義史のB型ワールド

2013年11月30日

またまた北海道物産展に行って、今回は旭川ラーメン大賞最優秀店と言うお店の”こてあっさり”スープのラーメンを食べた!でも思った程の”こてあっさり”では無かった様な・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:57 PM
 
代理人記録
 
未だ10月の中旬頃の話で恐縮だが、私がラーメン好きになったきっかけでもあり、あるいは最近では『らーめん山頭火』の大ファンになるきっかけでもある姫路山陽百貨店の北海道物産展がまたまた開催されていた。で、毎回北海道物産展には何処かの有名なラーメン屋が出店している事が多いのだが、今回は”旭川ラーメン大賞優秀店”だと言う『梅光軒』との事。個人的に”旭川ラーメン”と言えば、一人旅で北海道へ行った時に食べた『蜂屋』(後に新横浜ラーメン博物館でも食べた)、ソロツーリングで北海道一周した時に食べた『青葉』(後に明石ラーメン波止場でも食べた)、そして山陽百貨店で食べて大ファンになった『山頭火』等、結構”旭川ラーメン”が好きな事もあり、今回登場の”旭川ラーメン大賞優秀店”にも興味を持ったので食べに行ってみた。
 
旭川ラーメン梅光軒チラシ
ちなみにこちらが姫路山陽百貨店の北海道物産展の案内チラシに載っていた『旭川ラーメン梅光軒』の紹介部分で、これに寄るとこのお店は”ミシュランガイド北海道2012”掲載店らしい。で、そのラーメンの特徴は”「こてあっさり」のスープに自家製ちぢれ麺が絶妙に絡む”との事。ん?「こてあっさり」って聞くと?何か”天一のこっさり”を思い浮かべてしまいそうなネーミングだが、スープは全然違うっぽいし、また別の紹介文では”チャーシューを一昼夜寝かせて熟成させた醤油だれとダブルスープが交わることで、奥深いコクと味わいを楽しめる”って事で、ちょっと期待を込めて食べに行ったのだった。
 
旭川ラーメン梅光軒特設茶屋
そしてこちらが姫路山陽百貨店の”秋の北海道大物産展”の会場の一角にあった『旭川ラーメン梅光軒』の特設茶屋で、お店到着時は未だ正午にはなっていなかったのだが、流石に北海道物産展のラーメン屋さんと言う事で、他のエリアの物産展で登場するラーメン茶屋に比べるとお客さんの入りが多い様な気がする・・・。
 
小樽おたる巽鮨カウンター
ちなみに今回の特設茶屋の一角には同時出店?している『小樽おたる巽鮨』のカウンターもあった。てか、別にカウンター席に座らずとも、ラーメン用のテーブル席でお鮨を食べる事も可能らしい。で、何年か前に同じくこの姫路山陽百貨店の北海道物産展で出店していた鮨屋さんで食べた”まぐろづくし”が結構美味しかった印象があったので、今回の『小樽おたる巽鮨』のメニューの中に”まぐろづくし”みたい大トロが食べれるセットは無いかな・・・、とチェックはしたのだが、見当たらなかったので素直にラーメンだけを食べる事にしたのだった・・・。
 
旭川ラーメン梅光軒メニュー
そしてこちらが『旭川ラーメン梅光軒』のメニューで、旭川と言えば基本的には”醤油ラーメン”が多いのだが、流石に北海道のお店と言う事もあり”味噌ラーメン”は当然の如く、今時のお店なのか”塩ラーメン”もメニューにある。そしてそれぞれに”バターコーン”や”チャーシュー”等のバリエーションがある。が、飯物の様なサイドメニューは一切無い様だ。で、取り敢えず今回は”こてあっさりのWスープ”と言うこのお店のご自慢のスープの”醤油ラーメン”を食べる事に決定!!!
 
旭川ラーメン梅光軒味わいチャート
で、食券を買って席に着くと目の前にはこの様な”味わいチャート”と書いた紙が貼ってあって、当然の如く”塩はあっさり味”で、”味噌はこってり濃い味”、そしてその中間が”醤油”と書いてあった・・・。何か普通過ぎてちょっと面白味に欠ける様な気がするが・・・。
 
旭川ラーメン梅光軒醤油らーめん
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの『旭川ラーメン梅光軒』の”醤油ラーメン”で、お値段は800円也。お店の商品説明に寄ると”トンコツ、鶏ガラから摂れる「動物系」スープに、煮干し、昆布から摂れる「魚介系」スープをブレンドした「Wベース」のスープは「こてあっさり」と表現され、無添加で作られる自家製の中細ちぢれ麺との相性が絶妙”って事で、所謂私の大好きな動物系と魚介系のWスープのラーメンだ!
 
で、そのお味であるが・・・、ちょっと私のイメージしていたスープとは違いどちらかと言うとちょっと醤油辛い魚介風味はある物の、節系の甘味があまり感じられ無い。で、スープの表面に脂分が沢山浮いていたが、何か”こてあっさり”と言う程のこってり感もあっさり感も無かった様な・・・。食べる前の情報が多くて期待し過ぎてしまったからなのか、それ程に美味しいスープとは思えなかったなあ・・・。これが”ミシュランで評価された味”なのかなあ・・・。
 
旭川ラーメン梅光軒醤油らーめん
そしてこちらが”醤油ラーメン”にトッピングされていた”肉の味をしっかり伝えるモモ肉チャーシュー”で、これまたお店の商品説明に寄ると特徴は”その大きさと分厚さ。まずは見た目でお客様に喜んでいただけるチャーシューは、良質な豚肉の味をしっかりと伝える モモ肉を使用。特製の醤油だれで煮込んだ後は、火から下ろしてじっくり熟成。 軟らかい中にもしっかりとした食感が特徴です”との事。大きさは兎も角として、確かにちょっと分厚い感じで普通に美味しいチャーシューだったけど、またそれ以上の物でも無かった気がしないでも無い・・・。
 
旭川ラーメン梅光軒醤油らーめん
ちなみにこの『梅光軒』には代名詞のひとつとも呼ばれる”極太メンマ”も有名らしく、またまたお店の商品説明に寄ると”梅光軒ラーメンを語る上で欠かすことの出来ない存在、それがこの極太メンマです。大きなもので100円ライターほどの大きさのものもありますが、食感は軟らかくてサックリ、絶妙の食感”との事・・・。個人的には”メンマ”はそれ程好きでも無いので、それ程の感動は無かったが、確かに歯応え食べ応えのある”メンマ”だった事だけは違い無い・・・。
 
旭川ラーメン梅光軒醤油らーめん
そしてこちらが今回食べた”醤油ラーメン”の麺で、ご覧の様な”自家製中細ちぢれ麺”だ。で、これまたお店の商品説明に寄ると”旭川の厳しい冬の中、よりよく体を温めてもらおうと考案された「中細ちぢれ麺」。通常よりもちぢれが強く、より多くのスープが絡みます。完全自家製麺でご提供しているこの麺は、食品添加物や卵を使用していないので、アレルギーをお持ちの方にも安心してお召し上がり頂けます”との事。とは言え個人的な思いで言うと、スープが期待した程では無かったので、麺も半分どうでもエエ様な感じになってしまっていたが・・・。
 
てな事で、個人的には結構大好きな”旭川ラーメン”だし”ミシュランガイド北海道2012”掲載店と言う事で、ちょっと楽しみにして食べに行ってみたのだが、期待し過ぎたからなのか思った程美味しいスープのラーメンとは思えなかったなあ・・・。機会があれば、もう一回ぐらいは食べてみたい気がするが、やっぱ私の中で”旭川ラーメン”と言えば、今の処『山頭火』、『青葉』、『蜂屋』しか無い様な・・・。
広告

2013年11月29日

ちょっとした事情で、T郎君がランチをご馳走してくれると言うので久々に”牛庵”へ行って焼肉ランチを食べた!上ロース&上カルビは中々旨い!!!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:11 PM
 
