義史のB型ワールド

2013年1月4日

以前、JR大久保駅前の東側にあった中華料理屋さんが移転して290円のラーメン屋さんになったお店に漸く行って来た!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:21 PM
 
代理人記録
 
未だワーナーマイカル加古川が誕生する前、映画を観に一足先に誕生したワーナーマイカル明石まで行く事が多かった。そんな時はJR明石大久保駅周辺でランチを食べる事が偶にあったのだが、その中のお店の一つにラーメン屋?と言うのか中華料理屋の様な『カムイ』と言うお店があった。私は一度しか入った事は無いのだが、昔長柄のちょっと古めかしくて狭苦しい店内な割に、結構賑わっているお店だったのだが、そのお店が数年前に移転して、JR明石大久保駅の北西側に『神威ラーメン』になった。そんな事もあり以前から一度行ってみようと思いつつ長い間、大久保まで行く事が無かったので、ずっと行けずにいたのだが、先日またまた大久保方面へ用事で行った序に寄ってみた。
 
神威ラーメン
こちらが今回行って来たJR明石大久保駅近くにある『神威ラーメン』で、線路沿いにあるから電車の中からも良く見えるお店だ。で、この場所にお店が移転してから、既に4~5年は経つのだが、私は移転して間も無い頃に一度来た事があるのだが、その時はちょっと中途半端な時間だった為か、お店が閉まっていては入れなかったので、お店に入って食事をするのは今回が初めてだ。そしてこのお店の最大の特徴?は、看板を見れば一目瞭然の如く、ラーメン1杯が290円と言う事。以前の中華料理屋さんの時は、そんな安いラーメンがメニューの中にあったかどうか、記憶に無いのだが、今はその290円のラーメンが看板メニュー?になっている様だ。
 
神威ラーメン
そしてこちらが『神威ラーメン』のカウンター席の中の様子で、店内はカウンター席の他にテーブルが3卓ほどあるだけの小さなお店で、年配の夫婦二人でやっている様だ。それでもこの日は未だ午前11時半頃だったのだが、既に先客が2組ほど居て、厨房の中ではおじさんがあれこれ忙しそうに料理をしていた。雰囲気的には、やっぱラーメン屋と言うよりは中華料理屋さん?と言う感じかな?
 
神威ラーメン中華メニュー神威ラーメン居酒屋・定食メニュー
そしてこちらが『神威ラーメン』のメニューで、ご覧の通り”中華メニュー”と”居酒屋・定食メニュー”なる2種類のメニューがある。お店の看板は”神威ラーメン”となっているが、どうみても以前と同じくの中華料理屋さん・・・、と言う感じのメニューだ。それにしてもラーメンのメニューが沢山あってどれが290円のラーメンなのか良く判らない・・・。
 
神威ラーメン屋台の味あっさり細めんメニュー
てな事で、お店のオバサンに”表の看板にあった290円のラーメンってどれ?”って尋ねると、壁に貼ってあるメニューを指さし、あれがオススメの290円のラーメン・・・、と教えてくれたのが、こちらの”屋台の味あっさり細めん”と書かれたメニュー。てな事で、この日は迷う事無く、こちらのラーメンを注文!何か量が少なそうな気がしたので、セットで何か頼みたい気もしたのだが、特にセットメニューが見当たらなかったのと、オバサンもそれ以上、何も勧めてくれなかったので、ラーメン単品の注文となった。
 
神威ラーメン屋台の味あっさり細めん
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”屋台の味あっさり細めん”で、お値段は290円也。値段が値段なので、一体どんな内容のラーメンが出て来るのだろう・・・、と思っていたのだが、ちゃんとチャーシューがトッピングされている、割と見た目は普通のラーメン・・・、と言うのか、まさに、”昔長柄の屋台風の中華そば”と言う感じ。ただし”ゆで玉子”は端っこの切れ端みたいな処がちょこっと入っているだけだった。
 
てな事で、早速食べてみると・・・、スープ表面には少量の脂分が層をなしているが、基本的には街中にある中華料理屋さんで時々食べる様な、あっさり系の鶏ガラスープのラーメンで、美味しいと言うよりかは、何と無く懐かしい味がするラーメンだ。味的にもボリューム的にも、もう一つ何かが欲しい様な気もしたが、お値段が290円と言う事を考えると、これはこれで十分かも・・・。
 
神威ラーメン屋台の味あっさり細めん
ちなみにこちらが”屋台の味あっさり細めん”で、文字通りの細めん・・・、と言うか極細を通りこして、まさに素麺かと思うぐらいの極細麺だ。安さの秘密はこの極細麺にある?のかも・・・。
 
