義史のB型ワールド

2014年8月31日

ポートアイランドからの帰り道、ハーバーランドにある”どうとんぼり神座”に行って”牛焼肉と野菜のスタミナラーメン”を食べた!基本は”神座のおいしいラーメン”だが、文字通り具沢山で中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:13 PM
 
代理人記録
 
約2年ぶりにやって来た神戸ポートアイランドにある某事務所での打合せが終わった頃は既に午後6時半を廻っていた・・・。時間も時間だし少し小腹も空いて来たし、何と言っても久々に来た都会?なので何処かで何かを食べてから帰ろうと思ったのだが、この日は車移動な事もあり三宮の中心街へ行くにはちょっと不便(と言いつつ実は、打合せに参加した方々を三宮駅まで送って行ったので駅前までは行っていたのだが・・・)。で、ふと思い付いたのが、以前は駐車場代が必要だった神戸ポートアイランドだが、昨年umieになってからは2時間迄は無料!(ちなみに私はポイントカードを持っているので3時間まで無料!)だし、帰る方向にあるのでちょっと寄り道するにも便利!って事で、umieに行ってみる事にした。
 
神戸ハーバーランドumieフードコート
で、神戸ハーバーランドumieと言えば以前からすっかりお馴染みの神戸モザイクのレストラン街があるのだが、カッターシャツ姿のおっさんがディナータイムにちょっと立ち寄る雰囲気のお店は少ない!って事で、私が以前から時々買物に行っているソフマップ神戸店がある北館の4Fにあるフードコートに行って、久々に私が育てたと言っても過言では無い、今では大阪を代表するラーメン屋さんにまで成長した『どうとんぼり神座(かむくら)』の神戸初のお店に行ってみる事にした。
 
どうとんぼり神座/神戸ハーバーランドumie店
こちらが今回行って来た『どうとんぼり神座神戸ハーバーランドumie店』で、『どうとんぼり神座』と言えば当ブログで再三に渡って書いている様に、今から30年程前に私が大阪に住んでいた頃に夜な夜な酒を飲みにミナミの繁華街を彷徨っていた頃、当時から既に超人気店だった『大阪金龍ラーメン』に並んで迄食べるのが嫌になり、他に美味しいラーメン屋さんを探そう!と開拓したのが、道頓堀のメインストリートの路地を少し入った処にあった、カウンター席が数席あるだけの小さなラーメン屋さんが、この『どうとんぼり神座』の一号店なのだった。で、直ぐにその味に惚れ込んだ?私は、それから飲みに行く友人知人をみんな連れて行った程である・・・。そのおかげ?で、徐々にこのラーメン屋さんはメジャーとなり、今は東京進出まで果たした大阪を代表するラーメン屋さんとなったのであった。
 
ちなみに個人的には姫路に本店がある『ラー麺ずんどう屋』も、未だ本店しか無かった頃に、一足先に常連客になっていた私は、その後に甥っ子や某先輩や管理人さんや30番さんらを連れて食べに行ったおかげ?で、今の様な巨大なラーメンチェーン店になった?と言える様な・・・。何と無く『どうとんぼり神座』もそんな感じなのであった!
 
それはさて置き、この『とんぼり神座神戸ハーバーランドumie店』は、昨年の夏にお店が誕生した時は兵庫県初進出店として話題になったが、今では尼崎とか伊丹とかにも支店が出来ている。そう言った意味では大阪だけでは無く徐々に兵庫県でもメジャーなラーメン屋さんになりつつあるのかも知れない・・・。
 
どうとんぼり神座/神戸ハーバーランドumie店のメニュー
そしてこちらが『どうとんぼり神座神戸ハーバーランドumie店』のメニューで、私が大阪道頓堀にあるカウンターだけの小さなお店に通っていた頃は、メニューには”おいしいラーメン”しか無かったのだが今ではこの様に沢山の種類になっている。とは言え、以前管理人さん一家と食べに行った事がある河内長野店とか、あるいは数年前に甥っ子と食べに行った鶴見店の様なファミレスっぽい感じの郊外型の店のメニューに比べると、これでも少ない方だ・・・
 
で、このお店の看板メニューは”社長がフレンチでの経験を活かし開発した、門外不出の神座秘伝スープ。その美味しさが引き立つように、麺の上には白菜というシンプルなラーメンにした。この「おいしいラーメン」の人気により、大阪・道頓堀に4坪9席からスタートした店は、1日500杯以上を売り上げる人気店になった”と言う”おいしいラーメン”で、私も久々の訪問だったので、最初はこの”おいしいラーメン”を食べ様と思っていたのだが・・・(どうでもエエが、今でも”おいしいラーメン”が550円ってのは中々良心的な気がする・・・)。
 
どうとんぼり神座牛焼肉と野菜のスタミナラーメンメニュー
食券を買おうとカウンターに並んでいると何やら朝日放送のTV番組”ごきげん!ブランニュ”とコラボしたと言う”牛焼肉と野菜のスタミナラーメン”なるメニューを発見!!!この番組意味は偶に見る事があるし、ガリガリガリクソンが開発に加わった時の放送も見たのだが、その時は朝日放送のイベント会場でしか食べれ無い限定メニューだったので、特に気にしなかったのだがそれが好評だったからなのか、期間限定ながら一部の店舗で販売する様になったらしい。毎度の事ながら期間限定物に弱い私だし、基本のスープは最初食べ様と思っていた”おいしいラーメン”と同じっぽいので、今回はこの”牛焼肉と野菜のスタミナラーメン”を食べる事に決定!!!
 
どうとんぼり神座牛焼肉と野菜のスタミナラーメンどうとんぼり神座牛焼肉と野菜のスタミナラーメン薬味
で、このお店はフードコートにあると言う事もありセルフ形式のお店なので、先客がどれほど居るのか全然見当が付かなかったのだが、結局10分近く待たされて漸く出来上がって来たのがこちらの”牛焼肉と野菜のスタミナラーメン”で、お値段は税込価格890円也。ちなみに通常の店舗ではテーブル席やカウンター席の上に”ニラキムチ”が常設してあるので、何時でも好きなタイミングで追加出来るのだが、流石にフードコートにあるのでお店のカウンターにしか”ニラキムチ”は置いて無かったので最初からトッピングしてみた。
 
どうとんぼり神座牛焼肉と野菜のスタミナラーメン
されはさて置きあらためて”牛焼肉と野菜のスタミナラーメン”をじっくりと観察してみると、雰囲気的にはチャーシュー抜きの”おいしいラーメン”の上に”牛焼肉と野菜の炒め物”をトッピングした様な物だが、最近流行り(もう終わった?)の”ドカ盛りラーメン”程では無いが、ご覧の通り中々ボリュームがある。で、そのお味はと言うと基本的には”白菜たっぷりでちょっと甘辛い鶏がらコンソメベースの醤油スープ”で、個人的にはちょっと懐かしい味で中々ウマい
 
どうとんぼり神座牛焼肉と野菜のスタミナラーメン
そしてこちらが”牛焼肉と野菜のスタミナラーメン”の最大の特徴とも言えるメインの具の”牛焼肉”で、名称は焼肉とはなっているがどちらかと言うと甘辛く煮込んだすき焼き風の味付けで、この手のお肉としても非常に柔らかい方でこれはこれでウマい!牛肉がトッピングされたラーメンと言えば、以前に”神戸牛ラーメン”とか”近江牛ラーメン”を食べた事があるが、それらはどちらとも牛肉の旨味を強調する為か上品なあっさり味だったが、こちらは反対に大阪をイメージする様なコテコテの濃い目の味だが、思わず白ご飯が欲しくなるぐらいで個人的には結構好きな味かも。
 
どうとんぼり神座牛焼肉と野菜のスタミナラーメン
ちなみにラーメンを食べ進んで行くと、スープの中からは”おいしいラーメン”定番の具である豚肉も出て来た。個人的に結構あちらこちらのお店でラーメンを食べて来たが、牛肉と豚肉が一緒に入っているラーメンを食べた記憶は余り無い様な・・・。ま、それがどうした?と言うのか、別に両方入っていたから美味しいと言う訳でも無いが、これはこれで中々楽しい!どうせなら鶏肉も加えてくれたらもっと面白かったかも・・・
 
どうとんぼり神座牛焼肉と野菜のスタミナラーメン
そしてこちらは”牛焼肉と野菜のスタミナラーメン”のもう一つの特徴である野菜類で、”神座のおいしいラーメン”と言えば白菜が入っているのが特徴的だが、その他にも炒めたキャベツやタマネギがどっさり!更に牛焼肉と一緒に焼いた?煮込んだ?様な感じの甘辛い味が浸み込んだタマネギも入っていてこれまた楽しい!普通、白菜とキャベツが一緒になったり、あるいは炒めたタマネギと煮込み風のタマネギが2種類入ったラーメンには中々お目にかかれないでしょう!その他にも人参やらモヤシやらと、確かに野菜もたっぷりだったかな。
 
どうとんぼり神座牛焼肉と野菜のスタミナラーメン
ちなみに”牛焼肉と野菜のスタミナラーメン”の麺は、こんな感じの中細ストレートな所謂多加水麺と呼ばれている麺で基本的には”おいしいラーメン”で使われている麺と同じ・・・。個人的にはこのお店のスープは大好きなのだが、麺は余り好みでは無くこの日もやっぱり美味しいとは思えなかった様な・・・。
 
てな事で、神戸ハーバーランドumieが誕生する前から、その中に『どうとんぼり神座』が兵庫県に初進出して来ると言う事でお店が出来る前から出来た後も何度も足を運びながら、実際にお店で食べたは今回が初めてであるが、この日食べた”牛焼肉と野菜のスタミナラーメン”は、若干お店の看板メニューである”おいしいラーメン”とは違う様な印象もしたがこれはこれで普通に美味しかった!とは言え、流石に30年前に食べていた頃と、それ以降に色んなスープや味のラーメンを食べて来た今となっては、”おいしいラーメン”も超オススメ・・・、と言う程でも無くなって来た気はする・・・。ま、味の流行り廃りもあるからなあ・・・。でも最近はオススメしたい様なラーメン屋にも出会わなくなってしまったしなあ・・・。
広告

