義史のB型ワールド

2006年10月31日

あっさり塩スープに排骨の具がマッチして・・・、とは行かんもんだ。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:10 PM
 
代理人記録
 
三宮にも何時の間にか知らないラーメン屋さんが結構増えた。
今回は、ちょっと前に三宮を訪れた時に発見していた「道麺(たおめん)」と言う店に寄ってみた。
(お店自体は数年前からあるみたいだけど、こっち方面へあまり行かなかったので気付かなかったようだ)
 
お店の売りは坦々麺みたいだったけど、気分的に普通のラーメンが食べたかったので、鶏焼麺ってのにしようかと思ったのだが、入口の写真で排骨(パイコー)麺ってのが美味しそうだったのでこちらを注文。
 
まずはパイコーの乗って無い方から一口。スープはあっさり塩味。決して悪くは無いが、最近流行りの塩ラーメン専門店と比べるとどちらかと言うと平凡。次にパイコーを一口。骨は無いしとても柔らかいのだが、これもどうってこと無い。パイコーの煮汁を混ぜると、全体的に味の濃いスープになったけど、これもまたどうってこと無い。
 
お店のうんちくに寄ると「黒大豆で作った味噌に漬け込んだ柔かいスペアリブとあっさりダシのラーメン」の事なんだけど、私にはその旨さは伝わらなかったようだ。他にまだ行って無い店も沢山あることだし、この店に行くことはもう無いかな。(ちなみにここは三宮南店で本店は北野坂方面にあるらしい)
広告

2006年10月30日

日清の名古屋風ラーメン・・・、これってもしかしたらスガキヤ?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:44 PM
 
代理人記録
 
スーパーの冷凍食品売場へ行くと日清の冷凍ラーメンが売っている。それ自体はそう珍しくも無いのだが、最近、味のバリエーションが増えた。と、言うか、今更ながらにご当地ラーメン系統が増えている。
 
で、今回、目に止まったのが、「名古屋風ラーメン・和風とんこつ」と言う代物。
 
これを観て私はピーンと来た。そう、袋の写真と言い、和風だしが味の決め手、と書いてる点と言い、何よりも名古屋風って書いてるとこを見ると、これはもう、スガキヤのラーメンを真似た物に違い無いでしょ!
(そう言えば、日清は以前にもカップ版で、京都風とんこつラーメンと言う名で天下一品を真似た物売ってたっけ。)
 
ってことで、即効で買ってみた。
 
これが完成したラーメン。味玉とチャーシューは別途、買って追加したもの。
袋入りの液体スープを入れた時点から、鰹節系の香りぷんぷん。どう匂いを嗅いでもスガキヤラーメンの香りだ。
 
実際にスープを飲んでも、かなりスガキヤに近い味になっている。この前食べた、カップ版のスガキヤラーメンよりも本物に近いかも。これで97円(具は別だけど)なのだから結構お得かも。
 

2006年10月29日

加古川でお鮨を食べるなら・・・。暫くはこの店に決定!

Filed under: — 代理人 @ 10:35 PM
 
代理人記録
 
2、3年前までは淡路の林○へ、良く鮨を食べに行っていた。多い時で年に4回行ったので、結構常連客でもあった。しかし馴染みにしていた板前の兄ちゃんがロサンジェルス?へ行ってしまって以来、何か味が落ちた感じがして最近は行かなくなってしまった。(感じただけで無く、ネタの大きさと質、シャリの味が全然違ったし。でもネタの鮮度は良いので、未だに人気店のようだけど、昔の味を知ってる人には、がっかりすると思う。)
 
その後、明石の菊水に2、3度行ったけど、ランチタイムって事もあってか期待した程では無かった。
加古川の菊水も店が閉まって数年経つし、ごんた・・・とか行っても全然イマイチだったし・・・。
 
そんな中、ずっと気になっていた鮨屋が、加古川市役所近くにある「与多呂」と言うお店。
店構えは本格的だし、当然、入口にメニューが載ってるようなお店でも無い。噂では結構、高いと言う話だったのだが、昼だと1500円前後で食べれると言う話も聞いたので、思い切って行って見ることに。
 
確かにメニューには1200円くらいのちらし寿司があったけど、特上にぎりでも3150円
この程度なら無問題ってことで、特上にぎりを注文!(松茸の土瓶蒸しにも引かれたけど時価だったので却下)
 
