義史のB型ワールド

2019年10月4日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで日替りランチの”牛肉のしゃぶしゃぶ風”を食べてみた!久々だが定番のゴマダレ風味で中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”牛肉のしゃぶしゃぶ風”との事。個人的にこのレストランの肉料理はどれも好きだし、この”牛肉のしゃぶしゃぶ風”も時々登場するお馴染みの料理なのだが、最近は全然食べて無かったので久々に食べてみる事に決定!!!
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールスープ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方は久々に”パンプキンスープ”だ。このレストランでは他にも”オニオンスープ”や”コーンクリームスープ”があって個人的にはオニオンスープ”が1番好きなのだが、この”パンプキンスープ”も他のお店では滅多に飲めないので結構好きだ。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
リヴィエール牛肉のしゃぶしゃぶ風
そんなこんなで先に運ばれて来たサラダとスープを食べながら待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”で、メイン料理の”牛肉のしゃぶしゃぶ風”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それに先のサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、今回はパッと見た感じでは豚肉が結構でかくて値段也の価値はありそうだ!
リヴィエール牛肉のしゃぶしゃぶ風
そしてこちらがこの日のメイン料理である”牛肉のしゃぶしゃぶ風”で、基本的には以前食べた時やその前に食べた”牛ロース肉しゃぶしゃぶ風”と同じで、牛肉をしゃぶしゃぶの様に茹でた?後にゴマダレをかけたようなシンプルな内容で、大きなインパクトは無いが期待通り中々ウマい!白いご飯(ライス)との相性も抜群だ!
 
リヴィエール牛肉のしゃぶしゃぶ風
ちなみに”牛肉のしゃぶしゃぶ風”の牛肉はこんな感じで、若干見た目は美味しそうに見えない雰囲気で実際少し固めだった気もするが、先に書いたように定番のゴマダレ味何時も通りに美味しかったので、良しとしておこう・・・。
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”でこの日は久々に”牛肉のしゃぶしゃぶ風”を食べてみたのだが、肉質的には若干の不満?があるものの味的には私好みのゴマダレ風味で以前同様に中々美味しかった!確かに既に何度も紹介した料理なのでブログネタ的には面白味に欠ける気はするが、個人的には好きな料理の一つなのでまた機会があれば食べてみたいと思う・・・。
広告

2019年9月8日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”を食べてみた!想像通り”加古川ギュッとメシ”風で中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”との事。先にも書いたように”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”は食べた事があるが、それらとは微妙に料理名が異なるので、もしかすると何か違いがあるのかも?と思ったので今回も取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールスープカジュアルダイニングリヴィエールサラダ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているこちらのスープとサラダで、何時もであればこのスープとサラダはほぼ同じタイミングで運ばれて来るのだが、何故か今回はスープだけが先に運ばれてサラダは全然運ばれて来ない・・・。もしかしたら忘れられているのかも・・・とスープを飲み干して待っていると、メイン料理の”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”とライスと一緒にサラダも運ばれて来た・・・。忘れられていたのかの判断は中々難しい・・・。ちなみにスープは”コーンクリームスープ”で、サラダは何時もと同じ・・・と、毎回書いているから今回はわざと別々に運んで来たのかも知れない・・・。
 
リヴィエール牛ロース肉の味噌漬ステーキ
そんなこんなで先に運ばれて来た”コーンクリームスープ”を飲み干して待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”日替りランチ”で、メイン料理の”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それにメイン料理と一緒に運ばれて来たサラダと先に出て来たスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、意外と最近は”日替りランチ”で牛肉料理を食べて無かったので、久々にお得感を味わう事が出来た・・・。
 
リヴィエール牛ロース肉の味噌漬ステーキ
そしてこちらがメイン料理の”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”で、最初に書いたように以前食べた”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”とか”牛ロース肉の味噌漬ソテー”に似た所謂”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような印象だが、それにも増して今回は長時間味噌に漬けてあったのか、色がメチャ濃い・・・。で、”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”の上には何時ものオレンジ色のソースがかかっているが、味噌漬なので、肉自体にもしっかりとした味わいがあって私の大好きなミディアムレアなステーキとは全く異なる味と食感ながら、これはこれで中々ウマい!
 
