義史のB型ワールド

2007年4月30日

豪快な骨付鶏。丸亀で有名なお店らしい。

Filed under: グルメ — 代理人 @ 10:38 午後
 
代理人記録
 
ネットサーフィンしてて偶然見つけてからずっと気になっていたお店がある。それは骨付きの鶏のもも肉を丸ごと一本食べるスタイルのお店。発見したのは板宿の「がやがや」と言うお店だったのだが、ルーツを辿ればどうやら四国の丸亀が発祥の地らしい。口上に寄ると、
 
創業1952年、四国・丸亀で生まれた骨付鳥。
骨付きのとりのもも肉をまるごと1本、コンガリ香ばしく歯ごたえ充分!
あふれる肉汁とスパイシーな味わいが口の中に広がる。
一心不乱にカブりつく、これが一鶴の醍醐味!
 
と言うことらしい。その「一鶴・心斎橋支店に先日、行くチャンスに恵まれたので、骨付き鶏を食べて来た。
 
焼くのに時間が掛かると言うことだったので、まずはビールのあてに牛スジ煮込みを食べてみた。
関西のどて焼きをイメージしてたのだけど、もうちょっと歯ごたえのある、まさに牛スジそのものだった。
 
そして運ばれて来たのが「一鶴」名物?骨付き鶏。種類は「おやどり」と「ひなどり」があったのだが初めての場合は、肉の柔らかい「ひなどり」の方がお奨めと言うことだったので「ひなどり」を注文。一本819円!安いのか高いのか、微妙なお値段かな。
 
で、紙エプロンを貰ってペーパーで骨をつかんでガブっとかぶりつく。その醍醐味は確かに楽しいのだが、タレが若干、辛め。鶏の肉はそれなり美味しいとは思ったが、タレは私の好みには合わない。もうちょっと甘めのタレの方が好きかな。あるいはケンタッキーフライドチキンのようなスパイシーさの方が好みかも。
 
ちなみに付け合せにキャベツが付いて来る。鶏の合間にキャベツをかじったり、キャベツでタレを救って鶏にかけたりご飯にかけて食べるらしい。
 
こちらは〆のご飯で注文した「とりめし」。鶏の炊き込みご飯で、味は若干あっさり目。これに好みで残ったタレを混ぜるとしっかりとした味わいになって、それはそれで美味しい・・・かったかな。
 
こちらは「とりめし」に付いて来たスープ。限り無く透明なスープではあったが、まさに鶏出汁と言う感じで中々美味しかった。「とりめし」にも非常にマッチしていたのは確かだ。
 
てな事で初めての「一鶴」の「骨付き鶏」を食べたのだが、期待が高かったせいもあって、若干肩透かしを食らったような気がしないでも無い。でももう一回行って今度は「おやどり」の方を食べてみたいかな?
 
ちなみに某I君&丸亀出身の嫁さんは、このお店&骨付き鶏は食べた事があるのかな?
地元で人気らしいけど、実際のところ、どうなんでしょ?
広告

噂のマイスター工房八千代の巻寿司食べた。素朴だけど確かに旨い!

Filed under: — 代理人 @ 9:28 午前
 
代理人記録
 
オバタリアンの間で結構、人気になっている八千代町マイスター工房巻寿司を初めて食べた。
 
 
何か、地元の素人のおばちゃん達の手作り巻寿司らしいのだが、これが凄い人気で、予約をして行かないと買えない位の超人気商品らしい。一度、私もドライブがてらに買いに行く予定があったのだが、叔母の体調不良でキャンセルになり買いに行けなかった事がある。今回は、姉が買って来てくれたのを貰ったのだった。
 
こちらがその「巻寿司」。特徴的なのが、結構、大きめのキュウリ。実際に食べてもそのキュウリの存在感は大きい。で、見た目通り、ご飯は少なめで具の割合の方が大きいような。甘めな味付けで確かに美味しい巻寿司だった。この巻寿司ならまた食べてみたいかなと思う。流石にわざわざ八千代町まで行くだけの価値はあるようだ。
 
