義史のB型ワールド

2018年4月19日

新聞の折込チラシに”博多豚骨ラーメン高砂店”オープン記念の餃子無料券が付いていたので今回は久々に唐揚げセットを食べてみた!この内容でこの値段は確かにお得だ!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:20 PM
 
代理人記録
 
以前チラっと書いた様に、1月下旬頃に新聞の折込に『博多豚骨ラーメンまるせん』の高砂店が宝殿にあるイオンアイモール高砂の向かい辺りにオープンすると言うチラシが入っていた。『博多豚骨ラーメンまるせん』と言えば7~8年位前?に明石伊川谷にオープンした店名通り”博多豚骨ラーメン”のお店で、当時明石方面へ車で行った時は伊川谷ICで降りる事が多かったので、何度か食べに行った事があるのだが、2年位前には姫路白浜にもお店が誕生したので私もオープン直後に食べに行った事がある結構馴染のラーメン屋さんだ。更には三宮店と藤江店もお店だけは観に行った(両店とも現在は閉店)程なので、高砂店がオープンした初日に食べに行ったのだが、その日はラーメン1杯350円で食べれるキャンペーンをやっていたのでチラシに付いていた”特製味噌餃子無料券”は利用する事が出来なかったので、正式オープン後?に再び食べに行ってみた。
 
博多豚骨ラーメンまるせん/高砂店
こちらがまたまた行って来た2月1日にオープンしたばかりの『博多豚骨ラーメンまるせん/高砂店』で、お店がある場所は先にも書いた様にイオンアイモール高砂の道を挟んだ南側の、ホームセンターモリスの西側辺りで、この両サイドにはドコモショップとかソフトバンクのお店なんかが有ったりする。で、この日も既に先客が何組か居たのだが、前回にも書いたように場所的な問題もあってか、この日も先客の方々は年齢層が高目の人が大半だった・・・。
 
博多豚骨ラーメンまるせん/高砂店サービスセットメニュー
それはさて置き、これまた以前にも書いた様に『博多豚骨ラーメンまるせん』の最大のウリ?と言うのか人気のポイントは、こちらのお得なサービスセットのメニューで、ラーメン単品が650円に対して半チャーハンセットや唐揚げセットが昼夜関係無く税込価格750円で食べれると言う物。ちなみに『伊川谷本店』にはセルフでコーヒーの飲み放題のサービスもあったのだが、流石にこの『高砂店』は『白浜店』と同じくコーヒーの無料サービスは無いようだ。
 
博多豚骨ラーメンまるせん/高砂店メニュー博多豚骨ラーメンまるせん/高砂店メニュー
ちなみにこちらは店内に置いてあった通常のメニューで、そう言えば個人的に長い間『伊川谷本店』にも『白浜店』にも行って無いので、メニューの内容が同じかどうかは定かでは無いが、定番の”まるせんラーメン”の他にも”濃厚味噌チャンポン”とか”野菜ラーメン”何てのもあるようだ。何れにしてもお得なのは先に書いたようにサービスセットなので、今回は”まるせんラーメン”をメインに”唐揚げ”が付いたBセットを食べてみる事に決定!!!
 
博多豚骨ラーメンまるせん食べ放題辛子高菜
で、先ず最初に運ばれて来たのは博多豚骨ラーメンのお店へ行くと必ず用意されているこちらの紅ショウガ辛子高菜で、個人的にラーメンの中にこれらを入れて食べるのは余り好きでは無いので、今回も辛子高菜を白ご飯のお供に少し食べた程度であった。
 
博多豚骨ラーメンまるせん黒ラーメンBセット
そしてこちらがこの日に食べた”まるせんラーメン”のBセットで、先にも書いた様に今回は新聞の折込チラシに付いていた”特製味噌餃子無料券”を利用した”餃子”も付いてお値段は税込価格750円也。無料の”餃子”は数に入れないとしても、この内容でこの値段は確かに安い!まあ、最近は全然食べに行って無いが、毎度お馴染みの”らーめん八角の唐揚定食”は似たような値段ながら、唐揚げが5個なのでボリューム的にはあちらの方が上な気はするが・・・。
 
博多豚骨ラーメンまるせん黒ラーメン
それはさて置き、こちらがメインの”まるせんラーメン”で、その内容はと言うと前回訪問時に食べた”まるせんラーメン”に”香りと風味豊かな こがしにんにく油”と言うマー油が入った何と無く熊本ラーメン風で、定番の豚骨スープのコクと脂の旨味が加わって中々ウマい!基本的にはノーマルの豚骨スープの方が好きな私であるが、このマー油が入った”まるせんラーメン”は結構ウマかったかな。
 
博多豚骨ラーメンまるせん黒ラーメン
そしてこちらは”まるせんラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、ご覧のようにこちらにもマー油が少しかかっているが、前回食べた”まるせんラーメン”に入っていたのと同じ柔らかなトロトロタイプで、こちらも普通にウマい!また何時か機会があれば、”チャーシューメン”で食べてみたい気もする・・・。
 
博多豚骨ラーメンまるせん黒ラーメン
ちなみに今回食べた”まるせんラーメン”の麺はこんな感じで、これまた商品説明に寄ると”本場博多の極細麺を再現した触感と味にこだわった特製自家製麺”との事だが、これまた前回食べた”まるせんラーメン”の麺と全く同じなので特にそれ以上に感じる点は無かったかな
 
博多豚骨ラーメンまるせん黒ラーメンBセット唐揚げ
そしてこちらが”まるせんラーメン”とセットで食べたBセットの”唐揚げ”で、ご覧のような割りと大き目の鶏肉当然の如く揚げ立て熱々ジューシーでメチャウマい!これまた熱々の白ご飯との相性も抜群だ!
 