これが特上にぎり。トロに鯛、ウニにイクラにハマチ、それにイカ、海老、蒸し穴子と定番のネタが揃ってる。
 
 
まずはトロから。うーん、本物のトロだ。最近は回転鮨の安いトロばっかりだったので、トロを忘れかけていたけど、やっぱ本物は違う。ウニも海臭さなんて全く無い甘いとろっとしたウニだった。その他のネタも新鮮で旨かった。
淡路の林○だと、このクラスの値段でも海老は活海老だったけど、そこはご愛嬌。(久々に茹でた海老のにぎり食べたかな。)
 
また女性用には握り鮨が食べ易いように最初から2つに切ってあるところ何かも心憎い演出だ。
個人的には私も2つに切って欲しかったな。ちょっとずつ食べれるしトロも気分的に2度味わえるし・・・。
 
今回は、FOMAのバッテリー不具合で肝心な時に写真が撮れなかったので、同行者の携帯電話を借りて撮影。
その為、ちょっとピンボケになってしまったのだ。
 
暫くは美味しい鮨or鮨屋に出会って無かったけど、流石にこの店は噂通りのお店と言う気がする。
ただ、カウンターで握って食べる勇気は無いかな。だって、全然値段書いて無いんだもん。夜は怖い・・・。
(今回のメニューも、もしかしたら昼間だけのメニューと言う気がするし・・・。)

2006年10月28日

北海道物産展で食べた、かに味噌ラーメン。味的には微妙・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 5:07 PM
 
代理人記録
 
もう20年ほど前になるが、オートバイに乗って北海道一周ツーリングに行った時、根室の方で花咲蟹が丸ごと一匹入ったラーメンを食べた事がある。大きさはそんなに大きくなかったが、豪快さはあった。ただ、スープは蟹の出汁が入っているとは言え、普通の醤油味だったような記憶しか残っていない。
 
また2年ほど前、東京へ一ヶ月ほど行った時、当時、札幌で人気だった海老を使ったラーメンで有名な「縁や」に行って「えびそば」なる物を食べた。これは確かに海老の味が結構強いけど、それなりに美味しいラーメンだった。
 
1年ほど前、明石ラーメン波止場にあった芸能人の河相我聞の店で、えび味噌ラーメンなる物を食べたけど、これは「縁や」のパクリっぽくて、その割に私の嫌いな磯臭さがあったので、どちらかと言えばイマイチだった。
 
で、今回は、ただいまヤマトヤシキ加古川店って開催されている北海道物産展で「かに味噌スープラーメン」ってのを食べて来た。個人的に、蟹味噌好きだし、蟹味噌がスープになってると絶対に旨いはずだ。と言うことでちょっと期待のラーメンでもあった。
 
これが、かに味噌スープラーメン。小樽らーめん・古代文字と言う店らしいのだが、ベースは蟹だけを使ってスープを取ったと言うかにスープラーメン。それに蟹味噌を加えて濃厚な蟹の味を醸し出したと言うのだが・・・。
 
まずはスープを一口。うっ!!!。私の嫌いな磯臭い、あるいは質の若干悪い蟹独特の臭み、癖のある味だ。
この時点では結構、後悔したのだが、食べ進んで行くうちに、慣れて来て、最期はまあまあ美味しく食べれたかな。
もっと蟹味噌の濃厚な味を期待してたのだけど、どちらかと言うとあっさり目だったのがちょっと残念。
 
トッピングはチャーシューで無く、蟹の身をほぐしたものと、小さめの蟹の爪が乗っていたが、これはまあ普通通り、見た目まんまの味で、気持ち的な要素の方が大きいと思う味だった。これで892円を高いと思うか安いと思うかは何とも難しいところだが、滅多に味わえないこの手のラーメンを食べれたと言うことに価値はあるのだろう。
(蟹ラーメンって冬に日本海へ行くとお土産屋さんで売ってるぞ・・・、と言う突っ込みを受けそうだけど・・・。)
 
ただ、そう言えば、但東町にあった「壱学」と言うお店のラーメンは、基本的には魚介系のスープで日毎、素材が変わり、私が食べに行った時は鯛のスープだったけど、偶に蟹のスープの時もあると言ってたので、どちらかと言えば「壱学」の蟹で取ったスープのラーメンを食べたかったかな。

