義史のB型ワールド

2019年5月31日

毎度お馴染みの”松屋”でまたまた復活登場した”牛とじ丼”を食べてみた!前回と全く同じ内容だが玉子とろとろで”牛めし”よりもこちらの方が好きだ!

Filed under: — 代理人 @ 9:31 PM
 
代理人記録
 
西暦が2000年に替わったばかりの一時期、連日の如く大阪天満界隈にある某事務所へ行っていた頃に、ランチを食べに天神橋商店街の中にある牛丼チェーンの『松屋』を偶に利用していた。その頃は未だ”牛めし”とか”カレー”等のメニューが中心で、今みたいに定食メニューは余り無かった様な気がするのだが、今では牛丼チェーン店と言うよりはどちらかと言うと定食チェーン店?と呼んでもおかしく無い程にメニューが増えている。そんな事もあって最近は『松屋』に行っても定食を食べる事が多いのだが、今回は個人的にお店の看板商品である”牛めし”よりも好きな”牛とじ丼”が再登場したので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
松屋加古川平岡町店
こちらがまたまた行って来た、牛めし(牛丼)、カレー、定食、その他丼物でおなじみの『松屋/加古川平岡町店』で、最近は偶に『加古川野口町店』の方も利用するようになったのだが、あちらはパチンコ店に併設されている事もあってカウンター席がメインなのに対して、こちらのお店は所謂ロードサイド店でファミリー客を意識してかテーブル席が多い。が、意外と私が行く時はカウンター席が埋まっているが、テーブル席が空いている場合が多いので、毎回ゆったりと食事を楽しむ為にテーブル席を利用する。ちなみにこの界隈で一番先に誕生した『播磨町店』はその前にあったラーメン店を改装したので、他店と比べると群を抜いて店内が広い・・・。
 
松屋牛とじ丼フェアメニュー
そしてこちらが『松屋』から期間限定で登場した”牛とじ丼”のフェアメニューで、以前にも書いたように関東地方にある店舗では”プレミアム牛とじ丼”が販売されているのだが、播州界隈にあるお店ではそもそも”プレミアム牛丼”すら販売されて無いので今回も”プレミアム牛とじ丼”では無く普通の”牛とじ丼”になっている。それはさて置き、”牛とじ丼”を食べただけではネタ的な面白味に欠けるので今回は”豚汁”を併せて食べてみる事に決定!!!
 
松屋牛とじ丼豚汁ミニお新香セット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛とじ丼”(大盛)と”豚汁ミニお新香セット”で、お値段はそれぞれ税込価格500円と130円で合計金額は630円也。後でも詳しく紹介するが”ミニお新香”と書いている割には以前食べた”牛とじ丼お新香セット”の時の”お新香”と変らない量があって、大盛のごはんと合せてこのお値段でこの内容なら十分満足が行くような・・・。
 
松屋牛とじ丼豚汁ミニお新香セット
そしてこちらがメインの”牛とじ丼”(大盛)で、基本的には以前に何度か食べた時と全く同じだ!ちなみに商品案内に寄ると”柔らかく煮た牛肉を特製タレとふわふわの卵でとじたやさしい味わいがお楽しみ頂ける逸品”との事。で、実際に食べてみても基本的に以前食べた時と全く同じだが、期待通りにメチャウマい
 
松屋牛とじ丼豚汁ミニお新香セット
ちなみに”牛とじ丼”のメインの具である牛肉はこんな感じで、想像ではあるが所謂”松屋の牛めし”の具をそのまま使っている気がするのだが、卵とじの特製タレが加わっている事もあってか、それとはまた違った味わいでこれはこれで中々美味しかったかな
 
松屋牛とじ丼豚汁ミニお新香セット
そしてこちらは”牛とじ丼豚汁ミニお新香セット”のセットの”豚汁”で、最近は結構な割合でこの”豚汁”を食べているので大きな感動も無くなっては来たが、何時も通りに結構沢山の具が入っていてこちらも中々ウマい!今回も80円引きの100円で食べたのだが、この内容で100円ならば無料の”みそ汁”から変更して食べる価値は十分にあると思う・・・。
 
松屋牛とじ丼豚汁ミニお新香セット
最後に・・・、こちらも”牛とじ丼豚汁ミニお新香セット”のセットの”ミニお新香”で、先にも書いたように商品名はミニとなっているが、ご覧の通り以前食べた”お新香”の時と同じだけのボリュームがある。”吉野家のお新香”や”大戸屋のお新香”は、それほど雀の涙程度の量でしか無いので、同じミニサイズ?でも雲泥の差がある。味的には最近良く食べる”すき家のおしんこ”の方が美味しい気もするが、これはこれで中々美味しかった
 
てな事で、毎度お馴染みの『松屋』から個人的にお店の看板商品である”牛めし”よりも好きな”牛とじ丼”が再登場したのでまたまた食べてみたのだが、今回も期待通りに中々美味しかった!更にセットで食べた”ミニお新香”も普通サイズ?並のボリュームでお得感も高かったしで、この内容ならば来シーズン?も登場した暁にはぜひまた食べてみたいと思う・・・。
広告

2019年5月30日

毎度お馴染みの”スガキヤ”の”平成最後のスーちゃん祭”で貰った半額パスポートで”特製ラーメンサラダセット”を食べてみた!これがスガキヤと暫しの別れになるとは。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:31 PM
 
代理人記録
 
格安ラーメンチェーンの代表格とも言える『スガキヤ』と言えば、名古屋生まれで愛知県人のソウルフードの一つとも言える存在なのだが、若かりし頃にサンモール高砂の中にもお店があった事もあって、個人的には愛知県人並に愛着のあるラーメン屋さんだ。そんな事もあって、サンモール高砂店亡き後はニッケパーク加古川店やイトーヨーカドー加古川店、果ては姫路リバーシティー店まで食べに行った事がある程だったのだが、最近は他に行ってみたいお店が沢山出来たので、流石に以前程食べに行く事も無くなり今は年に一回の”スーちゃん祭”の時ぐらいでしか無くなった・・・。そんな”スーちゃん祭”(ちなみに公式案内に寄ると2006年3月に始まり今年(2019年)で14回目を迎えるらしい・・・)が今年は”平成最後のスーちゃん祭”とパワーアップして”ラーメンやソフトクリームなどの定番メニューをはじめ、味噌ラーメンなどの季節メニューも含むほぼ全ての商品が1日一回半額でご利用”出来る”半額パスポート”を貰ったので、それを使いにまたまた食べに行ってみた。
 
スガキヤアスパ高砂店
こちらがまたまた行って来たアスパ高砂のフードコートの一角にある『スガキヤ/アスパ高砂店』で、時々書いている様に10年ぐらい前にはこの場所には関東系のチェーン店『らあめん花月嵐』があったのだが1年程で撤退、その後にこの『スガキヤ/アスパ高砂店』が誕生して早10年以上が経つ・・・。ちなみに『らあめん花月嵐』は何故か関西エリアでは不人気の様で、現時点では関西エリアから完全撤退してしまったようだ・・・。ま、『スガキヤ』自体も加古川ニッケパーク店とかイトーヨーカドー加古川店が消滅した様に、ご当地の方の口に合わせるのは中々難しいのかも知れない・・・。
 
