義史のB型ワールド

2010年11月30日

折角、広島に来た!って事で”広島つけ麺”も食べてみた!!!でもやっぱ、私の好みじゃ無いよねえ・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:23 PM
 
代理人記録
 
あまり世間的には知名度は無いと思うのだが、以前、姫路にお店があったって事もあってそのお店で食べた事がある”広島つけ麺”(JR曽根駅前にも”広島つけ麺を出す長浜ラーメンのお店”が出来たが・・・)。その特徴はと言えば”中華麺・チャーシューなどと共にキャベツなどの茹で野菜やゆで卵が具材として添えられている”との事。更に”つけだれもしょうゆベースのつけだれに唐辛子・ラー油・酢・ごまなどの入った辛口(激辛)のたれが基本”なのだが、実際に姫路のお店で食べた印象としては、つけだれが辛くて、麺もイマイチ・・・、って事で、個人的には印象が良く無いままだったのだが、もしかすると本場?と言うのか本物?の”広島つけ麺”は美味しいのかも知れない・・・、って事で今回は広島へ来る前からチャンスがあれば食べようと思っていたのであった。
 
てな事で、中島みゆきコンサート終焉後、ホール前では中島みゆきさんの出待ちをしているファンが大勢いる中、ちょっとそちらにも関心があったのだが、今日の昼に入り待ちしたし、出待ちも以前、高松へ行った時に経験済みだし・・・、って事で”広島つけ麺”を食べる方を優先!!!
 
こちらが今回行った『広島つけ麺本舗/ばくだん屋総本店』。お店に行く前は今時の小奇麗なラーメン屋さんをイメージしていたのだが、到着して見ると何か昔ながらの屋台風?と言うのかお店に扉が無く、風よけのビニールを捲って中に入って目の前の丸椅子に座る・・・、てな感じの、何処と無く懐かしい店構え。風よけのビニールは無かったが、未だ大阪に一店しか無かった頃、御堂筋沿いにあった金龍ラーメンもこんな感じだったかなあ(実際は金龍の方が遥かに小さかったけど・・・)。
 
取り敢えず風よけビニールをくぐりカウンター席の一番端っこに鎮座。訪問時間は午後9時半頃だったが、サラリーマン風のグループや女子二名のグループ、それにホストでバイトでもしてそうなお兄ちゃん等、様々なジャンルの客で賑わっているカウンターの中の壁にはお店を訪れた著名人・有名人達?の様々の写真が飾ってあった
 

そしてこちらが『広島つけ麺本舗/ばくだん屋総本店』のメニュー。事前に公式サイトを観た時にはメニューの中に普通のラーメンがあった様な記憶もあったのだが、このメニューを見る限り、つけ麺一本の様だ。だが、普通の”広島つけ麺(冷)”の他に”辛味噌つけそば(温)”ってのもある。とは言う物の、初訪問だし、何と言っても今回の目的は本場・本物の広島つけ麺を食べる事!って事で普通に”広島つけ麺並(1玉)”、780円を注文!!!
 
まず最初に運ばれて来たのが、広島つけ麺(冷)のつけだれ。注文した時に辛さの指定を聞かれたのだが、初めての人は二倍がオススメと言う事で二倍を選んだのだが、パッと見た感じ、結構辛そうだ。お店の説明に寄ると”小魚などの海の幸を使用しただしをベースに、秘伝の辛みを入れた特製和風ダレ”との事で、以前姫路の廣島つけ麺専門店で食べた時のつけだれにも似ている。って事は姫路のお店はそれなりに本場の広島つけ麺に近かったって事か?
 
で、つけ麺(冷)の並は780円だったのだが、120円プラスするとオムスビと玉子が付く!って事で思わずセットにしてしまった・・・。上の写真は玉子がまだ来て無い時だったので玉子は写って無いが、一応このセットで900円也。安いのか高いのか微妙な感じではあるが・・・。
 
そしてこちらが、本場、広島で食べる本物の”広島つけ麺(冷)”の並盛り。”広島つけ麺”の特徴である様に”茹でキャベツ、キュウリ、たっぷりのったこだわりの葱”等が沢山盛り付けられていて見た目的には結構ヘルシーな感じ。で、早速、ピリ辛いつけだれに浸けて食べてみると・・・、油断してどっぷりとタレを浸けた事もあって、辛くて思わず咽た。やっぱ辛い・・・。姫路のお店で食べた時と全く同じで、辛い・・・。辛過ぎて魚介風味の出汁の味が良く判らん・・・やっぱ私には広島つけ麺は向いて無い様な気がする
 
つけ麺の麺はご覧の様な中太麺だ。これまたお店の説明に寄ると”のど越しつるつるの冷たい中太ストレート麺”との事。何と無く中華冷麺の麺に近い様な気がする。やっぱ麺も”もんどのつけ麺播磨”とか”こがね家の濃厚極太つけ麺”の麺の方がモチモチっとしていて遥かに美味しい様な気がする。セットで追加した玉子も煮玉子では無く、普通の茹で玉子ってとこも何か寂しいし・・・。きっと私が広島つけ麺を食べるのは、これが最後になりそうな気がする・・・
 
