義史のB型ワールド

2007年3月31日

春分の日「24」、これは午前11:00から正午に起きた出来事である。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:45 PM
 
代理人記録
 
これは春分の日の午前11:00から正午に起きた出来事である。
 
また「和歌山中華そばシリーズ8」でもある。
 
当初の予定ではマリーナシティー大トロを食べた後、午後2時頃に間食として食べようと思っていた和歌山ラーメンの店紀三井寺からマリーナシティーへ行く道の途中にあるのだが、コースを考えるとやはり先に寄った方が効率が良い。てなことで、急遽、先に寄ってみることにした。 
 
店の名前は「丸宮」と言う。和歌山中華そばの店には「丸」が付く店が多い。この店も古くからある中華そばの店で、井出商店系とは別の車庫前系で、看板にも大きく「元車庫前」と書かれてある。
 
店の外観は、何と無く昭和の洋館?のような中華なような。何処と無くレトロ感漂うお店だ。
 
店内も外観同様、レトロ感漂う、食堂の雰囲気。午後11時半になって無いので客の入りは少ない。
が、実は私が店に入る前には二組ほど出て行ったばかりだし、食べてる間には3組位の客が入って来たので結構、流行っているのは間違い無い。
 
メニューを見てみると・・・。中華そば屋と言うよりも完全に中華料理屋さんのメニューだ。
壁には中華そばと焼飯のセットメニューもあったが、この後、大トロ鮨を食べる気でいるのでとりあえず中華そばだけを食べる事にした。
 
で、こちらが元車庫前・丸宮の中華そば。井出系の豚骨醤油とは違い、車庫前系は醤油味だと聞いてはいたが、噂通り、シンプルな醤油ラーメンだ。一応、ベースは豚骨らしいのだが、透明な醤油ラーメン風で、実際に食べても昔ながらの中華料理屋さんのシンプルな中華そばの味だった。
 
井出系のこってりした豚骨醤油が苦手な人には、結構人気あるのかも。個人的には・・・、やはりもうちょっと甘めのある播州ラーメンの方が好きかな。
広告

2007年3月30日

春分の日「24」、これは午前10:00から11:00に起きた出来事である。

Filed under: 観光 — 代理人 @ 11:23 PM
 
代理人記録
 
これは春分の日の午前10:00から11:00に起きた出来事である。
 
予定通り、午前8:00から10:00過ぎまではホテルの部屋で資料作り。しかし外は小春日和だし、昼食タイムが近づいて来た事もあり、部屋でパソコンのキーボードを叩いてるなんて出来やしない。体がうずうずして来たので、外出する事に。
 
昼食に大トロと中華そばを食べに一路、和歌山マリーナシティー方面へ向かう。
その途中、お正月に登れなかった紀三井寺に寄って観ることに。お正月に来た時はこの階段を見て挫折したのであった。
 
階段の途中にあった、何か・・・の湧き水?良く覚えて無い・・・。
 
階段は思ったほど、大した事無く、特に疲れることなく登りつめた。櫻の名所らしいが、まだ全然咲いてない。
櫻が咲いて無いと、別にどうってこと無いお寺かな。名前は有名だけど、規模は大した事が無い印象。
 
紀三井寺の境内から見渡した和歌の浦の海岸。今回は行かなかったけど、お正月に行った時は中々綺麗な浜で素敵なところだった。
 
えっと・・・、何だっけ?
 
えっと・・・、何だっけ?
 
ちなみに登って来た階段を上から観るとこんな感じ。ハチ北の北壁に立った時のような恐怖感がある。
実際、階段を下りる時は手すりを持って降りないと怖かった。
 
正月に来た時に登らなかったので、今日登れてとりあえず良かったかな。本来なら櫻の満開の時期に来たかったかな。

2007年3月29日

春分の日「24」、これは午前7:30から8:00に起きた出来事である。

Filed under: 観光 — 代理人 @ 10:49 PM
 
代理人記録
 
これは春分の日の午前7:30から8:00に起きた出来事である。
 
先週まで泊まっていたのは朝食付きで3900円のビジネスホテル。ホテル自体リニューアル直後で悪くは無かったのだが、駐車場が無いとか、終日過ごすには部屋が狭いとかちょっとした不満があり、この日は少し上のランクのホテルに泊まった。その為、朝食は付けて無かったのだが、早起きしてしまったのでホテルで朝食を取ることに・・・。
 