興味を持ったお方は、ドライブがてらに行ってみてちょ。予約必須なのと、週の半分位しか営業して無いらしい?ってとこが注意点だ。下のアドレスをご参考に。
 

2007年4月29日

特大海老天に釣られたけど・・・。微妙に陳列と違うような・・・。

Filed under: — 代理人 @ 8:05 午前
 
代理人記録
 
銀座「ハゲ天」は揚げたての天麩羅がお手軽に食べれるお店として人気のチェーン店だ。夜はともかく、ランチタイムに時々利用したことがあるのだが、店前のショーケース内の見本を見て、前々から気になっていた「特大海老天の天重」が食べたくなって、久々に「ハゲ天」へ行って来た。
 
大阪市内でもあちこちに店があるが今回入ったのは「なんばCITY店」。大阪に住んで居た頃は、私の庭でもあった場所だ。てなことで、この辺りには色々と思い出があるのだが、その頃は「ハゲ天」って無かったような・・・。
 
こちらが「ショーケース(陳列)」に飾られている「特大海老が魅力の天重」。値段は1500円もするが、何かボリューム凄いし、かき揚も付いてるようだし、何より、特大海老天が気になる~!?
 
天麩羅はお店の真ん中辺り、客から見える場所で揚げている。お店に寄っても違うが、基本的には客の目の前で揚げて出すって言うスタイルが「ハゲ天」の売りだったような・・・。
 
で、こちらが実際の「天重」。天汁のせいで、陳列の海老天の印象とはかなり違う。大きさも特大?と言う割りにはお重からはあんまりはみ出て無いし・・・。予想はしてたけど、やっぱり見本とは、何と無く違うような印象。
 
天麩羅は特大海老天二尾に、かき揚なすびサツマイモと割りと豪華。全体的にタレがタップリと着いていたので、サクサクと言うより若干、しっとりとした天麩羅だった。味的にはまずまず。まあこんなもんかな。
 
はげ天」と言えば、「天茶」のランチなどもあって結構美味しい。また「天茶」食べに行ってみようかな。

2007年4月27日

加古川和牛なかつめし。でもサイズ小さめ?

Filed under: かつめし — 代理人 @ 10:10 午後
 
代理人記録
 
再び、ふぁーみん八幡の「功庵」に行って来た。例に寄ってランチタイムだけど・・・。
 
大きな看板はあるけど、幹線道路沿いじゃ無いから、あんまり効果は無いような気がする。
 
     
で、こちらが店舗。前にも書いたけど、もうちょっと高級感が欲しいねえ。どうみても普通のふぁーみんSHOPにしか見えないもんなあ。
 
     
オープンして半年ほどなので、店内は外から見た印象よりは小奇麗で広々としていて雰囲気は良い。
が、平日のランチタイムってことで、店内はガラガラ。前回来た日曜日の昼間とは雲泥の差だ。
 
こちらがランチタイムメニュー。「特選加古川和牛ランチ」と書かれてるけど、ホンマかな?
メニューには「かつめし」にだけ「加古川和牛」って書かれてるのだけど、どう言う意味でしょね?
 
で、こちらが今回食べた「加古川和牛かつめし1029円。かつめしには定番のボイルドキャベツが付いてるのだが、生野菜サラダも付いてる。見た目は至ってシンプルな感じだ。
 
ただ、カツはどちらかと言うと小さめだし、ご飯の量も少なめ。世間一般の「かつめし」は結構ボリュームのあるお店が多いのだが、そう言う意味で行くと今まで食べた「かつめし」の中では一番サイズ小さい&量の少ないかつめしだったかな。法楽屋の「かつめし」と比べると半分ほどじゃ無いのと思ってしまう。
 
さてお味。ビーフカツはかつめしの王道を行く薄さ。中までしっかりと火が通っているのでジューシーさは無い。
でも肉は柔らかく、味的にはまずまず合格点。タレも一平風でやや甘のある私好みの味だ。
値段と量を考えるとちょっと高い気がするけど、味的にはとりあえず満足したかな。
 
こちらは同行者が食べた「メンチカツランチ」。こちらも気になってたメニューだったので、一口食べさせてもらったが、熱々ジューシーなメンチカツで結構美味しかったかな。お得感はかつめしよりこっちの方が高いかも。
 
てな感じで、今回もランチタイムだったので本当の加古川和牛を味わったとは言えないのだけど、今の処、印象は悪く無いので、一度、ゆっくりと焼肉を味わいたいと思うのであった。
 
 
おまけ。「功庵」のホームページもあるようです。こちらを見れば店内の雰囲気が良く判る?

