義史のB型ワールド

2007年2月28日

和歌山中華そばシリーズ3、車庫前系代表。でも三宮店・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:50 PM
 
代理人記録
 
和歌山ラーメン三日目は、所謂、車庫前系(最近あんまり言わないらしいが)の代表の「丸高」と言うお店。
が、実は丸高の本店は和歌山市街の中心近くにあって、駐車場も無いし、夜の営業しかやって無い。
てなことで今回は和歌山では無く、和歌山から帰りに寄った三宮にある「丸高」の支店?なのだった。 
 
 三宮の加納町の交差点のやや東側にある。繁華街からちょっと離れているが、午後11時過ぎにしては結構賑わっていた。
 
 創業昭和15年、元祖和歌山ラーメン」と大きく書かれているが、それは本店の話。この店は・・・、何時からだっけ?店内は若い兄ちゃんと姉ちゃんが切り盛りしていた。夫婦でやってるのかな?カウンター中心の店だけど、それなりに流行ってる感じ・・・。
 
 こちらが丸高・三宮店の中華そば550円也。和歌山だと500円が多かったけど、550円なのは三宮価格かな?
さあて、お味。うーん、期待し過ぎたのか、それほどのインパクトも感動も無かった。これなら和歌山で前日に食べた丸三の方が遥かに美味しいかな。神戸風にアレンジされたのか、はたまた、段々と味が変化して来たのか定かでは無いし、本店で食べて無いので何とも言え無いけど、何と無く、和歌山ラーメンはもうエエかなと言う気がして来た・・・。
広告

2007年2月27日

和歌山中華そばシリーズ2、地元では一番人気らしい。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:08 PM
 
代理人記録
 
和歌山ラーメン(地元では中華そばと言う)巡り、二日目は市内から少しだけ離れた場所にある「丸三」と言うお店まで足を延ばしてみた。地元の人の間では「井出商店」よりこちらの方が人気らしい。
井出商店=観光客相手」、「丸三=地元民相手」みたいな。
 
 
車が無いと行けないような場所にあるのだが、最近、改装したらしくお店は綺麗だし、駐車場も広くて安心して車で行くことが出来る。
 
 
何か看板だけ明るくて、お店の中が見えなくなってしまったが、店内も明るく綺麗で、厨房にも沢山の人が居た。午後9時半ごろだったが、客の入りは半分程度。でも、こちらもひっきり無しにお客はやって来てたので、地元で人気と言うのは良く判る。
 
 
で、こちらが、丸三の中華そば500円也)。和歌山ラーメンには大きく分けて井出系と、車庫前系の二つがあるのだが、こちらは井出系(名前に丸が付くのは車庫前系に多いおだが・・・)っぽいスープ。お味の方は、若干甘め?
確かに評判通り、井出商店の中華そばよりはこちらの方が美味しいような気がした。
 
とりあえずは井出商店を食べない事には和歌山ラーメンを食べた事には成らないのだが、それほどこだわりが無いのなら、味的には私もこちらのお店をお奨めするかな。 

2007年2月26日

和歌山中華そばシリーズ1、まずは超有名店で。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:19 PM
 
代理人記録
 
先週は和歌山へ出張していた。和歌山と言えばご当地ラーメンとしても超有名。その中でも代表格は「井出商店」の中華そばだ。今年初めの和歌山・白浜旅行の際に、食べに行ったのだが、予想通り、行列。まあ10人程度の行列だったので甥っ子と二人だけなら並んだんだけど、叔母とかも居たし、店もそんなに綺麗じゃ無いし・・・、ってことで、その時は泣く泣く、その地を後にしたのであった。
 
 
てなことで、一度お店に行った事もあって、今回は迷うこと無くお店に到着。
流石に午後8時前?ってことで、行列は無い。見た目も古ぼけた、まさに昔ながらの中華そば屋さんだ。
 
 
店内の写真は流石に撮れなかったが、加古川の「翁介」か、今は亡き「いさちゃん」の雰囲気漂う、狭くて相席必至のテーブル席、それにカウンターと、播州ラーメンの古きお店のようでもある。流石に満席ではなかったが、客の入りは8分ほど有り、しかもひっきり無しに客はやって来る。
 
