義史のB型ワールド

2018年2月19日

久々に行った”ながさわ高砂店”で”カキ味噌鍋御膳”を食べてみた!大きなインパクトは無いが久々に食べた土手鍋風で中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
年末近くのとある週末、ちょっとした話で親戚の家を訪問していたらそのまま夕食を食べに行く事になった。で、この日は小さい子供がいるのでちょっとした小部屋っぽい席がある『ながさわ/高砂店』か『お食事処 喜両由』のどちらか・・・と言う話になって思案した結果久々に『ながさわ/高砂店』へ行く事に決定!!!
 
ながさわ高砂店
こちらが久々に行って来た『ながさわ/高砂店』で、個人的には3、4年位前にやっていた”九州フェア”や”四国フェア”に釣られて偶に”ちゃんぽん麺”や”鍋焼きラーメン”を食べに行っていたのだが、『ながさわ/加古川店』ではニッケレポスの会員カードを提示すると5%引きになる事もあって、その後は『加古川店』の方へ行く事が多かったのだが、その『加古川店』が無くなってからは『ながさわ』自体へ行く事が皆無になっていた(と、最初思ったが半年位前の夏頃に『鶴林店』へは行ったか・・・)。
 
ながさわ高砂店鍋フェアメニュー
それはさて置き、急遽決まった話と言う事もあって特に食べたい料理がある訳では無かったので、この時にやっていたこちらの”鍋フェア”のメニューの中から、”からだにやさしい味噌鍋セット”とか”カキフライ定食”と悩みつつも、最近余り食べる機会の無い”牡蠣の土手鍋”風の”カキ味噌鍋御膳”を食べる事に決定!!!
 
ながさわカキ味噌鍋御膳
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”カキ味噌鍋御膳”で、メイン料理の”カキ味噌鍋御”の他に”天ぷらの盛合せ”、”お造り”、”酢牡蛎”が入った小鉢、それにごはんとお漬物等がセットになってお値段は税別価格1580円也。パッと見た感じは中々豪華なセット内容ではあるが、個人的な思いとしては”天ぷらの盛合せ”や”お造り”は要ら無く、代わりに”カキフライ”があればもっと良かったのだが・・・。
 
ながさわカキ味噌鍋御膳
それはさて置きこちらが”カキ味噌鍋御膳”のメイン料理である”カキ味噌鍋御”で、世間一般で”牡蠣の土手鍋”と言えば土手鍋の淵に土手の様に味噌を盛って、それをスープの中に少しづつ混ぜて・・・と言うのが定説であるが、このお店の”カキ味噌鍋御”はそうでは無くて、個人的にもう二度と食べに行く事の無い某お店の”かき土手鍋”と同じく、最初から味噌出汁の中に牡蠣や野菜等の具を入れて煮込んだタイプの鍋だ。
 
ながさわカキ味噌鍋御膳
そしてこちらが”カキ味噌鍋御”の中に入っていた牡蠣の粒で、『ながさわ』と言えば相生産の牡蠣を良く扱っているのだが、メニューには特に記述が無いので何処産かは不明ではあるが身はプリプリとして、それに味噌ベースの出汁が浸み込んでいて中々ウマい!その他の野菜等もしっかりと煮込んであって全体的にも美味しい鍋だった。
 
ながさわカキ味噌鍋御膳
そしてこちらは”カキ味噌鍋御膳”に付いていた”天ぷらの盛合せ”で、ご覧の通り結構大きな”海老の天ぷら”をメインに何種類かの野菜天があって、当然の如く揚げ立て熱々で中々ウマい!とは言え、折角ならばこの”天ぷらの盛合せ”の中に最近他のお店で食べる機会が多い”牡蠣の天ぷら”が入っていれば、もっと嬉しかったのだけど・・・
 
ながさわカキ味噌鍋御膳ながさわカキ味噌鍋御膳
そしてこちらも”カキ味噌鍋御膳”に付いていた小鉢で、パッと見た感じは生牡蠣 or 酢牡蛎かと思ったが、何と無く火が通っているようにも見える。で、こちらも身自体がプリプリとしていて中々美味しい牡蠣だった。
 
ながさわカキ味噌鍋御膳
更に今回食べた”カキ味噌鍋御膳”にはこの様な”お造り”も付いていて、その内容はと言うとブリorハマチとマグロの赤身で、こちらも普通に美味しかったのだが、個人的にはあっても無くてもどちらでも良かったような思いもする・・・。
 
てな事で、久々に行って来た『ながさわ/高砂店』で”鍋フェア”メニューの中から”カキ味噌鍋御膳”を食べてみたのだが、大きなインパクトは無い物の久々に食べた”牡蠣の土手鍋”風で中々美味しかった。気持ち的にはもう少し上等な某お店の”かき土手鍋”とか、あるいは”かきふらい”なんかも食べてはみたいが別け合ってあの店には二度と行けない?行かない?からなあ・・・。
広告

2018年2月18日

生活情報紙にまたまた”食堂カフェCOCO家”のクーポンがあったので”大海老天ぷらうどん”のカレー味を食べてみた!かき玉あんかけとプリプリの身が相まってメチャウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:58 PM
 
代理人記録
 
偶にポストに入っているリビングとか言う新聞のような生活情報紙の中に、私が時々利用している加古川尾上にある『食堂カフェ COCO家』がまたまた載っていた。と言えば2015年10月にオープンした直後から何度も食べに行った個人的には馴染みのあるお店なのだが、最近は何時行っても・・・と言うのか何時お店の前を通っても、常時満席状態に近い位に賑わっているので、春頃に食べに行ってからは全然行って無かったのだが、少し前にリビングのクーポンに”和牛ロースステーキプリプリ海老マヨランチ”ってのが載っていたので、それに釣られて食べに行ったばかりだったのだが、今回の内容はと見てみると・・・。
 
食堂カフェCOCO家大海老天ぷらうどんのクーポン
こちらがその時のリビングに載っていた紹介記事で、ご覧の様に今回はこのクーポン券を持参した人だけが特別に”大海老天ぷらうどん(キクラゲ入りかき玉あんかけ)”が注文可能と言う内容だ。とは言えこのお店で”天ぷらうどん”ってのも何か魅力に欠けるなあ・・・と記事を読み進めて行くと、その中に”カレー味も用意している”との文言が・・・。以前にこのお店で”特製和牛ロースカレーうどん”を注文したら”うどんの玉”が無いと言う話で食べれ無かった事があったので、折角なので今回はこの”大海老天ぷらうどん(キクラゲ入りかき玉あんかけ)”のカレー味を食べる事に決定!!!
 