2006年10月27日

ステーキ屋さんのカレーは美味しいと言うけれど・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:12 PM
 
代理人記録
 
ステーキ屋さんのカレーは美味しいと良く耳にする。しかし加古川・高砂近辺のステーキ屋さんでカレーがある店は意外と少ない。数年前、梅原のメニューにカレーがあったのだが、食べたいと思った時にはもう無くなっていた。(最近は行って無いから知らないのだけど)
 
が、大阪・北新地には沢山のステーキ屋さんがあり、半分位のお店がランチタイムにカレーを出している。
最近、大阪へ行くとカレーを食べる事が多いのだが、ちょっと足を延ばして北新地界隈へ寄ってみた。
 
今回は前日の下調べで見つけていた風靡(ふうび)と言うお店のカレーランチを食べてみることに。
ビルの地下にあってちょっと入り難いお店ではあったが、結構、客が居たので割りと普通に入れた。
 
ハンバーグランチにすればミニカレーが付いて来るらしいのだが、そんなに量は要らなかったので、普通にカレーランチを注文。 
 
こちらが、今回食べたビーフカレー。ステーキカレーじゃ無いけど、噂通り、結構お肉がゴロゴロしている。
 
カレーの味は酸味のある洋風カレーで、あまり辛くは無い。肉はとても柔らいが、肉本来の味はあまり感じれず、やはりカレーソースにどっぷりと漬かった味になっていた。
 
個人的には好みの味のカレーじゃ無かったし、肉が沢山入ってた割りには肉を食べた気がしなかったので、どちらかと言うと期待外れ。ランチなのでサラダとコーヒーが付いていたけど、1050円の値段もちょっと高く感じる。
 
味の好みは人それぞれなので、ここのカレーが美味しいと思う人にはお得かも知れないけど、私なら普通にインディアン・カレーとか得正のカレーの方が値段も安いし良いかな。
 
次回はまた別のお店に寄ってみよう。中々昼間の北新地を散策するのも楽しいものだ。

2006年10月26日

高砂で牡蠣を食べるなら。まだちょっと早いので小ぶりだったけど。

Filed under: グルメ — 代理人 @ 10:20 PM
 
代理人記録
 
高砂の名物と言えば下村の焼き穴子が超有名。しかし、それ以上にTV等で良く出て来るのが牡蠣料理で有名な、その名も「かき幸」。一応、年中営業しているが、やはりこの店が本格的に活動するのはこれからのシーズンだ。
 
以前は夜のコースに良く行っていたのだが、かき幸独特の生玉子を付けて食べる(すき焼きみたいに)土手鍋が、個人的にはあまり好きじゃ無いので、ここ数年はランチタイム専門になっている。てなことで今年もまずはランチタイムに行って来た。
 
入口左手に見えるのは座敷への通路。
 
こちらはランチタイムでお馴染みのカウンター席。奥に見える厨房でかきふらいを揚げている。
 
まずは付きだしの黒豆。
 
そして、この店では私の一番好きなかきふらい!この店のかきふらいは衣に一工夫あって(ウニが入ってるとかだったかな?)独特の色をしてる。そしてこれがまた美味しい。
 
こちらはかきふらいのアップ。流石にまだ時期が早いのでかなり小ぶりな感じ。最盛期に比べると半分位の大きさかも。それに加え、私に運ばれて来たお膳は、見るからに他の人と比べて小さい。かきふらいは一度に揚げているのだから、盛り付け時に何とでもなりそうなのに、何故か私のは小ぶりなものばかりだった。
 
でも味の方は相変わらず美味しい。他の店だと磯臭さと言うのか、牡蠣の独特の癖なんかがあったりするのだけど、この店の牡蠣には一切そういった物が無い。やっぱ、牡蠣を食べるならこの店しかありませんね。
 
ちなみにこの店のかきふらいはポン酢で食べる。タルタルソースが欲しい・・・、と言う気もしないでも無いが、衣自体に味も付いてるせいか、この日は塩の方が美味しいような気がした。(と言うか、この塩、岩塩がこれまたちょっとした売りのようだけど・・・)
この塩で肉を食べても美味しい気がするし、あるいは塩ラーメンにも使えそうな上品な塩なのだ。
 
