義史のB型ワールド

2014年2月28日

昨年の秋頃に荒井駅前に誕生した焼肉酒場で、500円のカルビ丼を食べた!お店が出来て間も無い事もあってかお肉がメチャウマい!

Filed under: — 代理人 @ 11:46 午後
 
代理人記録
 
昨年の10頃に山電荒井駅前に小さな?焼肉屋さんが出来てしかもランチもやっていると言う事で、以前から1度食べに行ってみようとお店の前を通る度に思うのだが、何故か直ぐに忘れてしまう・・・。が、足の怪我で不自由な日々が続いていたある日の事、ふとそのお店の事を思い出したので食べに行ってみた。
 
焼肉酒場BANG
こちらが今回初めて行った、山電荒井駅前に昨年の10月頃に誕生した『焼肉酒場BANG』で、ご覧の通りの細長い店舗で、1Fはカウンター席のみで、2Fへ上がるとテーブル席になっているらしい・・・。そう言えば此処に以前何のお店があったのかと・・・、思い出そうとしても思い出せない・・・。何時も通る道なのに・・・、不思議だ・・・。
 
焼肉酒場BANGカルビ丼メニュー
それはさて置き『焼肉酒場BANG』のお店の前を見ると、この様なボードが置いてあり、それに寄ると期間限定で”カルビ丼”がスープ付で500円との事。”カルビ丼”と言えば以前にも”吉野家で食べた牛カルビ丼”、”姫路のラーメン屋で食べた黒毛和牛カルビ丼”、”パチンコマルハンの飯屋の黒毛和牛カルビ丼”、”但馬屋のカルビ丼”、その他にも似たような”焼肉丼”を沢山食べて来た事もあり、食べ比べの意味や、何と言っても期間限定のリーズナブルな価格に釣られてこの日はこの”カルビ丼”を食べてみる事に決定!!!
 
焼肉酒場BANGカルビ丼
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”カルビ丼”で、スープ付と書いていたが、実際には”味噌汁”が付いてお値段は500円也。先にも書いた様に、中々リーズナブルなお値段だ。
 
焼肉酒場BANGカルビ丼
そしてこちらがその”カルビ丼”で、白いご飯の上にレタスを敷き詰めてその上に特製のタレで焼いた牛カルビ肉を載せ、その上に刻みネギをトッピングしただけの、割りとシンプルな丼で、その脇にはコチジャンっぽい物が添えられている。てな事で、早速この”カルビ丼”を食べてみると、特製のタレが私好みの味にマッチしていて中々ウマいコチジャンを加えて食べると、これまたウマい!
 
焼肉酒場BANGカルビ丼
ちなみに”カルビ丼”のお肉はこんな感じで、お店が出来たばかりで宣伝の為?良いお肉を使っているのか、お肉はとっても柔らかく、香ばしい焼き具合と相まってメチャウマい!やっぱ”牛丼チェーンで食べるカルビ丼”とは一味も二味も次元の異なるお肉だったかな。
 
焼肉酒場BANGカルビ丼の味噌汁
そしてこちらは”カルビ丼”に付いていた味噌汁で、具はシンプルながら牛丼チェーン店で食べる様な安っぽい味では無く、家庭的で中々美味しい味噌汁だ。この味噌汁が付いて500円は確かに安い!なので、サービス期間中にもう一回ぐらい食べに来ようかと思っていたのだが、結局食べに来れなかったのが残念だったかも・・・。
 
てな事で、昨年の10頃に山電荒井駅前に誕生した焼肉屋さんのランチタイムに行って期間限定で500円だった”カルビ丼”を食べたのだが、期待通り中々ウマかったこのお店のランチメニューには他にも”ハンバーグ”や”鶏のから揚げ”や”タンシチュー”、それに時々”牛すじカレー”等もあったので、時々食べに行く事になるのだが、その話はまた後日・・・。ちなみに2月になってから最初に行った時はメニューの中に”カルビ丼”は無かったが、その後に行った時は”カルビ丼”は600円でメニューに載っていた。600円でも食べる価値はあると思うので、お近くの方は一度お試しあれ
広告

”博多一風堂”から”味噌赤丸”に続いて”味噌白丸”が発売されたと耳にしたので、またまた食べに行ってみた。割りとあっさりしたスープながら中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:22 午後
 
代理人記録
 
既に新しいフェアメニューである”博多ブラックCURRY”の販売が開始されているのだが、例に寄って当ブログはスローペースでの更新なので、相変わらず周回遅れでのお話・・・。私が年に何回か食べに行っている博多ラーメンチェーンの『博多一風堂』でも最近、季節限定のラーメンが登場し、それに釣られて私も食べに行ってしまうのだが、昨年の秋頃に食べた”味噌赤丸”に続いて今度は”味噌白丸”とやらが発売されたと耳にしたので食べに行ってみた。
 
