義史のB型ワールド

2008年2月28日

管理人さん邸の一酸化炭素中毒騒動、総括?

Filed under: さりげない我家の風景 — 代理人 @ 11:26 PM

 
代理人記録
 
先日、お伝えした管理人さん夫婦一酸化炭素中毒騒ぎ、速報でお伝えしたが、事故の詳細やらその後の話をお伝えして無かったので、事故の概要とその後の管理人さんからの一酸化炭素中毒の対策をしたと言うメールを併せてご紹介しましょう!
 
まずは事故の顛末を簡単に紹介。管理人さんからのメールに寄ると・・・。
 
1.今宵、花金ってこともあり、寒いので囲炉裏で一杯やりましょうってことでやってたの。
2.終盤うだうだ語りながら嫁と飲んで、嫁はお風呂へ。その後トイレへ行って意識が無くなり倒れたのです。
3.その音に息子(通称モコミチ?)が気付いて、呼ばれて助けに行ったのだけど、私も足腰がガクガク。
4.救急車を呼んで二人とも緊急病院へ運ばれました。
 
別情報に寄ると、この時、息子(通称モコミチ)は取り乱し、近所に住む管理人さんの義妹に電話をし、こけながら裸足で駆けつけた義妹が救急車を呼んだそうです。
 
で、診断結果は当然の如く?一酸化炭素中毒。管理人さんの弁に寄ると、

今夜は余りにも寒かったので境の扉を開けっ放しにして、換気扇は点けなかったのですが、それが悪かったみたいです。
私の方は症状が軽く足腰もしっかりしてきたのですが、嫁は念のため入院。
先ほど嫁を残して家族皆で帰宅したところです。

以上が、管理人さん一酸化炭素中毒事件?の大まかな状況です。最後に対策をしたとのメールが来たので、ご紹介。一番最後には、話題の囲炉裏の部屋が写ってますので、未だ管理人さん邸の囲炉裏をご存知無い方はぜひ御覧下さい。

 
 
中毒騒動でお騒がせしております。
 
でもま、このままじゃいけませんので一酸化炭素警報機を購入。
大型家電店をを周ったのですが置いてなかったので、
30番さんの紹介してくれたのをネットで購入。
本日届きました。
 
取り付けはこんな感じ。
警報音と点滅ライトで知らせてくれます。
 
それから、酸欠のための酸素ボトル・・・これにて完璧!
お嬢が持って来てくれたもの・・・ま、洒落ですけど。
 
囲炉裏部屋のここに装着しております。
ここから警報機が鳴り出したらみなさん非難してください。
広告

2008年2月27日

マクドでは火曜日限定でコーヒーが無料!でも足から血が出てて・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:50 PM
 
代理人記録
 
マクドナルドでは期間限定(~3/11)で、毎週火曜日の午後2時からプレミアコーヒーが無料になるキャンペーンをやっている。物は試しとちょこっと寄ってみた。

こちらが無料でサービスされるプレミアコーヒー。これって、普通でも100円マックメニューで売られてるコーヒーやん。私は時々、外出中にマクドの無線LANを使う為に、100円マックメニューのコーヒーを飲んでいるのだが、それと全く一緒。ネーミングがプレミアコーヒーだったので期待してしまったのだが、全然普通のコーヒーだった

店頭で無料キャンペーンの確認をしたら、何か無料のコーヒー飲んで帰っても良さそうだったのだが、どっかに商品注文時・・・、とか書かれていたので、小市民な私はマックラップ・チキンシーザーも注文。(当然、マック・クーポンを利用したが)。これがまた食べ難い。
 
ってか、実はこの時、自転車でこけた直後で、この後、ジーパンをめくって足を見たら、タラタラと血が流れていたので、こんな所でコーヒー飲んでる場合じゃ無いぞ!とばかり、コーヒー一気飲み、マックラップ一口でがぶりと食べ、急いで病院へ向かったのであった。
 
てなことで、コーヒーは何時も飲んでる味なんで、どうでもエエが、マックラップの方は良く味わえなかった。でもそんなに美味しいもんでも無いなと言うのが率直に感じた味かも。

2008年2月26日

大人の事情により・・・、超お薦めのお店だよーん!

