義史のB型ワールド

2012年10月31日

久々に行った”らーめんサーカス小屋”で”かつめし”を食べた!予想通り”ぱっぱ屋”に近い味だが、中々旨い!!!

Filed under: かつめし — 代理人 @ 9:43 PM
 
代理人記録
 
今年の5月頃に二見辺りの明姫幹線沿いに誕生した”らーめん八角”グループのお店『らーめんサーカス小屋』なのだが、その名の通り、お店自体がテント風なので夏場は暑そう・・・、って事で暫くの間、お店に行く事は無かったのだが、一カ月程前にお店の前を通ると”浪速の串かつ”とか言う看板が立っていた。そしてその数日後に通った時は”かつめし”の看板が立っていたので、”串かつ”は兎も角として、”かつめし”は一度は食べてみなければ・・・、と思い、遂先日食べに行ったのでご紹介・・・。
 
らーめんサーカス小屋
ちなみにこちらは明姫幹線を車で走っている時に見える『らーめんサーカス小屋』の様子で、以前は無かった”かつめし”の立て看板?ボード?が沢山の数、並べられていて結構目立つ。気持ち的にはラーメン屋さんなのだから、ラーメンを売りにせんかい!と思ってしまうのだが、”八角グループ”って事で『ぱっぱ屋』繋がりで”かつめし”を売っているのかも知れない。
 
らーめんサーカス小屋
そしてこちらが約5ヶ月ぶりぐらいに行って来た『らーめんサーカス小屋』で、ご覧の様にお店の前に”かつめし”の看板が置いてあるのだが、それに寄ると”昼だけ”のメニューらしい。で、お店の入口の処に”浪速の串かつ”と書いたボードがあるのだが、”かつめし”とは反対に”串かつ”は夜限定のメニューらしい・・・。この日の様子だと店主一人でやってるみたいなので、これが限界なのかも知れない・・・
 
らーめんサーカス小屋
それはさて置き、早速店内に入ってみると、以前来た時とはがらりと雰囲気が変わっていて、厨房に面してこの様なカウンター席が出来ていた。カウンター席の後ろや、奥の方にはテーブル席もあって、雰囲気的には以前よりラーメン屋さんらしい感じになった様な・・・。ちなみに春頃には冷房があったのかどうか、定かでは無いが、奥には冷房が設置されていて、この日はちょっと暑かった事もあり、冷房が入れられていてテントとは言いつつ、割と快適な温度に保たれていた。
 
らーめんサーカス小屋の今のメニュー
で、こちらが店内に置いてあった最近のメニューで、以前食べた一番安い”らーめん”は値段は変わって無いが、ちゃーしゅー麺は100円アップしてるし、”塩らーめん”や”味噌らーめん”等が増えている。更に定食メニューも出来ている。が、反対に以前は昼間は無料サービスだった白ごはんは無くなったみたい。どうやらまだまだ試行錯誤中って事の様だ。
 
らーめんサーカス小屋サービスデー
そしてちょっと残念だったのが、お得な”サーカスデー”は無くなった様で、今はこの様な”とく得weekサービス”とかに変わってしまった様だ。でもパッと見た感じでは余りお得な様に見えない・・・。やっぱ”サーカスデー”の様に”餃子か唐揚が1皿33円”ぐらいの、思い切ったサービスで無いと有難味が薄い様な気がする・・・。
 
らーめんサーカス小屋かつめしのメニュー
で、カウンターの中の、厨房の頭上ぐらいの処には、この様なメニューボードが掲げられていて、そこでも”かつめし”のメニューがデカデカと書いてある。これだけ見るとラーメンより”かつめし”を売りにしている?様にしか見えないのだが・・・。ちなみにカウンターの上にも大きく”かつめし”と書かれたメニューが置いてあった。って事で、早速”かつめし”を注文!!!
 
らーめんサーカス小屋かつめし
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”かつめし”で、”みそ汁”も付いてお値段は790円也。このお店は”八角グループ”のお店って事で、どうしても『めし炊き名人ぱっぱ屋』の”和牛かつめし”と比べてしまうのだが、あちらは通常価格780円で、”みそ汁”は別途料金が必要なのだが、こちらは”みそ汁”が付いている・・・、って事を考えると気持ち的にはこちらのお店の方が安いのかな?(ま、『ぱっぱ屋』では月に3回程、半額の380円で食べれる日があるので、そう考えるとちょいと微妙だけど・・・)。
 
らーめんサーカス小屋かつめし
そしてこちらがメインの”かつめし”で、パッと見た印象は、付け合せのボイルしたキャベツも含めて限りなく”ぱっぱ屋の和牛かつめし”と同じ様に見える。実際に食べても”かつめしのタレ”は同じ味な気がする。で、当然の如く、”ビフカツ”は揚げたて熱々だし、ご飯も炊き立て熱々で、中々旨い!!!以前、『ぱっぱ屋』へ行った時は”かつめしが380円で食べれるぱっぱデー”だった事もあり、店内大混雑で、しかも店員のおばはんの横柄な態度もあって、気持ち良く食べる事が出来なかったのだが、それに対して値段は790円と通常価格だけど、店主は愛想が良いし、”かつめし”も中々旨いし、倍の値段を出しても(と言っても790円しか払わんが)このお店で食べた方が納得出来る様な気がする。
 
らーめんサーカス小屋かつめし
ちなみに”かつめし”のお肉はこんな感じで、肉厚はそれほど無いが、お肉も中々美味しい。”ぱっぱデーの日のかつめしの肉”は、肉質がちょっと怪しかったが、こちらのお店のお肉は値段の割に柔らかいしジューシーで、肉質的にも全く問題は無い。この日だけなのか、何時来てもこの程度のお肉が食べれるのかは定かでは無いが、この”かつめし”ならば、また食べに来てもエエ様な気がする。
 
らーめんサーカス小屋かつめしのみそ汁
そしてこちらは”かつめし”に付いていたセットの”みそ汁”で、具は麩とワカメとネギ程度のあっさり味の”みそ汁”ではあったが、これまた”ぱっぱ屋の100円のみそ汁”よりは、こちらの”みそ汁”の方が美味しかった様な気がする。
 
てな事で、この日は新たに増えたメニューの”かつめし”に釣られて久々に『らーめんサーカス小屋』に行って来たのだが、”かつめし”は”ぱっぱ屋のかつめし”に限りなく近い味な気がするが、中々美味しかった。『ぱっぱ屋』だと10が付く日には380円で食べれるので、本来であればそちらの方がお得なのだが、以前行った時に、店内がごった返していたし、何よりおばはんの対応が酷かったので、気分良く食事が出来なかったしなあ・・・。って事で、またこの”かつめし”を食べに『らーめんサーカス小屋』に行く事があるかも知れない・・・。
広告

2012年10月30日

”天一のこってりラーメン”風味のドデカイベビースターラーメンが売っていたので買ってみた。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:32 PM
 
代理人記録
 
今年も”天一の日”に”中華そば専門店 天下一品”に行ったのだが、その帰り道にコンビニに寄ったらベビースターラーメンでお馴染みの『おやつカンパニー』と『天下一品』がコラボしたと言う”ベビースタードデカイラーメン天下一品【こってりラーメン味】”が売られていたので買ってみた。
 
ベビースタードデカイラーメン天下一品こってりラーメン
こちらが今回買って来た”ベビースタードデカイラーメン天下一品【こってりラーメン味】”で、この他にも”【あっさりラーメン味】”も売られていたのだが、”天一と言えばこってり!!!”って事で、”【あっさりラーメン味】”の方は買わなかった・・・。
 