スガキヤ特製ラーメンサラダセット
そしてこちらがこの時に食べた”特製ラーメン”と”サラダセット”で、それぞれのお値段は通常税込価格は450円と230円の処、最初に書いた様に今回も”平成最後のスーちゃん祭”で貰った”半額パスポート”を利用してそれぞれが220円と130円となり合計した税込金額は350円也。此処数年毎年の如く”スーちゃん祭”の際に食べた”サラダセット”は、お店が大混雑している事もあってか使い捨てのプラスチック容器に入っている事が多々あったが、今回はそんな混雑や大行列とは無縁なので何時も通りの器?に入っていて何と無くであるが、何時もと比べて美味しそうな・・・。
 
スガキヤ特製ラーメン
で、こちらが1年ぶりに食べる”特製ラーメン”で、何時もと同じく”チャーシュー5枚、温泉玉子、メンマ、ネギ”がトッピングされた豪華な内容のラーメンで、スープがこれまた超懐かしい”「豚がら」より抽出した豚骨スープと、昆布や魚介からとった「だし」を合わせた和風とんこつスープ”を使った定番の味で中々ウマい!偶に書いているが、その時々に寄って味に若干のブレがあるが、流石にこの日はスタッフの方も必死で頑張っている?って事もあって、美味しい時の”スガキヤラーメン”だった。
 
スガキヤ特製ラーメン
ちなみにこちらは”特製ラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、若かりし頃はお金が無かったので”特製ラーメン”や”肉入ラーメン”を食べる事は皆無で、5枚入りはメチャ高値の花であった・・・。ま、内容的には今となっては少し物足りなさを感じるし、この後で食べた”プレミアムラーメン”に入っていたチャーシューと比べると1枚分以下のボリュームしか無い気もするが、スープ同様に懐かしさもあって、これはこれで美味しかった
 
スガキヤサラダセットの五目ごはんスガキヤ特製ラーメンサラダセット半額7
そしてこちらが”半額パスポート”を使って”特製ラーメン”とセットで注文した”サラダセット”の”五目ごはん”で、内容的には何時も通りほとんど具が無いが、この日も時間帯が早かった事もあってか割と温かなご飯だ。それはさて置き、今回何度か”半額パスポート”を使って”五目ごはん”を食べた時と違って今回はセットで食べた”特製ラーメン”の中に”温泉玉子”が入っている・・・って事で、これまた”スーちゃん祭”の時と同じく”五目ごはん”にトッピングして”玉子かけご飯風”にして食べると何時も以上の美味しさがあったかな
 
スガキヤサラダセット
それともう一つ、こちらも”特製ラーメン”とセットで注文した”サラダセット”の”サラダ”で、私が『スガキヤ』で”サラダ”を食べるのは”スーちゃん祭”の際でしか無く、その時は使い捨てのプラスチックの容器に入っている場合が多かった気がするが、最初に書いた様に今回はご覧の通り普通の器?に入っている。内容的には全く同じではあるが、料理は見た目・・・と言う言葉通り?と言うのか安っぽさが無い分、やっぱ”スーちゃん祭”の時にもこのような器に入れて提供すべきだと思った・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『スガキヤ』の”平成最後のスーちゃん祭”で貰った24日間毎日半額でラーメンが食べれる半額パスポートを使って今回は”特製ラーメン”と”サラダセット”を食べてみたのだが、やっぱ”スーちゃん祭”と言うからにはこのセットを食べ無い事には始まらない・・・と言う思いがあった!それはさて置き、何と驚いた事にこの『アスパ高砂店』は令和元年5月31日をもって閉店するらしい・・・。これで近場の『スガキヤ』と言えば『姫路イオンモール店』か最近オープンした『イオン明石ショッピングセンター店』ぐらいしか無い・・・。そんな事もあって、何と無くであるが『スガキヤ』と暫しの別れになるような・・・。

2019年5月29日

ニッケパークタウンにある”浪花焼肉肉タレ屋”で”グルメ総選挙”の”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”を食べてみた!意外な組合せだがメチャウマい!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
此処最近、2016年10月下旬頃にリニューアルオープンした加古川ニッケパークタウンのフードテラスに行って揚げ立て熱々の天ぷら専門店『揚げ天まる』とか格安ラーメンチェーン店『らーめん幸楽苑』とか『長崎ちゃんぽん リンガーハット』を利用する機会が増えた。で、その度にフードテラスの東側の角にある『浪花焼肉 肉タレ屋』の前を通ると今年も昨年と同様に”グルメ総選挙”が開催されていて、今年は更にパワーアップした?”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”ってのが販売されていたのでそれに釣られて食べてみた
 
浪花焼肉 肉タレ屋加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川ニッケパークタウンの2Fのフードテラスの一角にある”ホンマは1480円で食べてほしい!!”と題された”黒毛和牛ローストビーフ丼”が自慢の『浪花焼肉 肉タレ屋/加古川店』で、以前にも紹介した通り、このフードテラス(フードコート)が誕生した直後に食べに来た時に真っ先に利用したお店でもあり、同じくこのフードテラスの中にある『揚げ天まる』と並んで私のお気に入りのお店にもなっている。
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼
そしてこちらが加古川ニッケパークタウン2019年度の”グルメ総選挙”に『浪花焼肉 肉タレ屋』がエントリーした”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”のメニューで、今回はご覧の通り昨年出品した”黒毛和牛レアステーキ丼”に”三種のまぐろのネギトロ”をトッピングしたような丼で、最初これを見た時は肉とマグロの組み合わせってどうなんだろう?と思ったのだが、以前に”スシローで白子が乗った肉寿司”とか”雲丹しゃぶ鍋の店でフォアグラや生雲丹が乗った肉寿司”を食べたら結構美味しかったので、今回も取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼(中)
で、こちらが実際に食べた”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”(中)で、他に”赤だし”と”漬物”が付いてお値段は税込価格1280円也。ちなみに小さな二つのカップ上の器の中には”黒毛和牛レアステーキ”用のステーキソースと”三種のまぐろのネギトロ”用の醤油で、メインのお皿の上には薬味のネギやら刻み海苔やらワサビ等も添えられている。
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼
そしてこちらがメインの黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”で、お皿の上に白いライスを入れその周りを囲むように”黒毛和牛レアステーキ”を敷き詰めた後、真ん中に”三種のまぐろのネギトロ”を乗せ更にその上に卵黄をトッピングした中々インスタ映えしそうな内容の丼だ。ちなみに丼の脇にはサニーレタス等の野菜が盛られていたのだが、そちらは余り印象に残って無い・・・
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼
それはさて置き、先ずは”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”の上の部分の”三種のまぐろのネギトロ”から食べてみると、メニューには商品説明が一切書かれて無いので”三種のまぐろ”の内容は不明だが、ご覧の様に中々エエ色艶をした”ネギトロ”で、これにワサビを加え醤油をかけて食べるとシンプルながらメチャウマい!はっきり言って丼で食べるよりも生ビールを飲みながら食べたい程だ!
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼
そしてこちらが”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”の下の部分の”黒毛和牛レアステーキ”で、パッと見た感じは昨年の”グルメ総選挙”の時に食べた”黒毛和牛レアステーキ丼”と比べると肉のレア度や厚さが違うような感じだが、ステーキ自体はとても柔らかくこれに添付のステーキソースを付けて食べるとこちらもメチャウマい!これまた生ビールがメチャ欲しくなる味だ
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼
で、先ずは”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”の”黒毛和牛レアステーキ”と”三種のまぐろのネギトロ”をそれぞれ一通り味わった後、レアステーキネギトロを混ぜて食べたり、それぞれにステーキソース醤油をかけて食べたり、途中で卵黄を潰して肉やネギトロに混ぜて食べたりしてもこれまたメチャウマい!正に一つの丼で一度に色んな食べ方と味わいがあってとても楽しい料理であった!
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼
そしてこちらは”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”に付いていた”赤だし”で、以前この店で”甘辛焼きすきと黒毛和牛のローストビーフの味わい丼”とか”ハンバーグ&焼肉定食”を食べた時に付いていた”肉タレ屋特製牛すじ赤だし”には結構沢山の牛すじ肉が入っていたのだが、今回も以前食べた”黒毛和牛レアステーキ丼”や”手ごねハンバーグ定食”の時と同じく何と無く味噌汁風の”赤だし”だった・・・。
 
