義史のB型ワールド

2018年7月31日

一部で超話題だった”麺屋 銀鉢”の店舗跡地に誕生した”濃厚とんこつラーメンホッポ屋”で標準の”とんこつラーメン”を食べてみた!ちょっと醤油辛いが中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
5月の中旬頃に明姫幹線を車で走っていたら昨年一部で超話題になった安田東交差点近くに有った『麺屋 銀鉢 -GINBACHI-』の店舗跡地が改装されて『ホッポ屋』と看板が揚がった。『ホッポ屋』と言えば三木に本店があり、更には神戸西区、あるいは今年の春頃には姫路野里の方にも支店が出来たラーメンチェーン店で、確か元々は『希望軒』のFC店で、『希望軒』本体が民事再生法の適用を申請して倒産した後に独立したお店のはず・・・(この界隈では『麺屋いちなり』とか閉店した『来龍軒』等があった)。で、5月下旬頃には店自体は完全に出来上がっていたのだが、中々オープンせず、何時から営業するのだろうと思っていたら6月14日に漸くお店がオープンしたので食べに行ってみた。
 
濃厚とんこつらーめんホッポ屋/加古川店
こちらが今回行って来た明姫幹線安田東交差点近くの『麺屋 銀鉢』店舗跡地に新しく誕生した『濃厚とんこつラーメン ホッポ屋/加古川店』(看板は何故か”濃厚らーめん”と平仮名だが・・・)で、先にも書いた様に5月の下旬頃に店の看板が掲げられ更には店横には大きなメニューも張り出されたので、既に営業が始まっていると勘違い?したお客さんが店に入ろうとして断られる場面を何度か観た・・・。で、私も一度何時オープンするのだろうと思い、店前まで観に行ったら何と無く意味ありげ?に”従業員研修中!”の張り紙があった・・・。これって以前あった『麺屋 銀鉢』のイメージを払拭する為の作戦?とかなのかな・・・。
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋の特徴
ちなみにこちらは店内に置いてあった『ホッポ屋』のラーメンの紹介で、一番下に他の支店の住所や電話番号等が記載されている。で、先にも書いた様に以前偶に『山陽自動車道三木SA』やら『らー麺 藤平/三木店』やら『カウボーイカレー』等へ食べに行っていた頃に『三木本店』にも行って、店の写真だけを撮って来た事もある(でもその時は他店で食事をした後だったので食べに入らなかった)。あるいは『平野店』も『天然とんこつラーメン専門店 一蘭』へ行く途中で店の前だけは通った事はあるが、それ切りだ。そう言えば記憶違いかも知れないが神戸西区(雰囲気的には西明石)にあった『瑞穂庵』の北隣の『鶏専門らー麺しぇからしか かしわ亭』が閉店した後の一時期『ホッポ屋』になっていた時があった気がするのだが・・・、明石の事は余り詳しくは無い・・・。
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋のメニュー
そしてこちらがお店の横に掲げられていたメニューボードで、ご覧の通りお店の看板である”とんこつラーメン”だけでも4種類程ある。更には『希望軒』の名残なのか”辛味噌ラーメン”等の味噌系もあって、その他にも”塩ラーメン”や”醤油ラーメン”等もある(ま、あっさり系はとんこつが苦手な客の為に用意されいるだけな気もするが・・・)。で、個人的には一番先頭に載っている”濃厚とんこつコテ麺”が食べたいと思ったのだが、今回が初訪問なので素直に看板の冠にもなっている”とんこつラーメン”を食べる事にし、更にこれまた『希望軒』の名残を感じさせる3種類のサイズのチャーハンの中から小サイズのチャーハンが付いたAセットを食べる事に決定!!!
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋とんこつラーメン定食Aセット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”とんこつラーメン並”と定食Aセットの”チャーハン小”で、それぞれのお値段は税抜価格650円と150円なので、合計した金額は税込価格864円也。他のラーメン屋さんの半チャンセットも似たような金額なので、大体こんな物かな?とは思うが、出来る事であれば『らーめん八角』とか『博多豚骨ラーメン まるせん』のようなお得なランチメニューがあれば・・・とも思う・・・。
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋とんこつラーメン
それはさて置き、こちらがメインの”とんこつラーメン”で、パッと見た感じは最近もあちらこちらのお店で食べている”博多とんこつラーメン”とも違うし、記憶は薄れているが民事再生法適用前の『希望軒』のラーメンとも違う、何と無く豚骨醤油系のスープのラーメンだ。ちなみに商品案内に寄ると”濃厚さと食べやすさを両立した中濃スープ”との事。で、そのお味であるが確かに飲みやすいスープで中々美味しいのだが、個人的には少し醤油ダレが濃いかな?と言う印象・・・。
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋とんこつラーメン
そしてこちらは”とんこつラーメン”にトッピングされていた”豚バラチャーシュー”で、大きさは割と平均的なサイズではあるが、メチャトロトロした食感と、しっかり浸みたタレの味わいがあってこちらも中々ウマいチャーシューだ!
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋とんこつラーメン
ちなみに”とんこつラーメン”の麺はこんな感じの細麺で、ラーメンを注文した時点ではどんな太さなのか定かでは無かったのだが、何と無く細麺な気がしたので麺の茹で加減は固めを指定!個人的に太麺の方が好きと言う事もあって、特にこれと言った印象は残らなかった普通に美味しい麺であった!
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋定食Aセットのチャーハン小
そしてこちらは”とんこつラーメン”とセットで頼んだ定食Aセットの”チャーハン小”で、最初に書いたようにサイズが大・中・小の3種類の中から選べるのが何と無く一昔前(今でもそうなのかも?)の『希望軒』を彷彿とさせる・・・。それはさて置き、当然の如く注文してから炒めた出来たばかりの熱々で、若干味付けは濃い目だがネギがちょっとしたアクセントになっていてメチャ美味い!やっぱ焼き飯はその名の如く作り立てが一番だ!
 
てな事で、昨年一部で超話題になった安田東交差点近くに有った『麺屋 銀鉢』の店舗跡地に出来た『ホッポ屋』へ行って先ずは”とんこつラーメン”を食べてみたのだが、所謂”博多豚骨ラーメン”とは違う何と無く醤油豚骨系のスープで若干醤油辛い印象だったが、これはこれで中々美味しかった!とは言え、個人的にはこってり好きな事もあってこの数日後に”濃厚とんこつコテ麺”を食べに行ったらそちらの方が私の好みにあっていたのだが、その話はまた後日・・・。
広告

2018年7月30日

毎度お馴染みの”丸亀製麺”で店舗限定メニューの”とんこつうどん”を食べてみた!豚骨スープの割りにはあっさりだが、これはこれで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:52 PM
 