代理人記録
 
今日は29日で肉の日・・・、って事でお肉の話題・・・。
 
この日の前日、珍しくT郎君から電話が掛かって来た。彼から電話がある時と言えば大体内容は決まっている・・・。で、何と無く話の内容から電話で解決しそうな気がしないでは無かったのだが、彼曰く、”最近はみんなで集まる機会も減ったし、こんな事でも無い限り顔を会す機会も無いやろ・・・”みたいな説得?に妙に納得して翌日に彼のお家に伺う事になった。で、案の定、用件自体は直ぐに済んだのだが、その後、お茶をよべれながらウダウダと喋っていると時間は既に正午を廻っていた。と言う事で、T郎君がランチをご馳走してくれると言う話になったので、久々に加古川にある焼肉屋さんにランチを食べに行く事になった。
 
焼肉しゃぶしゃぶ牛庵加古川店
こちらが久々に行って来た焼肉・しゃぶしゃぶ・すきやきのお店『牛庵/加古川店』で、10年近く前にこのお店が出来た頃は時々食べに来ていたのだが、最近は全然来て無かった・・・。何時頃から来て無いのかなあ・・・、と例に寄って当ブログを検索して見ると、かろうじて7年前に某先輩と”松茸と特選和牛ロース”を食べに来た時の記事が残っていた・・・。あの頃に押してもらっていたポイントカードは今も持っているのだけど、もう使えないよねえ・・・(そもそもこの日は持って無かったから確認はして無いが・・・)。
 
で、この日の訪問時間は午後12時半過ぎだったのだが、日曜日のランチタイムと言う事もあってか店内は大入り満員!写真撮影の為には窓際の明るい席に座りたかったのだが、空いていたのが入口近くのちょっと薄暗いテーブル席しか無かったので、仕方無くそちらの席に座る事に・・・。
 
焼肉・しゃぶしゃぶ・すきやきの牛庵/ホリデーランチメニュー
それはさて置き、この日は日曜日と言う事で平日のランチメニューとはちょっと違う(多分少々お値段が高く設定されている)”ホリデーランチ”になっているらしい・・・(単品で好きなお肉を食べる事は出来るが・・・)。ちなみに上の写真には焼肉ランチしか載って無いが、お店の看板にある様に”しゃぶしゃぶランチ”もあった・・・、と思う・・・。
 
牛庵上カルビ・上ロースランチメニュー
で、スポンサーのT郎君からはお肉の量が300gで、しかもカルビ、ロース、ハラミの私の大好きな赤身系のお肉が揃った”人気3品ボリュームランチ”を勧められたのだが、今の私には”量よりも質!”の方が良い・・・、って事で、量は少ない物の肉の質がワンランク上?だと思われる”上カルビ・上ロースランチ”を食べる事に決定!!!
 
牛庵上カルビ・上ロースランチメニュー
それはさて置き、間も無くして運ばれて北のがこちらの”上カルビ・上ロースランチ”のお肉で、このお店は一人分ずつ別々の皿に入れて提供されるので、お肉や野菜の取り合い?をしなくても良い辺りが結構有り難いかも。で、ご覧の通り上カルビは一切れずつカットされているが、上ロースはまるでステーキ用かと思うぐらいの1枚物のお肉だ。とは言えが上カルビと上ロースを合せて180gらしいので、上ロースだけだと100gあるか無いかぐらいの量かな。
 
牛庵上カルビ・上ロースランチの上カルビ
そしてこちらが”上カルビ”のお肉で、標準の”カルビ”がどんなだかは見て無いので何とも言えないが、中々美味しそうで、実際に焼いて食べてもお肉は柔らかくて、しっかりした肉の味もあって中々旨い!やっぱ””にして良かったな、と思った瞬間でもあった。
 
牛庵上カルビ・上ロースランチの上ロース
そしてこちらが”上ロース”のお肉で、先にも書いた様にパッと見た感じはまるでステーキ肉の様・・・。流石に数年前に高砂荒井にある”炭火焼肉みきやで食べたサーロイン”のお肉と比べると、霜降り度は低いが値段が全然違うので、そもそも比べる事自体が具の骨頂と言う物であろう・・・。それにしてもフォークもナイフもハサミも用意されて無いので、どうやって食べるのだろう・・・、と思っていたのだが・・・
 
牛庵上カルビ・上ロースランチの上ロース牛庵上カルビ・上ロースランチの上ロース
てな事で、”上カルビ”を先に何枚か食べた後、その”上ロース”を網の上に載せて焼いてみると、パッと身は結構な分厚さがあると思ったのだが、それ程の厚さは無かった様で端っこの方からお肉が丸まって来て最終的には”すき焼き”か”しゃぶしゃぶ”のお肉みたいになって来た。と言う訳で、最初はどうやって食べるのだろうと心配?していたのだが、そのまま箸で摘まんでタレに浸けて食べる事が出来た・・・。で、そのお味であるが、霜降り度はイマイチだったが意外?と言うのか予想外に中々旨い!これまた””にして良かった!とあらためて納得したのであった・・・。
 
牛庵上カルビ・上ロースランチ牛庵上カルビ・上ロースランチ
ちなみにこちらは”上カルビ・上ロースランチ”のセットに付いていた、ご飯、スープ、キムチ、サラダ、それに焼肉を食べる為の、しょうゆベースと味噌ベースの2種類のタレで、お肉を食べる時にどちらのタレも使ったのだが、両方とも美味しいタレだった。ちなみに私はご飯は普通サイズにしたが、T郎君は大盛りを食べていた・・・。彼はまだまだ食欲旺盛なのね・・・。
 
牛庵上カルビ・上ロースランチ
そしてこちらがそのセットの ”サラダ”で、ご覧の通り千切りキャベツとレタスにコーンをトッピングして、その上から良くある味のドレッシングをかけた割とオーソドックスな”サラダ”だったかな。
 
牛庵上カルビ・上ロースランチで、『牛庵』のランチはどのコースもドリンクバーが付いている・・・、と言う事で食後は普通にホットコーヒーをいただきました・・・。
 
てな事で、ひょうんな頃から久々に『牛庵』に行って焼肉ランチをご馳走になったのだが、値段の割りに?中々美味しいお肉だった。私が愛用していた『但馬屋』が無くなった事だし、今度は『牛庵』に行って”すき焼き”か”しゃぶしゃぶ”を食べに行ってみようかな。

2013年11月28日

祭り見物の合間に高砂神社近くの古民家カフェでランチを食べた!メニューは少ないのと鶏がメインだが何と無くヘルシーで中々旨い!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
新しい話や古い話を織り交ぜて紹介していたら記事を書くタイミングを失ってしまったのだが、ちょっと前の祭りの頃の話が2~3残っていたので、その頃の話を少し・・・。まずは高砂神社の秋祭りの日、朝一の駅前の屋台の練合せ&農人町交差点の練合せを見物した後、ふと時間を見ると既に正午を廻っていた・・・。って事で遅めのランチを食べる事にしたのだが、この周辺にはあまりお店が無い。ま、駅前には大好きなカレー屋さんがあるのだが・・・。で、ふと頭に浮かんだのが前日に高砂神社へ行った時に神社の北側にあった、古民家カフェ?みたいなお店。そのお店にランチの看板が置いてあったのでちょっと様子を見にそのお店に行ってみた。
 
トコトコ (toco-toco)
こちらが今回行って来た民家カフェの『トコトコ (toco-toco)』で、お店がある場所は高砂神社の北側の通りの昔長柄の古民家が並んでいる中の一軒で、ご覧の通りパッと見た感じは普通の民家にしか見えない。お店の前に置いてある看板に気が付かなければそのまま通り過ぎてしまいそうな感じだ。でも何か懐かしい感じがする佇まいでもある・・・。
 
トコトコ日替りランチメニュー
そしてこちらがお店の前に置いてあったランチメニューで、これに寄るとランチは”日替りランチ”と”スープランチ”の2種類しか無いらしい。で、この日の”日替りランチ”のメイン料理を見ると”照り焼きチキン”と書いてあったので”日替りランチ”を食べてみる事に決定!!!
 