2014年8月30日

久々にポートアイランドに行ったので神戸学院大学の中にあるレストランで”シェフのおすすめランチ”を食べてみた!この日は”ポークステーキ”だったが、食べ応えもあって中々ウマかった!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:47 PM
 
代理人記録
 
此処何年かは2年に一回ぐらいの割合で、神戸ポートアイランドにある某事務所に出向いて行く事があるのだが、この日はそこで打合せが行われる事になったので、久々に行く事になった。で、以前に連日その事務所に行って作業をしていた時は、弁当を手配して貰っていたのだが、偶に午後から行く時とか打合せのみの場合は、そこへ行く前に何処かでランチを食べてから行く事が多かった。とは言え、ポートアイランドにはお手軽に利用出来るお店が少ないので、前回一度は行ってみたかった神戸学院大学ポートアイランドキャンパスの中にあるレストランに行ったら、意外と雰囲気が良かったのでこの日もそこでランチを食べる事にした。
 
神戸学院大学ポートアイランドキャンパス神戸学院大学ポートアイランドキャンパス神戸学院大学ポートアイランドキャンパス
こちらが久々に行って来た神戸学院大学ポートアイランドキャンパスで、一般客?の駐車場はキャンパスの南側にあるのだが、そこへ行くと工事中で警備員さんから北側の駐車場に行ってくれと指示された・・・。ん?今その北側の駐車場の前を通って来たばかりなのだが・・・。それはさて置き、北側の駐車場に車を停めキャンパス中へと侵入?・・・、目指すレストランはこの中のB号館の1Fにあるのだが、この日は天気も良く(その代わりメチャ暑かったが・・・)中々爽快な気持ちしてくれるスポットだ。
 
神戸学院レストランジョリポー
そしてこちらが約2年ぶりの訪問となる、神戸学院ポートアイランドキャンパス内にある、神戸ポートピアホテルがプロデュースする『レストラン・ジョリポー』で、このお店のコンセプトは”学食を越えたホテルの味”が楽しめるレストランだ。ちなみにこの直ぐ向い側には一般的な学食もある・・・。それはさて置き、この日は正午半過ぎの訪問と言う事もあり店内は未だ大賑わい。このレストランの一番の席は海側の席なのだが当然の如く満席・・・。そんな事もあり、この日は中央の相席客用の大きなテーブル席に案内された・・・。
 
神戸学院レストランジョリポー
ちなみに海側の席に座ると目の前にはこの様な神戸ハーバーランド方面の様子を望む事が出来る・・・。本来であればこの景色を見ながら優雅な食事をしたかったのだが、その代わりに真ん中の席に座った事もあり目の前には大勢の女子学生の姿があったので、それはそれで楽しかった?かな
 
神戸学院レストランジョリポーメニュー神戸学院レストランジョリポーメニュー
それはさて置き、こちらはレストランの入口辺りに置いてあったメニューのボードで、流石に大学の中にあると言う事もあって一番安いメニューは600円で、一番高いメニューを見ても1800円と、直ぐ近くにある神戸ポートピアホテルのレストランと比べると破格とも言えそうな値段でホテルのランチを味わえると言う事もあって、このレストランは一般客にも人気なのだ!
 
神戸学院レストランジョリポーメニュー神戸学院レストランジョリポーメニュー
そしてこちらは店内に置いてあったランチメニューの一部で、先に紹介した一番値段の安い600円の”週替りのジョリポーランチ”と”週替りマナビーランチ”は、どちらも”神戸学院生及び神戸学院教職員限定メニュー”になってしまった様だ。このレストランを利用する一般客の方々がこの安いランチを食べると、肝心の学生さんとか教職員さんの分が無くなってしまう?からなのかな?あるいは、安いランチばかりが売れると儲けが出ないから?なのかも知れない・・・。
 
神戸学院レストランジョリポーメニュー神戸学院レストランジョリポーメニュー
仕方が無いので一般客が食べれるメニューを見ると800円の”シーガルランチ”とか、前回訪問時に食べた1000円の”松花堂”等があったのだが、私の関心を惹いたのはこちらの”週替りシェフおすすめランチ”と”黒毛和牛ハンバーグランチ”の2つでどちらも値段は同じ1200円との事。で、お店入口に置いてあったボードに寄ると”おすすめNo.1”は”黒毛和牛ハンバーグランチ”の方なのだが、ハンバーグは最近あちらこちらのお店で食べているし、多分であるがハンバーグは何時来てもある様な気がしたので今回はこの時でしか食べれ無い?”週替りシェフおすすめランチ”を食べる事に決定!!!
 
レストランジョリポーシェフのおすすめランチのスープとサラダ
で、間も無くしてまず最初に運ばれて来たのが”シェフのおすすめランチ”に付いているこちらのスープとサラダで、雰囲気的には私が良く食べに行っている加古川プザラホテルの1Fにあるレストランで出て来るスープとサラダに良く似ているが、サラダに限って言うならば野菜の種類は似た様な内容なのだが、何と無く加古川プラザホテルのレストランで出て来るサラダの方が豪華に見える。更に上にかかっているドレッシングも加古川プザラホテルの方が私の好みに合っている様な・・・。ちなみにスープの方は、内容的には割りと良くある感じのコーンポタージュだったけど、加古川プラザホテルのスープは飽き気味だった事もあり、こちらは普通に美味しかったかな。
 
レストランジョリポーシェフのおすすめランチ
で、スープとサラダを先に食べ終えて一服していると間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”シェフのおすすめランチ”で、この日のメイン料理のポークステーキ マデラソース ラタトゥユとリングイネ添え”の他に、パンかライスに先に運ばれて来たスープとサラダ、それに食後にドリンクも付いてお値段は税込価格1200円也。私が良く食べに行っている加古川プラザホテルのレストランのランチも食後のドリンクを頼むと合計で1188円になるので、限りなく似た様なお値段だ。
 
レストランジョリポーシェフのおすすめランチ
そしてこちらがこの日のメイン料理である”ポークステーキ マデラソース ラタトゥユとリングイネ添え”で、その名の通りマデラソースがたっぷりと入ったお皿に”ポークステーキ”を盛り付け、その上に野菜煮込みっぽい感じの”ラタトゥユ”とやらををトッピングし、”ポークステーキ”の脇に”リングイネ”と言うパスタを添えた、何と無く全体的にイタリアンテイストな感じのする料理で、中々ウマそうだ!
 
レストランジョリポーシェフのおすすめランチ
で、そのお味であるが、味の要となる”マデラソース”はちょっと濃厚な感じがしたが、私好みの甘さのあるソースでこれをたっぷりと”ポークステーキ”に絡めて食べると結構ウマい!上に乗っている”ラタトゥユ”が無くても十分楽しめる”ポークステーキ”だ。とは言えトッピングの”ラタトゥユ”も、豆や玉葱やカボチャ等の具が沢山入っていて、何と無くトマト風味のする味付けでこちらも中々ウマい!強いて言うならば、”ラタトゥユ”と”マデラソース”は別々に食べた方が良かったかな・・・。
 
レストランジョリポーシェフのおすすめランチ
ちなみに”ポークステーキ”の豚肉はこんな感じで、こちらも中々肉厚があって食べ応えも十分!一般客用と言うよりか食べ盛りの学生さん達が満足出来る事を意識した様なボリュームのあるお肉で、確かに食べ終えた後はお腹は満腹になった。ボリュームと言う点では先ほどから比較している加古川プラザホテルのレストランよりは上だったかも。
 
レストランジョリポーシェフのおすすめランチ
そしてこちらは”ポークステーキ”の脇に添えられていた”リングイネ”と言うパスタで、パスタに疎い私なので最初”リングイネ”って何じゃらほい?と思っていたのだが、脇に添えられていたのがこれだったので、このパスタの事か・・・と理解したのだった。で、普段は自ら好んでパスタを食べに行く事はほとんど無い私なのだが、ご覧の通り私の大好きな”平打ち麺”に似た感じの麺で、実際に食べても”つけ麺の平打ち麺”とか、あるいは”焼きそばの極太麺”風の食感に近い物があり、これに”マデラソース”を絡めて食べるとこれが意外とウマい!何と無くパスタ好きの人の気持ちが判る様な気がした・・・。この”リングイネ”と言うパスタの名前は覚えておく事にしよう・・・。
 
レストランジョリポーシェフのおすすめランチ
で、最初に書いた様にこの日食べた”シェフのおすすめランチ”には食後のドリンクが付いていたので、真夏日&この後の打合せで訪れるであろう眠気防止の為にアイスコーヒーをチョイス!ホテル経営のレストランで出て来るアイスコーヒーにしては見た目が安っぽい気がしたが、味的には普通に美味しいアイスコーヒーであった。
 
てな事で、約2年ぶりに神戸学院ポートアイランドキャンパス内にある神戸ポートピアホテルが経営している(ややこしい・・・)レストランに行って、この日は”シェフのおすすめランチ”を食べたのだが、値段は兎も角として中々美味しい”ポークステーキ”だった。メニュー内容が週替りらしいので、当り外れはありそうな気がするが、その時は”黒毛和牛ハンバーグ”でも頼めば良いし・・・。機会があれば、また来てもエエかな?と思いつつお店を後にしたのであった!