てな事で、折角、広島に来たって事で”広島つけ麺”を食べてみたが姫路のお店で食べたのと同じ印象で私の口には合わなかった・・・。でもお店の説明に寄ると”現在、広島には、ばくだん屋を含め専門店が約50店ほどあり廣島つけ麺を扱っている店をあわせると約300店近くに上るといわれています。廣島つけ麺は広島の新名物として今熱く注目を集めています”って事で、好きな人は好きなのかも知れない・・・。まあ、辛いつけだれのつけ麺と言えば・・・、この辺りだと希望軒の味噌だれつけ麺が、それに近いのかな?
広告

中島みゆきツアー広島公演の前後の様子・・・。

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 9:41 PM
 
代理人記録
 
この日宿泊予定の広島市文化交流会館にチェックインした後、しばし部屋で休憩。コンサート開演まで未だ3時間近くあったので何処か行ける時間は十分あったのだが、今回のツアーグッズの中で売り切れ必至ちびなみちゃんご当地オリジナルピンズ広島限定版を何が何でも購入する為に、コンサート開演前のグッズ先行販売に行く予定をしていたので、何処にも行けなかったのだった。
 
てな事で午後4時を廻ったのでグッズ先行販売に行く為に部屋を出てエレベーターホールにやって来て、ふと外の景色を見ると目の前に広島市文化交流会館大ホールの建物が見える。コンサートが行われるホールのある処に宿泊するってのは、中々無い事だが、やっぱ結構便利な気がする。数年前に、同じく中島みゆきコンサート浜松公演へ行った時も、甥っ子家と旅行状態にならなければ浜松アクトシティーに宿泊する計画だったのだが・・・。
 
そして広島市文化交流会館のホールに降りて来たら、30~40分前にはほとんど誰も居なかったのに、もうこれだけの客がグッズ販売待ちの列を作っている。彼是、30年近く中島みゆきコンサートに通って来たが、ツアーグッズを購入する為だけに、こんなに早い時間から並ぶのは初めての事だ。まあ、サイン色紙を手に入れる為に、夜会大阪公演の際にも1時間ほど前から並んだ事はあるけど、今回は大阪も広島も4時からだもんなあ・・・。ま、今回はピンズさえ購入出来れば、その後は解放されるのだが・・・。
 
で、今更であるがこちらが今回のツアーグッズの一覧。前回までのツアーグッズに比べると品種的にはちょっと少ない様な気がする。これも地方公演があまり無い事が影響しているのかな?。で、並んでまでしても手に入れたいちびなみちゃんご当地オリジナルピンズは、大阪では一人2個までとなっていたが、それでも売切れ続出?って事で、大阪の次に開催された北海道公演から一人一個になったらしい。それでも早い時間に売り切れてしまうので、今回も先行販売の時間に買いに来たのであった。
 
てな事で無事にグッズ先行販売でオリジナルピンズ広島限定版を購入後、ホール裏に停めてあったツアートラックを観に行って、更にちょっとお腹も空いて来たので近くのコンビニへ行ってオニギリ等を購入して、再びホテルの部屋に戻ってしばし休憩。やっぱ、ホールと同じ処にあるホテルに泊まると何かと便利だ・・・。
 
そして午後6時を過ぎ、ホールも開場された頃なので、私も大ホールへと出陣!!!いよいよ中島みゆきコンサート広島公演の始まりだ!!!
 
 
で、こちらがこの日、私が座った14列下手の方の席から舞台を観た様子。私の前の列は、身障者さんの為の可動席って事で実際には席は無く、車椅子の方とその付添の方のパイプ席が並んでいるのみ。てな事で、足はゆっくり伸ばせるし、視界も良好。後は角度だけがちょっと斜めっぽかったけど、大阪新歌舞伎座の最前列中央の席とは違い?首を振らずに、中島みゆきさんも、コーラスのおねえさん方も同時に観る事が出来る?ありがたい席?だった。
 
そして午後6時半、広島市文化交流会館での中島みゆきコンサートが始まった・・・(上の写真は東京フォーラム初日のマスコミ向け写真)。中島みゆきと言えば紅白出演時にも歌詞を間違えた事で超有名になってしまったが、コンサート中でも結構、歌詞忘れ、歌詞間違いが多い。大阪初日でも二日目でも唄ってる途中で歌詞が出て来なかったシーンが何回かあったのだが、この日の広島ではまたまた歌詞が出て来ずに間奏に入る瞬間に”間違えちゃったぁ!”と声に出して照れていたのが、何か可愛かった・・・。場内から・・・、てか私もだけど思わず拍手?してしまった・・・。それと・・・、大阪でのコンサートに比べるとカンペを見る回数がかなり減った様な・・・、あ!だから歌詞間違えた?のかな?
 
 
そんなこんなで午後9時、無事にコンサート終了。あらためて広島市文化交流会館大ホール場内を見渡すと、収容人数2000人規模の結構デカイホールだ。そう思うと14列目は結構エエ席だったかな。ただ、この日、真後ろのおばさんの咳が結構、ウザかったけど・・・。
 
そしてこちらは中島みゆきツアー2010の演奏曲目リスト大阪新歌舞伎座では初日&二日目とも、帰りの時間が押し迫っていたので、この曲目リストを撮影する時間が無かったのだが、この日はホールの目の前がホテルなので、時間はたっぷり・・・。コンサート終焉直後は撮影者も多くて、こんな間近で撮るのは不可能だったので最後の最後まで粘って何とか納得出来る?写真が撮れた?かな?それにしても、今回の曲目リストは字が小さいので全リストを綺麗に撮るのは中々難しかった・・・
 
