義史のB型ワールド

2010年7月31日

久々の喜両由で、土用の丑の日直前!って事で”うな重”を食べた!!!値段は安い?が味はそこそこ美味しい。

Filed under: — 代理人 @ 11:57 午後
 
代理人記録
 
叔父・叔母を連れての王将三昧!序でにもう一発似たような話をば・・・。この日は家で食事の用意が出来ないと言う事で、またまた叔父と叔母を連れて食事に出掛ける事に・・・。叔母は”一平のかつめし”が食べたい、叔父はこの前食べたばかりの”王将の冷麺”が食べたい・・・、私はそれらとは違う物がエエなあ・・・、って事で、とりあえず、”かつめし”も食べれて、”冷たい麺”も食べれて、私も丼ぶり系が食べれる?って事で久々に喜両由に行く事となった。
 
こちらが約半年ぶりに行った『喜両由』。訪問したのは日曜日の夜だったのだがお店に行ったのは未だ日が高い頃だったので、割と空いていたが我々が食事をして帰る頃には、ほとんどの席が埋まるほどの大繁盛ぶり。相変わらず荒井界隈では超人気?のお店の様だ。まあ、他に行くお店が無い!ってのが、このお店が流行る最大の理由?のような気はするのだけど・・・。
 
で、最初はカツ丼定食系のメニューでも食べようかと思っていたのだが、この日は土用の丑の日直前!って事で何と無く鰻が食べたくなったので”うな重”を食べる事に。丁度一年前の夏場に”うなぎ丼”を食べたが、今回はちょっとグレードアップして”うな重”にしたのだ。それに釣られてか、叔母も最初は”からあげ定食”を注文して居ながら、結局私と同じ”うな重”に変更!
 
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”喜両由のうな重”で、メインの”うな重”の他、お吸い物と小鉢とお漬物が付いて1260円也。年に一回行っている”将棋屋のうな重”の約半分のお値段だが、ボリューム的には”将棋屋のうな重に全く引けを取って無い。
 
そしてこちらがメインの”うな重”。パッと見た感じでは今年食べた将棋屋のうな重”の鰻よりもちょっと大きいようにも見える。流石に鰻の柔らかさと言うのか、ふっくら感は将棋屋”のと比べるとちょっと落ちるが、タレが美味しいので全体的にも美味しいうな重”だった。何と言っても値段が安いからねえ。将棋屋の2回分だもんねえ・・・。
 
こちらは”うな重”に付いていた”小鉢”で中身はご覧の通りの”タコ酢”。そう言えば、一年前にこのお店で”うなぎ丼”を食べた時も”タコ酢”が付いていたなあ。時期的な事も影響するのかも知れないが、このお店では鰻に蛸が付き物?って事を覚えて置こう!
 
昨年食べた”うなぎ丼”には”味噌汁”が付いていたのだが”うな重”には値段の差を付けているのか”お吸い物”だった。流石に将棋屋の上品な”肝吸い”に比べると一歩も二歩も格の違いを感じされる、庶民的な”お吸い物”のようだ。
 
が、この”お吸い物”、パッと見た時から何と無くそんな気がしたのだが、このお店のうどんの出汁をそのまま使った”お吸い物”で、具にワカメと豆腐とネギが少し入っただけの物で、これにうどんを要れるとまさに普通のうどんになりそうな味だった。個人的にはこのお店のうどんの出汁は結構好きなので、昨年の”うなぎ丼”に付いていた”味噌汁”より良かったかも・・・。
 
最後は、御飯のお供の定番である”お漬物”も付いていて、内容は”瓜と蕪”かな。こちらもありきたりな”お漬物”ではあるが、普通に美味しかったかな。
 
てな事で、久々に手打ちうどんが自慢のお店『喜両由』に行って来たのだが、またまた、うどんを食べずに他の物を食べてしまった・・・。最近、うどんと言えば『池田製麺所/真心うどん』ばかりになってるので、次回『喜両由』に行った時は久々に、うどん系、特にぶっかけうどん系を食べてみようと思うのであった!!!
広告

叔父と叔母を連れて王将に行ったら・・・、マンゴーにアイスコーヒー・・・。何か王将と違うみたい・・・。

Filed under: 中華料理 — 代理人 @ 8:49 午後
 
代理人記録
 
叔父と叔母が唐突に”王将の餃子が食べたい!”と叫ぶので叔父と叔母を連れて『餃子の王将』に行って来た・・・。叔父・叔母と食事と来れば、ステーキお鮨に決まってそうなもんだったので、何か今回はちょっと寂しい気分・・・。
 