 
で、こちらが井出商店の定番の中華そば。500円也!。基本的には特製中華そばと、麺の大ぐらいしかメニューには無く、カウンターとかテーブルには和歌山名物早寿司茹で卵が置いてあるだけ。私は早寿司は嫌いなので中華そばだけを食べたのでした。
 
で、お味。そう言えば、2年ほど前、管理人さん一家と、お嬢の入学式に大阪へ行った時に、極楽商店街で食べたのも井出商店の中華そば。記憶はあんまり残って無いが、基本的には今回のと同じ。ややこってりした豚骨醤油スープで、播州ラーメンほどの甘さが無い。量も何と無く少なめ。
 
旨いかどうかって言われると微妙。播州ラーメンとどっちが良いか?って聴かれると、素直に播州ラーメンに軍配を上げるかな。やっぱ、地元には地元の味と好みがあって、個人的には、やっぱり播州人なのでもうちょっと甘めで塩気の少ないスープの方が好きかな。そう言えば徳島ラーメンにも似てるのだが、どちらかと言うと徳島ラーメンの方が好みだし・・・。
 
まあ極楽商店街で食べた時から、そんなに期待はしてなかったので、まあ、こんなもんかな。

2007年2月25日

割と本格的な讃岐うどん。でも出汁がねえ・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:34 PM
 
代理人記録
 
米田の2国沿いのホンダプリモの前辺りの細い道を南に入って直ぐの所にあるうどん屋さん。
以前から、2国沿いに立ててある幟が気になっていたので、ちょこっと行ってみた。
 
 
広い駐車場の奥にその店は見える。ここだけ観てるとまさに本場、讃岐うどんのお店っぽい。
お店の名前は判り難いが、「うをきち」と言うらしい。
 
 
パッとみも良い感じです。お店は土足厳禁で入口で靴を脱いで奥に進むと・・・。
 
 
意外なほど店内は広く、大広間になっている。何と無く海の家っぽい感じがしないでも無い。
しかし外からみて奥がこんなに広いとは。てか、横のマンションみたいなのと繋がってるよね、どうみても。
 
で、上の写真の明るいところで、主人と思しき若い兄ちゃんが麺を打っているようだ。
もしかしたら、外から麺を打ってる姿が見れるのかもしれない。
 
 
そして店内の大半を占める?テーブルは下に書いてある店の自慢に寄ると杉の一本木を使っているらしい。
全長4mのテーブルらしい。この時は客が少なくて誰も座ってなかったけど・・・。
我々はこのテーブルには座らず、脚が下に入る6人掛けぐらいのテーブルの方に座ったけど、こちらの方も実は手作りっぽくて、多分、管理人さんはお気に召すのでは無いだろうか。
 
 
上が「うをきちのじまん」だそうな。要約すると「麺と出汁と店と人情にこだわっている」らしい。
店主は讃岐で修行して、この店を開業して既に2年になるらしい。
 
 
で、私が注文したのは普通に「天ぷらうどん650円。天丼やらうな丼何かもあって、ちょっと心揺れたけど、初めての訪問だったので、基本的なメニューを選択した。私は写真撮影に夢中で気が付かなかったけど、同行者によると、天ぷらはこの店で揚げたのでは無く何処からか運ばれて来たらしい。
 
さて、お味。確かに麺は手打ち、讃岐風って言う感じで、太さは一貫して無く、コシも讃岐うどん!って感じ。
だが、私の一番のポイントである、お出汁が、ちょっとあっさり。かなりあっさり。関西風にしても味薄すぎかな。
きつねうどんとかにして、きつねの甘いタレが出汁に混じればもうちょっと味が出るのかもしれないが。
 
やっぱ、看板通り、讃岐風に生醤油うどんを食べるお店なのかも知れない。
 
 
 
こちらは同行者が食べたカレーうどん。雰囲気は中々なんだけど、やっぱり出汁はあっさりしてたらしい。
 
てなことで、本場讃岐うどんの麺が好きな人には受けは良いのかも知れないけど、関西風のお出汁にどっぷりと浸かったおうどんが好きな人には、物足りないと思う。そのせいかどうかは知らないけど、客の入りはあんまりよろしく無いようです。出汁が美味しくなったら、また行きたいような気はするのだけど・・・。

2007年2月24日

和歌山のお土産、極選ホテルカレー。でもまあ普通!

