義史のB型ワールド

2019年2月28日

毎度お馴染みの”吉野家”が店舗限定・時間限定で販売している”タルタル南蛮から揚げ丼”を食べてみた!から揚げの上にタルタルソースがかかっただけだが中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
毎月JAFから送られて来る会報誌同封されているチラシに割引券が付いているのと、以前入れたスマホのアプリ”TAMECCO”に釣られて、最近は月に1回以上は食べに行っている牛丼チェーンの『吉野家』であるが、ライバルチェーン店の『すき家』や『松屋』に対して通常でもメニューの数が少ない上に期間限定のフェアメニューが登場する割合も低い。が、『吉野家』では以前から店舗限定の商品が販売されていて個人的にも『2号線加古川平野店』では”豚肉とキャベツの香味味噌定食”、『250号線加古川店』では”味噌 牛カルビ定食”や”味噌 牛カルビ丼”、それに”四川麻婆豚丼”や”スパイシーカレー豚丼”、『加古川駅北口店』では”鍋焼き牛カルビ野菜定食”や”黒カレー”(こちらは後に多少内容を変えて全国販売)、『250号線播磨町店』では”牛すい鍋膳”等と結構な割合で食べているのだが、少し前に『2号線加古川平野店』の前を通ったら”おろしから揚げ”の垂れ幕が掛かっていたので、先ずは””を食べたのだが今度は”タルタル南蛮から揚げ丼”を食べにまたまた行ってみた。
 
吉野家/2号線加古川平野店
こちらが今回行って来た国道2号線平野東交差点の直ぐ近くにある『吉野家/2号線加古川平野店』で、以前はイオンシネマ加古川へ映画を観に行った帰りとかに偶に利用していた頃があったのだが、最近はそう言う機会も少なくなったので、このお店に来たのは昨年の秋頃に来て以来約半年ぶりの訪問だ。で、この日は日曜日のランチタイム開始の正午の訪問だったのだが、店内は意外と空いているような雰囲気で偶々かも知れないが他の支店ほどの賑わいは無かった・・・。
 
吉野家タルタル南蛮から揚げ丼のメニュー吉野家タルタル南蛮から揚げ丼のメニュー
そしてこちらが店の外の壁に貼ってあったのと、店内に置いてあった店舗限定・時間限定で販売されている”タルタル南蛮から揚げ定食”と”おろしから揚げ”のメニューで、ご覧のように店の外に掲げてあったメニューでは”タルタル南蛮から揚げ定食”を大々的に宣伝しているが、店内に置いてある方は”おろしから揚げ丼”がメインとして扱われているようだ。何れにしても、以前に”から”を食べたので普通の”から揚げ丼”の味は知っているので、今回は表のメニューにあった”タルタル南蛮から揚げ丼”を食べてみる事に決定!!!
 
吉野家タルタル南蛮から揚げ丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”タルタル南蛮から揚げ丼”で、お値段は通常税込価格590円の処、先にも書いた様にJAFのチラシに付いていた50円の割引券利用で540円也。ご覧の通りご飯の上に鶏肉のから揚げが5個乗っていて、その脇にキャベツが添えられてる。雰囲気的に”おろしから揚げ丼”のおろしの代わりにタルタルソースがかかっているだけのシンプルな内容ではあるが、老若男女誰もが好むタルタル定番の味で中々ウマい
 
吉野家タルタル南蛮から揚げ丼のからあげ
ちなみに”タルタル南蛮から揚げ丼”に入っていた”鶏のから揚げ”はこんな感じで、先にも書いた様に入店したのが繁忙時間帯の正午と言う事もあってか割と揚げたて熱々な感じで鶏肉にジューシーさがあり、更にタルタルとは別に甘辛だれもかかっていてこれまたウマい
 
吉野家タルタル南蛮から揚げ丼吉野家タルタル南蛮から揚げ丼
それはさて置き、今回食べた”タルタル南蛮から揚げ丼”には別途このようなマヨネーズが付いていて、雰囲気的にはキャベツにかける用なのかな?とは思ったのだが、”タルタル南蛮から揚げ丼”に入っているタルタルがたっぷりだったのでキャベツにも十分賄える程・・・。そんな事もあって、若干の味変を楽しむ為に”鶏のから揚げ”に付けて食べたら当然の如くタルタルとはまた違った味わいがあって、これはこれで美味しかった
 
てな事で、毎度お馴染みの牛丼チェーン店『吉野家』で店舗限定・時間限定メニューの”から”に続いて今回は”タルタル南蛮から揚げ丼”を食べてみたのだが、内容的にも味的にも大体イメージしていた通りの内容ではあったがタルタル定番の味で中々美味しかった!それはさて置き、この”から揚げ”シリーズは人気があるのか、一番食べに行く事が多い『吉野家/250号線加古川店』でも販売されていた・・・。もしかしたら、その内に『吉野家』全店で販売・・・と言う可能性もあるのかも・・・。
広告

2019年2月27日

久々に行った”横浜家系ラーメン町田商店”でまたまた”塩ラーメン”を食べてしまった!雰囲気的には”醤油ラーメン”の方が美味しい気がする・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
2018年7月18日に加古川市公設地方卸売市場の直ぐ近くに『横浜家系ラーメン 町田商店/加古川店』がオープンした。『横浜家系ラーメン 町田商店』と言えばその日の一ヶ月程前に神戸ワールド記念ホールでの小田和正コンサートを観に行った帰りに第二神明道路名谷IC近くにある『横浜家系ラーメン 町田商店/垂水店』で食べたばかりだったのだが、取り敢えず加古川に出来た新規のラーメン店と言う事もあってオープン当日に食べに行ったらトッピングが1品無料になる”○得パスポート券”と言う券を貰った。で、その”○得パスポート券”を使いに何度か食べに行ったのだが、ランチタイム前後に行くと何時も駐車場が満車だったので結局有効期限内に食べに行く事が出来なかったのだが、12月の某日、ランチタイムには少し遅めの午後1時半頃にお店の近くに行ったので流石にその時間だと空いているだろうと思い、久々に行ってみる事にした。
 