 
最期に・・・、前日も写真を撮りに来たのだが、夕暮れ近かったので綺麗に撮れて無かったので、翌日の朝、朝食を食べた後に再び撮影したツアートラック???。ご覧の様に何時ものペイント入りのトラックでは無く、極々普通の金属色したトラック3台と、真っ赤なトラックが1台。ファンでも無い限り、誰も気にする事の無い、極々普通のトラックなのだった・・・。
 
てな感じで、今回の広島ツアー?最大の目的であった中島みゆきコンサート広島公演初日が過ぎて行ったのであった。でも、私の広島三昧道中記はまだまだ続くのだった・・・。

2010年11月29日

宿泊した広島市文化交流会館は、こんなとこ。

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 11:43 PM
 
代理人記録
 
広島平和公園及び原爆ドームのプチ観光を終え、この日宿泊予定の広島市文化交流会館に戻って来た頃はチェックイン可能な時間って事でそれなりにロビーは賑わっている。てな事で、早速、私もチェックイン!!!
 

こちらがこの日、中島みゆきコンサートが行われ、かつ私が宿泊した広島市文化交流会館(旧:広島厚生年金会館)。玄関入って左側に大ホールがあり右側に進むとホテルがあると言う構造。ホテルは7階建てで、私の部屋も最上階の7階だった。
 
ちなみに先に広島市文化交流会館に着いた時は午後2時過ぎだったのだが、大ホールの楽屋口にちょうど係員?と言うのか、コンサート運営会社のスタッフさん達が集まりだしたので、もしかすると中島みゆきさんご到着?みたいな雰囲気がしたので、しばしその楽屋口付近で屯していると、午後2時半頃、瀬尾一三や杉本和世らを乗せた2台のタクシーに続いて、ちょっと大き目で窓はスモークになったワンボックスカーが到着!!!そこから次々と人が出て来たのだが、その中に中島みゆきさんを発見!!!大き目の帽子を被っていたし、こちらには数人のファンが居たのだが、全然、目をくれる事も無く、そそくさとホールの中に吸い込まれて行ったのであった。一瞬の出来事だし、車と楽屋口が数mしか離れて無いし、何より、その手前で関係者の人に近づけ無い様にブロックされていたので、あまりはっきりと御姿を拝見する事は出来なかった。20年前に神戸文化センターの玄関でお会いした?時とは全然様子が違った・・・。ま、先日、2時間半、超至近距離でお唄を聴かせてもらったばかりなので、そこまでして入り待ちする事も無かったのだが、偶々、到着時間が一緒?ぐらいだったもんで・・・。
 

こちらが今回宿泊した”18平米のシングルルーム”で、朝食バイキングが付いて6500円ぽっきり。計画では”広島焼き”を筆頭に”広島つけ麺”や”牡蠣”等を、目一杯食べる予定をしていたので、ホテルの味気無い朝食は要らないと思っていたのだが、素泊まり?でも6200円するので、プラス300円で朝食バイキングが付くって事で、貧乏性な私はその誘惑に負けてしまったのだった。ま、300円ならパンとコーヒーだけでも食べたら元が取れるかな?と言う軽い気持ちもあったのだけど・・・。この他に駐車場代が一泊1000円買払ったけど・・・(翌日11時まで何度でも出し入れ自由との事)。
 
ちなみに、このホテルは今時のシティホテル、ビジネスホテルな内装で、当然の如く、インターネット用のLAN端子も完備。ちょこっとだけ現地から記事を投稿したが、今や部屋にLANが無い様なホテルには泊まれませんねえ・・・。
 
そして部屋の窓から外を眺めると、ビルとビルの隙間の遥か遠くを眺めると、そこには先ほど行って来たばかりの”原爆ドーム”の姿が見える。(上の写真の左側。一応デジタルズームを使っての撮影・・・。)また窓から左側を見ると川も見える。何か広島って意外と川が多い様な印象・・・。もしかすると、これって広島城のお堀?だったのかも知れないが・・・。
 
何はともあれ、コンサートまでまだまだ時間があったし、長時間のドライブとプチ原爆ドーム観光で疲れたので、この後、20~30分の間、ベッドの上で横になったのであった。コンサートホールのあるホテルで泊まると滅茶便利じゃあ!!!

広島には10回以上来たけど、原爆ドームは約30年ぶりだぁ!!!

Filed under: 観光 — 代理人 @ 9:32 PM
 
代理人記録
 
広島到着後、真っ先に超有名店『みっちゃん総本店』で広島焼きを食べた後、折角なので広島観光をする事に。
 
まずはお好み焼を食べたお店からホテルへ向かう途中に、ちょっと遠回りして寄った『広島城』。と言ってもちゃんと『広島城』を観光したのでは無く、お城の周りを車で一周して、偶々、車を停めれるスペースがあったので、そこに車を停めて写真を撮っただけなのだった。てな事で、こちらは『広島城』の裏側。でもお堀があって、中々綺麗な感じ。
 
ちなみに私が車を停めた場所はバス停だったらしく、経った3分ほど車を停めていただけなのだが、その間にバスがやって来た・・・。何時もは待ってても中々、やって来ないバスな癖に、こう言う時って何か直ぐ来るのね・・・。まさにマーフィーの法則・・・。
 
