義史のB型ワールド

2008年4月30日

例の元同級生のお店でフォアグラディナー!みんなで行こうね!

Filed under: グルメ — 代理人 @ 12:19 AM
 
代理人記録
 
ちょっとしたお祝い事の催しで、またまた元同級生H君がオーナーシェフを務めるお店「ポム・ココット」に行って来た。以前、同窓会の会場として使われた事もある、管理人さんも良くご存知のあのお店である。
 
写真に写っているのは・・・。
こちらがそのお店「ポム・ココット」。お洒落なフレンチのお店だ。今年に入って既に3回目の訪問。最初は「日替りランチ」、二回目は「ランチCコース」とランクアップして来たのだが、今回はフォアグラに釣られて、ちょっと豪華なディナーを食べる事に。写真は撮らなかったが、お店に入るとちょっと髭を蓄えて貫禄も出て来たH君がお出迎え。シェフも結構、気合入ってま。
 
 
アミューズ
     
まずはアミューズ。えっと・・・、ちょっと上に乗ってる具材は忘れてしまったが、美味しい一品でした。
 
 
オードブル
   
続いてオードブル。貝柱の上にはウニがトッピング。サーモンの下はメロン。小魚はあまご?みたい?。
 
 
野菜のスープ
この日のスープは野菜スープ。スープも毎回毎回、内容が違う。毎度ながら色々と考えられるもんだねと、ちょっと感心。
 
 
魚介のサラダ
   
サラダは魚介のサラダと題し、海老にサーモンにタコやら穴子?を使っていて、さながらもう一品のオードブルのよう。フルーツ何かも入ってました。
 
 
フォアグラのソテー
   
そして今回のディナーコースで個人的に一番お楽しみにしていた「フォアグラのソテー」。ここ最近でも、「フォアグラ丼」、「フォアグラ入り親子丼」、「フォアグラ三昧」と食べて来たが、フルサイズ?のフォアグラを食べるのは久々かも。上にはイチゴやエリンギ?とか乗っていて、見た目も美しく仕上がってますねえ。ますます期待が膨らむ!
 
 
まずは一口。肉厚もあり、食べ応え十分で、口の中でふわっと蕩ける感じがたまりません!フォアグラの下にはキャベツを煮込んだような物と、更にその下に鴨ロース肉のような物がひかれていて、そちらも美味しかった。フォアグラ本体も然る事ながら、ちょっと甘目のこのソースが、これまた旨い!フランス料理はソースで食べる!と良く言うが、H君は一体、どこでこんなソースの作り方を覚えて来たんでしょね。今度、じっくりとお話を聞かせてもらいたいもんだ。
 
 
オマール海老のロースト
ちなみに、今回のディナーコースでは「フォアグラのソテー」か「オマール海老のロースト」が選べるようになっていた。私は当然の如く、「フォアグラ」をチョイスしたが、「オマール海老」を食べた方々も凄く満足のようだった。今度は私も「オマール海老のロースト」を食べてみようかな・・・。
 
 
牛ロースステーキ
   
メイン料理は当然の如く?肉料理を選択。この日は牛ロースのステーキだ。ある意味定番中の定番とも言える一品であるが、ご存知の通り、肉好きな私には欠かせない一品でもある。ちなみに写真には写って無いが、対面どうしの皿の色が違っていて、細かい所にもシェフの演出(H君の技とセンス?)が施されていたような感じだった。
 
 
ステーキの焼き具合もこんな感じでバッチし。食べやすいように最初からカットされている。お肉も柔らかくてジューシー。ちょっと前に食べた仙台牛のステーキよりも美味しかったかも。
 
 
デザート
     
デザートも何種類かの中から好きな物が選べる。私が食べたのは左上の「シェフお薦めのデザート」。私の好きな抹茶アイスとゴマを使った・・・、プリン系の何ちゃら・・・。色々と凝ってますねえ。
 