博多豚骨ラーメンまるせん餃子
それともう一つ、こちらは”特製味噌餃子無料券”を使って食べた餃子で、券には”特製味噌餃子”と書いてあったが、それはテーブルの上に置いてあった神戸味噌ダレ?を付けて食べた場合のようで、普通の餃子のタレで食べると一般的な餃子と何ら変わらない。とは言え、こちらも焼き立て熱々ジューシーでメチャウマいし、白ご飯との相性もバッチりだった
 
てな事で、個人的に明石伊川谷店や姫路白浜店でも何度か食べた事がある『博多豚骨ラーメンまるせん』が高砂にもオープンしたので、今回は新聞の折込チラシに付いていた”特製味噌餃子無料券”を使う事を目的にまたまた食べに行ってみたのだが、”まるせんラーメン”を始めとして、この日食べた”唐揚げ”も”餃子”もどれもメチャ美味しかった!ま、最近はこの界隈にも本格的な博多豚骨スープのラーメン屋さんが増えたので、それらと比べると人それぞれの好みがあるとは思うが、お得感だけは一番な事には違い無い
広告

2018年4月18日

毎度お馴染みの”松屋”で新登場の”ロールキャベツ定食”を食べてみた!普段滅多に食べないロールキャベツと言う事もあってか中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
十数年前に連日の如く大阪天満界隈にある某事務所へ行っていた頃に、ランチを食べに天神橋商店街の中にある牛丼チェーンの『松屋』を偶に利用していた。その頃は未だ”牛めし”とか”カレー”等のメニューが中心で、今みたいに定食メニューは余り無かった様な気がするのだが、今では牛丼チェーン店と言うよりはどちらかと言うと定食チェーン店?と呼んでもおかしく無い程にメニューが増えている。そんな事もあって最近は『松屋』に行っても定食を食べる事が多いのだが、またまた新メニューで未だ食べた事が無い”ロールキャベツ定食”ってのが登場したのでそれに釣られて食べに行ってみた。
 
松屋/加古川平岡町店
こちらがまたまた行って来た、牛めし(牛丼)、カレー、定食、その他丼物でおなじみの『松屋/加古川平岡町店』で、この日は丁度ランチタイムが始まる正午前の訪問だったので、既に何組かのお客さんは居たがそれ程の混雑と言う程でも無かったので、今回もゆったりと食事が出来るテーブル席を利用・・・。例えちょっとしたランチでも、狭苦しいカウンター席で食事をするのと、ゆったりとしたテーブル席で食べるのでは全然雰囲気も違うし・・・。
 
松屋手仕込みロールキャベツ定食のメニュー
そしてこちらが『松屋』から新登場した”手仕込み ロールキャベツ定食”のメニューで、その名の通り”キャベツの「甘み」とお肉の「うまみ」をとじこめた手仕込みのロールキャベツでソースはトマトベース仕立て”になっているらしい・・・。更にはこの”ロールキャベツ”と定食に添付の生野菜とで300gの野菜がとれると言う、正に日頃野菜不足な生活をしている私にはぴったりな内容・・・って事で、今回も迷わずこの”ロールキャベツ定食”を食べる事に決定!!!
 
松屋ロールキャベツ定食
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ロールキャベツ定食”で、メインのメインの”ロールキャベツ”の他に、ライス・みそ汁・生野菜が付いて、お値段は税込価格690円也。ちなみに例に寄って”発売日から2週間ライス大盛無料サービス”をやっていたので、今回もライスを大盛りにしたのだが、最近はこの程度のご飯の量でも軽く完食出来るようになって来た・・・。
 
松屋ロールキャベツ定食
そしてこちらが”ロールキャベツ定食”のメイン料理である”ロールキャベツ”で、個人的に”ロールキャベツ”を食べたと言えばニッケパークタウンの向かい側にある『上高地 あずさ珈琲』で食べたか、あるいは数年前に東京へ行った時に”ロールキャベツシチュー”とやらを食べた程度でしか無いのだが、その昔は我が叔母の得意料理だった事もあって、何と無く懐かしい味わいだ。ちなみに商品説明に寄ると”キャベツの甘みとお肉のうまみを閉じ込めた「ロールキャベツ定食」はトマトベースのソースがかかった身体のあたたまる逸品。また、手仕込みのロールキャベツとサイドメニューの生野菜で野菜が300gとれるヘルシーなメニューになっている”との事。で、そのお味であるがトマトベースのソースと言う事なのでもっと赤い色なのかと思いきや、何と無くデミグラスソースっぽい味わいながら中々ウマい
 
松屋ロールキャベツ定食
ちなみに、”ロールキャベツ”の断面を見るとこんな感じで、キャベツの中にはぎっしりとミンチ肉が詰まっていて中々のボリュームがあったのだが、キャベツ箸で割って食べるのが結構手間?だったので、ナイフ&フォークが欲しかった・・・。
 
松屋ロールキャベツ定食松屋ロールキャベツ定食
最期に・・・、こちらは”ロールキャベツ定食”に付いていた”生野菜”と”みそ汁”で、内容的には何時もと同じと言う事もあって流石に特に印象に残る事も無くなって来た・・・。強いて付け加えるならば40円プラスで”ポテトサラダセット”になる追加オプションもあったのだが、それは以前食べた時に割りと普通と言う印象だったので、今回も見送ったのであった。
 
てな事で、毎度お馴染みの牛丼チェーン『松屋』で今回も今迄食べた事の無い”ロールキャベツ定食”を食べてみたのだが、思った程のトマトソース感は無かったが、キャベツもミンチ肉もそこそこ食べ応えがあって全体的に中々美味しかった!またチャンスがあれば他の店でもこんな感じの”ロールキャベツ”を食べてみたい物だ。