ベビースタードデカイラーメン天下一品こってりラーメン
で、この”ベビースタードデカイラーメン”には『天一』で使える”100円の割引券”が付いているのだが、”天一の割引券”は定食や日替りランチでは使えず、ラーメン単品のみでしか使えない。ちなみに”天一の日”に貰った”ラーメン1杯無料券”を使って食べに行った時に引いたスピードくじの外れで”100円の割引券”を1枚持っているのだが・・・。
 
ベビースタードデカイラーメン天下一品こってりラーメン
ちなみに、袋の裏にはこの様な『中華そば専門店 天下一品』総本店の紹介文が書いてある。個人的には社会人になりたての頃、最初に配属となった大阪の某事務所の真向かいに『天一』があったので、そこで昼飯を食べてた頃からざっと30年来、食べ続けているし、3年程、『天一』の本拠地である京都に住んでいた頃も、腐る程『天一』に行ったりしてたのだが、残念ながら”総本店”には一度も行った事が無い。”総本店”は一味違う・・・、と言う噂があるので、一度は食べに行ってみたいのだが・・・。
 
ベビースタードデカイラーメン天下一品こってりラーメン
そしてこちらが”ベビースター ドデカイラーメン天下一品【こってりラーメン味】”で、ご覧の通り普通のベビースターラーメンとは違う、幅広の正にドデカイラーメンだ。で、そのお味であるが、何と無く”天一のこってり”風味はあるものの、それ以上に感動は無い。やっぱ普通のベビースターラーメンの方が美味しい様な気がする・・・。
 
最後に・・・、このネタは下手すると没ネタになっていたのだが、メル友から”こんなんどう?”とかメールが来たので、もうとっくに食べたよ・・・、って事を報告する意味も兼ねて、急遽アップしたのであった・・・。この前に”ラーメン1杯無料券”を使いに行った時の話を書こうと思っていたのだが・・・。

飾磨の祭り見物の際に”らぁ~めん京”に寄ったらメニューに”鶏しおらぁ~めん”が増えていたので食べてみた!まったりとしてそこそこ旨い!!!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:20 PM
 
代理人記録
 
10年ぐらい前は、姫路飾磨の祭りを見に行った時は、”恵美酒宮天満神社”の直ぐ近くにあるちょっと怪しい感じの”ジャパンラーメン高嶋”に寄ってラーメンを食べてから祭り見物をするのが常だったのだが、最近は祭りの日に行くと、店主のおっさんも祭り見物に出掛けるのか祭りの日は休業する様になってしまった。その代わり、最近は飾磨近辺にもその他のラーメン屋さんがポツポツと増えて来たので、久々に『京都熟成細麺らぁ~めん京(みやこ)』に行ってみる事にした。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京/姫路店
こちらが今回久々に行って来た姫路飾磨下野田交差点近くに、昨年の12月に誕生した『京都熟成細麺らぁ~めん京(みやこ)/姫路店』で、以前はJR姫路駅のプリエ姫路の一角にあった『熟成細麺・宝屋/姫路店』だったお店が、親会社のチェーン店本部?が潰れた後に、こちらに移転して来たお店だ。で、私は昨年の12月に訪問して以来、約10ヶ月ぶりの訪問なのだが、何時の間にやらお店の公式サイトも出来ていた、それを見ると現在は京都の『祇園本店』と『姫路店』の2店舗のみの様だ。その内に、以前『宝屋』だった各店舗を吸収したりして、チェーン店を拡大して行く?のかな?
 
京都熟成細麺らぁ~めん京/姫路店おしながき
で、店内に入って”らぁ~めんのおしながき”を見てみると、これまた何時の間にやらスープの種類?が増えていて”昔ながらのあっさり中華そば”とか”鶏しおらぁ~めん”と言うラーメンメニューが増えている。そう言えば”鶏しおらぁ~めん”に関してはお店の入口の処に”大好評につきグランドメニューに仲間入り!”とか書いてあった様な・・・。って事は、私が知らない間に限定メニューとして出していた?って事なのかな?
 
京都熟成細麺らぁ~めん京鶏しおらぁ~めんメニュー
てな事で、今年は何故か鶏系のスープのラーメンを食べる機会がメチャ多い!って事や、やはり食べた事が無いメニューがあると食べてみたくなるのが人情・・・、って事で新メニューとして追加されていた”鶏しおらぁ~めん”を食べてみる事に決定!!!
 
京都熟成細麺らぁ~めん京/姫路店ランチメニュー
で、毎度の如く、ラーメン単品だけで十分だと思いつつ、このお店にはこの様な”ランチメニュー”があり、”餃子ランチ”や”ミニ焼めしランチ”でもプラス190円と、割とリーズナブル。そう思ってこの”ランチメニュー”を見ていると”唐揚げ”が食べたくなって来た。”鶏しおらぁ~めん”に”鶏の唐揚げ”だと、正に”鶏尽くし”になってしまうのだが、”唐揚げ”は3個だし、その程度の量ならば食べれるかな?と言う事で”唐揚げランチ”も食べてみる事にした。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京鶏しおらぁ~めんと唐揚げランチ
てな事で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鶏しおらぁ~めん”と”唐揚げランチ”のセットで、合計金額は940円也。ランチセットの190円は安い・・・、と思ってセットにしたが合計金額を考えると結構高い・・・。それに加え、やっぱ思った以上にボリュームがある様で、実際食べ終えた後は、お腹がちょっと苦しかった・・・。やはり”鶏しおらぁ~めん”単品にしとけば良かったと、少し後悔・・・。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京鶏しおらぁ~めん
そしてこちらが今回初めて食べる”鶏しおらぁ~めん”で、単品価格は750円也。パッと見た感じは、最近あちこちでお目に掛かる”鶏白湯”の様な白濁した感じでは無く、”天下一品のこってりスープ”に近い様な色合いの鶏系スープだ。メニューの説明を読むと”自家製塩ダレに特製スープを合わせ、鶏の旨みを包み込んだ鶏ちゃあしゅうをトッピング、隠し味の柚子が麺とスープの味を引き立てます”との事。ちなみにブラックペッパーみたいな物が最初からかかっていた・・・。
 
で、そのお味であるが、最近あちこちのラーメン屋でお目に掛かる”鶏白湯系のスープ”と言うよりは、これまた”天一のこってりラーメンのスープ”を少しまろやかにした様な感じで、そこそこ美味しい。個人的な好みで言うと、お店の看板メニューである”京(みやこ)らぁ~めん”よりも、こちらの”鶏しおらぁ~めん”の方が好きかも知れない・・・。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京鶏しおらぁ~めん
そしてこちらが”鶏しおらぁ~めん”の特徴の一つである”鶏ちゃあしゅう”で、パッと見た感じは小さ目のチャーシューみたいな感じ。で、そのお味であるが、今年の初め頃に神戸垂水にある笠岡ラーメンの『中華そば いまい』や、夏頃にK朗君に付いて行って本場岡山笠岡で食べた『中華そば坂本』にも”鶏チャーシューが入っていたが、それらはどちらかと言うと割と普通の鶏肉に近い物だったのだが、このお店の”鶏ちゃあしゅう”は、豚肉を使ったチャーシューに近い印象。だが、実際に食べてみると、確かに鶏の味がするので、確かに”鶏ちゃあしゅう”の様だ。これが絶品の味か?と聞かれると、多少微妙ではあるが、中々楽しげな”鶏ちゃあしゅう”であった。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京鶏しおらぁ~めん
ちなみに今回食べた”鶏しおらぁ~めん”の麺は、”京(みやこ)らぁ~めん”と同じく、このお店ご自慢の”長年をかけて完成させた、もちもち感の中にも滑らかさを感じる低温熟成細麺”の様だ(これって『熟成細麺・宝屋』の時の麺と何か変わっているのだろうか?ちょっと不明だ・・・)。店名の冠にも付いているぐらいの力の入れ様って事もあってか、中々美味しい麺?だったかな?
 