で、『広島城』を見学?した後は、一旦、今夜の中島みゆきコンサートが行わるホールがあり、かつ私の宿泊先である『広島市文化交流会館』へ行ってチェックイン・・・と思ったら何か時間が未だ早い!って事でチェックイン出来ず・・・。コンサート開演まで、まだまだ時間があったので、車だけ駐車場に入れさせてもらって取り敢えず、原爆ドームの見学に出掛ける事に・・・。
 

ホテルから徒歩で約5分、広島平和公園に到着!!!遠くに原爆ドームが見える!!!この写真はあまり人の居ない場所や、あるいは人が写らない様に撮った写真なのだが、実際には修学旅行で来たかの様な、高校生や小学生の団体さん、及び、観光バスの団体さんで大賑わい。個人的には何度も来た事がある広島なのだが、先にも書いた通り、平和公園にやって来たのは約30年前に管理人さん、30番さん、K朗君と4人でやって来た日以来の事・・・。ま、そう度々来る様な処じゃ無い様な気もするけど・・・。
 
そして平和公園の中をあちこち見学しながら北上して来ると、目の前に”原爆ドーム”の姿が見えて来た。こちらが川の対岸から観た”原爆ドーム”のお姿。ま、今更私が語る事は何もございません。確か30年前に4人で来た時、原爆ドームの前で写真を撮ったよねえ・・・
 
こちらは北側の橋の上から観た様子。原爆ドームは昔のままだけど背景には高層ビルや高層マンション等が立っていて、時代の移り変わりを感じさせる・・・。実際、写真を撮る角度に寄ってはドームが後ろのビルに邪魔されて良く見えない・・・、様な写真も何枚かあった・・・。
 

そしていよいよ原爆ドームの真そばまで来た処。あまり記憶に残って無かったが、中を覗くと今でも瓦礫が沢山残ったままだった。
 

こちらが原爆ドームの南側・・・、と言うのか公園側から見上げた様子。
 

てな感じで”原爆ドーム”の見学を終え、平和公園の方に戻る途中、橋の上から川を見下ろすと遊覧船?あるいは、ここから宮島まで出ているとか言う、宮島行きの船らしき物が川の上を進んでいた。この日、車で来て無かったら次の日、宮島へ行く時、もしかするとこの船に乗っていたかも知れない・・・、と思いながら橋の上からこの船を眺めていたのであった・・・・・。
 
この後、再び、広島平和公園の中を通り抜け、広島市文化交流会館へと戻って行ったのであった・・・。
 
おまけ・・・。
 
平和公園から原爆ドームへ向かう途中の道に停まっていた観光バスを何気無くみると、何と”神戸市須磨小学校”の札が付いた観光バスだった・・・。広島まで来て、同じ兵庫県から来たバスに出会うとは・・・。その昔、みんなで北海道一周の旅に出掛けた時に、札幌かどっかで曽根の子に会った時みたいなもん?だ。ま、行った先が観光地なんで、こんな事は良くある事なんだろうけど・・・。
 
そしてもう一枚、こちらの写真はまた後で紹介する予定だが、コンサート終了後に”広島つけ麺”を食べに出掛けた帰り、偶々通った”平和通りのイルミネーション”の様子。何か、もうそんな季節なのねえ・・・、って感じがするひと時でもあった。ちょっとした事だけど、偶然、この様なイルミネーションが観れて得した気分になってホテルに戻ったのであった・・・。

2010年11月28日

広島到着!!!って事で早速”みっちゃん総本店”で広島焼きを食べて来た!普通に旨い広島焼きじゃん!!!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:24 PM
 
代理人記録
 
忘れしまわない間に、ちょっとずつ、この前の中島みゆきコンサート広島公演道中記をちょっとずつご紹介!!!
 
某大阪の会社でのサラリーマン時代、入社一年目の出張で、豪雪の中の東北行脚(秋田行きの飛行機が欠航したぐらいの大雪)の次に行ったのが、春の日差しに輝く広島だった。その時は広島出張と言っても、そこからバスに乗って熊本県阿蘇山への一泊二日パソコン教室へと出掛けて行ったので、広島で観光及び食事をする事は無かった。その2年後ぐらい、今度は同期入社の仲間の結婚式で広島へ行った際は、そいつの実家が広島県呉って事で、これまた広島市内は素通り、帰りにお好み焼村の前は通った物の、広島焼きを食べる事無くそのまま大阪まで帰って来たのだった。
 
その後も年に一回ほど、広島へ出張する事があったのだが、行った先が東広島だったり広島の北部だったりとかで、あまり広島の繁華街に縁が無かったのだが、その会社の最後の出張先となったのも、またまた広島だったので、その時はこれで当分の間、広島に来る事も無くなる?って事で、それまでは大阪にある広島焼きのお店で何度か食べた事があったのだが、やっぱり本場広島で一度は広島焼きを食べておかなければ!って事で、その時初めてJR広島駅の駅ビル内にあったお好み焼村で食べたのだった。
 
それから約20年・・・、久々の広島!って事と、今回は自由気ままに行動が出来るって事で20年ぶりに、本場広島で広島焼きを食べる事に決め、どうせ食べるなら広島焼き発祥のお店『みっちゃん』で食べよう!って事で、広島到着後、いの一番に向かったのだった。
 