ちなみにかきふらい膳には赤出汁では無くにゅう麺が付く。出汁はちょっと濃い目の味だけど、こちらも私の好きな一品でもある。
 
と言うことで、まだちょっと牡蠣の時期は早いので、小ぶりだったけど、これからシーズン突入するとランチタイムでも予約しないと入れ無い位、人気なお店なのでした。私も牡蠣のシーズンに突入したらまた行く予定なのでした。

2006年10月25日

ロックタウン加古川のフードコートにあるうどん屋さん。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:31 PM
 
代理人記録
 
ロックタウン加古川のフードコートで半額の牛丼を食べたのに続いて、またもや半額の肉うどんを食べてみた。
半額で240円。それに温泉たまごも通常70円が50円だったので追加。流石に入口に置いてある50円割引券は使えなかったけど・・・。
 
この店、中途半端にセルフ形式で、麺湯掻いて具のトッピングまではやってくれるのだが、出汁は自分で好きなだけ入れるようになっている。このスタイルのセルフうどんの店は他にもどっかであったような気もするが・・・。
 
で、お味。まずは例に寄って麺はやわやわ。湯掻いて置いてあるのか、はたまたこの店ではこれが普通なのか判らないが、今回で2回目だが前回も今回もこんな感じの麺だった。そして出汁もイマイチ特長の無い味。温泉たまごは見た目そのまんまの味だし・・・。まあ、何度も食べたくなるようなうどんじゃ無いことだけは確かだ。
 
 
こちらは初めて行った時に食べたカレー丼セット物についてたかけうどん。
この時も麺はやわやわだった。
 
 
こちらはカレー丼。ちょっと色の黒い和風カレー。味は・・・。忘れた。でも大した事無かった事だけは確か。
 
どちらにしてもこの店のレベルだと、すぐ近くにある100円うどんのむらさきに負けちゃうんじゃ無いのかな。

2006年10月24日

カップもスガキヤ。でも本物の後で食べるとちょっと・・・。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 11:39 PM
 
代理人記録
 
数年前にスガキヤのカップ麺を一箱通販で買って、友人知人に配った事があるが、それ以降はスーパーやコンビニでスガキヤカップ麺を見つける度に買っている。偶に、袋入りタイプも売ってる事があるのだが、最近は見て無い。ちなみに名古屋へ行くと生麺タイプも売ってるらしい。
 
で、今回食べたのは2006年限定版。今回の特徴はレトルトの煮玉子が付いてる事かな。
 
パッケージの色と言いデザインと言い、何時ものとは何処と無く違う雰囲気だ。
スガキヤカップ麺は線までお湯を入れると味が薄く感じるので、今回もお湯は少なめで。
 

完成したスガキヤラーメンはこんな感じ。流石につい最近、本物のスガキヤを立続けに食べたばかりなので、旨さの度合いがかなり低い。何時もは美味しく食べれるスガキヤカップ麺なのだけど、今回のはスープが違うのか、はたまた先に書いたように本物の味をまだ舌が覚えているのか、普通にカップラーメンの味だった。
 
それと煮玉子も、どちらかと言うとイマイチかな。こんなん要らないからスープの味をもうちょっと濃い目にして欲しいと思うのであった。

2006年10月23日

スガキヤの逆襲!元祖魚系スープで増殖中。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:13 PM
 
代理人記録
 
高砂アスパのフードコートにラーメン嵐・花月があったことは意外と知られていない。
昨年の春ごろにオープンしたのだが、今年の春ごろに閉店してしまった。まさに1年ほどの命。
大体、フードコートにありセルフサービスなお店なのに値段が高い。普通の店構えのラーメン屋以上の値段だった(関東並みのお値段)。何か根本的に間違えてるよね。

しかも味も値段と同じく、関東系の豚骨醤油バリバリのラーメンだったし。そもそもあの場所に出店したのが失敗だったと思う。

 

そして、この夏、その跡地にスガキヤラーメンがオープンした。
 
スガキヤラーメンと言えば、若かりし頃、高砂のサンモールにお店があり良く行ったものだ。
当時、140円ぐらいだったし、今、巷で流行っている魚系スープを使ったWスープの元祖的お店とも言える。
 
