義史のB型ワールド

2007年8月26日

超特大えび天に釣られて食べてみたけど、海老の味無いやん!

Filed under: — 代理人 @ 8:39 PM
 
代理人記録
 
ホットペッパーに時々出ている姫路にある魚料理専門店さかなやちゃん」。ここのランチメニューにある「超特大えび天丼」てのが前々から気になっていたので、先日、姫路に行った序にちょっと寄ってみた。
 
お店は郊外にあって車でしか行けないような場所にあるのだが、外からは一切店の中が見えない作りになっている。入るのに若干勇気が要りそうな店だが、中に入ってみると、今風の若者受けしそうなお洒落な洋装で、魚料理の店、あるいは和食の店と言うイメージとはかなりかけ離れている。
 
こちらがランチメニュー。他にも2000円前後の和風御膳みたいなメニューもあったが、今回の目的は何と言っても「超特大えび天丼」。悩む事無く、それを注文。
 
こちらが、その「超特大えび天丼」、1580円也。超特大えび天?と銘打った割りには、パッとみた感じえび天に迫力が無い。どちらかと言うと普通のえび天丼のようにも見える。
 
     
だが、実際には最初から食べやすいように一口サイズ程度に切られたえび天は、確かに超特大と言うだけの事はある、かなりのボリュームの海老天だ。が、しかし・・・、海老自体に味が無い。大味な海老と言えばそれまでなのだが、兎に角、海老に味が無い。大きいだけで味が無い。身のプリプリ感も無く、ただぼてっとした身で、味が無い。何度噛んでも味が無い。ホンマ、味が無い。こうなると特大海老だけに太刀が悪い。美味しく無いのにボリュームだけは満点で、食べるのが苦痛なくらい。伊勢海老の天ぷらと比べるまでも無く、その辺りのブラックタイガーの海老天の方がよっぽど美味しい?以前、このブログで紹介した事がある380円の天丼の方がよっぽど美味しい?
 
どっちにしても以前、大阪で食べた「ハゲ天」の「特大海老天重」と値段や内容が似ているのだが、海老の質、味、内容、どれを取っても「ハゲ天」の方が遥かに上だ。これが都会と田舎の料理の差なのかなあ・・・。取り合えず、「ハゲ天」の「天重」のリンクを貼っておくので、上の天丼と見比べて頂戴。値段は「ハゲ天」の方が若干安いし・・・。
 

WordPress.com Blog.