トコトコ店内
で、恐る恐るお店入口の扉を開けて店内に入ってみるとこんな感じで、1Fはワンフロア?に改装されていて奥にキッチンがある。が、壁側にある2Fへ上がる階段は昔のまま?か、何かそんな感じ。そう言えばこの辺りの家は、玄関を入るとそのまま裏までずっと道?が続いている、正に鰻の寝床っぽい感じの家が多かったのだが、この民家も昔はそんな感じだったのかも知れない・・・。
 
トコトコ店内
ちなみに上を見上げると、多分昔は二階の床があったと思われる処は、取っ払っていてご覧の様に屋根の天井が見える、吹き抜け?っぽい感じになっている。そう言えば、私が昔住んで居た家も、幼き頃は1Fから2Fの大屋根の天井までドーンと吹き抜けた感じだった。そんな事もあって、何と無く懐かしい・・・。ま、先にも書いた様に、この辺りには未だこんな感じの家が数多く残ってはいると思うが・・・
 
toco-tocoについて
それはさて置き、席に着いてメニューを開くとトップページ?にはこの様な”toco-tocoについて”と言う店主のこだわりが書いてある。それに寄ると、ランチ以外にも手作りのパンやお菓子、ジャム何かも販売しているらしい・・・。そう言えばお店の壁側とか、奥のキッチン前のカウンターには、そんな感じのパンやお菓子が並んでいて、時折近所の方の様なお客さんがやって来てパンを買っていた・・・。ちなみに夜は食事メニューは無く、ドリンクとおつまみ程度?しか無いと言うお話だったかな・・・。
 
トコトコ日替りランチメニュー
そしてこちらが”日替りランチ”のメニューページで、下の方に書いてある説明書きを読むと、”メインは鳥敬商店の『但馬鶏』胸肉を使用”との事・・・。鳥敬商店と言えば梅が枝湯の近くの次郎助町の商店街(と言っても今はほとんどお店は無いが・・・)の中にある鶏肉屋さん?では無いか?我家でも焼鳥はずっとこの鳥敬商店で買っていたので、何かこれまた懐かしい・・・。ま、鳥敬商店さんは未だお店があるので、何時でも買いたくなったら買いに行けるのだけど・・・。
 
トコトコスープランチメニュー
ちなみにこちらは”スープランチ”のメニューで、スープは『播州百日どり』を使用した”特製鶏だんごとごろごろ野菜のスープ”らしい・・・。こちらもぜひ食べてみたいので何時かまた、このお店に来てみようと思う・・・。
 
トコトコ日替りランチ照り焼きチキン
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”日替りランチ”で、この日のメイン料理の”照り焼きチキン”の他、お味噌汁五穀米ごはん小鉢等がセットになって、お値段は800円也。五穀米ごはんは、おかわり自由だったのだが、その事はしっかり忘れていたのと、最初見た時はボリューム無さそうに見えたけど、食べ終えた頃には結構お腹が満腹になったので、これで十分だったかな・・・。
 
トコトコ日替りランチ照り焼きチキン
そしてこちらがこの日の”日替りランチ”のメイン料理である”照り焼きチキン”で、実物を見る迄は以前”焼鳥屋さん経営している飯屋でで食べた照焼きチキン”の様な1枚ものの鶏肉の照焼きをイメージしていたのだが、ご覧の様に最初から小さくカットされた鶏肉を焼いた感じの”照り焼きチキン”だ。で、メニューの説明に書いてあった様に減塩・低カロリーな調理方法な事もあって、あっさりした味付けだが鶏肉自体にしっかりとした味があって中々旨い!一緒に焼いた葱も香ばしくてこれまた旨い!更に、1日分の野菜350gのサラダ&ささがきごぼうが添えられていてボリュームも満点!メニューに書いてあった通り、中々健康的な内容だった。
 
トコトコ日替りランチのお味噌汁
そしてこちらは”日替りランチ”に付いていた”お味噌汁”で、モヤシやキャベツ等の野菜類や、お揚げさんがたっぷり入った具沢山の”お味噌汁”で、これまた中々美味しい。牛丼チェーンで出て来るほとんど具の無い味噌汁に比べると雲泥の差だ。やっぱ”お味噌汁”はこうで無くちゃねえ・・・。
 
トコトコ日替りランチの小鉢
ちなみに”日替りランチ”に付いていた”小鉢”はこんな感じで、ご覧の通りカボチャやごぼ天の煮物で、これまた家庭的でかつ健康的な惣菜料理で、こちらも普通に旨かった。
 
トコトコ日替りランチの五穀米
そしてこちらは”日替りランチ”の”五穀米ごはん”で、雰囲気的には少し前に、しゃぶしゃぶと日本料理のお店『木曽路』で食べた”十五穀米”や、あるいは数年前にスープカレー専門店『ブンブカフェ』で食べた”十穀米”と似た様な感じの雑穀米な感じだが、味がどうのこうのと言うよりは気分的に健康食を食べた感じで、これはこれで楽しかったかな。
 
てな事で、この日は祭り見物の合間に、高砂神社の直ぐ目の前に今年の夏頃に誕生したとか言う民家カフェでランチを食べたのだが、気分的に健康的な内容だし味的にも中々美味しかった。メニューが少ないのがちょっと寂しいが、ぜひまた行って、次回は”特製鶏だんごとごろごろ野菜のスープ”のランチを食べてみようと思うのであった!

2013年11月27日

新メニューに登場した”アタマの大盛”を食べに吉野家に行ったら、またまた”牛すき鍋膳”があったので食べてみた!今度の”牛すき鍋”はコンロに載ってる!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:17 PM
 
代理人記録
 
何時でも280円で食べれる様になった”吉牛”だが、そうなると意外と食べに行かない物・・・、てか『吉野家』自体には相変わらず時々行っているのだが、その度に”ロース豚丼”や”焼鳥つくね丼”等の期間限定のメニューを食べてしまう事が多い・・・。そんな事もあって久々に”吉牛”を、それも最近メニューに加わった”大盛のごはん少なめ”として以前から販売されていたと言う”アタマの大盛”を食べに行ったら、またまた期間限定で”牛すき鍋膳”とやらが売られていたので思わずそちらを食べたのでご紹介・・・。
 
吉野家/加古川駅北口店
こちらが今回行って来た、牛丼チェーンのお店『吉野家/加古川駅北口店』で、名前の如くJR加古川駅の北口を出た目の前にあるお店で、カウンター席よりもテーブル席の方が多い、所謂”新型店舗”のお店で、じっくりと座って”吉牛”を味わいたい時にわざわざ食べに行く事がある、個人的にはすっかりお馴染みの店舗だ。
 
吉野家牛すき鍋膳メニュー
そしてこちらがお店の外壁に飾られてあった”牛すき鍋膳”のメニューで、ご覧の様に他にも”牛チゲ鍋膳”ってのもある。で、”牛なべ定食”とか”牛すき鍋定食”は、以前から時々期間限定で販売されていた事があるのだが、今回の”牛すき鍋”は何と携帯固形燃料を使ったコンロの上に載って出て来る様だ!てな事で、入店後、早速”牛すき鍋膳”を注文!!!
 
吉野家牛すき鍋膳
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”牛すき鍋膳”で、白いご飯に生卵、それにお漬物がセットになってお値段は580円也。以前食べた事がある”牛なべ定食”が500円、その前に食べた”牛すき鍋定食”が480円だった事を思うと若干値上がりをしている印象。それはやっぱり携帯固形燃料を使っているからなのかな?
 