2014年8月29日

久々に”鯨カツめし”が食べれるお店”海賊食堂”に行って、この日は”くじら定食”を食べてみた!昭和世代には懐かしい味で中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:58 PM
 
代理人記録
 
今日は29日の肉の日って事で肉の話題・・・、と言っても今回は”鯨の肉”のお話・・・。
 
我々の世代は小学校の給食で”鯨の肉”を食べていた最後の世代?と言う事もあってか個人的には”鯨の肉”は懐かしい味がして結構好きだ。そんな事もあり偶にヤマトヤシキで開催されている長崎物産展”鯨カツ”や”鯨の竜田揚げ”を買って食べたりしているのだが、ふと考えると何時でも鯨カツめし”が食べれるお店が、加古川の尾上にある・・・。私が加古川方面へ向かう時は必ずお店の前を通って居る事もあってか何と無く空気の様な存在ですっかり忘れていたのだが、久々にその”鯨カツめし”が食べたくなったのでそのお店に行ってみる事にした。
 
海賊食堂海賊食堂
こちらが久々に行って来た加古川尾上にある『海賊食堂』で、確かお店が誕生した当初は”海老とステーキのお店”だったと思うのだが、何時だったかに『海賊食堂』と言う名前に変わりメニューも何でもありみたいなお店になった。それ以来このお店が、和食屋さんなのか洋食屋さんなのか全然判らなくなってしまい、私の中では”くじら”が食べれるお店と言う認識しか無い(確かお店の看板メニューは”ちりとり鍋”だったかな?)。
 
それはさて置き、この日は休日の訪問と言う事もあってか未だ午前11時半を少し廻ったぐらいの時間帯にも関わらず既に店内は大賑わい。先にも書いた様に、このお店の前は週に何度も通っているが、これほどお店前に車が停まっているのを見た記憶が無かったので、こんなに流行っているのはちょっとした驚きだった。
 
海賊食堂のメニュー
で、こちらは『海賊食堂』のお店の前に置いてあったオススメのメニューを書いたボードで、先にも書いた様に当初は久々に”くじらかつめし”を食べようと思っていたのだが、ボードの中には”くじら定食”なる物も書いてある。そう言えば以前にこのお店に来た時から”くじら定食”の内容がどんな物か気になっていた事もあり、この日は急遽”くじら定食”を食べる事に決定!!!
 
海賊食堂のメニュー海賊食堂のメニュー
海賊食堂のメニュー海賊食堂のメニュー
ちなみにこちらは『海賊食堂』の通常のメニューで、ご覧の様にエビフライやハンバーグ、それにステーキ等の洋食の他に海鮮丼とか刺身定食とかの和食メニュー等も豊富。更に本来食べようと思っていた”くじらかつめし”の他に”イベリコ豚のかつめし”等もあったのだが、その代わりに以前良く食べていた”和牛かつめし”が見当たらなかった・・・。メニューの中に”和牛ロースステーキ”等はあるから”和牛かつめし”が出来ないとも考えられないのだが・・・
 
海賊食堂鰻丼のメニュー
で、その他にも夏の期間限定で、この様な”鰻丼”のメニューもあった。今シーズンはあまりまともな鰻を食べて無いし、意外と値段も手頃だし一度は食べに来てみようかな・・・。
 
海賊食堂くじら定食
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”くじら定食”で、メインの”くじらの生姜焼き”の他に小鉢が3つ、それに味噌汁と白いご飯とお漬物が付いて、お値段は税込価格1000円也。最近は捕鯨禁止の話題も出て”鯨の肉”は高いと言うイメージがあったのだが、この内容でこのお値段なら全然高く無い。何より以前食べた”鯨カツめし”も、その時は924円だった物が、今は780円なので安くなっているぐらい・・・。ま、他のお店に行って780円出せば”和牛かつめし”が食べれると考えるとちょっと微妙だが・・・。
 
海賊食堂くじら定食
そしてこちらが”くじら定食”のメイン料理である”くじらの生姜焼き”で、その昔”鯨の肉”を食べると言うとこの様な”生姜焼き”か、あるいは給食に出ていた”竜田揚げ”がほとんどだった事もあり何と無く懐かしさが込み上げて来る・・・。で、実際に食べてみても変な癖や臭いとかは一切無く、お肉も想像以上に柔らかくて中々ウマい!確かに牛肉と比べるとどうなの?と言う気はしないでは無いが、安い牛肉を食べるぐらいなら、”鯨の肉”の方が美味しいのでは?と言う気がしたかな。
 
海賊食堂くじら定食
そしてこちらは”くじら定食”に付いていた”くじらの刺身”で、最初見た時は何かのレバーかな?と思ったが普通に鯨の赤身肉の様で、トロっとしたと言うのかツルっとしたと言うのか何かそんな食感で、これまた想像していたのとは違いメチャ柔らかくて変な癖も一切無く中々ウマい!生?の鯨の肉と言えば、何年か前に回転寿司屋で鯨のにぎり寿しを食べた程度でしか無いが、鯨って刺身でも美味しいんだなあ・・・と思わせる一品だ!
 
海賊食堂くじら定食
そして”くじら定食”にはこの様な通称”おばけ”(正しくは”さらしくじら”と呼ぶらしいが・・・)が入った小鉢も付いていて、これに酢味噌をたっぷりと絡ませて食べると、これまたメチャウマい!”おばけ”ってコリっとした食感があった様な気がしたが(他の部位と勘違いしてたのかも・・・)、今回食べた物にはそう言ったコリッとした感じは一切無く、凄く柔らかく食べ易い!この”おばけ”だけで生ビールが1杯飲め干せそうな気がしたかな。
 
海賊食堂くじら定食
ちなみにこちらは”くじら定食”に付いていた味噌汁で、こちらは特に鯨の肉が使われている訳では無く極々普通の味噌汁で可も無く不可も無く・・・。世の中的には”くじら汁”と言う物も存在する様なので一度は食べてみたい気がするが・・・。そう言えば私は”くじらのはりはり鍋”も食べた事が無いのだが・・・。
 
海賊食堂くじら定食海賊食堂くじら定食
それは兎も角として、その他にも”くじら定食”にはこの様な小鉢と漬物が付いていて、その内容はと言うとご覧の通りの切干大根キューリのQちゃんの様で、こちらも味的には可も無く不可も無く・・・。個人的な思いで言うと、お漬物は兎も角として切干大根の方は無くても良かったかな。
 
てな事で、何と無く久々に”鯨カツめし”が食べたくなったので『海賊食堂』に行ったらちょっと気が変って”くじら定食”を食べたのだが、どの”鯨料理”も中々美味しかった!後はこの定食の中に”くじらの竜田揚げ”が入っていたら言う事無いのだが・・・。でもこのお店のメニューの中に”くじらの竜田揚げ”は無いからそれは無理か・・・。何れにしてもこの日は”鯨カツめし”を食べなかったのでまた近々食べに行ってみようと思うのであった!

2014年8月28日

明石大久保にある”丸源ラーメン”の前を通ったら”盛岡冷麺”の幟が目に入ったので思わず食べに入ってみた!今まで食べた冷しラーメンの中では美味しい方かな?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:54 PM
 
代理人記録
 
今夜放送された”秘密のケンミンSHOW”の”山形冷やしラーメン”の話題に便乗して、急遽予定を変更してそれにちょっと近い?”盛岡冷麺”のお話・・・。
 
少し前に国道2号線明石大久保辺りを車で走っている途中『丸源ラーメン』の前を通ると”盛岡冷麺”の幟を発見!偶にラーメンの話題が出ると名前の出て来る超有名なご当地ラーメンだし、スーパーの生麺売場でも売っているのだが、冷静になってよくよく考えると私は”盛岡冷麺”を食べた事が無い・・・。それに近い?”韓国冷麺”は焼肉屋で何度か食べた事があるのだが、何と無くイメージがダブって印象が悪い・・・。しかし本当の”盛岡冷麺”と、ちょっと印象の悪い”韓国冷麺”を一緒にするのも失礼極まりない!って事で、後日その”盛岡冷麺”を食べに行ってみた。
 
丸源ラーメン/明石店
こちらが久々に行って来た『丸源ラーメン/明石店』で、未だこの辺りに『丸源ラーメン』の店舗が無かった頃に神戸ワールド記念ホールで開催された小田和正コンサートの帰り道に垂水名谷にあったお店に食べに寄ったのが最初。その後、直ぐに『明石店』とか『姫路店』が出来たので、そんな事ならわざわざ『垂水名谷店』へ行く事も無かったかな・・・、と思い始めた事もあり最近は全然行って無かったラーメン屋さんでもある。
 
で、この『明石店』は以前は回転寿司屋だった店舗跡を改装して出来たお店と言う事もあり、店内は想像以上に広い・・・。てか、想像であるが、この地域にあるラーメン屋さんの中では一番店内が広いお店では無いだろうか。基本的に私はお店中央辺りにあるカウンター席しか利用した事が無いが、窓際にはテーブル席があるし、反対側には座敷席もあったりして、店内を見渡しただけでは決してラーメン屋さんに見えない造りだもんなあ・・・。
 
丸源ラーメン期間限定冷し麺フェアポスター
それはさて置きこちらがお店の前を通った時に目にした”盛岡冷麺”のメニューで、どうやら期間限定で”冷し麺フェア”をやっていて”盛岡冷麺”と”冷し中華”の2つのラーメン?が食べれるらしい・・・。とは言え”冷し中華”には余り関心が沸かなかったし、そもそも今回このお店にやって来た目的が未だかつて食べた事が無い?はずの”盛岡冷麺”を食べる事にあったので、果たして『丸源ラーメン』で本場の”盛岡冷麺”が食べれるのか?と言う疑問を抱きつつ、早速”盛岡冷麺”を注文!!!
 