代理人記録
 
以前にも書いた様に新年早々に毎度お馴染みの『丸亀製麺』へ行って”はまぐりうどん”を食べた時に”100円の割引券が5枚綴られたお年賀クーポン”を貰ったので、それに釣られて”クラムチャウダーうどん”とか”鴨ねぎうどん”とか”鴨肉たっぷりカレー南蛮”等を食べに行ったのだが、それ以降はこれと言って私が食べたくなるようなフェアメニューが登場しなかったので、2ヵ月程の間食べに行ってなかった。が、6月になると毎年登場する個人的にも結構好きなタル鶏天ぶっかけ”が登場したので、それに釣られて食べに行ったら店内に置いてあったボードに店舗限定で”とんこつうどん”と言うメニューがあったので後日再び食べに行ってみた。
 
釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川市役所近くのうどん屋激戦区の一角にある『釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店』で、以前から度々書いている様に今や全国に800店近い店舗を有する、超巨大セルフ讃岐うどんチェーン店の記念すべき1号店(今風に言うと聖地?)で、個人的にも2001年にこの1号店がオープンした直後から食べに来ている一番愛着のあるお店でもある。
 
丸亀製麺とんこつうどんのメニュー
そしてこちらが店内に置いてあった店舗限定の”とんこつうどん”のメニューのボードで、『丸亀製麺』で豚肉を使ったうどんはと言うと過去に”ラフテーうどん”、”こく旨豚しゃぶ ぶっかけ”、”Wカツカレーうどん”等を食べた事はあるが、それらは普通の出汁のうどんでトッピングが異なるだけ?みたいな感じだったが、今回は何と言っても出汁自体が”豚骨だし”を使っているらしい・・・。何れにしても最近もあちらこちらのラーメン屋さんで”とんこつラーメン”を食べている事もあって、それとの比較の意味も兼ねて?この”とんこつうどん”を食べてみる事に決定!!!
 
丸亀製麺とんこつうどんとかしわ天
で、こちらが実際に食べた”とんこつうどん”と、最近話題の”きさまのクーペン”では無く『丸亀製麺』の公式アプリにあった無料クーポン券を使って食べた”かしわ天”で、お値段は”とんこつうどん”代のみとなって税込価格640円也。ちなみにこの”かしわ天”は今現在140円に値上がりしているので、そう言う点では140円安くなっているのだが、流石にちょっと食べ飽きて来たので他の天ぷらか、あるいは100円引き券の方が有難い気はする・・・。
 
丸亀製麺とんこつうどん丸亀製麺とんこつうどん
それはさて置き、こちらがメインの”とんこつうどん”で、ご覧の通り白濁系の豚骨スープに豚バラ肉やら高菜漬けやら紅生姜がトッピングされていて、それに麺が見え無い事もあってパッと見た感じはまるで”とんこつラーメン”のようだ。ちなみに商品案内に寄ると”コクと旨みの豚骨だし。高菜漬けと紅生姜がピリッとアクセント!”との事。で、先ずはスープから飲んでみると”とんこつラーメン”と比べると和風出汁も入っているのか少し薄い?の言うのかマイルドな感じだが、これはこれで中々ウマい!普通に中華麺で食べても違和感の無いお味だ。
 
丸亀製麺とんこつうどん
そしてこちらは”とんこつうどん”にトッピングされていた豚バラ肉で、雰囲気的には以前食べた”豚しゃぶ ぶっかけ”にトッピングされていた豚肉を煮込んだような感じだが、こちらも豚骨スープと相まって中々ウマい!強いて欲を挙げるならば、折角なのでこれまた以前食べた”ラフテーうどん”にトッピングされていた”ラフテー”を乗せた”とんこつうどん”が食べたかったかも・・・。
 
丸亀製麺とんこつうどんとかしわ天
ちなみにこちらは公式アプリに配信されて来た無料クーポンを使って食べた”かしわ天”で、商品案内に寄ると”焼鳥屋から生まれた丸亀製麺自慢の和風フライドチキン”と呼ぶ程の自信作で何やら”鶏のムネ肉にひと手間加えることでモモ肉にも負けず、うどんにもぴったりなジューシーな天ぷら”になっているらしい・・・。とは言え先にも書いた様に既に何度も食べているので、今回は”とんこつうどん”のスープに浸けて食べたら、何時もと違った味わいがあってこれはこれで中々美味しかったかな。
 
てな事で、毎度お馴染みの『丸亀製麺』で店舗限定の”とんこつうどん”を食べてみたのだが、豚骨スープの割りには結構あっさりしていたが、普段食べる”とんこつラーメン”とは違った味わいが楽しめてこれはこれで中々美味しかった!そう言えば以前食べた”クラムチャウダーうどん”も意外と美味しかったので、これからもこの手のヘンテコメニューを色々と販売して欲しい・・・。

2018年7月29日

久々に行った加古川駅近くにある”焼肉 牛庵”で黒毛和牛やハラミのランチと追加で黒毛和牛特上カルビ等を食べてみた!やっぱ単品の肉は一味も二味も違う!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
ちょっとした事情で此処最近はJR加古川駅前周辺に行く機会が増えた。で、この日も何時もの如く?JR加古川駅前周辺を散策していたら買物に来ていた甥っ子ファミリーに出会った。で、その後JR加古川駅の北側でちょっとしたイベントに参加した後に折角なのでランチを御一緒する事になった。そう言えば以前にも似たような事があり、その時はヤマトヤシキのレストラン街にある『ステーキ 藤久』に行ったのだが、今回は小さな子供も居るのでもっとお気軽にランチが食べれるお店・・・と思い、そこから歩いて直ぐの処にある『しゃぶしゃぶ・焼肉 牛庵/加古川店』に行ってみる事にした。
 
しゃぶしゃぶ・焼肉 牛庵/加古川店
こちらが久々に行って来た『しゃぶしゃぶ・焼肉 牛庵/加古川店』で、確か2004年か2005年に誕生した今となっては結構古株の焼肉チェーンで、個人的にも当時はランチを中心に偶に食べに来ていたのだが、最近もお店の前だけは週一位の割合で通りつつも、実際に入店するのは何時ぞやT郎君とランチを食べに来た時以来の約5年ぶりの訪問だ。ちなみにこのお店がオープンした頃は別の会社だったと思うが、今ではこのお店も毎度お馴染みの『すき家』や『なか卯』や『はま寿司』と同じくゼンショーグループの傘下になっているようだ。
 
牛庵黒毛和牛ランチと和牛+ハラミランチのメニュー
それはさて置き、このお店には店の外の幟を見れば判るように800円位からのランチメニューが用意されているのだが、甥っ子ファミリーと一緒に外で食事をするのは久々だった事もあって”牛庵のちょこっと贅沢、プレミアムランチ”のメニューの中から”黒毛和牛ランチ”1人前と”和牛+ハラミランチ”2人前、その他に子供用の雑炊等を注文して適当にシェアして食べる事に決定!!!
 
