義史のB型ワールド

2007年8月31日

先日行った焼肉屋、美味しかったのでまた一族で出掛けました!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:14 PM
 
代理人記録
 
先日行ったばかりの焼肉屋食道楽」だが、お盆の最中、親戚一同が集まった後、再び食べに行って来た。
 
一応予約をして出掛けて行ったのだがお盆も終盤の昼間だったせいもあってか、店は思った以上に空いていた。
 
     
まずは塩タン。上塩タンを注文しようと思ったら、お盆の期間中ってことで、肉の仕入が無く、上塩タンは品切れとの事。仕方無いので普通の「並塩タン」と、ちょっと珍しい、肉厚が魅力の「先タンのタンザク」を注文。塩タンは並の割りには結構旨い。「先タンのタンザク」は仙台牛タンほどでは無いが肉厚もあり、しっかりとした歯応え。ただ普通の薄っぺらい塩タンに慣れてる人には不評だったが。仙台牛タンの好きな私には美味しくいただけました
 
こちらはユッケ。我が姪は生肉大好きっ子なので、一人前を一人でぺろり。私は甥っ子と半分こ。このユッケも中々旨かった。オススメ出来る味だ。
 
そしてメインの焼肉は、人数も多いってことで、まずはお得な「上焼肉盛合せ」。モツ嫌いな人も多い中、上ミノは義兄や甥っ子が食べると言う事と、単品で頼むよりは若干お得と言う口添えもあって、こちらを注文。内容は「ヘレ、上ロース、上カルビ、上ミノ、野菜盛り」。どのお肉もとっても柔か。期待を裏切らず、確かに旨い!嫌あ、ホンマ、旨い!
 
旨かったので「ヘレと上ロース」を追加注文。嫌あ、やっぱ肉は赤身でっせ。ホンマ旨いでえ。
 
今回はヘレもタレ漬けばかり注文したので、ポン酢は無しで、普通の焼肉のタレのみだったが、肉には下味処理でタレ漬けされているので、タレはあまりつけなくても旨かった。
 
こちらは甥っ子の好きな「鶏肉盛合せ」。隣のテーブルでは姪が「豚トロ」と、後半は牛肉以外のメニューが何故か人気。鶏肉も悪くは無いが、やっぱ焼肉屋なので、肉質は大した事は無かったかな?やっぱ、焼肉屋では牛肉を食べるべきでっせ。
 
     
〆は石焼ビビンバとクッパ。私が食べたのはミニサイズのミニクッパ。このクッパは大した事は無い。高砂の焼肉ぶんかのクッパの方が遥かに上だ。反対に石焼ビビンバは、ちょっと味見しただけだが、結構美味しかった。この店では石焼ビビンバの方がオススメかな?
 
てなことで、一週間の間に二回も行った「食道楽」だが、今のところ期待を裏切らない旨さだった。「ぽるた」同様、私のお気に入りの焼肉屋の一店になった事に、違い無い。また行こうっと。 
広告

2007年8月30日

ダイアン!、これが長年の夢だったチェリーパイだ。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:56 PM
 
代理人記録
 
そうめん流しの日に、30番さんの奥方に作って戴いた「チェリー・パイ」。知ってる人は知ってるが、十数年前に流行った海外TVドラマ「ツイン・ピークス」の中で主人公のクーパーFBI捜査官が、「ダブルR・ダイナー」で食べていたのが、このチェリーパイなのだった。

昨今の海外TVドラマブームの影響で、再び、「ツイン・ピークス」にも脚光が浴びつつある。DVDも全シリーズが漸くレンタルされ、この秋にはDVDも全話発売される。それを記念して、チェリー・パイの作りかたが、特集サイトに載っていたので、それを紹介してお願いして作ってもらったのだった。チェリー・パイを食べる事は、長年の夢であった。
 
何度でも食べたいので、また機会があれば、作って頂戴ね!->30番さんの奥方様!
 