で、こちらがこの日、訪れた『王将/東加古川店』。入店時間はちょうど正午に差し掛かる頃って事もあってか、既に店内は大賑わいでテーブル席は全席埋まっている年寄り連れなので座敷席は無理!って事でテーブル席が空くまでのしばしの間、入り口で待たされる事に。その間も続々と客が入って来る・・・。相変わらず大賑わいな『王将』だ。で、約5分ほどするとテーブル席に空きが出来たので、漸く案内された。
 
まずは何を差し置いてでも、真っ先に注文したのが、こちらの”王将の餃子”、3人前。”王将の餃子”と言えば店にも寄るが、変なタイミングで入ると焼き置きした餃子や二度焼きした餃子が出て来る場合もあるのだが、この日はランチタイムど真ん中!って事で注文の有無に関わらずフルに餃子を焼き続けているようで、ほとんど待ち時間無く運ばれて来たし、焼き立て熱々ジューシーな餃子で、まさに美味しい時の”王将の餃子”であった。
 
続いて運ばれて来たのは叔母が大好きと言う”春巻”。でもやっぱ”本格的な中華料理屋さんで食べる春巻”とは一味も二味も違う・・・、って事で結局、叔母が一本、私が一本食べただけで残りの一本はお持ち帰りと相成ったのであった・・・。
 

次に運ばれて来たのは、私が頼んだ夏の定番?の”豚肉と茄子の味噌炒め”。相変わらず、如何にも王将!と言う濃い味付けであるが、この特製味噌の味が結構好きで、こちらは期待通り美味しかった。個人的にはこの”豚肉と茄子の味噌炒め”と餃子一人前とそれに小ライスがあれば、それで十分なんだけど・・・。
 
その次に運ばれて来たのは叔父が頼んだ”肉ミソ冷やし中華”。”肉ミソ冷やし中華”は以前に私は食べた事があり、あまりお勧めじゃ無かったのだけど、叔父が冷麺を食べたい!と言うので仕方無く?頼んだのだった・・・。でも叔父も叔母も滅多に食べない冷麺!って事でそれなりに満足はしている様子だったので、まあ良かったかな・・・。
 
てな感じで、ここまでは時々、私が王将へ行って食べてるメニューに近いので、どうって事無いのだが、ここからが叔父&叔母の最強コンビ?の出番!!!何と王将の期間限定メニューの中から”マンゴハット”なるメニューを発見!!!叔父と叔母が数日前に5000円のマンゴーを貰ったと言う話もしていた事もあり、二人とも食べてみたいと言う。まあ、今書いたように、此処までの料理じゃブログネタには成らんけど、王将でマンゴ?ならネタになるかも?それにマンゴーと言えども王将価格だから5000円どころか1/10程度のお値段!って事で、早速”マンゴハット”を注文!!!
 

店内が満席で厨房がてんやわんやしている時に”マンゴハット”を注文した事もあって、ちょっと出て来るまで時間が掛かったが、漸く運ばれて来たのがこちらの”マンゴハット”でお値段は480円也!マンゴーを食べやすいように一口サイズにカットはされているのだが、皮にぴったりとくっついた状態なので、片手だけでフォークで実を解そうとしても中々取れない。左手でマンゴを押さえつつ、何とかフォークで刺して口の中へ入れると、そこそこ美味しい・・・。私は5000円のマンゴは食べて無いのだけど480円のマンゴとしては十分に美味しいマンゴだったんじゃ無いのかな。
 
で、”王将でマンゴやで・・・”と笑っていたら?、今度は叔父が”アイスコーヒーが飲みたい!”と仰る・・・。王将でアイスコーヒー?????ってのも、これまたマニアックな要求であるが、しっかりとアイスコーヒー単独のメニューが用意されている。しかもランチタイムは157円との事。雰囲気的には世間一般のファミレスのドリンクバーに対抗したお得な値段設定?みたいな。それでもマクドよりも高い?気もしたけど、きっと王将でアイスコーヒーを飲むのもこれが最後?って事で一応注文。
 
間も無くして運ばれて来たのがこちらのアイスコーヒー。コーヒーの入れ物がメニューに載っている写真のコップとは違い、何か見た目がすごく安っぽいコップだ。しかもコップはデカイのだが、コーヒーは半分ちょっとしか入って無いみたいな。味も市販されているペットボトルか紙パックのアイスコーヒーのようなお味。まあ実際そうなんでしょうけど・・・。きっと王将でアイスコーヒーを飲むのは、これが最初で最後になる事でしょう・・・・・。
 
てな事で、この日は叔父と叔母を連れて王将に行って来たのだが、普段の王将ではきっと食べる事は無い”マンゴ”と”アイスコーヒー”を食べたり飲んだりして中々ユニークなひと時であった。でもやっぱ叔父と叔母と一緒に食事に行く時は、もうちょっと豪華な中華屋さんに行ってみたいと思うのであった・・・。

2010年7月30日

またまた”らーめん2国”で、太麺と120円の唐揚げ食べた!スープはちょっと薄め???