牛庵黒毛和牛ランチと和牛+ハラミランチの御飯セット
で、先ず最初に運ばれて来たのが”黒毛和牛ランチ”と”和牛+ハラミランチ”に付いているこちらのセットで、その内容はと言うと”ごはん(お替り自由)、スープ、サラダ、キムチ”等で、後から運ばれて来る肉と焼き野菜の他にドリンクバーが付いてそれぞれのお値段は税別価格1780円と1580円也。もしもこの時が車移動では無かったら、ご飯セットを抜きにして生ビールを注文したい処だったのだが・・・。
 
牛庵和牛+ハラミランチ
そしてその後に運ばれて来たのがこちらの”和牛+ハラミランチ”の黒毛和牛ハラミの肉で、偶に他の焼肉屋さんへ行った時に、どれがどの部位の肉か悩む時があるのだが、ご覧の通り肉の質が全く異なるので正に一目瞭然だ!
 
牛庵和牛+ハラミランチ
それはさて置き、こちらがその黒毛和牛でパッと見た感じはロースかな?と思って食べたのだが、メニューには黒毛和牛としか書いて無いので、もしかしたらその時々でロースとカルビが混ぜているのかも知れない・・・。
 
牛庵和牛+ハラミランチ
そしてこちらがもう一つのハラミで、昨年の夏頃に姫路駅前にある『焼肉バル なんだいもん』で”カルビ、ハラミ定食”と言う今回と似たような内容の焼肉定食を食べたが、その時のハラミと比べるとこれまた一目瞭然の差だ。ま、当ブログで結構お馴染みの『焼肉 志方亭』のハラミとは正に雲泥の差があるような気もするが・・・。
 
牛庵黒毛和牛ランチ
それは兎も角として、こちらは全員でシェアして食べようと1人前だけ頼んだ”黒毛和牛ランチ”の肉で、これまた先に食べた”和牛+ハラミランチ”に付いていた黒毛和牛と同様に全てロースだと思っていたのだが、後からこの写真をじっくり見るとロースとカルビの2種類が混ざっていたようにも思える・・・。
 
牛庵黒毛和牛ランチ牛庵黒毛和牛ランチ
ちなみに”黒毛和牛ランチ”のお肉を見比べてみるとこんな感じで、やはりどう見ても部位は違うようだ。何れにしてもこの肉を見ると、差額が200円しか無いので全員”黒毛和牛ランチ”でも良かったかな?と言う気もする・・・。
 
牛庵黒毛和牛ランチ牛庵黒毛和牛ランチ
で、こちらが実際にテーブルの中央に設置された無煙ロースター?でお肉を焼いている様子と、各焼肉ランチに付いていた焼野菜盛り(ちなみにこの一皿で3人分だ)で、何時もの如く食べる分だけを丁寧に焼いた後お店特製のタレを浸けて食べると中々ウマい
 
牛庵黒毛和牛特上カルビ
そんなこんなで大人三人で”和牛+ハラミランチ”2人前と”黒毛和牛ランチ”1人前をシェアして食べたのが、それなりにお肉が美味しかったのとボリューム的に未だ食べ足り無い感を感じたのでお肉だけを追加で注文する事に・・・。で、こちらが追加して食べようと決めた黒毛和牛の単品メニューで、先に食べた黒毛和牛がロースだった気がしたのと、折角ならばエエお肉を・・・と思い”黒毛和牛特上カルビ”を1人前だけ追加で注文!!!
 
牛庵黒毛和牛特上カルビ
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”黒毛和牛特上カルビ”1人前で、お値段は税別価格1190円也。流石に単品でこのお値段と言う事もあって先ほどの黒毛和牛と比べても大きさも厚みも大分違うし、霜降り具合も中々のもんだ。てか、実際にこの後で焼いて食べても先の肉のワンランク上のようなジューシーさと肉の旨味があってメチャウマい!偶に書いているが、やはり肉の美味しさは値段に比例する・・・。
 
牛庵黒毛和牛特上カルビ
ちなみにどうでもエエが”黒毛和牛特上カルビ”を焼いている様子はこんな感じで、先にも書いたように先に食べた黒毛和牛と比べると少し大き目にカットされているようだ。こんな肉だと最初から知っていたならごはん・サラダ・スープ”抜きで全部の肉を単品で注文しても良かったかも・・・。
 
てな事で、この日もちょっとしたイベントでJR加古川駅前を散策していたら甥っ子ファミリーに出会ったので、久々に『しゃぶしゃぶ・焼肉 牛庵/加古川店』に行って”黒毛和牛ランチ”とか”和牛+ハラミランチ”とか”黒毛和牛特上カルビ”を食べてみたのだが、やっぱ最後に食べた”黒毛和牛特上カルビ”は圧倒的に美味しかった!とは言え、似たようなお値段の焼肉ランチならば、やっぱ明石駅前にある『肉の館 羅生門』とか、あるいは稲美町にある『焼肉 鈴』の方が肉のレベルも上のような気はする・・・。

2018年7月28日

小田和正コンサートに行った帰りに垂水にある”家系ラーメン町田商店”で”醤油ラーメン”を食べてみた!以前食べた三ノ宮商店の姉妹店で似た様な味だが中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:58 PM
 
代理人記録
 
約2年ぶりの小田和正のコンサートを観に神戸ポートアイランドにあるワールド記念ホールへ行った帰り、夕方から降り出した雨が段々と本格的になって来たので真っ直ぐ帰ろうかとも思ったのだが、久々の神戸方面訪問だし小腹も空いて来たので何時もの如く何処かで何かを食べてから帰る事にした。で、気持ち的にはコンサート前に立ち寄ったイオンモール神戸南のレストラン街かフードコートにでも行ってみたい気分だったのだが、残念ながら既に閉店している時間・・・。仕方が無いので帰り道沿いにあるラーメン屋さんをググってみたら垂水に『横浜家系ラーメン 町田商店』があったので、そちらのお店に行ってみる事にした。
 
横浜家系ラーメン 町田商店/垂水店
こちらが今回行って来た第二神明道路名谷IC近くにある『横浜家系ラーメン 町田商店/垂水店』で、直ぐ近くには数年前に小田和正コンサートを観に行った帰りに立ち寄った『丸源ラーメン/垂水名谷店』とか『とんかつ 松乃家/名谷店』等がある、何と無く段々と馴染んで来たエリアの一角にある。ちなみにこのお店はこれまた数年前に食べに行った事がある『横浜家系ラーメン 三ノ宮商店』の姉妹店なのだが、まさかこの日の一ヶ月半後に『加古川店』がオープンするとは夢にも思わなかった・・・。
 
横浜家系ラーメン 町田商店のメニュー
それはさて置き、こちらがこのお店のメニューで、”横浜家系ラーメン ”と言えば豚骨醤油スープが定番なのだが、このお店では『三ノ宮商店』とか加古川にある『横浜ラーメン 一心家』と同じく豚骨塩スープのラーメンもある・・・(と言うか、それ以外の家系は『ラーメン三七十家(みなとや)』しか行った事が無いのだが、あちらには塩は無かったような・・・)。で、先にも書いた様に醤油は姉妹店の『三ノ宮商店』で食べたので一瞬、塩の方を・・・と思ったのだが、今回がこのお店初訪問と言う事もあって素直に醤油味のラーメンを食べる事に決定!!!
 