丸源ラーメン盛岡冷麺
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”盛岡冷麺”で、トッピングの”味玉”が三つ目状態になっているのは、このお店に行こうと決意した日に公式サイトから”味玉無料”のクーポン券を印刷して持って来たから・・・。個人的に”三つ目の味玉”のラーメンを食べるのは、以前サザンプラザにあった『加古川大盛軒』で新聞の折込チラシに付いていた”味玉無料券”を使って”豚骨魚介醤油味つけ麺”や”特濃極太味噌ラーメン”、それに”特濃極太豚骨魚介ラーメン”等を食べた時以来の事だ。元々”味玉”が入っているのであれば、クーポン内容に関わらず他のサービス?に変えてくれた方がありがたい気がするのだが・・・。
 
それは兎も角として、パッと見た感じは普通のラーメンの様に見えるが、当たり前だけどスープは冷たくあっさりとした和風テイストで中々美味しい。先ほど紹介したメニューの説明書きに寄ると”大根ナムル、キムチなど、6種類の具材を使った、ひんやりとした甘酸っぱいスープが食欲をそそる絶品”との事。個人的には”冷しラーメン”は以前からあちらこちらのお店で食べて来たけど、大阪にある塩ラーメンが超有名な『龍旗信』で食べた”塩冷麺”以外にあまり美味しいと思った事は無かったが、今回食べた”盛岡冷麺”は”龍旗信の塩冷麺”程では無いが、普通に美味しい”冷しラーメン”だったかな。
 
丸源ラーメン盛岡冷麺
そしてこちらが、ある意味”盛岡冷麺”の最大の特徴とも言える麺で、パッと見た感じは”韓国冷麺”に似ているが、”韓国冷麺”独特のゴムの様な食感では無く、それなりに歯応えはあるが普通に食べれる麺で、これはこれで中々楽しい。ちなみに先ほど紹介したメニューの説明に寄ると”本場盛岡で作られた麺は、コシと、つるっとしたのど越しが特徴”との事。本当かどうかは定かでは無いが、本場盛岡の麺を使っていると思って良いのかな?
 
丸源ラーメン盛岡冷麺
最後に・・・、どうえもエエ事だが当ブログでラーメンを紹介した時には麺の他にチャーシューを紹介する場合が多いので、一応この日食べた”盛岡冷麺”にトッピングされていたチャーシューを紹介するとこんな感じ・・・。今思えば私が『丸源ラーメン』に来た時はお店の看板メニューである”肉そば”か、あるいは『姫路店』に行った時に食べた”野菜たんめん”ぐらいしか無いので、このお店のチャーシューを食べたのは今回が初めての事かも・・・。とは言え、別にどうって事の無い極々普通のチャーシューだった気はするが・・・。
 
てな事で、久々に『丸源ラーメン』に行ってこの日は期間限定の”盛岡冷麺”を食べたのだが、これを本物の”盛岡冷麺”と考えるのも憚れるが普通に美味しい”冷しラーメン”だったかな。でもそう思うと今迄に一番美味しいと思った龍旗信の塩冷麺”が食べたくなって来たので、この夏の間に大阪へ行く事があれば食べに行ってみたいと思うのであった!

2014年8月27日

ポイントが溜まったので餃子が1人前無料で食べると思い、またまた権現湖PAにある”ラーメンとん太”に行ったら、見た目は同じなのに”とん太”では無くなっていた。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
特に好きなお店と言う訳では無いのだが、時々登場する”兵庫醤油らーめん”とか”季節限定のらーめん”、あるいはラーメン以外にも”鉄板そばめし”や”天然大海老丼”を食べに行っている山陽自動車道権現湖PA上り側にある『ラーメンとん太』であるが、昨年の秋頃に行った時にポイントカードを貰った。そのポイントが半分溜まったので餃子が1人前無料で食べれるので久々に『ラーメンとん太』に行ってみた。
 
ラーメンとん太ハイウェイカードラーメンとん太ハイウェイカード
ちなみにこちらが以前行った時に貰った『ラーメンとん太』の”ハイウェイカード”と呼ばれるポイントカードで、その内容は5ポイント溜まると餃子が1人前無料、10ポイント溜まるとラーメンが1杯無料になると言う物。とは言え名前の如く、通常の『ラーメンとん太』の店舗では使えず、高速道路のSAやPAにある『ラーメンとん太』でしか利用出来ないと言うちょっと変わった、まさに”ハイウェイカード”なる物だ。
 
山陽自動車道権現湖PA上り山陽自動車道権現湖PA上り
で、こちらが久々に行って来た山陽自動車道権現湖PA上り側にある『ラーメンとん太』で、お気付きの様に今迄大きく掲げられていた”ラーメンとん太”の看板が無い・・・。そう言えばSA&PA情報で7月から権現湖PA上り側運営会社が変わると言う告知を見た事があったのだが、何処にも『ラーメンとん太』が無くなるとは書いて無かったので運営会社は変わっても入っているお店は変わらないと思っていたのだが・・・。
 
ラーメンとん太/権現湖PA店』と言えば10数年前に山陽自動車道が開通した時、日本初の高速道路のPAに出来たラーメン専門店と言う事で話題を集め、しかも今は珍しく無くなったウェルカムゲートと呼ばれる一般道からも利用出来る進入路があったりと、話題の先端だったのだが、最近は他のSAやPAの方が話題性が高くなった事もあって影が薄くなってしまったと言う事かな?
 
ま、個人的にはこの『ラーメンとん太/権現湖PA店』が無くなった事より、権現湖PA下り側にあった『S&Bカレーの王様』が無くなった時のショックの方が大きいのだが、『ラーメンとん太』も『S&Bカレーの王様』も無くなった今となっては、私が権現湖PAに来るのもこれが最後かも知れない・・・。
 
山陽自動車道権現湖PA上り店内
それはさて置き、じゃあ権現湖PA上り側の店内はどうなっているのかと様子を観に入ると、パッと見た感じは余り変わって無い様な感じ・・・。もしかして運営会社が変わっても以前のポイントカードが使えるのかも知れないと思い(例えば以前にも姫路別所にあった『徳島らーめん ふく利』が『徳島らーめん 八正道』に変わった時はポイントカードを交換してくれた)ので、試しに店員の兄ちゃんに尋ねてみたのだが、やはり以前の”とん太のポイントカード”は使えないとの事・・・。私の無料の餃子が・・・。
 
山陽自動車道権現湖PA上りメニュー 
そんな事もあり、ちょっと悔しいので何も食べにず帰ろうかと思ったのだが、折角やって来た事だし・・・と思ってメニューを見ると雰囲気的には『ラーメンとん太』だった時とほとんど違いは無く、定番のラーメンメニューの他にも以前食べた事がある”日本一こだわりの卵かけご飯”とか”鉄板そばめし”等も健在。もしかしたら味も変わって無いんじゃあ無いの?と言う気がして来たのでラーメンを食べてみる事に・・・。
 
山陽自動車道権現湖PA上りメニュー
で、本来であれば味が同じか変ったのかをチェックする意味では以前食べた事があるラーメンを・・・、と思ったのだが、何かその物ずばりの同じ名前のラーメンが無い・・・。仕方が無いので、多分以前からあったが私は食べた記憶の無い、ラーメンのメニューの中で一番安い”吟醸醤油ラーメン”を食べてみる事に・・・。
 
山陽自動車道権現湖PA上りラー飯紹介文
それはさて置き、毎度の事ながらラーメン単品で十分と思いつつ券売機の横を見ると、この様な”もち米を使用した「味噌らーめんの味がする」炊き込みご飯”と言う張り紙を発見!セット物でしか注文出来ないらしいのだが、何か目新しい事も必要?と思い、この”ラー飯(はん)”が付いたCセットを食べる事に決定!!!
 
権現湖PA上り吟醸醤油ラーメンCセット
で、間も無くして出来上がって来たのが、こちらの”吟醸醤油ラーメンCセット”で、ご覧の様に”吟醸醤油ラーメン”と”ラー飯(はん)”、それにお漬物がセットになって、お値段は税込価格750円也。”吟醸醤油ラーメン”は単品価格が500円なので”ラー飯”は250円と言う計算・・・。確かにランチタイムでもディナータイムでも同じ値段なので仕方が無いのかも知れないが、気持ち的にはちょっと高い様な印象・・・
 
権現湖PA上り吟醸醤油ラーメン
そしてこちらが”吟醸醤油ラーメン”で、ご覧の様に鶏がらベースっぽい如何にもあっさりしてそうな醤油スープのラーメンだが、一応スープの表面には私好みの透明な脂分が覆っていて味的にはまずまず・・・。何と無くの印象であるが、一昔前のSAやPAで食べるラーメンっぽい印象もしたが500円と言う値段を考えるとこんなもんなのかなあ・・・。ま、”幸楽苑の290円の中華そば”と比べると、これでも高い気がしないでは無いが・・・。
 
権現湖PA上り吟醸醤油ラーメン
そしてこちらは”吟醸醤油ラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、値段が安い事もあってか入っていたのはこの1枚だけだったが、チャーシュー自体は割と本格的で普通に美味しかった。ちなみにこのチャーシューを以前に『ラーメンとん太』で食べた時に入っていた物と比べてみようと過去の記事を見てみたら、意外と私は『ラーメンとん太』では、ちゃんとしたチャーシューがトッピングされたラーメンを食べる事が少なく、これと言って比較出来る様な写真が出て来なかったのだが、何か微妙に違う様な気がする。ま、チャーシューに関しては偶々・・・だけなのかも知れないが・・・。
 
権現湖PA上り吟醸醤油ラーメン
ちなみに”吟醸醤油ラーメン”の麺はこんな感じで、これまた『ラーメンとん太』の時の麺と違う様な気はしたが、はっきり言って良く判らない・・・。ま、大した麺でも無いしどうでもエエけど・・・
 
山陽自動車道権現湖PA上りラー飯
そしてこちらが、ある意味この日の一番の注目とも言える”ラー飯(はん)”なのだが、ジャーに入れて保温していた様な感じで、残念ながら炊き立て熱々では無い。で、そのお味であるが”味噌らーめんの味がする”と書いてあったが、それ程に味噌の味がするとも思えず、何も意識せずに食べると具の無い炊き込みご飯を食べている様な印象。何か期待した程の味では無かったかな
 
山陽自動車道権現湖PA上りラー飯
最後に・・・、どうでも良いが今回食べた”吟醸醤油ラーメンCセット”にはこの様な”キュウリの酢漬け”が付いていた。”味噌らーめんの味がする炊き込みご飯”のお供にはこの様なさっぱりした物が良いと言う事なのかな?と思いつつ以前に『ラーメンとん太』に行った時の過去の記事を見ていたら”日本一こだわりの卵かけご飯”を食べた時にも切り方が違うが”キュウリの酢漬け”が付いていた様だ・・・。これってやっぱり経営会社が変わっても使ってる食材は同じじゃあ無いの?
 