ちなみにチェリー・パイに興味を持った方は下記の「ツイン・ピークス」特集サイトをご覧下さい!
 

2007年8月29日

焼肉屋だけど、牛寿司目当てに行って来た。お店はサガミ跡・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:34 PM
 
代理人記録
 
写真が多いとカテゴリ表示が出来ないようなので、ちょっと分割。「大トロぐる巻寿司」3貫、1500円相当が無料を目当てに行った「籠屋八兵衛」高砂店。詳細は、寿司編と特上ロース編をご覧下さい。
 
 
こちらが「籠屋八兵衛」高砂店。看板の文字が見えないと「サガミ高砂店」のマンマ?とも言える。 

焼肉屋だけど、牛寿司目当てに行って来た。特上ロースもうま~!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:11 PM
 
代理人記録
 
牛肉の握り寿司を目当てに行った焼肉屋「籠屋八兵衛」だが、やっぱり焼肉屋で焼肉を食べ無いわけには行かない。そうなるとやっぱ、上肉?メニューに目が行く・・・
 
とりあえず、お得な盛合せメニューを見るとファミリー向けから特上三種盛りまで。当然、注文したのは「特上三種盛り」。その他、極みみたいなメニューもあったが、所詮「籠屋八兵衛」なので、今回は見送り・・・。
 
肉の盛合せをオーダーしたが、まずはユッケ。焼肉もエエけど、生肉もね。チェーン店の割りには中々美味しいユッケだったかな?
 
続いて、特上塩タン。並牛タンの倍ほどの値段で、一人前、1600円也ネギタンほどでは無いがネギもたっぷり付いて来た。流石に倍ほどの値段するだけあって、こちらも確かに旨い。やっぱ、肉も値段ですねえ。
 
そしてこちらがメイン?の「特上三種盛り」。ヘレにロースにカルビと、まさに肉の王道でんなあ。
 
特上三種盛り」の中の「特上ヘレ」。薄切りでサイズも若干小さかったけど、柔かさは一級品。旨かった
 
特上三種盛り」の中の「特上ロース」。この日食べたお肉の中で一番美味しかったのがこの肉。思わず「特上ロース」追加しちゃいました。
 
特上三種盛り」の中の「特上カルビ」。先のロースが美味しかったので、ちょっと影が薄いがこちらのカルビチェーン店系焼肉屋の肉にしては、中々のもの 
 
こちらは追加した「特上ロース」。ご覧の通り、肉質の異なる部位の盛合せになっている。普段からこう言う盛合せなのか、偶々、肉が品切れになって来てこうなったのかは定かでは無いが、薄切りロースやら分厚いロースやらさまざまな肉厚の盛合せだった。味的にも先の「特上盛合せ」の中のロースの方が美味しかったかな?でも、それは比較すればの話で、単体で食べても、上質のロースには違い無い味だった。
 
牛握りを沢山食べた後なので、ご飯ものは不要?と思いつつも、クッパを注文。クッパにはあっさり味とぴり辛味とあったのだが、今回はぴり辛いクッパを注文。味的には・・・、普通・・・。この店のクッパはあんまりオススメしないかな?
 
てな感じで、無料大トロ寿司に釣られて行ってしまった「籠屋八兵衛」だが、特上を注文した事もあって、肉も思いの他美味しかった。この日は特上ロースと、大トロぐる巻寿司の二品が特に印象に残る料理だったと言える。チェーン店なので、あまり期待していなかったが、大トロぐる巻寿司を食べに、また行ってみたいと思うのであった。 

2007年8月28日

焼肉屋だけど、牛寿司目当てに行って来た。牛大トロ寿司、中々うま~!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:13 PM
 
代理人記録
 
明姫沿いにある京都王将・東加古川店が改装する前に隣にあった焼肉屋「籠屋八兵衛」が、王将の改装と共に姿を消し、その後、明姫沿いの曽根近くにあった蕎麦とうどんの店「サガミ」の跡地に、移転オープンしたのが昨年頃の話。所詮、チェーン店の焼肉屋だし「籠屋八兵衛」ってこともあり、あまり関心は無かったのだが、ちょっと前の新聞折込チラシに「大トロぐる巻寿司」3貫、1500円相当が無料になると言う券が付いていたので、焼肉よりお寿司目当てで行ってみた。

こちらが焼肉以外のメニュー。お寿司だけでも三種類もある。当然!全て牛肉のお寿司だ!
 