2007年4月26日

久々のスガキヤラーメン。でも味濃いかった・・・!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 7:55 午後
 
代理人記録
 
サンモール高砂がオープンした頃、良く食べたスガキヤのラーメン。今でも時々食べたくなる。
加古川ニッケパーク店が無くなってからはメッキリ食べる機会が減っていたのだが、昨年になってヨーカドー別府店アスパ高砂店が続けてオープンしたおかげで、またもや食べる機会が増えて来た。
 
てなことで、久々にスガキヤラーメンが食べたい!と思いアスパ高砂店に行って来た。
 
スガキヤも以前に比べるとメニューが増えたけど、やっぱり定番のラーメン280円が一番無難。
しかしアルバイターが作るラーメンは、毎度の事ながら味が微妙に違う。この日はちょっと醤油ダレ入れ過ぎちゃうん?と言うくらい、味が濃くて辛かったかな。スガキヤのカップ版とかインスタント版は、反対に凄く味が薄いのだが、個人的には味が濃い方が好きなんだけど、それでも、この日はちょっと濃い過ぎたかな。
 
でも値段も安いし、多少、味にムラがあってもスガキヤ、やっぱ好きですね。何か青春の味って気がするし。

2007年4月25日

北海道ラーメン祭り?でも今時の塩ラーメンじゃ無い・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:58 午後
 
代理人記録
 
先日、大阪へ行った時の話、例に寄って阪神百貨店では「北海道グルメ祭り」?ってのをやっていた。
特設茶屋鮨とラーメン。食べたいのは鮨の方なんだけど、お値段がそれなりにする。スポンサーが居ないこともあって、ここは素直にラーメンを食べる事に決定。
 
何時もなら一店だけなのだが、今回はラーメン祭りと題していて、参加店が三店。大雑把に言うと、北海道定番の味噌ラーメンの店と、函館代表、塩ラーメンの店、そして北海道ならではの牛乳ラーメンの店と言う感じだ。
 
気になるのは牛乳を使ったと言う「ミルキーラーメン」。もう20年ほど前の話ではあるが、私がオートバイに乗って北海道ソロツーリングに行った時、昼飯は毎日ラーメンにする!と決めて居た。そしてある日、牛乳ラーメンが有名な店に行った事があるのだが、行くまでは牛乳ラーメンを食べる気でいたのに、結局、牛乳を飲んだだけで普通のラーメンを頼んでしまった事がある。
今回こそ、リベンジで牛乳を使った「ミルキーラーメン」を食べてみよう!とも思ったのだけど、個人的に牛乳と、あんまり相性が良く無いので、やっぱり注文出来なかった・・・。
 
で、結局、注文したのは函館(えん楽)の塩ラーメン840円也。上の話に関連するが、私がバイクで北海道ソロツーリングに行った頃は、函館ラーメンってのはそんなに話題にはなってなかった。札幌ラーメンは有名だったが、当時はどちらかと言うとラーメン好きには旭川ラーメンの方が人気で、その時は、旭川ラーメンは当然の如く、旭川から少し離れた大雪山近くのお店で塩ラーメンを食べた事がある。(と言うか態々、そこまでラーメンを食べに行った)
まあ、実際に食べた塩ラーメンは、そこまでして行くほどの価値の無い、どうって事の無い塩ラーメンではあったのだけど・・・。
 
で、こちらがこの日食べた「えん楽」の塩ラーメン。そう言えば、十年ほど前、北海道を車で一人旅をした時は、函館でもラーメンを食べたなあ。でもあんまり美味しく無かったなあ。今回、運ばれて来たラーメンを見て、ふとそんな事を思い出してしまったのであった・・・。
 