 
食後のコーヒー
     
食後のコーヒーに、お茶菓子も付いて、フレンチのフルコースとしても完璧。ご馳走様でした。
 
てな事で、常連客になりつつ私であるが、帰り際、オーナーシェフのH君と、ちょこっとだけお話をしたのだが、例に寄って話題に出て来るのは某S嬢。何か我々同級生の集まりの輪の中心に必ず彼女が居るような気がしないでも無い。次回、高校の同窓会をやる時は、再びこのお店でやるような話になっているとか、居ないとか。それは兎も角、一度、ゆっくりとH君本人の解説を聞きながら料理を味わってみたいもんだ。ぜひまたフォアグラも食べに行ってみたいし。願わくば、ランチタイムにお手軽にフォアグラが食べてるメニューがあると嬉しいのだけど・・・。
 
ぜひ、また管理人さん達とお食事に行ってみたいと思うのであった。(何か前にも書いたような・・・。)
広告

2008年4月29日

姫路菓子博

Filed under: さりげない我家の風景 — 代理人 @ 11:26 PM
 

姫路菓子博に行って参りました。
せっかく近場で大きなイベントやってるんだから参加はしないと。
実はチケットを頂いたもので、Nちゃんと4人で行ってきました。
 
 
いざ入園してみると人人人・・・
悪評はけっこう耳にしていたものの、人の多さに大変。
60分120分待ちは当たり前。しかも暑さと砂ぼこりにうんざり。
こんな行列がいたるところに。
 
 
そんな中でも待ち時間の短めを我慢して入館。
これはチョコレート火山。
 
 
パンのアートだそうです。
 
 
これはパンのエッフェル塔
 
 
こちらはお菓子で出来た日本丸。
 
 
お菓子の大地球儀。
 
 
そんな中、テレビチャンピオン以上の和菓子の芸術品にはビックリ仰天。
撮影禁止のため画像はありませんが感動モノでした。
 
とにかく人気館は大行列。
じゃ、後で・・・と思ってたら、早々に拝観終了となったり、
入館人員整理のためのジグザグコースにへとへと。
ぐったりの一日でした。

神戸のホテルで仙台牛のステーキ!その他、仙台づくしだあ!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 12:54 AM
 
代理人記録
 
甥っ子を神戸空港へ迎えに行った後のお楽しみは、神戸で食べるランチ。今回も事前に調べておいた候補の中から、佐賀牛か仙台牛を食べる事に。佐賀牛の場合、ステーキのみで、仙台牛ならプチコースになっているので、最終的に仙台牛を食べれるお店を選択。
 
   
こちらが今回行った、神戸メリケンパークオリエンタルホテル14Fにあるステーキハウス「オリエンタル。最上階のレストランって事で、ちょっと高級感が漂っている・・・。
 
今回食べたメニューはこちら。特選銘柄牛フェアと題し、ただ今は仙台牛が食べれるとの事。「JA全農みやぎ」のロゴもあるし、本物の仙台牛なんだろう・・・。ランチ限定メニューで、5250円也
 
 
ホタルイカと春野菜
ステーキを焼き始める前に運ばれて来たのは、前菜の「ホタルイカ春野菜」。その昔、京都に住んで居た頃、月一回、金沢に行っていたのだが、その時、良くホタルイカを食べて居た。それ以来、結構ホタルイカ好きになったのだが、やはり金沢で食べて居たホタルイカほどでは無いにしろ、美味しいホタルイカだった。そう言えば、昨年の和歌山でも何度か食べたっけ・・・。
 
 
ホタテ貝柱の海鮮スープ
     
続いて運ばれて来たのはコーヒーカップほどのサイズの「ホタテ貝柱の海鮮スープ」。このスープが凄く旨かった。ホタテ貝柱を初め、多分、本物?のフカヒレもたっぷりと入っていて、量は少ない物の最近食べたスープの中ではダントツに美味しかった。ぜひまた食べたくなるようなスープだった。
 
 
季節の焼野菜
     
そうこうしている間に、目の前では野菜が焼かれ始めた。右側の写真は14Fから見える窓の外の景色。ちょうどモザイク周辺からその向こうの神戸港辺りが見える。夜だともっと綺麗かも。
 
 
メバルのソテー 桜ソース
   
焼野菜の後は、明石産のメバルを、これまた目の前で焼いた「メバルのソテー ソース」。焼いている途中にメバルの皮だけ外し、皮もパリパリになるまで焼いてメバルの上に盛り付けられてる。魚好きでは無い私が食べても、まあ美味しく食べれる焼き魚?だったかな?
 