     
こちらが今回、無料サービスとなった「大トロぐる巻寿司」。通常価格は1500円なので、一貫、500円也。写真では判り辛いが、ご飯がお肉でぐるっと巻かれている。見た目的にも中々のもので、お口の中に入れても期待通り、とても柔らかくて中々旨い。来た甲斐があったと言うものだ。
 
     
続いて注文した牛寿司は「牛一頭に付き300gしか取れない稀少部位を使った炙り寿司」と言う「特選牛ミスジの炙り寿司」、1800円を注文。ミスジって中々食べれ無いのよね。それをお寿司で頂こうを言うのだから、結構大胆。当然、数量限定メニューでもあったので、無料では無くても食べてみたかったのだった。
 
運ばれて来た「特選牛ミスジの炙り寿司」は「生のままでも食べれる」らしいのだが、一応、炙り寿司になっているので、炙りでと、お願いすると、目の前でバーナーで炙ってくれた
 
     
こちらが炙られた「特選牛ミスジの炙り寿司」。確かにお肉だけでも美味しそう。で、そのお味は・・・。うーん、ちょっと生肉っぽさが残ってる。(って、当たり前なんだが・・・)。確かに牛握りとしては美味しいのだが、値段と講釈ほどの味では無かったかな?と言う印象。先の「大トロぐる巻寿司」の方が美味しかったかも。
 
     
こうなったら残る一品も序に・・・、てなことで注文したのが、こちらの「和牛握り」、1200円也。見た目は霜降り風なんだけど、何か、作り物みたいな感じにも見えなくも無い。食べる順番が最期になったせいもあり、味的にも普通。この寿司はやっぱり、どうでも良かったかな?
 
てなことで、焼肉屋で、食べた牛握り寿司だったが、焼肉を食べなかったわけでは無い。この日、食べた焼肉メニューは後半に続く!のだった・・・。 
 

2007年8月27日

スカイラーク系列のイタリアン。と言うか、完全にファミレスです。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 11:00 PM
 
代理人記録
 
記事一杯になったので、調整用にもう一つ、小ネタ。お盆の最中、加古川イオンタウン内にあるイタリアンの店に行ってみた。加古川イオンタウンが出来てから、もう数年経つが、この店に入るのは初めて。ファミレスチェーン店のスカイラーク・グループが経営するイタリアンの店だが、どう見てもファミレスにしか見えなかったので、入る気にならなかったのだった。
 
今回、私が食べた「スパイシーチキンドリア」。鶏肉やゆで卵等入ってるが、味的には・・・・。うーん。
 
こちらは甥っ子が食べた「ボンゴレ」のLサイズ。確かに量が凄い。ちょっと味見したけど・・・。うーん。
 
     
私はセットにしたので、サラダミネストローネが着く。味はみたまんま、想像通り・・・。
 
てなことで予想通り、完全にファミレスやった。客層もマックスバリューに来た買物客のファミリーが中心。やっぱ加古川イオンタウンのお店って、隣のお好み屋同様、イマイチな店ばかりやなあ。
唯一、セルフうどんのお店は、まあまあ、食べれるのだけど・・・。 

神座のパチモンカップ麺?しかも普通のカップ麺。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 10:00 PM
 
代理人記録
 
最近、写真満載の記事が多い為、カテゴリ表示やバックナンバー表示に色々と問題が発生している。
そんな事もあり、ちょっと小ネタを挟んでみよう!
 