こちらが今回行った『広島焼き・みっちゃん総本店』の中の本店?。広島焼きと言えば’みっちゃん’と言われるぐらい超有名店で、広島焼き発祥のお店としても有名だが、今や兄弟や親戚、それに暖簾分けしたお店、はたまたパチモンのお店等が随所にあって、”新天地みっちゃん”とか”みっちゃん いせや”とか、訳判らん状態になっているのだが、折角’みっちゃん’に行くのならやっぱり創業者(井畝満夫)が経営しているみっちゃん総本店』へ行かねば!!!って事で、このお店(総本店も3店あるが、その中の本店)に行って来たのであった。
 
お店到着時は平日の午後1時近かったのだが、流石に店内はその時間でも大賑わい。てな事で、店内の様子を写真に撮るなんて不可能だったので、とりあえず公式サイトから店内の様子を拝借!。広島焼きに限らず、昔ながらの小さなお店だと、巨大な鉄板を囲んで座るカウンター式のお店が多く、広島焼きが薄いクレープ状から、キャベツテンコ盛り、仕上げの玉子まで変化して行く様子を見ながら焼き上がるのを待つのが楽しいのだが、このお店は流石に大繁盛店?、あるいは完全に観光客相手の商売をしているからか、ご覧の通り、相席必至の大き目のテーブルが中心のお店で、空いている席に適当に案内されるシステム。
 
今回、私が案内された席は、焼き場の鉄板を背にする位置だったので、広島焼きを焼いている様子を観察出来なかったのだが、このお店は5~6人の焼手の兄ちゃん達が、流れ作業で次々と広島焼きを焼いている様子。おかげで混んでいる割には、そう待たずしてお好み焼が運ばれて来たのだった。
 

で、広島焼きと言えば、”そばが入っていて仕上げに玉子を使うのが定番!”って事で、今回私が頼んだのは一番オーソドックスな広島焼きとも言える”そば肉玉子”。他に広島って事で牡蠣入りとか、色んなトッピングが入った物とか色々あったのだが、他にも食べたい物があったし、何よりじっくりと味わうには余計な物が一切無い方が、判りやすいからねえ。
 
広島焼きみっちゃん総本店そば肉玉子広島焼きみっちゃん総本店そば肉玉子

間も無くして運ばれて来たのが、こちらの『広島焼き・みっちゃん総本店』の”そば肉玉子”で、お値段は一枚700円也。関西のお好み焼とは違い、生地は薄くキャベツとモヤシが主体の、ある意味シンプルなお好み焼だ。ご覧の様に、お皿に載せて提供されるし、お箸で食べやすい様に最初からカットもされている。ちなみに右下の写真は連続して撮ったのに色合いが全然違う写真が出来上がったので、序でにご紹介。どちらも写真をクリックすれば大きな写真でご覧いただける(WORDPRESS移行後はどうなるのかな?)。
 
広島焼きみっちゃん総本店そば肉玉子
で、早速『みっちゃん総本店』の”広島焼き”を食べてみる。店内に大きく貼られたポスターを見ると、そばは”いその麺”とか言う麺を使っているらしい。ソースは、今では全国的に有名になった会社オタフクソースに注文して作った『みっちゃん総本店』オリジナルソースを使用との事。”美味しさの決め手はソースにある!”と、お店が語っている通り、確かに美味しいソースで、個人的にもお好み焼や焼きそばにはたっぷりとソースを使って食べる派なので、中々美味しかった。仕上げに載せた玉子もしっかりと味があって美味しい(正確には、目玉焼きを潰してその上に広島焼きを乗せて、全体をひっくり返すのだが・・・)。20年程前に、広島駅校内のお好み焼村で食べた時は、もっとボリュームがあった様な気がしたけど、今回は一番シンプルな物にした為か、ちょっと量的には少な目な印象だったけど・・・。
 
で、テーブルの上には『みっちゃん総本店』ご自慢のオリジナルソースと、他にもマスタード入りマヨネーズが置いてある。お好み焼にマヨネーズを使うスタイルは”大阪のぼてじゅうが始めた”とも言われているが、20年程前に広島焼きを食べた時はマヨネーズなんて使って無かったし、今でも”広島焼きにマヨネーズは使わない!”とYahoo知恵袋にも書いてあるぐらいなので、今回はマヨネーズを使う事無く、完食!!!まあ、大阪や神戸でも昔ながらのお好み焼屋さんではマヨネーズを使わないと言うお店も結構あるもんなあ・・・。何と言ってもマヨネーズ使うと当たり前だけど、マヨネーズ味になっちゃうからねえ・・・。ラーメンに入れるニンニクと同様に、イマイチ美味しく無い時の最期の手段として使うべき物だと思う・・・。
 
てな事で、超有名人気店って事である程度、覚悟を決めてお店に行ったのだが、ホンマ食べて出て来るだけの凄まじい?お店だったなあ。でも流石に午後1時を回った辺りからは、若干客の入りは減ってたかな?でも”広島焼き”的には普通に美味しかった。まあ、ソースの味が私の好みにぴったり!って処が一番の要因かも知れないが、確かに市販のオタフクソースとはちょっと違う味わいだったかも知れない・・・。次に広島へ行く事があれば、今度こそ、お好み焼村へ行ってみたいと思うのであった。

またまた来来亭のカップ麺が発売された!!!やっぱ前回の縦型カップは不評だったのか、丼カップに戻った!!!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 7:06 PM
 
代理人記録
 
先週行った広島の話も未だアップ出来て無いのだが、とりあえず軽く旬のネタ?を一発!!!
 