2018年4月17日

今年も開催された姫路バーガー博覧会2018で”キューバサンドバーガー”と”我が家のごちそうバーガー”と”ビーフシチュー”を食べてみた!シンプルながらどれも中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
先に紹介したように、今年も開催された”姫路バーガー博覧会2018”と”ひめじサブカルフェスティバル2018”に行って、当然の如く?ハンバーガーとかビーフシチュー等を食べたので、これまた先の会場内の様子と同じように簡単にご紹介
 
姫路バーガー博覧会2018パンフレット
ちなみにこちらが”姫路バーガー博覧会2018”のパンフレットに載っていた出店リストで、パッと見た感じは個人的に馴染のある”佐世保バーガー”とか”淡路島バーガー”とか”明石原人バーガー”を始めとして、ちょっと変わった”牛タンハンバーガー”や”チキンケバブバーガー”等の変った物まである。で、昨年も一昨年も食べたいと思った”松阪牛バーガー”は残念ながら”まっつぁかバーガースペシャル”じゃ無かったのと、一番食べたかった『ステーキ 西村家』のブースは長蛇の行列が出来ていたのでパス・・・。そんな中から先ずは行列は出来て無いが、ちょっと美味しそうな”キューバサンドバーガー”を食べてみる事に決定!!!
 
MASTERPIECE( マスターピース)MASTERPIECE( マスターピース)
こちらがその”キューバサンドバーガー”とやらを販売していた『MASTERPIECE(マスターピース)』で、そもそもベースとなっている”キューバサンド”とは何ぞや?と帰って来てからググってみると、映画『シェフ』の中で登場して話題となった人気のサンドウィッチらしい。ま、映画大好きな私なのだが、基本的にはSF&アクション系しか見ないので、当然の如く映画『シェフ』なんて見て無いので流石の私も知る由も無いって処か・・・。
 
MASTERPIECE( マスターピース)
ちなみにこの『MASTERPIECE(マスターピース)』と言うお店は”KOBE岡本ハンバーガーフェスティバル2017”で優勝した人気のお店らしい・・・。とは言え、優勝したバーガーは”マスターピースmeetsチキンバーガー”とかで、今回買った食べた”キューバサンドバーガー”では無いらしい・・・。何で優勝した商品を販売しないのか(あるいは売ってたのかも?)謎ではあるが・・・。
 
MASTERPIECE( マスターピース)キューバサンドバーガー
それはさて置き、こちらが実際に買って食べた”キューバサンドバーガー”で、お値段は800円也。ご覧の様にバンズは普通のタイプ?と違って、何て呼ぶのか忘れたがフワフワ食感のパン生地に近いタイプだ。ちなみに商品説明に寄ると”話題のキューバサンドをマスターピースのオリジナルBBQソース、ブランド豚「茶美豚」のローストポーク、イタリアンサラミと自家製ピクルスでハンバーガースタイルに☆”との事。特に気にして無かったが挟んであるのはローストポークだったようだ。
 
MASTERPIECE( マスターピース)キューバサンドバーガー
で、早速この”キューバサンドバーガー”を食べてみると断面はこんな感じで、挟んである具材とかバンズは兎も角としてマスターピースのオリジナルBBQソースが結構私好みの味で中々ウマい!所謂、肉厚のビーフパティを挟んだバーガーとは全く違った味わいではあったが、これはこれで中々楽しい一品だった!
 
からあげ川政姫路バーガー博覧会2018c
そんなこんなで”姫路バーガー博覧会2018”の会場に到着して先ずは”キューバサンドバーガー”を食べた後は大手前公園やら姫路城三の丸広場を散策した後、再び”姫路バーガー博覧会2018”の会場に戻って来て、もう一品何か食べてから帰ろうと思い”高槻バーガー”のお店と悩みつつ選んだのが”我が家のごちそうバーガー”を販売していたこちらの『からあげ川政』で、当ブログをこまめにチェックしていただいてい居る方?は知っての通り?高砂界隈で開催されているイベントにはかなりの確率で出店している馴染のお店だ。とは言え、個人的にはイベントブースを利用した事は無く20年位前に高砂阿弥陀にある『うどんとかつめしの川政』へ食べに行った切りではあるが・・・。
 
からあげ川政我が家のごちそうバーガー
それはさて置き、こちらが実際に買って食べた”我が家のごちそうバーガー”で、お値段は700円也。パッと見た感じは一体どんなハンバーガーなのか全く判らんと思うが、一言で言うと”かつめしを挟んだバーガー”だ!ちなみに商品説明に寄ると”揚げ物専門店が作るビーフカツに、オリジナルソースは地元・加古川の地酒が隠し味。我が家のお祝い事の時のみ登場するハンバーガー。100食限定、利益度外視!”との事。確かにこの『からあげ川政』と言うお店はあちこちのイベント会場で”かつめし”を販売しているのだが、流石に”我が家のごちそうバーガー”を販売しているのを目にしたのは今回が初めての事だ!
 
からあげ川政我が家のごちそうバーガー
で、早速この”我が家のごちそうバーガー”を食べてみると、こちらのバンズは至って普通でその間に”加古川名物のかつめし”をカットした物が野菜類?と一緒に挟んだシンプルな内容だ。当然の如く味の要は”かつめし”のタレで、ビフカツの肉自体は若干歯応えがしっかりしていているが中々ウマい!偶に食べるビフカツサンドに似ているようで、全く違った食感でこれはこれで中々ウマかった
 
神戸北野珈琲
そんなこんなで今年もやって来た”姫路バーガー博覧会2018”で”キューバサンドバーガー”と”我が家のごちそうバーガー”を食べてお腹も気持ちも満足したのだが、この会場内を散策している時からずっと気になったいたのが、ハンバーガーでは無く”ビーフシチュー”を売っていたこちらの『神戸北野珈琲』のブース・・・。当然このブースでも”黒毛和牛100%ハンバーガー”を売っていたのだが、流石に2個もバーガーを食べたのでそちらには余り関心は湧いて来ない・・・。
 
神戸北野珈琲
で、こちらがこのブースで販売されていた”ビーフシチュー”のメニューで、パッと見た時は”ビーフシチュー”とは別にバケットパンが付いて来るのかと思いきや、よくよく説明書きを読むと”ビーフシチュー”の下に入っているらしい・・・。って事で、肉の量がイマイチ良く判らん気もしたが個人的に”ビーフシチュー”が大好きと言う事もあって取り敢えず食べてみる事に決定!!!
 
