義史のB型ワールド

2019年2月3日

今日は節分の日・・・と言う事で遅ればせながら昨年食べた”鮨よしたけ監修 極海鮮太巻”を御紹介!値段は3240円もしただけあって中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
今日は節分と言う事でSNSやブログ等では恵方巻の話題が沢山アップされているので私もそれに便乗・・・。
 
我が母の得意料理の一つに巻き寿司があった事もあって幼少の頃から節分の日に巻き寿司を食べる習慣(と言っても我家では丸かじりはしなかったけど・・・)が有ったのだが、最近は寿司屋の陰謀?で毎年色んな恵方巻が登場するので、私もそれに釣られて”近大まぐろを使った恵方巻”とか”たらばがにの開運太巻”とか”焼肉屋さんのステーキ巻き”等を食べて来た(過去の記事を検索すると”カレーハウスCoCo壱の夏の恵方巻”ってのも食べてるようだ)ので、今年は久々に”近大まぐろを使った恵方巻”を買って食べたのだが、その話はまた後日するとして、今日は没ネタになっていた昨年食べた”7年連続ミュシュラン三つ星掲載店「鮨よしたけ」の完全監修による贅を尽くした海鮮太巻”のお話・・・。(注:7年連続は昨年の話で、今年は8年連続と宣伝されている・・・)。
 
イオンの恵方巻鮨よしたけ監修極海鮮太巻イオンの恵方巻鮨よしたけ監修極海鮮太巻
こちらが昨年の節分の日に買って食べた”イオンの恵方巻”の一つだった”【初登場】ミシュラン7年連続三つ星「鮨よしたけ」監修 豪華海鮮太巻”と言う”鮨よしたけ監修 極 海鮮太巻”で、お値段は何と税込価格3240円也!!!!!!ご覧の様にプラスチックながら高級感のある桐箱をイメージした箱?に入っていて雰囲気的にも豪華さが漂う。
 
ちなみに結構高いと思った”たらばがにの開運太巻”とか焼肉志方亭のデラックスステーキ巻き”でも税込価格2160円だったので、この値段が如何に高いかがうかがえる・・・。でも確か昨年、5000円する蟹を使った恵方巻も販売されていたような・・・。流石の私も買うのを諦める程の値段だった・・・(てか、3240円でも十分高いと思うが・・・)。
 
イオンの恵方巻鮨よしたけ監修極海鮮太巻
それはさて置き、こちらが”鮨よしたけ監修 極 海鮮太巻”を端っこから見た様子で太巻と言う名の如く具材の廻りに分厚い玉子焼きの姿がある。ちなみに商品案内に寄ると”「鮨よしたけ」主人吉武正博氏の江戸前すしの技法を取り入れた海鮮太巻です。12の具材を玉子焼でまとめることで、どこから食べても美味しく食べごたえのあるものになりました。また、素材の味と具材の相性を大事にし、配置にもこだわり抜いた一品”との事。例に寄ってこの写真でその大きさが伝わらないのが残念だが、3240円也の大きさがある事だけは間違いない!
 
イオンの恵方巻鮨よしたけ監修極海鮮太巻
で、こちらが”鮨よしたけ監修 極 海鮮太巻”の断面で、少し前に30番さんから恵方巻の丸かじりうんぬん・・・と言う内容のメールが届いたが、世間一般でもハーフサイズの恵方巻が販売されているので1本丸々食べてしまわなくても良い?と思うし、そもそも昔の我が家では丸かじりなんてしなかったので今回も適当なサイズにカットして食べた(とは言え、流石に一人で食べるには無理がある大きさだったので3人で食べたのだが・・・)のだが、普段魚類を余り食べない私には、具の魚の一つずつの味は判らない物の確かにメチャウマい!ちなみに3240円分の商品案内を書くと”厳選した12種類のネタを、素材の特徴を見極め、組み合わせや配置までこだわり、厚焼き玉子で包みました。どこから食べても、海鮮の旨みを甘い玉子がやさしく包む、三つ星の晴れやかなバランスをお楽しみください”との事。
 
また12種類のネタはと言うと”煮穴子・えび・漬けまぐろ・まぐろたたき・ぶり・サーモン・しめさば・いくら・玉子・刻みたくあん・かんぴょう・ガリ・きゅうり”らしい・・・。
 
更に細かい説明も紹介して置くと
 
1.漬けまぐろ&たくあん
漬けで引き出したまぐろのうまみを、たくあんのコリコリ食感で引き立てます。
 
2.しめさば&ガリ
釧路のブランドさば「北釧鯖」の良質な脂身のおいしさをさっぱりとしたガリで引き締めます。
 
3.煮穴子&かんぴょう
「鮨よしたけ」秘伝のタレで煮込んだ長崎県対馬 西沖産天然穴子と自然な甘みのかんぴょうでとろける甘さにしました。
 
との事。確かに3240円也の美味しさがあった気がする・・・。
 
それはさて置き、この”鮨よしたけ監修 極 海鮮太巻”は昼間に食べたのだが、夕方近くに近くのスーパーに行くとプチ駅弁大会をやっていて、その中に黒毛和牛を使った恵方巻があったので、思わず買って食べたので序でにご紹介・・・。
 
牛肉恵方巻黒毛和牛焼肉
こちらが夕方に買って食べた”黒毛和牛 焼肉 招福 牛肉恵方巻”で、お値段は税別(だったと思う)価格980円也。今日の節分の日にスーパーで売られている恵方巻は、この値段だと簡易パッケージに入って売られているのだが、こちらは一応駅弁?と言う事もあって、竹の皮に包まれている(逆に言うと、その分がコストにプラスされているので肉の量とかに影響するのだが・・・)。ちなみにこの”黒毛和牛 焼肉 招福 牛肉恵方巻”は偶に利用している駅弁大会でお馴染みの米沢駅にある松川弁当店”が製造した物だ。
 
牛肉恵方巻黒毛和牛焼肉
そしてこちらがその”黒毛和牛 焼肉 招福 牛肉恵方巻”の断面で、今回は焼肉なので単純な比較は出来ないが以前買って食べた”焼肉志方亭のデラックスステーキ巻き”よりも肉が沢山入っているような印象。ちなみに商品案内に寄ると”酢めしにすき焼き風に煮た黒毛和牛とごぼう、たくあん、玉子焼き、椎茸煮、さらにマヨネーズを加 えまろやかに仕上げました”との事。で、早速この”黒毛和牛 焼肉 招福 牛肉恵方巻”を食べてみるとあ、味的にはオーソドックスな甘辛いすき焼き味で、これがたくあんや玉子焼き等の具と相まって中々ウマい!偶に食べる牛肉入りの巻寿司の中では1番美味しかったかも・・・。
 
てな事で、没ネタになっていた昨年の節分の日に食べた”鮨よしたけ監修 極 海鮮太巻”と”黒毛和牛 焼肉 招福 牛肉恵方巻”を紹介したのだが、どちらも中々美味しかった!それはさて置き、今年は久々に”近大まぐろを使った恵方巻”と、今回紹介した”鮨よしたけ監修 極 海鮮太巻”の廉価版でしかもハーフサイズの物を食べたのだが、その話はまた後日(もしかして来年の節分の日かも?)・・・。

WordPress.com Blog.