義史のB型ワールド

2013年1月28日

長嶋温泉ツアー、折角入場料無料なのでナガシマスパーランドと湯あみの島で一服!

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 11:50 PM
 
代理人記録
 
当初の計画では2泊3日だったので、2日目はゆっくりと温泉三昧するつもりだったのだが、1泊だけになったので、翌日は午前11時にホテルをチェックアウト!が、しかし、今ツアーには”ナガシマスパーランド”とか併設されている温泉施設”湯あみの島”への無料入場券が付いている・・・、って事で、それを使わずに帰るのも勿体無い話!なので、短時間ながら”ナガシマスパーランド”と”湯あみの島”へ行ってみる事にした。
 
長嶋温泉ナガシマスパーランド
とは言っても、大の大人が”ナガシマスパーランド”で乗れるアトラクション?は皆無に等しい・・・。って事で、とりあえずこちらの”直径83mの大観覧車オーロラ”にだけ乗ってみる事にした。ちなみに搭乗料は御一人様500円也・・・。
 
長嶋温泉ナガシマスパーランド
それはさて置き、まずは大観覧車から長嶋温泉の西の方(所謂、大阪方面)を見た様子がこちら・・・。左側に今回宿泊した”ホテル花水木”が見えているのだが、偉い遠くに思える広さだ。で、園内には巨大なジェットコースターやらフリーフォール?みたいなアトラクションが多数見えているのだが、正月明けとは言え平日だし、外はまだまだ寒いしって事もあってか、お客さんの数は心持少ない様な・・・
 
長嶋温泉ナガシマスパーランド
そしてこちらは名古屋方面を見た様子で、日差しの関係もあって物凄く青空が広がって見える・・・。ちなみにこの左の真ん中辺りの空き地は、只今工事中?の様で、まだまだ長島リゾート規模を拡大しつつある様な・・・。
 
それは兎も角として、観覧車を降りた後は、時間も時間だし他に乗りたい物も無いし・・・、って事で、これまた今回のツアーに無料入場券が付いていた天然温泉施設湯あみの島”に行ってみる事に・・・。ちなみに”湯あみの島”は宿泊客は無料なのでホテルから直接行く事も出来たのだが、遠かったのと、ホテルの大浴場でも十分満足出来たので、昨夜は行かなかったのだった。本来の計画通り2泊3日で来ていたら、この日は丸一日中”湯あみの島”で温泉漬けだったかも知れないのだが・・・。
 
長嶋温泉ナガシマスパーランド湯あみの島
そしてこちらが、その”湯あみの島”のロビーでホテル宿泊客以外でも入場料を払えば誰でも利用出来る温泉施設で、この時も大型観光バスに乗った団体さんがどどどーっとやって来て、上階にある宴会場へと向かって行った。きっと宴会した後、温泉三昧するツアーなのだろう・・・。
 
長嶋温泉ナガシマスパーランド湯あみの島
で、この”湯あみの島”は外から入った場合は、大きなロッカールームで浴衣に着替えその後、温泉の脱衣場で浴衣を脱いで入浴すると言う方式。そんな事もありロビーで受付してから、温泉の脱衣場に辿り着くまで10分以上かかった・・・。ホテルに宿泊したまま連絡通路を通って来ると、もうちょっとお手軽だったみたい・・・。
 
長嶋温泉ナガシマスパーランド湯あみの島長嶋温泉ナガシマスパーランド湯あみの島
で、ここからは”湯あみの島”の温泉施設&露天風呂廻りをするのだが、流石にお客さんが大勢いるので、ホテルの大浴場と同様に撮影禁止!って事で、残念ながら、その素晴らしい数々の露天風呂の姿は撮れ無かった・・・。興味のある方は、公式サイトとかパンフレット等を入手して見て頂戴!
 
それはさて置き、駆け足で取り敢えず全ての湯に浸かってロビーの休憩室に戻って来たら、既に40分経過・・・。待合せ時間の関係もあったので、直ぐに”湯あみの島”を出る事になったのだが・・・。
 
長嶋温泉ナガシマスパーランド湯あみの島長嶋温泉ナガシマスパーランド湯あみの島
やっぱ温泉に浸かった後はビールが要るでえ・・・、って事で取り敢えず、湯上りの一杯って事で、昨夜の”なばなの里の地ビール園”同様に”地ビールのピルスナー”で乾杯!至極の一瞬であった。
 
てな事で、”湯あみの島”で温泉三昧をしたのだが、ゆったり湯に浸かると1~2時間は十分楽しめる?大温泉施設だった。しかもジャグジーやら滝つぼの湯やら、色んなお風呂があって中々楽しかった。やっぱ2泊3日して、1日中温泉三昧をしたかった気がする・・・。それはさて置き、急いでホテルまで戻り帰り支度をするのであった・・・。だが、長島温泉ツアーの話はまだまだ続く・・・。
広告

長島温泉ツアー、朝風呂で温泉に浸かった後は朝食!朝から食べ切れん程の数の料理が並んでいた!