具は豊富なんだけど、卵は半分だし、味玉じゃ無いし、何か値段を吊り上げる為に具がごちゃごちゃしてるだけのような雰囲気。ほうれん草?みたいなこんなのいらんしなあ。メンマもあんまり好きじゃ無いし・・・。
 
で、お味。うーん、やっぱ一昔前の塩ラーメンなんだよねえ。最近は、大阪でも塩ラーメン専門店が増えて来て、私も何度か塩ラーメン専門店で塩ラーメンを食べたのだが、そう言う店で食べると、エエ塩使ってるねえ!、エエ出汁やねえ!と言う感動があるのだが、この塩ラーメンにはそう言った物が一切無い。
しかも値段が840円と、ちょっとぼったくり価格。まあ、物産展だからこの値段は仕方無いのかも知れないが、もうちょっと出汁と塩に力を注いで欲しかったかな。塩ラーメンをもうちょっと勉強して欲しい・・・。
 
丼には店名のロゴが入ってた。そんなところに力を注ぐ前に・・・、なんだけど。
 
まあ、今回は、北海道でもあんまり有名じゃ無い店ばかりだったので、こんなもんかな?
もっと行列店、と言うか有名店のお店を集めて欲しかった。

2007年4月24日

マックグリドル?何かホットケーキみたい・・・。ロゴ無いし!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:28 午後
 
代理人記録
 
マクドの朝メニューマックグリドルが発売されたのは今年の初め頃だったけ?発売されたら直ぐにでも食べてみようと思っていたのだが、例に寄って軟禁状態になってしまったので、食べるチャンスも無く日々が過ぎてしまった。
 
最近、漸く余裕が出来て来たので、そのマックグリドルを食べに行ってみた。
 
クーポンを利用したので、マックグリドル&コーヒーのセットで240円。コーヒー無料キャンペーン中なので、実際にはマックグリドル単品のお値段で、コーヒーが着いてる来る事になる。
 
こちらが今回食べた「マックグリドルベーコンエッグチーズ」。中身の具がそのままネーミングになっただけ?後から思ったのだが、クーポン券は「マックグリドル、ソーセージエッグチーズ」じゃ無かったっけ?
 
それに加え、写真を見て気付いたのだが、本来、マックグリドルの上の部分にはマクドのロゴであるMの文字が大きく書かれてるはず・・・。しかし写真にはMのロゴが無い。もしかしたら、これは底面だったのかな?気になるから、もう一回食べてみたければ成らない?
 
中身はこんな感じ。マックグリドルの生地は、何と無くホットケーキみたいな感じで、所々、蜂蜜っぽい甘さがあるこの甘ったるさが、卵&チーズと全然合って無い。何か具と生地とがマッチして無い印象を受けたのだが・・・。
 
朝マックなら普通にソーセージエッグマフィン系を食べた方が無難かな。でもM(マクド)のロゴが気になるからもう一回だけマックグリドルを食べてみる事にしようっと。まだクーポン券残ってるし・・・。
 
で、後日談
 
マックグリドル自体は一回食べたら、もうどうでもエエ!って感じの味だったが、M(マクド)のロゴが無かったのは気になる。てなことで、リベンジしに再び、朝マックしに行って来た。
 

今回はコーヒー無料キャンペーンが終わっていたので、あんまり好きじゃ無いハッシュドポテト付きのセットしか無かった。で、前回はベーコンエッグチーズだったのだが、今回は間違い無く、ソーセージエッグチーズだ。 
 
で、開けてみると・・・・。今度はちゃんとM(マクド)のロゴ入りだ!やっぱ、これが本物のマックグリドルだあ!
前回のロゴ無しってのは、ある意味貴重だったのかも。で、味的には・・・、やっぱホットケーキっぽい甘さは玉子にもソーセージにも、ましてやチーズには全然合わないように思ったのだけど・・・。
 
一応、裏面もチェックしたらちゃんとMのロゴはあった。ってことはやっぱり上のロゴ無しはアルバイターがちょんぼして表と裏を反対にして挟んだのかな?
 