横浜家系ラーメン 町田商店/加古川店
こちらが久々に行って来た『横浜家系ラーメン 町田商店/加古川店』で、以前にも書いたようにもしも第二神明道路名谷IC近くにある『横浜家系ラーメン 町田商店/垂水店』に食べに寄った時に、その一ヶ月後に『加古川店』が誕生すると知っていたなら他のラーメン屋さんに行ったのになあ・・・。ちなみにこの『横浜家系ラーメン 町田商店』は『垂水店』へ行った時の記事の中でも書いたように神戸三宮にある『横浜家系ラーメン 三ノ宮商店』の姉妹店だ。ちなみにこのお店がオープンした影響か、あるいは全く関係の無い理由なのかも知れないが、明姫幹線加古川稲屋交差点近くにあった『横浜ラーメン 一心家』は残念ながら閉店してしまったようだ・・・。
 
横浜家系ラーメン町田商店塩ラーメン肉汁餃子セット
それはさて置き、こちらがこの日に食べた”塩ラーメン肉汁餃子セット”で、お値段は税込価格980円也。ちなみに”肉汁餃子セット”と言いつつもライスは付いて無くて”肉汁餃子”のみなので、他のラーメン屋さんで食べる餃子定食と比べるとコストパフォーマンスは良くない・・・。てか、”○得パスポート券”を使うとトッピングかライスが無料になるので、オープン初日にその券を貰った時はライスをセットで食べようと思っていたのだが・・・。
 
横浜家系ラーメン町田商店塩ラーメン
そしてこちらがメインの”塩ラーメン”で、『加古川店』がオープンした初日に食べに来た時は”醤油ラーメン”を食べたと思ってこの日は”塩ラーメン”を選んだのだが、後からブログを見直してみたら”醤油ラーメン”を食べたのは『垂水店』へ行った時で、この『加古川店』へ来た時はこの日と同じく”塩ラーメン”を食べていたようだ・・・。そんな事もあってか?この日食べた印象では何と無く”醤油ラーメン”の方が美味しいような気がしたので、後日再び来た時は”醤油ラーメン”を食べようと思いつつ、またまた”塩ラーメン”の方を食べてしまった・・・。
 
横浜家系ラーメン町田商店塩ラーメン
それは兎も角としてこちらは”塩ラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、大きさはそれ程では無いが結構肉厚はあって普通に美味しい・・・。これまた開店初日に貰った”○得パスポート券”を使えばこのチャーシューをもう1枚追加トッピングする事も可能だったと言う事を思うと、やっぱ有効期限内に一度は食べに来るべきだったかな
 
横浜家系ラーメン町田商店塩ラーメン
ちなみに”塩ラーメン”の麺はこんな感じで、これまた基本的には姉妹店の『三ノ宮商店』で使われている麺と同じ極太麺で、個人的に細麺よりも太麺の方が好きな事もあってこちらも中々ウマい!で、以前にも書いたのだが『三ノ宮商店』で食べた時は極太麺を食べ易くする為に麺を短めにカットしている・・・と言う話があって前回はチェックを忘れたが、今回しっかりチェックすると確かに麺は短くカットされていた。
 
横浜家系ラーメン町田商店肉汁餃子
そしてこちらが”塩ラーメン”とセットで食べた”肉汁餃子”で、当然の如く焼立て熱々で商品名通り肉汁が溢れでる程のジューシーががあって中々ウマい!流石に食べ慣れた”王将の餃子”や最近お気に入りになっている『ラーメン屋 ひまわり』の”餃子”の方が美味しい気はするが、他のラーメン屋さんと比べると美味しい方かも・・・。
 
てな事で、久々に行った『横浜家系ラーメン 町田商店/加古川店』で、この日は”塩ラーメン”と”肉汁餃子”を食べてみたのだが少し前に『ラーメン屋 ひまわり』で食べた”塩ラーメン”とは違い、結構濃厚こってりな塩スープながら中々美味しかった!それはさて置き、このお店ではスープを全部飲み干すと”完まく券”と言うのが貰えてスマホにポイントが10個溜まるとラーメン1杯無料になるサービスがあって、更に年末やら年始にポイント5個とか3個貰えるキャンペーンをやっていたので、それに釣られて何度か食べに行ったのだが、その話はまた後日・・・。

2019年2月26日

毎度お馴染みの”カレーハウスCoCo壱番屋”の姫路花田国道2号店で”濃厚うまこくカレーらーめん”を食べてみた!文字通り濃厚なカレースープで中々ウマい!

Filed under: カレー,ラーメン — 代理人 @ 9:51 PM
 
代理人記録
 
数年前に国道2号線姫路花田にあるニトリの直ぐ近くに『カレーハウスCoCo壱番屋』がオープンした。が、『カレーハウスCoCo壱番屋』は高砂や加古川にあるのでわざわざ利用する事は無いだろうと思い数年の月日が過ぎたのだが、夏頃だったかに隣にあるニトリや近くにあるスーパーオートバックスに行った際にお店の前を通るとカレーらーめんの幟が立っていた。以前からココイチの公式サイトは良く見ているので姉妹店にカレーラーメン専門店『麺屋ここいち』があるのは知っていたのだが、そのお店ではカレーをメインにしつつカレーらーめんも販売しているようだ。個人的にココイチでは”カレーうどん”や”カレーきしめん”は食べた事があるが、カレーらーめんはカップ麺ぐらいしか食べた記憶が無い。そんな事や前々から姉妹店の『麺屋ここいち』も気になっていたし、カレーラーメンも結構好きなので試しに食べに行って先ずはお店の看板メニューである”うまこくカレーらーめん”を食べたのだが、後日近くへ行った時に大々的に宣伝していた”濃厚うまこくカレーらーめん”を食べに寄ってみた。
 
カレーハウスCoCo壱番屋/姫路花田国道2号店
こちらがまたまた行って来た『カレーハウスCoCo壱番屋/姫路花田国道2号店』で、お店がある場所は先にも書いたように国道2号線沿い姫路花田にあるニトリの西隣にあって、パッと見た感じは縦長のこじんまりとした店舗だが、実際に店内に入ってみると『加古川平岡店』並の広さはあった。で、この日は平日のランチタイムと言う事もあってか、所謂ビジネスマンやらワークマンな方々で店内はほぼ埋め尽くされていたような・・・。
 
CoCo壱番屋カレーらーめんランチメニュー
それはさて置き、こちらが平日限定の”カレーらーめんランチメニュー”で、前回訪問した時は日曜日だったのでこちらのお得なセットが注文出来なかったので、今回はこの”カレーらーめんランチメニュー”の中からカレーハウスとしては珍しい?”揚げ餃子セット”を頼む事にし、メインのラーメンはお店前に大々的に宣伝されていた濃厚うまこくカレーらーめん”を食べてみる事に決定!!!
 