博多一風堂/姫路店
こちらがまたまた行って来た『博多一風堂/姫路店』で、この日はランチタイムにはちょっと早目の時間の訪問だったので、流石に店内は閑散としていたが、それでも正午が近づいて来る頃には、大勢のお客さんで賑わっていた様な・・・。そう言えば前回は午後1時頃の訪問だったけど、一気に4~5組ぐらいのお客さんが入って来たからなあ・・・。姫路でも人気のラーメン屋さんである事には違い無い・・・
 
博多一風堂味噌白丸メニュー博多一風堂味噌白丸メニュー
それはさて置き、こちらが”味噌赤丸に続く、一風堂の味噌豚骨ラーメン第2弾”と言う”味噌白丸”のメニューで、その名の通り『博多一風堂』の定番商品である”白丸”のスープに数種類の味噌をブレンドした”味噌豚骨ラーメン”らしい。何はともあれ、最近『博多一風堂』に来ると期間限定のメニューばかり食べているので、今回もこの”味噌白丸”とやらを早速注文!!!
 
博多一風堂味噌白丸
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”味噌白丸”で、お値段は790円也。ご覧の通り、何故かスープの表面が泡だっていて良く見えないが、”白丸”がベースと言う事もあって味噌ラーメンの割りには色はかなり白い。実際に食べてみても、見た目通り?あっさりした味噌スープで、頼んだのが”味噌ラーメン”と言う事を意識せずに食べると普通の豚骨ラーメンを食べているのと勘違いしそうな位のスープだ。とは言え前回食べた”味噌赤丸”が辛味噌や特製香油や山菜そぼろで、味がごちゃごちゃしていたのに比べると、おろし生姜の効果もあって、さっぱりした感じで普通に美味しい”味噌ラーメン”だ。少なくとも私は”味噌赤丸”より今回食べた”味噌白丸”の方が好きかな。
 
博多一風堂味噌白丸
ちなみに”味噌白丸”の麺はこんな感じで、メニューの説明に寄ると”麺は「味噌白丸」用に作った、やや平打ちの中太麺”との事。このお店の通常メニューは博多ラーメン独特の超極細麺だが、フェアメニューでは普段食べれない私好みの平打ち麺や太麺が食べれて中々楽しい・・・。そんな事もあって、この麺も結構旨かった気がする。
 
てな事で、”もんどの限定裏ラーメン”が無くなって寂しくなった?反動もあってか、最近は何処のラーメン屋さんに行っても期間限定のフェアメニューを食べる事が増えたのだが(てか、以前はこんなに期間限定メニューを出すお店も少なかった気がするが)、今回食べた”味噌白丸”は味噌ラーメンとしても中々美味しかった。ま、基本のスープがしっかりしているから、多少アレンジしても味がぶれない?って事なのかも知れない・・・。そんな訳で最近登場した”博多ブラックCURRY”も食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

2014年2月27日

久々に行った山電高砂駅前にある欧風カレーのお店で看板商品である”ドライカレー”を食べた!2種類の味が楽しめる中々美味しいカレーだ!

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:42 午後
 
代理人記録
 
山陽電車高砂駅前にある欧風カレーのお店は、この界隈では一番美味しいカレー屋さんだ!と人にオススメしながら、最近は全然食べに行って無い・・・。が、ちょっと遠出が出来な日が続いた某日、ふとそんな美味しいカレーが食べたくなったので、久々に食べに行ってみる事にした。
 
欧風カレー小夢
こちらが久々に行って来た山陽電車高砂駅前にある『欧風カレー小夢』で、このお店のランチタイムに来た時は800円で食べれるカレーのセットを頼むのがメチャお得なのだが、この日は久々の訪問だった事と、未だ正月の目出度い気分が抜けて無い事もあり、ちょっとお値段が高い1200円の”ドライカレー”を食べる事に決定!!!
 
欧風カレー小夢ドライカレーのセット
まず最初に運ばれて来たのが、カレーを食べるとセットで付いて来るサラダとスープとポテトの3品。そう言えば、このお店が誕生した時はポテトとサラダだけだったのだが、ある時からサラダかスープが選べる様になり、そして今はスープもサラダも付いて来る様になったので、以前に比べるとかなりお得感がアップした気がする。
 
欧風カレー小夢白菜のコールスロー
で、このお店はカレーは当然の如く、サラダやスープにも凝っていて季節毎に内容が変わる。で、今は白菜が美味しい季節だからなのか、この日のサラダは”白菜のコールスロー”との事。そう言えばちょうど1年ぐらい前に来た時も、この日と同じく”白菜のコールスロー”だった様な・・・。で、このサラダには少しドレッシングがかかっているのだが、白菜の旨味&甘味だけで食べても中々ウマい!お漬物感覚で食べると、この”白菜のコールスロー”だけでお茶碗一杯分の白ご飯が食べれそうな気さえする美味さだ。
 
欧風カレー小夢カボチャと生姜のスープ
そしてこちらは、これまたカレーに付いて来るスープで、この日の内容は”カボチャと生姜のスープ”との事。”カボチャのスープ”自体は偶に他のお店で食べる事があるが、このスープは生姜の風味がする一味違ったカボチャのスープで、これまた旨い!以前にも書いた事があるが、お店に行く度にちょっと珍しいスープが出て来るのも、このお店のお楽しみの一つでもある。
 