てな事で、ポイントカードのスタンプが5個溜まったので餃子1人前が無料で食べれる!と思い、またまた『ラーメンとん太/権現湖PA店』に行ったら7月から経営会社が変わったとかで、お店も『ラーメンとん太』では無くなりしかもポイントカードは使えなくなっていた。そう言えば以前は姫路飾磨にあったお店も数年前に閉店したし『ラーメンとん太』は播州地方から撤退・・・、と言うのか兵庫県から撤退してしまったのかも知れない・・・。ま、無くなってもそれ程気になるラーメン屋さんでは無いのでどうでもエエけど、これで私が権現湖PAに行く事も無くなるのかも知れない・・・

2014年8月26日

姫路に行った時に良く行く通りにパエリアランチを掲げるお店があり、以前から気になっていたのでこの日”野菜たっぷりの焼きカレーのパエリア”を食べた!何か普通に石焼カレーっぽかったが・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:33 PM
 
代理人記録
 
昨年の春頃にJR姫路駅ビルが新しくなったり駅前の地下街がリニューアルオープンされて以来、駅前にも色々と楽しげなお店が増えた事もあり姫路駅前周辺に行く機会が増えた。その際に偶に駅前から小溝筋に向かうのだが、何時の頃からか”パエリアランチ”の看板が目に付く様になった。が、何故か?私は”パエリア”には良いイメージが無い・・・。そんな事もあり最初は”パエリア”が食べれるんだ・・・、とぐらいにしか思って居なかったのだが、駅前を散策すると必ずそのお店の前を通るし、徐々に記憶の中に擦り込まれて来たのか、そのお店の事が気になって来たので、少し前に姫路に行った時に意を決してそのお店に入ってみる事にした。
 
マドリード (Madrid)
こちらが今回行って来た『マドリード (Madrid)』で、お店の紹介文に寄ると”気取らず気軽に立ち寄れる★スペインバル”との事。ちなみにこのお店がある場所は、姫路の駅前の通りから小溝筋へ向かう途中、私が偶に利用していた『ラーメン心乃輔』(今は『本格炭焼 立ち呑み チキンバカロウ』に変っている)の西隣にある。以前は違うお店だった様な気がするのだが、何度もお店の前を通った割には記憶が無い・・・。
 
マドリード (Madrid)パエリアランチメニューマドリード (Madrid)パエリアランチメニュー
そしてこちらがお店の前に置いてあった”パエリアランチ”のメニューボードと、店内に置いてあった”創作パエリアランチ”のメニューで、”パエリア”と言えば数年前に、キャンプの時だったかバーベキュー大会の時だったかに30番さんが作ろうとした?魚介たっぷりのサラっとしたご飯と言うイメージがあるのだが、ご覧の通りこのお店の”パエリア”は”創作パエリア”のお店らしく、何とその数は全部で20種類以上あるらしい・・・。しかも魚介類を使った物だけでは無く私好みの牛肉や鶏肉を使った物も沢山あり、そのメニューを見る食べにちょっと気になっていたのであった。
 
マドリード野菜たっぷりの焼きカレーのパエリアメニュー
それはさて置き、今書いた様に”パエリア”と言えば魚介類を使ったご飯料理と言うイメージが強かったのだが、個人的には肉好きだしカレーも大好き!って事でちょっと悩みつつも、今回は全然”パエリア”とはかけ離れた様な気がしないでも無い”野菜たっぷりの焼きカレーのパエリア”とやらを食べてみる事にした。
 
マドリーランチドリンクとセットのメニューマドリーおつまみセットのメニュー
で、毎度の事ながら最近は少食になった事もあり”パエリア単品でエエと思いつつ店内のメニューを見ていると、この様な”ランチドリンクとセットのメニュー”があり、その中にある”タパス5種盛”の見本がお店の入口にも置いてあったのだが、それが実に楽しそう!しかもお値段が200円と、物凄くお手軽価格?だったので、この”タパス5種盛”も併せて注文!
 
マドリードランチのグレープフルーツジュース
ちなみに”パエリアランチ”にはドリンクが付いていて、何種類の中から選べたのだが、珈琲や紅茶は他のお店でも良く飲む事があるので、折角なので滅多に飲まない物を・・・、と思い”グレープフルーツジュース”を選択!本来であれば生ビールでも飲みたい気分だったのだが(この日は電車移動だったのでアルコール類は全然オーケーだったにも関わらず)、ドリンクが付いていたのでお腹一杯になりそうだった事もあり自重したのだった。
 
マドリードランチセットのタパス5種盛
で、先に運ばれて来た”グレープフルーツジュース”を飲みつつ待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”タパス5種盛”で、先にも書いた様にセットメニューと言う事もあってかお値段は税別価格で200円也。毎度の事ながら写真だけではその大きさが判り辛いが、右端のプチトマトの大きさから想像していただくと判る様に結構大き目のお皿でボリューム満点!パッと見た印象としてはこの内容で200円は安い!それ以上に、生ビールが飲みたくなる様な気がメチャして来たのだが・・・。
 
マドリードランチセットのタパス5種盛
それはさて置き、先ずは”タパス5種盛”の一番左端にあった料理から食べてみると、パッと見た感じではその正体は全く不明だったのだが、実際に食べた感じと先に紹介した”おつまみメニュー”とを照らし合わせると、どうやら”カボチャのバルサミコ”と言う料理っぽい・・・。カボチャ自体は和食の煮っ転がし?みたいな物だが、それにバルサミコソースの酸味と甘味が加わりこれが中々ウマい!手始めの掴みとしては十分過ぎる一品だったかな。
 
マドリードランチセットのタパス5種盛
そしてその横にあったのは、これまた一体何か判らなかったのだが、メニューと照らし合わせると下にあるのは卵を使った料理の”トルティージャ”の様で、串の上に刺さっていたのは見た目通り”ソーセージのフライ”の様な物だ。で、ソーセージはそのまんまの味だが、”トルティージャ”は何と無くオムレツ風でこれまたウマい!思わず一口サイズでは無く大き目カットで食べてみたい!と言う気になせる美味さだ。
 
マドリードランチセットのタパス5種盛
そしてこちらは”タパス5種盛”の手前右側にあった”鴨のスモーク”と”スモークサーモン”で、こちらは他のお店でも良く目にする料理で味的にもイメージ通り。とは言え”5種盛”なのにこの時点で既に5種類の料理を食べている様な気が・・・。この”鴨とサーモンで一つのスモーク料理”と言う数え方なのかな。
 
マドリードランチセットのタパス5種盛
で、”タパス5種盛”の一番右端にはったのは、こちらは割と普通っぽい”プチトマト”がトッピングされた”ポテトサラダ”で、”ポテトサラダ”の上には一味か唐辛子の様な物がふられていたが、他の料理が結構楽しげだった事もありこちらは割と普通だった様な・・・。
 
マドリードランチセットのタパス5種盛
そしてもう一つ”タパス5種盛”にはこの様な”サラダ”も付いていたが、これまた最初に食べた楽しげな”タパス”に比べるとご覧の通り、特にインパクトを感じる様な内容も無かったかな。とは言えこの”タパス5種盛”は中々楽しい内容だった。ぜひまたこのお店に来る事があれば、今度は生ビールを飲みつつ食べてみたいと思う・・・。
 
マドリード野菜たっぷりの焼きカレーのパエリア
で、”タパス5種盛”をあれこれと楽しんでいると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”野菜たっぷりの焼きカレーのパエリア”で、お値段は税別価格780円也。ご覧の通りパエリア鍋?には入っているが、私がイメージする”パエリア”とは少し異なる印象がする、何と無く野菜たっぷりの”焼きチーズカレー”っぽい感じのビジュアルだ。てか実際に食べても普通に”野菜カレー”を食べているかの様・・・。
 
マドリード野菜たっぷりの焼きカレーのパエリア
そしてこちらが”野菜たっぷりの焼きカレーのパエリア”のご飯の様子で、多分ご飯自体はパラパラ?だったのかも知れないが、カレーがたっぷりとかかっているので、汁気たっぷり・・・。ん?汁気たっぷりの”パエリア”・・・?何処かで口にした事がある様な・・・、嫌、忘れた事にしておこう・・・。で、そのお味であるがカレーの味自体は専門店程のウマさは無いが、個人的にカレー好きな事もあって普通に美味しい
 
マドリード野菜たっぷりの焼きカレーのパエリア
ちなみにこちらは”野菜たっぷりの焼きカレーのパエリア”に入っていた野菜の数々で、メニューの説明に寄ると”カボチャ・オクラ・パプリカ・ヤングコーン・トマト・ブロッコリー”等が入っているらしい・・・。野菜的にはこれまた大きなインパクトがある様な物は入って無かったが、値段も手頃だし夏に相応しい感じのする”野菜カレー”だった気がする・・・。
 
てな事で、姫路に行く度に必ずお店の前を通る事もあり、以前からずっと気になっていた”パエリア”のお店に入ってみたのだが、この日食べた”野菜たっぷりの焼きカレーのパエリア”は何と無く”パエリア”のイメージからかけ離れていた様な気はするが、セットで食べた”タパス5種盛”は値段も安い上に中々盛り沢山な内容で好印象!そんな事もあり、また何時か食べに行ってみたい気がするのだが、この数日後に姫路駅前には私の大好きなラーメン屋さんカレー屋さんがオープンしたので、当分の間は来れないかも知れない・・・。

2014年8月25日

稲美町中一色交差点近くに最近出来た讃岐うどんのお店で”豚コマ定食”とやらを食べた!見た目は生姜焼きに近いがトンテキ風のニンニクソースで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:32 PM
 