神戸北野珈琲ビーフシチュー
そしてこちらが実際に買って食べた”ビーフシチュー”で、お値段は500円也。先にも書いた様にカップの底の方にバケットパンが入っているので、若干嵩上げ感はあるが意外と牛肉がたっぷり入っていて、しっかり煮込んであるからか肉自体も柔らかくオーソドックスな味わいながらメチャウマい!”バーガー博覧会”ではあったが個人的に肉大好き人間と言う事もあって、この日食べた中では一番美味しかった気もする・・・。
 
てな事で、今年も開催された”姫路バーガー博覧会2018”で”キューバサンドバーガー”と”我が家のごちそうバーガー”と”ビーフシチュー”を食べてみたのだが、この日も未だ糞寒かった事もあって最後に食べた”ビーフシチュー”がオーソドックスな味ではあるが一番美味しかった気がする・・・。何れにしても来シーズンも開催されたら、また食べに行こうっと!

2018年4月16日

ちょっと体調不良の為?でも無いのだが、今日はお休み・・・。

Filed under: 未分類 — 代理人 @ 11:00 PM
 
代理人記録
 
ちょっと体調不良の為?でも無いのだが、今日はお休み・・・。

2018年4月15日

すっかり忘れていたが、今年も姫路バーガー博覧会2018&ひめじサブカルフェスティバル2018に行って来たので先ずは会場内の様子を御紹介!

Filed under: エンターテイメント — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
すっかり忘れていたが、今年も開催された”姫路バーガー博覧会2018”と”ひめじサブカルフェスティバル2018”に行って来たので、取り敢えず後々の参考の為に先ずは会場内の様子を簡単に御紹介
 
姫路バーガー博覧会2018&ひめじサブカルフェスティバル2018姫路バーガー博覧会2018&ひめじサブカルフェスティバル2018
ちなみにこちらが”姫路バーガー博覧会2018”と”ひめじサブカルフェスティバル2018”の告知ポスターで、これを見る限り例年開催されている内容と大差無いようだが、裏に載っていたハンバーガーの出店リストを見ると、以前から一度食べてみたいと思っていた”まっつぁかバーガースペシャル”は今年は出店して無いようだ・・・。
 
姫路バーガー博覧会2018&ひめじサブカルフェスティバル2018
そしてこちらが毎回恒例の”イーグレひめじ”の屋上から見た”姫路バーガー博覧会2018”と”ひめじサブカルフェスティバル2018”が開催されていた姫路大手前公園の様子で、何と無くであるが昨年や一昨年に開催された時と比べると出店しているハンバーガー店の数が少ないような印象・・・。ちなみに右の方には、これまた毎回お馴染みの痛車がずらーっと並んでいる・・・。
 
姫路バーガー博覧会2018&ひめじサブカルフェスティバル2018
で、先ずは開場到着後に取り敢えずハンバーガーを一つ食べた後、会場内を見て廻って行くと、当然の如く会場内には何らかのイベントが行われるメインステージもあったのだが、私が観に行った時は姫路バーガー博覧会の店の紹介だったので、そちらはパスして公園の西の一角にある”ひめじサブカルフェスティバル”のサブステージを少しだけ見学・・・。
 
姫路バーガー博覧会2018&ひめじサブカルフェスティバル2018
ちなみにこちらは大手前公園内を散策していると、サバイバルゲームのブースがあって偶々そこにこれまた毎度お馴染みの”姫路城甲冑隊”の人が居て丁度ライフルを借りて構えている姿が、何と無く映画”戦国自衛隊”っぽい雰囲気だったので、写真を撮らせて貰った。”姫路城甲冑隊”のオジサンは気を利かせて私の方に銃口を向けてくれたのだが、その横をさりげなく通っていたスパイダーマンは空気が読めないのか、一切振り向きもせずに通り過ぎて行った・・・。甲冑隊vsスパイダーマンの写真も撮りたかったんだけどなあ・・・。
 
姫路バーガー博覧会2018&ひめじサブカルフェスティバル2018
それはさて置き、一旦大手前公園から出て姫路城の方へ向かって行くと、桜門橋の手前で今度は黒田官兵衛っぽい甲冑隊サブカルフェスティバル参加のオネエチャンが姫路城をバックにして写真を撮っていたので、私もそれに便乗させて貰って撮ったのがこちらの一枚・・・。
 
姫路バーガー博覧会2018&ひめじサブカルフェスティバル2018
最後に・・・、こちらは姫路城の三の丸広場でこれまたサブカルフェスティバル参加のオネエチャン達を撮影しているカメラマンの姿を、取材の為に後ろから撮影している神戸新聞の記者を撮った写真なのだが、実はこの数分前にはカメラマンや新聞記者、それに私を含め後数人一斉で、オネエチャン達の写真を撮ったのだが、その後でわざわざ新聞記者の人はカメラマンの人に”撮っている姿を後ろから撮りたい”とお願いして撮っていたので(何故か私に依頼は無い・・・)、それを私が更にその後ろから?撮ったのだった・・・。ある意味ヤラセみたいな感じだし、そもそも新聞記者さんとは祭りの際に場所の取り合いになるので嫌いな人種だ。
 
てな事で、今年も開催された”姫路バーガー博覧会2018”と”ひめじサブカルフェスティバル2018”に行って来たので、先ずは会場内の様子を簡単に御紹介したのだが、実際に会場で食べたハンバーガー等の話はこの後直ぐ・・・?