京都熟成細麺らぁ~めん京唐揚げランチ
そしてこちらが”唐揚げランチ”の”唐揚げ”で、そこそこの大きさの丸っこい感じの”唐揚げ”が3個、脇には千切りキャベツとマヨネーズが添えられている。この他に”白ごはん”も付いてプラス190円なので、それなりにお値打ち感はある。ま、毎度の事ながら”らーめん八角の平日のランチの唐揚げ定食の700円”と比べると、足元にも及ばないけど・・・。
 
で、その”唐揚げ”の味であるが、当然の如く揚げ立て熱々で被りつくと肉汁も浸み出て来て中々旨い!ご飯も炊き立ての熱々で、これまた”唐揚げ”に良く合っていて美味しい。この値段と内容であれば、また今度このお店に来た時にも”唐揚げランチ”を頼んでしまいそうな気がする・・・
 
京都熟成細麺らぁ~めん京こしょう
ちなみにテーブルの上にはこの様に”黒こしょう”と”白こしょう”の2種類の胡椒が置いてあったので、3個の”唐揚げ”を1個はそのままで、後の2個はそれぞれ”黒こしょう”と”白こしょう”を付けて食べたのだが、色んな味が楽しめて余計に美味しかったのかも知れない・・・。
 
てな事で、久々に『京都熟成細麺らぁ~めん京』に行ったら何時の間にやらメニューが増えていたので、この日は”鶏しおらぁ~めん”とやらを食べてみたのだが、スープは当然の如く”鶏がら”ベースだしトッピングも”鶏ちゃあしゅう”と言う、まさに鶏尽くしのラーメンで中々楽しかった。こうなると、以前は無かった”昔ながらのあっさり中華そば”とかも気になるので、また次回、姫路に行った際にでも食べてみようと思うのであった。

2012年10月29日

再び、西神にあるホテルへ行って前回食べれ無かった”松茸御膳”を食べて来た。値段が安い分、味もそれなりだった・・・。

Filed under: グルメ — 代理人 @ 10:00 PM
 
代理人記録
 
半月程前に、神戸西区にある”西神オリエンタルホテル”へ行った時、当初のお目当てだった”松茸料理”が、予約満席で食べれ無かった事がちょっと悔しかったので、後日、またお食事に出掛ける事になった際に、リベンジでその”松茸料理”を食べに行ってみる事にした。
 
日本料理寿司玉響
こちらが今回行って来た”西神オリエンタルホテル”の1Fの一番奥にある『日本料理寿司 玉響(たまゆら)』と言うお店で、この日は平日のランチタイムと言う事もあり、流石に満席と言う事は無く、すんなりとお店に入る事が出来た
 
日本料理寿司玉響
そしてこちらが日本料理寿司 玉響』の店内で、幾つかのテーブル席がパーテーションで区切られた感じになっていて、パーテーションを外せば団体客が立食パーティーぐらいは出来そうな感じの店内になっている。で、パッと見た感じは我々が入った手前の部屋と、上の写真の左奥に見える部屋ぐらいしか無い様で、あまりテーブル数は無い様だ。って事で、以前来た時に予約で一杯!と言う事は何と無く納得が出来る様な感じかな?
 
日本料理寿司玉響/松茸香味膳メニュー
で、こちらがこの日のお目当てである”松茸香味膳”メニューで、この他にも7500円の”松茸だより”とか言うコースもあったが、そちらはどうやらディナータイム限定のメニューの様で、ランチタイムはこちらの”松茸香味膳”しか無い様だ。ま、”松茸”を味わうと言う意味で、こちらで十分と言えるのだけど・・・。
 
日本料理寿司玉響/松茸香味膳お品書き
てな事で、”松茸香味膳”を注文して待っていると、間も無くして、料理を載せる御膳と、この様な”献立”を書いた紙が運ばれて来た。最初にコースで出て来る全ての料理が判るので、食べる量を加減したり、あるいは実際に料理が出て来た時も、これを見ながら食べると料理の内容が良く判るので”献立表”は非常に便利だ。
 
日本料理寿司玉響/松茸香味膳松茸と菊花菊菜の煮浸し日本料理寿司玉響/松茸香味膳松茸と菊花菊菜の煮浸し
で、そんなこんなして待っていると、まず最初に運ばれて来たのが”松茸香味膳”コースの一品目である”松茸と菊花菊菜の煮浸し”。見た目的に、如何にも和食!って感じの一品で、それなりに”松茸”も入っている。ただ、お出汁に浸かっている事もあり”松茸”の香りはあまり無い・・・、と言うか、多分中国産とかそんな辺りの”松茸”なので、お出汁で誤魔化した?と言う感じの物かも・・・。
 
日本料理寿司玉響/松茸香味膳旬のお造り日本料理寿司玉響/松茸香味膳旬のお造り
続いて運ばれて来たのは”松茸香味膳”コースの2品目である”旬のお造り 二種盛り”。ご覧の通り、良くあるお刺身の盛り合わせで、当然の如く”松茸”の姿は無い。刺身のネタは鯛と鰤系のお魚の様だ。お造りとしては普通に美味しかったが、”松茸”をお目当てに来た事もあり、あっても無かったもどちらでも良かった様な気がする”お造り”だったかな。
 
日本料理寿司玉響/松茸香味膳海老、松茸の天婦羅日本料理寿司玉響/松茸香味膳海老、松茸の天婦羅
そしてその次に運ばれて来たのが、こちらの”天婦羅も盛合せ”で、海老天2尾の他に、サツマイモ、カボチャ、茄子等の季節の野菜の天ぷらが添えられている。で、”献立表”には一応”松茸の天麩羅”とも書かれていたので、一体どれが”松茸の天麩羅”なのかな?と思って探してみると、獅子唐の脇にあった、一番小さな天麩羅が”松茸”だった・・・。
 
日本料理寿司玉響/松茸香味膳菱かにと百合根の豆乳蒸し松茸餡かけ日本料理寿司玉響/松茸香味膳菱かにと百合根の豆乳蒸し松茸餡かけ
そしてその後に運ばれて来たのが、こちらの椀物で、その内容はと言うと”菱かにと百合根の豆乳蒸し 松茸餡かけ 振り柚子”との事。何と無く茶碗蒸しっぽい感じで、それなりに美味しい。で、肝心の”松茸”はと言うと、表面の餡の中に”永谷園も松茸のお吸い物”に入っている様な、細かく刻んだ”松茸”が少し入っているのみ。一応”松茸”は使いました・・・、みたいな感じ・・・。
 
日本料理寿司玉響/松茸香味膳松茸土瓶蒸し日本料理寿司玉響/松茸香味膳松茸土瓶蒸し
そしていよいよ運ばれて来たのが、”松茸香味膳”のメイン?とも言える”松茸土瓶蒸し”。しかし土瓶蒸しの蓋を取ってみると、何かちょっと寂しげ・・・。一応”献立表”によると”鱧、鴨つくね、百合根、海老、銀杏”等が入っているらしいのだが、何か隙間が多い・・・。今から10年程前、年に4回程行っていた淡路のお鮨屋『林屋』で、一時期行方不明だった”若花田の兄ちゃん似の大将”が居た頃に食べた”松茸の土瓶蒸し”は、”松茸”も、あるいは魚介類もたっぷりでお出汁も物凄く旨かったのだが、それに比べると、半分以下、あるいは1/3ぐらいの内容しか無い様にも思える。ま、お出汁的には普通に美味しかったけど、もうちょっと大き目の”松茸”を入れて欲しかった気がする・・・(値段也?な内容と言われてしまえば、それまでかも知れないが・・・)。
 
日本料理寿司玉響/松茸香味膳松茸ご飯日本料理寿司玉響/松茸香味膳松茸ご飯
で、”松茸土瓶蒸し”を食べる間も無く運ばれて来たのが、こちらの”松茸ご飯”で、雰囲気的には大量に炊いた”松茸ご飯”を、お茶碗とお櫃に入れて運んで来た?と言う様な感じ。で、そのお味であるが、”松茸”の風味を楽しむ為なのか、あっさり味・・・、と言うか、私的にはかなりの薄味。我家の”炊き込みご飯”が味が濃い目だった事もあり、やや物足りなさを感じる味だ。
 
日本料理寿司玉響/松茸香味膳松茸ご飯日本料理寿司玉響/松茸香味膳松茸ご飯
ちなみに”松茸ご飯”の中から”松茸”を探してみると、こんな感じの小粒?な”松茸”がそれなりに入っていた?かな?
 