Filed under: グルメ — 代理人 @ 11:24 PM
 
代理人記録
 
先日下見に行った同級生がオーナー・シェフのお店「ポム・ココット」に再び行って来た。この日は帰り際に、厨房から出て来た本人とも会えたので、彼のお店って事が再確認出来た。ちょいと髭も生やして貫禄が出て来たような・・・。
 
こちらがお店の写真。前回と同じ写真を使ってます・・・。で、今回は法事って事もあり、ちょっとリッチ?にランチCコース、4200円をオーダー。
 
オードブル
     
まずはオードブル。見た目がとっても綺麗。ローストビーフやホタテ等、結構ボリュームがある。ホタテの上にはウニも乗っててこれがまた旨い。ランチAコースとは一味も二味も違いますね。
 
カボチャのポタージュスープ
     
続いてはスープ。この日はカボチャのポタージュスープ。柔らかいお味で美味しかった。
 
本日の魚料理
     
メイン料理一品目、魚料理は「天然鯛と舌平目のムニエル」。魚嫌いの兄も旨い!と唸るような料理だった。同じく、魚があまり好きじゃ無い私にも美味しい料理であった。
 
牛フィレ肉のステーキ
     
メイン料理二品目、肉料理は楽しみな牛フィレ肉ステーキ。前回のランチAコースは肉は食べやすいように最初からカットされていたが、今回は自分でカットするステーキ。
 
焼加減も何時もの如く、ミディアムレアでばっちし。この日も別途、岩塩が用意されていたが、ステーキソースがたっぷりかかっていたので、そのままステーキソースでいただきました。
 
     
デザートはこんな感じ。フレンチの最後のお楽しみってとこで・・・。
 
食後に私はミルクティーをいただいたのだが、お茶菓子?も付いていた。
 
てなことで、結構、豪華で見た目も綺麗な料理の数々であったが、これは別に同級生でサービスをして貰ったわけでは無い。普通にランチを頼めばこれだけの料理が出て来るので、ぜひ、みなさんぜひ、お出掛け下さいませ。私もまた管理人さんを誘って行ってみたいと思う。その時は、ちょっと我がまま言って、何かおまけしてもらおうっと!

2008年2月25日

和歌山中華そばの西の横綱・・・。でもカップ麺。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 11:11 PM
 
代理人記録
 
和歌山らーめん、和歌山中華そばと言えば先に紹介した井出商店が全国的に有名だが、その井出系とは別に、車庫前系と言うのがある。その元祖、と言うか、そもそも和歌山中華そばの元祖とも言われているのが、本家アロチ 丸高中華そばなのだ。
 
昨年の今頃にどっぷりと浸かった和歌山生活の中でも、当然の如く食べに行った「丸高」のカップ版がコンビニに売っていたので、買ってみた。(ちなみに「丸高」の支店が三ノ宮にもある。当然、そちらにも行った。後、丸高を頂点とする車庫系の和歌山中華そばのお店には屋号に「丸」の字が付く店が多い。私が昨年、何軒か廻ったお店にも、丸の字が付くお店が多かった
 
こちらが本家アロチ 丸高中華そばカップ版。このブログでも定番となった十勝新津製麺製のカップ麺だ。
 
中身も十勝新津製麺製定番の麺にレトルトの具とスープ。それらとは別に胡椒のミニ袋が付いているのは和歌山中華そばには最初から胡椒が入っているのを再現する為?不断、ラーメンを食べる時は胡椒を入れない派なのだが、貧乏性なんで、今回は胡椒も入れて食べてみた。
 
完成した様子はこんな感じ。きっとパッケージを見ずに、このカップラーメンだけを食べて「丸高中華そば」だと当てれる人は、ほとんど居ないのでは無いか?と思うぐらい、十勝新津製麺定番の麺と具と味だったような気がする・・・。
 
てな事で、久々の「本家アロチ 丸高中華そば」であったが、やっぱ本場の味とはちょっと違う。ちなみに三ノ宮店も私が行った時は深夜に近かったにも関わらず結構流行っていたが、味的には微妙で、やっぱ本場・和歌山のお店の方が美味しい。序でに付け加えるならば「アロチ」とは和歌山の繁華街を指す言葉で「新地」の発展系だと云われているはず・・・、で、アロチにある丸高が本家・・・、って事で本家アロチ丸高と呼ぶようになっている。そんな訳で、和歌山へ行くと丸高と言う名の中華そば屋があちこちにあるのだが、実際に食べに行く時はアロチ店へ行くのが正しい。(はず)