CoCo壱番屋濃厚うまこくカレーらーめん揚げ餃子セット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”濃厚うまこくカレーらーめん揚げ餃子セット”で、”濃厚うまこくカレーらーめん”のお値段が税込価格810円、”揚げ餃子セット”のお値段は税込価格162円なので、合計した税込金額は1072円也。ま、”濃厚うまこくカレーらーめん”単品の価格が高いので仕方が無い事ではあるが、ラーメン定食としては少し高目かな・・・。てか、ココイチって意外と高くつくよなあ・・・。
 
CoCo壱番屋濃厚うまこくカレーらーめん
それはさて置き、こちらがメインの”濃厚うまこくカレーらーめん”で、前回食べた”うまこくカレーらーめん”と比べると当然の如くスープが濃厚で何と無くドロッとした感じで表面には辛味ペースト?みたいな物が廻しかかられている。更にトッピングも肉味噌やキャベツは無く、今回は豚肉が入っている。で、早速この”濃厚うまこくカレーらーめん”を食べてみると、またまた”ココイチのカレー”の味とは少し印象が違うが、前回食べた”うまこくカレーらーめん”よりも濃厚でカレーの味も良く出ていて中々ウマい!個人的な好みとしては、こちらの方が好きな味かも。
 
CoCo壱番屋濃厚うまこくカレーらーめん
そしてこちらは”濃厚うまこくカレーらーめん”に入っていた豚肉で、ココイチと言えばポークカレー!は当然として単純にカレーと豚肉の相性は良くて中々ウマい!このカレーにどっぷり浸かった豚肉をおかずにして白いご飯を食べると、余計にその美味さが増したような・・・
 
CoCo壱番屋濃厚うまこくカレーらーめんの麺
ちなみに”濃厚うまこくカレーらーめん”の麺はこんな感じの太麺で、前回食べた”うまこくカレーらーめん”は特に指定して無かったので中太麺だったが、この”濃厚うまこくカレーらーめん”は標準が太麺になっているようだ(ちなみに”うまこくカレーらーめん”でも太麺を選ぶ事は可能っぽい・・・)。で、当然の如く?モチモチとしていて個人的に太麺大好き派と言う事もあって中々ウマい!やっぱカレースープには太麺の方がマッチしている?気もする・・・。
 
CoCo壱番屋揚げ餃子セット
そしてこちらが”濃厚うまこくカレーらーめん”とセットで頼んだ”揚げ餃子セット”の”揚げ餃子”で、”揚げ餃子”と聞くと真っ先に頭に浮かぶ?のが”2017西日本B-1グランプリ in 明石”で食べた”津ぎょうざ”であるが、流石にあんなに巨大な訳は無く一般的なラーメン屋さんで食べる餃子サイズだが、当然の如く揚げたて熱々で中々ウマい!そう言えば、カレー屋さんに”揚げ餃子”がある事自体が珍しいのだが、もしかするとこの”揚げ餃子”をカレーにトッピングしても意外と美味しいかも知れない・・・。
 
CoCo壱番屋ン食後のコーヒー
最後に・・・、この日は毎度お馴染みのJAFのチラシに付いていたソフトドリンク無料券があったので食後にコーヒーを飲んだのだが、何とこのお店では入口近くにドリンクバー?があって、コーヒーを注文したら紙コップだけ運んで来て後はそのドリンクバーコーナーへ行ってセルフで入れてかってに飲んで・・・と言うスタイルだった。ちなみにお替り自由では無く1杯しか飲めないのだが、そこんところの判断は何と無く・・・怪しい・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『カレーハウスCoCo壱番屋』の『姫路花田国道2号店』へ行って前回の”うまこくカレーらーめん”に続いて今回は”濃厚うまこくカレーらーめん”を食べてみたのだが、その名の通り濃厚なカレースープで麺も私の大好きな太麺になっていて全体的に中々美味しかった!とは言え割と短期間の間に2度も食べに行ったので、当分の間は行く事は無いかな?と思うが、出来る事であれば『高砂北インター店』とか『加古川平岡店』でもこの”カレーらーめん”を販売して欲しいものだ・・・。

2019年2月25日

毎度お馴染みのパチンコマルハンの中にある飯屋さんでワンコイン500円の”ステーキ丼”を食べてみた!結構ボリュームもあって肉も柔らかく中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
以前は”日本全国ご当地味めぐり”や”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”に釣られて結構な割合で食べに行っていたパチンコマルハン加古川店の中にある『ごはんどき』と言う飯屋さんであるが、最近は近くにあるミクちゃんガイアに行く方が増えた?ので全然食べに行って無かった。が、少し前に久々に行ったら”TVで紹介された話題店”とのコラボで”そば助の最強豚丼”や”そば助の豚そば”、その第二弾で『伝説のすた丼屋』の”すたみな丼”、第三弾では”すごい煮干ラーメン凪監修 煮干ラーメン”や”初代けいすけ監修 黒味噌ラーメン”を食べたのだが、12月頃になると再び?”そば助豚玉塩そば”ってのが登場したので試しに食べようと思ったら、何やら週末感謝価格キャンペーンをやっていて12月22日の土曜日に”そば助豚玉塩そば ごはんセット”がワンコイン500円で食べれるらしいので、その日を待って食べに行ったのだが、その翌日には以前から一度食べてみたいと思っていたステーキ丼”ってのが同じくワンコイン500円で販売されると言うので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた
 
ごはんどき/加古川店
こちらがまたまた行って来たパチンコマルハン加古川店に併設されている『ごはんどき/加古川店』で、このお店でも定期的に期間限定のメニューが登場するのだが、『かつや』や『松屋』と違って食べてみたいと思うようなメニューが登場する事は少ない・・・。が、以前の”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”の時の様に、何処かとコラボしたメニューの時は結構楽しげな商品が登場するので、中々目が離せないのだ。
 
ごはんどきステーキ丼のメニュー
そしてこちらがこの日の週末感謝価格で販売されていた”ステーキ丼”のメニューで、通常販売価格は800円なのだがこの日はワンコイン500円で販売されるとの事。そう言えば以前のキャンペーンで販売されていた”ガツ盛りステーキ丼”は通常販売価格1480円のものが何と半額以下の700円で販売されていたので、ちょっと食べてみたくなったのだがご飯も2倍とか書いてあったので結局諦めた事があったが、その日から一度この”ステーキ丼”を食べてみたいと思っていたのであった!
 