欧風カレー小夢ポテト欧風カレー小夢ポテト
ちなみにこちらはすっかりお馴染みとなった蒸かした”ポテト”で、そのまま食べても美味しいのだが、カレーの中に具として入れても美味しいので、今回も半分程カレーを食べる時にカレールーを浸けながら食べたのだった。やっぱカレーに”ポテト”は合うもんねえ・・・。
 
欧風カレー小夢ドライカレー
で、そんなこんなしていると、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”ドライカレー”で、お値段は1200円也。一般的に”ドライカレー”と言うと、キーマカレーの様なカレーがかかったタイプか、カレーチャーハンの様な炒めたタイプの物が多いのだが、ご覧の通りこのお店の”ドライカレー”は、キーマカレーの様なカレーと通常のカレーソースの2種類のカレーがかかった、このお店オリジナルのスタイルだ(以前、『CoCo壱』で食べた”ぜいたくキーマWカレー”も、2種類のカレーがかかっていたが・・・)。ちなみに、山電が配っている冊子の中の紹介記事に寄ると”水分を飛ばしたひき肉のカレーと基本のルーが美しく盛られた逸品”らしい・・・。
 
欧風カレー小夢ドライカレー
そしてこちらが”ドライカレー”のメインとも言える”ひき肉のカレー”で、味は少し辛いが挽肉の食感とカレーとご飯が相まってメチャウマい!このお店の定番のカレーもウマいのだが、この”ひき肉のカレー”のカレーも中々ウマいのだ!てか、その両方が一度に味わえるこの”ドライカレー”は、ちょっと値段が高いのが難点だが、それだけの価値は十分ある様な気がする・・・。
 
欧風カレー小夢ドライカレー
ちなみにこちらは”ドライカレー”の脇に添えられていた彩りの野菜で、ご覧の様にブロッコリーやアスパラやパプリカ等が、見た目にも美しく綺麗に並べて添えられている。こう言った感性やセンスを持ったカレー屋さんって、あまりこの近辺に無いので、そう言った意味でも中々貴重なカレー屋さんだと思うのだが・・・。
 
てな事で、久々に山陽電車高砂駅前にある欧風カレーのお店『小夢』に行って、この日はちょっと値段の高い”ドライカレー”を食べてみたのだが、期待通りに中々美味しい”ドライカレー”だった。暫くの間あまり行って無かったが、久々に食べるとやっぱ美味しいカレーだったので、これを機会にまたちょくちょく食べに行ってみようと思うのであった!

2014年2月26日

ラー麺ずんどう屋で”極濃あつ盛り豚骨つけ麺”を食べた!夏に食べた”冷し豚骨つけ麺”よりは、今回の方が美味しかった。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:34 午後
 
代理人記録
 
年末年始はそれなりに観たい映画が沢山ある?と言う事で、またまたレイトショーで映画を観に行ったのだが、そうなると例の如く映画を見る前に、近くにあるお店で腹ごしらえ・・・。で、最初は久々にイオン加古川の近くにある、つけ麺専門店『麺のまたざ』に行こうと思ったのだが、残念ながら店主体調不良でお店が閉まっていたので、これまた直ぐ近くにある最近加古川近辺で一番流行っているのでは?と言う気がする『ラー麺ずんどう屋』に行ってみる事にした。
 
ラー麺ずんどう屋/東加古川店
こちらが久々に行って来た『ラー麺ずんどう屋/東加古川店』で、私が入店した時間は午後6時過ぎ時とちょっと早目だった事もあり、未だ先客はほとんど居なくて珍しくテーブル席の方に案内されたのだが、私の入店をきっかけに?その後から続々とお客さんが入って来て、一気にテーブル席の半数が埋まってしまった・・・。この時間でこれだけの客が入るラーメン屋さんは、それ程多く無い・・・。お店が誕生してもう1年前後経つが、相変わらずの人気店の様だ。
 
ラー麺ずんどう屋極濃あつ盛り豚骨つけ麺メニュー
で、個人的には『ずんどう屋』が未だ姫路本店しか無い頃からずっとお店に通っている、所謂常連客?と言っても過言では無い程に何度も食べに行っているので、最近は『ずんどう屋』に来ても季節限定のメニューを食べる事が多い(てか、季節限定メニューを始めたのもここ数年の間の様な気がするが・・・)。で、昨年の夏にも”冷し豚骨つけ麺”を食べたので、今回も冬季限定の”極濃あつ盛り豚骨つけ麺”とやらを食べてみる事に決定!!!
 