2018年4月14日

明姫幹線加古川稲屋交差点の角にあるラーメンチェーン”東麺房”の前を通ると”やみつきラーメン”が300円だったので食べてみた!この値段なら確かに安い!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
私の記録が確かならば、2002年の10月頃に明姫幹線加古川稲屋交差点の角にラーメンチェーンの『東麺房/加古川店』がオープンした。当時は未だこの界隈には今ほど沢山のラーメン屋さんが無かったので、私もオープン直後を始めとして偶に新聞の折込チラシに餃子無料券や割引券等が入っていたので、それに釣られて一時期良く食べに行っていた。が、最近は他に行ってみたいお店が増えた事や、値段や内容を考えるとそれ程の魅力を感じ無くなって来たので、最近は余り利用する事は無い。が、場所的な事もあってお店の前はかなりの頻度で通るのだが、2月の建国記念の日の前後にお店の前を通ると”やみつきラーメン”が300円!と言う貼り紙があったので、それに釣られて食べに入ってみた。
 
東麺房/加古川店
こちらがまたまた行って来た明姫幹線加古川稲屋交差点の角っ子にあるラーメンチェーンの『東麺房/加古川店』で、最近このお店に来たと言えば昨年の夏頃に”和 醤油ラーメン”、丁度1年位前に”鶏白湯らーめん”がそれぞれ税別価格500円の期間限定特別価格に釣られて食べに来た時ぐらいなのだが、今回は更に安い300円!と言う事もあってか、既に店内は千客万来状態だ。ま、このお店は地理的に便利?な事もあってランチタイムは割と客が入っているような気はするが・・・。
 
東麺房やみつきラーメン醤油
それはさて置き、こちらが実際に食べた”やみつきラーメン 醤油”で、通常税別価格640円の処、この日は何のキャンペーンか知らないが特別価格となって税別価格300円也。ご覧のようにスープは半透明で表面には少量ながら背脂が浮いているが、味は基本的に関東人好み?っぽいしっかりした醤油味で、播州ラーメンの甘口スープに慣れ親しんでいる私には少し醤油辛いぐらい。とは言え、今回は税別価格300円なので特に不満も無く普通に美味しい
 
東麺房やみつきラーメン醤油
そしてこちらは”やみつきラーメン 醤油”にトッピングされていたチャーシューで、このお店定番の肉厚のあるしっかりした食感で、こちらも普通にウマい!最近は結構な割合で薄切りタイプや柔らか食感のチャーシューを食べる事が多かったので、これはこれで中々良かったかな
 
東麺房やみつきラーメン醤油
ちなみにこちらが”やみつきラーメン 醤油”の麺で、以前買った”ラーメンパス本2”の説明に寄ると”最高級の小麦粉を使い特殊製法で防腐剤を一切使用せずにコシがしっかり”との事らしいが、これまた以前食べた”和 醤油ラーメン”とか”鶏白湯らーめん”の時と同じく可も無く不可も無く・・・と言う印象だったかな。
 
てな事で、『東麺房/加古川店』のお店の前を通ると”やみつきラーメン”が300円!と言う貼り紙があったので、それに釣られて食べてみたのだが、大きなインパクトは無いオーソドックスでシンプルな内容ではあったが、お得感もあって普通に美味しかった!それはさて置き、この時の店内の張り紙に加古川店限定の”黒ラーメン”なるメニューがあったのだが、税別価格710円なので食べに行くべきかどうか思案中・・・、てか、もう2ヵ月以上前の話なので今日現在販売中なのかどうか定かでは無いが・・・。

2018年4月13日

毎度お馴染みの”松屋”で加古川の店舗でも販売開始となった”和風カルボナーラうどん”を食べてみた!釜玉うどんの洋風版みたいで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん, — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
十数年前に連日の如く大阪天満界隈にある某事務所へ行っていた頃に、ランチを食べに天神橋商店街の中にある牛丼チェーンの『松屋』を偶に利用していた。その頃は未だ”牛めし”とか”カレー”等のメニューが中心で、今みたいに定食メニューは余り無かった様な気がするのだが、今では牛丼チェーン店と言うよりはどちらかと言うと定食チェーン店?と呼んでもおかしく無い程にメニューが増えている。そんな事もあって最近は『松屋』に行っても定食を食べる事が多いのだが、偶に姫路へ行った時に『松屋/姫路店』の前を通ると店舗限定で”うどん”が販売されていたのだが、最近になって私が良く利用している『加古川平岡町店』でも”うどん”の販売が始まったので試しに食べてみた。
 
松屋/加古川平岡町店
こちらがまたまた行って来た、牛めし(牛丼)、カレー、定食、その他丼物でおなじみの『松屋/加古川平岡町店』で、この日は丁度ランチタイムが始まる正午前の訪問だったので、既に何組かのお客さんは居たがそれ程の混雑と言う程でも無かったので、今回もゆったりと食事が出来るテーブル席を利用・・・。例えちょっとしたランチでも、狭苦しいカウンター席で食事をするのと、ゆったりとしたテーブル席で食べるのでは全然雰囲気も違うし・・・。
 
松屋和風カルボナーラうどんのメニュー
そしてこちらが今回食べた店舗限定メニューである”和風カルボナーラうどん”で、他にも”かきたまうどん”や”きつねうどん”、それに”肉カレーうどん”等もあったのだが、どうせ食べるならブログネタにもなりそうな?このヘンテコメニューの”和風カルボナーラうどん”を食べる事にしたのであった。
 