吉野家牛すき鍋膳
ちなみに”牛すき鍋”はこんな感じで、先にも書いた様に今回の”牛すき鍋”は、ご覧の様に携帯固形燃料を使ったコンロの上に載っていて、上の写真ではちょっと判り難いが、食べている間じゅうずっと火が燃えていて、お鍋の中もずっとグツグツと煮えたぎっていた・・・。この手の牛丼チェーンで食べる商品としては中々画期的な試み?かも・・・。
 
吉野家牛すき鍋膳
それはさて置き、こちらが”牛すき鍋”のお肉&野菜類で、以前食べた”牛なべ定食”とか”牛すき鍋定食”と比べてお肉の量が多い様な感じ。更に味付け自体はちょっと濃い目、辛い目だがお肉は柔らかくてこれに生卵を絡めて食べると中々ウマい!思わず100円追加してお肉大盛りにすれば良かったかな?と後悔した程・・・。でもこれ以上高かったら、他のお店に行った方がお得な気もして来るけど・・・
 
吉野家牛すき鍋膳
ちなみに”牛すき鍋膳”には嵩上げ?の為か、きしめんの様な麺も入っていて、もっちりした食感もありこちらも中々ウマかった。ちなみに生卵は、お肉や白菜を浸けて食べるだけでは残ってしまいそうだったので、最後は鍋の中に入れて玉子とじ風にして食べたのであった!
 
てな事で、”アタマの大盛”を食べに『吉野家』へ行ったら”牛すき鍋膳”を食べたら、今まで食べた”牛なべ定食”や”牛すき鍋定食”と比べて、今回登場した”牛すき鍋膳”が味も良かったしボリュームもあった様な気がする。とは言え季節柄、他の似た様なお店でもこの様な”すき焼定食”っぽいメニューが登場して来ている様なので、次回はまた別のお店に行って食べてみる事にしよう・・・

2013年11月26日

久々に行った”ペッパーランチ”で不味かったら返金してくれると言う”肉塊ハンバーグ”を食べた!お店の自信通り?意外と旨かった!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:14 PM
 
代理人記録
 
時々『ステーキガスト』や『ステーキけん』等のお手軽にステーキが食べれるお店に行く事があるのだが、それとは少し違うジャンルだけど、お手軽にステーキやハンバーグが食べれるお店に『ペッパーランチ』と言うチェーン店がある。何年か前に『姫路城下らーめん宿場町』があった姫路広畑にあるホームセンタームサシの1Fにあった『ペッパーランチ』(既に閉店)は店舗型のお店だったが、最近は、あちらこちらのスーパー等のフードコートでセルフ形式のお店で出店している事が多く、私もイトーヨーカドー明石店の中のフードコートに『ペッパーランチ』が出来て以来、時々食べに行った事がある。この日も偶々お店の前を通ると何やら楽しげな”肉塊ハンバーグ”ってのがメニューにあったので食べてみたのでご紹介・・・。
 
ペッパーランチ/イトーヨーカドー明石店ペッパーランチ/イトーヨーカドー明石店
こちらが今回行って来たイトーヨーカドー明石店のフードコートの北側の一番端っこ?にある、ステーキ&ハンバーグのお店ペッパーランチ/イトーヨーカドー明石店』で、ご覧の通りセルフ形式のお店だ。ちなみにこのフードコートの中には『ケンタッキー』や『ロッテリア』等のファーストフードのお店の他に『丸亀製麺』も有るのだが、個人的には一番良く利用しているのが『丸亀製麺』を運営する『とりどーる』がやっている『焼きそば専門店 長田本庄軒』だ。この『長田本庄軒』は三宮の地下街にもお店があり、そこは何時でも行列が絶えない人気店になっているのだった!
 
ペッパーランチ/イトーヨーカドー明石店メニュー
そしてこちらが『ペッパーランチ/イトーヨーカドー明石店』のメニューの一部でこの他にも沢山あるのだが、先にステーキ&ハンバーグのお店と書いたが、このお店の看板商品は”ペッパーライス”と呼ばれる鉄板チャーハン風のご飯で、私も最初の頃は”ビーフペッパーライス”を食べていたのだが、最近は此処でも?ステーキ系の期間限定のメニューを食べる事が多い・・・
 
ペッパーランチサーロインステーキメニュー
で、やっぱ気になるのはこちらの”サーロインステーキ”で、セルフ形式のお店ながらお値段は何と1000円也・・・。食べた事が無いので単純比較は出来ないが、『ステーキガスト』や『ステーキけん』へ行くと似た様なお値段で”サーロインステーキ”が食べれて、しかもサラダやカレーが食べ放題なので、どうせならそっち系のお店に行ってしまいそうな気になる・・・。
 
ペッパーランチ肉塊ハンバーグメニュー
そんな中、この日私の関心を惹きつけたのが、こちらの100%ビーフを使ったと言う”肉塊ハンバーグ”なる物。後から知ったが、不味かったら返金すると言うキャンペーンをやっていた、『ペッパーランチ』ご自慢のハンバーグらしい・・・。それにしても”肉塊ハンバーグ”ってのが、以前『ロッテリア』の期間限定メニューに登場した”肉厚ハンバーグ”をイメージしないでも無かったが、取り敢えず楽しそう?だったので、今回はこの”肉塊ハンバーグ”を食べる事に決定!!!
 
ペッパーランチ肉塊ハンバーグ200g
で、間も無くして出来上がって来たのが、こちらの”肉塊ハンバーグ”で、ライスが付いてお値段は880円也。メニューに書いてあった様に、200gと300gの二つのサイズがあり、ブログのネタ的には300gの方が楽しそう・・・、と思ったのだが、もしも美味しく無かった時に量が多いと後悔しそうだし、何と言っても食べ過ぎは体に良く無い・・・、と思い今回は200gの方を選んだのだった。それでもライスが付いただけで880円なので、やっぱちょっと高い様な気はしないでも無い・・・。
 
ペッパーランチ肉塊ハンバーグ200g
そしてこちらがメインの”肉塊ハンバーグ”、200gサイズで、ご覧の様に熱々に熱した鉄板の上に100%ビーフだと言うハンバーグが置いてあって、その表面には結構な量の粗挽きブラックペッパーが、そしてハンバーグの真ん中には『ペッパーランチ』ご自慢の”バターの中に、香ばしく焼き上げたニンニクと特製ソースを練り込んだ風味豊かな特製のペッパーバター”がトッピングされている。それに添付の”玉ねぎの粒が入ったオニオンソース”を上から掛けて食べるとの事。でも先に”オニオンソース”を味見すると結構味が濃いかったので、直接かけずにハンバーグを一切れずつソースに浸けて食べる事にした。
 
ペッパーランチ肉塊ハンバーグ200gペッパーランチ肉塊ハンバーグ200g
で、その”肉塊ハンバーグ”のお味であるが、鉄板が熱々だった事もあり直ぐにハンバーグの中まで火が通ってしまったが、それでも中々ジューシーで、しっかりとした肉の味もあって確かに旨い!しかも白いご飯との相性も良くて箸がどんどんと進む。この味であれば300gのサイズでも軽く食べられたかも知れない・・・、てか、ぜひまたもう一度食べてみたいと思う”肉塊ハンバーグ”だったかな。
 
ペッパーランチ肉塊ハンバーグ200g
ちなみに”肉塊ハンバーグ”に添えられていた焼野菜とスパゲティで、鉄板が最後まで熱々だった事もあり”肉塊ハンバーグ”を食べている間にどんどんと熱が廻って、スパゲティもコーンの粒も下の方はカリカリになっていたが、それはそれでちょっと変わった食感で普通に美味しかったかな
 
てな事で、久々に『ペッパーランチ』に行ってこの日は”肉塊ハンバーグ”とやらを食べたのだが、お店が自慢する通り中々美味しいハンバーグだった。暫くの間、このお店には遠ざかっていたが、これを機会にまた今度看板商品である”ペッパーライス”でも食べに行ってみようかな?と思うのであった!