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:42 午後
 
代理人記録
 
先日、久々に『らーめん2国/加古川店』に行った時、ふと思い出したのが数年前に来た時に太麺を食べてみようと思った事。しかしその日以来、暫くの間『らーめん2国』へ行く事が無く”太麺を食べる”って事は、すっかり頭の中から消え去ってしまっていたのだった。てな事で、今回は記憶に残っている今の間に!って事で”ラーメンの麺を太麺で食べる”事を目的に、またまた『らーめん2国/加古川店』に行って来たのであった。
 
こちらがこの日、またまた訪れた『らーめん2国/加古川店』。ちょうどランチタイムに突入した直後の時間帯って事で、お店横の駐車場は満車・・・、何か知らんけど、滅茶流行ってるやんけえ!でもお店正面の歩道に面した駐車スペースはガラガラ・・・、って事でちょっと停めにくいけど、お店正面の駐車場に車を停めて入店!好き嫌いはあるとは思うが、このお店、何時もそこそこの客で賑わっているのよね・・・。個人的には・・・、ちょっと不思議・・・・・
 
で、お店の入り口に置いてある”今月のおすすめ”を見ると今月(7月)のおすすめは”唐揚げ3個120円”と”冷し中華”との事。夏の定番とも言える”冷し中華”であるが、最近は”もんどの冷やし麺”を食べるようになってから、あまり他のラーメン屋さんで”冷し中華”は食べなくなった。そもそも今日の訪問の目的は”太麺を食べる!”って事で無視!でも”唐揚げ3個120円”は値段に釣られて思わず注文・・・。
 
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”2国らーめん”で、麺は当然の如く”太麺”を指定!、お値段は650円也。基本的には昨年末に長渕剛のライブの後、西新町にある明石店で食べた”ワンタンメン”とスープは同じはずなんだけど、何と無く今回の方はスープが薄いような感じ。まあ微妙なスープの違いはお店にも寄るし、私自身の体調の善し悪しでも変わるので何とも言えないが。
 
で、楽しみにしていた”太麺”はこんな感じ。”太麺”って言うからには、もっとぶっとい麺を想像していたのだけど、太さ的に言うと一昔前の懐かしの中華そばの麺みたいな印象。”ラーメンまこと屋の極太麺”と比べても圧倒的に細いような印象。でも小麦の香り?と言うのか、麺の味と存在感があって、これはこれで楽しい。何も考えずに食べると普通の麺と一緒なんだけど、じっくり味わうとやっぱ太麺の味わいがある…様な…気が。まあ、どちらが美味しいかは好みの問題だと思うけど・・・。
 
そしてこちらが値段に釣られて思わず頼んでしまった、みんな大好きな”唐揚げ”、3個で120円也。通常メニューを見ると5個入りが450円なので、単純計算では3個だと270円。それが120円なので実質半額以下・・・、って事でサービス価格ではある。でもラーメン一杯650円+唐揚げ3個120円で合計金額は770円。私が良く比較対象で挙げる”らーめん八角のお得な700円ランチの唐揚げ定食”と比べると、一歩も二歩も、コストパフォーマンス的には負けている。とは言え、量的には今回の量で十分なんだけど・・・(ちょびっとだけ、白い御飯が欲しかったような気もしたが。)味的には揚げ立て熱々で普通に美味しかった。
 
そう言えば最近はあまり見掛けなくなったけど、大阪の老舗のラーメン店『古潭』にはラーメンの上にから揚げを乗せた、その名も”から揚げラーメン”ってのがあって、若かりし頃、良く食べていた事をふと思い出し、思わずラーメンにから揚げをトッピングしてみようかと思ってみたのだけど・・・、とりあえず今回は止めた・・・。『古潭』には他にも、餃子をトッピングした”餃子ラーメン”とか色々あったよなあ・・・。『古潭』のラーメンって、もう20年以上は食べて無いような気がする・・・。何か久々に行ってみたくなって来た・・・・。
 
てな事でまたまた『らーめん2国/加古川店』に行って念願の”太麺”を食べてみたのだが、まあ、どうって事の無い麺だったかな。それにしても『らーめん2国/加古川店』って毎月色んな”おすすめメニュー”があるのね。流石に『もんどの限定ラーメン』程の魅力は無いけど、中々楽しそうなので、今後も時々チェックする事にしよっと!!!そんな事もあって、何時もこのお店、それなりの客で賑わっているのかも・・・。

月刊ココイチの第2弾って事で今回は”グリーンカレー”を食べた!思いの外、辛く無い!!!