松屋和風カルボナーラうどんとミニ牛めしセット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”和風カルボナーラうどん”と”ミニ牛めし”のセットで、別途定番の”みそ汁”も付いてお値段は税込価格660円也。何時もの如く最初は”和風カルボナーラうどん”の単品で良いかな?と思ったのだが、流石にそれだけでは食べ足り無いかも?と思ったので、”ミニ牛めし”が付いたセットにしたのだった。
 
松屋和風カルボナーラうどん
そしてこちらがメインの”和風カルボナーラうどん”で、雰囲気的には”釜玉うどん”っぽいのだがメニューの説明に寄ると”ベースはうどんだし”で、そこに”北海道産バター、半熟玉子、ベーコン”等がトッピングされているので、和風と言うよりか見た目は洋風な印象・・・。
 
松屋和風カルボナーラうどん
それはさて置き、メニューの説明に”熱いうちによく混ぜてからお召し上がりください”と書いてあったので、早速箸で麺と半熟玉子と北海道産バター等を混ぜ合わせたのがこちらの”和風カルボナーラうどん”で、味の印象としては先にも書いたように”釜玉うどん”っぽい感じだが、北海道産バターや胡椒等の効果もあってこれが中々ウマい!具がほとんど無いのが寂しいが、確かに一風変わったうどんで個人的には好きな味かも。
 
松屋ミニ牛丼
そしてこちらは”和風カルボナーラうどん”とセットで食べた”ミニ牛めし”で、基本的には”化学調味料、人工甘味料、合成着色料、合成保存料を使用せず、身体がよろこぶ自然の味をお楽しみいただけます”と言う『松屋』定番の”牛めし”のミニサイズで、当然の如く味も全く同じだ。偶に書いている様に、私は”吉牛”大好き人間なので、どうしてもそちらと比べてしまうのだが、何と無く昔良く『ながさわ』で食べていた牛丼?に近い雰囲気があって少し懐かしい味わいがあったかな。
 
松屋和風カルボナーラうどんとミニ牛丼セットのみそ汁
最後に・・・、こちらは”和風カルボナーラうどん”と”ミニ牛めし”のセットに付いていた”みそ汁”で、何時もの如く『松屋』定番の”天然だしを利かせた無添加だしの、あと味豊かなみそ汁”で、最近は月に一回以上?飲んでいる事もあって可も無く不可も無くであった・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの牛丼チェーン『松屋』で今回は遂に加古川にある店舗でも販売が始まった”うどん”のメニューの中から、ヘンテコなネーミングに釣られて”和風カルボナーラうどん”を食べてみたのだが、和風と言うよりか”釜玉うどん”を洋風テイストにしたような感じで、これはこれで中々美味しかった!それはさて置き、この後も”ふわとろ豚と温野菜定食”、”厚切りポークステーキ定食”、”ごろごろ煮込みチキンカレー”等を食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

2018年4月12日

ヤマトヤシキ加古川店で開催されていた長崎物産展で”長崎がまだす堂本舗”の”長崎ちゃんぽん”を食べてみた!食べ慣れた中央軒かリンガーハットの方が好きかも・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:38 PM
 
代理人記録
 
年に一回か二回程、ヤマトヤシキ加古川店で開催されている長崎県の物産と観光展に行って佐世保バーガーとか鯨カツ&鯨の竜田揚げ等を買って食べる事があるのだが、今年も2月の上旬頃にその物産展が開催されていたので、毎度の事ながら様子を見に行ってみると久々に特設茶屋があって今回は長崎名物の”ちゃんぽん”と”皿うどん”が食べれるようだったので入ってみた。
 
長崎がまだす堂本舗
こちらが今回行って来たヤマトヤシキ加古川店の第17回 長崎県の物産と観光展の会場の一角にあった『長崎がまだす堂本舗』で、偶に開催されている他の地方の物産展とかでも、この手の特設茶屋が出店している事があって、個人的に大好きな『旭川らーめん山頭火』や、少し珍しい『門司港ちゃんらー』、それに今回と同じく”長崎ちゃんぽん”とか”長崎皿うどん”も当然の如く食べた。ま、何れにしても姫路山陽百貨店では二ヶ月に一回位の割合で特設茶屋のラーメンを食べているのだが・・・。
 
長崎がまだす堂本舗特設茶屋のメニュー
それはさて置き、こちらが『長崎がまだす堂本舗』の特設茶屋のメニューで、当然の如く”長崎ちゃんぽん”と”長崎皿うどん”の両方があってどちらを食べるか悩ましかったのだが、個人的に”長崎皿うどん”を食べる時は生ビールが必須?なのだがこの日は車移動だった為、そちらを諦めて”長崎ちゃんぽん”を食べる事に決定!!!
 
長崎がまだす堂本舗長崎ちゃんぽん
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”長崎ちゃんぽん”で、お値段は税込価格972円也。ご覧の様にスープは結構濁りがあるが、魚介や豚肉や野菜等がたっぷり入った如何にも本場長崎名物のチャンポン!と言わんばかりのボリュームだ。ちなみに商品説明に寄ると”厳選素材のこだわりスープが特徴の〈長崎がまだす堂本舗〉「長崎ちゃんぽん」は、コクと旨味があるのにあっさりして後味も良いと評判の一品”との事。それはさて置き、先ずはスープから飲んでみると豚骨ベースながらあっさりとはしているが、個人的に大阪在住の頃に良く食べていた『中央軒』とか、最近結構な割合で食べる機会が増えた『リンガーハット』の方に慣れ親しんで来た事もあって、それらの方が好きな味かな。
 
