義史のB型ワールド

2009年8月6日

加古川の老舗とん吉でミックスフライ定食を食べた。定番のフライ盛りなのだけど・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:02 PM
 
代理人記録
 
この日は何と無くトンカツが食べたくなったので、久々に加古川市役所近くにある老舗のお店「とん吉」に行って来た。加古川近辺には豚カツ専門店は意外と少なくて、この「とん吉」かチェーン店の「かつ富士」、ヤマトヤシキにある「若葉亭」、それと別府のちょっと目立ち難い場所にある「きりしま」、そして何時ぞや管理人さんと一緒に行った事がある元とん吉で働いていた人がやっていると言う「とんかつ隅野」(そう言えば以前は屋号にとんきちと入っていたなあ)ぐらいしか思い浮かばない。まあ、豚カツと言うメニューがあるお店はあまたあるのだけど・・・。
 

こちらが久々に行った老舗のとんかつ屋「とん吉」で、以前にも書いたように10数年前には法事でも使った事がある、高砂・加古川近辺ではまさに老舗のお店だ。当時は上で挙げたその他の豚カツ専門店はどのお店も存在して居なかったので、加古川でとんかつと言えば「とん吉」しか無かったのである。
 
で、このお店のランチタイムは市役所近辺で働いている人を中心に、大賑わいのお店だが、ディナータイムは昼間ほどの賑わいは無く、割と閑散としている。ただこの日は、先客が居たり、後からも数組客が入って来たので、それなりに流行っているようでもあった。
 

今回「とん吉」に行ってみようかな?と思ったのは前回訪問時に見た入り口前の見本を思い出したから。私は結構、冷しゃぶが好きなので「とん吉」にも冷しゃぶがあるのね?って事で、どうせ夏季限定のメニューだろうから食べるなら今しか無い?と思って出掛けて行ったのだった。でもお店到着後、店頭の見本を見ると同じ値段でミックスフライの方が断然豪華に見えたので、急遽方針を変更!ミックスフライ定食を食べる事にしたのだった。
 

こちらが実際に食べたミックスフライ定食980円で、メインのお皿には一口カツ、中エビフライ、コロッケ、豚の角煮等が盛り付けられていて、まさに揚げ物屋さん定番の内容とも言えるミックスフライだ!。これに豚汁とご飯が付いたセットになっている。(近所の幼馴染と一緒に行ったので、ご飯はお替り出来るように御櫃も一緒に運ばれて来ていた。)
 

あらためてミックスフライ定食の全容?のご紹介。フライ物は左から一口カツ、コロッケ、中エビフライで左置くに豚の角煮が、右奥には玉子焼き、そして中央にはキャベツやレタス等の生野菜にポテトサラダ等が乗っている。見た目的には結構豪華に見える。このお店には大エビのフライもあって、ちょっとした名物になっているみたいだが、このミックスフライ定食に入っているのは中エビフライだった。それでも結構な大きさではあるのだが・・・。
 

こちらが一口かつとコロッケで、パッと見た感じではそれぞれ、魚フライとミンチカツのように見える。この一口カツは一枚肉と言うよりはミルフィーユな感じのお肉で、何か物凄く柔らかい。食べ応えが全く無いに近いぐらいの頼りなさの食感と言う印象。コロッケは普通にポテトコロッケだった。
 

こちらは小鉢の豚の角煮(まさに一口分)。前回訪問時はわざわざ単品で頼んで食べたのだが、味を知るためだけならば、この定食に付いている分だけで十分だったかも。
 
セットの豚汁はこんな感じで、豚カツ屋さんの定食とも言えるオーソドックスな豚汁。具は少なめで、意外とチェーン店のかつやの豚汁の方が具が多いような気がした・・・。味も平均的な豚汁だったかな?
 
てな事で、久々にとん吉へ行って来たが御覧のように、このお店は昔ながらの和風の豚カツのお店で、当然の如く、豚カツソースで食べるスタイルなのだが、個人的には、以前、姫路にある豚カツ屋『むさし』で食べたような、洋食屋さんスタイル風のデミグラスソースがかかった豚カツも結構好きなのだが、加古川近辺にはそう言った豚カツを出す専門店は少ない。まあデミグラスソースのかかった豚カツが食べたいなら洋食屋さんへ行け!って感じなんだろうけど・・・。そんな事もあり、近々、この前、かつめしを食べに行った喫茶エデン今度は豚カツを食べに行ってみようと思うのであった。

つけ麺ってそれほど好きでは無かったのだけど、勢いで買ってしまった日清のつけ麺の達人!!!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 9:00 PM
 