 
オリエンタルサラダとステーキ付けダレ
メバルを食べてる間に用意されたステーキ用のワサビに辛し味噌。写真には写って無いが、他にポン酢とステーキソース。それに岩塩が二種類。こんなに一杯付いて来なくても・・・、と言う気がしないでも無い。ちなみに一緒に写っているオリエンタルサラダは割りと普通のサラダだった。
 
 
仙台牛 フィレ&ロースステーキ
何やかんやと食べている間に目の前で焼かれていく、仙台牛。中々良さそうなお肉だ。一人、100gしか無いのが、ちょっと残念なくらい。ちなみに今回はフィレとサーロインが半々だったので、シェフが気を利かせて、全員とも両方食べれるように配分してくれた。
 
 
こちらがお皿に盛り付けられた仙台牛のフィレ&サーロインのステーキ。手前がサーロインで向こう側がフェレ。中々旨そうだ。付け合せのガーリックチップと岩塩2種が付いている。
 
 
     
焼き方も何時ものようにミディアムレア。これまた完璧で、お肉はフィレもサーロインも見た目通り、どちらも柔らかくて美味しい。もう何も言う事はありません!お肉の後、モヤシも焼かれてお皿に追加で盛り付けられた。モヤシは・・・、モヤシだったけど・・・。
 
麦とろ御飯
仙台牛フェアの最後は、麦とろ御飯。私は、25年ほど前、新入社員一年目の冬に初めて行った仙台で、ご馳走になった牛タンに付いていた麦御飯を食べて以来、麦御飯にも結構うるさいのだが、この時の麦めしは御飯が冷めていた事もあって、はっきり言ってイマイチだった。ステーキまでは、ほぼ完璧な料理だったのに、物凄い落差のある麦めしだった。実は御飯物は、追加料金でガーリックライスやドライカレーに出来ると、やけに進めていたのは、麦とろ御飯に自身が無かったからなのかな?と後から思ったほどだった。
 
ちなみに仙台牛タンと言えば、牛タンとテールスープ、それに麦御飯が黄金の三点セットになっている。通はそこにお漬物が加わるのだが、関西では中々、本物の仙台牛タンが食べれるお店が少ないのが残念でならない。
 
 
桜のアイスクリーム
当然、コースにはデザートも付いてて、運ばれて来たのは見た目も綺麗に盛り付けられた「のアイスクリーム」。つぶつぶの何かが入っていて、美味しいアイスクリームだった。
 
 
エスプレッソ
食後にはコーヒーも付いていて、何時もながら、大満足な神戸のランチだった。
 
ちなみに佐賀牛フェアは、ハーバーランドのホテル・ニューオータニ神戸のレストランだったのだが、こっちのホテルを選んで正解だったかな?流石に神戸のホテルは姫路や明石のホテルより一味も二味も違うし、その割にリーズナブルなので、神戸まで足を運ぶ価値は十二分にあると思うのであった。次回は、お盆の季節に行く事になる?その前に伊勢海老食べに行くかも・・・。

2008年4月28日

行列の出来る・・・、家具屋で、飲食メニュー・・・。

Filed under: 観光 — 代理人 @ 10:39 PM
 
代理人記録
 
長蛇の列に並んでまで入った「IKEA(イケア)」神戸ポートアイランド店だが、やはりB級グルメを扱う当ブログとしては、食べ物関係の話をレポートしないわけには行かないでしょ。と言いつつ、大したネタは無いのだけど・・・。
 
1F入口を入って直ぐ東側には輸入食品売場があった。雰囲気、スウェーデン産のサーモンやキャビアの缶詰とか燻製とか、何かそんな関係の物が多数。クッキーとかそんなんもあったけど、特に私の気を引くような物は無かった。
 
こちらも1Fにあったファーストフード風のホットドッグコーナー。一見すると極普通のフードコートっぽいのだが、値段が安い。ホットドックとドリンクのセットで180円。しかもドリンクは飲み放題だそうだ。
 
こちらがメニュー。ホットドッグ単品で100円。ドリンクも単品で100円で飲み放題。セットだと180円でドリンク飲み放題。ランチの予定が無ければ思わず、食べてしまっていたかも知れないが、この時ばかりは後の事を考えて我慢我慢。
 
こちらは2Fにあったレストランのメニュー。何と無く、1Fで売っていた輸入商品の食材だけを使って出来るような料理ばかり?と言う気がしないでも無かったけど、お店自体は結構、流行っていた。って、並んでまで入って、何でレストランに入ってんねん!と思ってしまったのは私だけ?
 