てな事で、数年前にJR明石大久保駅の北西に移転オープンした『神威ラーメン』に初めて行ってみたのだが、お店の入り難さ?は、以前、駅の東側にお店が有った時とあまり変わらん様な・・・。で、確かに290円のラーメンは安い事には間違い無いのだが、飯代わりに食べるならこれだけではちょっと物足りない量だった。でももう一品、何か頼むとお得感が無くなるし・・・。悩ましい処だ・・・。

”かつやの年末感謝祭”500円ぽっきりに釣られて、今度は”カツカレー”を食べた!トンカツはエエのだけどカレーは・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:51 PM
 
代理人記録
 
かつや年末感謝祭”で、4品限定だが税込価格500円ぽっきりに釣られて久々に”ロースカツ定食”を食べたのだが、それ以外のメニューも一応は安い事には違い無いのだが、何か今一つしっくりと来ない・・・。それは何故かと言うと、本来であれば80gのロースカツが乗った”カツ丼(梅)”とか”カツカレー(梅)”で十分な処を、わざわざ根の張る110gのロースカツを使った”カツ丼(竹)”とか”カツカレー(竹)”を食わせて、それで値引き金額的にお得だろう!と思わせている様な気がしてならないからだ・・・。
 
ま、そう思うのならば別に食べに行かなくても良いのだが、偶々”かつや年末感謝祭”の最終日?だったかに、東加古川へ行ったので、その序でにまたまた『かつや』に行ってしまった・・・。
 
かつや東加古川店
こちらがまたまた行って来た『かつや/東加古川店』で、この日の訪問はランチタイム後半の午後12時45分過ぎだったのだが、”年末感謝祭”の効果なのか、未だ店内には多くのお客さんで賑わっているし、私の後からも続けてお客さんがやって来た。きっと”年末感謝祭”期間中の土日は凄い事になっていたんだろう・・・。
 
かつや年末感謝祭フェアメニュー
そして、こちらが前回も紹介した”かつや年末感謝祭”のメニューで、この期間中は上記の4品しかやって無い(”ロースカツ定食”に付いている”とん汁(小)”を大に変更したり、うどん等のサイドメニューは出来る様だったが・・・)。で、この日、私が食べたのは、他のお客さんの数多くが頼んでいた値引き率的に一番お得な”カツカレー(竹)”・・・。正直な思いを書くと・・・、値段を下げる前にカレーの味を何とかして欲しい・・・、って事なのだが・・・。
 
かつやカツカレー(竹)
それはさて置き、この日は”全てのトンカツが110gのロースカツ”って事もあり、厨房では次々とと”ロースカツ”を揚げている様で、何時もより待ち時間少なく運ばれて来たのが、こちらの”カツカレー(竹)”で、税込価格787円の処、”年末感謝祭”で税込で500円ポッキリ。以前開催された”感謝祭第4弾”の時は税込価格619円だったので、その時に比べると安い事は間違い無いのだが、”80gのロースカツを使ったカツカレー(梅)”が通常価格619円で、更に何時もの様に”100円の割引券”を使うと519円になるので、実際は”豚肉の量30g”程度の価格差しか無い様な気もする・・・。
 
かつやカツカレー(竹)
そしてこちらが”カツカレー(竹)”の”110gのロースカツ”で、これだけ続けて何度も食べていると、旨いとか不味いとか全然関係無く、まさに”日本人が米を食べた時”の様に、これが何時もの”トンカツ”って感じの味だ。もう私の中では完全に”かつやのロースカツ”の味が基準になってしまっている・・・。冷静になって考えると・・・、これはちょっとまずいかな・・・。もうちょっと”高級店のトンカツ”に舌を馴染ませねば・・・。でもそうなってしまうと『かつや』に来れなくなってしまうかも知れないし・・・、悩ましい処だ・・・。
 
かつやカツカレー(竹)
ちなみにこの日の”ロースカツ”のお肉はこんな感じで、中までしっかりと火が通っているが、それなりにジューシーさもあって、普通に旨い!かつやのロースカツ”は腐る程食べて来た事もあり、すっかりと我が舌に馴染んでしまったのだが、カレーの味だけは相変わらず馴染めない・・・。この点(カレーの味)だけ何とかしてくれたら文句は無いのだけど・・・。
 
てな事で、”かつや年末感謝祭”の500円ぽっきり価格に釣られて、またまた『かつや』に行って来たのだが、トンカツ自体は全然問題無いのだけど、やっぱカレーの味は相変わらずだった・・・。個人的な印象で行くと、未だ”吉野家のカレー”の方が美味しい様な気がする・・・。てか、やっぱ『かつや』に行った時は”カツ丼(梅)”を”100円の割引券”を使って414円で食べるのが正解なのかも知れない・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.