横浜家系ラーメン 町田商店のメニュー横浜家系ラーメン 町田商店のメニュー
ちなみにこちらはテーブルの上に置いてあった”ラーメンをカスタムする!”とか”追加トッピング”とか”サイドメニュー”等が記載された紙で、以前にも書いた様に”横浜家系ラーメン”には海苔が入っているのでライスと一緒に食べるのがオススメ(と言うのか定番)らしいのだが、流石に午後10時半近くにそんなに食べたらお腹の調子が悪くなりそうだったので、今回は”醤油ラーメン”単品のみにしたのだった。
 
家系ラーメン町田商店ラーメン(醤油)
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”醤油ラーメン”で、お値段は税込価格680円也。パッと見た感じは姉妹店の『三ノ宮商店』で食べたラーメンと全く同じと言う印象で、”横浜家系ラーメン”の定番通り”ほうれん草”や”のり”等がトッピングされていて、当然の如くスープは豚骨醤油だ。ちなみに食べている途中でスープが薄いとか濃いとか思った場合は、後からでも調整出来るとの事。それはさて置き、メニューには”濃厚とんこつ”と書いてあったが、個人的に濃厚こってり系が好きと言う事もあってか、思った程の濃厚さは無く私的にはどちらかと言うとあっさりしているぐらいだが、定番の醤油豚骨味で中々ウマい
 
家系ラーメン町田商店ラーメン(醤油)
そしてこちらは”醤油ラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、以前に姉妹店の『三ノ宮商店』で食べた時とは何と無く違う少し厚みのあるチャーシューで、定番の味付けながらこちらも中々ウマい!強いて欲をかくとチャーシュー後もう一枚ぐらいは欲しかったかな
 
家系ラーメン町田商店ラーメン(醤油)
ちなみに”醤油ラーメン”の麺はこんな感じで、これまた基本的には姉妹店の『三ノ宮商店』で使われている麺と同じ極太麺で、個人的に細麺よりも太麺の方が好きな事もあってこちらも中々ウマい!で、後で気が付いたのだが、『三ノ宮商店』で食べた時は極太麺を食べ易くする為に麺を短めにカットしている・・・と言う話だったのだが、流石にこの時は何も思わずに食べた(てか頭の中はコンサートの余韻で一杯?)ので、果たしてどうだったかは全く記憶に無い・・・。
 
家系ラーメン町田商店ラーメン(醤油)家系ラーメン町田商店ラーメン(醤油)
最後に・・・、このお店でもこれまた姉妹店の『三ノ宮商店』と同じくテーブルの上に刻んだ”たまねぎ”が置いてあったので”醤油ラーメン”の味変をする為に途中で追加!このシャキシャキ感満載の”たまねぎ”の甘味と辛味が、こってり豚骨醤油スープのアクセントになって期待通りに美味い!偶に他のラーメン屋さんでも普通のトッピングとか、あるいは”つけ麺”を食べた後の”スープ割り”の中に”刻み玉ねぎ”が入っている事はあるが、こうやってセルフで好きなだけ入れれるお店は少ないような気がする・・・。
 
てな事で、約2年ぶりの小田和正のコンサートを観に行った帰りに第二神明道路名谷IC近くにある『横浜家系ラーメン 町田商店/垂水店』に寄って”醤油ラーメン”を食べてみたのだが、何度も書く様に基本的には以前食べた『三ノ宮商店』と全く同じ内容と味で中々美味しかった!で、体には悪いと思いつつも何時もの如くスープまで完全に飲み干したら何やら”完まく券”なる物(と言ってもスマホアプリが必要)をくれた。で、スタンプが10個溜まるとラーメンが一杯無料になるらしいのだが、この時は次にこのお店に来るのは何時になるから判らない・・・と思い、関心は全く無かったのだが、先にも書いたようにこの日の一ヶ月半後に何と『加古川店』がオープンしたので、私も初日から食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

やって参りました!2年ぶりの小田和正神戸コンサート!”KAZUMASA ODA TOUR 2018 ENCORE!!”。オフコース時代の名曲からブラックペアンの主題歌まで聞けて大満足!!!

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 8:18 PM
 
代理人記録
 
やって参りました!2年ぶりの小田和正神戸コンサート!”KAZUMASA ODA TOUR 2018 ENCORE!!”の日。小田和正と言えば普段は滅多にTVに出演しないのでコンサートチケットは取りやすいと言うイメージがあるが、何の何の今回も先行抽選に何度も応募して漸く3回目か4回目で何とかゲット出来た程・・・。ま、TV出演は少ないが毎朝”めざましテレビ”のエンディングで小田さんの歌が流れているし、少し前のTVドラマ”ブラックペアン”の主題歌を歌っていたし、そもそも毎日流れている明治安田生命のCMで、小田さんの歌声を聴かない日は無い位だし・・・って事で、今も相変わらず小田さんの人気は高い!
 
明治安田生命Presents KAZUMASA ODA TOUR 2018 ENCORE!!明治安田生命Presents KAZUMASA ODA TOUR 2018 ENCORE!!
ちなみにこちらが今回のコンサートである”明治安田生命Presents KAZUMASA ODA TOUR 2018 ENCORE!!”のバナーで、これに寄るとツアータイトルは”アンコール”との事。これが何を意味するのかは定かでは無いが、何と無くベスト盤的な楽曲で構成された内容になっているのかな?と言う期待感が沸いて来る・・・。
 
小田和正コンサート2018ツアートラック小田和正コンサート2018ツアートラック
それはさて置き、コンサート会場である”神戸ワールド記念ホール”へ向かう前に、先ずは恒例のツアートラックチェック!!!ご覧の様に広々とした駐車場の中に赤やシルバーのツアートラックが並んでいるのだが、駐車場は立ち入り禁止なので直ぐそばに立って自撮りするのは中々難しい・・・。とは言え、このツアートラックが置いてある駐車場の周辺は入れ替わり立ち代わりコンサートを観に来たファン達で開演まで常時賑わっている
 
小田和正コンサート神戸ワールド記念ホール
そしてこちらが今回のコンサートの会場である”神戸ワールド記念ホール”で、個人的にはこのホールのある神戸ポートアイランドには数年前まで偶に某事務所での打合せ等で良く来ていた事があるのだが、ホールにやって来たのは2年前の小田さんのコンサートの時以来の事だ。ちなみにこのポートライナーで来るとメチャ混みしたり、時間も意外とかかるので今回も車での移動だ!そう言った点で、このホールは結構好きかも・・・。
 
小田和正コンサート2018ツアーグッズ小田和正コンサート2018ツアーグッズ売場
で、会場に着いた後、入場までの待ち時間にこれまた恒例となっているコンサートツアーグッズ売場のチェック!とは言え、私自身は小田さんのツアーグッズは買った事は一度も無い・・・。この辺りで、私がどれぐらいのファン層なのかが何と無く判るような・・・。
 
小田和正コンサート神戸ワールド記念ホール
そしてこちらが今回の私の席から見たステージの様子で、毎度の如く最近は正面側の席とは無縁・・・と言うのか何と無くであるが2年前に観に来た時と同じようなほぼ真横・・・みたいな感じの席だ。ま、2011年のコンサートの時は当った席はステージ真後ろだったのだが、その後奇跡が起こりアリーナ中央3列目の席へと移動となったのだが、そんな夢の様な話が2度もある事は無く・・・。が、以前にも書いたが小田さんの場合はアリーナ全体に花道が用意されていて、歌を歌いながら何度も目の前(と言っても私の席は後段だが)までやって来てくれるし、遠目ながらピアノも良く見える席なので取り敢えずは大満足だ!
 