2013年11月25日

移転予定だった”らーめん麺魂”のお店の前を通ると、既に新店舗での営業が始まっていたので早速お店に寄って”地鶏だしの京風らーめん”を食べた!今迄食べた中で一番好きな味かも・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:31 PM
 
代理人記録
 
私が時々食べに行っていた明姫幹線加古川安田交差点近くにあった『街の洋食屋さん グリルKOU』が閉店し、その店舗跡地に今年の4月頃に誕生した『鶏塩らーめん麺魂(めんそうる)』が移転して来ると言う事で、時々お店の前を通る度に改装状況がどうなっているのかチェックしているのだが、少し前に紹介した通り1週間程前に観た時は未だお店の看板が『グリルKOU』ままだったので、移転はもう少し先かな?と思っていたら、2~3日前にお店前を通ったら既に移転営業開始していたので、早速食べに寄ってみた。
 
らーめん麺魂加古川本店新店舗
こちらが今回行って来た『らーめん麺魂/加古川本店』の新店舗で、お店がある場所は先にも書いた通り明姫幹線加古川安田交差点近くの北側、ガソリンスタンドの直ぐ東隣りにあるのだが、あらためて見るとお店の前に樹木が沢山あって、車で前を通っていても若干看板が見え難い?様な感じもする。その為か、お店前に沢山の”ラーメンと書いた幟”を立てている様だったけど・・・。
 
ちなみに少し前にお店改装中の様子を紹介した時に、店内はラーメン屋さん風に改装・・・、と書いたが基本的な座席の配置は以前通りで、4人掛け?のテーブル席の間に仕切りが出来たのと、入口入って直ぐの相席テーブルが6人掛けから4人掛けになっている程度で、雰囲気的には『グリルKOU』の時からあまり変わって無い様だった・・・
 
らーめん麺魂加古川本店旧店舗
後、もう一つ・・・、直ぐ近くにあった以前の『らーめん麺魂/加古川本店』の旧店舗はどうなっているのか見に行ってみると・・・、当然の如くシャッターは降り、お店前には移転しましたと書かれた案内板が置いてあった。で、屋根の看板を見ると既に店名は消されていたが、お店のロゴだけは残っていた・・・。この場所・・・、また何か別のお店が入ってくれると嬉しいのだけど・・・暫くの間このまま空店舗になってしまうのかも知れない・・・。
 
らーめん麺魂加古川本店鶏節の説明
それはさて置き、こちらはテーブル席の目の前に貼ってあった、このお店のご自慢?の”鶏節”の説明書きで、旧店舗の時にも似た様な説明書きが貼ってあったのだが、若干内容が詳しくなっている?様な感じがする・・・。
 
らーめん麺魂加古川本店あっさりらーめんメニューらーめん麺魂加古川本店こってりらーめんメニュー
そしてこちらが『らーめん麺魂』のメインである”あっさりらーめん”と”こってりらーめん”のメニューで、最近はあまりこのお店に来て無かったので、既にこの新しいメニューになっていたのか、あるいは新店舗になってから変えたのか定かでは無いが、ご覧の通り写真入りの綺麗なメニュー表になっている。
 
で、私は初訪問時にあっさり系の”鶏塩らーめん”を食べ、その後に来た時に、期間限定の”彩鶏(いろどり)らーめん”と、上のメニューにも載っている”濃厚スタミナらーめん”のこってり系の両方ともを食べた事があるので、今回も後で紹介する期間限定のらーめんを食べる事に決定!!!
 
らーめん麺魂加古川本店ランチメニューらーめん麺魂加古川本店ランチメニュー
ちなみに”ランチメニュー”も若干種類が増えている様な感じだが、ご覧の通り”ランチメニュー”の割りに若干値段が高い様な・・・。以前紹介した”プレオープン中の限定メニューだった750円のランチ”が如何にお得だったか・・・。てか、あのランチ内容ならまた食べてみたいと思っていたのだけど・・・。
 
らーめん麺魂加古川本店期間限定メニューらーめん麺魂加古川本店期間限定メニュー
そしてこちらが”期間限定”のメニューで、前回来た時にもあった”濃厚トマトらーめん”の他に”地鶏だしの京風らーめん”とか”塩ちゃんこらーめん”等の新メニューが出来ている。その他にも”前日までの予約が必要”と言う”大和地鶏のいろどり蒸し”とか”大和地鶏の炙りちゃんこ”等の鍋っぽいメニューもあって中々楽しそうだ!
 
らーめん麺魂加古川本店一品メニューらーめん麺魂加古川本店大和地鶏モモ塩焼きメニュー
更にもう一つ、この様な”一品メニュー”ってのもあり、ラーメン屋定番の”餃子”は載って無いが、”大和地鶏カツめし”等と言うちょっと楽しげなご飯物もあって、ちょっと気になったりする・・・。それはさて置き、早速”期間限定”のメニューの中から何か一つ・・・、と思ったのだが、その前に以前から何度かこのお店に来てずっと気になっていた大和地鶏モモ塩焼き”とやらを食べてみる事に決定!!!ちなみに後からじっくりとメニューを見ていると、この”大和地鶏モモ塩焼き”も量は少なそうだがセットになった”特撰大和地鶏定食”ってのもあった・・・。その中にはちょっと食べたかった唐揚げも入っている様だったので、何かそっちにしても良かったかも・・・。
 
らーめん麺魂加古川本店大和地鶏モモ塩焼き
それはさて置き間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”大和地鶏モモ塩焼き”で、お値段は680円也。食べ易い様にカットされた”大和地鶏モモ肉”に焼葱が添えられていて、これに小皿に乗っていた”沖縄産ぬちまーす”と呼ばれる塩と”生ワサビ”を浸けて食べて下さいとの事。想像していた程の大きさは無いが、後でラーメンを食べる事を考えるとちょうど良い大きさとも言える・・・。
 
らーめん麺魂加古川本店大和地鶏モモ塩焼き
で、その”大和地鶏モモ塩焼き”のお味であるが、ちょっと歯応えのある鶏肉だが、結構ジューシーで中々旨い!添付の葱も香ばしくてこれまた旨い!どちらもシンプルに焼いただけ?の一品ではあるが、ちょっとしたおつまみとして食べるにも十分美味しい大和地鶏モモ塩焼き”であった!今度は絶対に”特撰大和地鶏定食”とやらを食べようっと!!!
 
らーめん麺魂加古川本店地鶏だしの京風らーめんメニュー
そんなこんなで”大和地鶏モモ塩焼き”を食べたので、ラーメンはメニューにあったミニサイズにしようかと思ったのだが、”大和地鶏モモ塩焼き”はそれ程大きなサイズでは無かったので、まだまだお腹の中は余裕一杯!それにミニサイズのラーメンは既に食べた事がある”鶏塩らーめん”か”濃厚鶏塩らーめん”なので、面白味が無い!って事で、例に寄って”期間限定メニュー”の中にあった”地鶏だしの京風らーめん”とやらを食べる事に決定!!!
 