てな事で、久々に行った『浪花焼肉 肉タレ屋/加古川店』が今年も”グルメ総選挙”をやっていたので”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”を食べてみたのだが、レアステーキネギトロの組み合わせが意外と相性が良いのか、あるいは色んな食べ方で様々な味わい方が楽しめた事もあってか全体的にメチャウマかった!遂最近もこのお店で”石焼き黒毛和牛カレー”を食べたのだが、やっぱこのお店では肉系の料理を食べる方がオススメだ

2019年5月28日

毎度お馴染みの”揚げ天まる”で春限定の”桜えびと春野菜の天丼”を食べてみた!気持ち的には桜えびのかき揚げだけでも良かったが全体的に中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 10:00 PM
 
代理人記録
 
此処最近、何と無く”天丼”を食べる機会が増えて来た気がするのだが、その中の一つに2016年10月下旬頃にリニューアルオープンした加古川ニッケパークタウンのフードテラスの一角に誕生した揚げ立て熱々の天ぷら専門店『揚げ天まる/加古川店』がある。で、このお店でも毎度お馴染みの『かつや』程では無いが定期的に季節限定の商品が登場するのだが、今回は春限定の”桜えび春野菜の天丼”だったのでそれに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
揚げ天まる加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川ニッケパークタウン2Fのフードテラスの一角にある『揚げてんぷら天丼 天まる/加古川店』で、2016年にこのお店がオープンした直後は沢山のスタッフが居たのだが、最近は2~3人体制になっているようで混んでいる時は天丼が出来上がるまで結構な時間がかかるのだが、この時は未だそれほどの行列は出来て無かったので直ぐに天丼が出来上がって目出度し目出度し
 
揚げ天まる桜えびと春野菜の天丼のフェアメニュー
そしてこちらが『揚げ天まる』から季節限定で登場した”桜えび春野菜の天丼”のフェアメニューで、最初にこのメニューを見た時に以前にも食べた気がしたので後から当ブログの過去記事をチェックしてみたら、姉妹店の『和食さと』の”桜海老のかき揚げ天丼”とか、以前良く利用していた『実演手打うどん杵屋』の”桜えびと春野菜の天丼”だった・・・。それは兎も角として、”桜えびかき揚げ”が乗った”駿河丼”も結構好きなので、それとの食べ比べの意味も兼ねて食べてみる事に決定!!!
 
揚げ天まる桜えびと春野菜の天丼
で、こちらがその時に食べた”桜えび春野菜の天丼”と”味噌汁”と会計口に置いてあったセルフサービスの漬物で、最初に書いたようにこの日は”味噌汁又はご飯大盛に変更無料券”を利用したのでお値段は”桜えび春野菜の天丼”代のみとなり税別価格740円也。当然の如く?この日も会計時に”味噌汁又はご飯大盛に変更無料券”が貰えたので、定食と同様に毎回”味噌汁”がセットで食べれると言う事にもなる・・・。
 
揚げ天まる桜えびと春野菜の天丼
そしてこちらがメインの”桜えび春野菜の天丼”で、その内容はと言うと”海老・キス大葉挟み串・桜えびとそら豆のかき揚げ・海苔・かぼちゃ・菜の花・筍”と中々豪華だ。ちなみに商品案内に寄ると”筍、菜の花、桜えびとそら豆のかき揚げ、春の野菜と大葉をキスで挟み春の香り楽しみながら食べてください”との事。後、定番の丼タレの他にプラス40円で、旨味塩タレか香味梅タレに変更する事も出来たのだが、追加料金が要るし、そもそもどちらも私好みのタレでは無い気がしたので定番の丼タレのままだ。
 
揚げ天まる桜えびと春野菜の天丼
で、こちらが”桜えび春野菜の天丼”にトッピングされていたメインの天ぷらとも言える”桜えびそら豆のかき揚げ”で、気持ち的には”駿河丼”と同じく”桜えびかき揚げ”だけを使った”桜えびかき揚げ丼”が食べてみたかったのだが、コストの関係?からなのか”そら豆”がプラスされてる。とは言え、当然の如く揚げ立て熱々だし若干濃い目の丼タレも私好みの味で中々ウマい!はっきり言って食べ飽きた”海老天”は要らないから、代わりにこの”桜えびそら豆のかき揚げ”をもう一個入れて欲しかった程だ。
 
揚げ天まる桜えびと春野菜の天丼
それともう一つ、こちらの”桜えび春野菜の天丼”の特徴とも言える”キス大葉挟み串”で、個人的には”キス”も”大葉”もそれ程好きと言う訳では無いので味的には微妙だが、こう言う機会でも無い限り”キス”を食べる事は無いので、そう言った点ではヘルシーさはあったかな
 
揚げ天まる桜えびと春野菜の天丼みそ汁
最後に・・・、こちらは今回も”味噌汁又はご飯大盛に変更無料券”を使って飲んだ”味噌汁”で、刻みアゲやネギ等の具が入ってはいる物の、内容的には所謂味噌汁サーバーを使った簡易的な物で、味的にもそれと比例したような雰囲気だ。そう言った点で言うと、ライバル店?とも言える『天丼・天ぷら本舗 さん天』の”焼バラ海苔みそ汁”方が、お金を払った場合は当然の如く無料券を使った時も含めて、あちらの方が私は好きだ
 
