義史のB型ワールド

2007年2月3日

大阪名物かもしれない「ぞうすいうどん」。わたしゃ、結構好き!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:37 PM
 
代理人記録
 
もう20年以上前になるが、大阪に住み始めた頃にぞうすいうどんなる物を食べた。
その名の通り、ぞうすいの中にうどんが入っているのだ。うどんをメインに考えると卵とじうどんの中にご飯を入れた物・・・、とも言えるのだが、どちらかと言うと雑炊の中にうどんを入れた物だ。
 
後に知ったのだが、これはうどん定食に代表されるように、うどんとご飯を一緒に食べる大阪人が、もっと早く食べるために最初からうどんの中にご飯を入れた・・・、ことから始まる、うどん屋・松葉(だったかな?)が元祖のまさに大阪名物とも言えるうどんなのであった。個人的には結構、美味しいと思ったものだ。
 
 
そんなぞうすいうどんの冷凍版がコンビニで売っていたので買ってみた。
 
 
袋を開けると、冷凍のお出汁に、冷凍うどん、そして冷凍のご飯が入っている。何と無くプラモデルを買って来て箱を開けた時の楽しさを感じた。さあ、これからプラモデルを組み立てるぞ!って言う気分だ。
ただ添付のネギが乾燥ネギだったのがちょっと残念。折角の冷凍食品なのに、冷凍生ネギに出来なかったのかな?
 
 
冷凍のお出汁はそのまま鍋で温める。お湯は加えない冷凍ストレートスープだ。
これは中々好感持てる。後から水足したりすると微妙に味が変わってしまうからねえ。
 
 
そして最後に卵を入れて完成したのがこれだ。後から思ったのだが、うどん鉢を使うのでは無く、土鍋で調理してそのまま食べた方が見た目も、調理過程も便利だったかも知れない。と言うか、今回も鍋で調理してる時は美味しそうだったんだけど、鉢に移すときに卵とかがぐちゃぐちゃになって、何だか悪酔いした時の・・・、に見えてしまって。
 
ちなみに卵は付いて無いので、自前で用意したものだ。お味は、まさにネーミング通りで、麺は冷凍麺でコシもあって中々旨い。うどんは箸につかみ易いので、最初にうどんばかり食べてしまし、最後は普通に雑炊になってしまったのがちょっと残念かな。
 
それにしてもぞうすいうどん、結構好きだったのだが、この近辺でこのメニューがあるお店は少ないような・・・。
ちなみに雑炊って言うけど、我が家は昔から、「おじや」だ。これって播州弁なのかな?

WordPress.com Blog.