義史のB型ワールド

2007年2月16日

小さいサイズのぶたまんって食べ応え無いよね。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:55 PM
 
代理人記録
 
私は実は豚まんも大好き。この辺りでは一貫楼豚まんが好きだったのだが、一貫楼の姫路店も加古川店も無くなってしまった。一時期、トーホーの荒井店で出店風で売っていたけど、最近はお目にかかっていない。
てなことで最近は一貫楼の豚まんもご無沙汰だ。 

 
で、こちらは先日のヤマトヤシキ加古川店長崎物産展で売って居た「桃太呂」とか言う店の豚まん。
何と無くスーパーで見かけたこともあるような無いような感じだったけど、気になるので買ってみた。
 
サイズは所謂一口サイズの豚まんのちょっとだけ大きめ。神戸の中華街で有名な老祥記の豚まんのサイズかな。
実は私は老祥記の豚まんはあんまり好きじゃ無い。本店はともかく、一度、阪急百貨店ハーバーランド店で買ったら、滅茶不味かった。不味いにも程がある以上に酷い物だった。まあ偶々だったとは思うけど、それを最後に老祥記の豚まんは絶対に買わないようになったのだった。

で、お味。まあ、小ぶりなサイズの割りには美味しい方かな。ただレンジでチンして食べたので、本来の旨さを実感出来たわけでは無いのがちょっと残念かも。

ちなみにこの店のホームページのアドレスは「http://www.butaman.co.jp」ぶたまんだ!単に取得が早かったからなのか、それとも豚まんの商標登録とかしてあるのかな? 

そう言えば、若かりし頃、信州方面へ車でスキーに行く時に良く寄った、多賀サービスエリアにこのサイズの豚まんを売っていたのだが、あれは旨かった。スキーに行く前と言う楽しい気分のせいもあったが、実際に旨かったと思う。必ず多賀に寄って買って食べてたもんなあ。ちなみに上り車線のサービスエリア。反対に下りのサービスエリアのかき揚うどんも美味しかった。わざわざ上り車線のサービスエリアから歩いて下り車線のサービスエリアまで行って食べたものだ。(多賀のSAは渡り通路があった。今は知らないけど)

何かこんな事、書いてると豚まんより多賀のサービスエリアでの思い出が沢山蘇って来た。嫌あ、あの頃は楽しかったなあ・・・、つくづく、しみじみ・・・。「♪返りたい返れない青春と呼ばれた日々に・・・♪ by長渕剛」

広告

WordPress.com Blog.