らーめん麺魂加古川本店地鶏だしの京風らーめん
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”地鶏だしの京風らーめん”で、ご覧の様に豚肉のチャーシューは当然の如く、鶏肉も一切入って無い野菜がメインのラーメンで、お値段は820円也。メニューの説明に寄ると昆布・カツオの一番だしで炊く四季の野菜と大和地鶏の旨味をお楽しみ下さい。ヒアルロン酸とコラーゲンのボール添え”との事。スープの一番右端に浮いている真ん丸いボールがコラーゲンボールらしい・・・。
 
てな事で早速スープを飲んでみると、このお店の看板商品である”鶏塩らーめん”のスープより更に透明感がある様な感じで、それに若干の魚介風味が加わっていて、あっさりだがコラーゲンボールから浸み出た脂分?の旨味もあって中々ウマい!私は旧店舗の時に”鶏塩らーめん”、”彩鶏(いろどり)らーめん”、”濃厚スタミナらーめん”と食べて来たが、今回食べたこの”地鶏だしの京風らーめん”が、個人的には一番好きな味かも・・・。
 
らーめん麺魂加古川本店地鶏だしの京風らーめん
そしてこちらが”昆布・カツオの一番だしで炊いた四季の野菜”で、この日の内容は”大根、カボチャ、人参、茄子、ニラ、ネギ”等で、何かちょっとした上品な野菜のお鍋を食べている様で、この野菜類も中々ウマい!更にスープの中にコラーゲンが溶け出して、何か凄く健康的なラーメンを食べた様な気がする。季節毎に入っている野菜が変わるのであれば、定期的に食べてみたくなるラーメンだ。
 
らーめん麺魂加古川本店地鶏だしの京風らーめん
ちなみに今回食べた”地鶏だしの京風らーめん”の麺はこんな感じで、このお店の看板商品である”鶏塩らーめん”と同じストレートな極細麺で、何と無く素麺っぽい感じもしたが、中々美味しい麺だ。そう言えば、高砂荒井にある”京風ラーメンのお店でも極細麺”だし、京風あっさり系のスープには極細麺が合う・・・、ってのが定石になっているのかも知れない・・・。
 
てな事で、『グリルKOU』の空店舗跡に移転して来た『らーめん麺魂』に行ってみたのだが、お店も広くなって居心地が良くなったし、何時の間にやらメニューも一杯増えて中々楽しげになっていたので、また食べに行ってみようと思うのであった!!!

2013年11月24日

またまた行った姫路市役所近くの串揚げ屋さんで”姫路おでんの串揚げ”を食べた!たまごは美味しかったけど、その他はちょっと微妙?かな?

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:51 PM
 
代理人記録
 
昨日と今日は姫路で”姫路食博2013”と”全国ご当地おでんサミット”が開催された事もあって、多分あちこちのブログでそんな事が話題になっていると思うが、当ブログは相変わらずのマイペースなので、その話はもうちょっと先・・・。でもせっかく?なので、”おでん”繋がりで、少し前に”姫路おでん”を串に刺して揚げた、その名も”姫路おでんの串揚げ”を食べた話をご紹介!!!
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛
こちらが今回”姫路おでんの串揚げ”を食べに、またまた行って来た『串揚げダイニング 四代目半兵衛』で、2年ぐらい前は『こだわりらーめん ごっつい堂』、1年前は『グリルKATE』があった場所だ。『ごっつい堂』の前にも確か日本料理のお店があったりと、この場所も良くお店が入れ替わる場所でもある。姫路市役所から近いし中々エエ場所だと思うのだけど・・・
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛表のボード
で、お店の前にはこの様な”ランチメニュー”のボードが置いてあり、11月限定の”串揚げ&さんまランチ”とか、あるいはこの日の私のお目当てである”姫路おでん串揚げランチ”等がオススメランチとして載っている。ちなみに以前このお店に来た時は”姫路おでんの串揚げ”は夜メニューにあったのだが、最近ランチでも食べれる様になったと耳にして、ちょっと気になっていたのであった。
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛のランチメニュー
ちなみにこちらは店内に置いてあったのランチメニューの一部で、こちらのメニューにも当然の如く”姫路おでん串揚げランチ”が追加されている・・・。って事で、早速”姫路おでん串揚げランチ”を注文!!!
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛のソースバー串揚げダイニング 四代目半兵衛のソースバー
で、このお店は”串揚げダイニング”と言う事で、串揚げが専門!そしてその最大の特徴?が、前回も紹介した常時20種類以上のソースが用意されたソースバー・・・、って事で、今回も早速小皿に取りに行ってみた。前回もそうだったけど、これだけの種類のソースがあると何を選べば良いのかメチャ悩む・・・。てか、1度や2度の訪問では全ての種類を味わう事は出来ないだろう・・・。
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛のソース
そんな中から、取り敢えず私が選んだのは”秘伝串カツ”、”和風たまねぎ”、”みそカツ”の3種類のソース・・・。”秘伝串カツソース”は前回も選んだので被ってしまった・・・。でも串揚げを頼んだし、やっぱ”串カツソース”は必須だよなあ・・・。
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛姫路おでん串揚げランチ
で、席に戻って来るとまず最初に”姫路おでん串揚げランチ”に付いているドリンクで、何種類か選べる中から私が選んだ”カルピスソーダ”が運ばれて来た。食前でも食後でもどちらでもオーケーと言う事だったのだが”カルピスソーダ”を選んだ事もあり、食事をしながらでも飲めるかな?と思って先に持って来て貰ったのだった。
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛姫路おでん串揚げランチ
そしてその次に運ばれて来たのが、こちらの”姫路おでん串揚げランチ”のセットに付いている”サラダ”で、レタスや水菜?それにキュウリやトマトと言った野菜の上にゴマ風味のドレッシングをかけた、割とオーソドックスな感じの”サラダ”ではあったが、結構ボリュームもあって、中々良かったかな。
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛姫路おでん串揚げランチ串揚げダイニング 四代目半兵衛姫路おでん串揚げランチ
で、”サラダ”を食べ終えて暫しの間待っていると漸く運ばれて来たのが、こちらの”姫路おでん串揚げランチ”で、メインの”姫路おでんの串揚げ”の他に、”炊き込みごはん”、”味噌汁”、”漬物”等がセットになってお値段は1280円也。ソースバーで3種類のソースを取って来たのだが、このランチには”姫路おでん”定番の生姜醤油が付いていた・・・。たった5本の串揚げに生姜醤油3種類のソースは必要無かったかも・・・
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛姫路おでん串揚げランチ
それはさて置き、こちらが”姫路おでんの串揚げ”で、その内容はメニューに寄ると左から”厚揚げ、ひら天、こんにゃく、たまご、大根”との事。でも一番左側の串を見ると”厚揚げ”と言う様な感じはしなかったのだが・・・。
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛姫路おでん串揚げランチ串揚げダイニング 四代目半兵衛姫路おでん串揚げランチ
で、取り敢えず食べた順番は関係無しに、左側から紹介すると、まずはメニューには”厚揚げ”と書いてあった串揚げと、”ひら天”の串揚げ。これらを生姜醤油や3種類のソースを交互に浸けて食べてみたのだが、”厚揚げ”となっていた物も何か練物っぽい感じで、どちらも串揚げにして旨いか?と聞かれるとちょっと微妙・・・。ソースを浸けるど串揚げっぽいが、生姜醤油で食べるとおでんっぽい・・・、と言う様な感じだったかな。
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛姫路おでん串揚げランチ串揚げダイニング 四代目半兵衛姫路おでん串揚げランチ
そしてその次が真ん中にあったのが、こちらの”こんにゃく”と”たまご”で、”こんにゃく”は串揚げにしてもして無くても”こんにゃく”そのまんまの味の様な・・・。で、”たまご”の方は何と無くであるが、巨大な”うずらの玉子の串カツ”の様で、こちらは普通に旨い!やっぱ”たまご”は”おでん”にしても、串揚げにしても旨いよなあ・・・。この日食べた5本の”姫路おでんの串揚げ”の中で、やっぱ一番美味しかったと思う・・・。
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛姫路おでん串揚げランチ
そして”姫路おでんの串揚げ”の一番右側にあったのが、こちらの”大根”で、普通に出汁で煮込んで”おでん”になった”大根”に衣を付けて揚げた様で、そのままで食べてもちょっと味がする。でもやっぱりソースか生姜醤油を浸けて食べた方が美味しいかも・・・。とは言え、やっぱ普通にお出汁が浸み出る大根のおでん”で食べた方が美味しい様な気がしたのだけど・・・
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛姫路おでん串揚げランチ
そしてこちらは”姫路おでん串揚げランチ”のセットの中の”炊き込みごはん”で、味的には普通に美味しい”炊き込みごはん”だったけど、具に鶏肉とか松茸とかの大きなインパクトのある物が入って無いのがちょっと寂しい・・・。それと串揚げ&おでんと一緒に食べるには”炊き込みごはん”では無くて、普通の白いごはんの方が良かったかも知れない・・・
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛姫路おでん串揚げランチ
ちなみにこちらは姫路おでん串揚げランチ”に付いていた”味噌汁”で、こちらは前回食べた”特撰天草ポークとんかつランチ”に付いていた、”味噌汁”と同じで、白菜や玉葱や人参等の野菜が沢山入っていて食べ応えもあって、中々美味しい”味噌汁”だった。やっぱ”味噌汁”にはこれぐらい、ふんだんに具があった方が美味しいよねえ・・・。
 