Filed under: カレー — 代理人 @ 12:00 午前
 
代理人記録
 
カレーと言えば黄色が当たり前だったが?数年前に流行った”ホワイトカレー”の白色をしたカレーを初めとして色んな色のカレーがある。例えば黒いカレーと言えば、大阪で有名な”船場黒カリー”、や”ココ壱の限定メニューだった黒カレー”があり、赤いカレーと言えば何時ぞやアスパ高砂で開催されたB級グルメ大会で食べた真っ赤な”神戸長田ぼっかけカレー”や、インドカレー屋で食べたマクニカレー(トマトカレー?)と、カレーの色は意外と沢山ある。更に今回のブログのテーマ?である緑色をしたカレーはと言うと、あまりグリーンじゃ無かったけど名前が”タイ風グリーンカレー”とか、レトルトで食べた”タイで食べたタイカレー”、そして、つい最近インドカレー屋さんで立て続けに食べた”ほうれん草カレー”等々・・・。ただ、流石に青色のカレーは今の処、お目に掛かった事は無い。もしも青色したカレーが食べれるお店があったら教えて頂戴・・・。と言いつつ、もしも、青色のカレーが実際にあったとしてもイメージ的にあんまり美味しそうな気がしなさそうだけど・・・。
 
で、今回食べたカレーはと言うと、タイトルに書いたようにカレーチェーン店CoCo壱番屋が先月からやっている”月刊ココイチ”の第2弾のカレーでその名も”グリーンカレー”。実際のカレーを見るまでも無く?緑色のカレー?である事は容易に想像が着く・・・はず。
 
こちらがまたまた行って来た国道2号線沿い、阿弥陀にある『CoCo壱番屋/高砂北インター店』。播州地方に出来たココイチの店舗としては比較的新しい方のお店だ。とは言っても、もう10年前後にはなるが・・・。この日はちょっと中途半端な時間って事や、ちょうど夕立が降って来た?事もあってか、店内は閑散としていた。
 

そしてこちらが”月刊ココイチ”の第2弾の”グリーンカレー”、780円也。ココイチの説明に寄ると”ココイチの通常のカレーソースとは違い、タイ風のスパイスとココナッツミルクのさわやかな辛さとほのかな甘みが特徴で、食欲がなくなりがちな暑い季節にはぴったりの商品”との事。やっぱ”グリーンカレー”と言うと、タイ風のココナッツ系のカレーで、インドカレーのほうれん草カレーじゃあ無いみた・・・。ただ、上の写真を見ると、写真の写り具合のせいもあって緑色と言えば緑色に見えるが、普通に黄色いカレーと言われると黄色いにも見えて来る・・・。まさかグリーンって、具のオクラの事を言ってるわけじゃ無いよね?
 
グリーンカレー”の具を見てみると何時ぞや食べた”タイ風グリーンカレー”と似通っていて筍や海老等が入っている。またまたココイチの説明では”エビ、オクラ、筍、パプリカといった豊富な種類の具材が入っていますので、男性、女性限らずいろいろな種類の具材を食べたい方にオススメ”との事。ただ雰囲気的にはココイチの夏の定番メニュー”チキンと夏野菜のカレー”と半分以上被っているような気がするのだけど・・・。
 
で、このグリーンカレー”のお味の方であるが、”辛さが苦手な方や、お子さまはご注意”と書いてあったが、大して辛くは無い。むしろ、ココナッツミルク系の甘さの方が強く感じるくらい。好みで言うとインドカレー屋で食べた”ほうれん草カレー”の方が好きかも・・・。まあ個人的にはオクラとか筍系の具が気に入らない?って事があるのかも知れないが・・・。
 
てな事で予告通り月刊ココイチ第2弾グリーンカレーを食べてみたが、今回のカレーはちょっとイマイチ・・・。次回月刊ココイチ第3弾の”鉄板スタミナカレー”に期待する事にしよう!!!一か月後?の当ブログをお楽しみに・・・。

2010年7月29日

ブルース・リー特集第三夜、と言うか最終日は”死亡遊戯”だ!!!ブルース・リーはちょっとしか出て来ないけど・・・。

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 8:48 午後
 
代理人記録
 
何だかんだと言いつつも昨夜も観てしまったブルース・リーの映画ドラゴン危機一発”。やっぱ、後入れの怪鳥音には違和感たっぷりだったなあ・・・。それにメインテーマ曲も何か違うかったような・・・(劇中に流れていたテーマ曲はオープニングとエンディングの両方に使われていたような気がするのだが・・・)。後、ペンダントを握りしめる時の変なバックミュージック?もオリジナルにあんな音あったっけ?でも、以前、スーパーチャンネル(今のスーパードラマTV)辺りで観たのと同じバージョンである事には違い無かった
 
で、いよいよブルース・リー特集の最終日(と言っても経ったの3日間だけだったけど)は、一応、最後のブルース・リー作品である『死亡遊戯』だ!!!
 
