義史のB型ワールド

2009年8月24日

インド人もびっくり!中華料理店で、カレー!しかもグラスビールが付いて超大盛で何と550円也!

Filed under: カレー — 代理人 @ 8:09 PM
 
代理人記録
 
もう20年近く前の事になるが、京都在住の頃、会社の近くにあった中華料理屋さんに、ランチタイムに時々行っていたのだが、我が会社の連中の中で一番人気のメニューが中華料理屋さんなのに何故か、カレーちゃんぽんと、カレーチャーハンだった。自家製ルーと言う感じでは無く、何処かの業務用のカレー粉を使っているみたいだったのだが、そのカレー粉の味が、我々のハートを掴んだと言う事なのだろう。そんなわけで、何度か普通の中華のランチも食べたのだけど、今となってはカレーが美味しかったと言う記憶しか残って無い
 
てな事で、中華料理屋さんにカレーのメニューがあっても全然驚かないし、むしろ食べてみたい気さえする。そもそも中華料理の命と言えば鶏がらや豚骨からとった上湯(しゃんたん)スープなので、美味しいお店の上湯を使ったカレーなら美味しく出来るのは当たり前なんじゃ無いのかな?そんな中華料理屋さんでカレーが食べれるお店が姫路にある(しかも単にメニューにあると言うだけでは無くて、お店自らが大々的にカレーを宣伝している)と聞いて、前々から気になっていたのだが、先日漸く訪問する事が出来たのでご紹介!
 

姫路には古くから営業している中華料理屋さんが沢山あって、私も幼少期の頃、所謂、鯉の丸揚げが出て来るお店に良く行っていたものだ。(元来、魚嫌いだったので鯉の丸揚げも大嫌いだったが・・・)。今回行ったお店もそんな古くからの中華料理屋さんの一つで『紅宝石(コウホウセキ)』と言う名のお店。繁華街から一筋東の方にあるので人通りは少ないが、車の交通量はそれなりに多い通りにある(フォーラス姫路の東側辺り)。私も姫路へ行ってヤマトヤシキの駐車場を利用する時は良く通っている場所にある。
 
ちなみにこの通りの一本西側の筋の商店街?の中には、このブログで何度か紹介したBAOBABと言うアジアンカフェのお店がある。BAOBABのブラウンココナッツカレーは”「横濱カレーミュージアム」の初代名誉館長・小野員裕が選んだ3店のうちの一軒”に選ばれた、知る人ぞ知る、超有名カレーなのである。
 

こちらが姫路の中華の老舗『紅宝石』のセットメニューで、御覧のように、チャーハンを差し置いてカレーライスセットが写真入りで載っている。まあ、あらためてこのセットメニューを見ると、カレー焼きめしとかチキンライスとか、中華料理屋さんには亜流とも言えるメニューが沢山載っている。一応、補足して置くと、通常の中華料理のメニューは、普通に中華料理が載っていて、当然、ラーメン等のメニューもあり、しかもお値段も安い。そんな事もあり、地元周辺では結構人気のお店のようでもあった。
 

で、こちらが今回、私が食べた『紅宝石カレーライスセット』。特筆すべき点は、カレーライスは最初から超大盛で、しかもサラダとワカメスープ、それにグラスビールまで付いて、何とお値段は驚くべき事に550円也!最近食べたカレーライスの中ではダントツの、最高のコストパフォーマンスのカレーライスセットである事には違い無い!ちなみにカレー以外のセットにはウーロン茶が付いているみたいだけど、カレーライスセットの場合のみ、グラスビールが選べる?みたいな感じになっている。
 

あらためてカレーライスのご紹介。上の写真を良く見て欲しいのだが、カレーライスの左上の方にある、丸こい形をしている具は、一見、ジャガイモに見えるが、これが何と茹で玉子茹で玉子まで入って550円って事にも驚かされるが、この茹で玉子の大きさから全体の大きさを想像して貰うと判るのだけど、兎に角、カレーの量は半端じゃ無い
 
ご飯の量は大盛と言うのを通り越してココ壱のカレー屋で言うところの500gか600gぐらいある感じ。野菜もお肉もゴロゴロしていて、まさに手作り感満載の家庭のカレー、あるいはキャンプで作ったカレーに近い。味も目茶目茶、家庭的で特に私の場合、近頃食べるカレーと言えば、専門店の洋風テイストなカレーが多かった事もあって、何処か懐かしく感じる味だった。この素朴な味は、サンモール高砂の中にある喫茶店『ぴっける』で食べたカレー以来かな?
 
   
こちらがカレーの中に入っていた茹で玉子。最近はココ壱のカレー屋でもトッピングにあるように、茹で玉子や目玉焼きが入ったカレーも珍しくは無くなったが、中華料理屋さんのカレーで茹で玉子が入っているのは珍しいとしか言い様が無い。茹で玉子も半熟で白身がカレーのルーに混ざる事も無く、エエ感じに茹であがっている。何から何まで驚かされる、中華屋さんだ。
 

こちらはカレーセットに付いているサラダとワカメスープで、550円のセットの割りにしっかりとした内容と量のサラダだし、ワカメスープの方にも溶き玉子も入っていて、それなりに豪華。サラダは市販のドレッシングで、普通に美味しかったが、ワカメスープの方はちょっと安っぽい味だった。
 
てな事で、これだけの超大盛のカレーを食べたのは15~16年前の京都在住の頃にココ壱で600gのカレーを食べた時以来かも。ご飯の量も然る事ながら、具沢山のカレーだったし、それに加えグラスビールやサラダも付いていたので、お店出てからの小一時間ほど、吐きそうなぐらいにお腹が苦しかった。途中で食べるの止めたらよかったと、後々後悔したのであった。
 
ちなみに他の人が食べているチャーハンセットを見ても物凄いテンコ盛り状態で、食べるのに四苦八苦していた。個人的にはチャーハンや定番のラーメン、それにカレーチャーハンも食べてみたいし、今度はお腹の具合を調整しながら、また食べに行ってみようと思うのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.