中身はこんな感じ。今回はちゃんとソーセージ。でもやっぱソーセージにはマフィンの方が合うかな。

2007年4月23日

カレーうどん専門店のカレーライス。うどんがご飯になっただけ?

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:13 午後
 
代理人記録
 
ちょっと前にも行ったカレーうどん専門店の「玉家」だが、メニューに「カレーライス」が追加されていたのが気になって、またもや行って来た。
 
今回は平日にも関わらず、店前の駐車場にも結構、車が停まっている。幟のおかげか、はたまたホットペッパー効果なのか。まあ、それ以上に、お隣のセルフのうどんやは相変わらず、良く流行っているようでしたが。
 
店前に置かれた看板にもカレーライスが宣伝されてる。でもこれだけじゃあ、食べてみたい気にならない?
 
で、こちらが実際に食べた「カレーライス」。ちょっとお洒落で形のユニークな陶器に盛られて登場。
ルーの方は予想通り、カレーうどんと同じルーのような感じ。
 
小さめのお肉がちょこちょこっと入ってた。気持ち的にはもう少しどかーん!としたお肉の塊が欲しかったかな。
味の方は、まあ、普通かな。値段が650円なのでもうちょっと個性とかインパクトとか辛さが欲しいとは思う。
 
てな感じで、「玉家」のカレーライスを食べたけど、やっぱ無難にカレーうどん食べて、ご飯カレールーをかけて食べるのが正解かな? 

2007年4月22日

廣しまつけめん・・・、結構マニアックなお店でした。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:15 午後
 
代理人記録
 
姫路のパソコンショップに行った後、ちょっと遠出して、ホットペッパーに載って居た青山方面にある廣島つけ麺のお店に行ってみた。前々から気になっていたのだが、何か移転するとの事だったので、その前に行ってみようと思ったのだった。
 
以前は居酒屋だったような店をそのまま利用しているような感じのお店だった。
 
こちらが「男塾」のメニュー。つけ麺が主体のお店だ。実はお店に入るまでは「尾道ラーメン」を食べてみようと思っていたのだが、他の客はみんなつけ麺坦々麺を食べてるようで、誰も「尾道ラーメン」は食べて無い。
てなことで、素直につけ麺がセットになった日替わり定食を注文する事に。
 
   
こちらが「廣しまつけ麺」。カウンターが居酒屋風なので、結構高い位置にあったのと、店内が若干暗い?ので、何かピンボケの判り難い写真になってしまったが、具にキャベツが沢山入った、ちょっと風変わりなつけ麺だった。
廣しま風?ってことで、キャベツがタップリだったのかな?
 
こちらがつけ麺のタレ。胡麻がたっぷり浮いてるが、このタレ、実は結構辛い。普通に麺を漬けて食べると思わずむせるほどに、辛い。ここまで辛くせんでも・・・、と言うような辛さだったかな。何か麺が特徴らしかったけど、個人的には麺はそれほど拘ってないのであんまり何とも思わなかった。
 
こちらは日替わりのセットのチャーシュー丼。こちらにもキャベツが沢山入ってる、ちょっと変わった丼だったかな。キャベツが沢山入ってるのが廣しま風なのかな?味的にはタレが美味しかったので、それなりに満足。
 
このお店、結局、移転したそうで、移転先は東麺房、英賀保店跡だとか言う話。しかもメインはつけ麺では無く、普通のラーメンになるらしい。結局、廣しまつけ麺って・・・、播州じゃ受けんかったわけね。

2007年4月21日

久々のちゃんどら。相変わらず大人気でんな。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:14 午後
 
代理人記録
 
先日、新聞の折込チラシに「ブタ玉プレゼント」と言う券が付いていたので、久々にお好み焼屋「ちゃんどら」に行って来た。私と「ちゃんどら」の出会いは古い。以前、宝殿の平成屋の向い側にラーメン屋さんがあった頃、深夜にラーメンを食べに行ったら満席。ふと隣の店を見ると新しいお好み焼屋を発見。「お好み焼でもエエやん!」とお店に入ろうとしたら、オープンは次の日からで、まだ開店準備中だった。
 