食堂カフェ COCO家
こちらがまたまた行って来た加古川尾上にある”素材にこだわった自家製の料理が自慢”と言う『食堂カフェ COCO家』で、最初に書いたようにこのお店は最近何時行っても流行っているようなので、前回少し早目の午前11時過ぎにお店に行ってみたら案の定?既にほぼ満席だったのだが、今回はそれよりも少し遅めの午前11時半頃の訪問だったが、流石に”大海老天ぷらうどん(キクラゲ入りかき玉あんかけ)”では魅力が薄いのか未だ店内は閑散としていた。とは言え、正午近くになると何時も通り満席に近い程の賑わいであったが・・・。
 
食堂カフェCOCO家大海老天ぷらうどんカレー味
それはさて置き、この日は未だ空いていた事もあって?比較的早いタイミングで運ばれて来たのがこちらの”大海老天ぷらうどん(キクラゲ入りかき玉あんかけカレー味)”で、他に”ちりめんおにぎり”と漬物が1個付いてお値段は税込価格950円也。所謂”海老天カレーうどん定食”だと思うと少し値段が高く感じるが、パッと見た感じは中々ボリュームがありそうだ。ちなみに”ちりめんおにぎり”の代わりにコーヒーか紅茶が選べると言う話だったが、私にはドリンクよりも”ちりめんおにぎり”の方が魅力的だったので・・・。
 
食堂カフェCOCO家大海老天ぷらうどんカレー味
そしてこちらが”大海老天ぷらうどん(キクラゲ入りかき玉あんかけカレー味)”で、その名の如くカレー風味のかき玉あんかけの上に巨大な海老天が一尾乗っていてメチャ美味そうだ!ちなみに商品説明に寄ると”利尻昆布と本節を使用した特製のだしは香りとうま味が豊かで、うどんにマッチ。キノコをふんだんに使ったあんかけとふわふわの卵が絡んだ一品は体を芯から温めてくれそう。トッピングのエビの天ぷらは、大ぶりで甘く、プリプリの食感が楽しめます”との事。で、先ずはスープから飲んでみると所謂”カレーうどん”程の濃厚さでは無いが、しっかりとしたカレー味のかき玉あんかけでメチャウマい
 
食堂カフェCOCO家大海老天ぷらうどんカレー味
で、こちらがこの”大海老天ぷらうどん”のメインの具である”大ぶりのエビ天”で、何と無くこのお店の”人気のランチの中に入っている海老フライ”と同じ海老を使っているのか確かに馬鹿でかくて身もプリプリとしてメチャウマい!で、この巨大な”大ぶりのエビ天”を食べていてふと頭に浮かんだのが、今は亡き『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』で食べた”大海老天カレーのおうどん”や”大海老天ぷらのおうどん”等に入っていた”大海老天”の事・・・。半額クーポン券を使って良く食べに行ったなあ・・・と今思うと何と無く感慨深い・・・。
 
食堂カフェCOCO家大海老天ぷらうどんカレー味
ちなみに”大海老天ぷらうどん”の麺はこんな感じの讃岐うどん風でしっかりとしたコシもあって普通にウマいのだが、雰囲気的には所謂業務用か、あるいは冷凍麺と言う感じもする。でも以前に”特製和牛ロースカレーうどん”を注文した時に”うどんの玉”が無いと言われた事があったが、この麺なら常時在庫があっても良さそうな気もしたが・・・。
 
食堂カフェCOCO家大海老天ぷらうどんカレー味
そしてこちらは”大海老天ぷらうどん”に付いていた”ちりめんおにぎり”で、その商品名からご飯に”ちりめんじゃこ”が混ざったおにぎりかと思っていたのだが、雰囲気的には刻み高菜か野沢菜が入ったおにぎりのようだ。で、こちらも中々美味しいのだが、やっぱカレーうどんを食べた時はどちらかと言うと普通の白いご飯の方が良かった気もする・・・。
 
てな事で、偶にポストに入っているリビングとか言う新聞のような生活情報紙の中に、またまた私が時々利用している加古川尾上にある『食堂カフェ COCO家』のクーポンがあったので今回は”大海老天ぷらうどん(キクラゲ入りかき玉あんかけカレー味)”を食べてみたのだが、一般的なカレーうどんとは違ったスープと大海老天のプリプリの身が相まってメチャ美味しかった!相変わらずこのお店で食べる料理は私の期待を裏切らない

2018年2月17日

毎度お馴染みの”餃子の王将”で、とろみ餡スープの”五目あんかけラーメン”を食べてみた!定番の中華あんかけだが生姜のアクセントもあって中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
最近は餃子無料券を入手する機会が減った事もあって以前程は食べに行っていないのだが、相変わらず時々食べに行っている『餃子の王将』(所謂”京都王将”と呼ばれる方で”大阪王将”とは別会社なのだが、未だその違いを知らない人は多いみたい・・・)なのだが、私が良く利用しているペルゴグループがFCでやっている『餃子の王将』では定期的に期間限定のメニューが登場していて、少し前に”しじみラーメン”とか”岩津ねぎラーメン”ってのを食べたのだが、今度はそのペルゴグループだけでは無く『餃子の王将』の全店舗対象で”五目あんかけラーメン”ってのが登場したので食べてみた。
 
餃子の王将五目あんかけラーメンフェアメニュー
そしてこちらが『餃子の王将』から創業50年感謝メニューの12月分で登場した”五目あんかけラーメン”のフェアメニューで、個人的には以前から『餃子の王将』では”五目麺”を良く食べていたのだが、今回は玉子とじでは無くとろみの付いたあんかけ風になっているらしい・・・。で、毎度の事ながら単品で良いと思いつつメニューの中に五目あんかけラーメン”、”餃子 3 個と杏仁豆腐がついた、餃子も特別メニューも食べたい方におすすめのセット”と言うフェアセットAと”五目あんかけラーメン”に、”餃子1人前とライス(小)がついた、ランチやディナーにおすすめのセット”と言う”フェアセットB”があったので、思わず”フェアセットB”を注文!!!
 
餃子の王将創業50年感謝500円割引券
ちなみに『餃子の王将』では少し前から”創業50年感謝祭”で利用金額と回数に応じて金券やオリジナルグッズが貰えるキャンペーンをやっていて、何だかんだと食べに来ている間にそこそこポイントが溜まったのでちょっと前にゲットしたこちらの”500円割引券”を使う事に・・・。これも数年前の時のように近所の幼馴染と良く『餃子の王将』に食べに来ていたら、王将会員になったり金券ももっと沢山貰えてたんだけどなあ・・・。
 
餃子の王将五目あんかけラーメンフェアセットB
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”五目あんかけラーメン”と”フェアセットB”の餃子1人前とライスで、お値段は税込価格950円の処、先にも書いたように”500円割引券”利用で450円也。パッと見た感じは餃子が付いた八宝菜定食みたいに見えなくも無いが、当然の如く”五目ラーメン”のセットなのでボリューム満点だ!
 