串揚げダイニング 四代目半兵衛姫路おでん串揚げランチ
で、”姫路おでん串揚げランチ”を食べ終えると、最後に運ばれて来たのが”食後のデザート”で、ご覧の様に苺に似たフルールの果肉ソースがかかった、アイスクリームで、如何にもこのお店のランチのターゲット層である女性客の喜びそうなデザート”で、甘過ぎず、酸っぱ過ぎずで、中々美味しい”デザート”だ。もしかするとこの日食べた料理の中で一番美味しかったかも・・・
 
てな事で、前回行った時にメニューで見てちょっと気になっていた”姫路おでんの串揚げ”がランチに登場したと耳にしたので食べに行ってみたのだが、全体的には何かちょっと中途半端な印象だったかな。やっぱ”おでんはおでん”で、”串揚げは串揚げ”で食べた方が美味しい様な気がする・・・。とは言え、このお店はランチメニューが豊富なのでまた食べに行ってみたい気はするのだが・・・。

2013年11月23日

またまた”かつや”に行ってフェアメニューの“から揚げ丼キーマカレーソース”を食べた!何時もの”かつやのカレー”よりも旨いかも・・・。

Filed under: — 代理人 @ 11:39 PM
 
代理人記録
 
11上旬に開催されていた”感謝祭第9弾”のイベントも終り、既に次のフェアメニューである”麻婆チキンカツ丼”の販売も始まっている、カツ丼ととんかつチェーンの『かつや』だが、未だ10月のフェアメニューで食べた”から揚げ丼 キーマカレーソース”の話を紹介して無かったので、遅まきながら簡単にご紹介!
 
かつや明石二見店
こちらがまたまた行って来た、カツ丼ととんかつチェーンの『かつや/明石二見店』で、以前は月末近くに使い残した”100円の割引券”を使いに行く事が多かったのだが、最近はフェアメニュー期間と交互に”感謝祭”が開催され、その度に有効期限の長い”100円の割引券”が貰えるので、月末では無い時に行く事が多くなった。とは言え、訪問回数的には若干減って来た様な気はするが・・・
 
かつやから揚げ丼キーマカレーソースメニュー
それはさて置き、こちらが10月頃に開催されていた期間限定のフェアメニューで、この時は”から揚げ丼 キーマカレーソース”との事。当ブログで時々書いている様に、個人的には”かつやのカレー”の味は余り好きでは無いのだが、”キーマカレー”を食べるのは初めてだし、”かつやのから揚げ”も久々なので、今回はちょっと食べてみたい気がしたのであった!
 
かつやから揚げ丼キーマカレーソース
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”から揚げ丼 キーマカレーソース”で、お値段は通常税込価格619円の処、毎度の事ながら”100円の割引券”利用で519円也。単価を上げる為か、千切りキャベツが添えられているのだが、個人的にカレー系を食べる時に千切りキャベツは要らないので値段を下げてくれた方が嬉しい様な・・・。
 
かつやから揚げ丼キーマカレーソース
それは兎も角として、早速”から揚げ丼 キーマカレーソース”を食べてみると、”キーマカレー”と言う事で、ちょっと構えて食べてみたのだが、何時もの”かつやのカレー”や時々フェアメニューで登場する”チキンカツのカツカレー丼”のカレーの味とは違うし、それにそれ程の”キーマ”っぽさも無く、普通に美味しいカレーだ。何か何時もの”かつやのカレー”もこの味にしてくれた方が嬉しいかも・・・。
 
かつやから揚げ丼キーマカレーソース
そしてこちらが”から揚げ丼 キーマカレーソース”の”鶏のから揚げ”で、『かつや』のフェアメニューで時々登場する”チキンカツ”は、肉がパサパサな感じの時もあるのだが、この日の”鶏のから揚げ”はお肉もジューシーで、当然の如く揚げ立て熱々で、中々旨い!これまた以前に登場した”青ネギからあげ”は何と無く”チキンカツ”っぽかったが、今回の”鶏のから揚げ”は割と一般的な感じで中々良かったかな
 
てな事で、月一恒例?の『かつや』のフェアメニューでこの日は”から揚げ丼 キーマカレーソース”を食べて来たのだが、期待して無かった?事もあってか中々旨かった!この味ならばもう一つのフェアメニューである”から揚げ定食 キーマカレーソース”も食べてみようかな?と思ったりしていたのだが、フェアメニュー期間が終わってしまったので、また次回フェアメニューで登場した時のお楽しみにとっておこう・・・。

大阪からの帰り、三宮で下車して大阪で有名と言う”いずみカリー”を食べた!一口目は甘口だけどその後辛くなる定番のカレーだが、何か物足りない・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 8:27 PM
 
代理人記録
 
急遽呼び出された大阪での打合せは、散々待たされた挙句、何か締まりの無い話のまま終わってしまった・・・。そんな事もあってか何か体調もすぐれない。本来であれば久々の大都会?なので何処かで一杯やって帰りたい気分だったのだが、同行者は会社に戻ると言うので、私もそのまま帰路に着く事にした。
 
が、電車に乗ってる途中で折角久々に街に出て来たので、せめて三宮で何か食べて帰る事にした。最初は『さんちか麺ロード』に行って今年の夏に登場した『ターメン堂』にでも行こうと思ったのだが、この日は未だ暑かったのでラーメンはちょっと・・・、と言う気分。そこでふと思い出したのが、遂最近、大阪で有名とか言う『いずみカリー』が神戸にも出来たと言う話。個人的には大阪に8年ほど住んでいたが、『いずみカリー』は食べた事が無い・・・、って事で何か大阪のカレーを神戸で食べるのもなあ・・・、と思いつつそのお店に行ってみる事にした。
 
いずみカリー/ミント神戸店
こちらが初めて行ってみた『いずみカリー/ミント神戸店』で、お店がある場所はJR・ポートライナー駅連絡地下通路からミント神戸方面へ向かう道の角っ子にあった。個人的には6年ぐらい前?にミント神戸が誕生した時を初めとして既に何度も来た事はあるのだが、この場所に以前何のお店があったのか全然記憶が無い・・・。てか、そもそもこの場所もミント神戸の一部だとは全然思ってもみなかったのだが・・・。
 
いずみカリー/ミント神戸店
ちなみにこちらは『いずみカリー/ミント神戸店』の店内で、この時の入店時間が午後7時前後と言う事もあってか、あるいはお店自体がちょっと目立ちにくい場所?にあるせいなのか、店内は閑散としていて、他に1組の客がいるだけだった・・・。ま、夜にカレーを食べて帰る客は少ないとは思うが・・・
 
いずみカリー/ミント神戸店メニュー
それはさて置き、こちらが『いずみカリー/ミント神戸店』のメニューで、定番の”ビーフカリー”や”トンカツカリー”等の他に”煮込みスジカリー”とか”トロトロオムカリー”等のちょっと変わったカレーがあり、この他にも『ミント神戸店』限定と書かれたメニューが何種類かあった様な・・・。で、本来であれば『ミント神戸店限定のカレーとか、あるいは最低でも”ビーフカリー”辺りを食べるのが基本なのだが、先にも書いた様に何かちょっと体調が優れなくて食欲があまり沸いて来ない・・・。って事で、具の無い?と言うのか素のカレーっぽい感じの”いずみカリー(プレーン)”とやらを食べる事に決定!!!
 