てな事で、またまた行った加古川ニッケパークタウン2Fのフードテラスにある『揚げ天まる/加古川店』で、今回も季節限定の”桜えび春野菜の天丼”を食べてみたのだが、個人的には”そら豆”が入って無い方がエエような気がしたし、”キス大葉挟み串”も無くても良かったのだが全体的には中々美味しい天丼だった!それはさて置き、実際に食べたのは3月末頃なので、そろそろ初夏の新商品が・・・と思って最近もニッケに行く度にお店をチェックしているのだが、未だ”桜えび春野菜の天丼”を販売している・・・。このお店の春は長いようだ・・・。

2019年5月27日

毎度お馴染みの”スガキヤ”の”平成最後のスーちゃん祭”で貰った半額パスポートで”ピリ辛ネギラーメン”を食べてみた!ピリ辛ネギを美味しいと思うかどうか・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:48 PM
 
代理人記録
 
格安ラーメンチェーンの代表格とも言える『スガキヤ』と言えば、名古屋生まれで愛知県人のソウルフードの一つとも言える存在なのだが、若かりし頃にサンモール高砂の中にもお店があった事もあって、個人的には愛知県人並に愛着のあるラーメン屋さんだ。そんな事もあって、サンモール高砂店亡き後はニッケパーク加古川店やイトーヨーカドー加古川店、果ては姫路リバーシティー店まで食べに行った事がある程だったのだが、最近は他に行ってみたいお店が沢山出来たので、流石に以前程食べに行く事も無くなり今は年に一回の”スーちゃん祭”の時ぐらいでしか無くなった・・・。そんな”スーちゃん祭”(ちなみに公式案内に寄ると2006年3月に始まり今年(2019年)で14回目を迎えるらしい・・・)が今年は”平成最後のスーちゃん祭”とパワーアップして”ラーメンやソフトクリームなどの定番メニューをはじめ、味噌ラーメンなどの季節メニューも含むほぼ全ての商品が1日一回半額でご利用”出来る”半額パスポート”を貰ったので、それを使いにまたまた食べに行ってみた。
 
スガキヤアスパ高砂店
こちらがまたまた行って来たアスパ高砂のフードコートの一角にある『スガキヤ/アスパ高砂店』で、時々書いている様に10年ぐらい前にはこの場所には関東系のチェーン店『らあめん花月嵐』があったのだが1年程で撤退、その後にこの『スガキヤ/アスパ高砂店』が誕生して早10年以上が経つ・・・。ちなみに『らあめん花月嵐』は何故か関西エリアでは不人気の様で、現時点では関西エリアから完全撤退してしまったようだ・・・。ま、『スガキヤ』自体も加古川ニッケパーク店とかイトーヨーカドー加古川店が消滅した様に、ご当地の方の口に合わせるのは中々難しいのかも知れない・・・。
 
スガキヤピリ辛ネギラーメン
そしてこちらがこの時に食べた”ピリ辛ネギラーメン”で、お値段は通常税込価格は430円の処、最初に書いた様に今回も”平成最後のスーちゃん祭”で貰った”半額パスポート”を利用して税込金額210円也。当ブログの過去記事を見ると10数年前に甥っ子が食べた”スペシャルネギラーメン”にはメチャ辛そうなラー油みたいな物がスープの中に入っていたが、今回はネギがピリ辛になっているだけのようでスープは何時もと同じようだ。ちなみに商品案内に寄ると”シャキシャキ白ネギの食感とスガキヤ特製ラー油が、スープに溶け込んで食欲をそそります”との事。確かにネギはピリ辛ではあったが、個人的にはやっぱ一度食べたらもうエエかな・・・と言う味だった・・・。
 
スガキヤピリ辛ネギラーメン
ちなみに”ピリ辛ネギラーメン”に入っていたチャーシュー(肉)はこんな感じで、偶々なのかも知れないが何時もと比べるとメチャ貧弱チャーシューで、しかも大半が脂身だ。今回は”ピリ辛ネギラーメン”自体が半額だったので、特に不満は無いが通常の値段で食べた時にこんなチャーシューが入っていたら、何と無くクレームを付けたくなる気が・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『スガキヤ』の”平成最後のスーちゃん祭”で貰った24日間毎日半額でラーメンが食べれる”半額パスポート”を使って今回は”ピリ辛ネギラーメン”を食べてみたのだが、その名の通り普通の”ラーメン”にピリ辛ネギがトッピングされたシンプルな内容で、このピリ辛ネギが美味しいと思うかどうかで好みが分かれそうな印象で、今回は半額だったから試しに食べてみたが、通常値段ならばもう食べる事は無いかも知れない・・・。

2019年5月26日

毎度お馴染みの”くら寿司”で新登場の”フィッシュバーガー”を食べてみた!そもそも普段から”フィッシュバーガー”を食べ無い私には向いて無い商品だったかな。

Filed under: カレー, — 代理人 @ 8:48 PM
 
代理人記録
 
相変わらず月に何度か何処かの回転寿司チェーン店へ食べに行っているのだが、牛丼チェーン店やラーメン屋さんの話と違い食べた商品の写真の数が多い・・・。そんな事もあって回転寿司チェーン店の話題を敢えて後回しにしていたら、どんどんと溜まって来たので、取り敢えず幾つか回転寿司チェーン店へ食べに行った話の中から『スシロー』、『はま寿司』と続いたので序にもう一つ『くら寿司』で新登場した”フィッシュバーガー”を食べたお話・・・。
 
無添 くら寿司アイモール高砂店
こちらがまたまた行って来た『無添 くら寿司/アイモール高砂店』で、この時も午前11時半頃と言うランチタイムには少し早目の時間帯の訪問だったのだが、既に先客万来で大賑わい!で、最近『スシロー』や『はま寿司』へ行った時は、ゆったりと食事を楽しみたい?と言う理由からテーブル席を利用する事が増えたのだが、このお店の場合テーブル席は結構埋まっているが、手前のカウンター席は閑散としている場合が多く、この日も未だカウンター席は空いていたので取り敢えずそちらの席を利用する事に・・・。
 
くら寿司くらバーガーのメニュー
そしてこちらが『くら寿司』から新登場した”くらバーガー”のメニューで、以前に割りと本格的な”イタリアンチーズハンバーグ”や”シャリカレーパン”ってのが登場したが、今回は文字通り”ハンバーガー”になっている。で、ご覧の通り”くらバーガー”にはミートとフィッシュの2種類があって、個人的には絶対的と言って良いくらいミートの方が好きなのだが、そこは一応魚がウリ?の回転寿司チェーン店なので、取り敢えず試しに”国産天然魚を贅沢に使用した”と言う”フィッシュバーガー”の方を食べてみる事に決定!!!
 