今日は米アカデミー賞の日だった。でも何か地味・・・。

Filed under: 未分類 — 代理人 @ 10:47 PM
 
代理人記録
 
先日、日本アカデミー賞の模様がTVで放送されていたが、今日は元祖、アカデミー賞の発表式。日本のアカデミー賞は特に芸も無い、淡々とした授賞式だが、米アカデミー賞は、色々な趣向が凝らされていてTVショーとして見ても面白いし、何よりプレデンターや受賞者のウィットに跳んだコメントが、面白いのだ。この辺りは国民性の違いで、日本の俳優はまじめなコメントが多いが、米の俳優さんは、まずは客を楽しませるスピーチをするので、聞いていて楽しいのだ。
 
と言いつつ、今年はWOWOWの独占中継為、今日は観る事が出来なかったが、近々、どっかのチャンネルで総集編でも放送があれば、ぜひ見て欲しいと思うのであった。(WOWOWでは総集編も放送予定に入っているのだが・・・。)
 
ちなみに、今年のアカデミー賞は大作が少ないし、何か地味な作品ばかりな気がする。元々、私の好きなSF映画やアクション映画ってのはアカデミー賞とは縁が無く、かのスピルバーグですら大ヒットを連発していた頃ですら、ノミネートさえ、されなかった。そんなわけで、個人的にはアカデミー賞自体はあまり好きでは無い
 
ってか、最近は歴史に残る映画が少ないし・・・。先日、新聞に載っていた、アメリカ人の大好きな映画の第一位は定番の如く「風と共に去りぬ」だったし・・・。まあ、あの映画が出来た頃が、映画業界にも夢があって一番乗ってた頃かも知れない。歴史に残るようなスターも多かったし。もう一度、映画史に残るような映画の登場を期待したいものだ・・・。

2008年2月24日

黒豆カステラ。これが意外と旨い!でもサイズでかい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:13 PM
 
代理人記録
 
法事用のお供え物などを買いにヤマトヤシキ加古川店に行った。地下の和菓子専門店街を散策していると目に入ったのが、本高砂屋の「重ね蒸カステラ黒豆」と言うお菓子。姉曰く、前に食べたけど、凄く美味しいとの事。私は食べた記憶が無かったので、興味津々。近所に配るお返しに買おうと思ったら、在庫数が10個も無いとの事。それなら、我々の分だけ・・・、って事で3個だけ買って帰った。
こちらが本高砂屋の「重ね蒸カステラ黒豆」売り場の様子。公式サイトに寄ると
 
ふっくらした黒豆がたっぷり入った贅沢な食感

浮島生地の表面に黒豆をたっぷり散らし、小豆の粒を生かした羊羹を挟みました。
ふっくらした黒豆の食感と餡の風味をお楽しみください。
と言う事らしい。
 
パッケージはこんな感じ。写真では大きさが判り難いが、サイズは結構でかい。
 
中身はこんな感じ。名前の如く黒豆がふんだんに入っている。生地は昔懐かしい蒸しパンを、しっとりとさせたような感じで、食べても蒸しパンの食感がある。真ん中の羊羹はちょっと甘めだったけど、生地が甘ったるさを押さえ黒豆のアクセントもあってとっても美味しかった。ただサイズがでかいので1個食べると結構、お腹一杯になるぐらい。気持ち的にはサイズを半分にして値段も半分にして欲しい・・・、気がする。
 
何れにしても最近食べた和菓子の中ではダントツに美味しかったので、行き成り私のお気に入りの一品に仲間入り。何れ、機会があれば管理人さん邸にも買って持って行くとしよう!

2008年2月23日

以前行ったイタリアンのお店はアジアン化してました。

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:06 PM
 
代理人記録
 
王将加古川店近くにあるオムライス専門店に行く事になったのだが、行ってみたら、何とお店が改装中。だったら何処へ行こう?って事になって、そこから直ぐ東にある二年ほど前に行った事があるイタリアンのお店に行く事に・・・。
 
こちらがそのお店「SENCAM」。以前はイタリアン専門のお店だったのだが、その後、東加古川で奥さんがやっていた?アジアン料理のお店と合体したそうで、今はアジアン&イタリアンのお店になっている。
 
アジアン&イタリアンのお店になった事で、ランチメニューも以前とは全然違う。ただ全メニュー共、パスタかグリーンカレーがメインになっているようで、そう言う意味ではメニューの種類は少ない。私は物目ずらしも手伝って、本日のお薦め料理3品が付く、ワンプレートランチ、1280円を注文。メイン料理はタイ風グリーンカレーをチョイス。
 
ワンプレートランチはこんな感じ。タイ風グリーンカレーランチに280円プラスで3品付いてるって感じ?でお得感はある。(と言うか、グリーンカレーのランチはサラダやドリンクが付いてると言っても1000円はちょっと高いかも?)
 