日本料理寿司玉響/松茸香味膳松茸ご飯
で、上でも書いた様に”松茸ご飯”がちょっと薄味だったのと、”松茸土瓶蒸し”のお出汁が残っていたので、お茶漬け風にして食べてみたのだが、意外とこの食べ方が一番美味しかった様な気がする・・・。
 
日本料理寿司玉響/松茸香味膳自家製和菓子日本料理寿司玉響/松茸香味膳自家製和菓子
それはさて置き、何だかんだと”松茸香味膳”の各料理を食べ終えて暫くの間、歓談しているとそこへ運ばれて来たのが、デザートの”自家製和菓子”とお茶。ご覧の様に”栗入りの羊羹”の様だ。個人的には甘い物はあまり得意では無い事もあり、ちょっと甘かったけど、ま、普通に美味しかったかな。
 
てな事で、前回食べに来たら予約で満席で入れ無かったのが悔しくて、この日あらためてやって来たのだが、その分の気負いが高かったからなのか、あるいは値段也?だったのか、期待した程の味わいは無かったかな。とは言え、取り敢えず今シーズンも”松茸”を食べた!って事で、一応は満足かな。何れにしてもこれでまた当分の間、”西神オリエンタルホテル”へ来る事は無い様な気がする・・・。

2012年10月28日

中島みゆきコンサートツアー『縁会』2012~3神戸公演、終わってしまった・・・。でも未だ”歌旅は終わらない~”!!!

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 10:41 PM
 
代理人記録
 
先週の日曜日の”長渕剛アリーナツアー ファイナル”に始まり、今週は”中島みゆきコンサートツアー『縁会』2012~3”神戸公演と、この一週間は、コンサート三昧だったのだが、今日の、神戸公演最終日で、取り敢えず私のコンサート週間は終わってしまった・・・
 
中島みゆきコンサートツアー『縁会』2012~3
 
みなさんのおかげで、競争率の高い”土日のチケットも無事にゲット出来きたので、思いっ切り”みゆきさんコンサート”が楽しめました!ありがとうございました。
 
詳しい話はまた後日、道中記を書くとして、今回のコンサートツアーの演奏曲目を見ると、中島みゆきコンサート初心者の方にも、あるいは古くからのファンにも満足出来る、滅多に無い、大サービスコンサートだった様に思う(一部、コアなファンは不満があるらしいが・・・)。何と言っても、オープニングの大ヒット曲から、私が中島みゆきファンになるきっかけとなった、あの名曲!そして年配の方が待ち望んでいた某NHKの曲(しかもオープニング&エンディングの2曲共!)、そしてまさかの前回のコンサートで21年ぶりに唄ったと、話題になったあの名曲が、今回のコンサートでも唄われると言う、超サプライズもあって、驚きの連続だった。今回のツアーもぜひ映像化して、映画館で上映して欲しい物だ!

2012年10月27日

カレーハウスCoCo壱で、久々の”夜ココ”メニューの”粗挽きグリルハンバーグ鉄板カレー”を食べた!ハンバーグとご飯だけでも食べれる!

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:45 PM
 
代理人記録
 
今年の夏は久々に私の大好きなSF映画が一杯公開された、中々楽しいシーズンだった。が、そんな夏の超大作は姿を消し、上映される映画も秋の気配・・・。とは言え、私の大好きなSF映画やアクション映画はまだまだ健在!って事で、久々にレイトショーで映画を観に行く事にした。で、最初はワーナーマイカル加古川の直ぐ近くにある、毎度お馴染みのカツ丼ととんかつチェーンの『かつや』にでも行こうかな?と思ったのだが、ふとちょっと前に行った『カレーハウスCoCo壱番屋』に、久々に”期間限定の夜ココメニュー”が登場していた事を思い出したので、またまた『CoCo壱』に行ってみる事にした。
 
カレーハウスCoCo壱番屋/高砂北インター店
こちらが、夜の時間帯としては久々の訪問となる『カレーハウスCoCo壱番屋/高砂北インター店』で、この日は平日の午後8時頃と言う時間帯と言う事もあってか、店内は閑散としていた。この時間帯でも土日の夜だと、超大賑わいしている事もあるので、その正反対の様子にちょっと驚いたひと時であった(私が京都に在住していた頃に、毎週の如く通っていたも会社帰りと言う事もあって、この時間帯が多かったのだが、こんなに閑散とした時は一度も無かったけどなあ・・・)。
 
CoCo壱番屋粗挽きグリルハンバーグ鉄板カレーメニュー
それはさて置き、こちらが久々に登場?した夜&期間限定の”夜ココ”メニューで、今回は”粗挽きグリルハンバーグ鉄板カレー”との事。通常メニューにも”ハンバーグカレー”ってのがあるのだが、今回のはわざわざ”粗挽きグリルハンバーグ”と書かれてあるので、通常の物とは違うのだろう・・・。って事で、迷う事無く早速この”粗挽きグリルハンバーグ鉄板カレー”とやらを注文!!!
 
CoCo壱番屋粗挽きグリルハンバーグ鉄板カレー
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”粗挽きグリルハンバーグ鉄板カレー”で、お値段は880円也。過去に発売された”夜ココシリーズの鉄板カレー”は全て食べて来たのだが、今までは”鉄板カレー”は別々に運ばれて来て、テーブルの上に置いてから店員さんか、あるいは自分で、カレーを掛けるスタイルだったのだが、この日は偶々なのか、このカレーの場合だけなのか、あるいは今後はずっとこのスタイルになるのか、定かでは無いが、カレーが最初から掛かっていた。ま、後から掛けて食べるのも面倒なので、最初からカレーをかけてくれてた方が有り難い様な気もするが・・・。
 
CoCo壱番屋粗挽きグリルハンバーグ鉄板カレー
で、こちらが、カレー飛び跳ね避けの紙を取った後の”粗挽きグリルハンバーグ鉄板カレー”で、お値段は880円也。初めて”鉄板カレー”が登場した頃は、もっと鉄板に熱々感があってカレー自体がグツグツと煮えてる様な状態にも見えた物だが、最近の”鉄板カレー”では完全にカレーのグツグツ感は無くなってしまった様な気がする。とは言っても実際には鉄板は結構熱かったし、カレーが鉄板で焼かれて水分が飛んでしまうのもどうかな?と言う気がするので、この程度で十分なのかも知れない。ちなみにカレーの味自体は、何時もの”CoCo壱のポークカレー”と同じで、可も無く不可も無く・・・ではあるのだが・・・。
 