餃子の王将五目あんかけラーメン
そしてこちらがメインの”五目あんかけラーメン”で、所謂”中華料理屋さん定番の五目ラーメン”、あるいは少し前に『らーめん幸楽苑』で食べた”五目うま煮らーめん”にも似た野菜がたっぷりと入ったラーメンだ。ちなみに商品説明に寄ると”たっぷりの野菜と豚肉のうまみをとろみ餡に閉じ込め、たっぷりの刻み生姜を載せました。豊かな生姜の風味と熱々の餡で、心も体も温まる冬にピッタリの一品”との事。で、先にも書いたようにベースのあんかけは王将定番の中華丼や八宝菜の具に生姜をトッピングしたような味ではあるが、結構慣れ親しんだ味と言う事もあって中々ウマい
 
餃子の王将五目あんかけラーメン
で、こちらは”五目あんかけラーメン”にトッピングされていた生姜で、生姜風味のラーメンと言えば”播州ラーメン”ですっかりお馴染みではあるが、ご覧の通りこちらは刻んだ状態の生姜がたっぷりと入っていて、何と無く最近偶に利用する”姫路タンメン”っぽい味わいになってこれまたウマい!もしかすると野菜に生姜がメチャマッチしているのかも知れない・・・。
 
餃子の王将五目あんかけラーメン
ちなみに”五目あんかけラーメン”の麺はこんな感じで、偶に日替わりランチとか定食を食べた時のセットのラーメンの麺には独特の臭い?と言うのか癖がある時があるのだが、こちらはお店定番の”王将ラーメン”と同じ”こだわり国産麺(国産小麦粉100%)”を使っているからなのか、そう言った癖も無く普通に美味しかった・・・かな。
 
餃子の王将焼餃子
そしてこちらはフェアセットBの”焼餃子”で、最近何時食べに来ても完璧な焼き具合な状態が続いていて、この日も繁忙時間帯と言う事もあってか次々と焼いているようで、ほぼ100%の出来に近い焼き具合でメチャウマい!やっぱ『餃子の王将』で一番美味しいのはこの”焼餃子”だと思う・・・。
 
てな事で、相変わらず時々食べに行っている『餃子の王将』で今回は”五目あんかけラーメン”を食べてみたのだが、大体想像していた通りの中華あんかけ風のラーメンではあったが、生姜のアクセントもあってこれはこれで中々美味しかった!ちなみにこの創業50年感謝メニューは毎月登場していて私も以前から偶に”よだれ鶏”とか”キノコと豚肉のバター醤油炒め”等を食べたのだが、思った程のインパクトも無かったので、その話はきっとこのまま紹介しないと思う・・・。

2018年2月16日

またまた明石に行ったのでパピオス明石の中にある”創作ダイニングバー DINING 花”に行って”ブリ千枚漬け巻き”やら”三田ポークの角煮”等を食べてみた!味は美味いし雰囲気も最高!

Filed under: グルメ — 代理人 @ 9:56 PM
 
代理人記録
 
12月のとある日曜日、ちょっとした作業でまたまた明石へ行ってご主人様の会社で作業をしたのだが、何とか夕方遅くには無事作業は終了したので解散となった。とは言え遥々と明石まで行ったので、このまま真っ直ぐに帰るのも寂しい・・・。と言う事でこの日も昔の仕事仲間知人と何処かのお店で一杯ひっかけてから帰る事にした。が、この日は特に行ってみたいお店も無かったので、駅前やら魚の棚等にある最近オープンしたようなバルやお洒落なお店を見て廻った後、前々から一度は行ってみたいと思っていた、あるいは誰か連れが居ないと入れるような雰囲気じゃ無いパピオスあかし』の中にある『innovative cuisine DINING 花』に行ってみる事に決定!!!
 
innovative cuisine DINING 花
こちらが今回行って来た2016年12月に明石駅の南側に誕生した高層タワーマンションや市民広場、それに私の一番の関心のあるレストラン街等が集まった複合商業施設の『パピオスあかし』の1Fのレストラン街の一角にある”多彩なお料理と種類豊富なお酒を堪能できる”と言う『innovative cuisine DINING 花』で、お店の案内に寄ると”兵庫県産の食材を使用し、釜飯・一品料理を中心としたジャンルにとらわれない創作料理”との事。で、私は以前から『パピオスあかし』のレストラン街は何度も来ていて、その度にお店の前を通るしランチもやっているようなので、一度入って見たかったのだが外から店内の様子が見えない事もあって、今まで入店した事が無かったのだが、外から見た印象通り店内はオシャレな造りで中々エエ感じのお店のようだ(他にお客さんが居たので流石に店内のようすは撮れなかった・・・)。
 
創作ダイニングバーDINING花ワイン創作ダイニングバーDINING花ワイン
それはさて置き、この日は12月中旬でいよいよ本格的な冬到来と言う事もあって外がメチャ寒かったので少しでも体を温めようと、前回明石へ来た時に行った『Teppan BAR Tsukushi 鉄板バルつくし』と同様にワインを飲む事になった。とは言え、個人的にワインは滅多に飲ま無いので、今回も知人に適当に選んで貰って飲んだのがこちらの”カッシュロ・デル・ディアブロ シャルドネ”と言うワインなのだが、後半あれこれ結構飲んだので折角のワインの味の記憶がほとんど無いような・・・。
 
創作ダイニングバーDINING花本日のお勧めメニュー
そしてこちらが訪問した日の”本日のお勧めメニュー”で、ご覧の通り鮮魚を使ったメニューが多いのだが他にも”骨付三田ポークの香草岩塩焼き”何かもあって中々楽しげだ。当然の如く通常メニューにはもっと沢山の一品料理や私の大好きな肉料理があったのだが、折角なので先ずはこの中からちょっと変わった”石川県産天然ブリ千枚漬け巻き”を注文!、後は適当に通常メニューの中から何品か頼んでみる事に・・・。
 
DINING花石川県産天然ブリ千枚漬け巻きDINING花石川県産天然ブリ千枚漬け巻き
で、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”石川県産天然ブリ千枚漬け巻き”で、お値段は・・・メニュー表に載って無いので時価?かな・・・。時々書いているように個人的には魚は苦手な方なのだが、ブリは焼魚や煮魚で良く食べていたしハマチ系の刺身も偶に食べるのと、商品名にある”千枚漬け巻き”ってのが一体どんな料理なのだろうと言う好奇心からこの料理を頼んでみたのだが、ご覧の通りブリの身を”かぶ or かぶらの千枚漬け”で巻いてあるようだ。
 
DINING花石川県産天然ブリ千枚漬け巻き
ちなみに本来であれば”千枚漬け”で巻いたまま食べるのだろうけど、折角なので”石川県産天然ブリ”の身を見てみるとこんな感じで、ご覧の通り刺身では無くタタキ風になっていて、これを再び”千枚漬け”に巻いて食べると若干ブリの風味が強いが中々ウマい!てか、個人的に酢漬けが好きな事もあって、この”千枚漬け”だけでも結構美味しかった!
 