リヴィエール牛ロース肉の味噌漬ステーキ
ちなみに”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”の断面はこんな感じで、見た目は”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”とか”牛ロース肉の味噌漬ソテー”に近いが肉厚的には”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”並の分厚さがあって、多分焼き加減的にはミディアムっぽいが、肉の中心までしっかりと味噌が浸み込んでいて所謂牛肉の赤身っぽさは全く無いが、お肉自体はそれなりに柔らかくて噛めば噛む程に味わい深さがあった気がする・・・。
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”でこの日は”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”を食べてみたのだが、その名の通り?以前食べた”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”と”牛ロース肉の味噌漬ソテー”の二つを足して二で割ったような感じの料理ではあったが、所謂”加古川ギュッとメシ”定番の味噌漬け味でこれはこれで中々美味しかった!気持ち的には肉汁滴るレアステーキが一番の大好物なのだが、この”加古川ギュッとメシ”風のステーキもそれなりに美味しいと最近徐々に思うようになって来た・・・かも知れない・・・。

2019年9月6日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで”国産ポークの和風ロースト”を食べてみた!”ローストポーク”と名前が似ているが内容は全然違った!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:46 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”国産ポークの和風ロースト”との事。このレストランで少し前に”ローストポーク オニオンソース”を食べたばかりだったので、また”ローストポーク”か・・・と思いつつも和風ローストがどんな物か気にもなったので今回も取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
リヴィエール日替りランチのスープとサラダ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方は久々に”パンプキンスープ”だ。このレストランでは他にも”オニオンスープ”や”コーンクリームスープ”があって個人的にはオニオンスープ”が1番好きなのだが、この”パンプキンスープ”も他のお店では滅多に飲めないので結構好きだ。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
リヴィエール国産ポークの和風ロースト
そんなこんなで先に運ばれて来たサラダとスープを食べながら待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”で、メイン料理の”国産ポークの和風ロースト”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それに先のサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、今回はパッと見た感じでは豚肉が結構でかくて値段也の価値はありそうだ!
 
リヴィエール国産ポークの和風ロースト
そしてこちらがメイン料理の”国産ポークの和風ロースト”で、料理名が”ローストポーク”に似ているので少し前に食べた”ローストポーク オニオンソース”と同じような1枚の大きな豚肉が出て来る物だとばかり思っていたのだが、ご覧の通り何と無く焼豚っぽい雰囲気の豚肉が3枚で、それに多分醤油ベースのソースがかかっているので和風なのかな?と思う・・・。で、実際に食べても何と無く焼豚風味(そもそもローストだから似たようなもんか?)で、これに特製ソースを絡めて食べるとそれなりに美味しかった
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”でこの日は”国産ポークの和風ロースト”を食べてみたのだが、実物を間の辺りにする前は”ローストポーク”みたいな料理をイメージしていたのだが、実際は何と無く焼豚っぽい感じで若干驚いたが、これはこれで普通に美味しかった!。それはさて置き、この日の二日後には冒頭で毎回書いている”味噌漬けステーキ”が久々に登場したので、それに釣られて食べに行ってしまったのだが、その話は二日後に・・・。

2019年8月24日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで”ローストポーク オニオンソース”を食べてみた!見た目はシンプルだが豚肉自体も柔らかくソースに絡んで中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:38 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”ローストポーク オニオンソース”との事。このレストランでは以前に”ローストポーク 和風ソース”とか”ローストポーク マンゴーソース”を食べた事があって、雰囲気的にはソースが違うだけのような気もしたのだが、オニオンソースがどんな物か気にもなったので今回も取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールスープとサラダ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方はこのお店の定番中の定番とも言える”コーンクリームスープ”だ。このレストランでは他にも”オニオンスープ”や”パンプキンスープ”があって個人的にはオニオンスープ”が1番好きなのだが、この”コーンクリームスープ”も結構好きになって来たかも・・・。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
リヴィエールローストポーク オニオンソース
そんなこんなで先に運ばれて来たサラダとスープを食べながら待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”で、メイン料理の”ローストポーク オニオンソース”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それに先のサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、今回はパッと見た感じでは豚肉が結構でかくて値段也の価値はありそうだ!
 