代理人記録
 
何年か前の一時期、ちょっとした送り迎えで時々”加古川医療センター”まで行っていたので、その近くに出来た『真打ち麺 せらび亭』とか、その跡地に出来た『台湾料理 錦福香』に食べに行ったりしていたのだが、最近はその近辺に行く事はほとんど無くなった。が、今年になって東播磨南北道路が一部開通したので、意味も無く車で走行してみたり、あるいは神戸西区神出にある『中華そば専門店いせや』に行く時も、この道を通って行った方が早いのでは?と、その近くを車で移動していたら稲美町中一色交差点を少し東に行った処に”讃岐うどん”の看板が目に留まった。あれ?こんな処に”讃岐うどん”のお店なんてあったっけ?と思いつつ、その時は通り過ぎたのだが、後日少し気になったのでそのお店に行ってみた。
 
讃岐うどんたもや讃岐うどんたもや
こちらが今回行って来た稲美町中一色交差点近くに6月頃に出来たと言う『讃岐うどん たもや』と言うお店で、以前は何のお店があったんだっけ?と思って調べてみたら『町家カフェ鎌倉の稲美町店があった場所らしい・・・。その『町家カフェ鎌倉』はその後、違う名前のお店に変ったらしいのだが残念ながらそのお店も閉店。そしてその跡地にこの『讃岐うどん たもや』と言うお店が出来たとの事・・・。
 
讃岐うどんたもや豚コマ定食垂れ幕
ちなみにこのお店は”讃岐うどん”が看板メニューのはずなのだが、お店の横にはこの様な”めっちゃ旨!おすすめ”と書かれた”豚コマ定食”の垂れ幕が飾ってあった。お店に来る前は”讃岐うどん”を食べ様と思っていたのだが、お店のおすすめらしいし、写真を見ると何と無く楽しげだったので、お店に入る前から気分は既にこの”豚コマ定食”とやらを食べる気満々
 
讃岐うどんたもやうどんのメニュー讃岐うどんたもや丼のメニュー
そしてこちらが店内に置いてあった”うどんと丼”のメニューで、讃岐うどん定番の”釜揚げうどん”や”釜玉うどん”があるのは当然として、何と無く”佐用ホルモンうどん”をイメージしたかのような”味噌焼きうどん”とか、あるいは丼ぶり物のメニューの方には、これまた私の大好きな”焼穴子丼”や”牛かつめし”等のメニューがあり、何を食べ様かと悩んでしまう・・・
 
讃岐うどんたもや定食のメニュー
更にメニューの頁をめくって行くと”定食と一品料理”の中には先ほど紹介したお店横の垂れ幕で大きく宣伝されていた”豚コマ定食”も載っている。お店の看板商品である”讃岐うどん”も食べてみたかったのだが、メニューの内容を見ると”豚コマ定食”にも”ミニうどん”も付いているらしいので、この日はお店おすすめの”豚コマ定食”とやらを食べる事に決定!!!
 
讃岐うどんたもや豚コマ定食
で、先客は何組か居た物の既に食事をしていたし、私の後から入って来た客は未だ注文して無かったので、直ぐに運ばれて来るのかと思いきや、厨房内にはご主人や女性陣を含めて6人ぐらいの姿が見てたのだが全く運ばれて来る気配が無く、結局10分少々待たされて漸く運ばれて来たのがこちらの”豚コマ定食”で、メインの”豚コマ”の他に、”ミニうどん”と白いご飯、それにお漬物がセットになってお値段は税込価格1058円也。このお店で税を取られるとは思って無かった事もあり、ちょっとお値段は高目かも・・・。
 
讃岐うどんたもや豚コマ定食
それはさて置き、こちらがメインの”豚コマ”で、パッと見た感じは”豚の生姜焼き”に見えなくも無いが、実際に食べて見ると私の大好きな”四日市とんてき”に似た様な甘辛いタレで、その中には刻んだニンニクも入っていて、何と無く薄切りの豚肉を使った”四日市とんてき”を食べてるかの様で中々ウマい!味付けがかなり濃い目なので、好き嫌いはあるかも知れないが個人的にはぜひまた食べてみたい気にさせる久々に登場した逸品だ!
 
讃岐うどんたもや豚コマ定食
ちなみに”豚コマ”の脇にはたっぷりの千切りキャベツが盛られていたのだが、もしかしたら”豚コマ”のタレを絡めて食べるのかな?と思ったのだが念の為に店員のオネエチャンに尋ねると、やはりタレを絡めて食べるとの事。てな事で、タレとその中に入っていたニンニクを一緒に食べると、この千切りキャベツもメチャウマい!白いご飯との相性も抜群で、確かにお店おすすめの定食だけの事はあったかな。
 
讃岐うどんたもや豚コマ定食のうどん
そしてこちらは”豚コマ定食”に付いていた”ミニうどん”で、具はワカメとネギのみと至ってシンプルな内容。”豚コマ”のタレが濃い目だったので、お出汁がさっぱりとして普通に美味しいのだが、じっくりと味わうと甘目と言うよりか醤油風味の方が強い様な気もしたが・・・。
 
讃岐うどんたもや豚コマ定食のうどん
ちなみに”ミニうどん”の麺はこんな感じで、お店の看板とかメニューには”讃岐うどん”と書いてあったので、コシのある麺かと思いきや、実際に食べてみると関西風のうどんかな?と思うぐらいにメチャ柔らかい・・・。これって”豚コマ”を作るのに時間がかかり過ぎて、その間に麺が延びたのでは?と勘繰りたくなる・・・。何と言っても料理が出来るまでに10分少々かかっていたからなあ・・・。うどんを作るだけではそんなに時間はかからないと思うのだけど・・・。
 
てな事で、この日は稲美町中一色交差点近くに6月頃に出来たと言う『讃岐うどん たもや』に行って”豚コマ定食”とやらを食べてみたのだが、お店がおすすめする通り中々美味しい料理だった。肝心の”讃岐うどん”は期待した程では無かったのだが、先にも紹介した様にこのお店には”焼穴子丼”とか”牛かつめし”とか”味噌焼きうどん”等の楽しげなメニューが沢山あるので、それらを食べにこれから何度か行ってしまいそうな気がする(実際、既にご主人様と一緒に行ったのだが、その話はまた後日・・・)。

2014年8月24日

久々に行った東加古川にある”新在家ラーメンもんど”で、この日は”中華そば”を食べた!普通にウマかったが、やっぱり”裏限定ラーメン”が食べたい気がする・・・。

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 9:09 PM
 
代理人記録
 
少し前にご主人様に同行して西脇まで播州ラーメンを食べに行ったり、その前には志方から宝殿へ移転して来た中華そば専門店へ行ったり、あるいは直近では神戸西区神出にある中華そば専門店に行ったりと、最近何かと昔懐かしい感じの”中華そば”を口にする事が多かった。で、ふと頭に浮かんだのが、そんなに遠くまで行かなくても一時期良く食べに行っていた東加古川にある新在家ラーメンもんど』も、”裏限定ラーメン”や、お店の看板メニューだった”Wスープのもんどラーメン”が封印されてからの看板メニューは”中華そば”だったなあと言う事。そう言えば最近は全然『もんど』にも行って無かったので久々に食べに行ってみる事にした。
 
新在家ラーメンもんど
こちらが久々に行って来た『新在家ラーメンもんど』で、当ブログをご覧の方は良くご存じの様に、数年前にこのお店が”裏限定ラーメン”で賑わっていた頃は、月に一回以上、多い時では2日連続で食べに来た事もあるぐらいに良く行っていた個人的にも一番良く食べに行ったラーメン屋さんだ。そう言えば草刈作業の後に管理人さんや30番さんにぜひ”つけ麺播磨”を食べて頂こうとやって来た時は、3箇所ある駐車場が全て満車で停める事が出来ずに泣く泣く諦めて引き返した事もあったっけ(ま、車が停められたとしても待ち時間が1時間以上だったので、気の短い?管理人さんが我慢出来たかどうか怪しいが・・・)。
 
そんな『もんど』も”裏限定ラーメン”が無くなり、更にはお店が誕生した時からの看板メニューであった”Wスープのもんどラーメン”(こちらは最終日に管理人さん一家と食べに行きましたねえ・・・)も無くなり、更には唯一残っていた豚骨系の”豚骨醤油麺”も無くなってしまってからは、私の訪問回数も激減し、この日は何と今年初めての訪問だ。月一回とか週一回食べに来ていた頃とは正に雲泥の差だ!きっと私と同じ様なお客さんは他にも大勢居るだろうなあ・・・。それでもこの日も満席に近い状態(カウンターの奥の席は使われて無かったが)だったのが、ちょっと不思議な気もするが・・・。
 
新在家ラーメンもんどもんど謹製中華そばメニュー
それはさて置き、今書いた様に私は消費税がアップされてから初めての『新在家ラーメンもんど』訪問なので、メニューの写真を撮ろうとしたら隣の兄ちゃんにメニュー表を奪われ、しかもその後に元の場所に戻す事も無く手元に置いたままだったので写真が撮れなかったので公式サイトから今回食べた”謹製 中華そば”のメニュー部分を拝借・・・。元々この”謹製 中華そば”はこのお店の通常メニューには無く、お正月明けの一発目にこのラーメンだけで営業したり、あるいは”裏限定ラーメン”として偶に登場するのみだったのだが、マスターは結構お気に入りで、お店のメニューを一新した時に、この”謹製 中華そば”がお店の看板メニューに昇格したのだった。で、最近あちらこちらで、この手の”播州ラーメン”を食べて来たので、今回はこの”謹製 中華そば”を注文!
 
