義史のB型ワールド

2009年8月11日

ナガサワで限定メニューの加古川牛丼を食べた!一応、加古川牛らしいが・・・。

Filed under: — 代理人 @ 7:58 PM
 
代理人記録
 
もう十数年前の話になるが、加古川のニッケパークの東側に民芸肉料理のお店焼肉『はや/加古川店』がオープンした。今でこそ、この近辺でも焼肉屋さんのチェーン店が数多く蔓延っているが、当時はまだ加古川や高砂近辺には焼肉チェーンのお店は少なく、チェーン店の焼肉屋さんは珍しいかった。『焼肉のはや』は古くから大阪を中心に展開する郊外型の焼肉チェーン店で、私は10年近く大阪に住んでいた事もあり、馴染みのある焼肉屋さんだったので、加古川店も結構行ったりしていた(お得なランチタイム専門だったけど)。全盛期はTVで鶴瓶が”うまいもんは、旨い!”と、盛んにCMを流していた、あの焼肉屋さんだ。
 
が、しかしそんな『焼肉のはや』もBSEの影響を受けたのか、はたまた、加古川牛で舌の肥えた加古川市民にはチェーン店の安い肉が口に合わないのか、数年前に『焼肉のはや/加古川店』は閉店してしまい(大阪とか他の地域のお店はまだ続いている)、その後、空き地を見ればナガサワ!と言うかの如く、ナガサワになってしまったのだった。そんなにナガサワばっかり作ってどうすんねん?と言う私の思いとは裏腹に、ナガサワになってからは結構、続いているのであった。
 
そんなナガサワ加古川店の横を通っていると、やけに『加古川牛丼』と言う幟が目立つ。『加古川牛丼』って普通に考えると”加古川牛を使った牛丼”と思うのだが、以前、大阪で食べた『近江牛丼』は近江牛を使ったステーキ丼みたいな物だった事もあり、今回も”加古川牛の肉丼”なのか”加古川で食べる牛丼”なのか、はっきりさせるため?(単に肉好きなだけかも知れないが)、早々に入ってみた。
 

こちらが『焼肉のはや/加古川店』跡地に出来て、早数年経つ『ナガサワ加古川店』。回転寿司屋では無い俗に言う”麺坊はりまや”だ。ナガサワってちょっと高目のお値段設定だと思うのだけど、ランチタイムって事でオバタリアンの客を中心にそこそこ賑わっている。高砂店よりは店内も明るく雰囲気は良いかな?(店内って基本的に以前の『焼肉のはや』のマンマのような気がしないでも無いが・・・)。
 
お店入り口の中に置かれた加古川牛丼のメニューを見て、ちょっとびっくり。何とお値段は1100円也(税込みだと1155円になる!)。吉野家の牛丼で3杯まいどおおきに食堂の牛丼なら4杯食べれる値段だ!。この値段は私が映画を観た後に良く利用しているサティ加古川店にある焼肉・但馬屋のステーキ丼と全く同じ値段だ。但馬屋へ行く時は、映画を観た日なので生ビールが無料サービスになるので、お得感は圧倒的に但馬屋の方に分があるのだが、今回は加古川牛だし、ブログネタでもあるし・・・、って事で入店する事に。
 

こちらが今回食べた、ナガサワの期間限定メニューである加古川牛丼のセット。値段が1100円もする割りには牛丼の他にはお漬物とお茶が付いているだけ。味噌汁のような汁物は一切付いて無い。高けえ!!!
 

で、加古川牛丼はこんな感じ。加古川牛と(こちらも嘘か本当か判らんが)淡路産の玉ねぎがたっぷりと入っている。でも1100円。ただいま、淡路島全島で繰り広げられている淡路牛(あわぎゅう)を使った淡路島牛丼プロジェクトのお店でも、こんな値段付いて無いようにも思ったりする。まあ、味さえ良ければ、多少値段が高くても目を瞑るけどね・・・
 
メニューには加古川牛丼の説明と、今更であるが加古川牛についての説明が載っている。加古川牛の話はほっとくとして、牛丼には淡路の玉ねぎに本場龍野の濃口醤油、稲美のみりんと、ホンマか嘘か確かめ用は無いが、これだけ読むと中々美味しそう?まあ、値段も値段だけど・・・。
 

で、この牛丼の命とも言える加古川牛はこんな感じ。パッと見た感じは普通の牛肉にしか見えない。実際に食べても肉本来の味がイマイチ感じられない。ホンマに加古川牛なのかなあ・・・。まあ、一口に加古川牛と言っても、特選から並まであるからねえ。一概にブランド名だけでは肉の評価は出来無い事を如実に現しているみたいな。
 

丼の底の方は、結構なつゆだく状態。ご飯が熱々の炊きたてで、白いご飯のままでも結構美味しいし、つゆたっぷりのご飯も中々美味しい。もう、加古川牛なんかどうでもエエ!って気がしないでも無い・・・。どんな場合でも炊き立て熱々のご飯は美味しいですねえ。
 
何年か前に食べたナガサワの平成かつめしのメニューをみると、何時のまにやら和牛かつめしってのがメニューに追加されていて、そして既に線で消されていた。食材偽装が話題となる昨今、和牛としてたのが問題に成る前に・・・、と思ってしまうのは私だけなのかな?あくまで個人的な想像の話だけど。
 
てな事で”加古川牛丼”の幟に釣られて入ってしまったナガサワであったが、やっぱりナガサワはナガサワの味と内容ですねえ・・・。土山にある本店って、リーズナブルなお店と言う印象もあったのだけど、どうも”麺坊はりまや”と名の付くお店は値段が高い割りに味と内容は・・・、ってのが多いよねえ。まあそう言いつつ、割引券に釣られたりして、個人的にも良く行ってるような気はするけど・・・。

WordPress.com Blog.