長崎がまだす堂本舗長崎ちゃんぽん
ちなみに”長崎ちゃんぽん”の麺はこんな感じの中太麺で、特にそれ以上のインパクトは無いが、普通に美味しい麺であった。
 
てな事で、ヤマトヤシキ加古川店で開催されている長崎県の物産と観光展に行ってみると珍しく『長崎がまだす堂本舗』の特設茶屋があったので今回は”長崎ちゃんぽん”を食べてみたのだが、確かに魚介類や野菜たっぷりで普通に美味しかったのだが、食べ慣れた『リンガーハット』と比べると何とも言え無い気もする・・・。それはさて置き、帰って来てから当ブログの過去記事を見ると、この『長崎がまだす堂本舗』と言うお店は以前に姫路山陽百貨店で出店していた時に食べた事があったみたい・・・。記憶に残って無かった・・・って事は、やはりそれなりの・・・。

2018年4月11日

高砂の鹿嶋神社に向かう途中に最近出来た”讃岐うどん 将”で”串揚げ定食”を食べてみた!今回は20%割引券利用だったのでお得感満載だった!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
2月の中旬頃に久々にご主人様からランチを食べに行こうと言うお誘いがあった。で、何時もであれば何処のお店に行こうかと思案する処なのだが、今回は少し前に新聞の折込チラシか、あるいは何かのクーポン誌に付いていた高砂阿弥陀に最近出来た『讃岐うどん 将』と言うお店の20%OFF券があったので、折角なのでそのお店に行ってみる事にした
 
讃岐うどん将/高砂店20%引きクーポン券
ちなみにこちらがその時に持参した”20%引きクーポン券”で、日頃から”吉野家の50円引券”、”かつやの100円引券”、”中納言の5000円引券”等を愛用している私に取っては20%引きは結構デカイので、有効期限が切れる前に絶対に行こうと思っていたので、ある意味丁度良かったとも言える・・・。
 
讃岐うどん将/高砂店
そしてこちらが今回行って来た『讃岐うどん 将(しょう)/高砂店』で、お店がある場所は国道二号線阿弥陀交差点から鹿嶋神社へ向かう途中の、以前は『池田製麺所/真心うどん本店』で、その後に『中華料理 酔仙の味』となった店舗だ。ちなみにこのお店の隣には何時ぞや草刈の後に管理人さんや30番さんとプチ宴会?した『お好み焼 いい友/阿弥陀店』があってそちらは未だ健在だ。それとこのお店の本店?だと思うが、姫路市川にあって、以前偶に姫路への行き帰りで店前を何度も通った事があるのだが、最近は姫路バイパスを利用する事がほとんどなので、すっかりそのお店の事は忘れていた・・・。
 
讃岐うどん将/高砂店ランチメニュー讃岐うどん将/高砂店サービス定食メニュー
それはさて置き、こちらが店内に置いてあったこのお店のお得なランチとサービス定食のメニューで、この他にも”こだわりの海鮮丼”とか、あるいはプリンやぜんざい等が付いたセットメニュー等もあったのだが、取り敢えず今回が初訪問なのでうどんが付いたセットを・・・と思い、私は”串揚げ定食”を、ご主人様は”カキフライ定食”を食べてみる事に決定!!!
 
讃岐うどん将串揚げ定食
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”串揚げ定食”で、メインの””の他に”ミニかけうどん(温)”、サラダ、ごはん、漬物がセットになってお値段は通常価格980円の処、今回は20%OFF券利用で200円引き(多分端数は面倒なので切り上げたのだと思う)となって780円也。ちなみに”ミニかけうどん(温)”の並への変更と”ごはん”の大盛りはそれぞれプラス100円だったので、当然の如くどちらも標準のままだ。
 
讃岐うどん将串揚げ定食
そしてこちらが”串揚げ定食”のメイン料理である串揚げで、パッと見ただけではどれが何の串か判らないがメニューに寄ると”イカ、ホタテ、牛肉、鶏肉、豚肉”の5種類の盛合せで珍しく野菜は一切無い・・・。で、ホタテの串揚げはちょっと珍しいが独特の食感で若干好みの味じゃ無かったのだが、牛肉、鶏肉、豚肉等は定番の味で普通に美味しかった
 
讃岐うどん将串揚げ定食
それとこちらは、ある意味こちらがお店の看板商品でもある”串揚げ定食”に付いていた”ミニかけうどん(温)”で、他に”ミニぶっかけ(冷)”が選べたのだが、当然未だ極寒の最中だったので温かいお出汁に浸かった方を選んだのだった。で、看板には”讃岐うどん”となっていたが、実際に食べてみると麺は柔らか目でお出汁も割と普通・・・。ま、少し前に『池田製麺所 真心うどん/米田店』へ行った時の記事でも書いたように最近は結構な割合で『丸亀製麺』とか『はなまるうどん』等の有名チェーン店へ行っているので、どうしてもそれらと比べてしまうもので・・・。
 
讃岐うどん将串揚げ定食8
それともう一つ、こちらも”串揚げ定食”に付いていたサラダで、ご覧のようなレタスを中心とした内容で味的にも極々普通なのだが、”ミニかけうどん(温)”と一緒に食べると言う点では次に紹介する”カキフライ定食”に付いていた”茄子の煮浸し”の小鉢の方が良かったかも・・・。
 
讃岐うどん将カキフライ定食
ちなみにこちらがご主人様が食べた”カキフライ定食”で、ご覧のようにメイン料理の”カキフライ”が入った大皿の他に”ミニかけうどん(温)”と”ごはん”、それに私が食べた”串揚げ定食”とは違って小鉢?が二つ付いてお値段は同じく980円也(割引きで780円)。何と無くであるが、”カキフライ”は兎も角として小鉢付きの方が良かったなあ・・・。てか、”カキフライ”の代わりに串揚げを並べたらそれで済みそうな気もするのだが・・・。
 
てな事で、折込チラシかクーポン誌に鹿嶋神社に向かう途中に最近出来た『讃岐うどん 将』の20%OFF券があったので、それを使って”串揚げ定食”を食べてみたのだが、内容は割とオーソドックスながら所謂ビジネスマンのランチには持って来いな感じの内容で、これはこれで中々良かったかな。何より20%引きだったのでお得感もあったし・・・。ちなみに帰り際には今度は10%引き券をくれたので、また近い内に食べに行ってみたいと思う・・・。

2018年4月10日

毎度お馴染みになりつつある”天丼・天ぷら本舗さん天”で意外とシンプルな”鶏づくし親子天丼”を食べてみた!鶏つくねの天ぷらが入っていて中々楽しい!