代理人記録
 
最近、新在家ラーメンもんどでつけ麺を食べる機会が増えた事やちょっと前にラーメン横綱の生タイプのつけ麺を食べた事もあり、今後はスーパーで売っている『日清の極太つけ麺の達人』を買って食べてみたので、遅ればせながらご紹介。
 

こちらが今回買った『日清の極太つけ麺の達人』、生タイプの濃厚豚骨醤油、ガーリックチップ付き。一部ではインスタント?の麺としては美味しい方!と言う評判がある人気商品となっている・・・、みたい。
 

袋の裏にはこのつけ麺のこだわりが書かれてある。つけだれは濃厚豚骨醤油スープで、私の好きな魚介風味では無いらしい・・・(”濃厚魚介醤油”ってのは別に売っていて、後日買って食べたので何れまたご紹介)。
 

こちらが袋の中身の生麺と液体のつけだれ。それと、ガーリックチップ???しまった忘れた!!!二食入りの袋だったので、何気なく取り出した麺と液体スープに注意を取られ、ガーリックチップの存在自体に気が着かなかった・・・。この記事を書き始めてから気が着いたのだった。ガーリックチップを使ったリターンマッチはこの記事の後半でご紹介!!!
 

生麺タイプなので、まずは麺を湯掻くところからスタート。平行して、つけだれに注ぐお湯を沸かす。更にその間に、唯一の具材?である、別途購入した、チャーシューをスライスして準備万端。やっぱつけ麺と言えども、全く具が無いのは寂しいからねえ・・・。
 

で、こちらが湯掻いた後、流水で〆たつけ麺の達人の麺。パッとみた感じは中々エエ感じのつけ麺ようの麺だ。でも極太と言う割りには、普通の太麺と言う風にも見える・・・。
 

別途用意してスライスした焼き豚は、もんどのつけ麺播磨を真似て、つけだれの中に入れてみた。
 

いよいよ食べる時が到来!!!果たしてそのお味は・・・。まずつけ麺の命とも言える麺だけど、上で書いたように極太麺と言うにはちょっと首を傾げたくなるような、太さの太麺。確かにモチモチとした食感はあるものの、まあ普通にラーメンの麺って感じ。濃厚な豚骨スープのつけだれも、私にはそれほど濃厚とは思えず、何かちょっと濃い目の普通のラーメンのスープみたいな。悪くは無いけど、まあありふれた味に近かったかな?ガーリックチップを入れ忘れたのでコクが足りなかったのかも知れないが・・・。
 
 
 
てな事で『日清の極太つけ麺の達人』は一袋で二食分入りって事もあり、一回目の時は麺の下に隠れていたガーリックチップを入れ忘れたので、こんどはしっかりとガーリックチップを片手にリベンジ!!!
 

こちらが前回、存在に気が付かずに使い忘れたガーリックチップ。上の写真は一袋しか写って無いが、実際には二袋ある。って事で、今回はガーリックチップたっぷりな、つけだれになる予感?
 

今回はこれまた『もんどのつけ麺播磨のつけだれの中のゴロゴロチャーシュウ』を真似して”角切りチャーシュー”を用意。前回の薄切り焼き豚も残っていたので、そちらも勿体無いから一緒に入れたので、何か焼き豚てんこ盛りのつけだれになってしまった。しかもガーリックチップも前回入れ忘れた分と合わせての二袋分って事で、焼き豚の上にたっぷりとふりかかっている。
 

で、何やかんやと麺を湯がいて、つけだれも用意して完成したのがこちらの『日清の極太つけ麺の達人/リベンジ版』。前回分で余った焼き豚も麺の上に乗せたので、さしずめ、チャーシューつけ麺状態。チャーシューだけでお腹一杯になってしまいそうな量だ(ってか、実際にお腹一杯になってしまった)。
 
つけ麺の麺は、当たり前だけど、前回と同じ極太麺と言う割りには、ちょっと物足りない太さの麺。しかしつけだれはガーリックチップたっぷりって事で、コクのある・・・、と言うか、ニンニク味の濃いつけだれ。でもやっぱつけだれは前回と同じ、やや濃厚さに欠ける豚骨醤油スープなので、ガーリックチップの有無だけでその印象が代わる事も無い。
 
てな事で、最近、つけ麺づいている私なので、インスタントのつけ麺を買って食べてみたけど、やっぱ今流行りの魚介系のつけだれで無いと何か、満足出来ない。って事で今回買った『日清の極太つけ麺の達人』の別バージョンの『濃厚魚介醤油』ってのも買って食べたので、近い内にご紹介しましょう!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.