義史のB型ワールド

2013年1月25日

長島温泉ツアー、”なばなの里”に到着した物の、未だ空は明るい!って事で、点灯時間になるまで長島地ビール園で乾杯!

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 9:06 PM
 
代理人記録
 
今回の長島温泉ツアーの最大のイベントは、長島温泉の直ぐ近くにある”なばなの里”で開催されている”ウィンターイルミネーション 冬華の競演”を見る事。当然、今回の宿泊プランにも”なばなの里 ウィンターイルミネーション 冬華の競演”見学が含まれているので、ホテルからの無料の送迎バスが出る!って事で、送迎バスに乗って揺られる事約15分で”なばなの里”に到着!
 
なばなの里長島ビール園
こちらが”なばなの里”の入口なのだが、到着した時間はと言うと午後4時15分を廻った頃ぐらいなので、ご覧の様に空は未だ明るく”イルミネーション”は点灯していない・・・。”イルミネーション”が始まるまで園内を散策しようか?と言う案もあったのだが、案内地図を見ると園内はかなり広いので、一度奥まで行って、”イルミネーション”が点灯したらまた戻って来る・・・、と言うのはちょっと辛い・・・。でも外でじっと待つにしてもまだまだ時間はあるし、何より外は物凄く寒い!って事で、”なばなの里”の入口を入って直ぐの処にある”長島地ビール園”で、休憩しつつ点灯が始まるまで待つ事にした。
 
なばなの里長島ビール園
で、その”長島地ビール園”へ向かう途中に、何処からともなくエエ匂いがただよって来たので、その匂いに誘われて観に行ってみると、それは”ジャンボ鉄板で焼く50人前のやきそば”を焼いている匂いだった。しかもちょうど焼き上がったタイミングで物凄く美味しそうだったのだが、”なばなの里”の見学の後は、待望のホテルのディナーが待っているので、物凄く食べたかったのだが、ここはじっと我慢してお店の前を通り過ぎたのであった。
 
なばなの里長島ビール園
そしてこちらが”なばなの里”の園内にある”長島地ビール園”で、名前の如く”地ビールの醸造所とレストラン”が一帯となった、所謂ビアホールだ。
 
なばなの里長島ビール園
ちなみに”長島地ビール園”の前ではこの様なバーベキューコーナーも用意されていて、我々が到着した時は未だ営業を開始して無かったみたいだが、帰り際に見た時は、ここでバーベキューを焼いて食べている?様な感じのお客さんが何組か居た。とは言え、この極寒の中で、外のテーブル席に座ってビールを飲む・・・、ってのはちょっと考えられん事でもあったのだが・・・。
 
なばなの里長島ビール園
それはさて置き、こちらが”長島地ビール園”のレストランの店内で、我々と同じくイルミネーション点灯までの時間潰しのお客さんが多いのか、ほぼ満席に近いぐらいの大盛況!しかもホテルの宿泊客ばかりでは無く、一般客が大半の様で、このレストランの名物メニューらしい、スペアリブとか蛤の釜飯等を美味しそうに食べている。が、上でも書いた様に、我々はこの後、ホテルに帰ると豪華なディナー?が待っているので、ここでお腹を膨らせてしまったら、折角の御馳走が台無しになる!って事で、素直に地ビールだけ飲んで待つ事にした。
 
なばなの里長島ビール園長島地ビールメニュー
そしてこちらが、”長島地ビール園”で飲める、作り立ての”長島地ビール”のメニューで、ご覧の様に3種類の地ビールがある。説明書きを読んでも、どれも旨そうで選ぶのが悩ましい・・・。って事で、ここは素直に?全種類を注文してシェアして飲む事にした。
 
なばなの里長島ビール園長島地ビール
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの地ビールで、写真に写っているのはピルスナーとデュンケルの2種類。どのビールがどんな味だったか、ちょっと記憶に無いが、やっぱ普通の生ビールに近いピルスナーが一番私の好みに近かった?かな?
 
なばなの里長島ビール園里のソーセージなばなの里長島ビール園
ちなみに先にも書いた様に、ホテルでの夕食の事を考えると此処で何か食べるのは良く無い・・・、と思いつつ、地ビールだけではちょっと寂し過ぎる?ので、おつまみとして、一番軽そうな、そしてビールに良く合うであろう”里のソーセージ”も一緒に頼んだのだが、このソーセージは確かに美味しかった!機会があれば、このレストランで馬鹿でかいスペアリブを被りつきながら、地ビールを飲んでみたい物だ
 
そんなこんなしていると、漸く”ウィンターイルミネーション”の点灯時間が近づいて来たので”地ビール園”を出て、外の”光の雲海”の広場前で、点灯の瞬間を目の当たりにすべく待機したのであった・・・。
広告

WordPress.com Blog.