義史のB型ワールド

2013年1月14日

久々に行った煮干しラーメンのお店”麺や六三六”で”冬の肉そば”とやらを食べた!黒はやっぱり醤油辛かった・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:30 PM
 
代理人記録
 
年末が近づいたある日、ちょっとした事情でまたまた姫路に行って来た。で、姫路には何度も来ているのだが、この日は電車移動って事もあり駅前周辺は久々だったので、これまた久々に、駅近くにある”ドカ盛ラーメン丸十”に行ってみようかな?と思ったのだが、”ドカ盛りラーメン丸十”は年明けにまた甥っ子を連れて食べに行くかも知れない・・・、と思い却下。続いて思い立った姫路フォーラスの向かい側にある元祖『虎と龍』はお店の雰囲気が相変わらずだし、ワンコイン500円ラーメンの『ラーメン心乃輔』は値段的にちょっと寂しい?し、駅の南側に出来た『ばり馬』もワザワザ食べに入る事も無い・・・、って事で、久々に煮干しらーめんのお店『麺や六三六』に行ってみる事にした。
 
麺や六三六姫路店
こちらが久々に行って来た玉ねぎ・にぼしらーめんのお店『麺や六三六/姫路店』で、この『姫路店』が誕生してから今年の春で3年経つのだが、1年ぐらい前には神戸垂水駅前にもお店が誕生した様に、大阪を中心に徐々に店舗拡大中のそこそこ人気のラーメン屋さんになって来た様だ。でも本店が名古屋だったり、会社の住所を見ると淡路洲本だったりと、若干謎な部分も多々あるのだけど・・・。
 
麺や六三六姫路店のメニュー
そしてこちらが『麺や六三六/姫路店』のメニューで、基本的には看板の冠にある様に”玉ねぎ等の野菜と煮干し、それに鶏がらと豚骨を使ったスープのらーめん”が自慢のお店なのだが、その他に季節毎に期間限定のメニューを出していて、私も以前”味噌にぼしらーめん”とやらを食べた事があるのだが、この日のメニューを見ると今は”冬の肉そば”と言う、豚バラ肉がたっぷり乗ったラーメンを期間限定で販売しているらしい・・・。
 
麺家六三六冬の肉そばフェアメニュー
こちらがその期間限定で販売されている”冬の肉そば”のメニューで、それに寄ると黒と白のスープの2種類のバージョンがあるらしい・・・。個人的には『麺や六三六』に来たのは約半年ぶりだったので、普通の”六三六らーめん”を食べ様と思っていたのだが、期間限定に弱い私だし、”肉そばと名の付くラーメン”を最近あちらこちらで食べている事もあり、その比較の意味も兼ねて、この日はこの”冬の肉そば”とやらを食べてみる事にした。
 
麺や六三六姫路店冬の肉そば黒と豚ほぐし丼
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”冬の肉そば”とランチセットで100円プラスすると食べれると言う事で、思わず追加してしまった”豚ほぐし丼”で、合計金額は820円也。先にも書いた様に、”冬の肉そば”には黒と白の2種類のスープがあり、雰囲気的には”にぼしの風味豊かなあっさり塩味”と書かれた”肉そば白”の方が美味しそうな気がしたのだが、個人的に”富山ブラック”や”加古川ブラック”等のブラック系のスープにハマっている事もあり、今回は”肉そば黒”を頼んでみたのだった。
 
麺や六三六姫路店冬の肉そば黒
そしてこちらがその”冬の肉そば黒”で、お値段は720円也。メニューの説明に寄ると”たまり醤油とにぼしの絶妙なコクと香り”との事。””と言う事で、”富山ブラック”や”加古川ブラック”の様なもっと黒いスープを想像していたのだが、どちらかと言うとチョコレート色の茶色系な感じだ。で、そのお味はと言うと、まったりとした醤油味で煮干し風味はどちらかと言うと控え目な感じ。メニューには”醤油と煮干しを使っている”と書いてあったので、個人的に大好きな”富山ブラック黒醤油らーめん”みたいな魚介風味のスープを期待していたのだが、それとは全然違っていたので、ちょっと残念だったかな・・・。もうちょっと煮干し風味が強くても良かったのだけど・・・。
 