ごはんどきステーキ丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ステーキ丼”で、別途”味噌汁”と”漬物”が付いて通常税込価格800円の処、今回は週末感謝価格で税込価格ワンコイン500円也。以前姫路へ行った時に『一乃屋』と言うお店で食べた”ステーキ丼”は税込価格918円、また最近は全然行って無いが『ステーキけん』で食べた”ステーキ丼”は税込価格850円だったので、通常価格800円でも安い気はするが、それが500円で食べれるのだから牛丼チェーン店もびっくり?な価格だ!
 
ごはんどきステーキ丼
そしてこちらがメインの”ステーキ丼”で、パッと見た感じは100gぐらいのステーキだが、ご覧の通り丼鉢からはみ出そうな位の大きさでそこそこボリュームがありそうだ。で、早速この”ステーキ丼”を食べてみると、味のポイントはオニオンが入ったようなステーキソースではるが、肉自体は柔らかくて中々ウマい!これがワンコイン500円で食べれるのは確かにお得だ!
 
ごはんどきステーキ丼
ちなみに”ステーキ丼”のお肉の断面はこんな感じで、流石に肉厚は1cm程度でしか無く焼き加減もミディアムではあるが、これまたそこそこのジューシーさもあってエエ感じ。そう言えば以前に毎度お馴染みの『なか卯』で食べた”リブロースステーキ丼”の肉厚もこんな感じだったので、そう考えてもこちらの方がお得感があるような・・・。
 
ごはんどきステーキ丼ごはんどきステーキ丼
最後に・・・、こちらは”ステーキ丼”に付いていた味噌汁と漬物で、味噌汁は何時ものこのお店の味そのまんまだ。で、漬物基本的にはこのお店で用意されている物であるが、私の好きな”かつやの割干大根漬”っぽい感じで中々美味しかったかな
 
てな事で、毎度お馴染みのパチンコマルハンに併設されている飯屋『ごはんどき』で、週末感謝価格ワンコイン500円で販売されていた”ステーキ丼”を食べてみたのだが、味的には肉の味と言うよりもステーキソースで食べるような感じではあったが、これはこれで中々美味しかった!そして今年になってから再び週末感謝価格ワンコイン500円で販売されていたので、それに釣られて食べてしまったのだが、その話は・・・。

2019年2月24日

毎度お馴染みのパチンコマルハンの中にある飯屋さんで”そば助”とコラボした”そば助の豚玉塩そば”を食べてみた!豚肉が入った玉子とじのそばで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
以前は”日本全国ご当地味めぐり”や”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”に釣られて結構な割合で食べに行っていたパチンコマルハン加古川店の中にある『ごはんどき』と言う飯屋さんであるが、最近は近くにあるミクちゃんガイアに行く方が増えた?ので全然食べに行って無かった。が、少し前に久々に行ったら”TVで紹介された話題店”とのコラボで”そば助の最強豚丼”や”そば助の豚そば”、その第二弾で『伝説のすた丼屋』の”すたみな丼”、第三弾では”すごい煮干ラーメン凪監修 煮干ラーメン”や”初代けいすけ監修 黒味噌ラーメン”を食べたのだが、12月頃になると再び?”そば助豚玉塩そば”ってのが登場したので試しに食べようと思ったら、何やら週末感謝価格キャンペーンをやっていて12月22日の土曜日に”そば助豚玉塩そば ごはんセット”がワンコイン500円で食べれるらしいので、その日を待って食べに行ってみた
 
ごはんどき/加古川店
こちらがまたまた行って来たパチンコマルハン加古川店に併設されている『ごはんどき/加古川店』で、このお店でも定期的に期間限定のメニューが登場するのだが、『かつや』や『松屋』と違って食べてみたいと思うようなメニューが登場する事は少ない・・・。が、以前の”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”の時の様に、何処かとコラボしたメニューの時は結構楽しげな商品が登場するので、中々目が離せないのだ。
 
ごはんどき加古川店週末感謝価格スケジュール
そしてこちらが『ごはんどき/加古川店』で12月に開催されていた週末感謝価格のスケジュールで、ご覧の様に定番の”かつカレー”や”カツ丼”は偶にやっている半額セールの時と同じく半額だが、この日のメニューである”そば助豚玉塩そば ごはんセット”や翌日に販売される”ステーキ丼”等は一律ワンコイン500円になっている。で、流石にこの日は”そば助豚玉塩そば ごはんセット”だったからか店内は閑散としていたのだが、翌日に”ステーキ丼”を食べに行ったら開店直後からほぼ満席になっていたような・・・。何れにしてもこの日の訪問目的は”そば助豚玉塩そば ごはんセット”を食べる事にあったので早速食券を購入!!!
 
ごはんどきそば助の豚玉塩そばのフェアメニューごはんどきそば助の豚玉塩そばの美味しい食べ方
ちなみにこちらは”そば助豚玉塩そば”のメニューと店内に置いてあった”そば助流 食べ方指南書”で、その内容を簡単に漸くすると1.先ずはそのまま”そば助豚玉塩そば”を味わう。2.ごはんに玉子を乗せ塩だしをかけ、おじや風に食べる。3.”激辛ごま唐辛子”を入れて味変を楽しむ。との事らしい・・・。ま、セット内容を見ると誰もがそうしそうな食べ方とも言えるのだが・・・。
 
ごはんどきそば助の豚玉塩そばごはんセット
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”そば助豚玉塩そば ごはんセット”で、その名の通り”そば助豚玉塩そば”に”ごはん”と何時もの如く”激辛ごま唐辛子”も付いて通常税込価格800円の処、週末感謝価格でワンコインの500円也。11月中旬頃だったかにこの”そば助豚玉塩そば”が新メニューをして登場した時に、直ぐにでも食べようかと思ったのだが、この内容で800円はちと高いと思い留まったのは大正解だったかな。
 