てな事で、ランチの予定が無ければ、ホットドッグのセットに、レストランでカレーとかを食べていたような気がするけど、今回は何も食べずに家具屋さんを出たのだった。次行く事があれば・・・、でもやっぱ、折角、神戸まで行ったら、他のお店に行くだろうなあ・・・

行列の出来る・・・、家具屋。開店前から並ぶかあ・・・。

Filed under: 観光 — 代理人 @ 10:15 PM
 
代理人記録
 
東京から甥っ子が帰省すると言うので、またまた神戸空港まで迎えに行く事に。すると甥っ子の母が、どうせ神戸空港へ行くのなら、ポートピアランド跡地に出来たスウェーデンの家具屋さん「IKEA(イケア)」に行きたいと言い出したので、一緒に行って来た。
 
こちらが「IKEA(イケア)」神戸ポートアイランド店。この角度からでは全然見えないが、オープン時間前なのだが、1F入口前には長蛇の行列があった・・・。お店自体は4月中旬にオープンしたので、特にこの日に特価品がある訳では無いのだが・・・。
 
こちらは神戸空港へ行く前に寄った3Fの入口の様子。開店30分前なのだが、ここでも既に数百人の行列が・・・。まるでディズニーランドとかUSJのアトラクション待ちの行列の如くであった。
 
甥っ子を神戸空港で広い、再びIKEAに・・・。丁度、開店時間だったのだが、3F入口の行列はますます長くなり、我々が並んだ後も、続々と人がやって来る。とても家具屋?の入場待ちとは思えない。そんじょそこらのコンサート会場よりも遥かに人が集まってる。後から気が付いたのだが、3Fの入口が一番混んでいたようで、4Fとか5F入口の方が空いてたかも。ちなみに各階から入っても、最終的には1Fの入口まで降りて行く事になるので、何階から入っても結局同じなんで、今後行く人は、上階の入口を狙った方が列の長さは短いかも。
 
行列は長かった物の、開店前から並んだって事もあってか、オープンから10分ちょっと、割りとスムーズに店内に案内された。お店に入って直ぐに目に付いたのが、何か子供が遊べるような、それこそどっかの遊園地のアトラクションのようなブース。客にファミリー層が多かったのは、こう言った施設があるからか?しかし、何で家具屋にこんな施設が必要なんだろ?
 
     
メインの家具売場は2Fにあるのだが、何と無く凄い人出でごった返してるようだったので、我々は順路逆行で1Fの売場へ行ってみる事に。そこは一見すると倉庫なの?と思うような、超巨大なホームセンターの様相。とても手が届きそうに無いような位置まで、沢山の商品が置かれている。台車必須で買物しなかればなら無いような感じだった。
 
     
2F家具売場は、もの凄い人で、ゆっくり商品を見る雰囲気でも無いし、そもそも私と甥っ子には家具への関心は薄い。我々が一番気に行ったのは、雑貨コーナーのヘビのクッションとか、一見するとゲートウェイの牛柄にも見えるIKEAの紙袋?みたいな物だった。そんなわけで家具コーナーの様子を撮った写真が一枚も無いのだが、それはそれはとても広い家具屋さんだった。値段は良く判らんかったけど、一応、上の写真にもあるようにロープライスが売りのお店のようだ。
 
こちらは近くのホテルで食事をした後のIKEA1Fの入口の様子。午前中、一旦は無くなっていた、待ち行列であったが、再び長蛇の列で出来ていた。雰囲気、入場制限が設けられているようだった。お店近くには「○時間待ち」の看板を用意する警備員の姿もチラホラ。そこまでして、家具屋に行くかなあ・・・。ちなみに、この近くにあった、超巨大ホームセンター「ムサシ」ポートアイランド店?はオープンして1年ちょっとで、既に閉店していた・・・
 
ちなみに公共交通機関利用の場合は、三ノ宮駅から「IKEA(イケア)」ポートアイランド店までの送迎バスもあるようだ。1Fの行列はこう言った電車やバスを使って来たお客さんなのかも・・・。
 