小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2018 ENCORE!!小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2018 ENCORE!!
そしていよいよ”明治安田生命Presents KAZUMASA ODA TOUR 2018 ENCORE!!”が始まった・・・。今回も昔懐かしいオフコース時代の定番曲から、最初に書いた様に人気のTVドラマ『ブラックペアン』の主題歌”この道を”とか『めざましテレビ』のテーマソング”会いに行く”等と新旧織り交ぜての内容!その中でも特に良かったのは私の大好きな”秋の気配”がセルフカバーのイントロでは無く昔懐かしいオフコース時代のイントロで披露された事!個人的にはオフコースのコンサートは4人になった後に一度だけ行っただけなのだが、その時はワンコーラスのみながらピアノ弾き語りで歌ってくれた思い出深い曲でもある。そんな事もあって、アンコールまで含めて約3時間がアッと言う間だった・・・。
 
演奏曲目
 

01.会いに行く
02.愛の中へ
03.こころ
04.たしかなこと
05.愛の唄
06.秋の気配
07.小さな風景
08.愛を止めないで
09.そんなことより 幸せになろう
10.東京の空
11.言葉にできない
12.good time & bad time
13.Yes-No

ご当地紀行

14.坂道を上って
15.tume can wait
16.ラブ・ストーリーは突然に
17.キラキラ
18.YES-YES-YES
19.さよならは言わない
20.生まれ来る子供たちのために
21.風と君を待つだけ
22.今日も どこかで
23.この道を
24.君住む街へ

アンコール1

25.NEXTのテーマ〜僕等がいた〜
26.またたく星に願いを
27.hello hello

アンコール2

28.さよなら
29.やさしい夜
30.また会える日まで

ちなみこちらがこの日の神戸公演初日のセットリストで、小田さんのコンサートと言えば前半と後半の休憩時間?に小田さんがコンサート会場のある周辺を散策した”ご当地紀行”と言う映像が紹介されるのだが、何と今回は姫路駅前とか書写山等を訪れていた・・・。実はコンサートはあったのが火曜日なのだが、小田さんが姫路駅前や書写山を訪れたのは多分土曜日か日曜日・・・。で、その土曜日の夜に私は姫路でプチ宴会があったので、昼も夜も駅前周辺をウロウロしていたので、もしかしたら出会えたかも知れない・・・と思うと何か少し残念な・・・。てか、次回コンサートで神戸に来た時は”ご当地紀行”で、高砂や加古川にぜひ来て欲しい・・・(ちなみに前回だったかは、山陽電車人丸駅のホームにも来ていた・・・)。

2018年7月27日

小田和正コンサートへ行く前にイオンモール神戸南の中にある”千里屋食堂”で”キューブカットローストビーフ丼”を食べてみた!角切りローストビーフたっぷりで中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
この日は待ちに待った約2年ぶりの小田和正コンサートの日!!!が、その前にへ何処かで腹ごしらえをしてから会場に向かう事にした。で、コンサート会場は何時もの如く神戸ポートピアアイランドにあるワールド記念ホールなので、何時もであれば”神戸ハーバーランドumie”にあるレストランを利用するのが常になっていたのだが、この日は昨年の秋頃にオープンしたイオンモール神戸南の中にあるレストラン街かフードコートで何か食べる事にした。
 
肉工房 千里屋/せんりや食堂
で、イオンモール神戸南のレストラン街やフードコートの中には加古川・高砂界隈には無い美味しそうなお店が山の如く(詳しくはイオンモール神戸南の公式サイトを参照)あって、何を食べるかメチャ悩ましかったのだが、時間がランチでもディナーでも無い夕暮れにも未だ早い中途半端な時間だったので、お手軽に食料品売場にある精肉店に併設されていた『肉工房 千里屋/せんりや食堂』で食べる事に決定!!!
 
千里屋食堂W盛メニュー千里屋食堂キューブカットローストビーフ丼メニュー千里屋食堂トルネードステーキ丼メニュー
そしてこちらがこのお店の前に置いてあった”千里屋食堂W盛メニュー”とか”特選低温熟成 キューブカットローストビーフ丼”と”トルネードステーキ丼”等のメニューで、最初にこれらのメニューボードを見た時はオープニング特別プライス!でメチャお得っぽいトルネードステーキ丼”に釣られてこのお店を利用する事に決めたのだった。
 
千里屋食堂日替わりメニュー千里屋食堂日替わりメニュー
が、このお店には”千里屋食堂日替わりメニュー”なる物もあって何やら”千里屋食堂W盛メニュー”の商品が日替わりで200円引きの780円で食べれるらしい・・・。で、この日は何かと見てみたら先に紹介したメニューの中にある”キューブカットローストビーフ丼”だったので、値段もお得だしそちらもちょっと食べてみたいと思っていたので、思案した結果”キューブカットローストビーフ丼”の方を食べてみる事に決定!!!
 
千里屋食堂キューブカットローストビーフ丼
で、こちらが実際に食べた”キューブカットローストビーフ丼”で、別途無料サービス?の”デカ味噌汁”(でか椀みそ汁)が付いて通常税込価格980円の処、今回は”千里屋食堂日替わりメニュー”対象商品なので780円也。ご覧の通り”デカ味噌汁”のお椀が馬鹿デカイので”キューブカットローストビーフ丼”がミニ丼ぶりの様に見えてしまうのだが、トッピングの卵黄の大きさと比べて貰えば判る様に”キューブカットローストビーフ丼”自体も結構なボリュームがありそうだ。
 
千里屋食堂キューブカットローストビーフ丼
そしてこちらがメインの”キューブカットローストビーフ丼”で、その最大の特徴は他のお店にある”ローストビーフ丼”と違い商品名通り”キューブカット”(所謂角切りか?)と定番の”薄くスライス”された二種類のローストビーフが入っている処にある。ちなみにトッピングの卵黄の有無も選べたのだが、当然の如く卵黄を乗せて貰った。で、商品案内に寄ると”希少部位のササバラに厳選スパイス、低温でじっくりと熟成させ極上の旨さと柔らかさをひきだしました”との事。そう言えば後で気が付いたが、他店のローストビーフ丼に良くあるヨーグルトソースみたいな物はかかって無かった。
 
千里屋食堂キューブカットローストビーフ丼
それはさて置き、先ずは”キューブカットローストビーフ丼”の最大の特徴とも言える”キューブカットローストビーフ”から食べてみると、まるでステーキハウスで食べるサイコロステーキの様な食感があり、更に肉の旨味がギュッと詰まったジューシー感もあってメチャウマい!白いご飯と一緒に食べるよりも、これをつまみに生ビールが飲みたくなる程だ!
 