私の大好きなラーメン屋『来来亭』のカップ麺が、またまた発売となった。と言うか、発売になる事は知らなかったのだが、コンビニの前を通ったら”来来亭の幟”を発見!!!今年の夏に”来来亭の幟”に釣られてコンビニに入ったら、何時ものカップ麺では無く”来来亭の冷麺”だったのだが、今回は幟を見る限り、カップ麺との事。てな事で、早速買いに寄ってみた。
 
コンビニの入口を入ると、お店入口には巨大な”ラーメン来来亭のカップ麺”が、宙に浮いている・・・。何じゃこりゃあ!!!って事で、思わず写真をパチリ・・・。もう何年も”来来亭のカップ麺”を買って来たが、こんな巨大な来来亭カップ麺オブジェを観たのは初めてだった・・・。
 
で、こちらが”ラーメン来来亭カップ麺”の売り場。通常のカップ麺コーナーと、お店を入った直ぐの処にも来来亭カップ麺の特設コーナーがあるのも何時もの如く!!!てな事せ、早速、来来亭カップ麺を両手に抱えてレジへ向かうとレジのねえちゃんが”何処かのお店の方ですか???”と、のたまう。え???、何で何で?って聞き返すと、私が店内に入って来るなり、嬉しそうに写真を撮りまくっているので、何処かのお店の人が、陳列調査?に来たのかな?と思ったとの事。いえいえ、そんな大それた?事では無く”単なる来来亭オタクですわ!”と言っておきました。嫌あ、ブログに書きたいから・・・、とは何か言えなかったなあ・・・。
 
てな事で、こちらが実際に買って帰った”ラーメン来来亭のカップ麺”で、一個268円。”今年の春頃に発売された来来亭のカップ麺”は値段を下げた変り割引券も付いて無い縦型のカップ麺になっていたのだが、背脂の量も少なくなった様だったし、味も何かイマイチ・・・、と当ブログでもボロクソに書いたのだが、やはり世間一般的にも評判が悪かったのか、従来の丼ぶり型カップ麺に戻った様で、とりあえず一安心。しかもカップの蓋に付いていた”来来亭の実店舗で使える100円の割引券”も復活だ!!!この割引券の存在も大きかったからねえ。何で、前回あんなつまらん縦型カップ麺で発売したんだろうねえ・・・。発売前に一言相談してくれてたら、問答無用で発売却下してたのにねえ・・・。
 
カップ麺の中も、粉末スープ、液体スープ、乾燥かやくの他に、大き目の”後入れの背脂入りの袋”もちゃんと入っている。やっぱ”来来亭のカップ麺”はこうで無くっちゃねえ。
 
そして完成した”来来亭のカップ麺”はこんな感じ。お店で食べる背脂がふんだんに浮いており、見た目コッテリ、ただ食べると意外にあっさりな京都風醤油ラーメン”を忠実に?再現した、個人的にも大気に入りのカップ麺なのだ。味も縦型カップの時よりも、美味しくなった・・・、と言うか、以前の味に戻った様で普通に美味しかった。
 
てな事で、やっぱ前回の縦型カップ版は不評だったのか、従来の丼ぶり型に戻って一安心。100円の割引券も付いているし、暫くご無沙汰している来来亭の実店舗へ行く日も近い!!!やっぱ、カップ麺よりも本物の方が数倍美味しいからねえ・・・。

2010年11月27日

三宮地下街の超有名”かつ丼吉兵衛”、本店が一杯なので出来たばかりの二号店に行ってみた!!!

Filed under: — 代理人 @ 10:24 PM
 
代理人記録
 
朝一で大阪の西大橋まで行き、午後一は神戸ポートピアアイランドまで行ったその日の夕方、意外と早く?三宮まで戻って来る事が出来たので、ちょっと早目ながら、昼飯がインディアンのカレーだった?事もあり軽く”かつ丼”でも食べてから帰る事にした。何故”かつ丼”を食べて帰ろうかと思ったかと言うと、先日、このブログでちょこっと書いたが、三宮センター街の地下にある超有名『かつ丼・吉兵衛』の二号店がちょっと前に出来たので、その様子見を兼ねての事なのであった
 
かつ丼吉兵衛二号店
こちらがこの日、行った『かつ丼・吉兵衛二号店』で、場所はJR三宮駅からちょっと東へ行った処の、あまり目立たない一角にある。訪問時間はディナータイムにはちょっと早い午後5時半頃って事で、入店時点では店内に客は居なかった(私の後に数人入って来たけど・・・)。センター街の地下の本店はこの時間でも行列が出来ているのとは大違いだ。まあ味さえ本店と変わらなければ、やがてこのお店も行列が出来るお店になるのかも?知れないが・・・。
 
店内は本店同様、カウンターだけの比較的小さなお店。入口で食券を買って注文するスタイルも本店と同じ。お店自体は未だ出来たばかりなので、店内は明るくて清潔感があって気持ちが良い。
 
かつ丼吉兵衛カツ丼と味噌汁のセット
てな事で、席に着いてあちこち観察していると間も無くして運ばれて来たのが、こちらの『吉兵衛二号店』の”カツ丼と味噌汁”で、お値段はセットで650円也(内訳はカツ丼が600円で味噌汁が50円だったはず)。私が『かつ丼・吉兵衛本店』で最後に”かつ丼”を食べたは4年半ほど前の事なので、どんな”かつ丼”だったかはっきりと覚えて無いので比較は出来ないが、きっと本店のとそう変わりは無いのだろう・・・。
 
