義史のB型ワールド

2019年2月22日

毎度お馴染みの”はなまるうどん”で冬季限定の”豚バラ白菜あんかけうどん”を食べてみた!豚肉と白菜の相性が良くて中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
今や日本で知らない人は居無いであろう『讃岐うどんチェーンの丸亀製麺』であるが、それよりも一足先に誕生して一斉風靡した讃岐うどんチェーン店『はなまるうどん』がある(現在は吉野家グループの傘下で姫路飾磨には吉野家とのコラボ店もあったりする)。で、姫路には比較的早い段階で進出して来たので、私も10数年前から偶に姫路へ行った時に利用していたお馴染みのお店でもあるのだが、最近は加古川近辺にも結構お店が誕生したので当然の如く加古川近辺にあるお店に行く事が多い。そんな『はなまるうどん』のお店の前を通ると有りそうで無かった豚肉と白菜が入った”豚バラ白菜あんかけうどん”ってのが新登場していたのでそれに釣られて食べてみた。
 
はなまるうどん/グリーンプラザべふ店
こちらがまたまた行って来た『はなまるうどん/グリーンプラザべふ店』で、お店があるのはイトーヨーカドー加古川店の南入口を入って直ぐの処のフードコートの一角にある。で、先にも書いたように『はなまるうどん』は姫路市内には結構早い段階で進出して来たのだが、何故か加古川にお店が出来たのは遅くて、私の記憶が正しければ2008年の夏、加古川市内で最初に誕生したのがこの『グリーンプラザべふ店』だ。とは言え、このお店が誕生してから10年は経つので、何と無くずいぶん昔のような気もする・・・。
 
はなまるうどん豚バラ白菜あんかけうどんのメニュー
そしてこちらが『はなまるうどん』から期間限定で新登場した”豚バラ白菜あんかけうどん”のメニューで、公式案内に寄ると”素材の奥深い味わいをお楽しみいただける、この寒い季節におすすめの新メニュー”との事。豚肉と白菜の組み合わせは『松屋』や『やよい軒』等の定食チェーンや、私の大好きな『どうとんぼり神座ラーメン』等でお馴染みではあるが、豚肉と白菜が入ったうどんは食べた記憶は無かったので、それに釣られて食べてみる事に決定!!!
 
はなまるうどん豚バラ白菜あんかけうどん
で、こちらが実際に食べた”豚バラ白菜あんかけうどん(小・麺1玉)で、お値段は税込価格530円也。ご覧の通り、うどんの上に白菜と豚肉を入れた後にあんをかけ、その上にネギをトッピングしたシンプルな内容だ。ちなみに商品案内に寄ると”こだわりのあんには、帆立や海老、牡蠣など海鮮の旨味をふんだんに加えた「清湯スープ」を使用しております。仕上げに「ごま油」を加えたことで、素材の旨味がひとつにまとまるだけでなく、香ばしいごまの香りが食欲を掻き立てます。また、シャキシャキの白菜と柔らかい豚肉の上からあんをかけることで、アツアツのまま最後までお召し上がりいただけます。身も心も芯まで温まる、この季節にピッタリな一品”との事。それはさて置き、早速この”豚バラ白菜あんかけうどん”を食べてみると何と無く想像していた通りの味っぽい印象ながら、旨みとコクのあるあんに豚肉と白菜の味と食感が加わって確かに中々ウマい
 
はなまるうどん豚バラ白菜あんかけうどん
そしてこちらは”豚バラ白菜あんかけうどん”に入っていた豚バラ肉で、最初にパッと見た時は何と無く少なそうに見えたのだが、実際に食べてみると意外とたっぷり入っていて、味的にはこれまた想像通りではあるが白菜との相性は良くて中々ウマい!思わず白いご飯も併せて食べておけば良かった・・・と後悔した程だ。
 
はなまるうどん豚バラ白菜あんかけうどん
ちなみに”豚バラ白菜あんかけうどん”の麺はこんな感じで、お店ご自慢の讃岐風手打ち麺なのだが以前にも書いた様にライバルチェーン店の『丸亀製麺』とか加古川では人気の『讃岐めん うどんや』の店内手打ちとは違って工場で作られた麺と言う事もあって、気持ちそれなりの味だったような気がする・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『はなまるうどん』から冬季限定で登場した”豚バラ白菜あんかけうどん”を食べてみたのだが、本文で書いた様に豚肉と白菜の相性は良くて中々美味しかった!気持ち的にはうどんでは無く白いご飯のおかずで食べた方が美味しいような気がしたのだが、うどんじゃ無い方がエエ場合は別メニューにあった”豚バラ白菜あんかけ丼”を食べれ!って言う事だったのかも知れない・・・。
広告