 
ブルース・リーファンであれば誰でも知っている事なのだが、この映画は”ドラゴン怒りの鉄拳”の次に撮影が開始されたのだが、脚本が出来る前に格闘シーンのみを先に撮影!これからドラマ部分に・・・、と言う時に、ハリウッドから”燃えよドラゴン”の出演依頼が来たので、そもまま撮影を中断!”燃えよドラゴン”完成後に香港に帰って着て、撮影を再開!って時にブルース・リーが他界してしまったので、そのままお蔵入りとなっていたフィルムを、そのまま眠らせて置くのは勿体無い!って事で、後からブルース・リーのそっくりさんを使って前半のドラマ部分を製作、そして最後の約20分前後のみ、撮影済のブルース・リーの映像を入れた、何と無く中途半端な感じの映画でもある。
 
この映画の製作時には撮影済のフィルムをそのまま一般公開しようか?と言う話もあったらしいのだが、時間的に短い事や、一応、映画人であったブルース・リーが未完成の映画を公開して、果たして喜ぶかどうか?って事で、とりあえず前半のドラマを作って映画として完成させて劇場公開されたのだった!
 
が、しかし!!!!!、この”ブルース・リー死亡遊戯”で使用されたフィルムは全てでは無い。”死亡遊戯”でブルース・リーが戦うシーンで本来であれば二人しか居ないはずのシーンで、一瞬ではあるが、後ろで倒れている奴が写っているシーンがある(と思う)。実は、この撮影済で未公開だったフィルムではブルース・リーは仲間?と3人で塔に登って行って、他の二人もそれぞれの格闘家と戦うシーンまで撮っていたのだった。それを”死亡遊戯”では前半のドラマ部分と整合性を取る為に、後の二人は居なかった事にして、ブルース・リーが単独で塔に登って行くと言うシナリオに変更されたのだった。
 
その事を知った一部のファン等から、もっと未公開の部分が観たい!と言う声に後押しされ、数年後に”G.O.D 死亡的遊戯”として映画化されたのだが、あまり大々的に劇場公開はされず、大都会等の一部でしか上映されなかった。後にDVD化されたのを私は観た事があるのだが、”死亡遊戯”で使われているブルース・リーの登場シーンの倍以上の時間あったような記憶がある。ちなみに、このG.O.D 死亡的遊戯は未公開フィルムのみで構成されている・・・、と思っていたのだが、こちらも前段階にドラマ部分があるらしい・・・。私はDVDで観た時にブルース・リーの出て来ないシーンは要らない!と言う理由から、スキップして観たのかも知れない・・・。
 
ま、どっちにしてもほとんどTV放送される事は無いG.O.D 死亡的遊戯であるが、レンタルビデオ屋に行けば必ず置いてあるはずなので、ブルース・リーのファンを語るならば観て置いた方が良い?って言うか、ファンであれば、私がここで書くまでも無く、とっくの昔に観ているよねえ・・・。後、”グリーン・ホーネット”とか”ロングストリート”とかも知ってるよねえ・・・。ま、昨日にも書いた”かわいい女”まで観て、初めてブルース・リーのファンと言える!ような気はするけど・・・。
 
 
————————————————-
 
で、今夜放送された”死亡遊戯”を観終わってからの、後書き・・・。
 
クライマックスのシーンでブルース・リーと対戦者以外に、後ろで倒れている人が一瞬映ってると書いたが・・・、一瞬では無く思いっ切り映っとりましたな。
 
こちらのシーンでは左側後方、壁側で3人目の男が倒れております・・・。
 
 
このシーンではブルース・リーが倒れるその向こうの、こちらも壁側に一人倒れております・・・。
 
てな事で”死亡遊戯”本放送後のショコタンの特番”萌えよブルース・リー第三夜”の中でも語られていた様に、”ブルース・リー in G.O.D 死亡的遊戯”は、ブルース・リーファンなら当然として、そうで無い人も必見の映画?なのだ!!!(補足:死亡遊戯ではブルース・リーの登場シーンは12分しか使われて無いが、死亡的遊戯の方は40分あると言う話。)

先月の改悪以来、接続出来ない時が非常に増えた当ブログで、遂にServer Errorまで発生!これがマイクロソフトの仕事???