千里屋食堂キューブカットローストビーフ丼
そしてこちらは”キューブカットローストビーフ丼”の”薄切りタイプのローストビーフ”で、こちらも実際に食べてみるとそこそこの厚みがありながら、お肉自体は柔らかくそれに特製のタレ絡めて食べるとこれまたメチャウマい!印象としては、確かに他のお店で食べたローストビーフ大きな差は感じ無かったが、これはこれで中々美味しかった
 
千里屋食堂キューブカットローストビーフ丼
ちなみに”キューブカットローストビーフ丼”にトッピングされていた卵黄を潰して2種類のローストビーフや白いご飯に絡めて食べると、当然の如くマイルドな味わいになってまたまた旨い!やっぱ、肉と玉子と白いご飯の組み合わせは最強だ!
 
千里屋食堂キューブカットローストビーフ丼
そしてこちらは”キューブカットローストビーフ丼”に付いていた”デカ味噌汁”・・・と言うのかカラーで印刷されたメニューに寄るとでか椀みそ汁”で、その名の如くメチャ大きなお椀にたっぷりと味噌汁が入っている。で、内容的にはワカメ、揚げ、ネギと至ってシンプルな具で味的にも牛丼チェーンや定食チェーンで飲んでいる物と大差は無いのだが、ボリュームだけは3杯分ぐらいはあった気がする・・・。
 
てな事で、2年ぶりの小田和正コンサートを観に行く前に神戸中央市場前に昨年誕生したイオンモール神戸南に寄ってその中にある『肉工房 千里屋/せんりや食堂』で”キューブカットローストビーフ丼”を食べてみたのだが、ご覧の通り他店には無いちょっと珍しい”キューブカットローストビーフ”が入っていてこれがメチャ美味しかった!てか、このお店が近くにあったら月曜から金曜まで毎日このお店に行ってランチを食べるのになあ・・・、てか、レストラン街にあるお店やフードコートにあるお店まで含めると二ヶ月間位は毎日来れるなあ・・・と思いつつ、いそいそと神戸ポートピアアイランド方面へ向かったのであった!

2018年7月26日

毎度お馴染みの”丸亀製麺”で、今年も登場した”タル鶏天ぶっかけ”を食べに行ったら丼もあったので食べてみた!折角なのうどんにも入れて食べたら二度美味しい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
以前にも書いた様に新年早々に毎度お馴染みの『丸亀製麺』へ行って”はまぐりうどん”を食べた時に”100円の割引券が5枚綴られたお年賀クーポン”を貰ったので、それに釣られて”クラムチャウダーうどん”とか”鴨ねぎうどん”とか”鴨肉たっぷりカレー南蛮”等を食べに行ったのだが、それ以降はこれと言って私が食べたくなるようなフェアメニューが登場しなかったので、2ヵ月程の間食べに行ってなかった。が、6月になると毎年登場する個人的にも結構好きな”タル鶏天ぶっかけ”が登場したので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川市役所近くのうどん屋激戦区の一角にある『釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店』で、以前から度々書いている様に今や全国に800店近い店舗を有する、超巨大セルフ讃岐うどんチェーン店の記念すべき1号店(今風に言うと聖地?)で、個人的にも2001年にこの1号店がオープンした直後から食べに来ている一番愛着のあるお店でもある。
 
丸亀製麺タル鶏天ぶっかけのメニュー丸亀製麺タル鶏天丼のメニュー
そしてこちらが今シーズンも登場した”タル鶏天ぶっかけ”のメニューで、最初は当然の如くそちらを食べようと思っていたのだが、お店入口の処に置いてあった”丸亀製麺のこだわり丼”のメニューの中に”タル鶏天丼”なる物を発見!誰がどう見ても”タル鶏天ぶっかけ”の丼バージョンみたいな感じなのだが、”タル鶏天ぶっかけ”は当ブログでも何度か紹介したので面白味に欠けると思い、今回は”タル鶏天丼”と序でに”ぶっかけうどん”も食べてみる事に決定!!!
 
丸亀製麺タル鶏天ぶっかけのサイズの説明
ちなみにこちらはレジ前の調理コーナーに置いてあった”タル鶏天ぶっかけ”に入っている”鶏天”の量の説明書きで、それに寄ると”タル鶏天ぶっかけ”の並と大の場合は175gで得の場合は250g。また、”タル鶏天丼”の方は小の場合は100gで中の場合は160g使っているらしい・・・。あれ、注文口で”タル鶏天丼”の小と中は何が違うの?と尋ねたら、ご飯の量が違うだけ・・・と言ってたのになあ・・・。60gも差があるのなら中の方を食べたのになあ・・・。でも、実際の処はgでは無く個数な気もするが・・・。
 
丸亀製麺タル鶏天丼とぶっかけ(並)
それはさて置き、こちらが実際に食べた”タル鶏天丼(小)”と”ぶっかけ(冷・並)”、それにセルフコーナーで入れて来た薬味の小鉢で、それぞれのお値段は税込価格390円と290円なので合計した金額は680円也。偶に他のお店で食べる”何ちゃらうどん定食”だと思えば安いような、そうでも無いような・・・。
 
丸亀製麺タル鶏天丼
そしてこちらが今回のメインとも言える”タル鶏天丼”で、大体想像していた通り”タル鶏天ぶっかけ”で使っている”鶏天”と”タルタルソース”を御飯の上に乗せただけの至ってシンプルな内容だ。そう言えば以前食べた”タル鶏天ぶっかけ”には”刻みたまねぎ”もトッピングされていたのだが、この”タル鶏天丼”には入って無いような・・・。その代わりなのか?”タル鶏天ぶっかけ”の”鶏天”に無い(と思う・・・)天つゆ?がかかっているようだ。で、そのお味はと言うと雰囲気的には少し前に『天丼・天ぷら本舗さん天』で食べた”タルタル鶏天丼”に似たような感じだが、”鶏天”自体はこちらの方がボリュームがあって鶏肉もジューシーで中々ウマい
 
丸亀製麺タル鶏天ぶっかけ
それは兎も角として折角なので”タル鶏天丼”にトッピングされていた”鶏天”を”ぶっかけうどん”にトッピングして”プチタル鶏天ぶっかけ”が完成!先にも書いたように”刻みたまねぎ”が入って無かったので以前食べた時と若干テイストが違うような気もしたが、こちらも当然の如くメチャ美味しかった!
 