DINING花本日の新鮮野菜柚子味噌添え
そしてその次に運ばれて来たのがこちらの”本日の新鮮野菜 柚子味噌添え”で、お値段は税込価格980円也。メニューを見てサラダ感覚で頼んだ一品なのだが、実物を目の当たりにした時は二人共が思わず”おおおっー!”と声を挙げてしまった程の色鮮やかさで、俗にいうインスタ映えしそうな野菜盛りだ
 
DINING花本日の新鮮野菜柚子味噌添え
で、あらためて”本日の新鮮野菜 柚子味噌添え”の野菜の種類を見るとこんな感じで、野菜的には紫大根、黄色いカリフラワー、人参、オクラ、プチトマト等と割と一般的な物ばかりであるが、これに添付の柚子味噌を付けて食べるとそれぞれの野菜の味わいと相まって中々ウマい!普段は野菜不足な生活をしている私であるが、こんな見た目の楽しいサラダ?ならば毎日でも食べれるかも・・・。
 
DINING花海老とアボガドのチリマヨ和え
それはさて置き、続いて運ばれて来たのがこちらの”海老とアボガドのチリマヨ和え”で、お値段は税込価格780円也。メニューの中には当然の如く一般的な”海老のマヨネーズ和え”もあったのだが”アボガド”が入っていたりソースが”チリマヨ”なのは珍しいと思いこちらを選んだのだった。で、何時もであれば”海老”や”アボガド”等の姿を小まめに写メるのだが、この辺りから酔っ払って来たのかこの一枚しか撮って無かったので、肝心の”海老”の姿が良く見えないが、こちらもメチャ美味しい一品であった
 
DINING花三田ポークを10時間煮込んだ角煮DINING花三田ポークを10時間煮込んだ角煮
そしてこちらは”本日のお勧めメニュー”の中にあった”骨付三田ポークの香草岩塩焼き”とどちらを食べようかと悩んだ結果、何と無くシェアして食べ易いような気がして選んだのがこちらの”三田ポークを10時間煮込んだ角煮”で、お値段は税込価格880円也。ご覧の通り偶に他の居酒屋さんとかトンカツ屋さん等で食べる角煮とは違い、結構な大きさの豚肉の角煮だ
 
DINING花三田ポークを10時間煮込んだ角煮
で、早速この”三田ポークを10時間煮込んだ角煮”を取り皿に分けて食べてみると、流石に長時間煮込んであるからか、物凄く柔らかく角煮定番の甘辛い醤油味でメチャウマい!これが三田ポークだからこその味なのか、スーパーで売っているお手頃価格の豚肉を使っても同じ味が出せるのかは定かでは無いが、最近食べた豚の角煮の中では文句無しに一番美味しかったかも
 
DINING花焼き穴子のあてDINING花焼き穴子のあて
それは兎も角として、この辺りから会話に熱が入って来て、そのせいで喉が渇くのでハイボール?だったかを何杯もお替りしたのだが、流石に飲むだけでは少し寂しい・・・と思って追加注文したのがその名もずばり?”焼き穴子のあて”で、お値段は税込価格1300円也。で、ご覧の通り”焼き穴子”は食べ易いように一口サイズの大きさになっていて、添付のキュウリや茗荷等の薬味と一緒に海苔に巻いて食べるとこれがメチャウマい!此処に酢飯か白ご飯があれば、ちょっとした手巻寿司っぽくて更に美味しいかも?と思った程だ。
 
DINING花淡路鶏のシンプル釜飯DINING花淡路鶏のシンプル釜飯
そしていよいよ楽しかった宴も終盤・・・最後に〆のご飯物で頼んだのがこちらの”淡路鶏のシンプル釜飯で、お値段は税込価格980円也。釜飯のメニューの中には他にも”明石鯛釜飯”とか”和牛すじ釜飯”とか”三田ポークの豚カレー釜飯”等の沢山の種類があって、どれを食べるべきかメチャ悩んだのだが、最終的に釜飯と言えば鶏釜?と思ってこちらを選んだのだった。
 
DINING花淡路鶏のシンプル釜飯
そしてこちらが、お茶碗に一人前?ずつ取り分けたのがこちらの”淡路鶏のシンプル釜飯”で、少し前に明石へ来た時に”淡路鶏の天ぷらが入った定食”を食べたり、あるいは数年前に東加古川にある焼鳥屋さんで”淡路鶏カツカレー”も食べた事があるのだが、今回は釜飯の具と言う事もあって大き目カットながらシンプルな鶏肉だ。で、鶏肉自体がしっかりとした弾力がありながらとても柔らかく、また鶏から出た出汁が浸み込んでいるのがご飯自体もメチャウマい!やっぱ居酒屋?さんの〆は釜飯に限る!
 
てな事で、またまた明石まで行ったのでその帰り際に昔の仕事仲間の知人と一緒に『パピオスあかし』の1Fのレストラン街の一角にある『innovative cuisine DINING 花』と言うお店に行ってみたのだが、店内も小洒落た雰囲気で中々良かったし、この時に食べた料理も期待通りどれも美味しかった!自慢は鮮魚の料理っぽいのだが、私の大好きな肉料理も沢山あったので、このお店には機会があればぜひまた行きたいと思う・・・。

2018年2月15日

またまた明石へ行ったので駅前にある”お肉と神戸野菜とワインとチーズ TOROROSSO”で”ローストビーフ丼”を食べてみた!期待し過ぎていたのか思った程でも・・・。

Filed under: — 代理人 @ 9:49 PM
 
代理人記録
 
年末年始は話題が前後する場合が多いのだが、12月の上旬に明石までランチを食べに行った際に、ご主人様の会社へ行ってちょっとした作業をしたのだが、最終的にその日には解決せず、10日程経った日曜日に再びその作業の続きをする事になった。で、午前中から作業を始めたのだが結構時間が掛かかり、その途中でちょっと遅めのランチを食べに以前から一度食べに行こうと思っていた明石駅前にあるお肉と神戸野菜とワインとチーズ”が楽しめると言うお店に行ってみる事にした。
 
お肉と神戸野菜とワインとチーズ TOROROSSO (トロロッソ)
こちらが今回行って来た明石駅前にある『お肉と神戸野菜とワインとチーズ TOROROSSO (トロロッソ)』で、実はこのお店には明石駅前が再開発の工事中だった時、明石アスピアの直ぐ近くに期間限定でオープンした”ときめき横丁”の中に店舗があったので、3年程前に先輩と飲みに行こうとしたのだが、その時はお店の営業開始時間前と言う事で入店を断れた事があるお店だ。それはさて置き、この時の入店時間はランチタイムとしては少し遅めの午後1時15分頃だったのだが、流石に日曜日と言う事もあってか未だ店内には沢山のお客さんが居て、更には我々の後からもパラパラとお客さんが入って来る程で、外から見た感じとは違って結構人気のお店のようだ。
 