ごはんどきそば助の豚玉塩そば
で、こちらがメインの”そば助豚玉塩そば”で、メニューの写真を見て想像していた通り2017年に食べた”そば助の塩かけそば”を豚肉入りの玉子とじになったような内容で中々ウマそう!そう言えば、私がスキーヤーだった頃に何度か行った野沢温泉スキー場のゲレンデ内にあったロッジ?で2回程食べた”肉そば”は豚肉が入った温かい出汁の蕎麦だった。関東ではカレーに豚肉を使うのと同様に、蕎麦にも豚肉を入れるのだなあ・・・と、その時に思ったりしたもんだ・・・。
 
ごはんどきそば助の豚玉塩そば
それは兎も角として、早速この”そば助豚玉塩そば”を食べてみるとご覧の様に思いのほか沢山の豚肉が入っていて、味付けはあっさりながら、これまたあっさりした塩だしに玉子を絡めて食べると中々ウマい玉子がもうちょっと半熟だったら良かったのと、濃い味好きなので豚肉ももうちょっと味が付いていてもエエような気はしたが、ちょっと変わった”玉子とじそば”としては美味しい方だったかな。
 
ごはんどきそば助の豚玉塩そば
ちなみに”そば助豚玉塩そば”の麺はこんな感じで、以前開催された”TRY受賞店ラーメンフェア”とか”TRY受賞店つけ麺フェア”の時は毎回それ専用の麺が使われていたのだが、”そば助の塩そば”の場合はそれ専用の蕎麦なのか、あるいはこのお店の通常メニューにあるそばと同じ麺を使っているのか、蕎麦に余り詳しくない私には良く判らない・・・。ま、実際に食べた印象としては”そば専門店”で食べる麺とは雲泥の差がある気はするが・・・。
 
ごはんどきそば助の豚玉塩そば
それはさて置き、先ずは”そば助豚玉塩そば”をシンプルにそのまま味わった後、”そば助流 食べ方指南書”に従ってごはんの上に玉子と豚肉を乗せて、その上から”究極の塩だし”をかけて食べると、おじや風と言うよりか出汁茶漬けっぽい感じだが、確かにこれはこれで中々ウマい!
 
ごはんどきそば助の豚玉塩そばごはんどきそば助の豚玉塩そば
で、何だかんだとシンプルに”そば助豚玉塩そば”の味を楽しんだ後は、折角なのでセットに付いて来た”激辛ごま唐辛子”を投入!以前にも書いたが、この”激辛ごま唐辛子”はメチャ辛いので私的には1/3程度の量程度しか入れなかったが、それでも結構辛い!が、確かにこの”激辛ごま唐辛子”を入れる事によって若干の物足りなさがあった”究極の塩だし”がシャキッと引き締まったような感じで、これはこれで中々美味しかったかな
 
てな事で、毎度お馴染みのパチンコマルハンに併設されている飯屋『ごはんどき』で、以前”TVで紹介された話題店とのコラボ第一弾”で登場した『そば助』の新メニューで”そば助豚玉塩そば”ってのが登場したのでお得なワンコイン500円で食べれる週末感謝価格キャンペーンの日を待って食べに行ってみたのだが、内容的には大体イメージしていた豚肉入り玉子とじのおそばと言う感じではあったが、これはこれで中々美味しかった!それはさて置き、この週末感謝価格キャンペーンは結構お得なのでこれをきっかけに1月も2月も何だかんだと週末になると食べに行ってしまっているのだが、その話はまた後日・・・。

2019年2月23日

最近お気に入りの”ラーメン屋 ひまわり”で1周年記念限定の”塩ラーメン”を食べてみた!あっさり鶏ガラスープに大好きな背脂が入ってメチャウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
2017年12月に加古川大川交差点近くに『ラーメン屋 ひまわり』がオープンした。最初は一時期流行った脱サラして始めた個人経営のお店なのかな?と思って食べに行って先ずは”白とんこつラーメン”を食べてみたら、これが中々ウマい!で、後から知ったのだがこのお店の店主は以前『希望軒』で店長や工場長を務めていた人らしく、確かにラーメンの出来映えは秀逸で個人的にも最近一番お気に入りのラーメン店になっている。そんな『ラーメン屋 ひまわり』が1周年を記念して”塩ラーメン”を販売すると言うので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
ラーメン屋 ひまわり
こちらがまたまた行って来た『ラーメン屋 ひまわり』で、お店がある場所は以前にも書いた様に国道2号線大川町交差点から少しだけ南へ下がった角地で、以前は当ブログで偶に紹介している『インド・ネパール料理 パシュパティ』の何号店?だったかがあった店舗跡地だ。で、このお店はパッと見た感じはこじんまりとした感じで外から店内が見えないし、また駐車場も店前に2台分、近くに1台分程度しか無いので、何と無く入り難い雰囲気があるのだが、最近は口コミ等でこのお店の人気は高くなっているようで、私も開店とほぼ同時に入店したのだが、流石に1周年記念の時と言う事もあって暫くするとほぼ満席になっていた・・・。
 
ラーメン屋ひまわり1周年記念限定塩ラーメンのメニューラーメン屋ひまわり1周年記念限定塩ラーメンの告知
そしてこちらが『ラーメン屋 ひまわり』の1周年記念の3日間限定で登場した”塩ラーメン”のメニューで、このお店には通常メニューとしてた”白とんこつラーメン”とか”濃色しょうゆ中華そば”があって、その他にも日替わりの限定ラーメンで”なつかししょうゆ中華そば”やら”ちゃんぽん”(後日紹介)やら”みそラーメン”(未食)等が登場するのだが、”塩ラーメン”は多分今回が初めてだ。そんな事もあって、この日の訪問客の大半は当然の如く?この”塩ラーメン”を頼んでいるようで、私も遅れまいと早速この”塩ラーメン”を注文!!!
 