新在家ラーメンもんどもんど謹製中華そば
で、この日はカウンターの奥の席に座っていた事もあり、厨房の中に居るマスターから直接手渡されたのが、こちらの”もんど謹製 中華そば”で、お値段は690円也。先ほどのメニューに書いてある商品説明に寄ると”懐かしいのに、なぜか洗練された味わい。モッチリ中太麺と合わさる、ほんのり甘旨口の醤油スープは播州テイスト。古きを温めて新しきを知る一杯”との事。パッと見た印象は、ちょっとスープの色が濃い目で醤油辛そうに見えるが、実際に食べるとかなり甘目の播州ラーメンその物の味で、上品であっさりした感じのスープで普通に美味しい。でもそれ以上のインパクトも無い様な気も・・・。
 
新在家ラーメンもんどもんど謹製中華そば
そしてこちらは”中華そば”にトッピングされていたチャーシューで、薄切りながら結構大き目サイズでチャーシューも中々ウマい!何度か食べた事がある”ドカ盛りラーメンもんジロウ”では、このチャーシュー豪快なぶ厚切りされた物がトッピングされていたのだが、今となってはそれもまた懐かしい思い出の一つ・・・
 
新在家ラーメンもんどもんど謹製中華そば
ちなみに”中華そば”の麺はこんな感じで、多分以前と同じく”東京カネジン製麺”の麺だと思うが若干細目ながらこれまた普通に美味しい麺だ。最近は食べて無いので定かでは無いが、確か”チリとまと麺”では”平打ち麺”を、”蔵出し醤油麺”では細麺を使っていたはずなのだが、何かこの日の麺は”蔵出し醤油麺”並に細かった様な気はしたが・・・。何れにしてもこのお店では”もんジロウの極太麺”、”つけ麺播磨の手もみ平打ち麺”、”塩ラーメンの極細ちぢれ麺”等、様々な種類の麺を楽しませて貰ったのだが、それも今は過去の話になってしまった?のかな?
 
てな事で、久々に『新在家ラーメンもんど』に行ってこの日は”中華そば”を食べたら普通に美味しかったが、”裏限定ラーメン”の数々を味わって来た我が身には、物凄くシンプルな”播州ラーメン”と言う印象しか残ら無くなってしまった・・・。好みの問題はあると思うが、今となっては神戸西区神出にある『中華そば いせや』の”中華そば”の方が内容的にも味的にも好きかも知れない。それはさて置き、この日のお店の様子では当分の間”裏限定ラーメン”が復活する事も無さそうだし・・・。果たして私の大好きだった”加古川ブラック”とか、この近辺では珍しかった”ドカ盛りラーメンもんジロウ”が食べれる日がやって来るのだろうか・・・。

2014年8月23日

姫路バイパス市川ランプを降りて直ぐの処にある魚料理屋さんで”海老フライ定食”を食べた!結構大ぶりの海老で中々ウマいし、小鉢にはローストビーフも付いていて最高!

Filed under: グルメ — 代理人 @ 9:34 PM
 
代理人記録
 
姫路バイパス市川ランプを降りた直ぐ南側の処に何時の間にやら魚屋 高浜製作所』と言う名のお店が出来ていた。が、店名の通り、魚料理がメインの居酒屋風のお店だったので、個人的に魚嫌いだし、そもそも夜しか営業をして無い様だったので、当初は全く関心を抱かなかったのだが、土用の丑の日が近づいて来た7月の初旬頃になると、お店の前に”うな丼”の幟が立ち始め、更にランチも始めた様だった。魚は嫌いだが、穴子や鰻や海老や蛸等は大好き!それに今シーズンはちゃんとした?”うな丼”を未だ食べて無かった事もあり、そのお店に寄ってみる事にした。
 
魚屋高浜製作所
こちらが今回行って来た『魚屋 高浜製作所』で、以前は確か”博多串焼”と言う看板を掲げたお店があり、そのお店の前を通る度に一度は食べに入ってみたいと思いつつも、場所的に車でしか行けない様な処だったので一度も行く事は無かったのだが、そのお店は話に寄ると何処かに移転したらしい・・・。
 
魚屋高浜製作所の店内
ちなみに『魚屋 高浜製作所』の店内はこんな感じで、お店入って直ぐの処に下駄箱と言うのか下足箱の様な物があり、そこで靴を脱いで上がる様になっている。で、お店右手には座敷があり大きなテーブルが2つほど、そして左手にはカウンター席になっていたのだが、外から見てイメージした寄りはこじんまりとした店内だった。
 
魚屋高浜製作所のうなぎのメニュー
そしてこちらが”うなぎのメニュー”で、早速”うな丼”を食べ様と思い注文しようと思ったのだが、時期的に未だ少し土用の丑の日迄に日が有ったので”うな丼”が出来るのかどうか確認してみると、店員のネエチャン曰く”出来ますが、結構時間がかかります・・・”との事。”時間がかかる = 暗に断られている”と邪推した私は、この日は”うな丼”を食べる事を諦めランチタイム限定の定食を食べる事に変更・・・。
 
魚屋高浜製作所の昼のメニュー魚屋高浜製作所本日の日替り海老フライ定食メニュー
そしてこちらがこのお店の定食のメニューで、当然の如く魚を使った定食や寿司定食、それに海鮮丼や天丼等がずらーっと並んでいる。が、お造りがメインの定食とかアジフライ定食等には当然の如く関心が沸かなかったので、もしも”うな丼”を食べれ無い場合はこちらを食べ様と、お店に入る時に表に置いてあったボードを見た時に思った”本日の日替り”の”海老フライ定食”を食べる事に決定!!!
 
魚屋高浜製作所本日の日替り海老フライ定食
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”本日の日替り定食”の”海老フライ定食”で、メインの”海老フライ”の他に”惣菜3種が盛られたお皿”、”ミニサラダうどん”、”汁物”、”漬物”、”テンコ盛りのご飯”、それに加え食後に”デザート&コーヒー”が付いて税込価格1058円也。ご覧の通り、何と無く女性ウケしそうな割と綺麗で豪華な御膳風の定食だ。最初値段がちょっと高いかな?と思ったのだが、この内容であれば全然文句は無いかも・・・。
 
魚屋高浜製作所本日の日替り海老フライ定食
そしてこちらが”海老フライ定食”のメイン料理である”海老フライ”で、ご覧の通り中々大ぶりの有頭海老のフライが2尾と中々豪華な内容だ。個人的には最近でもカツ丼チェーンの『かつや』で細々とした”海老フライ”は良く食べているが、これだけの大き目サイズの”海老フライ”を食べるのは”荒井にある焼肉屋のランチのミックスフライ定食”とか”イオン明石のレストラン街にある洋食屋さんの有頭エビフライ”とか同じく”イオン明石のレストラン街にあるお好み焼屋の豪華えびフライ”とか姫路ロックシティにあった既に閉店した”ステーキ屋さんの有頭大海老のグリル”とか”讃岐おうどん居酒屋の大海老天”を食べた時以来だ・・・。ん?こうやってあらためて書くと意外と食べてる様な気もして来たが・・・。
 
魚屋高浜製作所本日の日替り海老フライ定食
そらはさて置き、早速”海老フライ”を食べてみると”かつやの海老フライ”とは違って結構極太の海老の身で、プリプリとして中々ウマい!個人的には海老と言えば”伊勢海老”以外は”おきあみ”のデッカイ奴・・・としか思わないのだが、流石に魚料理のお店と言う事もあって、中々美味しい”海老フライ”だったかな。
 
魚屋高浜製作所本日の日替り海老フライ定食
そしてこちらが”海老フライ定食”に付いていた”お惣菜3種”で、その内容は左側から”ばい貝の旨煮ローストビーフホッキ貝サラダ”との事。このお店は魚料理のお店なので”ばい貝”とか”ホッキ貝”が入っているのは当然として、何故か”ローストビーフ”が入っているのがちょっと不思議だ。とは言え肉好きの私なので、この”お惣菜3種”の中で一番関心があったのはこの”ローストビーフ”だったけど・・・。
 
魚屋高浜製作所本日の日替り海老フライ定食
それはさて置き、まずは左端にあった”ばい貝の旨煮”から食べてみると・・・、私がこうやって”ばい貝”を食べるのは余り記憶の無い事だが、それ程の貝好きでは無い私には普通に貝だ・・・確か以前にも何処かのお店で出て来た様な気がした過去記事を検索すると、何年か前に同期の友人に会いに福井まで越前蟹を食べに行った時に前菜?として出ていた様だ。記憶に余り残って無かったのは多分食べなかった?からみたい・・・。
 
魚屋高浜製作所本日の日替り海老フライ定食
そしてこちらは”お惣菜3種”の真ん中にあった最近何かと縁のある”ローストビーフ”で、ふと頭に浮かぶだけでも少し前にご主人様と明石のレストランで食べたローストビーフとか、三宮で食べたローストビーフ丼とか、姫路で食べたローストビーフカレーとか、中島みゆきのコンサートの後に食べたローストビーフとか、湯原温泉の夕食で食べたローストビーフ等、何と無く普通のステーキよりも良く食べている様な気さえする・・・。で、流石に明石のレストランで食べた極厚のローストビーフや、三宮で食べたトロトロのローストビーフ丼等と比べると若干肉の差はあるが、個人的に肉好きな事もあってか中々美味しいローストビーフではあった。まあ、魚料理のお店でまさか”ローストビーフ”が食べれるとは夢にも思わなかったけど・・・。
 
魚屋高浜製作所本日の日替り海老フライ定食
そしてこちらは”お惣菜3種”の右端にあった”ホッキ貝サラダ”で、雰囲気的にポテトサラダの中に”ホッキ貝”が入っているだけの、シンプルな内容であるが、コリッとした食感がちょっと珍しい感じがしたポテトサラダで、こちらも普通に美味しかったかな。
 
魚屋高浜製作所本日の日替り海老フライ定食
ちなみに”お惣菜3種”の中に”ホッキ貝サラダ”があったのだが、それとは別にこの様な”ミニサラダうどん”と言うのも付いていて、最初は”うどん”には気が付かなかったのだが鉢の下の方には”ぶっかけうどん”の様な感じで”うどん”が入っている。トッピングはご覧の通り、ワカメや赤い糸のりの様な海藻類がメインだが、これはこれで中々ウマい”ぶっかけうどん”だ!とは言え、ご飯も大盛りだったし”ミニサラダうどん”とは言えそこそこの量があったので、お腹が一杯になってしまったが・・・。
 
魚屋高浜製作所本日の日替り海老フライ定食魚屋高浜製作所本日の日替り海老フライ定食
で、その他にも”海老フライ定食”にはこの様な”味噌汁”や”大根の漬物”も付いていて、こちらも”白いご飯”との相性はバッチりで、この2品だけでお茶碗一杯のご飯が食べれるのでは?と思うぐらい、どちらも中々ウマかった!
 