 
こちらがホテルの1Fにある、カフェ風のレストラン。朝食、ランチタイム、ティータイム、カフェタイムと一日の間に形態が何度も変わるお店である。
 
     
店内は朝の日差しを浴びて明るくコジャレた感じで悪く無い。
 
で、私が注文したのは和歌山名物?「紀州茶粥」。ホテルの朝食なので、ちょっと高目で980円也。
 
茶粥ってことで、お茶漬けとはちょっと違う。しかし名物に旨いもの無しと良く言うが、これも対して美味しいものでは無い。普通のお粥とか、お茶漬けの方が美味しいような気がする・・・。 
 
ちなみに小鉢の中身はこんな感じでした。
 
で、お漬物と、金山寺味噌が美味しかったので、茶粥のお替りをせずに白いご飯を、バイキングコーナーから取って来て一杯、食べた。朝からちょっと食べ過ぎたかな?と言う、朝食タイムであった。 

2007年3月28日

春分の日「24」、これは午前7:00から7:30に起きた出来事である。

Filed under: 観光 — 代理人 @ 11:21 PM
 
代理人記録
 
これは春分の日の午前7:00から7:30に起きた出来事である。
 
本来は休日のはずであるが、次の日も和歌山に来る事を考えるとホテルに泊まる方が楽と判断。
この日、一日はホテルでゆっくりと体を休めるつもりでいたのだが・・・。
 
実はこの日の内にある資料を作らなければ成らなくなり、ホテルで資料を作る羽目に・・・。
大半は前夜に頑張って作りあげたので、実質は午前中だけで済む量になっていたのだが、やはりホテル泊と言うこともあり、午前6時半には目が覚めてしまった。
 
そんなこともあり、食べる予定は無かった朝食をホテルで取ることに・・・。
その前に、前回、このホテルに泊まった時は早朝に出掛け、深夜に戻る日々だったので、全然ホテルの中を見てなかったので、朝の散歩がてらにホテル内を散策してみた。
 
これが、今回泊まった某ホテル。クラス的にはシティホテルかな。最上階にはお洒落なイタリアンの店がるのだが、値段がそれなりにするので、そこで食事する事は無かった。ちなみにこの日の宿泊代は6000円也。何時もは朝食付きで3900円のホテルに泊まっているのだが、この日はホテルの滞在が長い予定だったので、前回泊まって結構お気に入りだったこのホテルにしたのであった。
 
こちらはホテルのロビーを2Fから観たところ。休日の午前7時前と言うことで、人影まばら。2Fにはギャラリーなんかもあって、やはりビジネスホテルとは一味も二味も違う。これでホテルに大浴場でもあれば最高なんだけど・・・。
 
こちらはホテル内にあるチャペルと庭園。そう言えば、ホテル内にはウェディング申し込みコーナーとかもあったっけ。でも春分の日には別に式を挙げてる風では無かったかな。
 
なにはともあれ、こうして長い春分の日が始まったのであった・・・。

2007年3月27日

和歌山中華そばシリーズ7、ラーメン屋と言うより小料理屋。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:53 PM
 
代理人記録
 
また和歌山に居るので和歌山中華そばシリーズをどうぞ!
 
幸太郎  舞」、「京橋 幸太郎」と続けて行って次は「三年坂 幸太郎」へ行こう!と思ってたら、軟禁状態になってしまって何処へもいけなくなってしまったのだが、休日前日、早めに脱出出来たので、「三年坂 幸太郎」へ行ってみた。 
 
店前には中華そばの提燈やらお品書きが置かれてあるのだが、雰囲気は居酒屋か、小料理屋さん。
実際、中に入ってみても、小料理屋のカウンター風だった。(奥には座敷もあるようだったが、カウンター席からは奥はみれなかった)
 
これが「三年坂 幸太郎」のラーメンメニュー。居酒屋メニューも豊富だったけど車だったので、ここはじっと我慢。
 
幸太郎でやはり気になるのは備長炭麺だが、この店も一応初めてだったので、定番の中華そばをこってりで注文。実はラーメンを食べ終えて、帰り仕度をしている時、店員がやって来て「凄い事になってます。」と言いながら備長炭麺のニュース記事のコピーを手渡されたのだった。お店的には備長炭麺を流行らせたいような感じだった。
 