CoCo壱番屋粗挽きグリルハンバーグ鉄板カレー
そしてこちらが”粗挽きグリルハンバーグ鉄板カレー”の命とも言える”ハンバーグ”の姿で、上には炒めたキノコがたっぷりとトッピングされていて、中々美味しそうだ。”CoCo壱の公式サイト”の説明に寄ると”ハンバーグは粗挽き肉を使用。肉の旨みと食感をお楽しみいただけます。 また、しめじ、えのき、玉ねぎを絡めたテリヤキバターソースのトッピングがおいしさをさらに引き立てます。”との事。
 
CoCo壱番屋粗挽きグリルハンバーグ鉄板カレー
で、このカレーの命?とも言える”粗挽きグリルハンバーグ”を早速食べてみると、明らかに一括製造された様なハンバーグであるが、粗挽きと言う事で、それなりにお肉の風味もあって普通に美味しい。そんじょそこらのファミレスやサラダバー付きのステーキ屋さんで食べるハンバーグより美味しいかも・・・。しかも上からたっぷりかかっているキノコのソースも意外と美味で、カレーは無くても、このハンバーグだけで定食として成り立つ様な気さえする。このカレーが”鉄板カレー”である必要があるのかどうかは定かでは無いが、個人的には中々美味しい”粗挽きグリルハンバーグ鉄板カレー”だった。
 
てな事で、この日の夜は久々に”夜ココメニューの鉄板カレー”を食べたのだが、上でも書いた様に、別に”鉄板カレー”にせずとも、普通に”粗挽きグリルハンバーグカレー”として、”月刊ココイチ”とかにして昼間でも販売すれば良いのに・・・、と思ってしまうのだが。何はともあれ今の処”夜ココ”メニューは皆勤賞が続いている・・・。そんな事もあり、また次回、新たな”鉄板カレー”が登場した暁にはまた食べに来てしまいそうな気がする・・・。

2012年10月26日

最近、何と無く行く機会が多い”ラーメンとん太”で、人気ナンバーワンと言う”味噌ネギラーメン”を食べた!やや辛い味噌ラーメンだった。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:55 PM
 
代理人記録
 
9月の初め頃だったかに、山陽自動車道の権現湖PA上り内にある『ラーメンとん太』でリニューアルした”兵庫醤油ラーメン”を食べたのだが、その時に何かで見た情報に”常連さん人気ナンバーワンの味噌ネギラーメン”と書いてあった。個人的には”味噌ラーメン”はあまり食べない方なのだが、そう聞いた限りは一度はその”味噌ネギラーメン”も食べてみたい物。って事で、先日近くを通った事もあり、またまた『ラーメンとん太』に行って”味噌ネギラーメン”を食べて来たのでご紹介!
 
ラーメンとん太権現湖PA店
こちらがまたまた行って来た『ラーメンとん太/権現湖PA店』で、上でも書いた様に山陽自動車道のPAの中にあるのだが、このお店は、山陽自動車道が誕生した10数年前から一般道を使って食べに行く事が出来る、元祖ウェルカムゲートっぽい感じのお店なのだ。
 
ちなみに”権現湖PA下り”には今年の春頃まで個人的には結構好きだったカレー屋さんヱスビーカレーの王様』があったのだが、残念ながら閉店してしまい、その後に出来たお店は昔長柄のPAに良く有りそうな詰まらなさそうなお店なので、多分、私が”権現湖PA下り側”には行く事は当分の間、無い様な気がする・・・(PA下りは一般道からも行き辛い・・・、って事もあるし)。
 
ラーメンとん太権現湖PA店味噌ネギラーメン
で、お店入口で食券を買い、それを窓口に出した後、席に着いて待っていると、間も無くして番号札の番号が呼ばれたので、取りに行って来たのがこちらの”味噌ネギラーメン”で、お値段は780円也。PAの紹介サイトの情報に寄ると”コク深い味噌ラーメンに特製の豆板醤とラー油を絡ませた、たっぷりの白ネギが豪快に乗っています!”との事。パッと見た感じは、大体イメージしていた通りなのだが、紅ショウガとワカメはちょっと邪魔な気分・・・。で、スープ自体は割とオーソドックスな味噌スープで、雰囲気的には可も無く不可も無く・・・、みたいな味だ。
 
ラーメンとん太権現湖PA店味噌ネギラーメン
そしてこちらが味噌ネギラーメン”の命とも言えるトッピングのピリ辛風の野菜炒めで、最初はそれ程辛いとは思わなかったのだが、食べている間にジワジワと額に汗が滲んで来る程に辛い!特別旨い!と言う感じはしなかったが、そこそこ楽しいピリカラ炒めだったかな。でもやっぱ紅ショウガとワカメだけは余計だったかも・・・。と言いつつ貧乏性なので、どちらも全て食べてしまったけど・・・。
 
ラーメンとん太権現湖PA店味噌ネギラーメン
ちなみに”味噌ネギラーメン”の麺はこんな感じで、メニューか何かの情報に寄ると”相性抜群の太麺”との事。食べた印象としては”太麺”と言うよりかは、どちらかと言うと”平打ち麺”に近い様な印象だったけど・・・。
 
ラーメンとん太ポイントカードラーメンとん太ポイントカード
で、”味噌ネギラーメン”を運んで来たトレイを見るとこの様な”ラーメンとん太のポイントカード”が付いて来た。前回来た時は、こんなクーポン券は貰えなかったので、その後に出来た?って事なのかな?それはさて置き、カードの内容を見ると全国各地の高速道路のSAやPAにある”とんた太グループ、直営各店舗”で使えるらしく、しかも3回訪問で味玉サービス、5回訪問で餃子が一皿無料と言う中々、太っ腹な内容だ。とは言え、私が次回『ラーメンとん太』に来るのは何時の事になるのか、定かでは無いので果たしてこのカードのポイントが満タンになる日がやって来るのかどうか、定かでは無い・・・

2012年10月25日

イオン明石のレストラン街でエビフライとハンバーグのセットを食べた!少しあったエビミソが中々旨かった!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:32 PM
 
代理人記録
 
当ブログで時々書いている様に、ちょっとした事情で月に一回程度、明石大久保方面へ行く事がある。で、この日も明石大久保方面へ行ったので、その近くで食事をしてから帰る事となった。
 
で、最初、中華料理でも食べ様と、明石大久保にあるイオン明石2番街のレストランの中にある、以前は麻婆豆腐とチャーハンのお店『ロンフーダイニング』だったお店の跡地に出来た中華料理のお店『小天龍』と言うお店に行ってみたのだが、お店前に置いてあるメニューボードを観ても何か食べたい物が無い・・・。と言うのかもの凄くリーズナブルな定食が中心で、雰囲気的には『餃子の王将』がライバル?みたいな感じの内容だ。そもそもイオン明石店の今現在のレストラン街には、似た様な感じのお店しか無いのだが、せめてもう少しランクの上?の食事がしたい・・・。って事でその中華料理屋さんに入るのは止め、その向い側にあった洋食屋さん風のお店に入ってみる事にした。
 
ミオ・バロッコ/明石店
こちらが今回行ってみた『ミオ・バロッコ/明石店』と言うお店で、このお店がある場所は、以前はステーキとハンバーグのお店『ふらんす亭』やその後は『ステーキひろ』だったお店だ。で、『ミオ・バロッコ』は、イオン明石タウンの中の何処かにあったお店が、この空き店舗に移転して来たらしく、店内のレイアウト等は以前の『ステーキひろ』の時とほとんど変わって無い様だった。
 
ミオ・バロッコ/明石店のメニュー
そしてこちらが『ミオ・バロッコ/明石店』のメニューの一部で、洋食を中心としたメニューなのだが、何と無く隣にある『ボンディア ジュニア/イオン明石店』と内容が被っている様な気がしないでも無い。
 
ミオ・バロッコ/明石店のメニュー
そんな中、私が食べてみたい?と思ったのは、こちらの”手ごねハンバーグ”と”有頭エビフライ”がセットになった”ボリュームセット”。メニューの写真は兎も角、お店のショーケースに飾られていた見本を見た時、”伊勢海老”ぐらいとは言わない物の、結構デッカイ海老だったので、ちょっとその巨大な海老が気になったのだった。
 
ミオ・バロッコ/明石店ボリュームセットミオ・バロッコ/明石店ボリュームセット
てな事で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”手ごねハンバーグ”と”有頭エビフライ”がセットになった”ボリュームセット”で、メインのお皿の他にスープとライスが付いて、お値段は1280円也。その注目の海老の大きさであるが、150gあると言う”手ごねハンバーグ”や、あるいはスープカップとか、ライスのお皿と比べて貰うと判るのだが、中々デカイ!!!それに”手ごねハンバーグ”も結構大きいので、ボリューム満点、まさに”ボリュームセット”なのだ!
 