それが「ちゃんどら」との出会い。それからは良く行くようになったが何時行っても混んでる繁盛店になってた。
そう言えば、今で言うオープンカフェならぬ、お店の前のテーブルで食べた事もあったっけ?
そうこうしている間に、お店側もこれはいける!と思ったのか、何時の頃だったか、平成屋の向いから東加古川に移転し、大きなお店になり、今や姫路に支店まで出来る巨大お好み焼屋さんに変身したのであった。
 
こちらが新聞折込チラシに載っていた記事。この下に「ブタ玉無料プレゼント券」が付いていた。
 
土用の夜ってこともあって、午後7時頃で既に満席。席に案内されるまで、20分ぐらいまたされた。
帰る頃には、待ち客は外にまで膨れ上がってた。相変わらず人気なようだ。多分、この近辺では一番流行っているお好み焼屋さんでは無いかな。
 
ちなみに「ちゃんどら」と言うお店は上のように、アメリカ人の名前が由来らしい。決して、ウルトラマンに出て来た怪獣の名前から来たわけでは無いようです。
 
ちゃんどら」の魅力と言えば、創作お好み焼or鉄板焼きの豊富なメニューかな。人気ランキングはこんな感じだ。
 
   
まずは無料の「ブタ玉」と定番の「焼きそば」。お好み焼屋の定番2品でんな。「ブタ玉」はトロトロ風のお好み焼で、関西風とは若干違うような気もするけど、とりあえず豚肉美味しかった。焼きそばは後から思うと個性の薄い王道の焼きそばでした。
 
続いて「たこの長し焼き」。たこ焼きの細長いような感じのもの。「南風」の「たこ焼き(どろ焼き)」に似てるような似てないような。どちらも普通のたこ焼きを焼いてると手間が掛かるので、簡略化したメニューって感じでんな。
味的にも、たこ焼き!って感じで、悪くは無い。個人的には明石焼きが食べたいのだが、この近辺で美味しい明石焼きが食べれるお店ってホント、無くなってしまいましたね・・・。
 
こちらは「にくてんオムレツとろり焼」。上の「たこの長し焼き」に似てなくも無いが、どちらかと言うと「トン平焼き」に近い。こちらも私好みの味で美味しかった。
 
 
最近、お好み焼屋でもメニューに良くある鶏の焼いた一品。人気ランキングに「チキンのガーリックステーキ」ってのがあって、どちらにしようか悩んだのだけど、同行者がニンニクは駄目!ってことで、「照り焼ハーブチキン」にした。味は見た目のまんま、鶏肉の照り焼で、これにビールがあれば!ってのが残念だったけど結構美味しかった。
 
 
一応、〆で頼んだ「焼豚焼めし」。お好み焼屋さんにしては、パラパラ感は無くて、しっとり、しかも味の濃い焼き飯。何か、以前、管理人さんが作ってくれた焼めしを彷彿とさせるこってりした焼めしだったかな。ネーミング通り、焼豚が美味しかったので、味的には満足したけど。
 
〆の焼飯の後に運ばれて来た「鶏のつくね」。メニュー名は忘れてしまったが、焼き鳥屋さんの「つくね」とは違い、ハンバーグより一回り大きいサイズのつくねがスープ(出汁?)の中に入って居た。ちょっと意外だったけど、スープの味もまずまずだし、つくねも食べ応えがあって、こちらも結構、美味しかった。
 
てな感じで久々の「ちゃんどら」で、しかもちょっとユニークなメニューを中心に食べてみたけど、どれも中々美味しかった。平荘湖近くにある「かかし」のような王道のお好み焼とは少し違うけど、創作鉄板焼きとして人気なのは良く判るような気がした。「ブタ玉」無料券があったらまた行こうっと。お店が昼間やって無いのがちょっと残念だけど。 
次ページへ »

WordPress.com Blog.