お肉と神戸野菜とワインとチーズ TOROROSSO ランチメニュー
そしてこちらがこのお店の”ランチメニュー”で、以前の明石アスピア近くにあった時からちょっと話題になっていたのがメニューの先頭に載っている”ローストビーフ丼”で、当然この日はそちらを食べる事にしたのだが、その他にも”アメリカンステーキ丼”とか”ビーフかつめし”、それに”豚テキ ダブル丼”等、私が好きそうな丼が目白押しで、お店に入る前はこれからも何度も来るのでは?と思っていたのだが・・・。
 
TOROROSSOローストビーフ丼
で、お店が混んでいた事もあって結構待たされた後で漸く運ばれて来たのがこちらの”ローストビーフ丼”の並盛で、他に”たまごスープ”が付いてお値段は税抜価格830円也。ちなみに最近は何処のお店に行っても、写メを撮る為に明るい席を利用する事が多く、この日は3人で訪問だったので入口近くの4人掛けのテーブル席が空いていたので、そちらの座ろうとしたら店内中央の何と無くカウンターテーブルっぽい感じの狭苦しい席を指定された・・・。が、後からやって来た子連れの4人家族は特に予約をしていた訳では無いが、そちらの席に陣取った・・・。ま、3人か4人かの違いはあるが、我々が4人掛けのテーブル席に座ってもエエと思うのだが・・・。そんな事もあって、この後の料理の写真も全体的に写りが良くないのだが悪しからず・・・。
 
TOROROSSOローストビーフ丼
そしてこちらがメインの”ローストビーフ丼”で、所謂神戸にある行列が絶えない超人気の”レッドロックのローストビーフ丼”を彷彿とさせるようなビジュアルではあるが、味の要とも言える特製ソースの味とか、あるいは丼全体にかかっているスパイスみたいな物の味が今一つパッとしない印象・・・。ま、先にも書いたように狭苦しい席で食べた事や照明の暗さの影響も多々あった気もするが・・・。
 
TOROROSSOローストビーフ丼
ちなみに”ローストビーフ丼”にトッピングされていた”自家製ローストビーフ”はこんな感じで味的には普通に美味しいのだが、他のお店で食べる”ローストビーフ”の大きさと比べると、少し小さくカットされているような雰囲気。そんな事もあって、全体的なボリューム感も余り無かったような気がする・・・。
 
TOROROSSOローストビーフ丼
そしてこちらは”ローストビーフ丼”に付いていた”たまごスープ”で、ご覧の通り中華料理屋さん等で良く出て来る感じのスープ普通に美味しいのだが、メイン料理が”ローストビーフ丼”なので折角ならば『レッドロック』のメニューにあるような”牛スープ”にして欲しかったような・・・。
 
TOROROSSO大村屋カツ丼
最後に・・・こちらはご主人様が食べた”大村屋カツ丼”で、何やらメニューの写真を見た時に何か特別な物が入っているように思ったらしいのだが、実際に運ばれて来たのはメチャオーソドックスな感じの”カツ丼”で、実際に食べても普通の”カツ丼”だったらしい・・・。
 
てな事で、この日はまたまた明石まで行ったので以前から一度は食べに行こうと話題が出ていた『お肉と神戸野菜とワインとチーズ TOROROSSO』に行って”ローストビーフ丼”を食べてみたのだが、期待し過ぎた事もあってか思った程の味では無かったような・・・。ま、本文の中でも書いたように指定された席が3人で利用するにはちょっと狭苦しい感じだったし、テーブルもぐらついていてゆったりと食事も出来ない感じだったしで、料理以外のマイナス面が結構多かった点も少なからず影響しているとは思うが・・・。そんな事もあって、このお店に行くのは今回が最初で最後になるかも・・・。

2018年2月14日

クーポン冊子に毎度お馴染みの”お食事処 喜両由”の”鍋焼きうどん”が100円引き券があったので食べてみた!オーソドックスな内容ながら慣れ親しんだ味で中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:44 PM
 
代理人記録
 
当ブログで結構な割合で登場している高砂荒井小松原にある『お食事処 喜両由』は、個人的にも若かりし頃から良く食べに行ってる手打ち讃岐うどんが自慢のお店だ。が、このお店は手打ちうどんよりも、どちらかと言うとそれ以上に豊富な定食や丼のメニューの方が人気のようで、過去ログを見ても個人的に一番良く食べているのが”カツ丼”のような気がする。が、偶にポストとか街中で配布されている”高砂あきんどマガジン”?とか言う冊子に『お食事処 喜両由』の”鍋焼きうどん”が100円引きになるクーポンが付いていたので、折角なのでまたまた食べに行ってみた。
 
お食事処 喜両由
こちらがまたまた行って来た高砂荒井小松原にある『お食事処 喜両由』で、このお店は昼夜問わず何時来ても結構賑わっているのだが、この日はちょっと早目の夕食だったので流石に店内は未だ閑散としていたので、今回も毎度の如く個人的にお気に入りの席を利用する事に・・・。 
 
喜両由鍋焼きうどんのメニュー喜両由鍋焼きうどんのメニュー
そしてこちらが店内に置いてあった”鍋焼きうどん”のメニューの部分と、クーポン冊子に付いていた割引券で、個人的にこのお店で一番好きなのは”喜両由鍋”(以前はそう呼んでいたのだが、今のメニューを見ると”喜両由鍋焼うどん”に変っているようだ)で、実は”鍋焼きうどん”は滅多に食べた事が無い・・・。てか、何が違うかと言うと”喜両由鍋”の方には”海老の天ぷら”が入っているのだが、”鍋焼きうどん”には”海老の天ぷら”が入って無い・・・。個人的に”海老の天ぷら”も大好きだし、そもそも”他の店で鍋焼きうどん”を食べると大抵の場合は”海老の天ぷら”が入っているし・・・。とは言え今回は”鍋焼きうどん”のみが100円引きになるみたいなので、取り敢えず”鍋焼きうどん”を食べる事に決定!!!
 