ラー麺ずんどう屋極濃あつ盛り豚骨つけ麺おいしい食べ方
ちなみにテーブルの上にはこの様な”極濃あつ盛り豚骨つけ麺おいしい食べ方”と言う案内書きが置いてあった。と言っても内容的には大した事は書いて無い気もするが・・・。
 
ラー麺ずんどう屋食べ放題の高菜
で、『ずんどう屋』と言えば”食べ放題の高菜”!と言う事で、まず最初に運ばれて来たのが、こちらの”こだわりにこだわり抜いた日本最高級の福岡県みやま市瀬高町産の高菜を使用”したと言う、ちょっとピリ辛の”高菜”だ。で、つけ麺単品だけなら”高菜”は無くてもエエかな?と思ったのだが、今回は〆のごはん付きだった事もあり、何時もより多め?の量を小皿に取ってそれをつまみながら、つけ麺が運ばれて来るのを待つ事に・・・。
 
ラー麺ずんどう屋極濃あつ盛り豚骨つけ麺(並盛)
そしてその後、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”極濃あつ盛り豚骨つけ麺(並盛)”で、〆のごはんが付いてお値段は800円也。パッと見た感じは昨年の夏頃に食べた”冷し豚骨つけ麺”と同じ様な内容だが、〆のごはんが付いただけで150円アップはちょっと高い気がしないでも無い・・・。ちなみに〆のごはんは、つけ麺と一緒に持って来るか、麺を食べ終えた後で持って来て貰うか選べたのだが、後から頼むのも面倒だったので最初から一緒に持って来て貰ったのだった。
 
ラー麺ずんどう屋極濃あつ盛り豚骨つけ麺(並盛)
そしてこちらが”極濃あつ盛り豚骨つけ麺”(並盛)の麺で、味玉が半個と食べ易い様にか最初から刻んであるチャーシューがトッピングされている。チャーシューが刻まれているので、分量が良く判らないが、以前食べた”冷し豚骨つけ麺”の2枚のチャーシューに比べると少しすくな目な気がしないでも無い・・・
 
ラー麺ずんどう屋極濃あつ盛り豚骨つけ麺(並盛)
ちなみに麺はこんな感じの麺で、お店の説明に寄ると”こだわりの自家製麺は国内産小麦100パーセント使用”との事。で、冬場だから温っかい方が良いと言う配慮なのか、水で麺を〆るのが邪魔臭い、あるいは水が冷たいからなのか、今回は”あつ盛りの麺”になっている。個人的には”あつ盛りの麺”は、麺がくっついてしまって箸で掴みに食い時が多いので、”ひや盛り”の方が好きなのだが、思った程麺同士がくっついてしまう事は無く、また麺もやや太目で割と美味しかった
 
ラー麺ずんどう屋極濃あつ盛り豚骨つけ麺(並盛)
そしてこちらが”極濃あつ盛り豚骨つけ麺”の命とも言える”つけダレ”で、豚骨ベースの濃厚なスープに魚粉が少し入った甘口な割にトッピングの柚子がアクセントとなって、中々美味しい”つけダレ”だ。昨年の夏に食べた”冷し豚骨つけ麺”は若干ピリ辛で、個人的には好きになれなかったが、今回のスープは割と好きなタイプだったかも知れない・・・。
 
ラー麺ずんどう屋極濃あつ盛り豚骨つけ麺(並盛)ラー麺ずんどう屋極濃あつ盛り豚骨つけ麺(並盛)
そして最後に”極濃あつ盛り豚骨つけ麺おいしい食べ方”に書いてあった通りに、残った”つけダレ”に〆のごはんを入れて食べると、濃厚なスープにご飯が混ざって、何と無く雑炊っぽく?なって中々ウマい!標準で〆のごはんが付いて来るのが納得出来る美味しさだったかな。
 
てな事で、映画のレイトショーに際に久々に『ラー麺ずんどう屋』に行って、この日も期間限定メニューの”極濃あつ盛り豚骨つけ麺”を食べたのだが、昨年食べた”冷し豚骨つけ麺”よりは遥かに旨かった。それにしても、こう言った期間限定のラーメンを出すのであれば、『ラー麺ずんどう屋本店』が誕生した時のスープを再現したラーメンも作って欲しい気がする。何と言っても『ずんどう屋』が有名になるきっかけとなったスープだし、私がみなさんを案内して良く食べに行ったラーメンだからなあ・・・。あのスープをもう一度食べてみたい気がするのだけど・・・。

2014年2月25日

”ロッテリア”と”キムカツ”がコラボした、その名も”キム勝ツゲンかつぎバーガー”とやらが売られていたので食べてみた!確かに以前食べた”キムカツ”っぽくて中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:07 午後
 
代理人記録
 
今年の初め頃にロッテリアで、何年か前に神戸へ行った時に食べた事がある”ミルフィーユカツでおなじみの人気トンカツ専門店「キムカツ」”との コラボレーション商品と言う”キム勝ツゲンかつぎバーガー”を食べたのだが、その時はクーポン券を利用してドリンクとポテトがセットになった物を店内で食べたので、店内撮影禁止の張り紙があるロッテリアなので、写真を撮る事が出来なかった。それは覚悟していた事なので、ブログには文字だけ・・・、と思っていたら、その時にまたまた”キム勝ツゲンかつぎバーガー”がお安くなるクーポン券をくれた・・・。でも店内撮影禁止だし・・・また今度も同じ羽目に・・・、と思ったのだが、ふとスーパーのフードコートの中にあるロッテリアならば、撮影禁止では無い・・・。って事で、後日、スーパーへ買物に行った時にフードコートにあるロッテリアで食べる事にした。
 