リヴィエールローストポーク オニオンソース
そしてこちらがメイン料理の”ローストポーク オニオンソース”で、パッと見た感じは少し前に食べた”ローストポーク 和風ソース”とか、あるいは数年前にこのレストランで食べた”ローストポーク マンゴーソース”とソースが違うだけではあるが、結構大き目の”ローストポーク”が2枚あって見た目はボリューム満点!で、注目の”オニオンソース”はこのレストラン定番の”オニオンスープ”を煮詰めたような若干濃い目の甘辛味だが、オニオンの擦りおろしのような物が入っていてこれが”ローストポーク”に絡んで中々ウマい!
 
リヴィエールローストポーク オニオンソース
ちなみに”ローストポーク”の断面はこんな感じで、これまた雰囲気的には以前食べた”ローストポーク マンゴーソース”とか”ローストポーク 和風ソース”、あるいは”ポークロースソテー”や”国産ポークの味噌漬焼き”や”ポークロースカツ”の時と同じような肉厚で、毎度お馴染みの”かつやのロースカツ”程では無いが豚肉自体はとても柔らかくて中々美味しかった
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”でこの日は”ローストポーク オニオンソース”を食べてみたのだが、見た目も内容も特に大きなインパクトは無い物の結構濃厚なオニオンソースながら中々美味しかった!気持ち的には”ローストポーク”よりも”ローストビーフ”の方が好きなのだが、遂最近もこのレストランで食べた”ローストビーフ”は以前とは全く違う内容に変っていたので、今となっては”ローストポーク”の方が良いかも知れない・・・。

2019年8月16日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで”ハモのムニエル ポン酢バターソース”を食べてみた!以前食べたのとソースが違うだけだが、今回も中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:08 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”ハモのムニエル ポン酢バターソース”との事。このレストランでは以前に”ハモのムニエル 照り焼きソース”を食べた事があって、雰囲気的にはソースが違うだけのような気もしたのだが、ポン酢バターソースがどんな物か気にもなったので今回も取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールコーンクリームスープ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方はこのお店の定番中の定番とも言える”コーンクリームスープ”だ。このレストランでは他にも”オニオンスープ”や”パンプキンスープ”があって個人的にはオニオンスープ”が1番好きなのだが、この”コーンクリームスープ”も結構好きになって来たかも・・・。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
リヴィエールハモのムニエル ポン酢バターソース
そんなこんなで先に運ばれて来たサラダとスープを食べながら待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”で、メイン料理の”ハモのムニエル ポン酢バターソース”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それに先のサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、今回はこの時期限定の季節食材のハモを使った料理なので、値段なりの価値があるのかも?
 
リヴィエールハモのムニエル ポン酢バターソース
そしてこちらがメイン料理の”ハモのムニエル ポン酢バターソース”で、何年か前に食べた”ハモのムニエル 照り焼きソース”と比べると大きさや形や脇に添えられている野菜も異なるが、基本的にはかかっているソースが違うだけで、そのポン酢バターソースを絡めて食べると意外とあっさりしたマイルドな味わいで中々ウマい
 
リヴィエールハモのムニエル ポン酢バターソース
ちなみに”ハモのムニエル”の断面はこんな感じで、これまた以前食べた”ハモのムニエル 照り焼きソース”の時と比べると結構な厚さの身で正に鰻か穴子と見間違う程だ。で、当然の如く?偶に食べる”ハモ鍋ハモすき)”や”ハモの湯引き”と同様にしっかりと骨切り(洋食屋レストランでも包丁を使うのかな?)されていて、身はふっくら柔らかで中々美味しかった
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”でこの日は”ハモのムニエル ポン酢バターソース”を食べてみたのだが、基本的には以前食べた”ハモのムニエル 照り焼きソース”とソースが違うだけだが、身はふっくら柔らかで中々美味しかった!このお盆にも毎度お馴染みの『生州割烹 輝髙』で定番の”ハモ鍋”を食べたのだが、偶にはこの手の”ハモのムニエル”もエエかも知れない・・・。てか、鰻や穴子のムニエルってのも一度食べてみたくなって来たような・・・。