麺や六三六姫路店冬の肉そば黒
で、最初運ばれて来た時は、麺やスープの上に大量のモヤシが盛られていたので、全然見えなかったのだが、実際にはこの様な”豚バラ肉”が沢山入っていて、確かにあちらこちらのお店で見かける”肉そば”に近い感じ。で、この”豚バラ肉”の味であるが、濃い目のスープに負けないくらい濃い味付けがされている。何か白いご飯のおかずにして食べたくなる様な味だったかな?ま、若かりし頃の長年の外食生活で濃い味にすっかり馴染んでしまったので、普通に美味しい”豚バラ肉”だったけど。
 
麺や六三六姫路店冬の肉そば黒
ちなみに、この日食べた”冬の肉そば黒”の麺は、こんな感じの・・・、多分”六三六らーめん”で使われているお店の公式サイトに載っている”細麺ではスープに負けるため、スープにあった太麺を作る為に研究をかさね、厳選した粉を使って調合し、スープに負けない極太麺”だと思う・・・。でも”極太麺”と言う程の太さでも無い様な・・・(それって、もしや”六三六のつけ麺”の麺の事を言っているのかな???)。
 
麺や六三六姫路店豚ほぐし丼
そしてこちらが、ランチセットで頼んだ”豚ほぐし丼”で、お値段はランチタイム価格で100円也。現物を見る前は、良くある”チャーシュー丼”の類かと思っていたのだが、確かにチャーシューをほぐした?(印象としては鮭の身をほぐしたのと似た様な感じ)具の様で、ちょっと変わった食感と、チャーシューダレで普通に美味しい。値段も手頃だし、これはこれで楽しかったかな
 
てな事で、久々に私の好きな”煮干し系スープのラーメン”を食べ様と思って『麺や六三六』に行ってみたのだが、またまた期間限定と言う謳い文句に釣られて、この日は”冬の肉そば黒”を食べたのだが、思った程、煮干し風味も無く、また私の大好きな”富山ブラック”系のスープでも無かったのが、ちょっと残念だったかな。とは言え、やはりそうなると、もう一つのメニューである”冬の肉そば白”も食べてみたくなるのが人情・・・。って事で、今年になって早々に食べに行ってみたのだが、その話はまた後日・・・。

個人的に昔懐かしい”山陽そば”の姫路店が遂に閉店したらしい・・・。確かにあの場所じゃあ流行らんかったやろなあ・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 7:58 PM
 
代理人記録
 
どうでもエエ話ではあるが・・・、昨年の夏頃に”たいこ弁当の駅そば”とか、あるいは姫路に初進出して来た”明石の都きしめん”等を食べていたら、ふと懐かしくなって祭りの頃に山電飾磨駅で途中下車して数十年ぶりに『山陽そば/飾磨店』に食べに入ったのだが、その数か月後の12月の初旬には創業40周年をやっていたので、結構頑張っている?と思っていたのだが、何と『姫路店』は閉店したらしい・・・。
 
山陽そば姫路店閉店
こちらが今回閉店する、山陽電車姫路駅の構内の一角にある『山陽そば/姫路店』で、何年前の事だったかすっかり記憶は無いが、併設する姫路山陽百貨店が増築?改装?された時に、それまではもうちょっと手前にあったのが、確かこの一番奥に引っ込んでしまい、一気に存在感を失ってしまった様な気がする・・・。とは言え、個人的には『明石店』は学生時代に思いっ切り食べに寄ったが、『姫路店』は、同じく学生の頃に1回か2回ぐらい食べに入った事がある程度で、『山陽そば』は懐かしいが『姫路店』には全く持って思い入れは無いので、半分どうでもエエ様な気もする・・・。
 
山陽そば姫路店閉店
そしてこちらが、お店の入口に貼ってあった”山陽そば姫路店閉店のお知らせ”の張り紙で、これを読むとどうやら昨年末で閉店したらしい・・・。って事で、残りは飾磨店、明石店、垂水店、板宿店の4店舗だけになってしまった様だ・・・。そう言えば、偶に行った事がある東二見店も大分前に閉店してしまったし、高砂駅の駅外にあった、これまた懐かしい『山陽ラーメン』は数年しかお店が無かったので、存在すら知らなかった人も多いぐらいだし・・・。
 
山陽電車沿線の住人としては、ちょっと寂しいお話なのであった・・・。

WordPress.com Blog.