かつ丼吉兵衛カツ丼
で、こちらがメインの”吉兵衛のカツ丼”。玉子を二個使った物や、カツが二枚乗った物もあったのだが、今回はオーソドックスに一番シンプルな”カツ丼”を注文!!!お店を紹介したサイトの情報に寄ると”「和豚もちぶた」という、ロース肉を使った豚肉を使っているので、びっくりするほど柔かく、肉汁ジューシーで、かといって脂身や臭みがありません。衣もぶ厚めで、ほおばるたびに幸せ感じるサクサクジュゥシィなカツ”との事。
 
さて、そのお味はと言うと・・・、至って普通のカツ丼?な印象。実は私は『吉兵衛本店』の”カツ丼”も、並んで食べるほど旨いかなあ?と思っていたのだが、やはり二号店で食べても同じ様な味だ。かと言って、じゃあ、もっと旨いカツ丼のお店は?と聞かれると、今直ぐには思い浮かばないのだが、この程度の味ならもっと他にも有りそうな気がする。おっと!思い出した、大阪法善寺横丁にある『喝鈍』とか、大阪日本橋へ行った時に良く食べた『こけし』とかの方が遥かに美味しい様な気がする・・・。ま、どっちも大阪なんで比較するのはちょっと無理があるかも知れないが・・・。
 
かつ丼吉兵衛味噌汁
そしてこちらがセットで頼んだ”味噌汁”。カウンター内の直ぐ近くに”マルコメみそ汁マシン(サーバー?)”が置いてあって、この”お味噌汁”はそのマシンを使って入れられた物だ。具はお豆腐とワカメも入っていて至って普通。でも牛丼チェーンのほとんど具の無い味噌汁に比べると同じ50円?の味噌汁としては、こちらのお店の方が上等な気がする。
 
かつ丼吉兵衛たくあん
ちなみにカウンターの上には”食べ放題のたくあん”も置いてあって、こちらは中々美味しい”たくあん”だった。
 
てな事で『吉兵衛本店』は何時行っても行列が出来ているので、今回は10月末頃にオープンしたばかりの二号店に行ってみたのだけど、やっぱ本店同様に並んでまで食べる程のものかいな?とは思いつつ、まあ普通に美味しいカツ丼だったかな?次回、行く事があれば、玉子二個のを食べてみようと思う。でも何か他の美味しいそうなお店へ行ってしまいそうな気もするけど・・・。

今日はWOWOWで”燃えよドラゴン”のフルハイビジョン放送だ!!!

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 8:42 AM
 
代理人記録
 
今年の夏にNHK-BS2でブルース・リー特集があり『燃えよドラゴン』等の3作品の放送があったのだがBS2って事でアナログで、かつDVD画質の放送だった・・・。何時もならその後、BShiでも放送するのになあ・・・、と思っていたら、その後(昨日発売?)ブルース・リーの香港時代の映画が全作ブルーレイとなって発売されると発表がった。だから、BShiでフルハイビジョン放送が出来なかったのかあ・・・、でも『燃えよドラゴン』は前からもうブルーレイ盤が売ってるから『燃えよドラゴン』だけでもフルハイビジョン放送して欲しいなあ・・・、と思っていたら・・・、今日、WOWOWで『燃えよドラゴン』が放送される・・・。
 
 
今日のWOWOWの放送も、一応はブルース・リー特集だが、映画は『燃えよドラゴン』だけの放送で後は『実録ブルース・リー ドラゴンと呼ばれた男』とか『ドラゴン旋風!~ブルース・リーの伝説と遺産』等、ドキュメンタリー映画みたいなのばかり。折角なのだから、ブルース・リー映画フルハイビジョン一挙放送して欲しいなあ。まあブルーレイが発売されたばかりなので、1年後ぐらいにWOWOWでやってくれるかも知れないが・・・。
 
ちなみに、今日11月27日はブルース・リーの誕生日らしい・・・。
 
 
後書き・・・
 
燃えよドラゴン』本放送の後に放送された『実録ブルース・リー ドラゴンと呼ばれた男』を観た!番組自体は1993年に制作された番組なので、見た事ある様な、無い様な感じの内容。面白かったのは、歴代の映画に関係した、俳優さん達、例えばボブ・ウォールとかチャック・ノリス、それに死亡遊戯の巨大な黒人さんや、同じく死亡遊戯で戦った俳優さんらが大勢出て来たこと。更に弟子の一人であり、私の大好きな映画『大脱走』や『荒野の七人』でもお馴染みのジェームズ・コバーンらのインタビュー映像。みんな本音でブルース・リーの事を語っていて中々興味深かった。(ちなみに、ナレーションはジョージ・タケイ・・・。富山敬の声じゃ無かったけど・・・。)
 
また、ところどころで紹介される、ブルース・リー主演作の映像では、『ドラゴン危機一発』が、後に編集追加されてしまった怪鳥音入りの映像では無く、オリジナルの怪鳥音無しのバージョンのフィルムで紹介されていた点も中々良かった。やっぱ『ドラゴン危機一発』は怪鳥音無の方がしっくり来る様な気がする・・・。

2010年11月26日

昼飯食べてる時間が無い!って事で、久々に大阪市民御用達のインディアンカレー食べた!!!