くら寿司フィッシュバーガー
で、間も無くして直通レーンで運ばれて来たのがこちらの”フィッシュバーガー”で、お値段は税別価格250円也。ご覧のように”切身を整える上で余った部分や骨の周りについた身の部分を活用する、ねり天やスリーミーコロッケの加工方法や技術がヒントとなり、国産天然魚を使用したパテ”の他に”寿司屋だからこそ天ぷらをチョイスした「玉ねぎの天ぷら」”も挟んである。ちなみに”食材を挟むパンは米粉と黒酢を配合した、ふわふわで甘みのあるそのまま食べても絶品なシャリバンズ”になっているらしい・・・。でもどうせなら『モスバーガー』の”ライスバーガー”のような”シャリバーガー”にした方がインパクトがあったのでは?と思うが・・・。
 
くら寿司フィッシュバーガー
それはさて置き、早速この”フィッシュバーガー”を食べてみると・・・、そもそも私が最後に”マクドのフィッシュバーガー”を食べたのは30年以上前の事で、最近はまったくこの手の”フィッシュバーガー”は食べて無かったので何とも言えないが、やっぱり魚特有の癖を感じる味だ・・・。小学校の給食に出ていたメルルーサのフライ?や”ほっともっとの白身魚のフライ”の方が未だ美味しいような気さえる・・・。やっぱ、素直に”ミートバーガー”の方を食べるべきだったかな・・・。
 
くら寿司イベリコ豚コロッケくら寿司イベリコ豚コロッケ
そしてその次に運ばれて来たのがこちらの”イベリコ豚コロッケ”で、お値段は税別価格100円也。最近『くら寿司』へ来た時は何故かコロッケを食べる事が多く、以前にも”黒毛和牛 牛すじスリーミーコロッケ”とか”スリーミーカレーコロッケ”を食べた事がるのだが、今回は商品名に”イベリコ豚丼”とか”イベリコとんこつらーめん”と同じく?”イベリコ豚シリーズ”のようだったので思わず注文したのだった。ま、流石に”イベリコ豚”そのものが入った”イベリコ豚丼”とか”イベリコとんこつらーめん”と違ってこの”イベリコ豚”は具の中に練り込まれていて存在感は無いが、コロッケとして普通に美味しかった
 
くら寿司シャリ野菜チキン
それはさて置き、折角回転寿司チェーン店へ来たのだがから寿司も一皿ぐらい食べて置こうと思って注文したのがこちらの”シャリ野菜チキン”で、お値段は税別価格100円也。『くら寿司』から”シャリ野菜シリーズ”が登場して以来、結構な割合で食べているがこの”シャリ野菜チキン”は未だ食べた事が無い・・・と思って注文したのだが、後から当ブログの過去記事をチェックしたら案の定?既に食べていた・・・。何れにしてもこの”シャリ野菜チキン”は結構好きな寿司だ。
 
くら寿司黒酢のシャリカレー
そして最後に注文したのがこちらの”黒酢のシャリカレー”で、お値段は税別価格280円也。基本的には以前から偶に食べている”すしやのシャリカレー”の”黒酢のシャリ”バージョンで、見た目的にも味的にもほとんど同じでこれと言ったインパクトは無い。どうせならばルーを”すしやのシャリ黒カレー”のようなブラックタイプにして、更にご飯もイカスミで黒くして”黒酢の黒シャリ黒カレー”とかにすれば見た目にインパクトがあったのになあ・・・と思う・・・。
 
くら寿司黒酢のシャリカレーくら寿司黒酢のシャリカレー
ちなみに先に注文した”イベリコ豚コロッケ”を1個残して置いて”黒酢のシャリカレー”にトッピングして食べてみた・・・。ま、それがどうした・・・と言うような話で特にこれと言って特筆する点も無いのだが、滅多に食べない?”コロッケカレー”風で、これはこれで中々美味しかったかな
 
てな事で、毎度お馴染みの『くら寿司』から新登場した”フィッシュバーガー”とか”黒酢のシャリカレー”を食べてみたのだが、”黒酢のシャリカレー”は兎も角として”フィッシュバーガー”の方は個人的に魚嫌いと言う事もあってか味的にちょっとイマイチだったかな。ま、個人的に『くら寿司』に望む事と言えばラーメンの新作を開発して欲しい・・・って事ぐらいかな。何なら”すしやのカレーラーメン”ってのは如何でしょうか?

2019年5月25日

毎度お馴染みの”らーめん幸楽苑”から”ゆず塩野菜らーめん”の100円OFFクーポンが届いたので食べてみた!あっさりスープだし野菜の量も少な目だったかな。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:56 PM
 
代理人記録
 
福島県に本店を置く『中華そば 幸楽苑』(今は『らーめん幸楽苑』と言うべきかも・・・)が姫路に進出して来たのは2005年の春頃で、その時は姫路市内のあちらこちらに一気に三店舗同時オープンさせたのだが、その半年後ぐらいに今度は加古川にも進出!しかも姫路にオープンした当初は一杯390円だった”中華そば”は最初は税抜価格390円だったのに対して、『加古川店』がオープンした時には何と税抜価格290円に値下げ・・・。その値段の安さと味と内容が受け、当時関西を中心に一世風靡していたラーメン1杯180円がウリの”びっくりラーメン”を廃業に追い込んだ最大の要因だとも言える・・・。が、流石にラーメン1杯290円では儲からないのか、あるいは経営戦略の失敗?で、その『加古川店』も遂に閉店!更にはステーキチェーンの『いきなりステーキ』のFC展開にも乗り出すなど、なりふり構わぬ展開に・・・。
 
そんな『らーめん幸楽苑』に登録しているメルマガから”ゆず塩野菜らーめん”の”100円OFFクーポン”が届いた。個人的な好みで言うと”ゆず塩野菜らーめん”にはほとんど関心が沸いて来なかったのだが、相変わらず加古川ニッケパークタウンには良く行っているし、こんな機会でも無い限り”ゆず塩野菜らーめん”を食べる事も無いかな?と思い、取り敢えず試しに食べてみる事にした。
 
らーめん幸楽苑ニッケパークタウン店
こちらがまたまた行って来た『らーめん幸楽苑/ニッケパークタウン店』で、以前にもチラッと書いたが私が良く利用していた『加古川店』は木曜日限定で”金券半額返還フェア”をやっていたので、『らーめん幸楽苑』へ行くなら『加古川店』へ行く方がお得だと思っていたのだが、私と同じような思いの客が多かったのか、逆に?木曜日以外の日の客の入りに影響したようで残念ながら『加古川店』は閉店してしまったのだった・・・。ま、最大の要因は看板商品だった”290円の中華そば”を止めた事にあるとは思うのだが、確かにあの値段では儲けも少なかったろうから、どの道似たようなコースを辿ったのかも知れないが・・・。
 
らーめん幸楽苑ゆず塩野菜らーめん100円OFFクーポン
そしてこちらが『らーめん幸楽苑』のメルマガに届いた”ゆず塩野菜らーめん”の”100円OFFクーポン”で、ご覧の様に以前から販売されている”ゆず塩野菜らーめん”の他に今回は”ゆず塩野菜らーめん(辛)”ってのが新登場している。とは言え、そもそも”ゆず塩野菜らーめん”自体にそれ程の関心が無いのと辛い料理も特に好きと言う訳でも無いので、今回は素直に”ゆず塩野菜らーめん”の方を食べてみる事に決定!!!
 