ミオ・バロッコ/明石店ボリュームセットの海老フライ
そしてこちらが、その巨大な”有頭エビフライ”で、早速食べてみると身はプリプリとして、普通に美味しい。個人的には”伊勢海老”が大好きだし、海老の旨さは大きさに比例している?と言う思いもあるのかも知れないが、期待通りに中々旨かった。少し前に”荒井の焼肉屋さんのランチで、割と大き目のえびフライ”を食べたのだが、雰囲気的には、こちらの”エビフライ”の方が美味しかった気がする・・・。やっぱ海老はデカイ方が美味い!!!
 
ミオ・バロッコ/明石店ボリュームセットの海老フライ
で、海老の一番美味しい処はと言うと、頭の後ろ辺りに詰まっているエビミソ”。これだけ大きい海老なので、もしかしたら”エビミソ”が詰まっている?残っている?かと思い、頭の後ろをフォークでほじくってみると、出て来ました、たっぷりの”エビミソ”ちゃん!!!期待通り、この”エビミソ”ちゃんが、これまた旨い!!!個人的には”蟹みそ”も大好きだが”エビミソ”も大好きだ!何か”エビミソ”食べていると、海老の身が全部”エビミソ”でエエ様な気がする!!!
 
ミオ・バロッコ/明石店ボリュームセットのハンバーグ
そしてこちらは”ボリュームセット”のもう一つのメイン料理である”手ごねハンバーグ”で、こちらも中々の大きさで上でも書いた様に150gのボリュームある”ハンバーグ”との事。だが、そのお味は見た目や期待と裏腹に、あまりジューシー感の無い、どちらかと言うとファミレスで出て来そうな感じの”ハンバーグ”だ(このお店自体がファミレスっぽい雰囲気なので、当たり前?かも知れないが・・・)。この味なら・・・、80g程度のサイズで良かったかも・・・。
 
ミオ・バロッコ/明石店ボリュームセットのスープ
ちなみにこちらは”ボリュームセット”に付いていた”ワカメスープ”で、これまたファミレスで良くある飲み放題のスープに近い印象だったかな。
 
てな事で、この日はまたまた明石大久保方面へ行ったので、手っ取り早くイオン明石のレストラン街に、最近出来た?と言うのか、移転して来たと言う洋食屋さんに行ってみたのだけど、この日食べた料理の内容と味は、その辺りにあるファミレスと似た様なレベル・・・、と言う感じだったかな。唯一は上でも書いた”エビミソ”が旨かった!と言う事で、個人的には満足したけど・・・。それにしても、イオン明石のレストラン街も、何か全然行きたいと思う様なお店が無くなってしまったなあ・・・。てか、活気自体もあまり無さそうだし・・・。マイカル明石として誕生した頃は、川の流れる森の中にある様なレストラン街で、大いに賑わっていたのだけど・・・。マンション一杯立った割に食べに来る住人ってあまり居ないのだろうか・・・。

2012年10月24日

今年も天一の日がやって来ましたねえ!って事で、久々に天一で”こってりラーメン”を食べた!それにしても相変わらず凄い行列だ!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:39 PM
 
代理人記録
 
今年もやって来ました10月1日”天一の日”!!!って事で、今や全国各地、北は東北から南は九州(沖縄でも?)まで幅広くチェーン展開している『中華そば 天下一品』の年に一度のお祭りの日がやって来た!当ブログで毎年紹介している様に、”天一の日”にラーメンを食べに行くと”ラーメン1杯無料券”が貰える超お得サービスデーなのだ。そんな事もあり、個人的には30年程前から『天下一品』のラーメンを食べている(特に『天一』の本拠地、京都に住んでいた頃は月一ぐらいに食べていた)のだが、最近は”天一の日”と、その日に貰った”ラーメン1杯無料券”を使いに行く時でしか『天一』に行かなくなってしまった。そう言う意味では、個人的にも年に一回、『天一』へ出掛ける、まさに”天一の日”なのであった!
 
天下一品/加古川店
そしてこちらが、今年も行って来た『中華そば天下一品/加古川店』で、上でも書いた様に”天一の日”は終日店内大賑わい!と言う事もあり、例年はちょっと早目の時間に行くのだが、今年はちょっとした用事があって、やや遅め?の午後1時前にお店に到着!!!上の写真は私がラーメンを食べ終えて帰る頃の午後1時半過ぎの様子なので、若干待って居る人の数は減っているが、お店に到着した午後0時50分頃は、店内はもとより、お店に入り切れなかったお客さんが大勢、入口付近にたむろ、また車の中で待っているお客さんも結構居たみたい。ま、普段でも土日なんかだと、そこそこに客が入ってはいるが、”天一の日”は平日にも関わらず大勢のお客さんがやって来るのね。そんなに”天一のラーメン”って人気だったっけ?と、ちょっと不思議に思ってしまうのだが・・・
 
で、結局この日は、約30分程待って漸く私の順番がやって来た。最近は『新在家ラーメンもんど』でも並ぶ事が無いので、ラーメン屋さんで並んで食べたのは久々の事?だったかな?
 
天下一品祭り2012天下一品祭り2012
ちなみに、こちらは”2012年度の天下一品祭り”の告知プレート?で、10月1日だけは上で書いた様に”ラーメン1杯無料券”が貰えるのだが、”10月2日から14日の間は”スピードくじ”が引けて、この様な”天一のオリジナルグッズ”が当たるのだ。とは言え、この”天一のオリジナルグッズ”は貰っても使い道が無い物が多く、結果的にはハズレである”100円の割引券”の方が有り難かったりするのだが・・・。
 
天下一品こってりラーメン
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”こってりラーメン”で、お値段は680円也。昨年の”天一の日”には漸く加古川店でも販売を開始した”こっさりラーメン”を食べたし、その時に貰った”ラーメン1杯無料券”を使った時も、またまた”こっさりラーメン”を食べたので、私が”天一のこってりラーメン”を食べるのは約2年ぶりだ。で、相変わらずスープは少な目(以前、多めで頼んだら”出来ません!”と、軽くあしらわれた事があった・・・)だし、チャーシューも薄いのが1枚だけと、値段の割にチープさを感じる内容だ。とは言え約30年、慣れ親しんで来た”唯一無二の独特のこってりスープ”は、2年ぶり?の懐かしさもあってか普通に美味しい。しょっちゅう食べに来たいと思う様なラーメンでは無い様な気もするが、偶に食べると中々美味しい様な気がする。
 
天下一品こってりラーメンの麺
ちなみにこの日食べた”こってりラーメン”の麺はこんな感じの中細のストレート麺で、如何にもチェーン店と言う様な感じの麺ではあるが、これまた昔から食べ慣れているのか、可も無く不可も無く・・・、と言う気がする何時もの麺だったかな。
 