ラーメン屋ひまわり塩ラーメン
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”塩ラーメン”で、お値段は税込価格650円也。ご覧の通り”塩ラーメン”にしてはスープに少しの濁りがあるが背脂も浮いていて中々ウマそうだ。ちなみに商品案内に寄ると”じっくり炊きこんだ鶏ガラスープに、背脂をトッピング。醤油を使った塩ラーメンタレとの相性がクセになる”との事。で、早速この”塩ラーメン”を食べてみると見た目通りのあっさりスープながら、その中に色んな旨みとコクがあってメチャウマい!最近は余り”塩ラーメン”を食べて無かったが(ま、『はま寿司』で”釧路風北海魚介の塩ラーメン”は食べたが・・・)、最近食べた”塩ラーメン”の中ではダントツにウマい!!!
 
ラーメン屋ひまわり塩ラーメン
そしてこちらは”塩ラーメン”に入っていたチャーシューで、普段このお店のラーメンは一般的な豚肉のチャーシューなのだが、今回はあっさりスープに合せたのか鶏肉チャーシューだ!で、この鶏肉チャーシューも柔らかく鶏肉の旨味満載でこれまたウマい!このお店で食べる料理はどれも期待を裏切らない・・・みたいな。
 
ラーメン屋ひまわり塩ラーメン
ちなみに”塩ラーメン”の麺はこんな感じの極細麺で、このお店では”白とんこつラーメン”には極細麺、”濃色しょうゆ中華そば”には太麺を使用しているのだが、今回はあっさりした塩スープにマッチさせる為なのか”白とんこつラーメン”と同じく極細麺だった。このようなスープと相性の良い麺を分けているのは一時期毎月の如く食べに行っていた東加古川にある『新在家ラーメン もんど』の”裏限定ラーメン”を彷彿とさせる?気になって何と無く懐かしい味だった・・・。
 
ラーメン屋ひまわりセット餃子
それはさて置き、何時もの如く”塩ラーメン”の単品だけで十分だと思いつつも、このお店にあるセットメニューの”餃子”も”唐揚げ”も美味しいので、思わずセットで注文したのがこちらの”餃子セット”で、ご覧の通り”餃子”が3個と白いご飯がセットになってお値段は税込価格150円也。以前にも紹介したが、この”餃子”はタレを付けずにそのまま食べてもジューシーでメチャウマい!ちなみに商品案内に寄ると”野菜の味わいと食感の双方をひきだすため、異なる切り方のキャベツをブレンドした自家製ぎょうざ”との事。個人的にラーメン屋さんで食べる餃子の中では、このお店の”餃子”が一番好きかな。
 
てな事で、最近お気に入りになっている『ラーメン屋 ひまわり』が1周年記念限定で”塩ラーメン”を販売すると言うのでそらに釣られて食べに行ったのだが、あっさり系の鶏ガラスープに私の大好きな背脂が入って期待通りにメチャ美味しかった!何故この”塩ラーメン”が通常メニューの中に入って無いのかは謎だが、また何時か登場した暁にはぜひ食べに行ってみたいと思う・・・。

2019年2月22日

毎度お馴染みの”はなまるうどん”で冬季限定の”豚バラ白菜あんかけうどん”を食べてみた!豚肉と白菜の相性が良くて中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
今や日本で知らない人は居無いであろう『讃岐うどんチェーンの丸亀製麺』であるが、それよりも一足先に誕生して一斉風靡した讃岐うどんチェーン店『はなまるうどん』がある(現在は吉野家グループの傘下で姫路飾磨には吉野家とのコラボ店もあったりする)。で、姫路には比較的早い段階で進出して来たので、私も10数年前から偶に姫路へ行った時に利用していたお馴染みのお店でもあるのだが、最近は加古川近辺にも結構お店が誕生したので当然の如く加古川近辺にあるお店に行く事が多い。そんな『はなまるうどん』のお店の前を通ると有りそうで無かった豚肉と白菜が入った”豚バラ白菜あんかけうどん”ってのが新登場していたのでそれに釣られて食べてみた。
 
はなまるうどん/グリーンプラザべふ店
こちらがまたまた行って来た『はなまるうどん/グリーンプラザべふ店』で、お店があるのはイトーヨーカドー加古川店の南入口を入って直ぐの処のフードコートの一角にある。で、先にも書いたように『はなまるうどん』は姫路市内には結構早い段階で進出して来たのだが、何故か加古川にお店が出来たのは遅くて、私の記憶が正しければ2008年の夏、加古川市内で最初に誕生したのがこの『グリーンプラザべふ店』だ。とは言え、このお店が誕生してから10年は経つので、何と無くずいぶん昔のような気もする・・・。
 
はなまるうどん豚バラ白菜あんかけうどんのメニュー
そしてこちらが『はなまるうどん』から期間限定で新登場した”豚バラ白菜あんかけうどん”のメニューで、公式案内に寄ると”素材の奥深い味わいをお楽しみいただける、この寒い季節におすすめの新メニュー”との事。豚肉と白菜の組み合わせは『松屋』や『やよい軒』等の定食チェーンや、私の大好きな『どうとんぼり神座ラーメン』等でお馴染みではあるが、豚肉と白菜が入ったうどんは食べた記憶は無かったので、それに釣られて食べてみる事に決定!!!
 
はなまるうどん豚バラ白菜あんかけうどん
で、こちらが実際に食べた”豚バラ白菜あんかけうどん(小・麺1玉)で、お値段は税込価格530円也。ご覧の通り、うどんの上に白菜と豚肉を入れた後にあんをかけ、その上にネギをトッピングしたシンプルな内容だ。ちなみに商品案内に寄ると”こだわりのあんには、帆立や海老、牡蠣など海鮮の旨味をふんだんに加えた「清湯スープ」を使用しております。仕上げに「ごま油」を加えたことで、素材の旨味がひとつにまとまるだけでなく、香ばしいごまの香りが食欲を掻き立てます。また、シャキシャキの白菜と柔らかい豚肉の上からあんをかけることで、アツアツのまま最後までお召し上がりいただけます。身も心も芯まで温まる、この季節にピッタリな一品”との事。それはさて置き、早速この”豚バラ白菜あんかけうどん”を食べてみると何と無く想像していた通りの味っぽい印象ながら、旨みとコクのあるあんに豚肉と白菜の味と食感が加わって確かに中々ウマい
 