Filed under: — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
此処最近、何と無く”天丼”を食べる機会が増えて来た気がするのだが、その中の一つに2017年3月21日に明幹二子東交差点西近くにオープンした『天丼・天ぷら本舗 さん天/播磨町店』がある。で、初めて行った時はプレオープン期間と言う事でメニューは”海老天丼、天ぷら定食、海老天ぷらうどん”の3種類しか無かったのと、2回目に行った時に私の好きな”鶏天”が入った”鶏親子天丼”を食べた事もあって、これで当分の間食べに行く事も無いかな?と思っていたのだが、その後からは期間限定のメニューが登場するので定期的に食べに行くようになった。で、今回はちょっと変わった鶏つくねの天ぷら?が入った”鶏づくし親子天丼”が新登場したので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
天丼・天ぷら本舗 さん天/播磨町店
こちらがまたまた行って来た『天丼・天ぷら本舗 さん天/播磨町店』で、以前にも書いたがこのお店は”しゃぶしゃぶ食べ放題”で有名な『和食さと』でお馴染みのサトレストランシステムズが運営している”天丼が390円”と言う安さがウリのチェーン店だ。で、このお店でも毎度お馴染みの『カツ丼チェーン店のかつや』と同じように、定期的に期間限定のフェア丼が登場するので中々目が離せない
 
天丼・天ぷら本舗さん天鶏づくし親子天丼フェアメニュー
それはさて置き、こちらがこの時に『天丼・天ぷら本舗 さん天』から期間限定で販売されていた”鶏づくし親子天丼”のフェアメニューで、その内容はと言うと”鶏、鶏つくね、鶏団子”の3種類の天ぷらがトッピングされた”おいしさ鶏プル!”な天丼との事。パッと見た感じは以前食べた”鶏親子天丼”に鶏つくねと鶏団子が入っただけのようだが、最近はこのお店に来てもフェア丼を食べる事が多い事もあって、今回も迷わずこの”鶏づくし親子天丼”を食べる事に決定!!!
 
天丼・天ぷら本舗さん天鶏づくし親子天丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鶏づくし親子天丼”と、今回も”選んで一品無料券”を利用して頼んだ”焼バラ海苔のみそ汁”で、お値段は”鶏づくし親子天丼”のみとなり税込価格590円也。このお店も毎度お馴染みの『かつや』と同じく毎月一回は食べに来るようになり、更に毎回貰える”選んで一品無料券”の有効期限も以前のような短期間では無く翌月末までの場合の時が多いので、毎回”焼バラ海苔のみそ汁”が無料で食べれると思うと結構お得かも。
 
天丼・天ぷら本舗さん天鶏づくし親子天丼
そしてこちらがメインの”鶏づくし親子天丼”で、その内容はと言うと”鶏2個、鶏つくね1本、鶏つくね団子2個、たまご、オクラ、カボチャ”と正に鶏を中心としたボリューム満点な内容。ちなみに商品説明に寄ると”鶏の天ぷら、香ばしく炙った鶏つくね串の天ぷらなど、鶏肉好きにはたまらないボリュームたっぷりの天丼”との事。ま、この中で一番美味しいと思ったのは定番の”鶏の天ぷら”なので、普通の”鶏天丼”で十分な気もするが・・・。
 
天丼・天ぷら本舗さん天鶏づくし親子天丼
それはさて置き、こちらが”鶏づくし親子天丼”の最大の特徴とも言える”鶏つくね串”と”鶏つくね団子”の天ぷらで、どちらも似たような割としっかりと身が詰まっていて期待した程のジューシー感?は全く無かったのだが、”鶏つくねの天ぷら”と言う珍しさもあって普通に美味しかったかな
 
天丼・天ぷら本舗さん天鶏づくし親子天丼
ちなみに、こちらも”鶏づくし親子天丼”の中に入っていた”たまご”の天ぷらで、偶に中までしっかり固まっている時もあるが、今回はご覧の通りの半熟加減で、この卵黄を”鶏天”とか”鶏つくね”に絡めて食べるとメチャウマい!”鶏づくし親子天丼”では無くいっその事、玉子で綴じて”親子天丼”(”鶏親子天丼”とは違う意味の・・・)みたいな感じな丼にして欲しかったような気もする・・・。
 
天丼・天ぷら本舗さん天焼バラ海苔のみそ汁
最後に・・・、こちらは以前食べに来た時に貰った”選んで一品無料券”を利用して注文した”焼バラ海苔のみそ汁”で、その名の如く”焼バラ海苔”がたっぷりと入ったシンプルな味噌汁ながら、これが中々ウマい!似たような味噌汁に沖縄名物の”アーサー汁”とか”あおさ汁”があるが、やっぱ”焼バラ海苔のみそ汁”の方が私は好きかな。
 
てな事で、ようやく?毎度お馴染みと言って良い程になって来た『天丼・天ぷら本舗 さん天』で今回も期間限定のメニューの”鶏づくし親子天丼”を食べてみたのだが、”鶏つくね”自体に期待した程のジューシー感が無かったのが残念ではあるが、ちょっと珍しい”鶏つくねの天ぷら”と言う事もあって中々楽しい天丼だった事だけは違い無い。そしてこの後も”海老チリ天丼”を食べに行ってしまうのだが、その話はまた後日・・・。てか、もうちょっと早目に紹介せんといかんよなあ・・・。
次ページへ »

WordPress.com Blog.