個人的にはスガキヤラーメンは定期的に食べたいラーメンの一つだったのだが、サンモール店が撤退後、加古川ニッケパークにお店がオープンしたものの、そちらも数年前に閉店してしまった。と言うことで、最近は姫路のリバーシティー店で食べるか、カップ麺を買って食べるぐらいしか無かった。
 
ところが、この春頃、イトーヨーカドー別府店のラーメン屋の跡地にスガキヤがオープンしたかと思うと、続いてこの夏に高砂アスパにもスガキヤラーメンが出来たのであった
 
こちらが高砂アスパフードコート店。やはりショッピングセンターにはこのスタイルが似合ってる。
 
ふつうのスガキヤラーメンは先週、リバーシティーで食べたばかりだったので、ちょっと変わった「温野菜ラーメン」390円を注文。昔はこんなメニュー無かったなあ。いかにも今風って感じだが、普通のスガキヤラーメンに温野菜のトッピング、そしてチャーシューを2枚にしただけだ。値段差は110円。この差を高いと思うか安いと思うか。
 
温野菜ラーメン
 
スープは普通のスガキヤラーメンと同じ味。しかし温野菜のせいか、はたまたお店に寄る差なのか、ちょっと薄目な味な気がする。それと、チャーシューが2枚だったが、今日のチャーシューはあんまり美味しく無かった。今までスガキヤのチャーシューで味にどうのこうの思った事無かったけど、今日のは不味かった。たまたまかな。
 
それと何故か梅干が入ってる。ラーメンに梅干と言えば私の大好きな山頭火のラーメンを思い浮かべる。そう言や、甘めな白湯スープってとこは似てるかな?スープ的には全然違うけど。
 
 
先割れスプーン

 
 スガキヤと言えば、学校の給食スプーンよりはるかにでかい、先割れスプーンが有名だけど、当然今も健在!
 
 
スガキヤラーメン
 
 こちらは先週、姫路リバーシティーのフードコートで食べたばかりの普通のスガキヤラーメン。
毎度、思う事だが、この店のスープはちょっと濃いように思う。濃い味の方が私は好きだけど。
 
 
スペシャルネギラーメン
 
 こちらは同じく姫路リバーシティー店で甥っ子が食べた、スペシャルネギラーメン。何か辛そうな液体がかかってた。
 
スガキヤラーメン
 
序にこの春頃、イトーヨーカドー別府店で食べたスガキヤラーメン。この安っぽさがまたまた魅力的。
 
 
豚丼
 
同じく、セットで注文した豚丼。(チャーシュー丼?)。白いご飯の上にチャーシュー載せて甘めのタレをかけただけのシンプルなメニュー。ご飯との一体感は全く無く、いかにも!って感じの丼だったなあ。
 
でもやっぱ、私はスガキヤのラーメンがつくづく好きだなと思った。まあ懐かしさと値段の安さが最大の魅力なんだけど。
 

2006年10月22日

どじょう体験

Filed under: さりげない我家の風景 — 代理人 @ 10:28 AM
 
 
先週、稲刈りが終わって横の溝さらいをすると、わんさかとドジョウが取れました。
ここ一・二年は、ポンプで田んぼへ水を入れてたので不漁だったのだけど、今年は
雨が多くて池の水が流れ込んで来たのが原因みたい。
 
 
元気いっぱいのドジョウ。
これをどうするかって?もちろん食するのです。
きれいな水で一週間泥をはかせて、ばあちゃんに半分あげてもこの量。
 
さて、お料理開始。
作り方をインターネットで調べて、ドジョウ料理の定番”柳川鍋”に挑戦。
 
ささがきゴボウとダシ汁の中にドジョウを・・・
ちょっと残酷ですね。
 
玉子でとじて出来上がり。
なかなかおいしそう。
 
○○がドジョウ初体験。
 
※この一匹を食べた後「もういらん」と箸を付けませんでした。
 
柳川鍋の味は本当に旨かったのだけど、聞けば嫁も長男長女もドジョウは食べないだって。
後、この鍋は私ひとりでおいしく頂いたのだけど、まだ残り100匹ほどバケツの中で泳いでいる。
誰かが遊びに来た時に、こっそり食わしてしまおうと企んでおります。
 
泥鰌いっぴき、鰻いっぴきって言うくらい栄養満点なのですよ。
次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.