それにしても超巨大な家具屋さんではあったが、長蛇の列に並んでまで入るほどの価値があるとは思えない気がしたけどなあ・・・

2008年4月27日

じゅうべえと言う名のお好み焼き屋。トマト入ってます。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:46 PM
 
代理人記録
 
ランチにお鮨を食べに行こうと加古川の某鮨屋に行ったのだが、残念ながら定休日。一気に気分は消沈し、もう何でもエエや、って事になり新規開拓すべく、先日行ったら改装中だった明姫幹線沿いの王将近くにあったオムライス店お好み焼き屋さんに変わったと言う事を耳にしたので、その店に行ってみる事に。
 
こちらが以前、オムライス屋だった後に出来たお好み焼き屋「じゅうべえ」。外から見ただけでは看板を付け替えただけで、基本的には、元のオムライス屋さんの時と変わって無いように見える・・・。
 
店内はこんな感じ。以前のオムライス屋には結局一度も行けなかったので、店内が以前と同じなのかどうかは私には判りません・・・。
 
お店入口にはランチメニューを初め、基本メニューを書いた黒板がお出迎え。
 
     
基本メニューはこんな感じ。パッと見、割りとオーソドックスなお好み屋さんのメニューのようだ。
 
オープンして間も無いと思うのだけど、何故か「新メニュー」が既にあったりもする。
 
ランチメニューはこんな感じ。お好み焼き屋なのに、何故か石焼ビビンバとか日替り鍋とかあるのがちょっと不思議。
 
まず一品目は定番の焼きそばから。ソース焼そばなのだが、ちょっとソース控えめ。テーブル席に用意されていた甘目のソースを若干追加して美味しくいただけました。麺は自家製麺では無く、市販品のような麺だったのがちょっと残念。
 
     
二品目は、新メニューとやらに載っていた「国産やわらか豚トロ」。トマトソースとかもあったのだが、とりあえず無難にタレを指定。ビールが飲みたくなるような一品だ。タレ焼きかと思っていたのだが、タレは別に付いて来た。ただ、このタレは結構濃い味。その為、ちょっと付けただけで、豚の味よりタレの味が強くなってしまう。無難に塩焼きで注文した方が良かったかな
 
近頃、明石のステーキ屋のガーリックライスがお気に入りになっている事もあって、御飯物は、ガーリック焼き飯(しょうゆ味)を注文。〆のつもりだったが、メインのお好み焼きより先に運ばれて来た。しょうゆ味ってことで、中華屋さんの焼飯っぽい味付け。流石にステーキ屋さんのガーリックライスと比べると、何だが、まあ普通に美味しい焼き飯だったかな?
 
メインで頼んだお好み焼きは結局、最後に運ばれて来た。注文したのは、10種類の具が入ったミックス焼きとも言えるじゅうべえ焼き。真ん中に玉子の黄身がどーんとトッピングされているのは一目瞭然であるが、お好み焼きの上に何やら赤い色したものが・・・。よくよく見れば何とトマト!お好み焼きにトマトはちょっと珍しい?もしかすると、ここのシェフは以前やっていた、オムライス屋さんと同じ?
 
10種類の具は、このトマトと玉子の黄身を始め、豚肉、ジャガイモ、もち、イカ、海老、ネギ・・・、後はタコとニンニクチップかな?海苔は具のうちなのかどうか不明。トマトは若干冷たいままだったけど、まあ、違和感無く、あるいは今迄食べた事の無い風味で、普通に食べれた。それ以外は、至って普通にお好み焼きって感じではあったけど、とろとろふわふわ感もあって、中々美味しいお好み焼きだったかな?ヤマダ電機向い側にある「わらい」よりはこちらのお店の方がお薦めかも。

ノビル

Filed under: さりげない我家の風景 — 代理人 @ 12:55 PM
 

報告がおそくなりましたが、
先日、30番さん家に行った時にたんまりと「ノビル」を収穫してきました。
 
 
大量のノビル
 
掃除して湯がくとこんな感じ
 
酢味噌で頂きました。
やっぱり日本酒が合いますか。
 
今回湯がきすぎでなんだか玉ねぎみたいな味になったので
後日あらためて収穫してきました。
湯で加減に気をつけて、今度はビールで。
 
ほんの少し食べるのはいいけど、食べ過ぎると後で
口の中がモワモワします。
今が旬のようです皆様も如何。

2008年4月26日

焼肉ぶんかのタレは絶品!このタレだけ欲しいねえ。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:28 PM
 