ロッテリアキム勝ツゲンかつぎバーガーポテトMセットクーポン券
ちなみにこちらが1月の初め頃に”キム勝ツゲンかつぎバーガー”を食べた時に貰った”キム勝ツゲンかつぎバーガーポテトMセット”のクーポン券で、レギュラーサイズのドリンクとMサイズのポテトがセットになって、クーポン価格580円で食べれるお得な券だ。確か、最初に食べた時は、”キム勝ツゲンかつぎバーガー”にポテトSとドリンクSのセットが500円だったのだが、ホットコーヒーにしたので、30円アップで530円だった。それに対して今回はコーヒーを選んでポテトもMサイズで580円なので、多分安い・・・のだろう・・・。
 
ロッテリア/明石イトーヨーカドー店
そしてこちらが後日行った、イトーヨーカドー明石店のフードコートの一角にある『ロッテリア/明石イトーヨーカドー店』で、流石に土曜日のランチタイムと言う事で、常時何組かのお客さんが列をなして並んでいる程度の賑わい・・・。でもこのフードコートの中で一番賑わっているのは、やっぱりセルフ讃岐うどんチェーンの『丸亀製麺』だったかな・・・。
 
ロッテリアキム勝ツゲンかつぎバーガーポテトMセット
それはさて置き、こちらが実際に食べた”キム勝ツゲンかつぎバーガーポテトMセット”で、先に書いた様に”キム勝ツゲンかつぎバーガー”の他に、ドリンクRのメニューの中から選んだ”コーンポタージュ”と”ポテトM”がセットになってお値段は580円也。”キム勝ツゲンかつぎバーガー”単品だと390円なので、ドリンクRとポテトMの価格が190円と思えば安いのかな
 
ロッテリアキム勝ツゲンかつぎバーガー
そしてこちらが今回食べた”キム勝ツゲンかつぎバーガー”で、ロッテリアの商品説明に寄ると”主役となるミルフィーユカツパティには、ラッキーナンバーの「7」にちなみ、豚のロース を7 層以上のミルフィーユ状に重ね、しっとりジューシーな食感に仕上げました。味の決め手となるソースは、ミルフィーユ カツパティとの相性抜群のフルーティーで甘みのあるキムカツ特製ソースを採用。これらをたっぷりなキャベツとバンズで サンドすることでボリュームのあるバーガーに仕上げました”との事。色んなこだわりがある様だが、基本的には所謂”トンカツバーガー”って事かな?
 
ロッテリアキム勝ツゲンかつぎバーガー
ちなみに”キム勝ツゲンかつぎバーガー”を横からみるとこんな感じで、”ミルフィーユカツパティ”はそれなりの厚みがある。
 
ロッテリアキム勝ツゲンかつぎバーガー
序でに上のバンズをめくってみると、”ミルフィーユカツパティ”の上に、たっぷりのキャベツの千切りを乗せ、その上から特製のソースがかかっているだけの、割とシンプルなバーガーだ。
 
ロッテリアキム勝ツゲンかつぎバーガー
で、その”キム勝ツゲンかつぎバーガー”のお味であるが、”ミルフィーユカツパティ”は揚げたて熱々と言う程では無いにしろ、それなりの温かさがあって普通に美味しい”ミルフィーユカツ”だ。カツ自体も特製ソースも何年か前に神戸にあったキムカツ』へ行った時に食べた”ゲンカツ丼”に似た感じ(と言っても味はほとんど覚えて無いので記憶の中のイメージの話)で、中々美味しいバーガーだったかな。
 
ロッテリアポテトM
そしてこちらが”ポテトM”で、最近はロッテリアでは単品持ち帰りする事が多いし、偶にセットで買っても”ポテトS”なのでMサイズを食べるのは久々だ。そんな事もあってか、何かポテトの量がメチャ多い様な気がする・・・。クーポン券を利用したので、サイズは決まっていたから仕方が無いのだが、私にはSサイズで十分だったかな。でもポテト自体は揚げたて熱々で中々美味しかったけど・・・。
 
ロッテリアコーンポタージュスープ
それともう一つ、こちらはドリンクRのメニューの中から選んだ”コーンポタージュ”で、以前買って食べた時は底に粉末が溶けずに残ったままの時があったが、今回はしっかりと混ざっていた。でも具はコーンでは無くクルトンだし、それなりの味。雰囲気的には数か月前に食べた”ケンタッキーフライドチキンのコーンポタージュ”の方が美味しかったかも・・・。
 