前回、京橋幸太郎で食べた中華そばと、基本的には同じ。スープの表面には大量の脂分が浮いてます。
この脂分の旨みが、和歌山定番の中華そばとは一味違う、今時のラーメンの味になっているように思う。
個人的には和歌山ラーメンの中では一番好きかな。和歌山ラーメンとちょっと違う感じもするけど。
 
他の店にはなかったが、この店には「ラーメンしょうゆ」が置かれてあり、味が薄かったら、足して下さいとの事だった。個人的には普通で十分だったけど、ちょっとだけ足してみたが、まあ、普通に醤油だったかな。
 
お店の雰囲気、店員の活気など、定番の和歌山中華そばの店とは一線を引く、コジャレタ雰囲気のお店だった。
そして次回は、遂に京橋幸太郎で、備長炭麺を食べたのだが、そのお話は後日、ご紹介。

2007年3月26日

久々の希望軒、個人的には塩らーめんが好きです。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:08 PM
 
代理人記録
 
出張から帰って来たら深夜。まだ何も食べて無かったので家に着く前に久々に希望軒へ行ってみた。
希望軒、加古川ホームランスタジアム店は、以前、昼間に行ったらガラガラで、客はほとんど居なく大丈夫かいなと心配していたのだが、深夜は午前0時半にも関わらず結構、若者で賑わっていた。流石、場所柄、昼より夜に強いのかな。
 
で、注文したのは塩味らーめん。希望軒はピリ辛の味噌ラーメンか、定番の希望軒らーめんがメインだが、個人的には希望軒では塩らーめんの方が好きだ。店に寄っては夜の限定メニューだったり、数量限定だったりもする。(今はそんな事は無いのかな。)好きな理由の一つに背脂の量が選べてタップリこってりに出来るからなのだった。
ただ、この夜は背脂の量は聞いてくれなかったのだけど、まあまあ入ってた方かな。
 
こちらは一緒に注文したミニ旨丼。ご飯に細切れチャーシューが乗ったような感じのもの。
味的にも見た目のまんま。まあ普通でした。
 
ちなみに結構好きなのが、ニラキムチ。思えば、大阪の金龍ラーメンでも、神座(かむくら)のラーメンでもニラキムチは入れ放題だったり、最初から沢山入ってたりと、結構、大阪では定番かも。
 
それにしても深夜まで開いているラーメン屋って結構なもんですね。まあ、こんな時間に帰って来たくは無かったけど。

2007年3月25日

JA直営の焼肉屋。取り合えずランチで様子見・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:35 PM
 
代理人記録
 
この冬にオープンしたふぁーみん八幡のJA直営の焼肉店「功庵」に行ってみた。JA直営なので安い値段で加古川牛が食べれる店としてオープン当初から注目していたのだが、チャンスが無く、また某JA職員のK氏によるとタレがイマイチだったり接客に難があったりで、しばし訪問は待った方がと言う意見もあったので、様子見していたのであった。
 
道沿いには大きな看板があったが、お店は流石にJAの経営と言う感じで、素朴と言うか、道の駅みたいと言うか、お店だけを見て心惹かれるような雰囲気は無い。
 
店内はオープンして間も無いこともあり、結構、小奇麗な感じ。最初は「かつめし」にしようかと思っていたのだが、周りの客はみんな焼肉食べてるので「焼肉じっくりランチ」に変更。
 
こちらが「焼肉じっくりランチ」。一人前ずつ肉は盛られていて、自分で好きなようにやいて食べるスタイル。
 
こちらが肉の盛り合わせ。ロースにバラに・・・、モツまで付いてる・・・。モツ嫌いな人が数名いたので、ちょっと不満タラタラ。メニュー表に肉の種類を書いてて欲しかったかな。
 
で、折角なので、単品で加古川和牛の上ロースを追加。(1239円也)もうちょっと高級なのが食べたかったけど、却下された。でも流石にランチの肉とは違って柔らかくてしっかりとお肉の味があった。
 
てな感じで、初めての「功庵」だったのだが、確かに評価は微妙。今度は「かつめし」か「ミンチカツランチ」でも食べに行ってみようっと!