Filed under: コンピューターとインターネット — 代理人 @ 12:28 午後
 
代理人記録
 
ここ最近、マイクロソフトはWindows Liveに関して色々と機能を追加したり修正を加えているようだが、その流れの中で、6月上旬に当ブログこと、Windows Live Spacesにも何がしかのメンテナンス or アップデートが加えられたみたいなのだが、今回のメンテナンスは兎に角酷い!!!正確なカウントを把握する事が出来ない!って事で問答無用でアクセス情報が観られなくなったのを筆頭に、リンクをクリックすると新しいIEが開くように設定して居た物を強制的に解除して新しいIEが開く無くなったり、一部のリンク先がおかしくなったり・・・。挙句、接続出来ないエラーも多発するようになった。まあ、接続出来ないってのは以前からも良くあったのだが、今回はその頻度が尋常じゃ無い。しかも先日は、サーバーエラーを起こす程の体たらく。
 
 
こちらが先日、当ブログにアクセスした時に発生したサーバーエラーを起こした時の画面。Webアプリを組んでいる人にはお馴染みのエラー画面?とも言えるが、別にWebアプリ組んでいた訳でも無いし、何と言っても接続先はWindows Live Spacesだ!!!まあ、このエラーも数分も経たない内に修正?されたので、たまたま入れ替えしている時に、どんぴしゃのタイミングでアクセスしてしまっただけなのかも知れないが、こんなお家事情を見せるとは何か情けない。まあ、このエラーのおかげで、マイクロソフトはサーバーに一応自社製品を使ってる?って事が、分かったぐらいか・・・。

2010年7月28日

流石、学生さん達が夏休み?って事もあってか、平日のもんどで100食限定の鶏塩ラーメンが昼で売り切れ!!!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 10:14 午後
 
代理人記録
 
何か映画とか色んな事を書いている間に何時もの食べ物の記事が溜まって来たので、ちょっくら紹介・・・。
 
 
播州レプリカ”の話は置いといて・・・、まだその前のお話。その週の初めの日曜日に”塩ラーメン”を食べに行ったばかりの『もんど』から、久々に平日に限定ラーメンの案内が届いた。この日のメニューは”鶏塩ラーメン 梅の香”で限定100食との事。『もんど』誕生の2日後ぐらいから通い始め、ここ最近になってからも”限定ラーメン”を7割方は食べている私であるが、”鶏塩ラーメン 梅の香”はお店の案内チラシの中の写真入りメニューで見た事はあるものの、未だ食べた事が無い。それって、これだけ『もんど』の記事を書いているブロガーとしては問題じゃん!!!てな事で食べに行く事に決定!!!今回は平日なので日曜日ほどの大行列は無いはず・・・。でも限定100食だから昼の部に行かないとちょっと危ないかも?って事で、またまた『もんど』に向かって車を走らせた。
 
こちらがこの日、私が到着した時の『新在家ラーメンもんど』の様子。開店前の列に並ぶのが嫌だったので、過去の経験上、すんなりと店内に入れる可能性が高い午前11時40分頃を目処にお店に向かったのだが、途中、交通渋滞に巻き込まれてお店到着は午前11時50分過ぎ。車は何とか一台だけ空きスペースがあったので停めれたのだが、残念ながらお店前には平日であるにも関わらず、行列が出来ている。しかも何故か女の子3人組のグループが二組・・・。これもあっさり味の”鶏塩ラーメン 梅の香”の成せる技か???はたまた、夏休み突入で暇を持て余した女子学生さん達なのか???何れにしても何時もの『もんど』にはちょっと珍しい客層・・・のような・・・。
 
で、待つ事約15分、女子のグループ二組が店内に吸い込まれ、その後、私の前の兄ちゃんの順番になったのだが、その兄ちゃんは客待ちリストに名前を書いて無かったらしい・・・。直ぐ後ろに並んでいた私なので、その兄ちゃんが私が来た時からずっと並んでいた事は知っていたのだが、あの接客のスバラシイお店のスタッフのおねえさんに・・・、書いて並んで下さい・・・、と言われて渋々、また行列の最後尾に廻されてしまった・・・。この日は行列が短かったから良いけど、これが1時間待ちの時だったら、気が変になりませっせ・・・、みたいな。それは兎も角、不運な兄ちゃんを尻目?に、と言うか、そのお兄ちゃんの変わりに店内のカウンター席に案内されたのだった・・・。でもそれ以前からカウンター席の奥の方は空いていたようで、その気になれば店内に案内出来たんじゃ無いの?と思ってしまったのだけど・・・。
 
鶏塩ラーメン梅の香メニュー
ちなみにお店が配布している”もんどの裏ラーメン”の紹介メニューに載っている”鶏塩ラーメン 梅の香”の説明はこんな感じ。基本的には”もんどの塩ラーメン”がベースで、トッピングが更に和風?テイストになったような感じのラーメンらしい。
 