2019年2月16日

毎度お馴染みの”丸亀製麺”で西日本限定の”かに雑炊”を食べてみた!以前食べた”うどん雑炊”に蟹の身が入ったような内容で、中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
今や日本全国でその名を知らない人は居ないと言っても過言では無い讃岐うどんセルフチェーン店の『丸亀製麺』でも定期的に期間限定のメニューが登場するのと、最近は公式スマホアプリに割引クーポン券が付いている事もあって、相変わらず時々食べに行っている。で、今回は冬定番の季節商品の”かに玉あんかけ”が今シーズンも登場したのでそれに釣られて食べに行ったら、店内に西日本限定の”かに雑炊”ってのがあったので後日そちらを食べに行ってみた。
 
釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川市役所近くのうどん屋激戦区の一角にある『釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店』で、以前から度々書いている様に今や全国に800店近い店舗を有する、超巨大セルフ讃岐うどんチェーン店の記念すべき1号店(今風に言うと聖地?)で、個人的には2001年にこの1号店がオープンした直後から食べに来ている一番愛着のあるお店でもある。
 
丸亀製麺かに雑炊西日本限定メニュー丸亀製麺かに雑炊西日本限定メニュー
そしてこちらが西日本限定で登場した”丸亀製麺流 かに雑炊”のメニューで、雰囲気的には以前食べた”うどん雑炊”に”かに玉あんかけ”と同じく”紅ずわいがに”と”かにみそ”をトッピングしたような感じで、大阪風で言うならば蟹入りの”おじやうどん”と言った処か。で、前回”うどん雑炊”を食べた時にも感じたように単品ではボリュームが少な目だったので、スマホアプリのスタンプが満タンになって無料クーポンがあった”かしわ天”を併せて食べてみる事に決定!!!
 
丸亀製麺かに雑炊とかしわ天
で、こちらが実際に食べた”丸亀製麺流 かに雑炊”と、先にも書いたように”うどん雑炊”はボリュームが少な目だったので揚げたて天ぷらの中からチョイスした”かしわ天”のセットで、お値段は”かに雑炊”が490円で”かしわ天”は140円なのだが公式アプリに会ったクーポン利用で無料となり、結局”かに雑炊”のみとなって税込金額490円也。無料クーポンが貰えるのはありがたいが、毎回”かしわ天”なのでそろそろ内容を変えて欲しいような・・・。
 
丸亀製麺かに雑炊
それはさて置き、こちらがメインの”かに雑炊”で、先にも書いたように以前食べた”うどん雑炊”に”紅ずわいがに”と”かにみそ”がトッピングされた物なのだが、ご覧の通り”紅ずわいがに”と”かにみそ”の存在感がほとんど無くて、思わず”うどん雑炊”と間違えられたのかな?と思いつつも箸で中身を探ってみたら、確かに”紅ずわいがに”と”かにみそ”も入っていた・・・。で、味的には想像していた通り”うどん雑炊”とほぼ同じあが、”かにみそ”の独特な風味とコクがあって中々ウマい!確かに蟹鍋や蟹すきを食べた後に作って食べる蟹雑炊とは少し違うが、これはこれで美味しかった!
 
丸亀製麺かに雑炊
ちなみに”かに雑炊”の中に入っていたうどんはこんな感じで、普段食べる出汁に浸かったうどんとは違い食べ易いようにか短めにカットしてあって、何か何時と違った食感と味わいがあったような・・・、そうでも無いような・・・
 
丸亀製麺かしわ天
そしてこちらは公式アプリに配信されて来た無料クーポンを使って食べた”かしわ天”で、商品案内に寄ると”焼鳥屋から生まれた丸亀製麺自慢の和風フライドチキン”と呼ぶ程の自信作で何やら”鶏のムネ肉にひと手間加えることでモモ肉にも負けず、うどんにもぴったりなジューシーな天ぷら”になっているらしい・・・。とは言え先にも書いた様に既に何度も食べているので、今回は”とんこつうどん”のスープに浸けて食べたら、何時もと違った味わいがあってこれはこれで中々美味しかったかな。
 
てな事で、毎度お馴染みの『丸亀製麺』で”うどん雑炊”に続く西日本限定メニューの”かに雑炊”を食べてみたのだが、本文で書いたように基本的には”うどん雑炊”に”紅ずわいがに”と”かにみそ”をトッピングしたシンプルな内容(正確に言うと今回は鶏肉は入って無い・・・)ではあったが、”かにみそ”のコクと旨みが加わってこれはこれで中々美味しかった!それはさて置き、遂最近も『丸亀製麺』へ行ったら今度は”牛肉雑炊”ってのがあったのだが、流石に”雑炊”ばかりは・・・と思って未だ食べて無いのだが、もしも食べる事があればその時はまた当ブログで・・・。