久々のカップ麺シリーズ。コンビニで売っていた「大阪なんばの醤油ラーメン」と言う代物。
 
大阪なんばの醤油ラーメン」!!!と言えば、もう何度もこのブログで紹介している「神座(かむくら)」のラーメンの事でしょう!!!パッケージを見ても、白菜やニラが入っていて、如何にも、「神座のおいしいラーメン」をイメージしている?
 
こちらが完成したカップ麺。パッケージの写真に比べて白菜とかの具が少ないような。
味は・・・、まあ、雰囲気だけ、神座?ってとこかな。まあ、カップ麺だし期待する方がおかしいのだけど。

2007年8月26日

超特大えび天に釣られて食べてみたけど、海老の味無いやん!

Filed under: — 代理人 @ 8:39 PM
 
代理人記録
 
ホットペッパーに時々出ている姫路にある魚料理専門店さかなやちゃん」。ここのランチメニューにある「超特大えび天丼」てのが前々から気になっていたので、先日、姫路に行った序にちょっと寄ってみた。
 
お店は郊外にあって車でしか行けないような場所にあるのだが、外からは一切店の中が見えない作りになっている。入るのに若干勇気が要りそうな店だが、中に入ってみると、今風の若者受けしそうなお洒落な洋装で、魚料理の店、あるいは和食の店と言うイメージとはかなりかけ離れている。
 
こちらがランチメニュー。他にも2000円前後の和風御膳みたいなメニューもあったが、今回の目的は何と言っても「超特大えび天丼」。悩む事無く、それを注文。
 
こちらが、その「超特大えび天丼」、1580円也。超特大えび天?と銘打った割りには、パッとみた感じえび天に迫力が無い。どちらかと言うと普通のえび天丼のようにも見える。
 
     
だが、実際には最初から食べやすいように一口サイズ程度に切られたえび天は、確かに超特大と言うだけの事はある、かなりのボリュームの海老天だ。が、しかし・・・、海老自体に味が無い。大味な海老と言えばそれまでなのだが、兎に角、海老に味が無い。大きいだけで味が無い。身のプリプリ感も無く、ただぼてっとした身で、味が無い。何度噛んでも味が無い。ホンマ、味が無い。こうなると特大海老だけに太刀が悪い。美味しく無いのにボリュームだけは満点で、食べるのが苦痛なくらい。伊勢海老の天ぷらと比べるまでも無く、その辺りのブラックタイガーの海老天の方がよっぽど美味しい?以前、このブログで紹介した事がある380円の天丼の方がよっぽど美味しい?
 
どっちにしても以前、大阪で食べた「ハゲ天」の「特大海老天重」と値段や内容が似ているのだが、海老の質、味、内容、どれを取っても「ハゲ天」の方が遥かに上だ。これが都会と田舎の料理の差なのかなあ・・・。取り合えず、「ハゲ天」の「天重」のリンクを貼っておくので、上の天丼と見比べて頂戴。値段は「ハゲ天」の方が若干安いし・・・。
 

2007年8月25日

加古川和牛で関西風すき焼き。これぞ肉の王道?

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:22 PM
 
代理人記録
 
お正月とお盆を中心に時々、兄がお肉を買って持って来てくれる。兄が志方に勤務していた頃は、毎月買って来てたので、志方の肉屋は方々食べたけど、最近は管理人さん邸近くの「大福」が多い。
 
     
今回も「大福」のお肉だ!一応、加古川和牛・・・のはず
 
どどーんとお肉!500gのパックが3パック。これを5人で食すので、一人300g!まさに食べ放題状態。実際にはそんなに食べる元気も無くて結局、2パック食べた時点で全員お手上げ状態。嫌あ、これぐらいの量の方が健康に良いでしょ。
 
お皿に盛ったお肉。今回は、すき焼きにして食べる事に。すき焼きと言えば、やはり関西風すき焼きでしょ!
 