てな事で、個人的にはちょっと懐かしい?”キムカツ”の名前が付いたバーガーが売られていたので、今回と合わせて2回程食べたのだが、それなりに中々美味しいバーガーであった。そんな事もあって久々に”キムカツ”の実店舗に行って食べたい気もして来たのだが、残念ながら神戸店は既に閉店しているので、大阪まで行かないと食べれないから当分の間”キムカツ”に行く機会は無いだろう・・・。

毎度お馴染み”かつや”の新年一発目のフェアメニューは”デミたまチーズチキンカツ丼”!でも中デミグラスソースの味は今一つだった様な気が・・・。

Filed under: — 代理人 @ 8:12 午後
 
代理人記録
 
いよいよ販売が始まった、少し前に予告されていた『かつや』の”極厚ロースカツ丼”であるが、240gのロースカツが載っている・・・、と言う事で私には食べ切る自信が全く無い・・・。そんな事もあり暫くの間は様子見を決め込んでいるのだが、その前に先月の1月中旬頃、今年初めて『かつや』へ行った時のお話・・・。相変わらずのスローペースでごめんなさい・・・。
 
かつや東加古川店
こちらが今年第一回目の訪問となる、とんかつとカツ丼のお店『かつや/東加古川店』で、この時は未だ正午にはなって無かったのだが、既にカウンター席は一つ置きに客が居るプチ賑わい状態・・・。当然、間の席に座っても良かったのだが、そうすると肘が当たって写真が撮り難い・・・。って事で、久々にテーブル席の方に座らせて貰う事にした。てか、何故か入店時はテーブル席はガラガラだったのだけど・・・。
 
かつや東加古川店デミたまチーズチキンカツ丼フェアメニュー
そしてこちらがこの日のフェアメニューのポスターで、今回は”デミたまチーズチキンカツ丼”との事。ん?『かつや』で”デミグラスソース”と聞くと、何年か前まで”加古川店限定で販売されていた「かつめし」が、ふと頭に浮かんだのだが、あの”かつめし”は、”デミグラスソースっぽいカツメシのタレ”と言うよりは、普通のソースっぽい感じだったのだが、今回は一応ちゃんとした”デミグラスソース”らしい・・・。てな事で、早速この”デミたまチーズチキンカツ丼”を注文!!!
 
かつや東加古川店デミたまチーズチキンカツ丼
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”デミたまチーズチキンカツ丼”で、通常税込価格619円の処、何時もの如く”100円の割引券”利用で519円也。メニューの写真を見ると”デミたまチーズチキンカツ鍋”の方は生卵の様だが、”デミたまチーズチキンカツ丼”は、デミグラスソースとチーズも一緒に絡めた様な玉子とじになっている。で、味の決め手となるデミグラスソースの味であるが、も一つ旨みが無いと言うのか、パッとしない感じで期待していた程の美味しさが無い・・・。前回食べた”味噌カツ丼”の方が美味しい様な気さえする・・・。
 
かつや東加古川店デミたまチーズチキンカツ丼
ちなみに”デミたまチーズチキンカツ丼”の”チキンカツ”はこんな感じで、ご覧の通りの割りと厚めの鶏肉で、当然の如く揚げたて熱々で、そこそこジューシーさもあって、普通に美味しいチキンカツ”だ。
 
かつや東加古川店デミたまチーズチキンカツ丼
それともう一つ、最初に”デミたまチーズチキンカツ丼”が運ばれて来た時に、丼鉢の淵にチーズの端っこが見えていたので、大きな1枚物のチーズがトッピングされているのかと思ったのだが、実際は、この見えてるだけのサイズのチーズが飾り付け?で添えられているだけだった・・・。これも演出の一つ・・・と言えば聞こえは良いが、何か騙された感じもしないでは無い・・・。
 
てな事で、今年第1回目の『かつや』訪問で”デミたまチーズチキンカツ丼”を食べてみたのだが、デミグラスソースの味が私の好みの味では無かった・・・。もしもこの”デミたまチーズチキンカツ丼”が美味しければ、もう一つのフェアメニューである”デミたまチーズチキンカツ鍋定食”も食べに行ってみようかと思っていたのだが、この味では行く気にもなれず・・・さらにこの後に行われた”かつや感謝祭第1弾”もお得感が薄かったので食べに行かず・・・。で、今のフェアメニューの”極厚ロースカツ丼”も食べれる自信が無いし・・・、って事で段々と『かつや』が遠い存在になって来た様な・・・。いよいよ『かつや』と、おさらばする日も近づいて来たのか?ま、そんな事は無い気もするが・・・。

2014年2月24日

何年かぶりに行った”和食さと”で”和風だしの鍋焼きラーメン”を食べた!以前B-1グランプリで食べた高知名物の”鍋焼きラーメン”と似てる様な似て無い様な・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:38 午後
 
代理人記録
 
元旦に足を怪我した事で、未だあまり遠出が出来なかったある日の事、何処か近場でランチでも・・・と思い、以前は何かの集まりの後とか、あるいは客先へ行った際の昼飯で偶に利用していた『和食さと』に久々に行ってみる事にした。
 