新在家ラーメンもんど鶏塩ラーメン梅の香
そして今回は運良く、先に入った女子グループと同じタイミングで運ばれて来たのが、私にとって初ご対面の”鶏塩ラーメン 梅の香”、750円也。マスターからの案内メールに寄ると”あっさりのWスープに極細麺。前回の塩ラーメンと同じテイストですが、コチラはトッピングに蒸し鶏やシャキシャキのレタスと胡瓜、レモン皮など爽やかな風味。清涼感ある熱いラーメン。面白いですよ。蒸し暑さに疲れた方にはピッタリ。”との事。ラーメンの具に白菜キャベツが入っているのは最近では珍しく無くなって来たが、流石にレタスが入っているラーメンは珍しいのでは???
 
で、”鶏塩ラーメン 梅の香”のお味であるが、スープ自体は確かにこの前食べた”塩ラーメン”と同じであるが胡椒系のスパイスは一切入って無く、反対にレモンの酸味があるちょっと風変わりだけれど、さっぱりとした如何にも和風のスープ?みたいなお味。レタスの触感も中々楽しい。具の蒸し鶏は何と無く中華料理のオードブルに出て来るような蒸し鶏に似ていたが、こちらもあっさりスープと相性も良く、中々美味しかった。良く食べている”もんどの塩ラーメン”でもトッピングやスープに加える物をちょっと変えるだけで全然違うラーメンになるもんだなあ・・・、と改めて感心!!!中々楽しい一杯でした。
 
健康に悪い?と思いつつも、何時も長柄にスープを最後まで飲み干そうと頑張っていたら、何やら口に堅い物が飛び込んで来た。何だろうと口の中から出してみると、それは梅干しの種ならぬ、レモンの種だった・・・。ラーメンのスープの中からレモンの種が出て来るのもちょっと珍しいよね。
 
てな事で、今回はあまり待たされる事も無く、久々に初めて食べる限定ラーメンを食べる事が出来て大満足して家に帰ったのだが、午後2時半頃に『もんど』からまたまたメールが届いた。こんな時間に何かいな?とメールを読んでみると”平日なのに、凄い勢いで売り切れました・・・”との事。まあ限定100食って事で早い時間に売り切れる事はある程度予想は出来ていたが、それにしても平日に関わらず、沢山のお客さんがやって来るものなのねえ・・・平日とて『もんど』は侮れ無い・・・。そしてこの”売切れメール”の最後の方に”播州レプリカ”の話が予告されていたのだが・・・。

今夜は”ドラゴン危機一発”だ!!!でもこちらも劇場公開オリジナル版じゃ無いのよね・・・。

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 8:32 午後
 
代理人記録
 
ブルース・リー特集二日目の夜は、実質ブルース・リーの主演第一作である”ドラゴン危機一発”。この映画が最初に公開された香港ではそれまでの興行成績を塗り替え、ダントツの大ヒット映画で一躍ブルース・リーを香港の大スターに押し上げた記念すべき作品ではあるが、その時は日本では公開されておらず、”燃えよドラゴン”が大ヒットした次の年辺りに日本で公開されたので、世代的には逆になっているので、何と無く初々しいブルース・リーを観る事が出来る。
 
またこの映画がブルース・リーの主演第一作って事で、まだブルース・リーの役者としての形?が出来上がって無いので、あの有名なアチョーッ!と言う雄叫び(通称・怪鳥音)は無い・・・。ところがビデオ化?あるいはDVD化された辺りから、ソフト会社が勝ってに?編集して、他のブルース・リーの作品からその怪鳥音を取って来て、挿入している。私は以前、BANBAN-TV(と言うかスカパー系のチャンネル)で放送された時に観て、何じゃこれは!!!と驚いた物だ!。てな事で、今夜放送されるバージョンも間違い無く、この怪鳥音入りのバージョンになるはずだ(てか、怪鳥音の無い、本当のオリジナル版はソフト化されて無いから観る事は出来ないのかも・・・)。
 
何かねえ・・・、”ドラゴン危機一発”をリアルタイムで映画館で観た世代としては、ある意味、怪鳥音の無いブルース・リーってのが新鮮で(当時は不満を垂れたかも)それがこの作品の一つの魅力でもあるのよねえ。後から無理やり入れてるので、声と口とあって無いしねえ。何かこう言う改変は嫌いだなあ・・・。まあ、ブルース・リー=怪鳥音と言うイメージもあるから一般の観客にはあった方が喜ぶのかも知れないけど・・・。
 
ちなみにブルース・リー主演の映画はこれが初めての作品だが、ブルース・リーがアメリカに滞在していた頃に、弟子であるジェームズ・ガーナー(映画”大脱走”で飛行機に乗って逃げるパイロット役の人)の主演映画”かわいい女”に、ちょこっとだけ師匠のよしみでゲスト出演?しているのだが・・・、何か、そのシーンを何年も前に、メールでみなさんに紹介した事があるような気がして来た・・・。もしもみつかったら、このブログに乗せる事にしよう・・・。それにしても映画”かわいい女”ってDVD化されてるのかなあ・・・。モノクロ映画だし、もう地上波では放送される事が決して無いような映画な気がする・・・。

遂に東芝から、まともな?ブルーレイレコーダーが発表となった・・・、でも発売は11月下旬???って何時の話や!!!