     
まずは鉄鍋を熱して脂を引いてお肉だけを並べます。お肉は細かく切ってはいけません。なるべく、買って来たマンマの大きさのまま焼くのがポイント。そして砂糖と醤油で味付け。最初はこれだけ。
 
お肉にさっと火が通ったら赤味がまだ残った状態で、卵を付けて食べます。嫌あ、旨い!この日の肉も、相変わらず旨い!こうやって2、3廻り、肉だけを焼いていただきます。これが本当のすき焼き!決して、すき鍋にしてはいけません!
 
十分お肉を楽しんだ後は、普通に野菜を加えて、焼いて行きます。ここでもすき焼きタレなんて使わず、お酒かお水を加え、後は砂糖と醤油のみで味付けするだけ。まあ、こっから先はご自由にってとこです。
 
てな感じで、志方の和牛はやっぱ旨いです。志方には沢山の肉屋さんがあるので、色々と食べ比べするのも楽しいのでは無いかな? 

2007年8月24日

京都から来たと言うお好み焼屋。それなりに個性的な味だ。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:28 PM
 
代理人記録
 
最近、至るところで見受けるようになった「まいどおおきに食堂」の影響からか、ヤマダ電機向い側近辺にあった「ざ・めしや」が閉店し、その跡地に先月末お好み焼屋がオープンした。オープン記念で、お好み焼や焼きそばが半額になるクーポン新聞の折込チラシに入っていたので、それを利用しに行って来た。
 
こちらが新しくオープンしたお好み焼き屋「わらい」の店舗。外観とか看板の位置とか「ざ・めしや」のまんま風。
 
店内は今時の明るく広い作り。スタッフの大半はアルバイター風の若い兄ちゃんとねえちゃん達。オープンしたてってこともあって、みんな元気な明るい接客だった。雰囲気は中々良い感じ。 
 

まずはお店の屋号でもある看板メニューとも言える「わらい焼き」を注文。「わらい焼き」とは「ふわふわ『オムそば風』お好み焼き」の事らしい。「わらい焼き」だけれも色んなバリエーションがあるようだが、今回は一番普通のタイプをオーダー。
 

こちらが「わらい焼き」。なるへそ、中に半熟玉子が入ってるせいもあり、確かにとろ~っとした食感で、今まで食べたお好み焼とは、ちょっと違う個性的な味。モダン焼き風ってことで、一応、麺も入ってるのだが、麺の存在感は薄し。でもこの日食べたメニューの中では一番美味しかったお好み焼でもある。確かに看板メニューだ。
 

順番的には「わらい焼き」より先に運ばれて来た「焼きそば」。手前と奥の両方を撮影したら色の感じが別モンのような色合いで写ってたので、両方紹介。どちらの色の方が美味しそうに見えるかな?味はスタンダードな焼きそばだった。もうちょっと個性があっても良かったと思う。
 

鉄板焼きも一品、半額になると言うことで、数あるメニューの中から私の好きな「とん平焼き」を注文。キャベツの上に置かれた「とん平焼き」は中に紅生姜とかが入っていて、また、ソースもマヨネーズを含んだオリジナルソースが最初からかかっていて、一般的な「とん平焼き」とは見た目も味も全然違う印象。ただ、好きか嫌いかは評価の分かれるところ。私は世間一般の「とん平焼き」の方が好きだ
 

最期にメニューを見ていて気になった「京天焼き」ってのを注文。「ソースのいらないお好み焼き」らしい。昔、京の子供達の楽しみだった「おかん特製のおやつ」・・・、がベースになっているらしい。大量のカイワレのせいもあってか、味はかなり、あっさり薄味。個人的にはちょっとソースを足して食べた方が美味しいような気がした・・・。
 
てなことで、久々に新しいお好み焼屋さんがオープンしたのだが、確かに個性的な味と雰囲気はあるが、美味しさと言う点では割と平均的な味に近い。やはりこの辺りで、お好み焼と言えば平荘にある「かかし」が一番かな。焼きそばは、今のところ「長田本庄軒」か「自然流」のどっちらか。中々、全てが美味しいお店って無いものね。 
次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.