Filed under: カレー — 代理人 @ 8:58 PM
 
代理人記録
 
取り合えず代理人は出張から帰って来たのだが、まだ時間に余裕が無いので例に寄ってちょっと古い話。
 
今年の正月に和歌山へ行った時の泊まったロイヤル・パインズホテルに売って居たホテルのレトルトカレーを先日食べたのでご紹介。
 
 
ホテルのレストランはイタリアン和食しか無かったので、何処でカレーが食べれるのか判らないのだが、お土産売り場とか喫茶コーナーでホテルのレトルトカレーを売っていたので、買って・・・、もらった。一人前500円なので、レトルトカレーの中では高い方だ。
 
 
パッケージに書かれた口上書きを読むと期待感は高まる・・・・。
 
 
で、お湯で温めて完成したカレーはこんな感じ。ちょっと湯気でピンボケ気味?
 
 
割りと大きめのお肉も入っていたが、前回食べた、ホテル川久で買って帰ったレトルトカレーに比べると三分の一のサイズぐらいでしかない。(ってか、あのレトルトカレーのお肉が大きすぎるのよね。大きい事は良い事だけど)
 
で、お味。まあ普通にある洋風レトルトカレーって感じかな。期待したほどの感動は無い。
値段相場で言うなら300円ちょいのカレーとそんなに遜色無いかも。確かに少しだけお肉は大きいから値段が高いのはその分かな。
 
さてホテル川久で買った例のレトルトカレーだが、実はもう一食分置いてある。近々、再度食べてみようと思うのだけど、もう一回、感動はあるかどうか。ちょいと楽しみですね。

2007年2月22日

ケンタッキー、チキンポットパイ。値段が安けりゃね。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:35 PM
 
代理人記録
 
ロッテリアに続いてサンモール高砂の割引券を使って今度はケンタッキーフライドチキンを買ってみた。
定番のチキンを中心に1,000円以上買うと300円の割引になるので普段食べないチキンポットパイとかきのこのグラタン等を買ってみた。

 
綺麗な箱に入ったチキンポットパイ

 
箱から出したらこんな感じ。大きさと言い見た目と言い、ファストフードにしては良い感じです。

 
パイを崩しながら食べて行くのが良い感じです。こいつは中々イメージで美味しかったかな。

 
ちなみに購入価格を1,000円以上にする為に、価格調整で買ったきのこのグラタン

 
でも味的にどこと無くチキンポットパイと被ってたのと、チキンポットパイの周りの部分を食べ過ぎて腹パンパンだったせいもあってか、あんまり美味しく無かった。悪くは無い味なんだけどね。
 
全体的に値段の高いケンタッキーだけど、味的にはそこそこ値段に見合っているのかな。
某ロッテ○○よりはこっちの方が外れは少ないかな。

2007年2月21日

懲りずにロッテリアでホワイトカレー。案の定、後悔・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:18 PM
 
代理人記録
 
出張中なので小ネタを一つ。例に寄ってサンモール高砂からの話題。
サンモール高砂は最近、3,000円の買い物をすると1,000円の割引1,000円の買い物をすると300円の割引、500円だと100円の割引となる割引券が新聞の折り込みチラシに入ることがある。
 
割引率からすると凄くお得なのだが、如何せん、買いたい物が無い。最初の頃は本屋や、アルカでも使えたのだが、今はどちらも使えない。CDには使えるのだが、みゆきさんのCDは買ったばかりだし・・・。
 
でも折角の割引券を無駄にするのも勿体無い。そこで例に寄ってロッテリアで使ってみることに。
 
以前に食べて後悔した牛タンシチューに続いて、今度は「大きめ野菜のホワイトカレーとあったかパン」のセットを食べてみることに。セットで600円だが、割引券使って500円。それでもちょっと高い気がしないでも無い。
 
 
これが「ホワイトカレーとあったかパン」のセット。例に寄って紙容器なので安っぽい。
単品でも450円もするのにね・・・。
 
 
こちらは全体の写真。ドリンク(今回はオニオンスープをチョイス)とフライドポテトが付いて正規価格は600円
値段的にも微妙な内容だ。
 
 
大きめ野菜・・・、と言いつつも、野菜はブロッコリー人参だけ。これに小さいチキンの塊が一つ。
量的にも、内容的にもしょぼさが際立つ。味も安っぽいし・・・。単品で200が精一杯の内容かな。
 