代理人記録
 
法事で集まった親戚一同で、そのままサンモール高砂の西側の筋にある焼肉屋「ぶんか」へ行った。以前にも書いたが、高砂町民御用達の焼肉屋さんだ。個人的にはこのブログに度々登場すている「ぽるた」の方が好きなのだが、近くてお手軽に焼肉となると、昔からこのお店に行く事が多い。
 
ってことで、まずは塩タン。上では無く並。普通に美味しい?塩タンでおま。
 
続いてロースとアバラ。以前、上ロースを食べたけど、何か普通の方が美味しいような感じだったのでそれ以来、基本的に注文するのは並ロース。アバラも何と無く並ばかりになってしまってる・・・。
 
こちらはユッケ。他のお肉とどうよう普通に美味しい。
 
この焼肉屋さんの人気の秘密は何と言っても、このお店自慢の焼肉のタレでしょ。多分、この近辺の焼肉屋さんのタレの中ではダントツの一位かな?ただ、この日は何か何時もに比べて味が薄いと言うのかコクが無いと言うのか、ちょっと何時もと違うような感じがした。これは我が姉も同様な感想だったので、味が違ってたのは確かだ。偶々なのか、味を変えたのかは、定かでは無い。
 
ちなみにお肉を焼いてる様子・・・。まあ普通ですが・・・。
 
ずーっと前は、生キャベツが出てたのだが、最近はキャベツはサラダ風になっている。
 
〆はミニクッパ。こちらも以前は無かったが数年前から登場したミニサイズ。この店では石焼ビビンバや冷麺よりもクッパがお薦め。でもこちらも何時もの旨さが無かったような・・・。何かの味が一味不足してるような感じだった。
 
最近は、ぽるたや食堂楽へ行く方が増えたのだが、お手軽に、あるいは徒歩で行ける範囲にあると言う立地条件、何よりも時々食べたくなる絶品の焼肉のタレを求めて、お手軽に行ける心強いお店なのであった。

2008年4月25日

またまた一平!かつめしより、カツライスの方が人気かも?

Filed under: かつめし — 代理人 @ 10:18 PM
 
代理人記録
 
加古川名物かつめしが話題になる前から高砂市民にはお馴染みだった伊保の一平の「かつめし」。何度も書いてるが、高砂市民は長い間、かつめしは加古川名物では無く一平名物だと思っていた。私も学生の頃から定期的に食べに行ったり、持ち帰りしたりして食べている。そんな一平に、またまた行って来たのでご紹介。
 
このブログでもすっかりお馴染み?になった一平のお店。本業は寿司屋かな?ずーっと昔に、法事用のオードブルとかも買った事がある。また偶に、節分の頃の巻き寿司を買う事も度々あった。冬場には牡蠣フライも旨い!でもやっぱ、一平と言えばかつめしなのよね
 
三ヶ月ほど前に行った時は、無かったのか、気が付かなかっただけか、入口や店内の至る処、またテーブル席にも、何かの雑誌に載った記事の写真が張られていたり置かれていたり。お店の中で宣伝しなくても、一平のお店に来る人は既に知ってるって・・・、と思うのだが・・・。
 
ちなみに今回も私が食べたのはかつめしでは無く、通称「カツライス」と呼ばれるセット。御覧の通り、ビーフカツとライスのセットなのだが、これを常連の間ではカツライスと呼ぶのである。(確か、メニューにはビーフカツの単品はあるがカツライスでは載って無いはず。)ただ、ビーフカツの上には一平ご自慢のカツメシのタレが、かかっているのが、世間のビーフカツとちょっと違うところかも。
 
私が、わざわざ「カツライス」を注文するのは、カツメシにはボイルドキャベツが付くのだが、ビーフカツの場合、生キャベツだし、それに加えポテトサラダが付くから。値段的には「かつめし」より若干高くなるのだが、それでも生キャベツとポテトサラダの魅力は大きい?かな?
 