2019年7月16日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで”ローストポーク 和風ソース”を食べてみた!見た目はシンプルだが豚肉自体も柔らかくソースに絡んで中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”ローストポーク 和風ソース”との事。このレストランでは以前にローストポーク マンゴーソース”を食べた事があって、雰囲気的にはソースが違うだけのような気もしたのだが、和風ソースがどんな物か気にもなったので今回も取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールコーンクリームスープカジュアルダイニングリヴィエールサラダ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方はこのお店の定番中の定番とも言える”コーンクリームスープ”だ。このレストランでは他にも”オニオンスープ”や”パンプキンスープ”があって個人的にはオニオンスープ”が1番好きなのだが、この”コーンクリームスープ”も結構好きになって来たかも・・・。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールローストポーク 和風ソース
そんなこんなで先に運ばれて来たサラダとスープを食べながら待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”で、メイン料理の”ローストポーク 和風ソース”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それに先のサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、そう考えると”ローストポーク”よりも定番の”ローストビーフ”の方を食べたかった気もする・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールローストポーク 和風ソース
そしてこちらがメイン料理の”ローストポーク 和風ソース”で、パッと見た感じは数年前にこのレストランで食べた”ローストポーク マンゴーソース”とソースが違うだけではあるが、結構大き目の”ローストポーク”が2枚あって見た目はボリューム満点!で、注目の和風ソース(”ローストビーフ 和風おろしソース”の時と同じソースかも?)は何と無くこのレストランで良く登場するオレンジ色のソースに限り無く似た感じではあるが、私好みの甘目のさっぱり味で”ローストポーク”に絡めて食べると中々ウマい!
 
カジュアルダイニングリヴィエールローストポーク 和風ソース
ちなみに”ローストポーク”の断面はこんな感じで、これまた雰囲気的には以前食べた”ローストポーク マンゴーソース”とか、あるいは”ポークロースソテー”や”国産ポークの味噌漬焼き”や”ポークロースカツ”の時と同じような肉厚で、毎度お馴染みの”かつやのロースカツ”程では無いが豚肉自体はとても柔らかくて中々美味しかった
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”でこの日は”ローストポーク 和風ソース”を食べてみたのだが、見た目も内容も特に大きなインパクトは無い物の定番の和風ソース味で中々美味しかった!気持ち的には”ローストポーク”よりも”ローストビーフ”の方が好きなのだが、夏場はあっさりとした”ローストポーク”の方が良いのかも知れない・・・。
 
最後に・・・、意外とあちらこちらのお店で”ローストポーク”を食べているので代表的な物を一覧として残しておこう・・・。
 
・高砂町内にある古民家カフェ『cafe 季のしずく』の”紅茶ブタ
・荒井にあったが閉店した『イタリアンカフェ&バル ソリッソ/sorriso』の”ドルチェポルコのロースト
・『京都熟成細麺らぁ~めん京』の”新・神様の中華そば”にトッピングされていた”ローストポーク
・『播州ぬーどるず3店舗幻の1日限定』の”志方牛らーめん”にトッピングされていた”ローストポーク
・『姫路 麺哲』の”つけ麺姫路”にトッピングされていた”ローストポーク
・『がちんこらーめん道 柊』の”豚骨醤油ラーメン”にトッピングされていた”ローストポーク
・『スガキヤ』の”プレミアム冷しラーメン”にトッピングされていた”ローストポーク
・姫路にある『中国料理 紅鶴』の”特選フカヒレ姿煮セット”に出て来た”ローストポーク
・明石駅構内にあったが閉店した『月の庵』の”ローストポークのサラダ仕立てバルサミコソース
 