いずみカリー/ミント神戸店こだわり
ちなみにカレーが出来上がって来るまで暇だったので、あれこれみているとこの様な『いずみカリー』のこだわりとやらが目に付いた・・・。それに寄ると”ルーは湯煎では無く、1つ1つ鍋で煮詰めて濃度を付ける・・・”みたいな事を書いてある。湯煎と聞くと、レトルトみたいな1人前ずつ袋に入ったカレーを想像してしまうのだが、そんな訳じゃあ無いよねえ・・・。ちなみにラーメン屋さんでも、『新在家ラーメンもんど』何かだと1人前ずつ小鍋でスープを温め直してからラーメン鉢に注いでいた様な・・・。カレー屋さんでも似た様な事をするのね・・・(そう言えば、何処かのカレー屋さんでもそんな風景を見た事がある様な・・・)。
 
いずみカリーいずみカリー(プレーン)
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”いずみカリー(プレーン)”で、お値段は550円也。ご覧の様にライス全体にカレーのルーがかかっていて、何と無くであるが大阪で超有名な『インディアンカレー』の雰囲気に似てる様な・・・。で、そのお味であるが、これまた『インディアンカレー』や、あるいは同じく大阪で有名な『得正上等カレー』の様に最初は甘く、食べている間に徐々に辛くなってくるタイプのカレーで、中々旨い!とは言え、今挙げた”インディアンカレー”や”上等カレー”に比べると、甘さも辛さもやや弱い様な印象。ま、やや体調が思わしくなかったのでそう感じただけかも知れないが・・・。
 
てな事で、大阪からの帰りに三宮で下車して、大阪で有名な・・・(何か意味不明?)『いずみカリー』に寄って基本のカレーを食べてみたのだが、、美味しいカレーには違い無いが期待していた程では無かったかな。ま、この日はちょっと体調が悪かったせいもあるかも知れないので、また何時か体調の良い時に、トッピングが乗った豪華なカレーを食べてみたいと思うのであった!

2013年11月22日

久々に大阪に呼び出された?ので、前から一度食べてみたいと思っていた”かにチャーハンの店”に行ってみた。シンプルながら確かに旨い”かにチャーハン”だ!!!

Filed under: 中華料理 — 代理人 @ 9:09 PM
 
代理人記録
 
この日は久々に大阪の某所から呼び出しがあった。と言っても取り敢えず話を聞きに来て・・・、と言うレベルだったので待合せ時間丁度ぐらいに出掛けて行ったので、ランチを食べる時間があまり無い。なので駅近にあるお店に行こう!と思い、今年の初め頃に絶食べに寄った”一日分の野菜カレーのお店”の隣・・・、と言うのか”だし茶漬け専門店”の向かい側にある『かにチャーハンの店』に行ってみる事にした。
 
かにチャーハンの店/エキマルシェ大阪店
こちらが今回行って来たJR大阪駅の下にある商業施設『エキマルシェ大阪』のフードエリアの一角にある『かにチャーハンの店/エキマルシェ大阪店』で、先にも書いた様にこのエリアには”一日分の野菜カレー”や”だし茶漬け”、あるいはその前には”仙台牛たんの炭焼”を食べに来た事がある、個人的には割と馴染のある場所だ。で、お店到着時は。午後0時15分頃と言うランチタイムど真ん中の時間帯と言う事もあり、当然の如く満席(ま、カウンター席が10席程あるだけの小さな店だが)!しかも待ち行列も出来ていたので、列の最後に加わる事に・・・。
 
かにチャーハンの店/エキマルシェ大阪店
で、待つ事約5分、漸く席に案内されて目の前をみると、オープンキッチンの中ではチャーハンは火力が命!と言わんばかりのゴーッと言う音を立てた炎の上で職人さんが次々とチャーハンを炒めている!詳しい担当分けは不明だが、二人の職人さんがそれぞれチャーハンを炒めている様だった。隣の”一日分の野菜カレーのお店”と言い、その様子を見ているだけでも中々楽しめる雰囲気になっている。
 
かにチャーハンの店/エキマルシェ大阪店メニューかにチャーハンの店/エキマルシェ大阪店メニュー
それはさて置き、こちらが待っている時に見せて貰ったこのお店のメニューで、通常のメニューの他にも期間限定のお手頃セットなるメニューもあって、その中には35日間限定でしかも1日限定40食と言う”新物たらばチャーハンセット”ってのがあり、この手の期間限定物に弱い私なので、思わずそちらを食べ様かと思ったのだが、肝心のチャーハンがあんかけの天津チャーハンだし、更に焼餃子も付いている・・・。この日はそれ程食欲が無かったのと、パラパラご飯のチャーハンをそのまま味わって見たかったので、お店の看板商品である”伝統のかにかにチャーハン”を食べる事に決定!!!
 
かにチャーハンの店伝統のかにかにチャーハン
で、列に並んでいる間に注文を取ってくれた事もあり、席に着くと比較的短時間で目の前に運ばれて来たのが、こちらの”伝統のかにかにチャーハン”で、”かに味噌汁”が付いて、お値段は780円也。日頃ラーメン屋さんで、セットのチャーハンを食べる事が多い事もあり、蟹の身がトッピングされているとは言え、チャーハン単品で780円とは中々のエエお値段だ。
 
かにチャーハンの店伝統のかにかにチャーハン
そしてこちらがその”伝統のかにかにチャーハン”で、確かにご飯はパラパラで割りとオーソドックスな味付けながら中々旨い!トッピングの蟹の身は、紅ズワイかな?と言う気がしないでも無いが、これまた旨い!やっぱラーメン屋で食べるチャーハンとは一味も二味もレベルが違うなあ・・・、と思える程に美味しいチャーハンだった!
 
かにチャーハンの店伝統のかにかにチャーハン
ちなみにメニューの説明には”ご飯の中に「かに」30g、上に「かに」15g”と書いてあったが、誰がどう見てもチャーハンの中に”かに”は入って無いよなあ・・・。繁忙時間帯だったので、手を抜いてチャーハンだけ焼いて”かに”は全てトッピングにした・・・、って事なのかも。ま、チャーハンもトッピングの”かに”も全部美味しかったから、今回は気にしないでおこう・・・
 
かにチャーハンの店伝統のかにかにチャーハンのかに味噌汁
そしてこちらは”かにかにチャーハン”に付いていた”かに味噌汁”で、当然の如く蟹風味たっぷりのお出汁でこちらも中々旨い!ただ、具に蟹の殻?が入っていたので、少しでも身があれば食べてみたい・・・、と思ったけど身は全然無く、出汁取りの為だけの殻の様だった・・・。歯が丈夫だったら殻ごと噛み砕いて食べたかった?は・・・、無いか・・・。
 
てな事で、この日は久々に大阪に行ったので時間があれば梅田界隈で今一番の話題のスポットである”グランフロント大阪”に行ってみたかったのだが、残念ながらゆっくりしてる間が無かったので、昨年末から大阪に来た時にちょくちょく利用している『エキマルシェ大阪』の中にある『かにチャーハンの店』に行ってみたのだが、確かに専門店と言うだけの事はあって、中々美味しかった!このお店にもぜひまた行ってみたい気はするのだが、この『エキマルシェ大阪』の中にはマダマダ楽しげなお店が沢山あるので、再訪してる間はきっと無い様な気がする・・・。
次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.