2007年3月24日

もっこす復活!しかし、直ぐに無くなるかも・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:31 PM
 
代理人記録
 
出張している間に、元「もっこす」跡地でその後も「黒船」、「味一」と店が入れ替わって居た場所にまたもやラーメン屋がオープンしたようなので行ってみた。店名は「家族三昧」だが、経営は「もっこす」と同じ会社らしい。「もっこす」のリベンジと言うところか。(ちなみに店内はカウンター5席、4人掛けテーブル3つと座席数は少ない。この辺りも黒船時代からの問題点だと思うのだけど・・・。)
 
実は行ったのはオープン二日目だったのだが、初日は半額だったらしい。二日目は何のサービスも無いどころか、オープン時間、午前11時半を廻っても一向に開店する気配が無い。店主らしきおっさんは、午前11時半を廻っているにも関わらず、オープンは「午前11時半からです。」と言う始末。入る前から結構イライラ状態・・・。
 
暇なのでお店の前に置かれたランチメニューを研究。後で気付いたけどラーメンの種類の寄って微妙に値段が違うので、セットを頼む場合は、値段の高いラーメンをチョイスした方がお得だったかも。
 
で、待つ事10分ようやく店内に入れた・・・。
 
こちらは店内に置かれたらーめんのメニュー。種類が豊富だ。中華そばってのが、もっこすの普通のラーメンかな?一番上にらーめん450円ってのもあるけど・・・。
 
で、私が注文したのは魚のチャーシューに釣られて選んだ「漁師らーめん」のCセット。
しかし注文してからラーメンが運ばれて来るまでが、これまた長い。と言うか、全然、仕込みが間に合って無い様子。で、運ばれて来た漁師らーめんはこんな感じ。魚のチャーシューって?私の嫌いな鯖の塩焼きじゃん!
まあ、普通の食べれたけど、らーめんのスープはあっさり系で、魚介系スープと言う感じは全く無い。個性もインパクトも無い、何か平凡な味だった。
 
セットの焼飯はテンコ盛でやって来た。しかーし、ご飯、ベタベタ。多分、大量に作り置きして電子ジャーとかに入れて置いてあるものを皿に盛って出して来ただけなのかな・・・、と言う印象。あんまり美味しく無いのに量だけ多い。
 
反対にキムチは、誰かつまみ食いしたの?と言う位しか乗って無い、めちゃめちゃしょぼい量。
一瞬、目を疑ってしまったもんねえ・・・・。
 
てな訳で、まだオープンしたてで、評価する段階にも達して無い様子だったが、冷静に考えると、全くの準備不足でこれで良くまあオープンしたな、って言う印象かな?半額だった初日はもっとパニックになっていただろうと思うと、この店、起動に乗る前に口コミだけで、潰れるんじゃ無いかなと心配してしまうのであった。
 
それにしても何のサービスも無かったし、行って損したかな。

2007年3月23日

久々のびっくりドンキー。ハンバーグより豚角煮かな。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 12:23 AM
 
代理人記録
 
出張中なのでちょっと前の話をひとつ。
ヤマダ電機の隣にあるびっくりドンキーに久々に行った。加古川店がオープンした時に一度行った事がある程度だった。思えばびっくりドンキーも京都に住んでた頃に偶に行ったりしてたのだが、私の後を追うように加古川へやって来たお店のひとつである。
 
店内はジャングル風。昼間はオバタリアンとその餓鬼達で思いの他賑わっていた。
 
注文したのは日替わりメニューのセット。
 
定番のハンバーグ。
 
日替わりのセットは豚の角煮。ハンバーグよりどちらかと言うとこちらが食べたかったかも。
ただお味はファミレスの域を出てませんでした。
 
とりあえず、今夜はこんだけ。週末は帰れるかなあ?

2007年3月22日

エゴうどん。食べたい具が全て入ってる?ある意味、鍋焼きうどん?

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 7:35 AM
 
代理人記録
 
出張中のある日の夜に食べた、エゴうどんなる物。エゴとはエゴイストのエゴで、要は食べたい具が選べるようになっているのだが、私は海老天、おあげ、肉をチョイス。これが運ばれて来た私流のエゴうどんなのであった。
 
卵も入ってるし、雰囲気は鍋焼きうどんっぽいけど、きつね、海老天、肉うどんなのだ。
これをあてに生ビールを飲んで・・・、何が何だか状態だったけど、まあまあ美味しかったかな。
次ページへ »

WordPress.com Blog.