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 10:12 PM
 
代理人記録
 
前日の夜は特にする事も無く、温泉に浸かった後、サービスで付いていたコインを使ってゲームセンターで遊んだ程度だったので、午前0時頃には床に就いたのだが、個人的には枕が変わると中々寝むれない事もあり、何か寝た様な一晩起きてた様な気分のまま朝を迎えた・・・。で、午前8時過ぎに起床した後、取り敢えずは温泉大浴場で眠気を吹っ飛ばした後、朝食を食べに行く事となったで、夕食は部屋食だったが、朝食は何時もの如く?レストラン食・・・、と言う事で”ホテル花水木”の別館の1Fにあるレストランへと向かう・・・。
 
長嶋温泉ホテル花水木朝食/庭園レストランくすの木
こちらが、この日の朝食の会場である『庭園レストランくすの木』で、ホテルの紹介記事の中でも書いた様に、今から5年ぐらい前に浜松へ向かう途中に、このホテルに立ち寄ってランチを食べた時に利用したレストランだ。
 
長嶋温泉ホテル花水木朝食/庭園レストランくすの木
で、以前来た時はレストランの入口に近い部屋の中庭に面した席に案内されたのだが、今回は一番奥の、天井が高い大きな部屋へと案内された。毎度の事ながら、我々御一行は何処へ行っても朝食は遅い(この時は既に9時半近く・・・)、と言う事で既に大半の宿泊客が食事を終えて部屋へ戻って行ってる様で、結構空いている・・・。朝食がバイキングだったら、遅い時間に行くと人気料理が無くなっている事もあるのだが、今回は一人ずつ御膳が用意されるらしいので、その点は安心だったが・・・。
 
長嶋温泉ホテル花水木朝食
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらのこの日の”朝食”で、ご覧の通り豪華?と言うのか、品数豊富な御膳だが、パッと見た感じは特筆する様な逸品は無さそうな、良くある旅館の朝食の様な和食セットだ。個人的には、何年か前に鳥羽へ旅行した際の翌朝に出て来た”鯛茶漬け”みたいな、何か印象に残る一品が出て来てくれた方がありがたい?のだが・・・。
 
長嶋温泉ホテル花水木朝食
そしてこの日は”七草粥”を食べる日!と言う事で、普段は付いて無いらしい”七草粥”が特別に付いているとの事。って事で、まずはその”七草粥”から食べてみると、当然の如く?具は七草(あったかな?)しか入って無いあっさり味のお粥で胃には優しい感じ。ちょっと味気なかったので、途中から御膳にあった温泉玉子を入れて食べたのだが、普段、朝食をあまり食べない私には、この”七草粥”だけあれば、それで十分だったかも・・・、と言うぐらいの量があった。
 
長嶋温泉ホテル花水木朝食
で、”七草粥”と同じく、御膳とは別に運ばれて来たのがこちらのサラダで、全体的には和食料理のオンパレードなのに、このサラダだけは洋食チックな内容?だ。何故こんなアンバランス?と言うのかミスマッチした様なサラダが付いて来たのか定かでは無いが、これまたしっかりした量があるサラダで、私にはこのサラダと、他にパンが1個か2個あれば、それで十分だったかも・・・。
 
長嶋温泉ホテル花水木朝食
それはさて置き、後々の参考の為に、少しだけ朝食の御膳の中身を紹介して置くと、まずはメインのおかずがこちらで、旅館の朝食の定番である、干し魚や昆布巻きや玉子焼き等が並んでいる。ちなみに右下の焼餅の様な物は、カマボコみたいな練物だった。
 
長嶋温泉ホテル花水木朝食
そしてこちらは、これまた良くある煮物の小鉢で、大体みたまんまなのだが、昨日の夕食同様にお出汁が美味しかった事もあって、中々美味しい煮物の小鉢だったかな。
 
長嶋温泉ホテル花水木朝食
で、その煮物の小鉢の隣にあったのが、こちらの”ホウレン草のおひたし”で、これまたみなマンマの味ではあったが、最近あまり”ホウレン草”を食べて無い・・・、って事もあってか普通に美味しかった(若かりし頃は、毎日の様に食べてたのにね・・・)。
 
長嶋温泉ホテル花水木朝食
そしてこちらは御膳の右上に置いてあった、温泉玉子、ちりめんじゃこの大根おろし、ひじきの煮物等々で、これらはどうって事の無いおかずではあったが、白いご飯との相性はバッチしで、これまた普通に美味しかったかな。
 
長嶋温泉ホテル花水木朝食
で、先にも書いた様に品数が豊富だったので、うっかりして”みそ汁”の写真を撮り忘れたのだが、こちらはその”みそ汁”のお椀の中に入っていた”しじみ”の殻で、”みそ汁”のお椀は一般的な普通サイズの物だったのだが、1杯の”みそ汁”の中に、これだけの数の”しじみ”が入っていたのだった。当然、その”みそ汁”はとっても美味しくて、この日の朝食の料理の中で一番美味しかったのが、その”しじみのみそ汁”だったかも知れない・・・。これだけの”しじみ”が入った”みそ汁”を毎日食べたらきっと健康にも良いだろうなあ・・・。
 
長嶋温泉ホテル花水木朝食
最後に・・・、こちらは朝食に付いていたデザートのフルーツで、ご覧の通り、オレンジイチゴだった。で、イチゴは兎も角として、このオレンジが甘くて中々旨い!思わず、昨夜のデザートも”すいか”では無くて、この”オレンジ”の方が良かったのに・・・、と思った瞬間でもあった。
 
てな事で、朝食バイキングだったらあまり多くは食べないのだが、この日出て来た料理は魚も含め、ほぼ全て食べたし、おかずの数が多かった事もあり白いご飯もお替りしたぐらい。おかげで昼になっても全然お腹が空いて来なかったので、ご当地グルメを食べ損ねそうになったのだが、何とか無理やり味見だけするのだけど、その話はまた後程・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.