らーめん幸楽苑ゆず塩野菜らーめん
で、こちらが実際に食べた”ゆず塩野菜らーめん”で、お値段は通常税込価格561円の処、メルマガに届いた”100円OFFクーポン”利用で100円引きとなって税込価格461円也。何年か前に『加古川店』で食べた”野菜ちゃんぽん”は、巷に良くある”野菜ラーメン”と同じように野菜がたっぷり入っていた印象だが、それと比べると野菜の量は少な目に感じる・・・。ちなみに商品案内に寄ると”爽やかで始まり爽やかで終わる味わい。★シャキシャキした野菜も入ってみずみずしく、女性には特におススメ♥♥柚子と塩がよく合います”との事。で、早速この”ゆず塩野菜らーめん”を食べてみると見た目通りの透明感のあるあっさりしたスープで普通に美味しいが、個人的には若干物足りない味だったかな。
 
てな事で、毎度お馴染みの『らーめん幸楽苑』のメルマガに”ゆず塩野菜らーめん”の”100円OFFクーポン”が届いたので試しに食べてみたのだが、確かに”ゆず風味のあっさりテイストなスープ”で普通に美味しいが、個人的に背脂がたっぷり入ったこってり系スープが好きな事もあって何と無く物足りなさがあった・・・。それに”野菜ラーメン”と言う割には野菜の量も少なかった気もするし・・・。この内容ならもう100円安くてもエエような・・・。

2019年5月24日

毎度お馴染みの”はま寿司”が”本鮪大とろと春の味自慢”フェアをやっていたので”本鮪大とろ”とか”はまぐりラーメン”を食べてみた!〆の”フカヒレあんかけ炒飯”以外は中々ウマい!

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 9:38 PM
 
代理人記録
 
相変わらず月に何度か何処かの回転寿司チェーン店へ食べに行っているのだが、牛丼チェーン店やラーメン屋さんの話と違い食べた商品の写真の数が多い・・・。そんな事もあって回転寿司チェーン店の話題を敢えて後回しにしていたら、どんどんと溜まって来たので、取り敢えず幾つか回転寿司チェーン店へ食べに行った話の中から『スシロー』に続いて『はま寿司』のお話・・・。
 
はま寿司加古川平岡店
こちらがまたまた行って来た『すき家』の親会社で有名なゼンショーグループ系列の『回転寿司チェーン はま寿司/加古川平岡店』で、この日もランチタイムには少し早目の訪問時間で店内が未だ空いていたのと、この店では店員さんでは無くペッパー君が出迎えてくれて席の希望を好きなように選べるので、今回もゆったりと食事が出来るテーブル席を利用する事に・・・。
 
はま寿司本鮪大とろと春の味自慢フェアメニュー
そしてこちらがこの時に『はま寿司』で開催されていた”本鮪大とろと春の味自慢”のフェアメニューで、私の大好きな”大とろ”を食べるのは当然の如く、その他にも何と無く春を感じさせるような”桜えび軍艦”とか”釜茹で白魚つつみ”があったので、それらも併せて適当に食べてみる事に決定!!!
 
はま寿司本鮪大とろと春の味自慢地中海産本鮪大とろ
で、先ず最初に廻って来たのがこちらの”地中海産本鮪大とろ”で、お値段は税抜価格150円也。ご覧の通り正に脂の塊と言わんばかりの白みがかった大とろ”で、実際に食べても口の中で蕩けるような味わいがあって中々ウマい!この日の少し前に食べた”スシローの天然本鮪大とろ”は1貫300円だったので、このネタで150円ならばお得感はこちらの方が圧倒的に高い
 
はま寿司本鮪大とろと春の味自慢桜えび軍艦
そしてその次に廻って来たのが”本鮪大とろと春の味自慢”フェアメニューの中にあったこちらの”桜えび軍艦”で、お値段は平日税抜価格90円也。後から当ブログの過去記事を見てみたら、昨年も同時期に『はま寿司』へ来た時にもこの”桜えび軍艦”を食べていたようだが、何と無く春の季節感があって、これはこれで中々美味しかった
 
はま寿司本鮪大とろと春の味自慢茨城県霞ケ浦産釜茹で白魚つつみ
そしてこちらも”本鮪大とろと春の味自慢”のフェアメニューの中にあった”茨城県霞ケ浦産 釜茹で白魚つつみ”で、お値段は平日税抜価格90円也。私的には白魚と言うよりは”ちりめんじゃこ”と言うような雰囲気(魚の種類が違うのかな?)ながら、若かりし頃は家に必ずこの手の”ちりめんじゃこ”があって魚が苦手な私でも意外と良く食べていたので、何と無くそんな懐かしさもあって中々美味しかった!
 
はま寿司本鮪大とろと春の味自慢あおりいかソーメン握り
それともう一つ、こちらも”本鮪大とろと春の味自慢”のフェアメニューの中いあった”あおりいかソーメン握り”で、お値段は平日税抜価格90円也。で、”いかソーメン”と言えば居酒屋定番のメニュー(と言っても最近は全然食べた記憶が無いが・・・)だが、このお店でも以前に”北海道産真 いかソーメン”を食べたり、あるいはライバルチェーンの『スシロー』でも”北海道産真いか うにのせ”と言う”イカソーメンを使った寿司”を食べた事がある程、意外と馴染の寿司で大きなインパクトは無いが、こちらも中々ウマかった
 
はま寿司本鮪大とろと春の味自慢春の旨だしはまぐりラーメン
そんなこんなで先ずは”本鮪大とろと春の味自慢”のフェアメニューの中にあった寿司を何品か食べた後、やっぱ『はま寿司』へ来てラーメンを食べずには帰れないと思い”毎年この時期限定で販売しており、過去にはわずか 1 カ月で 60 万杯以上売り上げるなど、お客様に大変ご好評をいただきました”と言う”春の旨だしはまぐりラーメン”を食べてみる事に決定!!!
 