魚屋高浜製作所本日の日替り海老フライ定食
それはさて置き、今回食べた”本日の日替り定食”にはこの様なデザートとコーヒーも付いている。コーヒーはアイスも選べたので、当然の如く?アイスコーヒーを選択!気持ち的には既にお腹一杯だったので、デザートもアイスコーヒーも無くてもエエぐらいだったのだが、これらが付いているだけで女性客は大喜び?するのだろう・・・。
 
魚屋高浜製作所本日の日替り海老フライ定食
そしてこちらが食後のデザートで、その内容はと言うとご覧の様な”白玉や寒天、それにあずきにクリーム”とこれまた女性の方が好みそうな甘い物が思いの他たっぷりと入っている。個人的には自らこの様な甘い物を食べる事は無いが、最近あちらこちらのお店で目にするお洒落なデザートとは違い、何と無く懐かしい感じがする和風テイストな内容で、これはこれで美味しかったかな。
 
てな事で、”うな丼”が食べてみたいなと思い、自ら好んで余り行く事の無い魚料理のお店に行って今回は”海老フライ定食”を食べたのだが、最初は値段がちょっと高いかな?とは思った物の、これだけの内容とボリュームであれば納得!日替りの内容に寄っては(鯖の塩焼きとかアジフライなら、即却下!)ぜひまた食べてみたい気がする日替り定食だった。
 
グレイスガーデンプラス GRACE GARDEN plus+
最後に・・・、今回行った『魚屋 高浜製作所』の直ぐ南隣には知る人ぞ知る超人気のイタリアンチェーングレイスガーデンプラス/GRACE GARDEN plus+』と言うお店がある・・・。以前はこの場所には加古川志方にもある『焼肉の牛義』の姫路店があったのだが、加古川志方のお店は復活した物の、姫路店は復活する事無くこのイタリアンのチェーン店に変ってしまった様だ。とは言えこのお店の人気は凄まじく、私がこのお店の前を通る時はランチタイムと言う事もありお店前の駐車場は何時も満車!広い通りの西側にも専用の駐車場があるのだが、そちらも結構埋まっている・・・。一度は食べに行ってみたい気はするが個人的には余り食べに行かないイタリアンのお店だからなあ・・・。それよりは未だ行った事の無いラーメン屋さんとかカレー屋さんに行ってみたい気がする・・・。

2014年8月22日

博多金龍ご当地ラーメン第7弾はかなりエリアが狭い”東京八王子ラーメン”!!!最初は甘く感じたが、やっぱりちょっと濃い目の醤油スープだった!!!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:40 PM
 
代理人記録
 
昨年の今頃はパチンコマルハンの飯屋と講談社がコラボしたイベントで毎週の如く有名店の”ラーメン&つけ麺”を食べに行っていたのだが、残念ながらそのイベントの第3弾は行われ無いまま終わってしまった・・・。代わり?今度は昨年の初め頃から格安博多ラーメンのお店『博多金龍』で”博多金龍ご当地ラーメンシリーズ”と言うのが始まった。普通に考えるとパチンコ屋さんの中にある飯屋さんで出て来るラーメンよりも、ラーメン専門店で食べる方が美味しい物が出ると思うのが当り前だと思うが、そこは元が格安ラーメン屋さんなので、パチンコマルハンの飯屋のイベントの”ラーメン&つけ麺”の方がずっと美味しかった気がする・・・。
 
それはさて置き、何だかんだと言いつつもその”博多金龍ご当地ラーメンシリーズ”を毎回食べに行っているのだが、前回の第6弾が登場した後に登場したのが、”ご当地ラーメンシリーズ”とは全然関係の無い”黄金のネギ塩ラーメン”だったので、遂にネタ切れになってて”ご当地ラーメンシリーズ”もいよいよ終了してしまったのか・・・と思っていたら6月になってから第7弾が発売となったのでまたまた懲りずに食べに行ってみた
 
博多金龍/加古川池田店
こちらがまたまた行って来た格安博多ラーメンのお店『博多金龍/加古川池田店』で、この場所は加古川サザンプラザが誕生した時は『ラーメン来来亭/加古川店』があったのだが、『来来亭/東加古川店』が出来た後に統合の名の元に閉店してしまい、その後一時期はちょこっと怪しげな『和風ちゃんぽん堂本舗』となり今はこの『博多金龍』になったのだった。ただ格安とは言え『加古川池田店』が誕生した時は320円だった”とんこつラーメン”も今では390円まで値上がりしている・・・。それでも安い事には違い無いのだが。
 
ちなみにこのお店は平日のランチタイムに来ると、常時ほぼ満席(前にも書いたが食後に延々と漫画を読んでいるお客さんが多い・・・)で、何度か食べに来たにも関わらず混雑が嫌で引き返した事があった。そんな事もありこの日は日曜日のランチタイムにやって来たのだが、それでも昼前から結構賑わっている・・・。ま、このお店の人気の秘密は味よりも値段・・・と言う気がしないでは無いが・・・。
 
博多金龍東京八王子ラーメンフェアメニュー
それはさて置きこちらが”博多金龍ご当地ラーメンシリーズ第7弾”のフェアメニューで、今回は”東京八王子ラーメン”との事。前回の”第6弾の宮崎辛麺”もちょっとマイナーな気がしたが、今回の”東京八王子ラーメン”もご当地ラーメンと呼べる物なのかどうか、ちょっと怪しげな気がしないでも無い。とは言え”博多金龍ご当地ラーメンシリーズ制覇を目指して今回もこちらを注文!!!
 
博多金龍手作りデカ餃子メニュー
ちなみに、毎度の事ながらラーメン単品でエエと思いつつ、このお店のラーメンは値段が安い事もあってか若干ボリュームが少な目。そんな事もあり最近は”おでん”を一緒に食べる事が多いのだが、この日は壁に貼ってあった手作りデカ餃子”のポスターが目に留まったので、久々に”手作りデカ餃子”も合せて注文する事にした。私がこの”手作りデカ餃子”を食べるのは、今から丁度2年ぐらい前に、『加古川池田店』で新メニューとして”手作りデカ餃子”が追加された時、”3個100円で食べれる割引券”に釣られて2回程食べた時以来だ。残念ながら今回は割引券は無かったので、全然格安では無かったかな・・・
 
博多金龍東京八王子ラーメン
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”東京八王子ラーメン”で、お値段は税込価格450円也。パッと見た感じは如何にも関東風の昔長柄の醤油ラーメンと言う様な感じで、先ほどのメニューに書いてあった商品説明に寄ると”香味油を合せた濃い口の醤油スープに、トッピングのきざみ玉ネギが特徴のラーメン”との事。きっと醤油辛いのだろうなあ・・・、と覚悟をしていた事もあってか、あるいはスープの表面を覆う脂分の効果もあってか一口目は何と無く甘味を感じで普通にウマい・・・
 
ただ食べ進んで行くと徐々に醤油辛さが出て来たが、思った程では無く、またトッピングに入っている”きざみ玉ネギ”もちょっとしたアクセントになっていて中々ウマい・・・。そう言えば”きざみ玉ネギ”と言えば姫路にある『湘南らぁめん頂』のラーメンにも入っていたなあ・・・。あるいは記憶にあるのは『博多一風堂』で食べた”博多つけ麺のスープ割り”とか”鶏豚ソバ 鶏白湯”の中にも入っていたっけ・・・。以外とラーメンのスープに”刻みタマネギ”は合うもんだ・・・。
 
博多金龍東京八王子ラーメン
ちなみにこちらは”東京八王子ラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、値段が値段と言う事もあってかこの1枚しか入って無かったのだが、普通の”とんこつラーメン”にトッピングされている丸くカットされたチャーシューでは無く、ご覧の様な角切りタイプのチャーシューだった。これは偶々この部位になったのか、あるいは醤油スープとの相性を考えての事なのか定かでは無いが、味的には普通に美味しいチャーシューだったかな。
 
博多金龍東京八王子ラーメン
そしてこちらは”東京八王子ラーメン”の麺で、何と無くであるがこのお店の定番メニューである”とんこつラーメン”の極細麺と比べると、ちょっと太い様な気がした・・・。と言っても此処暫くの間”とんこつラーメン”は食べて無いので気のせいかも知れないが・・・。
 
博多金龍東京八王子ラーメンと手作りデカ餃子
そんなこんなで、一足先に運ばれて来た”東京八王子ラーメン”を食べていると間も無くして”手作りデカ餃子”が運ばれて来た。この2品で合計金額は670円也・・・。2年ぐらい前に食べた時は”とんこつラーメン”を食べたのと、”3個100円の券を使った事もあり460円だったのだが、それに対して約1.5倍のお値段だ・・・。全然格安ラーメンのお店じゃ無いよね・・・
 
博多金龍手作りデカ餃子博多金龍手作りデカ餃子
それはさて置き、こちらが約2年ぶりに食べる”手作りデカ餃子”で、お店の商品説明に寄ると”肉も野菜もたっぷり入ったボリューム、満点の手作りでか餃子”との事。”王将の餃子”と比べても1.5倍ぐらいの大きさは有りそうだ。で、そのお味であるが餃子が大きい分、具もジューシーで普通においしい。でも食べ慣れている(嫌、食べ飽きていると言うべきか?)”王将の餃子”の方が美味しい様な気もするが、この辺りは好みの差かな
 
てな事で、もしかすると終わってしまったのか?と思っていた”博多金龍ご当地ラーメンシリーズ”の第7弾で”東京八王子ラーメン”ってのが発売されたので食べに行って来たのだが、大体イメージ通りのちょっと醤油辛いスープだったが”きざみ玉ネギ”の効果もあって普通に美味しかったかな。それはさて置き、こうなると第8弾も楽しみに・・・、と思っていたら次は”北京ジャージャー麺”らしい・・・。個人的にスープの無いラーメンは余り好きでは無いのだけどなあ・・・。
次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.