等々・・・。何かこうやって見るとラーメンにトッピングされているのが多いような・・・。

2019年6月9日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで”春キャベツ入りミンチカツ”を食べてみた!シャキシャキした食感とデミグラスソースが相まって中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”春キャベツ入りミンチカツ”との事。このレストランでは以前に”キャベツ入りミンチカツ”を食べた事があるのだが”春キャベツ”バージョンは食べた記憶が無かったので取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
リヴィエール日替りランチのサラダとスープ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方はこのお店の定番中の定番とも言える”パンプキンスープ”だ。このレストランでは他にも”オニオンスープ”や”コーンクリームスープ”があって個人的にはオニオンスープ”が1番好きなのだが、この”パンプキンスープ”も結構好きになって来たかも・・・。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエール春キャベツ入りミンチカツ
そんなこんなで先に運ばれて来たサラダとスープを食べながら待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”で、メイン料理の”春キャベツ入りミンチカツ”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それに先のサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、この日はサービスで食後のコーヒーが付いていたので何時も以上のお得感があったかな。
 
カジュアルダイニングリヴィエール春キャベツ入りミンチカツ
そしてこちらがメイン料理の”春キャベツ入りミンチカツ”で、ご覧の通りの結構大き目サイズがあって、以前食べた”ミンチカツカレーソースクリーム”と同じく”ミンチカツ”と知らなかったら”トンカツ”か”ビフカツ”かと勘違いしそうななくらいだ。で、その上にはこのレストランの”かつめし”で使われているのと同じようなデミグラスソースがたっぷりとかかっていて、これを”ミンチカツ”に絡めて食べると当然の如く揚げ立て熱々かつジューシーさも少しあって中々ウマい!何年か前に食べた”ミンチカツのチーズ焼き”のソースよりも、やっぱ私には今回のような甘目のデミグラスソースの方が好きだ!
 
カジュアルダイニングリヴィエール春キャベツ入りミンチカツ
ちなみに”春キャベツ入りミンチカツ”の断面はこんな感じで、以前何度も食べていた”ココイチのキャベツメンチカツカレー”と比べると若干キャベツの量が少ないような印象だが、ミンチ肉の中にキャベツのシャキシャキした食感と口の中に入れた時の甘味もあって中々美味しい春キャベツ入りミンチカツ”であった!
 
カジュアルダイニングリヴィエール食後のコーヒー
最期に・・・、先にも書いたように、この日は月に一回?ある食後のコーヒーの無料サービスデーで、食後に運ばれて来たのがこちらのホットコーヒーで、通常は食事をした場合はプラス108円で飲めるので、そう考えると108円の割引きだとも言える。味的には良くあるコーヒーではあるが、無料サービスと言う事もあって何と無く美味しかった気もする・・・。
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”で、この日は”春キャベツ入りミンチカツ”を食べてみたのだが、少し前に食べた”ミンチカツカレーソースクリーム”と同じ位の結構大き目な”ミンチカツ”の上からデミグラスソースがたっぷりとかかっていて全体的に中々美味しかった!ま、最近は”ココイチのメンチカツ”も”かつやのメンチカツ”も長い間食べて無いので、私の中での”ミンチカツ”はこのレストランの味が基準になりつつあるような・・・。

2019年5月8日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで”ポークフリット スイートチリソース”を食べてみた!豚天に甘辛ソースをかけた雰囲気だが中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”ポークフリット スイートチリソース”との事。このレストランでは以前にも”穴子とエビのフリット”とか”阿波鶏のフリット スイートチリソース”ってのを食べた事があって、その時にかかっていた”スイートチリソース”が結構美味しく個人的にもお気に入りのソースになっているので、今回の”ポークフリット スイートチリソース”にもちょっと興味が沸いて取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
リヴィエール日替りランチのサラダとスープ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方はこのお店の定番中の定番とも言える”コーンクリームスープ”だ。このレストランでは他にも”オニオンスープ”や”パンプキンスープ”があって個人的にはオニオンスープ”が1番好きなのだが、この”コーンクリームスープ”も結構好きになって来たかも・・・。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
リヴィエールポークフリットスイートチリソース
そんなこんなで先に運ばれて来たサラダとスープを食べながら待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”で、メイン料理の”ポークフリット スイートチリソース”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それに先のサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、今回の”ポークフリット スイートチリソース”は一応は肉料理ではあるが豚肉なので、お得感があるかどうかはやや微妙かも・・・。
 