タイ風グリーンカレーはこんな感じ。もっとグリーン色?してるのかな?と思っていたけど、それほどでも無い。カレーは御覧の通り、シャバシャバ。具は筍を中心に色々と・・・。ご飯の上に乗ってるのは中華に良くある揚げ物。カレー自体は悪く無い味。それなりに美味しいかった。
 
こちらはやしの葉に包まれたチキン。マンゴチリソース?ってのが付いていた。ちょっと変わった一品だったけど、、味的にはチキンだったかな?
 
こちらもチキンっぽかった。料理の説明を受けたのだけど、すっかり忘れてしまったので・・・・、すんません。
 
こちらは良くある一品。見た目通りの味だった。後、一品、あさりを焼いたような物も付いていた。
 
最後のデザートは、バナナの天ぷら?ちょっと変わった一品だけど、でも、やっぱバナナだったかな?
 
セットにはドリンクが付くのだが、100円プラスしてマンゴージュースに変更。普通に美味しいマンゴジュースだった。
 
お水にも拘りがあるようで、前回訪問時と同様、このようなボトル(ビン?)に入った状態で提供してくれた。
 
てなことで、値段は兎も角、珍しい料理の数々だったし、そこそこ美味しかったので、まあ良かったかな?
 
ちなみに、二年ほど前に行った事時に食べたランチはこんな感じ。メインのパスタの他、小鉢風の一品料理が10種類ほど付いていて、中々楽しかった。きっとこらだけの料理を用意するのが大変なんで、数を減らした今のランチになっているのでは無いかな。

2008年2月22日

時々行く、サザンプラザ加古川のうどん屋さん・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 11:25 PM
 
代理人記録
 
4年ほど前にオープンした加古川サザンプラザと言えば、一度、管理人さん一家と食べ放題のお店に行った事があるが、あのお店を含め、飲食店の入替りが激しい。確か、オープン当初からあって未だに続いているお店は私の好きなラーメン屋「来来亭」ぐらいでは無いかな?
 
で、確か一年半ぐらい前にオープンしたのが「手打免許さぬきうどん・琴」と言うお店。オープン直後から何度か行った事はあったのだが、印象的には極々普通のうどん屋さんって事で、今迄このブログでも紹介した事は無かったが、ネタ不足って事もあってちょっとご紹介。ここ1、2ヶ月バタバタしてたので、ちょこちょこ利用してたのだった。
 
こちらがそのお店「さぬきうどん琴」。一見するとあまり目立たない小さなお店に見えるが、店内は意外と広く、座敷やテーブル席や個室風になった部屋等もあり、想像していた以上に広い。手打ちうどんの看板通り、店内で麺を打つ姿も見れるようになっている。
 
今回食べたのは、うどん屋さんの冬の定番メニュー鍋焼うどん。普通の鍋焼きうどんにすると、天ぷらが入って無いような気がしたので、実際に注文したのは上鍋焼うどん、1100円也。上ではあるが、見た目は普通。具は期待通りの天ぷらや生卵、それに牛肉など。高砂近辺の鍋焼うどんの定番の具である、焼穴子や鶏肉等が入って無かったのはちょっと残念。値段と具を考えるとちょっと割高感があるかも。
 
味も至って普通。手打ちうどんだが、それほどのコシは感じられない。出汁は美味しい方だけど、特別旨い!って言うほどでは無い。内容、値段を考えると高砂・荒井にある喜両由の方が上かも。ただし、この店も、定食やら丼やらカレーやらおでんやらと、メニューの豊富さでは喜両由に負けるとも劣らない量なので、次回は、定食メニューでもせめてみようかなと思うのであった。

2008年2月21日

和歌山中華そばと言えば井出商店。今回は冷凍版・・・

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 10:10 PM
 
代理人記録
 
思えばちょうど一年前の今頃は、どっぷりと和歌山生活・・・。そんな中、唯一の楽しみが和歌山ラーメン巡りだった?和歌山ラーメンと言えば、その代表格が井出商店。私は、和歌山本店に二度、管理人さん一家と大阪へ行った時に井出商店・道頓堀極楽商店街店に一度、行った事があるし、それ以外にもお土産用の生麺やら、袋入りインスタント版なども食べたのだが、今回はコンビニで売っていた冷凍版だ。
 
こちらが冷凍版・井出商店の和歌山中華そば。和歌山ラーメンと言えば、車庫前系と井出系に大別されるのだが、この分類の仕方を見れば判るように井出商店は和歌山ラーメンの代表格となっている。(そもそもは横浜のラーメン博物館への出店が大きいのだが・・・。)
 
冷凍版ってことで、このままガスコンロにかけるだけ。水の追加も不要なので、味的にはカップ版やインスタント版に比べて限り無く本物に近い味が再現出来る・・・、はず?
 