喜両由鍋焼きうどん
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鍋焼きうどん”で、お値段は通常価格950円の処、先にも書いたように100円引きのクーポン利用で850円也。例に寄ってこの写真では若干判り辛いが、所謂取っ手の付いた鉄鍋に入った文字通りの”鍋焼きうどん”で、多分であるが先にも書いたようにこの中に”海老の天ぷら”を入れると”喜両由鍋喜両由鍋焼うどん)”になるのだと思う・・・。でも何と無く偶に食べる”すき鍋うどん”も同じに見えて来たなあ・・・。
 
喜両由鍋焼きうどん喜両由鍋焼きうどん
喜両由鍋焼きうどん喜両由鍋焼きうどん
それはさて置き、今回食べた”鍋焼きうどん”をざくっと紹介するとこんな感じで、ご覧の通り肉や穴子や海老等の定番の具に加え、玉子焼きの他に生卵も入っていて色んな味が一度に楽しめる何時も通りに美味しい鍋焼きうどん”であった。
 
てな事で、毎度お馴染みと言っても差支えの無い『お食事処 喜両由』の”鍋焼きうどん”が100円引きになるクーポンがあったので、それに釣られて食べに行ってみたのだが、大きなインパクトは無い物の何時も通りに中々美味しかった!で、先にも書いた様に何時も間にやら”喜両由鍋”が”喜両由鍋焼うどん”と言う商品名に変っていたり、毎シーズン食べている?”すき鍋うどん”を今シーズンは未だ食べて無いので、次回はそのどちらかを食べてみたいと思う

2018年2月13日

毎度お馴染みの”はなまるうどん”が”温玉ぶっかけ半額キャンペーン”をやっていたので食べてみた!天ぷら二品トッピングしても450円と確かにメチャ安い!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:15 PM
 
代理人記録
 
相変わらず昨年の話が続いているので今日は今年に入ってからの話・・・。と言うのか2月15日の前に紹介して置きたいもんで・・・。
 
今や日本で知らない人は居無いであろう『讃岐うどんチェーンの丸亀製麺』であるが、それよりも一足先に誕生して一斉風靡した讃岐うどんチェーン店『はなまるうどん』がある(現在は吉野家グループの傘下で姫路飾磨には吉野家とのコラボ店もあったりする)。で、姫路には比較的早い段階で進出して来たので、私も10数年前から偶に姫路へ行った時に利用していたお馴染みのお店でもあるのだが、最近は加古川近辺にも結構お店が誕生したので当然の如く加古川近辺にあるお店に行く事が多い。そんな『はなまるうどん』のお店の前を通ると”温玉ぶっかけ半額キャンペーン”をやっていたので、何時もながらお得なサービスに弱い私なので、それに釣られてまたまた食べてみた。
 
はなまるうどん/グリーンプラザべふ店
こちらが今回行って来た『はなまるうどん/グリーンプラザべふ店』で、お店があるのはイトーヨーカドー加古川店の南入口を入って直ぐの処のフードコートの一角にある。で、先にも書いたように『はなまるうどん』は姫路市内には結構早い段階で進出して来たのだが、何故か加古川にお店が出来たのは遅くて、私の記憶が正しければ加古川市内に最初に誕生したのがこの『グリーンプラザべふ店』だ。とは言え、このお店が誕生してから10年近くは経つので、何と無くずいぶん昔のような気もする・・・。
 
はなまるうどん温玉ぶっかけ半額キャンペーン
そしてこちらが『はなまるうどん』が1月・2月・3月の毎月15日限定で”温玉ぶっかけが半額”になると言うキャンペーンの告知で、個人的にはお出汁大好き派な事もあり滅多な事で”温玉ぶっかけ”を食べる事は無く、確か前回食べたのも何年か前の”半額キャンペーン”の時だったと思う・・・。
 
はなまるうどん温玉ぶっかけとちくわ磯部揚げとヘルシーかき揚げ
それはさて置き、こちらがこの時に実際に食べた”温玉ぶっかけ(中)”と、流石にうどんだけでは物足りないだろうと思い、トッピングで追加した”ぶっかけうどん”の定番の具?である”ちくわ磯部揚げ”と”ヘルシーかき揚げ”で、それぞれのお値段は税込価格200円、110円、140円で合計金額は450円也。ご飯物が無いのはちょっと寂しいが、この内容でこの値段は確かに安い
 
はなまるうどん温玉ぶっかけ中
そしてこちらが”温玉ぶっかけ(中)”で、所謂讃岐うどん定番の”ぶっかけうどん”に”温泉玉子”と薬味のネギをトッピングしただけのシンプルな内容だ。ちなみに何時もであれば麺1玉の小で十分なのだが、今回は半額なので50円しか値段が変わらなかったので、ご飯物を食べる代わりに?麺2玉の中にしたのだった。
 
はなまるうどん温玉ぶっかけ中はなまるうどん温玉ぶっかけ中
それはさて置き、早速この”温玉ぶっかけ”を”かま玉”風に玉子を潰して麺に絡めて食べるとシンプルな味わいながらメチャウマい!少し前に『丸亀製麺』で食べた”牛すき釜玉”と比べると、牛肉が入って無い為かボリューム感は無いが、純粋にうどんの味を楽しめると言う点で、これはこれで中々良かったかも・・・。
 
はなまるうどんちくわ磯部揚げとヘルシーかき揚げ
そしてこちらはセルフコーナーで選んだ”ちくわ磯部揚げ”と”ヘルシーかき揚げ”で、最初は讃岐うどんの人気メニューである”ちく玉天ぶっかけうどん”風に”ちくわ”と”玉子”の天ぷらを・・・と思ったのだが”温玉ぶっかけ”には既に”温泉玉子”が入っているし、セルフコーナーに”玉子の天ぷら”が見当たらなかったので、何時ものように?”ヘルシーかき揚げ”を選んだのだった。
 
はなまるうどん温玉ぶっかけとちくわ磯部揚げとヘルシーかき揚げ
それはさて置き、折角なので”温玉ぶっかけ”の上に”ちくわ磯部揚げ”と”ヘルシーかき揚げ”をトッピングして食べた様子がこんな感じで、当然の如く天ぷらは揚げ立て?で、それに”温泉玉子”も絡んで何時もと違う食感や味わいがあってこれもまた美味しかった
 
てな事で、毎度お馴染みの『はなまるうどん』が1月・2月・3月の毎月15日限定で”温玉ぶっかけ半額キャンペーン”をやっていたので、それに釣られてまたまた食べてみたのだが、内容的にはメチャオーソドックスながら当然の如くメチャ美味しかった天ぷら二品をトッピングしても450円とメチャお得感はあった!そんな事もあって2月15日も3月15日もチャンスがあれば食べてみたいような・・・。