2019年1月23日

毎度お馴染みの”丸亀製麺”で西日本限定の”うどん雑炊”を食べてみた!雑炊にうどんが入った大阪名物おじやうどん風で中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
既にセルフうどんチェーンの『丸亀製麺』の話題と言えばTVのCMでお馴染みのかに玉あんかけ”になっているのだが、その話はまたいずれ書くとして今回は11月中旬頃に食べた”うどん雑炊”のお話・・・。
 
今や日本全国でその名を知らない人は居ないと言っても過言では無い讃岐うどんセルフチェーン店の『丸亀製麺』でも定期的に期間限定のメニューが登場するのと、最近は公式スマホアプリに割引クーポン券が付いている事もあって、相変わらず時々食べに行っている。で、今回は定番の”玉子あんかけ”シリーズの新商品?として”牡蠣づくし玉子あんかけ”ってのが新登場したのでそれに釣られて食べに行ったら、店内に西日本限定の”うどん雑炊”ってのがあったので後日そちらを食べに行ってみた。
 
釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川市役所近くのうどん屋激戦区の一角にある『釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店』で、以前から度々書いている様に今や全国に800店近い店舗を有する、超巨大セルフ讃岐うどんチェーン店の記念すべき1号店(今風に言うと聖地?)で、個人的には2001年にこの1号店がオープンした直後から食べに来ている一番愛着のあるお店でもある。
 
丸亀製麺うどん雑炊のメニュー丸亀製麺うどん雑炊のメニュー
そしてこちらが西日本限定で登場した”うどん雑炊”のメニューで、そもそも”うどん雑炊”とは何かと言うとご飯とうどんを一緒に煮込んで玉子でとじたような・・・と言うのか雑炊の中にうどんを入れたような物で、10年程前に冷凍食品の”ぞうすいうどん”を食べた時にも書いたが、大阪では”おじやうどん”と呼ばれるちょっとした大阪名物料理だ。ちなみに”うどん雑炊”とは関係無いが”海老とじ丼”ってのもあったので、一度食べようと思っていたら何時の間にやらメニューから消えてしまった・・・。きっと人気が無かったのだろう・・・。
 
丸亀製麺うどん雑炊と野菜かき揚げ
それはさて置き、こちらが実際に食べた”うどん雑炊”と値段から想像してきっとボリュームは少な目だろうと何時物如く選んだ”野菜かき揚げ”のセットで、お値段は”うどん雑炊”が390円で”野菜かき揚げ”は130円なのだが公式アプリに会ったクーポン利用で70円となり、合計した税込金額は450円也。雰囲気的には後これに白いご飯があれば・・・と思ったが、よくよく考えると”うどん雑炊”の中にご飯が入っているから、やっぱ天ぷらを2品位食べたら良かったのかも・・・。
 
丸亀製麺うどん雑炊
そしてこちらがメインの”うどん雑炊”で、パッと見た感じは普通の雑炊だが目を凝らしてみると具にうどんが入っているのが良く判る・・・。ちなみに商品案内に寄ると”うどんのだしが染み込んだふんわりやわらか雑炊”との事で鶏肉がたっぷり50g入っているらしい・・・。で、そのお味はと言うと出汁自体は若干濃い目で私には少し辛い位に感じたが、定番の玉子とじ雑炊味で中々ウマい
 
丸亀製麺うどん雑炊
ちなみに”うどん雑炊”の中に入っていたうどんはこんな感じで、普段食べる出汁に浸かったうどんとは違い食べ易いようにか短めにカットしてあって、何か何時と違った食感と味わいがあったような・・・、そうでも無いような・・・
 
丸亀製麺野菜かき揚げ
そしてこちらは”うどん雑炊”とセットで食べた”野菜かき揚げ”で、この日も取り敢えずは揚げたて熱々で中々ウマい!が、何時もは少し食べた後でうどんの中に投入して出汁を染み込ませて味変させて食べると更にウマいのだが、今回はメインが”うどん雑炊”でご飯が入っていたからなのか、何かちょっと微妙な味わいだったような・・・
 