リヴィエールポークフリットスイートチリソース
そしてこちらがメイン料理の”ポークフリット スイートチリソース”で、実物を目の当たりにする前はもっとトンカツっぽい感じの料理かと思いきや、何と無く以前食べた”阿波鶏のフリット スイートチリソース”に似た雰囲気で、パッと見ただけでは豚肉か鶏肉か判らないような印象だ。で、早速この”ポークフリット スイートチリソース”を食べてみると、”ポークフリット”自体は何と無く”豚天”っぽい食感ではあるが(フリットだから当然?なのかも)、それに”スイートチリソース”の甘酸っぱい味が絡んで中々ウマい
 
リヴィエールポークフリットスイートチリソース
ちなみに”ポークフリット スイートチリソース”の”ポークフリット”断面はこんな感じで、流石に毎度お馴染みの”かつやのロースカツ”の厚さと比べると少し薄く感じるが、”豚天”だと思うと中々のぶ厚さで、当然の如く揚げたて熱々で豚肉も柔らかくて中々美味しかった
 
 リヴィエールポークフリットスイートチリソース
それともう一つ、この日に食べた”ポークフリット スイートチリソース”の付け合せの野菜・・・と言うのか”ポークフリット”の下にこのようなキャベツとモヤシを炒めた様な野菜が敷いてあって、こちらにも当然の如く”スイートチリソース”がたっぷりかかっていてこれまたウマい!”ポークフリット”では無く”豚肉と野菜炒めのスイートチリソース”と言うような定食があれば、それでも十分美味しいような気がする・・・。
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”で、この日は”ポークフリット スイートチリソース”を食べてみたのだが、本文で書いた様に何と無く”豚天”に”スイートチリソース”をかけたような雰囲気だったが、どちらも私の大好物だし、付け合せのキャベツ&もやしも含めて全て美味しかった!で、”穴子とエビのフリット”、”阿波鶏のフリット スイートチリソース”、”ポークのフリット”と来ると次は”牛肉のフリット”?で登場する?事を期待しつつ、またこの手の”スイートチリソース”を使った料理が登場した暁には食べに行こうと思う・・・。

2019年5月4日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで”ミンチカツ カレーソースクリーム”を食べてみた!結構デカイ”ミンチカツ”にカレーソースがかかっていて中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 5:04 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”ミンチカツ カレーソースクリーム”との事。このレストランでは以前にも”ポークロースカツ カレーソース”とか”ビーフハンバーグ カレーソース”ってのを食べた事があって、その時にかかっていた”カレーソース”が結構美味しかったので、今回の”カレーソースクリーム”にもちょっと興味が沸いて取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
リヴィエール日替りランチのサラダとスープ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方はこのお店の定番中の定番とも言える”コーンクリームスープ”だ。このレストランでは他にも”オニオンスープ”や”パンプキンスープ”があって個人的にはオニオンスープ”が1番好きなのだが、この”コーンクリームスープ”も結構好きになって来たかも・・・。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
リヴィエールミンチカツカレーソースクリーム
そんなこんなで先に運ばれて来たサラダとスープを食べながら待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”で、メイン料理の”ミンチカツ カレーソースクリーム”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それに先のサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、今回の”ミンチカツカレーソースクリーム”は一応は肉料理ではあるが、お得感があるかどうかはやや微妙かも・・・。
 