2018年2月12日

毎度お馴染みの”ラーメン来来亭”で貰ったラーメン1杯無料券の有効期限が迫って来たので久々に”こってりラーメン”を食べてみた!この店ではこのラーメンが一番好きかも!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
2003年の年末近くに加古川サザンプラザの一角に『ラーメン来来亭/加古川店』が出来た頃は、本店のある滋賀県を中心に関西一円に10店舗あるか無いかぐらいの小規模なラーメンチェーン店だった。が、その後は破竹の勢いで出店攻勢をかけ”創業から10年で年商100億円を達成した巨大なラーメンチェーン店”へと成長した。そんな事や、当時は未だこの辺りには今ほど多くのラーメン屋さんが無かったので結構な割合で食べに行っていたのだが、『加古川店』が閉店した後は『東加古川店』で年に一回開催される周年記念イベントの時と、その時に貰えるお食事券を使いに行く時ぐらいしか無くなってしまった。が、その後はこの界隈にも沢山のラーメン屋さんが誕生したので、その『東加古川店』にもほとんど行って無かったのだが、11月の初め頃に創業20周年大感謝祭でラーメン1杯無料券プレゼントと言うキャンペーンをやっていたので、それに釣られて久々に食べに行ったのだが、その時に貰ったラーメン1杯無料券の有効期限が迫って来たので、またまた食べに行ってみた。
 
ラーメン来来亭/東加古川店
こちらがまたまた行って来た『ラーメン来来亭/東加古川店』で、此処何年か余り食べに来て無かったので最近の客の入りの様子が判らないが、この日も午前11時半頃の訪問でも既に結構お客さんが入っていて、既に食事を終えて帰って行くお客さんも居る程・・・。このお店がオープンして約10年半位経つが、今ではすっかり地元に根付いたラーメン屋さんになっているようだ。
 
ラーメン来来亭こってりラーメンのメニューラーメン来来亭ラーメン1杯無料券
それはさて置き、この日の訪問目的はラーメン1杯無料券を使う事だったのだが、その券の但し書きを読んでみると”ラーメン(並)・みそ(並)・こってり(並)”の何れかが一杯無料になるとの事。で、創業20周年大感謝祭の時には久々の訪問だったのでその時は定番の”背脂醤油ラーメン”を食べたし”みそ(並)”はそれ程食べたいと思わなかったので、この券を貰った時から決めていたこってりラーメン”を久々に食べてみる事に決定!!!
 
ラーメン来来亭こってりラーメン
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”こってりラーメン”で、通常税込価格745円の処、先にも書いたように創業20周年大感謝祭で貰ったラーメン1杯無料券利用でこの日は支払無し!若かりし頃であれば無料券だけを使って他に何も食べずにタダで帰って来る・・・何て勇気は無かったが、流石にこの歳になるとそんな事は全然おかまいなし!それはさて置き、ラーメンのこだわりは何時もの如く麺かため、ネギ多め、背脂多めを指定!以前から普通の”背脂醤油ラーメン”の背脂多めにした時と、この”こってりラーメン”とでは何がどう違うのかイマイチ良く判らんのだが、普通の”背脂醤油ラーメン”と比べると醤油辛さはそれ程無くて、こちらの方が断然うまい
 
ラーメン来来亭こってりラーメン
そしてこちらは”こってりラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、ご覧の通りこのお店定番の薄切りタイプの赤身焼豚で、前回食べた”塩ラーメン”の時は若干枚数が少な目で味もあっさりテイストだったが、今回は”背脂醤油ラーメン”の時と同じようにりたっぷりと入っていたし、味もしっかりしていて何時も通りの味ながら中々ウマかった
 
ラーメン来来亭こってりラーメン
ちなみに”こってりラーメン”の麺は、これまた何時も通りの”コシのある細麺”で、こちらもこのお店定番の味ではあるが個人的に太麺派なのと、最近も博多ラーメン系のお店でこの手の極細麺を良く食べている事もあって、今回も特に大きく印象に残る事は無かったかな
 
てな事で、毎度お馴染みの『ラーメン来来亭』の創業20周年大感謝祭に行った時に貰ったラーメン1杯無料券を使って久々に”こってりラーメン”を食べたのだが、私の大好きな背脂がたっぷりと入ったこってりスープで中々ウマかった!やっぱ普通の”背脂醤油ラーメン”よりも、私はこちらの方が好きかも・・・。それはさて置き、約一ヶ月の間に”背脂醤油ラーメン”と”塩ラーメン”と”こってりラーメン”を食べたので、流石にちょっと飽きて来た気がするので次回このお店に来るのは周年祭の時か、それよりも先になるような気がする・・・。

2018年2月11日

毎度お馴染み加古川プラザホテルのレストランで通常メニューにある”ビーフカツカレー”を食べてみた!普通に美味しいのだが、期待した程でも無かったかな。

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行った。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると魚料理だったので入るのは止めようと思ったのだが、丁度ランチタイムだったので以前から一度は食べてみようと思っていたこのレストランのカレーを食べてみる事にした。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。 
 
カジュアルダイニングリヴィエールサラダ
それはさて置き、席に着いた後”ビーフカツカレー”を注文した後、先ず最初に運ばれて来たのがこちらのサラダで、ご覧の通り何時もこのレストランで食べている”日替りランチ”に付いているサラダと全く同じ内容で、すっかり慣れ親しんだ味と言う事もあって特に印象に残る事も無かった。
 
カジュアルダイニングリヴィエールビーフカツカレー
で、先に運ばれて来たサラダを食べつつ待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ビーフカツカレー”で、別途”らっきょ”と”福神漬け”が付いてお値段は税込価格1080円也。何時も食べている”日替りランチ”と同じ値段ではあるが、残念ながら今回はスープは付いて無いのがちょっと寂しいような・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールビーフカツカレー
そしてこちらがメインの”ビーフカツカレー”で、当然の如くメニューの中にはこの他に”ポークカツカレー”等もあったのだが、そちらは他のお店で良くあるのに対して”ビーフカツカレー”が食べれるお店は数少ない・・・と思い今回はこちらを食べたのだった。で、先ずはカレーから食べてみると所謂ホテル定番の欧風カレーで普通に美味しいのだが、それ以上の感慨も無い・・・。若かりし頃はホテルへ行ってもカレーしか食べた事は無いし、その頃はホテルのカレーを食べればレストランの味が判る・・・と言われたもん?だが、流石に今となってはカレー専門店の方が味は上なのかも・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールビーフカツカレー
それはさて置き、こちらが”ビーフカツカレー”にトッピングされていた”ビーフカツ”で、ご覧の通り何と無く2枚の”ビーフカツ”をカットしてトッピングしてあるような感じだ。で、雰囲気的にはこのお店の通常メニューにある”かつめし”で使われている物と同じだと思うが、偶に”日替りランチ”で登場する牛肉と比べても何と無く今一歩の味・・・。てか、最近あちらこちらで食べる”牛かつ”やら”ビフカツ”と比べても思った程のジューシー感が無いと言うのか物足りない味だったかな・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールビーフカツカレー
ちなみに”ビーフカツ”の断面を見るとこんな感じで、先にも書いたように”かつめし”用になっているのか肉厚もかなり薄目で、肉の中心まで火が通っているので、期待した程のジューシー感が無いのかも・・・。ま、1000円前後で食べる”ビーフカツカレー”としてはこれが限界なのかも知れないが、ちょっと楽しみにしていただけに残念だったかも・・・。
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランで、この日は定番の”日替りランチ”では無く通常メニューの中にある”ビーフカツカレー”を食べてみたのだが、ベースのカレーの味とかトッピングの”ビーフカツ”の味のどちらも期待した程では無く至って普通と言う印象だったかな。やっぱこのレストランでは毎度お馴染みの”日替りランチ”を食べるのが正解なのかも知れない・・・。