はなまるうどん豚バラ白菜あんかけうどん
そしてこちらは”豚バラ白菜あんかけうどん”に入っていた豚バラ肉で、最初にパッと見た時は何と無く少なそうに見えたのだが、実際に食べてみると意外とたっぷり入っていて、味的にはこれまた想像通りではあるが白菜との相性は良くて中々ウマい!思わず白いご飯も併せて食べておけば良かった・・・と後悔した程だ。
 
はなまるうどん豚バラ白菜あんかけうどん
ちなみに”豚バラ白菜あんかけうどん”の麺はこんな感じで、お店ご自慢の讃岐風手打ち麺なのだが以前にも書いた様にライバルチェーン店の『丸亀製麺』とか加古川では人気の『讃岐めん うどんや』の店内手打ちとは違って工場で作られた麺と言う事もあって、気持ちそれなりの味だったような気がする・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『はなまるうどん』から冬季限定で登場した”豚バラ白菜あんかけうどん”を食べてみたのだが、本文で書いた様に豚肉と白菜の相性は良くて中々美味しかった!気持ち的にはうどんでは無く白いご飯のおかずで食べた方が美味しいような気がしたのだが、うどんじゃ無い方がエエ場合は別メニューにあった”豚バラ白菜あんかけ丼”を食べれ!って言う事だったのかも知れない・・・。

2019年2月21日

毎度お馴染みの”らーめん八角”で八角宝くじで貰った10%引き券で”ぎょうざ定食”を食べてみた!オーソドックスな内容だが、これで680円は確かに安い!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:09 PM
 
代理人記録
 
今年も毎年恒例となった10月1日の”天一の日”に『中華そば専門店 天下一品』へ行って”ラーメン1杯無料券”をゲットして来たのだが、10月には未だ他にも似た様な恒例行事?があったはず・・・と、あれこれ思いを巡らせていると『らーめん八角』の”八角宝くじ”の事が頭に浮かんだ!”八角宝くじ”と言えば10月中に『らーめん八角』へ行って食事をすると貰えるクジで特賞には旅行が当たったり、ハズレでも10%引きの割引券が貰えたりと結構お得なクジで、個人的にも数年前に”500円のお食事券”が2枚1000円分当った事がある程だ。が、最近は加古川や高砂界隈に沢山のラーメン屋さんがオープンした事もあって、『らーめん八角』には全然行って無かったので昨シーズン(2017年)は忘れていて食べに来て無かったのだが、今シーズン(2018年)は久々に食べに行って”八角宝くじ”を貰ったので、その抽選結果の確認の為に、またまた『らーめん八角』へ行ってみた。
 
らーめん八角/加古川店
こちらがまたまた行って来た『らーめん八角/加古川店』で、前回の記事の中でも書いた様に写メを撮る際の光量の関係で、入口入って直ぐ右手のカウンター席(気持ち的には道路側の二人席へ行きたいのだが、ランチタイムは混んでいるので一人客はカウンター席に座れと言われる・・・)を確保しようと、開店直後の午前11時30分過ぎに行ってみたのだが、今回もまたまた既にその席には先客が居る・・・。てか、これで連続3回この時間に来てあのカウンター席に座れなかった・・・。確か午前11時半にならないと入店は出来ないはずなのだが、もしかしたら今は午前11時からお店が開いている?のかな
 
らーめん八角宝くじ
ちなみにこちらが毎年10月に開催されている”八角グループお客様感謝祭”?の時に貰った”八角宝くじ”で、先にも書いたように以前”500円のお食事券”が2枚1000円分当った事があるのだが、残念ながら今回は2枚ともハズレで残念賞の”10%割引券”だった・・・。とは言え折角の割引券なので、前回紹介したお得な”平日昼定食メニュー”の中から久々に”ぎょうざ定食”(あれ?以前は”ギョウザ定食”とカタカナ表記だったのだが・・・)を食べてみる事に決定!!!
 
らーめん八角ぎょうざ定食らーめん八角ぎょうざ定食
で、間も無くして運ばれて気がのがこちらの”ぎょうざ定食”で、最初に運ばれて来た”八角らーめん”と白いご飯とキムチ、それに少し遅れて運ばれて来た”餃子”がセットになって通常税込価格756円の処、”10%割引券”利用で税込価格680円也。8の付く日に開催されている”八角デー”の時は”餃子”が88円で食べれるのだが、ご飯やキムチの値段を考えるとやっぱ”平日昼定食メニュー”の”ぎょうざ定食”を食べる方がお得だ!!!
 
らーめん八角ぎょうざ定食のラーメン
そしてこちらが”ぎょうざ定食”のメインとも言える”八角らーめん”で、何時もの如く脂は多目だが前回食べた時にもしもスープが醤油辛かった場合の事を考えて”ネギ&もやし大盛り”にして食べたら思った程では無かったので、今回はネギ&もやしは普通盛のままだ。そんな事もあってか、少し醤油辛い気もしたが脂の甘味もあって今回も普通に美味しかった
 
らーめん八角ぎょうざ定食のラーメン
ちなみにこちらは”八角らーめん”に入っていたチャーシューで、薄切りカットながら結構大き目サイズの物が数枚入っていて、これまた定番の味わいで中々ウマい!最近格安ラーメンチェーンの『らーめん幸楽苑』で期間限定で登場するラーメンを食べる事が多いのだが、それに入っているチャーシューと比べても、税別価格580円のラーメンでこれだけたっぷりのチャーシューが入っているだけでもお得感がある。
 
らーめん八角ぎょうざ定食のぎょうざ
そしてこちらが”ぎょうざ定食”のセットの”餃子”で、毎度お馴染みの”王将の餃子”と比べると若干サイズは小さいがご覧のように6個入りでそれなりのボリュームはある。で、皮が若干フニャッとしているような食感だが、味的には普通にウマい!この日の前後に『ラーメン屋 ひまわり』で食べた”餃子”がメチャウマかったので、それと比べると何とも言えないがこれが”八角デー”の時に88円で食べれると思うと確かにお得感はある!
 