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 5:20 午後
99
代理人記録
 
遂にと言うか、漸くと言うか、HD DVDとブルーレイの戦いに敗れてから沈黙していた東芝から遂に東芝製のRD型番のブルーレイ・レコーダーが発表された!その中でも当然、東芝ファンが注目するのはXシリーズ。東芝のレコーダーと言えばXシリーズで、我が家もRD-X3と言う名機を長年に渡って愛用して来た(今は下の甥っ子が引き続き愛用している)。そしてDVDレコーダーの最後のモデルとなったRD-X9を最後にこのシリーズも新製品が出る事は無かったのだが、遂にその後継機がブルーレイ・レコーダーとして登場したのであった!!!
 
こちらが東芝の新製品であるRD-X10。DVDレコーダー愛用者の間では、じいちゃん・ばあちゃん向けが松下製!画質&編集に拘るのが東芝製!って事で、所謂AV・オーディオファンからは長年支持され続けて来たシリーズなのだ。当然、私もPT2を買うまでは待ち望んでいた製品なのだが・・・。
 
ざっと仕様を観た限り、AVCRECのW録画が出来ない等、パナソニックの最新機種に比べるとブルーレイ空白時代が長すぎた?と言うような印象も受けるが、基本的にはRD-X9の編集機能等をそのまま継承、また東芝お得意のUSB外付けHDDへの録画やダビング、それにREGZAのHDDからもダビングが出来る管理人さん邸の液晶TVからもダビングが可能!)って事で、東芝らしさは万全!そして当然の如く???、iLinkも付いているし・・・。規格的はD-VHS時代の代物なので、パナソニック以外のメーカーからは廃止されて行っているiLinkであるが、対応デジタル機器を持っている、AVファンには重宝される端子なのだ。これでパナソニックのDIGAとの連携もバッチし!みたいな。まあ、何故か我が家にある液晶テレビ全て(パソコン用のAQUOSでさえ)にiLink端子が付いているし、そもそもiLinkでしか接続出来ないHDDレコーダーも現役で使っているし、我が家には必須の端子でもある!!!
 
最終的にはコピー10(ダビング10)と足かせはあるので、私が買うかどうか微妙だが、もしもPT2で録画した映像をiLinkかLAN経由でRD-X10に転送が出来て、ブルーレイに焼く事が出来たのなら・・・、絶対に買うのだけど、それを確かめるには11月下旬まで待つしか無い???。うーん、この糞暑い、夏まっさかりの中、年末の話をするのも何かこの時代としては、ちょっと遅れてるようなあ・・・、東芝さん!!!

2010年7月27日

12コアのMacProがキター!!!!!遂に我が家でMacを買う日がやって来るのかあ!!!

Filed under: コンピューターとインターネット — 代理人 @ 10:52 午後
 
代理人記録
 
何だかんだと文句を言いつつ”燃えよドラゴン”を観ている間に・・・、12コアのMacProが発表となった!!!
 
 
詳細はこれからじっくりと読む事とするが、まずはちょっと嬉しかったもんで書いてみた・・・。
何かツイッターぽくなって来たかな?
 
 
———
 
 
追記・・・。
 
12コアMac!!!とはしゃいでみたが・・・、これCPUが思いっ切り高いからどうせ買え無いのよね・・・。
6コア版も似たようなもん・・・。が、4コアや8コア版を見ると、以前からの機種とあんまり変わって無いのよね・・・。
 
最近のAppleはiPhoneとiPadに力を注いでいて、Macはほったらかしみたいな感じ。どうみてもiMacの方が値段的にも内容的にもお買い得な気がするのだけど、あのツルピカ画面嫌いだし、字も小さいし・・・。何てたって、我が家には国産亀山モデルのAQUOSパネルのモニタがあるからなあ・・・、あんな糞液晶パネルのiMac何て使いたくないよなあ・・・。って事で、やっぱMacProしか選択種無いよなあ・・・。
 
うーん、でもMacProだけ高いのよねえ・・・。悩む・・・。
次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.