2018年2月10日

またまた行った加古川ニッケパークタウンにある”揚げ天まる”で冬季限定の”牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼”を食べてみた!牡蠣と味噌ダレの相性が良くて中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 10:00 PM
 
代理人記録
 
此処最近、何と無く”天丼”を食べる機会が増えて来た気がするのだが、その中の一つに2016年10月下旬頃にリニューアルオープンした加古川ニッケパークタウンのフードテラスの一角に誕生した揚げ立て熱々の天ぷら専門店『揚げ天まる/加古川店』がある。で、この日もちょっとした用事でやって来た序でに、以前に『揚げ天まる/加古川店』で季節限定の”秋の月見天丼”に続いてノーマルの”天丼”を食べた時に貰った”味噌汁又はご飯大盛に変更無料券”が手元にある事を思い出したので、若干飽き気味とは思いつつも券を捨ててしまうのも勿体無いと思い、またまた食べに寄ってみた。
 
揚げ天まる/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川ニッケパークタウン2Fのフードテラスの一角にある『揚げ天まる/加古川店』で、ご覧の様にこの日もスタッフは二人しかいない・・・。で、前回食べた時はランチタイム直前と言う事もあって大勢のお客さんが並んでいたので天丼が出来上がるまで15分以上待たされたのだが、今回は少し早目の時間と言う事もあって先客が数人だけだったので、割りと何時も通りの時間で天丼が出来上がって目出度し目出度し
 
揚げ天まる牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼のメニュー
それはさて置き、こちらが冬季限定で登場した”旬の美味しさを揚げたてで”と言うキャッチコピーの”牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼”のメニューで、以前食べた夏季限定の”旬の夏野菜たっぷり天丼”は”京風タルタルソース”で食べるちょっと変わった内容だったのだが、今回も天丼としては少し珍しい味噌ダレを使っているらしい・・・。何れにしても少し前に『天丼・天ぷら本舗 さん天』で食べた”牡蠣たっぷり天丼”と食べ比べをする為に、今回はこちらの天丼を食べてみる事に決定!!!
 
揚げ天まる牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼と味噌汁
で、こちらがその時に食べた”牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼”と”味噌汁”と会計口に置いてあったセルフサービスの漬物で、最初に書いたようにこの日は”味噌汁又はご飯大盛に変更無料券”を利用したのでお値段は”牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼”代のみとなり税別価格740円也。当然の如く?この日も会計時に”味噌汁又はご飯大盛に変更無料券”が貰えたので、定食と同様に毎回”味噌汁”がセットで食べれると言う事にもなる・・・。
 
揚げ天まる牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼
それはさて置き、こちらが実際に食べた”牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼”で、商品案内に寄ると”旬の牡蠣と味噌ダレの相性抜群!牡蠣を贅沢に4ヶ、菊菜、えのき、かき揚げの食材でボリューム満点の天丼”との事。先にも書いたように”天丼”定番の天つゆでは無く、味噌ダレがたっぷりとかかった一風変わった内容となっているので、何時ものように別途小皿に天つゆを入れて用意するのは今回は止めておいた・・・。
 
揚げ天まる牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼
そしてこちらが”牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼”のメインの具である”牡蠣の天ぷら”で、少し前に『天丼・天ぷら本舗 さん天』で食べた”牡蠣たっぷり天丼”に入っていた牡蠣の大きさと比べると圧倒的にこちらの方が大きくて身のプリプリ感も全く違う!で、先ずはこの”牡蠣の天ぷら”から食べてみると少し甘目の味噌ダレが牡蠣と相性が良いのか(そもそも牡蠣の土手鍋ってのもあるしなあ・・・)これが意外とメチャウマい!!!
 
揚げ天まる牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼
ちなみに”牡蠣の天ぷら”の身はこんな感じで、先に書いた様に『天丼・天ぷら本舗 さん天』で食べた”牡蠣たっぷり天丼”とか、あるいは『なか卯』で食べた”牡蠣とじ丼”の牡蠣の粒よりも大き目だし、味的にもしっかりとした牡蠣の風味もあって中々好印象!それに数も4個入っていたのでボリューム的にも大満足だったかな。
 
揚げ天まる牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼
そしてこちらは”牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼”のもう一つのメインの食材でもある”菊菜”で、例に寄ってこの写真だけでは私の思いが伝わり難いが、この”菊菜”の天ぷらも馬鹿でかく結構なインパクトがある。で、普段から肉食派の私なので滅多に”菊菜”を自ら好んで食べる事は無いのだが、今回は味噌ダレが結構美味しかった事もあってこの”菊菜”の天ぷらも中々美味しかった!
 
揚げ天まる牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼
ちなみにこちらは”牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼”の中にあった、”えのき、かき揚げ、海苔”等の天ぷらで、”かき揚げ”や”海苔の天ぷら”は何時も入っているので特にどうって事は無いのだが、これまた”えのき”の天ぷらはちょっと珍しいような・・・。
 
揚げ天まる味噌汁
そしてこちらが今回も”味噌汁又はご飯大盛に変更無料券”を使って飲んだ”味噌汁”で、刻みアゲやネギ等の具が入ってはいる物の、内容的には所謂味噌汁サーバーを使った簡易的な物で、味的にもそれと比例したような雰囲気だ。そう言った点で言うと、ライバル店?とも言える『天丼・天ぷら本舗 さん天』の”焼バラ海苔みそ汁”方が、お金を払った場合は当然の如く無料券を使った時も含めて、あちらの方が私は好きだ
 
てな事で、またまた行った加古川ニッケパークタウン2Fのフードテラスにある『揚げ天まる/加古川店』で、今回も季節限定の”牡蠣と菊菜の味噌ダレ天丼”を食べてみたのだが、結構大きいサイズの”牡蠣の天ぷら”が4個入っていて、それに味噌ダレが私の好みにマッチして居た事もあってかメチャ美味しかった!それに今回は”菊菜”や”えのき”等のちょっと変わった天ぷらも入っていたしで全体的にも中々楽しかった!そんな事もあって、これからもこのお店は機会がある度にチェックして行きたいと思う・・・。
次ページへ »

WordPress.com Blog.