和食さと/加古川尾上店
こちらが数年ぶりに行って来た『和食さと/加古川尾上店』で、『和食さと』と言えば、この『加古川尾上店』も、あるいはご主人様の会社の近くにある『明石店』にも何度も行っていたのだが、最近はもう少し上等なお店?に行く事が増えたので、軽く15年は来て無い様な気がする・・・。それでも流石に未だ年と初め頃だった事もあってか、あるいは午後12時半と言うランチタイムど真ん中の時間帯だった事もあり、店内は8割方の席が埋まっている感じで、そこそこ流行っている様だ。
 
和食さと和風だしの鍋焼きラーメンメニュー
で、当然の如くこのお店には和洋折衷、沢山のメニューがあり、更にお得な日替りランチみたいな物もあったのだが、そんな中で私の目に留まったのは、冬季限定メニューの中にあった”和風だしの鍋焼きラーメン”!偶々、数日前に”高知須崎名物鍋焼きラーメン”を食べたばかりだったので、食べ比べをしてみる為に、この”和風だしの鍋焼きラーメン”を食べる事に決定!!!
 
和食さと和風だしの鍋焼きラーメン
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”和風だしの鍋焼きラーメン”で、単品価格は税込934円なのだが、この日は+100円すると”ごはんが一杯”付いて来る・・・、と言う事で、〆に雑炊をして食べるのも一興かな?と思い、”ごはん”も追加したので合計は1034円也・・・。金額的には中々豪華なランチになってしまった・・・。
 
和食さと和風だしの鍋焼きラーメン
で、メニューに書いてあった様に、”和風だしの鍋焼きラーメン”は出来上がった物が運ばれて来たのでは無く、これからテーブルの上でカセットコンロで7分程炊いて作ると言うスタイル・・・。なので、炊く前の中身を確認すべく蓋を取ってみるとこんな感じで、蒸し鶏や生の鶏肉、その他に生卵、人参、コーン、ワカメ、ネギ等が入っている・・・。当たり前?だが、少し前に食べた”高知須崎名物鍋焼きラーメン”とは具も少し違っている様だ・・・。
 
和食さと和風だしの鍋焼きラーメンのごはん和食さと和風だしの鍋焼きラーメンのお漬物
それは兎も角として、”和風だしの鍋焼きラーメン”と一緒に運ばれて来たのが、こちらの”ごはんとお漬物”なのだが、当然先に食べる訳には行かず、ラーメンが煮える間、このまま置いておく事になる・・・。そんな事をすると折角の温かい”ごはん”が冷めてしまうでは無いか・・・。”ごはん”は”和風だしの鍋焼きラーメン”が炊上った7分後を待って、運んで来てくれるぐらいのサービスがあっても良さそうなのになあ・・・。そうすれば、お店の側からしても炊上ったかどうかの確認も出来ると思うのだが・・・。
 
和食さと和風だしの鍋焼きラーメン
そんな事をあれこれ思いつつ、7分程コンロで煮込んでいると”和風だしの鍋焼きラーメン”がグツグツと沸騰して来た・・・。で、蓋を取って中を確認するとこんな感じ・・・。そう言えば”高知須崎名物鍋焼きラーメン”の7か条の中に”スープが沸騰した状態で提供される事”ってのがあったなあ・・・。ま、コンロの上に載っているので、沸騰しているのは当たり前ではあるが・・・。
 
和食さと和風だしの鍋焼きラーメン
そしてこちらが出来上がった”和風だしの鍋焼きラーメン”で、鶏肉や玉子は入っている物の、先にも書いた様に”高知須崎名物鍋焼きラーメン”とは全く事なるビジュアルだ・・・。で、そのお味はと言うと鶏ガラ出汁と言うよりは、確かに和風な感じで、中華麺をそのまま”うどん”に変えると”鍋焼きうどん”になるのでは?と思う様なお出汁で、全然ラーメンのスープっぽくは無い
 
和食さと和風だしの鍋焼きラーメン和食さと和風だしの鍋焼きラーメン
てな事で、早速御膳に付いていた小鉢に麺やスープが鶏肉等をよそって食べてみると、特に大きな感動は無い物の普通に美味しい・・・麺も私好みの太麺で中々エエ感じだし、鶏肉や玉子は割とそのマンマの味だが、スープには合っているし、これで値段がもう少し安ければ、全然不満は無いのだが・・・。
 
和食さと和風だしの鍋焼きラーメン
で、結局追加した”ごはん”は、最初は”和風だしの鍋焼きラーメン”をおかずに”ごはん”だけを食べていたのだが、途中から面倒になって来たので、土鍋の中に追加して”おじやうどん”ならぬ”おじやラーメン”風にして食べる事に。残念ながら、この時点で玉子は半分程食べていたのと、半熟程度に固まっていたので、もう1個生卵を追加したぐらいの気分であった・・・。
 
てな事で、十数年ぶりに『和食さと』へ行ったら、少し前に食べた”高知須崎名物鍋焼きラーメン”と似た様な感じの”和風だしの鍋焼きラーメン”ってのがあったので、食べ比べをしてみたのだが、上で書いた様に中華麺をうどんに変えると”鍋焼きうどん”では?と思う様な和風な感じ出汁だった・・・。でも”鍋焼きうどん”だと、海老の天ぷらが入っていたり、穴子や椎茸なんかも入っていたりするので、”鍋焼きうどん”の方がお得かも知れない・・・。

ご主人様の湯原温泉家族旅行で露天風呂&ご当地グルメを満喫!雪の大山も、真っ青な白兎海岸も美しかった!!