天下一品ラーメン1杯無料券
そしてこちらが、この日貰った”ラーメン1杯無料券”。この日やって来るお客さんの大半は、この”ラーメン1杯無料券”がお目当てなのだが、お店の注意書きを読むと、この日配る予定の”ラーメン1杯無料券”が無くなってしまった場合は”ラーメン1杯の半額分”を値引きしてくれるらしい・・・。要は配布する券が無くなった場合は、ラーメンが半額で食べれると言う事だ。何かそれの方がお得?な気もするのだが、それって深夜にでも来ない限り無理だよねえ・・・。何年か前に、午後10時過ぎに来ても、物凄く行列だった事があったんだけど・・・。
 
てな事で、今年も毎年恒例の10月1日の”天一の日”に”ラーメン1杯無料券”お目当てに『中華そば 天下一品』に行って来たのだが、例年の如く、この日も物凄いお客さんで賑わっていた。そもそも『天一』ってこんなに人気があったっけ?と言う気がしないでも無いのだが、個人的には30年近く、この”天一のこってりラーメン”を食べ続けている事もあり、それなりに好きなラーメンだ。が、その割りに最近は、この”天一の日”と、その時に貰った”ラーメン1杯無料券”を使いに行った日ぐらいしか食べに行かなくなってしまったのだが・・・、ま、これだけ世の中にラーメン屋さんが増えた中では致し方が無い事だよねえ・・・。

2012年10月23日

500円相当の新作鉄板焼プレゼント!に釣られて食べに行った姫路飾磨にあるお好み焼屋さん。でもこれって”ちゃんどら”系列のお店らしい・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:11 PM
 
代理人記録
 
とある休日の夜、幼馴染と久々にお好み焼を食べに行こうと言う話になった。最近行ってみたいと思うお好み焼と言えば、お盆の頃に食べに行ったら中々好印象だった”別府のお好み焼屋さん”か、”加古川楽市”や、あるいは”たかさご万灯祭”の日に”にくてん”買って帰って食べた荒井にあるお好み焼屋『ミナミとかが思いついたのだが、例に寄って手元にあるホットペッパーをチェックすると、姫路飾磨にあるお好み焼屋さんのクーポン券で”500円相当の新作鉄板焼プレゼント”ってのがあったので、何かこの手のクーポン券って以前にも見た事あるなあ・・・、と思いつつ、”無料プレゼント”に弱い私なので、そのお好み焼屋さんに行ってみる事にした。
 
お好みチャンピオンコナクス
こちらが今回行って来た、姫路飾磨の、中部中学校の近くにある『お好みチャンピオン コナクス』で、ご覧の通りの巨大なお好み焼屋さんだ。で、お店がある場所は色んなお店が集まった、ちょっとしたショッピングセンターっぽい感じの一角にあるので駐車場はだだっ広いのだが、流石に休日の午後7時と言う事もあって、店内満席!とは言え、遥々とこのお店を目指してやって来たので、帰る訳には行かず、待ち客リストに名前を連ね、待つ事にした
 
で、ホットペッパーを見た時に”五代目三浦松陰”と言う文言が書いてあったので、もしかしたら・・・、と思っていたら道路沿いにあったお店の看板には”ちゃんどら”の文字が・・・。やはり加古川に本店がある、あのお好み焼屋”ちゃんどら”の系列のお店の様だ。お好み焼”ちゃんどら”と言えば、以前は宝殿にあった平成屋と言う市場の向かい側にあったお店で、”ちゃんどら”が誕生する前はその隣にラーメン屋さんがあった。で、ある時、そのラーメン屋さんに行ったら満席で並んで待たないと行けなかったので、どうしよう?と相談していたら、隣にお好み焼屋さんがあったので、じゃあ、お好み焼を食べ様!と思って入り掛けたら、未だお店がオープンする前で、明日からオープンします・・・、みたいな事を言われたのが”ちゃんどら”なのだ。
 
そんな事もあってか、平成屋の向かいにあった”ちゃんどら”には、お店がオープンしてから何回も行った事があり、ある時は店内が満席だったので、管理人さん夫婦と義理の妹さん夫婦とご一緒にお店の外で、所謂、オープンカフェみたいな感じでお好み焼を食べた事もあった。そしてその”ちゃんどら”が東加古川に移転してからも東加古川店にも行ったし、あるいは2年ぐらい前には姫路店にも行った事があるぐらい、個人的には結構良く行っているお好み焼屋さんだ。
 
お好みチャンピオンコナクス店内
で、なんだかんだと、20数分待たされて漸く我々の順番がやって来て店内に案内される事となった。で、上の写真は『お好みチャンピオン コナクス』の店内の様子(お店が空いて来た時間帯に撮ったので、客の姿はほとんど写って無いが、入店時は常時満席状態だった)で、一応各テーブルの中央に鉄板が設置はされている物の、『ちゃんどら』みたいな高級感漂う凝った内装は無く、雰囲気的にファミレス風の、若干安っぽい印象を受ける店内だ。更に店内を見渡しても『ちゃんどら』にある様な”ソース熟成プラント”や、そこから入れて来る”焼き入れソース”等は見当たらなかった。どうやら低価格でお子様連れのファミリー客をターゲットにした様な、まさにファミレス感覚のお好み焼屋さんみたいな感じ?かな?
 
お好みチャンピオンコナクスメニューボード
そして、席に着いて真っ先に目に付いた・・・、と言うのか、ちょっと珍しかったのが各テーブル席に設置されている、ロボットの手の様なアーム状の台の上に載ったメニュー。料理を注文したい時は、目の前まで移動させる事が出来て、注文後は、テーブルの脇に移動する事が出来る、結構便利なメニューアーム?なのだ。しかもメニューブックはそれぞれのサイドに付いているので、テーブルの反対側の人も同じ様にメニューを見る事が出来る。中々のアイデアでは無いかな。今後、この様なスタイルが流行って来るのだろうか・・・
 
お好みチャンピオンコナクスの特徴
ちなみにこちらはメニューに載っていた、このお店のこだわり。細かくチェックはしてないが、これまた”ちゃんどら”の謳い文句と同じ様な気がする・・・。
 
お好みチャンピオンコナクスメニューお好みチャンピオンコナクスメニュー
で、私がお好み焼を食べに来た時、まず最初にオーダーするのは”焼そば”!って事で、”焼そば”のメニューページを開いてみると、このお店でも最近良くある”自家製専用麺”の麺らしく、一言で言うと”京都老舗井澤製粉を使った焼そば専用のプレミアム黄金麺”らしい。これまた何と無く”ちゃんどら”と一緒?だった様な気がするのだが・・・。更にその”焼そば”には全部で6種類のソースがあるらしい・・・。そんな沢山のソースを用意する必要ってあるのかいな???
 
お好みチャンピオンコナクスメニューお好みチャンピオンコナクスメニュー
そしてこちらがこの後、実際にオーダーした”焼そば”と”お好み焼き”のメニューで、この中から”焼そば”は”ぶた焼そば”を、”お好み焼き”は”乱切り牛玉”を注文!で、”6種類あると言う焼そばのソース”は、このお店は初訪問だし下手に変なソースを選んで美味しく無かったら後悔しそうなので、定番?の”Cona.Xプレミアム純ソース”をチョイス!!!
 