 
ちなみにこちらはセットでチョイスしたオニオンスープ。値段的にも先日、ケンタッキーで食べたオニオングラタンスープの方が上だったかな。
 
やっぱロッテリアの限定メニューは今一だ!ってのが今回の結論でした。

ただいま、代理人は出張中です。

Filed under: お知らせ — 代理人 @ 1:34 AM
 
代理人記録
 
ただいま、代理人は出張中です。現地から更新しようと思ってましたが、こんな時間になってしまいましたので、今夜はもう寝ます。明日元気ならば、何か書きますだ。
 
ではでは。

2007年2月20日

お正月に続いてもう一回。ビブレの大トロは旨い!

Filed under: — 代理人 @ 12:14 AM
 
代理人記録
 
西明石までお食事に行った帰り道、大久保明石ビブレに寄ったら例の如く「大トロ」の鮨を発見!
と言うか、お正月にも態々、この店まで買いに行ったのだが、スーパーで買える「大トロ」の鮨は、明石ビブレ一階にある魚屋さんのネタが一番良いと思う。
 
てなことで我慢出来ずに買ってしまいました。四貫で1800円也。お正月と同じお値段。一貫450円だあ!
でも考え方に寄れば、今年行った和歌山や白浜で食べるても同じようなお値段だし、ネタ的には、全然遜色無いし、結構、お奨めな気がする。
 
味の方は見た目の通り、脂身こってりで、まさにとろける旨さでした。また買いに行こうっと!

2007年2月18日

新・和歌山らーめん?しかも本店は広島やし・・・。飲食編。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:21 PM
 
代理人記録
 
さあて、姫路市川橋近くの「新・和歌山らーめん」のお店で私は何を食べたでしょう・・・。
 
 
まずは前回のおさらい。と言うか、こちらが入口。結構派手なので、二国を走ってると必ず目に入るし気になる看板だと思う。実際、結構流行ってました。
 
 
で、こちらが私が注文した「ばり濃(こく)らーめん700円也。予想通り?定番の一番人気メニューを選らんでしまいました。まあ初めてのお店なので、お店の看板メニューを食べないことには話しが進まんからねえ。
 
 
でお味。うんちく通り、かなり濃い、濃厚な豚骨醤油味だ。背脂もたっぷりなんだが、微妙に濃厚とんこつスープと合って無いような気がしないでも無い。背脂の旨みも吹っ飛ぶくらいの濃厚なスープだからかも。
麺は和歌山ラーメン?と言う割りには極細麺に近かったかな。和歌山ラーメンって中太麺じゃ無かったっけ?
でも、まあ、それなりに美味しかったかな。もうちょっとあっさりでも良かったけど・・・。
 
で、やはりお得なランチセット頼んでしまいました。最近は少食なんでラーメンだけで良かったのだけど、唐揚が何と無く食べたかったのだけど、唐揚だけのセットが無い。(単品はある)。で仕方無いので唐揚と熟成ぶためしのセットを注文。こちらが熟成ぶためし。うーん、何かご飯の上にチャーシューの切れ端?を乗せただけのような感じがしないでも無い。
 
こちらが食べたかった唐揚。割と大きめのサイズの唐揚が3個も。結構なボリュームだった。
味は、まあ普通。以前なら、これにビールが加わったものだが、ご時勢なので我慢我慢。
まあ、これだけのセットにビール飲んだら、絶対に完食出来なかったろうけど・・・。
 
忘れちゃいけないのが、この店はお漬物が取り放題、食べ放題。しかも種類も4種類くらいあったかん。
その中から白菜の漬物と、ニンニクの茎?とニラの和えたような辛そうな漬物を食べてみた。
これらは意外と旨い。ぶためしより普通の白ご飯(銀しゃり)にした方が良かったかも。これらの漬物とご飯と唐揚だけあったら、らーめん無しでも満足出来たかも。(らーめんはミニサイズで良いのにね。)
 
帰りがけ、サービス券もくれた。げげ!後2回行ったらぶためし、ただやったやん。今回食べんでも良かったかな。
折角のサービス券だし、メニューも豊富だったから、餃子無料になるまで、行ってみようかなっと、思うのでした。
次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.