囲気的には50g~60g程度のお肉焼いてからカットした様な感じの物が脇に添えられてる?みたいな感じ。で、”ロースカツ”の方は一応このお店の看板メニューと言う事もあって、カリッとした感じの揚げ具合でボリュームもあり中々美味しそう
 
とんかつ播ロースカツとヒレカツ
てな事で、早速”ロースカツ”から食べてみると、揚げ立て熱々で、中からは豚肉の油なのか、揚げた油なのか良く判らんが、油分がジュワーっと出て来て、それに肉の旨みが加わったジューシーさで中々旨い!ま、揚げ立て熱々の”トンカツ”って余程の事が無い限りは美味しいとは思うけど・・・。ちなみに右端の”トンカツ”は同行者が食べた”ヒレカツ”を一切れ交換して食べた物。値段的には”ヒレカツ”の方が若干高いのだけど、”トンカツ”のジューシーさ&旨さでは”ロースカツ”の方が美味しかった様な気がする・・・
 
とんかつ播国産牛ステーキ
そしてこちらが今回食べた定食のもう一つのメインである”国産牛?のステーキ”。で、そのお味であるが、何と無く一昔前・・・、と言うのか、昭和の頃に、町中にあるレストランとか洋食屋さんで食べた様な、ちょっとレトロな味わいのある焼き具合ステーキだ。金を余り持って無い若かりし頃に、何処と無く格安のステーキを求めて食べ歩きをしていた頃をふと思い出せる様な感じの味だったかな・・・。
 
とんかつ播のソース2種
ちなみにこちらはテーブルの上に用意されていた、2種類のとんかつソースで、手前の方は”ピリカラソース”と書いてあったので、奥の”こだわりソース”をベースに少しだけ”ピリカラソース”を加えてブレンドして食べてみたのだけど・・・、ま、普通に”とんかつソース”だったかな。
 
とんかつ播国産牛ステーキ&ロースカツ定食の味噌汁
そしてこちらは”国産牛ステーキ&ロースカツ定食”に付いていた味噌汁で、具はワカメとアゲがメインの、これまた素朴な味のお味噌汁であった。
 
てな事で、この日はまたまた明石大久保方面へ行った序に山電藤江駅近くの”とんかつ屋さん”に行ってみたのだが、今年の6月頃にオープンしたと言う割には、以前あったお店をそのまま使っている様で、新店と言う印象の無い、しかも割りと普通な感じの”とんかつ屋さん”だった。とは言え、表の看板を見るとランチタイムにはお得な定食メニューがある様で、今度行くならばランチタイムに行ってみたいかも・・・。でもどうせ行くなら、もうちょっと足を延ばして、神戸西区にあるお店の方に行ってみたい様な気もするが・・・。

1分で出来る”カップヌードル焼そば”を食べてみた・・・。てか、具以外にカップヌードルっぽい処が無い様に思うのだが・・・。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 7:43 PM
 
代理人記録
 
新しいネタは早目に・・・、って事で、今年の7月に関東甲信越・静岡地区で先行販売されていた”お湯入れから1分で湯切りができる”と言う”カップヌードル焼そば 1ミニット”と”日清焼そばU.F.O. 1ミニット”が、10月1日から全国で一斉発売された様なので、早速買って食べてみた。
 
カップヌードル焼そば 1ミニット/オイスターソース仕立てカップヌードル焼そば 1ミニット/オイスターソース仕立て
こちらがスーパーのカップ麺売場で山積みとなっていた”カップヌードル焼そば 1ミニット”と”日清焼そばU.F.O. 1ミニット”。最初パッと見た時は、”カップヌードルがU.F.O.になった?”と言う様な、訳判らん思いが頭の中を駆け巡ったのだが”U.F.O.”自体は、調理時間が短くなっただけで、普通に”焼そば”なのよね・・・。って事で、まずはちょっと怪しき”カップヌードル焼そば 1ミニット/オイスターソース仕立て”から食べてみる事にした・・・。
 
カップヌードル焼そば 1ミニット/オイスターソース仕立てカップヌードル焼そば 1ミニット/オイスターソース仕立て
こちらがその”カップヌードル焼そば 1ミニット/オイスターソース仕立て”で、エースコックから発売された縦型カップ焼そばの”JAN JAN(ジャンジャン)”が良く売れた!って事で、それを真似たかの様な縦型カップの焼そばの様だ。パッと見た感じでは”カップヌードルごはん”?にも見えたので、並べて写真を撮ってみたかったのだが、残念ながら”カップヌードルごはん”のストックが無かったので、単体のみでのご紹介・・・。
 
カップヌードル焼そば 1ミニット/オイスターソース仕立て
てな事で、早速”カップヌードル焼そば 1ミニット/オイスターソース仕立て”の蓋をめくってみると、中身はこんな感じ。日清の商品説明に寄ると”熱湯1分で戻る新開発の麺。独自の技術により、1分戻しでありながら、しなやかでコシのある麺”と”エビ、スクランブルエッグ、ダイスミンチ、ミンチポーク、ネギの具材”との事。確かにパッとみた感じではカップヌードルと同じ?様に見えなくも無い・・・。でも微妙にカップヌードルに比べて具の量は少なそうな気がするけど・・・。
 
カップヌードル焼そば 1ミニット/オイスターソース仕立て
で、お湯を注いでから1分で湯切りをして、その後にソースを入れて掻き混ぜて完成した”カップヌードル焼そば 1ミニット/オイスターソース仕立て”がこちら。再び日清の商品説明に寄ると”オイスターソースのうまみと白菜の甘みが特徴のしょうゆベースのソース。カップヌードルらしくエビの香りを利かせました”との事。何かこんな味の、カップ焼そばを以前にも食べた事がある様な気がしたが、思い出せない・・・。で、確かに具がカップヌードルと同じなのだが、味的にはカップヌードルっぽい味が全然しない様な気がする・・・。てか、”カップヌードル”と言う冠を付ける為だけに、無理やりカップヌードルの具材を入れただけ?と言う様な気もするのだが・・・。
 
てな事で、何か最近、むやみやたらに”カップヌードル関連の商品が増えた様な気がするのだけど・・・。次回は”日清焼そばU.F.O. 1ミニット”を食べるとして、その他にも”カップヌードル メガミート”とか”カップヌードル メガベジタブル”等も買って置いてあるので、何か暫くの間、カップ麺生活が始まってしまいそうなんだけど・・・。

WordPress.com Blog.