お好みチャンピオンコナクスぶた焼そば
で、お店が常時満席状態なので、時間が掛かるかも・・・、と思っていたら意外と短時間で運ばれて来たのが一品目の”ぶた焼そば”で、お値段は577円也。ソースを定番の”Cona.Xプレミアム純ソース”を選んだ事もあってか、見た目的には物凄くオーソドックスな感じの”焼そば”だ。お店の説明に寄ると”「本当に旨い焼そば」を創りたい/店内自家製麺→24時間熟成→注文毎にゆで上げ→鉄板高温域で一気に焼く”と言う工程のもとに焼かれた”焼そば”らしい。で、そのソースの味は何処と無く”ちゃんどらの焼き入れソース”っぽい感じがしたのと、お店ご自慢のプレミアム黄金麺って事もあるのか、普通に美味しい・・・、と言うか、結果的にこの日食べた4品の料理の中で、一番美味しかったのが、この”ぶた焼そば”だった・・・。
 
お好みチャンピオンコナクス乱切り牛モヤシ炒め
それはさて置き、一足先に運ばれて来た”ぶた焼そば”を食べていると、続いて運ばれて来たのが、ホットペッパーのクーポン券持参で無料となる”500円相当の新作鉄板焼”で、この日の内容は”乱切り牛とモヤシ炒め”との事。パッと見た感じ、モヤシ炒めの上に薄切りの牛バラ肉を載せただけ?の様だ。これが”500円相当”の価値があるのかどうかちょっと微妙・・・。”乱切り牛”とやらも肉の味を楽しみと言うよりも、完全にタレの味に支配されている感じを受ける。ま、無料なので文句は言えないが、最初からこれだと判っていたら別に要らなかった?と言う気もする・・・。ちなみに、”無料サービスの新作鉄板焼”が”乱切り牛”を使った料理だと、先に判っていたら”お好み焼き”は違う具の物を選んでいたのだが・・・。
 
お好みチャンピオンコナクス乱切り牛玉
そしてその”乱切り牛とモヤシ炒め”を食べる間も無く運ばれて来たのが、こちらのお好み焼”乱切り牛玉”で、お値段は714円也。ソースやマヨネーズ等のデコレーションは焼き場でやってから運ばれて来たので、見た目は綺麗だ。が、味的には極々普通・・・。てか、普通に美味しいお好み焼きなのだが、それ以上の物でもそれ以下の物でも無いと言うのが正直な印象。メニューが派手?だった分、ちょっと期待感が大きかったせいもあるのかも知れないが、もうちょっと個性か特徴が欲しかったかな
 
で、個人的にはこの間に生ビールを2杯程飲んだのだ事や、昼間にちょっと食べ過ぎてた事もあり、お腹的にはこれで十分だったのだが、一緒に行った友人が未だ食べたり無いと言うので、料理を1品追加注文する事にした(序でに私は生ビールも追加したのだが・・・)。
 
お好みチャンピオンコナクス焼めし無料
で、何を追加したのかと言うと、このお店のメニューを見た時からずっと気になっていたのが、こちらの”焼めし無料”と書かれたメニュー。色々書いてあるのだが、読むのが面倒だったので、お店のスタッフのおねえちゃんに尋ねると”壷づけ鉄板焼き”を頼むと、ごはんが無料サービスで付ける事が出来、そのごはんを使って”壷づけ鉄板焼きの具材とからめて、特製の焼きめしを作ることができます”との事。要は客自身の手で”焼めし”を作って食べてね?みたいな感じらしい。なので、正確には”焼めし無料”では無く”ごはん無料”と言う気がしないでも無いが・・・。
 
お好みチャンピオンコナクス壷づけ鉄板焼きメニューお好みチャンピオンコナクス壷づけ鉄板焼きメニュー

そしてこちらが、その”壷づけ鉄板焼き”のメニューなのだが、パッと見た感じは最近あちらこちらの焼肉屋さんで見かける様になった、その名の通りの”壷漬け”と良くにた感じの物なのだが、これまたご覧の通り種類が豊富で、牛肉から豚肉から鶏鶏までと幅広い・・・。って事で無難に真ん中辺りにある”蘭丸牛(らんまるぎゅう)/タレ焼き醤油ホルモンダレづけ 薄切り牛とガーリックコンボ”とやらを食べてみる事にした。
 
お好みチャンピオンコナクス壷づけ鉄板焼き蘭丸牛お好みチャンピオンコナクス壷づけ鉄板焼き蘭丸牛
で、間も無くすると”壷づけ鉄板焼き 蘭丸牛”が入った壺と、焼きめし用の無料のご飯が入ったお櫃、それに焼めし専用のタレのタレが運ばれて来た。ちなみに”壷づけ鉄板焼き 蘭丸牛”のお値段は609円也。お櫃の中のご飯を見ると何やら色?が付いている。お店の説明に寄ると”焼きめし専用の米(銀河/ターメリックライス)”らしい・・・。
 
お好みチャンピオンコナクス壷づけ鉄板焼き蘭丸牛お好みチャンピオンコナクス壷づけ鉄板焼き蘭丸牛
てな事で、まずは”壷づけ鉄板焼き 蘭丸牛(薄切り牛とガーリックコンボ)”を壷から取り出して焼いてみる事に・・・。壷の中身はそれ程多くは無く、”薄切り牛”が3枚と玉ねぎやニラの芽、それにニンニクが入っている程度焼肉屋さんで出て来る壷漬けって、何ぼ出して来ても延々入っているなあ・・・、と感動する物だが、このお店はその真逆な感じだ。
 
お好みチャンピオンコナクス壷づけ鉄板焼き蘭丸牛
で、折角なので生ビールのあてに、“壷づけ鉄板焼き 蘭丸牛”のお肉だけを1枚先に食べてみる事にした。ご覧の様に?壷漬けされていたので、肉にはたっぷりとタレが浸み込んでいる様で肉の味を楽しむと言うよりは、どちらかと言うとタレとニンニクの味で食べる様な感じ。が、味は濃いはお肉はそれなりに温かく、焼立て熱々でそこそこ美味しい。無料サービスだった”乱切り牛とモヤシ炒め”のお肉より、こちらの方が美味しい。流石にお金を払っただけの事はある?みたいな・・・。
 
お好みチャンピオンコナクス壷づけ鉄板焼き蘭丸牛お好みチャンピオンコナクス壷づけ鉄板焼き蘭丸牛
そして”薄切り牛”を食べた後は、いよいよ焼めしのご飯を投入!!!これまた焼めしの味付け用のタレは、”醤油系、タレ焼き系、焼きめし専用タレ”の3種類もあって、悩ましかったのだが、無難に”焼きめし専用タレ”を使って味を調整。お肉は壷漬けされてるので、それなりに味が付いているのだが、焼めしのタレを追加したので、ますます味が濃いくなって行く感じ・・・
 
お好みチャンピオンコナクス壷づけ鉄板焼き蘭丸牛
そして完成した”焼めし”がこんな感じ。雰囲気的には、バーベキューの後で、その鉄板の上に残った食材を焼いて、そこにご飯を追加して、焼肉のタレで味付た?、バーベキューの後の焼めし?みたいな感じ。で、そのお味であるが、予想通り味は濃い目だが、タレの味が割りと好みの味に近くて普通に美味しい。”焼めし無料”と言うのが正しいのかどうかは微妙な気はするが、ま、これはこれで楽しかったかな。
 
てな事で、この日は”500円相当の新作鉄板焼プレゼント”と言うクーポン券に釣られて、遥々と姫路飾磨にあるお好み焼屋さんまで出掛けて行ったのだが、メニューが乗ったアームと、自分で作る”焼めし”はそれなりに楽しかったけど、味とかお店の雰囲気等を考慮すると、何と言っても場所が遠いって事もあって、一回行ったら十分かな。てか、このお店に行くなら普通に『ちゃんどら/東加古川店』に行って食べる方がエエ様な気がする・・・。
次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.