Filed under: 未分類 — 代理人 @ 9:24 午後
 
代理人記録
 
昨日と今日はご主人様の家族旅行に同行して、温泉&グルメ三昧天気も良くて楽しい二日間だった。
 
湯原温泉ツアー露天風呂
 
こちらは宿泊した旅館の露天風呂でゆったり湯に浸かっているご主人様の御姿・・・。詳しい話はまた後日・・・。

2014年2月23日

湯原温泉ナウ

Filed under: 未分類 — 代理人 @ 10:13 午後

ご主人様の家族旅行の運転手として同行。
今、お腹一杯。
詳しい話はまた後日!

またまた”CoCo壱”に行って、今回は”エビとあったか野菜カレー~ホワイトソース仕立て~”ってのを食べた!ホワイトソースとカレーが合うかどうかは別として、普通に美味しいカレーだった。

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:12 午前
 
代理人記録
 
元旦の日に足を怪我した事で遠出が出来ない1月の上旬の頃のお話・・・、正月明けからまともな食事をして無い?気がして来たので、買物に出掛けた序でに近くにある『カレーハウス CoCo壱番屋』に寄ってみた。
 
カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店
こちらがまたまた行って来た『カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店』で、時々書いている様に私が20数年前に京都に住んでいた頃、店内に置いてある週刊の漫画本を読む為に毎週一回必ず行っていた、個人的にもすっかりお馴染みのお店だ。そう言えばこのお店には新聞や雑誌は何種類か置いてあるが、週刊の漫画本は全然見た事無いなあ・・・。漫画本を置いてる方が特別なのか、今は置かなくなったのか定かでは無いが、漫画本を全然読まなくなった今となってはもうどちらでもエエ気はするが・・・。
 
CoCo壱番屋エビとあったか野菜カレー~ホワイトソース仕立て~メニュー
で、これまた何時もの様に最近『CoCo壱』に来ると期間限定のメニューを食べる事が多いのだが、この時の期間限定のメニューを見ると、その中に”エビとあったか野菜カレー~ホワイトソース仕立て~”ってのがあったので、この日はこちらを食べる事に決定!!!ちなみに、一時期間限定のメニューの事を”月刊ココイチ”と呼んでいたのだが、何と無くであるが”月刊ココイチ”と言う呼び名は自然消滅してしまったみたい・・・。ま、何度も書いている様に”月刊”では無かったからなあ・・・。
 
CoCo壱番屋エビとあったか野菜カレー~ホワイトソース仕立て~
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”エビとあったか野菜カレー~ホワイトソース仕立て~”で、お値段は税込価格800円也。何時もの”CoCo壱定番のポークカレー”に、エビや野菜が入ったクリームシチューの様な物がトッピングされた感じの、割とシンプルな感じのカレーだ。ちなみにカレーソースもホワイトソースもどちらも汁物って事もあってか、メニューに寄るとカレーソースは少なめになっているらしい・・・。
 
CoCo壱番屋エビとあったか野菜カレー~ホワイトソース仕立て~
そしてこちらが”エビとあったか野菜の濃厚ホワイトソース”で、まず最初にカレーソースとは混ぜずにそのまま食べてみると、大体のイメージ通りのクリームシチューっぽい味で普通に美味しい・・・。ライスを一緒に食べても違和感無く食べれる。カレーと混ぜてしまうと、ホワイトソースの味が消されてしまうので、このまま食べた方が美味しかったかな
 
CoCo壱番屋エビとあったか野菜カレー~ホワイトソース仕立て~
ちなみにトッピングの”エビとあったか野菜のホワイトソース”の中には、この様に思ってた以上に沢山のエビが一杯入っていて、身もプリプリとして中々美味しかった
 
CoCo壱番屋エビとあったか野菜カレー~ホワイトソース仕立て~
更にエビの下には大き目カットの”じゃがいも”も結構ゴロゴロと入っていて、”じゃがいも”も中々ウマかったかな。やっぱカレーに”じゃがいも”は必須!みたいな・・・。
 
てな事で、今年初めての『カレーハウス CoCo壱番屋』の訪問で”エビとあったか野菜カレー~ホワイトソース仕立て~”を食べたのだが、カレーソースとホワイトソースを混ぜて食べると何か普通のカレーを食べてるっぽかったけど、ホワイトソース単体では中々美味しかった。それは兎も角として、今年もまた『CoCo壱』に行く日が続く様な気がする・・・。
次ページへ »

WordPress.com Blog.