てな事で、毎度お馴染みの『丸亀製麺』から今シーズンも登場した”タル鶏天ぶっかけ”を食べに行ったら丼メニューの中に”タル鶏天丼”があったので、思わずそちらを食べてしまったのだが、内容的には大体想像していた通りながら中々ウマかった!それに”鶏天”を使って”プチタル鶏天ぶっかけ”も食べたので正に一度で二度美味しい体験も出来て中々楽しかった。それはさて置き、この時に店内のボードに”とんこつうどん”とか”肉豆腐ご飯”があったので、それに釣られてこの後も何度か食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

2018年7月25日

今年も”夏野菜たっぷりカレー”の季節がやって来ましたねえ・・・、って事で久々に”まいどおおきに食堂”へ行って来た!年に一回しか食べて無いが、これはこれで普通にウマい!

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
今から11年程前の2007年の春頃に約一ヶ月間に渡って和歌山方面へ出張していた際に、我々の社員食堂化していた『まいどおおきに食堂』であるが、その頃はメニューの中にカレーは無かった(そのお店以外はどうだったかは知らない・・・)。で、その頃にカレーが食べたい時は直ぐ近くにあった『カレーハウスCoCo壱番屋』とか、あるいは『マイソール』とか言う欧風カレーレストランに行ってたのだが、その数年後に漸く『まいどおおきに食堂』でもカレーの販売がはじまり、更には毎年夏限定で”夏野菜たっぷりカレー”が販売されるので、季節行事の一環として今年も食べに行ってみた
 
まいどおおきに食堂/加古川北在家食堂
こちらが昨年に”夏野菜たっぷりカレー”を食べに来た時以来、約1年ぶりの訪問となる加古川市役所近くにある『まいどおおきに食堂/加古川北在家食堂』で、この日はランチタイムが始まる正午直前の訪問だったのだが、既に店内は満席に近い程の大賑わい!ま、直ぐ近くにある『丸亀製麺』の”釜揚げうどん半額の日”は、開店前から行列が出来ているので、それと比べるとマシ?かも知れないが、みなさん昼が早いのね・・・。
 
まいどおおきに食堂夏のスタミナフェアメニュー
それはさて置き、こちらが『まいどおおきに食堂』の2018年度の”夏のスタミナフェア”のメニューで、一昨年は野菜不足だったから?なのか”スタミナ牛すじカレー”だったが、今年は昨年と同じく”夏野菜たっぷりカレー”のようだ。で、此処数年は”夏野菜たっぷりカレー”単品でしか食べて無かったのだが、最近は割と食欲が出て来た事もあってセルフコーナーにあった”食堂のメンチカツ”を併せて食べてみる事に決定!!!
 
加古川北在家食堂夏野菜たっぷりカレーと食堂のメンチカツ
で、このお店はカフェテリア形式のお店なのだが、”夏野菜たっぷりカレー”は注文毎に野菜を炒める?らしく、出来上がってから直接店員さんの手に寄って席まで運んで来てくれたのがこちらの”夏野菜たっぷりカレー”と、先にセルフコーナーから自分で取って来ていた”食堂のメンチカツ”のセットで、お値段はそれぞれ税込価格734円と129円で、合計した税込価格は863円也。帰って来てから昨年の記事を見てみたら”夏野菜たっぷりカレー”は30円程値上がりしていた・・・。
 
加古川北在家食堂夏野菜たっぷりカレー
そしてこちらが一年ぶりに食べる”夏野菜たっぷりカレー”で、ご覧の様に野菜の種類は茄子、カボチャ、オクラ、パプリカ等で、何年か前に玉ねぎが入っていた時もあったのだが、今年も残念ながら入って無かった・・・。そう言えば、夏の前半に食べる時と終盤に食べる時で野菜の種類が変わるのか?と思った時もあったのだが、終盤になるとすっかり忘れていて変化を確かめた事は無い・・・。それはさて置き、そのお味は・・・基本的に通常メニューにある”食堂のカレー”と同じ味で普通に美味しいのだが、個人的には”高砂宝殿食堂限定の昔ながらのカレーライス”の方が好きかも・・・。
 
加古川北在家食堂食堂のメンチカツ加古川北在家食堂食堂のメンチカツ
それともう一つ、こちらは”夏野菜たっぷりカレー”とセットで食べた”食堂のメンチカツ”で、このお店は所謂カフェテリア形式のセルフサービスのお店で作り立ての料理を提供するのがウリの一つなのだが、残念ながらこの”食堂のメンチカツ”は作ってから大分時間が経っているような温かさだ。一応お店の奥には電子レンジが用意されていて、自分でチンする事は可能なのだが、折角お店で食べるのにレンジでチンするのもなあ・・・と思ってそのまま食べたのだった。そんな事もあって味的には可も無く不可も無くだったかな。
 
最後に、相変わらず他のお店でも期間限定のフェアメニューを食べる事が多いのだが、余りにも多過ぎて全てを食べている訳では無いが、この『まいどおおきに食堂』の”夏野菜たっぷりカレー”だけは発売開始当初から毎年欠かさずに食べている?ので、取り敢えず過去の記録を残しておこう・・・。
 
2017年 夏野菜たっぷりカレー
2016年 スタミナ牛すじカレー
2015年 夏野菜たっぷりカレー
2014年 夏野菜たっぷりカレー
2013年 夏野菜カレー
2012年 夏野菜たっぷりカレー
2011年 夏野菜たっぷりカレー
2010年 スタミナ牛すじカレー
2009年 夏野菜がゴロゴロの食堂のカレー
 
番外編
高砂宝殿食堂限定 昔ながらのカレーライス
通常メニューで登場した時の食堂のカレーライス

2018年7月24日

毎度お馴染みの”松屋”で新商品の”回鍋肉定食”を食べてみた!中華料理定番の味だが、添付のキムチと一緒に食べるとこれはこれで中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
十数年前に連日の如く大阪天満界隈にある某事務所へ行っていた頃に、ランチを食べに天神橋商店街の中にある牛丼チェーンの『松屋』を偶に利用していた。その頃は未だ”牛めし”とか”カレー”等のメニューが中心で、今みたいに定食メニューは余り無かった様な気がするのだが、今では牛丼チェーン店と言うよりはどちらかと言うと定食チェーン店?と呼んでもおかしく無い程にメニューが増えている。そんな事もあって最近は『松屋』に行っても定食を食べる事が多いのだが、またまた新メニューで未だ食べた事が無い”回鍋肉定食”ってのが登場したのでそれに釣られて食べに行ってみた。
 
松屋/加古川平岡町店
こちらがまたまた行って来た、牛めし(牛丼)、カレー、定食、その他丼物でおなじみの『松屋/加古川平岡町店』で、この日は丁度ランチタイムが始まる正午前の訪問だったので、既にカウンター席は飛び飛び置きに埋まっていたのだが、逆にテーブル席の方はそれ程の混雑と言う程でも無かったので、今回もゆったりと食事が出来るテーブル席を利用・・・。例えちょっとしたランチでも、狭苦しいカウンター席で食事をするのと、ゆったりとしたテーブル席で食べるのでは全然雰囲気も違うし・・・。
 
松屋回鍋肉定食のメニュー
そしてこちらが『松屋』から新登場した”回鍋肉定食”のメニューで、ご覧の通り『餃子の王将』でもお馴染みの中華料理の定番料理の一つだ!ま、『くら寿司』ですら中華シリーズを販売しているご時世なので、『松屋』から”回鍋肉”が登場してもそれ程不思議でも無い気もするが・・・。それはさて置き、今回は珍しく”まろやかな半熟玉子、またはピリッと辛めのキムチのいずれかから小鉢をお選びいただけます”との事だったので、キムチの小鉢が付いた方を食べてみる事に決定!!!
 