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:58 PM
 
代理人記録
 
この日は朝一で大阪・西大橋にある某所で作業。予定では1時間もあれば十分に片付く内容だったので、ランチは久々に北新地に行って・・・、と思っていたらお客さんのデータの準備不足で作業が進まない。結局昼近くになって漸く終了!その後もちょこっと頼まれ事をしていたのだが、午後からは神戸ポートアイランドまで行く用事があったので、早々に引き揚げて神戸に向かう事となった。
 
が、しかし!時計と見ると北新地でのランチ処か、昼飯食べてる余裕すら無さそうな時間。まあ、偶には昼飯抜きでもエエか・・・、と思ったのだが西梅田まで戻って来た時、ふと近くに時間が無い時に滅茶便利?な、それで居て美味しい・・・、と言うか大阪人なら知らない人は居ないインディアンカレー』の堂島店がある事を思い出し、そこなら10分もあれば余裕で食べれる!って事で久々に『インディアンカレー』に行ってみる事にした。
 

こちらが今回行ったドージマ地下センター内にある『インディアンカレー堂島店』で、西梅田駅から徒歩1分の距離にある滅茶便利なお店なのだ。『インディアンカレー』は、現在大阪だけで7店舗あるのだが、私は阪急三番街店と長堀店は良く行っていたのだが堂島店に行くのは初めてだ。ドージマ地下センターと言う場所柄や、入店時間が午後12時半を少し回ったランチタイムど真ん中って事で、入れ替わり立ち変り客が出入りしていて、常時満席に近い状態で賑わっている。入口で食券を買って偶々空いていた目の前の席に座ると30秒も待たずしてカレーが運ばれて来た
 
インディアンカレー
こちらがその”インディアンカレー”で、今回食べたレギュラーサイズのお値段は730円也。出て来た見た目が、何か御飯の盛り方がお子様ライスっぽい様な感じだし、不自然にお肉が一個だけ上に乗っているのも思わず笑ってしまいそう・・・。で、久々に食べる”インディアンカレー”のお味だが、一口目はフルーティな甘さがありつつ、その甘さが徐々に辛さに変わって行く。歳のせいか、以前ほどの辛さは感じ無かったが、相変わらず美味しいカレーだった。個人的にはちょっと前に食べた”天満にある梨花食堂のカレー”の方が美味しいとは思うけど・・・。
 
インディアンカレーキャベツのピクルス
そして”インディアンカレー”と言えば、付け合せに出て来る、らっきょでも無く福神漬でも無い”爽やかに甘酸っぱいキャベツのピクルス”。これが中々旨いのだ!これまたちょっと前に加古川駅前近くに出来た『かつめし専門店いろはーず』のキャベツも、このピクルスに似せた様な味わいがあったが、やはり本家本元の”キャベツのピクルス”は一味違う!カレーの辛さと妙にマッチして中々美味しいのであった。
 
てな事で、昼飯を食べる時間が無い!って事で、久々に大阪人御用達の”インディアンカレー”を食べたのだが、昔長柄に美味しいカレーだった。大阪ではラーメンの基準が『金龍ラーメン』であった様に、カレーの基準はこの”インディアンカレーであると言っても過言では無い。”インディアンカレー”とどっちが美味しい?これが、大阪人のカレー店の判断基準なのである!

2010年11月25日

久々に喜両由でカツ丼!!!でも何か気持ち・・・、ちょっと違うのよね。

Filed under: — 代理人 @ 9:13 PM
 
代理人記録
 
この日の昼に、お得な切符を買いに姫路まで出掛けた時、”新生軒のラーメン”を食べる前は”カツ丼”でも食べようかと思っていた事もあり、帰って来てからも何か”カツ丼”が食べたい気持ちが収まらない。とは言え自分で作るなんてさらさら考えられないし・・・。って事で、久々に喜両由』に行って”カツ丼”を食べる事にした。
 
こちらが久々に行った『喜両由』。この日お店を訪れた時間は、未だ午後6時過ぎだったのだが、土曜日の夜って事もあって既に店内は大賑わい。このお店の売りは、基本的には讃岐風の手打ちうどんなのだが、定食系や丼ぶり系のメニューも豊富で、その辺りのメニューの豊富さがファミリー層を中心に人気がある様な気がする。
 
そしてこちらが、混んでいる割には比較的短時間で運ばれて来た”喜両由のカツ丼”で、単品価格は780円也。値段はちょっと高目だが、カツ丼チェーンの『かつや』のカツ丼と比べると竹110gコースぐらいのボリュームがある。更にお味噌汁も付いているので、それなりに良心的な価格じゃ無いのかな?
 
で、その肝心の”喜両由のカツ丼”はこんな感じ。大き目の豚カツに、半熟度バッチしの玉子に、玉ねぎやネギ等の野菜もたっぷりと入っていて期待通り、中々旨い!正直、以前食べた時よりはちょっと味はイマイチな気はしたけど、それはきっと期待感が大き過ぎたからだろう。この内容と値段なら文句は無い”カツ丼”だと思うのであった。
 
こちらは”カツ丼単品”に付いていたお味噌汁で内容は、お豆腐とワカメが入った家庭的な極々普通のお味噌汁だが、こちらも普通に美味しかった。
 
てな事で、久々に『喜両由』へ行って”カツ丼”を食べたのだが、お出汁が私の好みに近いと言う事もあって、相変わらず美味しい。やっぱこのお店は安心して何でも食べれるお店で、その辺りが人気が高い秘密かも知れない。今度は、これまた久々に”カキフライ定食”でも食べてみようかなっと・・・。
次ページへ »

WordPress.com Blog.