はま寿司本鮪大とろと春の味自慢春の旨だしはまぐりラーメン
で、間も無くしてスタッフの方が直接テーブル席まで運んで来てくれたのがこちらの”春の旨だしはまぐりラーメン”で、お値段は税抜価格380円也。パッと見た感じは昨シーズンに食べた時と変りは無いようだが、公式案内に寄ると”スープは北海道産真昆布とはまぐりをじっくりと煮込むことで、貝の旨味たっぷりに仕上げています。今年は昨年よりも、はまぐりの出汁感を更にアップさせることで、より濃厚なはまぐりの旨味をお楽しみいただけます。また、厳選したはまぐりと青ねぎ、白髪ねぎをトッピングすることで、スープの風味をシンプルに味わっていただけるように仕上げました”との事で、それなりに何点かリニューアルしてあるようだ。
 
はま寿司本鮪大とろと春の味自慢春の旨だしはまぐりラーメン
そしてこちらが”春の旨だしはまぐりラーメン”にトッピングされていた”はまぐり”で、以前に”はなまるうどんで食べたはまぐりうどん”や”丸亀製麺で食べたはまぐりうどん”に入っていた”はまぐり”よりも何と無く大きいような印象で、これを食べつつスープを飲むと、あっさりながら”はまぐり”の風味満載で中々ウマい!以前に”王将でしじみラーメン”やら”スシローでしじみ入りのあご出汁塩ラーメン”を食べた事があるが、やっぱ海老と同じく?貝も身が大きい方が美味しいようで、断然”しじみ”よりもこちらの”はまぐり”の方が美味しいような気がする・・・。
 
はま寿司本鮪大とろと春の味自慢フカヒレあんかけ炒飯
それはさて置き、本来は”春の旨だしはまぐりラーメン”を最後に食べてそのまま帰ろうと思っていたのだが、商品名に私の大好きな”フカヒレ”の名が付いていたので思わず追加で注文したのがこちらの”フカヒレあんかけ炒飯”で、お値段は税抜価格280也。値段が値段なので期待はして無かったが、ご覧の通り全くと言って良い程に”フカヒレ”の姿が無い・・・。毎度お馴染みの『かつや』で食べた”フカヒレあんかけご飯”でも、小さな”フカヒレ”の欠片が入っていたのだけどなあ・・・。何れにしても本格的な中華料理店で食べる”フカヒレのあんかけご飯”とは雲泥の差があったかな・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『はま寿司』が”本鮪大とろと春の味自慢”をやっていたので今回は”地中海産本鮪大とろ”とか”春の旨だしはまぐりラーメン”を食べてみたのだが、最後の”フカヒレあんかけ炒飯”を除いてはどれも期待通りウマかった!とは言え、今回もそうであったが最近の『はま寿司』は以前登場した寿司やラーメンが大半で、これと言った新作が登場しなくなった事もあって、この日以降全く『はま寿司』へ行って無いのだが、それはそれでエエような気もする・・・。

2019年5月23日

毎度お馴染みの”スシロー”が”本気づくしのまぐろ祭”をやっていたので”天然本鮪大とろ”とか”十和田バラ焼き風まぜそば”を食べてみた!意外と”トンポーロー”が結構ウマかった!

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 9:46 PM
 
代理人記録
 
相変わらず月に何度か何処かの回転寿司チェーン店へ食べに行っているのだが、牛丼チェーン店やラーメン屋さんの話と違い食べた商品の写真の数が多い・・・。そんな事もあって回転寿司チェーン店の話題を敢えて後回しにしていたら、どんどんと溜まって来たので、取り敢えず幾つか回転寿司チェーン店へ食べに行った話の中から先ずは『スシロー』のお話から・・・。
 
あきんど スシロー高砂店
こちらがまたまた行って来た『あきんど スシロー/高砂店』で、偶に利用する『加古川野口店』はお店が開店する午前11時前には店前に既に行列が出来ている場合が多いが、流石にこちらの『高砂店』は開店前から行列が出来ていると言う程では無いが(土日は敢えて避けているので、土日の様子は知らないが・・・)、それでも正午前後からはお店入って直ぐのロビーには空席待ちの客で溢れているようだ。
 
スシロー本気づくしのまぐろ祭のメニュースシロー食の祭典Sushiro-1グランプリのメニュー
そしてこちらがこの時に『スシロー』で開催されていた期間限定の”本気づくしのまぐろ祭”と”食の祭典 Sushiro-1グランプリ”のフェアメニューで、一番の売りは”天然まぐろ”を使った寿司が7貫入った”天然鮪づくし”なのだが、他にも食べてみたい料理が何点かあったので、先ずは私の大好物の”天然本鮪大とろ”をメインに何点か適当に食べてみる事に決定!!!
 
スシロー本気づくしのまぐろ祭炙り牛タンレモン
で、先ず最初に廻って来たのは”食の祭典 Sushiro-1グランプリ”のメニューの中にあったこちらの”炙り牛タンレモン”で、お値段は税抜価格150円也。その名の通り炙った牛タンの握り寿司の上にスライスしたレモンが乗っただけのシンプルな内容で普通に美味しいが、やっぱ私の大好きな仙台牛タンとは雲泥の差があったかな・・・。
 
スシロー本気づくしのまぐろ祭トンポーロー
そしてその次に廻って来たのが商品名に釣られて思わず注文したこちらの”トンポーロー”で、お値段は税抜価格150円也。”トンポーロー”と言う商品名からある程度は想像が付いていたが、所謂”豚肉の角煮”とか”沖縄名物ラフテー”に似たような料理で、ご覧のようにシャリと比べて結構大き目サイズの物が乗っている。で、この”トンポーロー”がメチャ柔らかくて期待通り中々ウマい!個人的な印象としては150円以上の価値が有った気がする・・・。
 
スシロー本気づくしのまぐろ祭大型生本ずわい蟹&かに味噌和え
そしてこちらは以前にも食べた気がしたのだが、今シーズは本格的な蟹を食べて無かった事もあって思わず注文してしまった”大型生本ずわい蟹&かに味噌和え”で、お値段は税抜価格300円也。ご覧の通り”ぷりぷりの生本ずわい蟹と濃厚なかに味噌和えが1皿で楽しめる”一品で、味は見た目で想像した通りではあったがどちらもこれまた期待通りメチャ美味しかった
 
スシロー本気づくしのまぐろ祭天然本鮪大とろ
そして満を持して廻って来たのが、個人的にこの日の1番のメインとも言えるこちらの”天然本鮪大とろ”で、お値段は税抜価格300円也。タッチパネルで注文した場合は、どんなネタが乗っているのか運でしか無いのだが、今回はご覧の通り結構な厚さの”大とろ”だ。で、早速この”天然本鮪大とろ”を食べてみると、口の中で蕩けて行くような脂感満載でメチャウマい思わずもう1貫追加して食べたくなった程であった!
 