完成した井出商店・和歌山中華そばはこんな感じ。味的には、こんなんだったかなあ、と言う印象。まあ、このブログでも何度も書いたけど、個人的には井出商店の中華そばはそんなに美味しいラーメンだとは思っていない。実際、和歌山でも、この店より美味しい店が何軒もあったし、中華そばと言えば、播州らーめんの方が私の好みにあっているし・・・。
 
てなことで、井出商店冷凍版の中華そばであったが、お手軽度は、お土産用の生麺タイプよりは遥かに調理が簡単。具も付いてるし、味もお店の味に近いはずなので、和歌山中華そばに興味にある方は、一度、お試しあれ。

2008年2月20日

長崎物産展で遂に佐世保バーガーを買った!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:55 PM
 
代理人記録
 
数年前から長崎物産展とかで目にして気になっていたのが佐世保バーガー。元々は、アメリカンバーガーで、マクドのようなお手軽サイズでは無く、フォークとナイフが要るような巨大なハンバーガーだ。大阪や神戸辺りでは、このアメリカンバーガーのお店がちらほらあったりするのだが、中々行った事が無い。(ソフマップ神戸店がハーバーサーカスの中にあった頃、その一階辺りにもアメリカンバーガーのお店が出来たのだが、私が食べに行こうと決意した時点では既にお店は無くなっていた事がある。)
 
そもそもアメリカンバーガーを食べたいと思っても一番、躊躇してうまう要因がそのお値段。確かにサイズはデカイのだが、大体一個1000円前後。ハンバーガー一個に中々そんなお値段は出せねえぜ!と思っていたのだが、今回はブログネタって事で、ちょっくら思い切って買ってみる事に。
 
買いに行ったのは、例に寄って、先日まで行われていたヤマトヤシキ加古川店の長崎物産展で出店して佐世保バーガーログキットと言うお店。地元では結構有名なお店らしい。確か、ここ数年開催される長崎物産展(加古川&姫路)で、毎回出店しているのでは無いかな?ただ、一度に作れる数が20個前後で、一回作るのに約15分。そんなわけで、列に並んでから購入出来るまでに大体30分はかかる。
 
待つ間、ひたすら厨房で作っている様子を眺める事になる。この日は物産展の最終日の夕方って事もあって、私が並んで居る間に、この日、用意していた分は底が着いたようで、後の方の人は、買えなかったようだ。(ちなみにお土産用に一人で、5個とか10個とか大量に買う客が居る為、列の人数以上の個数のハンバーガーが売れるのだ。)
 
お店の前に置かれた巨大な見本。確かにデカイ。値段は一個、860円也!当然、ポテトもドリンクも付いて無い、単品の値段だ!。大きさ、値段共、マクドのメガマック如きの比では無い
 
     
買って直ぐに食べたかったのだが、食べる場所が無いので、取り合えず帰宅してから食べる事に。その為、若干冷めてしまったので、ちょこっとだけレンジでチンして食べた。上の写真ではお皿の大きさも判り難いので、実際の大きさが判り辛いかも知れない。
ログキットの公式サイトに寄ると、
 
100%ビーフパティに厚切りベーコン、半熟卵、チェダーチーズ、レタス、トマト、オニオンに自家製マヨネーズソースをたっぷり使った1番人気メニュー!レギュラーサイズは直径15センチ以上重量500gのボリューム
 
って事で、実際は約18cm位あったかな。
 
     
食べる前にちょこっと中身をチェック。厚切りベーコンやら、目玉焼やら、具はたっぷりで、大きさ以上に中身も詰まっている感じ。
 
思いっ切りかぶりついて横から見た様子はこんな感じ。確かに食べ応えがある。それに、確かに旨い!大きさだけでは無く、ハンバーグもソースもその他の具も、何もかも美味しい。マクドやロッテリアの数倍は旨い。流石、一個860円もするわけだ。値段に躊躇していたが、この味、このボリュームならまた買ってみてもエエかな。今度は、どっか、ちゃんとしたお店の店内で食べてみよっと!
次ページへ »

WordPress.com Blog.