一平のかつめしのビーフカツは、これまたかつめしの王道とも言える薄く引伸ばされた肉厚。その為、しっかりと中まで火が通ってる。以前は、かつめしのタレのままで食べていたのだが、最近は、ちょこっとソースをかけて食べる事が増えた。今回もちょこっとソースをプラス。これはこれで、味が濃くなって旨い。はっきり言って、一平のビーフカツは肉の旨さと言うより、かつめしのタレと、ちょっと庶民的な油を使って揚げた衣にあるのかも・・・。
 
と言うわけで、高砂市民御用達(市役所勤務の客も結構来てる)の一平であるが、この日もかつめしでは無く、カツライスを注文しているお客が大半だった。女性陣は普通にかつめしだが、男性陣にはカツライスの方が人気のように思える。みなさんも是非、一平の「カツライス」をお試しあれ!

2008年4月24日

びっくりラーメンが麺屋五条弁慶に!お値段も390円に!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:17 PM
 
代理人記録
 
180円ラーメンで有名だった「びっくりラーメン加古川駅前店が「中華そば一番」に変わった事は先にお伝えしたばかり。では加古川尾上店はどうなったかと言うとこちらも新たなラーメン屋に衣替え、その名も「麺屋五条弁慶」って事で、早々、チェックしに行って来た。
 
こちらが「麺屋五条弁慶加古川尾上店。ずーっと前?この場所には「武蔵」と言うラーメン屋があったのだが、ほとんどの人が忘れている・・・、あるいはそんな店があった事すら知らなかったかも・・・。(隣のうどん屋と店内で一緒だったラーメン屋さんね。)
 
ちなみにこの店のお隣は、ご存知ラーメン屋「来来亭」加古川店。何故かここだけプチラーメン屋激戦区?になっている?
 
     
麺屋五条弁慶」のメニューはこんな感じ。メインの中華そば(醤油味)は一杯、390円「中華そば一番」より60円も高いぞ!しかも以前のびっくりラーメン180円(税込みで189円)から比べると200円ほど高い・・・、って言うか、倍以上の値段になってるやんけえ!しかも、オープンしたてって事もあってか、ランチタイムでもセットメニューは無い。全て単品メニュー。後、御飯系メニューにチャーハンが無い。唐揚げとかも無い。この辺りのメニュー構成は「中華そば一番」との差別化の為か・・・。その割に値段が高そうなのは何故?
 
で、まあ、初めてって事で無難に「中華そば(醤油)」を注文。
 
中華そば(醤油)」はこんな感じ。何と無く「中華そば一番」の中華そばに似て無くも無い。値段が高い分、丼に高級感がある?
 
麺が細麺と中太麺の二種類から選べるって事だったので、中太麺を選択。市販されてる中華そばの麺に近い食感の玉子麺風で、つるつるしこしこでまずまずの印象。スープは、中華そば一番と同様に和風・魚介系のスープになっている。限りなく中華そば一番のスープに近いような・・・。そうすると価格差60円は何?って疑問が浮かぶが、チャーシューは一枚だけながら、中華そば一番よりは分厚い物だったので、60円の価格差はチャーシューの差?なのかな?後はこの内容で390円ってのが許せるかどうか・・・。安いと言やあ、安いんだけど・・・、どうなんでしょうね?
 
     
セット物メニューが無かったので、御飯物で注文したのが「ねぎ味噌ごはん」、210円。何時ぞや、管理人さん邸のビアガーデン大会の際の「大人のネギ味噌おにぎり」を思い出すような一品だ。御飯の量は私には適量だったけど、ねぎ味噌自体は割りと平凡。もう一味何かが欲しい。昨年の和歌山旅行で買って帰った金山寺味噌の方が遥かに美味しい気がする・・・。
 
てな事で、まだリニューアル・オープンしたてって事もあり、今は隣の「来来亭」よりは「麺屋五条弁慶」の方が客の入りは良さそうだけど、180円ラーメンを支えていたファミリー層が、今までとの価格差を考えると今後どう流れるでしょうね。390円のラーメン!と考えれば安いのだけど、この日も御飯物を食べたので合計600円。中華そば一番同様、総合的にみると格安ラーメン屋って程じゃ無くなってしまったもんなあ・・・。
次のページ »

WordPress.com Blog.