リヴィエールミンチカツカレーソースクリーム
そしてこちらがメイン料理の”ミンチカツカレーソースクリーム”で、ご覧の様にまるで”豚ロースカツかと思わんばかりの大き目サイズの”ミンチカツ”に、これまたたっぷりと”カレーソースクリーム”がかかっていて、これが何と無く”ミンチカツカレー”の味わいで中々ウマい!変な話?以前にこのレストランで食べた”ビーフカツカレー”のカレー味よりも、この”カレーソースの方が美味しいような・・・
 
リヴィエールミンチカツカレーソースクリーム
ちなみに”ミンチカツ カレーソースクリーム”の”ミンチカツ”断面はこんな感じで、大きさもさることながらご覧の通り肉厚も結構あって当然の如く揚げたて熱々ながら、肉汁が滴ると言う程では無かった肉々しさの中に玉ネギの食感もあって中々美味しかった
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”で、この日は”ミンチカツカレーソースクリーム”を食べてみたのだが、結構大き目な”ミンチカツ”の上から”カレーソースクリーム”がたっぷりとかかっていて全体的に中々美味しかった!そんな事もあって、4月に登場した”春キャベツ入りミンチカツ”も食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

2019年4月10日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで”パプリカの肉詰めロースト”を食べて見た!味的にはピーマンの肉詰めに近いが真っ赤なパプリカの見た目が可愛い!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”パプリカの肉詰めロースト”との事。”肉詰め”と聞くと椎茸かピーマンの肉詰めぐらいしか頭に浮かばないので、この”パプリカの肉詰めロースト”ってのがどんな物かちょっと見てみたくなったので試しに食べてみる事に決定!!!
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
リヴィエール日替りランチのサラダとスープ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方は久々にご対面の冬定番とも言える”パンプキンスープ”だ。このレストランでは他にも”オニオンスープ”や”コーンクリームスープ”があって個人的にはオニオンスープ”が1番好きなのだが、この”パンプキンスープ”も結構好きかも・・・。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
リヴィエールパプリカの肉詰めロースト
そんなこんなで先に運ばれて来たサラダとスープを食べながら待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”で、メイン料理の”パプリカの肉詰めロースト”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それに先のサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、今回の”パプリカの肉詰めロースト”は一応は肉料理ではあるが、お得感があるかどうかはやや微妙かも・・・。
 
リヴィエールパプリカの肉詰めロースト
そしてこちらがメイン料理の”パプリカの肉詰めロースト”で、どのように調理をしたのか定かでは無いが、その名の如く真っ赤で結構サイズのでかいパプリカの中に肉を詰めてローストした後で、食べやすいようにカットした?ような感じで見た目も写メの撮り方に寄ってはインスタ映えしそうな感じだ。てか、カットする前の肉が詰まったパプリカ?もちょっと見てみたいような気もする・・・。
 
リヴィエールパプリカの肉詰めロースト
それはさて置き、早速この”パプリカの肉詰めロースト”を食べてみると、ご覧の通り何と無くハンバーグに似た感じになっていて、これに全体的にたっぷりとかかったデミグラスソースを絡めてパプリカと一緒に食べると、肉とパプリカの2つの食感があって中々ウマい!雰囲気的にはピーマンの肉詰めに似たような食感と味わいに近いが、ボリューム感は圧倒的にこちらの方が上かな。
 
リヴィエールパプリカの肉詰めロースト
ちなみに”パプリカの肉詰めロースト”の肉の部分はこんな感じで、中心部分は未だ完全に火は通って無いような感じではあるが、その分、肉汁と柔らかさがあってこれはこれで良かった?かも・・・。
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”で、この日は”パプリカの肉詰めロースト”を食べてみたのだが、何と無く巨大なピーマンの肉詰め風でかつ肉詰め自体はハンバーグに近い印象ではあったが、真っ赤で巨大なパプリカが何と無くインスタ映えしそうな見た目で、これはこれで中々楽しい料理だった。このレストランは偶にこのような普段私が口にしない料理が登場するので、これからも目が離せなくなりそうだ・・・。
次のページ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.