スシロー本気づくしのまぐろ祭十和田バラ焼き風まぜそば
そんなこんなで適当に寿司を食べた後で注文したのが”食の祭典 Sushiro-1グランプリ”の中にあった”十和田バラ焼き風まぜそば”で、お値段は税抜価格330円也。その名の如くB級グルメイベントで良く目にする十和田名物バラ焼き”風の具が入った”まぜそば”で、私が”十和田名物バラ焼き”を食べたのはコンビニで売っていた”十和田バラ焼き弁当”ぐらいでしか無いので何とも言えないが、”十和田名物バラ焼き”の他に温玉もトッピングされている・・・。
 
スシロー本気づくしのまぐろ祭十和田バラ焼き風まぜそば
で、”まぜそば”の名の通り適当に具と麺を絡めて混ぜて完成したのがこちらの”十和田バラ焼き風まぜそば”で、甘辛タレの味の牛肉とまろやかな玉子が麺に絡んでこれはこれで中々ウマい!別に”まぜそば”では無くシャリの上に乗せて”十和田バラ焼き風握り寿司”でもエエような気もしたが、ちょっと変わった”まぜそば”と言う意味で、これはこれで楽しい一品であった。
 
スシロー本気づくしのまぐろ祭十和田バラ焼き風まぜそば
ちなみに”十和田バラ焼き風まぜそば”の麺はこんな感じの中太平打ち風で、雰囲気的には『スシロー』で登場する”まぜそばシリーズ”で使われている何時もの麺と同じような気はするが、これはこれで中々美味しい麺だったかな。
 
スシロー世界の海からいいネタのメニュー
それはさて置き、”天然本鮪大とろ”や”十和田バラ焼き風まぜそば”等を食べてお腹的にはそこそこ満足したのだが、”世界の海からいいネタPROJECT”のメニューを見ると何と無く私の大好きな”フォアグラ”に似た”炙りあん肝にぎり”ってのがあったので、『くら寿司』や『はま寿司』で食べた”あん肝”と食べ比べの意味も兼ねて注文してみる事に・・・。
 
スシロー本気づくしのまぐろ祭炙りあん肝にぎり
で、間も無くして廻って来たのがこちらの”炙りあん肝にぎり”で、お値段は税抜価格100円也。パッと見た感じは以前に『くら寿司』で食べた”あんきも”と比べると、こちらの方が身も厚いし見た目的にも美味しそうに思えたのだが、実際に食べてみると私の苦手な魚特有の癖を感じる味で、個人的にはちょっとイマイチだったかな。
 
スシロー本気づくしのまぐろ祭鶏チャーシューねぎまみれ
それはさて置き、本来であれば”炙りあん肝にぎり”を〆で食べて帰ろうと思っていたのだが、何と無く口当たりがイマイチのままだったので、お口直しにと思い追加オーダーしたのがこちらの”鶏チャーシューねぎまみれ”で、お値段は税抜価格100円也。雰囲気的には以前に『スシロー』で食べた”濃厚本格鶏白湯ラーメン”に入っていた”鶏チャーシュー”に似た感じではあるが、タレがかかっていてこちらは中々美味しかった
 
てな事で、毎度お馴染みの『スシロー』で”本気づくしのまぐろ祭”と”食の祭典 Sushiro-1グランプリ”フェアをやっていたのでその中から”天然本鮪大とろ”とか”十和田バラ焼き風まぜそば”を食べてみたのだが、私の大好きな”天然本鮪大とろ”は当然の如く、その次に美味しかったのは意外な事に”トンポーロー”だったような・・・。てか、この”トンポーロー”は次回『スシロー』へ行った時にも食べてみようと思いつつ確か既にメニューに無かったような・・・。それはさて置き、”炙りあん肝にぎり”は何と無くイマイチだったので、やっぱ”フォアグラ”を使った寿司が食べたいなあ・・・と思っていたら遂に『スシロー』でも”フォアグラ”を使った寿司が登場したので、それに釣られて食べに行ってしまったのだが、その話も出来るだけ早く・・・。

2019年5月22日

”串カツ麺酒場串めんず”で夜メニューにあったラーメンを食べようと昼間に行ったら無かったので”Wスープのらーめん”を食べてみた!以前はもっと美味しかった気が・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
最近は全然食べに行って無かった山電高砂駅前にある『豚骨鶏ガラ らぁめん房』が『串カツ麺酒場 串めんず』と言うお店にリニューアルし、更に最近になって新メニューで”海老塩らぁめん”ってのが登場したので、それに釣られて食べに行ったのだが、その前に夜のメニューにあった”濃厚豚骨らぁめん”か”地鶏白湯らぁめん”を食べてみようと、昼間に行ったら『豚骨鶏ガラ らぁめん房』の時のメニューと変って無くて”Wスープのらぁめん”を食べた話が未だだったので、まずはそちらの話を御紹介・・・。
 
串カツ麺酒場串めんず
こちらがまたまた行って来た『串カツ麺酒場 串めんず』で、前回紹介したように夜は串カツとラーメンの両方が食べれるちょっと変ったお店なのだが、流石に昼間は串カツの販売はやって無いようだ。で、最初に書いたように夜メニューにあった”濃厚豚骨らぁめん”か”地鶏白湯らぁめん”のどちらかを食べようと思って券売機のボタンを見ると『豚骨鶏ガラ らぁめん房』の時とほとんど同じで、”濃厚豚骨らぁめん”も”地鶏白湯らぁめん”もボタンが無い・・・。更には私が好きだった”和風とんこつ醤油味”も見当たらなかった(良く探せばあったかも・・・)ので、取り敢えず看板商品の”Wスープのらぁめん”を食べてみる事に決定!!!
 
串カツ麺酒場串めんずWスープのらーめん
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”Wスープのらぁめん”で、お値段は税込価格690円也。パッと見た第一印象は以前に偶に食べていた時と何と無く雰囲気が違うので、帰って来てから当ブログの過去の記事の写真と照らし合わせてみたら、スープとネギは同じだが、ラーメン鉢を筆頭にトッピングのチャーシューや海苔等、若干の違いがあるようだ。で、”鶏ガラと豚骨のいいとこどりをしたWスープ”も以前食べた時はもっと美味しく感じたが、この日は他のラーメンを食べようと思っていた心理的な物が影響してか割と普通の味だったかな。
 
串カツ麺酒場串めんずWスープらぁめん
そしてこちらは”Wスープのらぁめん”にトッピングされていたチャーシューで、ご覧の通り以前とは違う炙りチャーシューになっていてこれはこれで中々ウマい!最近は”餃子の王将でも炙りチャーシュー”を使う時もあるぐらいにメジャーになって来たが、『ずんどう屋本店』で初めて炙りチャーシューを目にした時はちょっとした感動があったような・・・。今となっては遠い昔の話のような気がする・・・。
 
串カツ麺酒場串めんずWスープのらぁめん
ちなみに”Wスープのらぁめん”の麺はこんな感じの極細ストレートタイプで味的には可も無く不可も無く・・・。そう言えばこのお店でも一時期太麺か細麺が選べていた時があったのだが、それもまた遠い昔の話のような・・・。
 
てな事で、少し前に『豚骨鶏ガラ らぁめん房』から『串カツ麺酒場 串めんず』にリニューアルしたお店に行って夜メニューにあった”濃厚豚骨らぁめん”か”地鶏白湯らぁめん”を食べようと思ったら、昼メニューは以前の『豚骨鶏ガラ らぁめん房』時と全く同じ?だったので今回は久々に”Wスープのらぁめん”を食べてみたのだが、普通に美味しかったけど以前食べていた時程のウマさは無かった気がする・・・。それはさて置き、最初に書いたように遂最近になって新メニューで”海老塩らぁめん”と”汁なし油そば”が登場したので、先ずは”海老塩らぁめん”を食べに行ったのだが、その話はまた後日・・・。
次のページ »

WordPress.com Blog.