らーめん八角ぎょうざ定食のキムチ
それともう一つ、こちらは”ぎょうざ定食”に付いていたキムチで、他のラーメン屋さんではキムチ食べ放題のお店も多いのだが、流石にこのお店ではその手のサービスはやって無い。とは言え、このキムチも割と本格的でこれまた白ごはんとの相性も良くこれまたウマい!そう言えば長い間食べて無いが、このキムチが具に詰まった名物”ちゃーしゅーおにぎり”もメチャ美味しいので、機会があればぜひまた食べてみたいと思う・・・。
 
らーめん八角10%OFF券
最後に・・・、最初に書いたように以前貰った”八角宝くじ”の当落をチェックして貰ったらやはりどちらも当っては無く?残念賞の”10%割引券”だった・・・。で、1枚はこの日に使用したので、もう1枚を使う為に2019年3月31日までに、またまた『らーめん八角』へ行く事になる・・・。
 
てな事で、毎年10月に開催されている”八角グループお客様感謝祭”?の時に貰った”八角宝くじ”の当落チェックを兼ねてまたまた『らーめん八角』へ行って今回は”ぎょうざ定食”を食べたのだが”らーめん”も”餃子”も割と食べ慣れた味で、大きなインパクトは無かったがどちらも普通に美味しかった!今となっては宝殿に出来た『博多豚骨ラーメン まるせん』のサービスランチの方が値段は安いが、この日食べた”ぎょうざ定食”も普段では税込価格756円で食べれると思うとやっぱり安いかな

2019年2月20日

最近・・・、腰が痛い・・・。そんな事もあって今夜は早目に就寝するのでブログは久々にお休み・・・。

Filed under: 未分類 — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
最近・・・、腰が痛い・・・。そんな事もあって今夜は早目に就寝するのでブログは久々にお休み・・・。

2019年2月19日

毎度お馴染みの”すき家”で全店で販売開始となった”牛すき焼き丼”を食べてみた!以前食べた時とは肉の量が雲泥の差で定番のすき焼き味ながら中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
2013年冬、吉野家から「うまい・やすい・ごゆっくり」をコンセプトにした「牛すき鍋膳」が新登場”したのだが、それが意外と販売好調とかで、ライバルチェーン店の『すき家』からも同等商品の”牛すき鍋定食”が販売開始されたのだが、当初はTVや新聞のニュースでも話題になったように店員さん一人で注文から調理、配膳まで行ういわゆるワンオペ問題の影響で早々に”牛すき鍋定食”の販売を停止したりと色々トラブルがあった。それはさて置き、それ以降も毎年登場する”牛すき鍋定食”が今シーズンも『松屋』に遅れること約一カ月、『吉野家』に遅れること約半月の11月中旬になって漸く販売開始になったので早速食べに行ったのだが、先に書いた様に”牛すき鍋定食”はオペレーションに手間がかかるからなのか、今シーズンは早々に販売を終了し代わりにフードコートにある店等コンロが使えない店舗で販売していた”牛すき焼き丼”が全店で販売開始になったので、それに釣られて食べに行ってみた。
 
すき家/明幹加古川店
こちらがまたまた行って来た『すき家/明幹加古川店 (旧:加古川南店)』で、この日は久々に夕方の午後6時前と言うディナータイムには若干早目の時間帯の訪問だったのだが、既にファミリー客やら個人客やらテイクアウト客等先客の姿がチラホラ・・・。が、店的にこの時間帯は空いていると言う判断なのか店員さんは若い兄ちゃん1人しか居ない・・・。若干の不安を抱えつつ、温かい目でオーダーを取りに来る迄の時間その様子を観察していると、この店員の兄ちゃんは中々出来る人で、先客の注文から調理&配膳、テイクアウト客の対応までテキパキとこなし、その間待っている私にも”少しお待ち下さい・・・”と声を掛ける事も忘れていない・・・。この姿を最近話題のバイトテロの連中に見せてやりたい程だった・・・。 
 
すき家牛すき焼き丼のメニュー
それはさて置き、こちらが『すき家』から期間限定で登場した”牛すき焼き丼”のメニューで、公式案内に寄ると”今年の「牛すき焼き丼」はお肉を25%増量し、お肉も野菜もたっぷりで食べ応え抜群”との事。確かに以前”牛すき焼き丼”を食べた時は肉ってたったのこれだけ?と思った印象が強く残っているのだが、それを25%増量しただけで果たしてどれだけ変わるのか・・・。何れにしても私の大好きな牛すき焼きの丼なので早速食べてみる事に決定!!!
 
すき家牛すき焼き丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛すき焼き丼”並盛で、通常税込価格690円の処、JAFのチラシに付いていた50円の割引券利用で税込価格640円也。ご覧の通りこれ見よがし?かの如く、お肉が丼の上全面に盛られていて、当ブログの過去記事にある2016年に食べた”牛すき焼き丼”と比べるとパッと見ただけ肉量の量が全く違う!てか、同じ商品とも思えないような・・・。ちなみに商品案内に寄ると”やわらかな牛肉とたっぷりの野菜を、すき焼き用の甘辛いタレで煮込み、ごはんにのせた一品です。すき焼きのボリュームをそのままで、手軽にお召し上がりいただける丼”との事で、味的には一足先に食べた”牛すき鍋定食”の味と全く同じだし、相変わらず肉の大きさは私的には細切れに近い位のサイズではあるが、すき焼き定番の甘辛い味で中々美味しかった
 
すき家牛すき焼き丼
ちなみに先に紹介した”牛すき焼き丼”は、パッと見ただけでは肉しか入って無いように見えるので紹介して置くと、肉の下にはこのように多分”牛すき鍋定食”と同じ量?だけの野菜は入っていた。とは言え”牛すき鍋定食”にはうどんも入っていたのだが、流石にこの”牛すき焼き丼”の中にはうどんは入って無かったし、生卵も別オプションになっていたのでコストパフォーマンス的には”牛すき鍋定食”の方が上のような気もするが・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『すき家』が早々に”牛すき鍋定食”の販売を終了し代わりに”牛すき焼き丼”を全店で販売開始したので、それに釣られて食べに行ったのだが、確かに以前食べた時とは肉のボリューム感に雲泥の差があり、味的にもすき焼き定番の甘辛味で中々美味しかった!そんな事もあって、以前”ブランド・オブ・ザ・イヤー受賞記念”とかで登場した”和牛すき焼き丼”も肉25%増量で食べてみたいような・・・。
次のページ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.