松屋回鍋肉定食キムチ
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”回鍋肉定食”で、メインの”回鍋肉”の他にキムチライス・みそ汁が付いて、お値段は税込価格650円也。ちなみに例に寄って”発売日から2週間ライス大盛無料サービス”をやっていたので、今回もライスを大盛りにしたのだが、最近はこの程度のご飯の量でも軽く完食出来るようになって来た・・・。
 
松屋回鍋肉定食キムチ
そしてこちらが”回鍋肉定食”のメイン料理である”回鍋肉”で、ご覧の通り中華の定番料理の”回鍋肉”と全く同じような内容で実際に食べても想像通りの味だ!ちなみに商品案内に寄ると”豚バラ肉とキャベツ、人参、玉ねぎを鉄板で炒め、コクと甘みが感じられるピリ辛味噌ダレをからめた、ごはんがすすむ逸品”との事。印象としては”回鍋肉”を食べるなら中華料理専門店へ行った方がエエような気がしたが、これはこれでちょっと変わっていて中々楽しかった。
 
松屋回鍋肉定食キムチ
ちなみにこちらは”回鍋肉定食”に付いて来た”キムチ”で、内容的には少し前に食べた”キムカル丼”にトッピングされていた物と全く同じで、そのまま食べても普通に美味しいのだが、折角なので”キムチ”と一緒に食べると味噌ダレの辛さが増してそれはそれで中々ウマい!先に”回鍋肉”を食べるなら中華料理専門店へ行った方が・・・と書いたが、”キムチ”や”まろやかな半熟玉子”で差別化を図ったのかも知れない・・・。
 
松屋回鍋肉定食の味噌汁
最後に・・・、こちらは”回鍋肉定食”に付いていた”みそ汁”で、何時もの如く『松屋』定番の”天然だしを利かせた無添加だしの、あと味豊かなみそ汁”で、最近は月に一回以上?飲んでいる事もあって可も無く不可も無くであった・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの牛丼チェーン『松屋』で今回も今迄食べた事の無い”回鍋肉定食”を食べてみたのだが、内容的には本文で書いたように中華料理専門店で食べる味に限りなく似てはいたが、添付の”キムチ”を混ぜて食べるとそれはそれで一味違った味わいで美味しかった!そう言う点を考えると”キムチ”では無く”まろやかな半熟玉子”の方だったら、まろやかさがあってもっと違った味が楽しめたのかも知れない・・・。

2018年7月23日

毎度お馴染み加古川プラザホテルのレストランで個人的にお気に入りの”ミックスバーベキュー”を食べてみた!牛肉、豚肉、鶏肉と三拍子揃ってどれも中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:38 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行った。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると個人的にお気に入りの”ミックスバーベキュー”だったのでそれに釣られてまたまた食べに入ってみた。
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
リヴィエールミックスバーベキュー
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方はと言うと前回に続いてこの日も”パンプキンスープ”だ。個人的にこのお店のスープの中では”オニオンスープ”が一番好きではあるが、この”パンプキンスープ”にも結構舌が馴染んで来たようで今回も中々ウマい!ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
リヴィエールミックスバーベキュー
そしてこちらがこの日の”日替りランチ”のメイン料理である”ミックスバーベキュー”で、何時もの如くチョイスしたライスと先に運ばれて来たサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。以前”日替りランチ”の案内が”ミックスグリル”と書いてあったので、思わず食べに入ったら今回食べた”ミックスバーベキュー”と限りなく似た内容だったのだが、流石に今回はそんなサプライズも無く、普通に”ミックスバーベキュー”だ・・・。
 
リヴィエールミックスバーベキュー
それはさて置き、こちらがこのレストランの”日替りランチ”で久々に食べる”ミックスバーベキュー”で、始めてこのレストランの”日替りランチ”で”ミックスバーベキュー”を食べた時は肉類は牛肉と鶏肉の2種類だけだったのだが、今回は前回食べた時と同じく牛肉、豚肉、鶏肉と私の大好きな3種類の肉が揃っている。そう言う点で言うと限りなく”ミックスグリル”にも似ているのだが、それぞれの肉のサイズを考えると何と無く”ミックスグリル”の方がお得感があるような・・・。てか、”ミックスバーベキュー”自体も毎回野菜の種類が変っていたり串に刺す順番も違うようだし・・・。
 
リヴィエールミックスバーベキュー
それは兎も角として、先ずは”ミックスバーベキュー”の先頭?に刺さっていた牛肉から食べてみると、肉自体は完全に赤身肉っぽいのだが、私好みのミディアムレアな焼き具合で肉自体も柔らかくメチャウマい!このレストランの”日替りランチ”では結構な割合で牛肉を使った料理を食べて来たが、その中でも今回はベストテンに入る位の美味しさだった!
 
リヴィエールミックスバーベキュー
そしてこちらは”ミックスバーベキュー”の真ん中辺りに刺さっていた豚肉で、ご覧の通り毎度お馴染みの”かつやの豚ロース肉”並の分厚さで、こちらも先に食べた牛肉と同様にオレンジソースに絡めて食べるとこれまたメチャウマい!個人的には牛肉大好き派なのだが、美味しい豚肉に出会うと偶に浮気をしたくなる・・・そんな一瞬だったかな。
 
リヴィエールミックスバーベキュー
それともう一つ、こちらは”ミックスバーベキュー”の串の一番下?と言うのか持ち手の近い部分に刺さっていた鶏肉で、これまた焼いたばかりのジューシーさがあって、これまた定番のオレンジソースに絡めて食べると中々ウマい!牛・豚・鶏とそれぞれの味わいがあって中々楽しいミックスバーベキュー”であった!
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”で、この日は”ミックスバーベキュー”を食べてみたのだが、全体のボリューム感は以前に食べた”ミックスグリル”の方が圧倒的に上な気はするが、今回も牛・豚・鶏と三種類の肉が刺さった豪華?な”ミックスバーベキュー”で、これまたすっかりお馴染みとなったこのホテルのオレンジソースと相まって中々ウマかった!確かこの”ミックスバーベキュー”は結構な割合で”日替りランチ”のメニューとして登場するので、また次回機会があれば食べてみたいと思う・・・。
次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.