てな事で、毎度お馴染みの『丸亀製麺』で西日本限定メニューの”うどん雑炊”を食べてみたのだが本文で書いたように大阪名物”おじやうどん”風(てか、そのままだと思うが)で中々美味しかった!そう言えば数年前に格安ラーメンチェーン店の『博多金龍』でラーメンの中にご飯が入ったその名も”ねこまんまラーメン”ってのを食べた事があるが、あちらも意外と美味しかったのでぜひまた食べてみたいと思っているのだが・・・。それはさて置き、季節商品の”かに玉あんかけ”が登場したと同時に”かに雑炊”ってのが販売されていたので、そちらも食べてしまったのだが、その話はまた後日・・・。

2019年1月17日

毎度お馴染みの”丸亀製麺”で冬季限定の”牡蠣づくし玉子あんかけ”を食べてみた!定番の玉子あんかけの中にプリッとした牡蠣が入って中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:00 PM
 
代理人記録
 
既にセルフうどんチェーンの『丸亀製麺』の話題と言えばTVのCMでお馴染みのかに玉あんかけ”になっているのだが、その話はまたいずれ書くとして今回は11月中旬頃に食べた”牡蠣づくし玉子あんかけ”のお話・・・。
 
今や日本全国でその名を知らない人は居ないと言っても過言では無い讃岐うどんセルフチェーン店の『丸亀製麺』でも定期的に期間限定のメニューが登場するのと、最近は公式スマホアプリに割引クーポン券が付いている事もあって、相変わらず時々食べに行っている。で、今回は定番の”玉子あんかけ”シリーズの新商品?として”牡蠣づくし玉子あんかけ”ってのが新登場したのでそらに釣られてまたまた食べに行ってみた
 
釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川市役所近くのうどん屋激戦区の一角にある『釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店』で、以前から度々書いている様に今や全国に800店近い店舗を有する、超巨大セルフ讃岐うどんチェーン店の記念すべき1号店(今風に言うと聖地?)で、個人的には2001年にこの1号店がオープンした直後から食べに来ている一番愛着のあるお店でもある。
 
丸亀製麺牡蠣づくし玉子あんかけのメニュー丸亀製麺牡蠣づくし玉子あんかけのメニュー
そしてこちらが期間限定で登場した”牡蠣づくし玉子あんかけ”のメニューと店内のテーブル席の上に置いてあった商品説明のポップで、個人的に『丸亀製麺』では以前”かに玉あんかけうどん”や”肉たまあんかけうどん”を食べた事はあるが”牡蠣づくし玉子あんかけ”は食べた記憶が無かったし、最近は『かつや』の”カキフライ丼”や”あったかとん汁とカキフライ定食”、『なか卯』の”牡蠣とじ丼”や”カキフライ定食”と正に牡蠣尽くしな生活を送っていた事もあって、今回も取り敢えず食べてみる事に決定!!!
 
丸亀製麺牡蠣づくし玉子あんかけうどん
で、こちらが実際に食べた”牡蠣づくし玉子あんかけ”で、お値段は通常税込価格670円の処、公式アプリに届いた割引クーポン利用で50円引きとなって税込価格620円也。ご覧の通り?と言うのか商品名の通りの如く”カキの身が7個入った玉子あんかけのうどん”だ。ちなみに商品案内に寄ると”たっぷり7個の蒸し牡蠣と白ねぎを、あつあつの玉子あんかけに合わせた逸品です。食べ た瞬間に広がる牡蠣の旨みと磯の香り、玉子のふわっとした食感、出汁のやさしい味わいがあつあつのあんかけと共にお 楽しみいただけます。また、お好みでしょうがを入れると牡蠣とだしの旨みがさらに引き立ちます。やさしい味わいの中に旨みがぎゅっと詰まった新商品をぜひ”との事。それはさて置き先ずは出汁から飲んでみると、定番の玉子あんかけの中に牡蠣の旨味が加わって中々美味しい
 
丸亀製麺牡蠣づくし玉子あんかけうどん
そしてこちらが”牡蠣づくし玉子あんかけ”の中に入っていた”蒸し牡蠣”で、お馴染みの『かつや』や『なか卯』で食べたのはカキフライだったので身自体の大きさが少し判り難かったが、こちらは身そのままで何と無く見た目もおおぶりの牡蠣だ!で、当然の如く身はぷりぷりでこれまたウマい!いっその事、こちらも”カキフライ”にしても面白い気はするが、手間を考えると無理な注文なのかも・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『丸亀製麺』で冬季期間限定で登場した”牡蠣づくし玉子あんかけ”を食べてみたのだが、その名の如く定番の玉子あんかけの中にプリッとした”蒸し牡蠣”が入ったシンプルなうどんだが、これはこれで中々ウマかった!そしてこの後も”うどん雑炊”やら”かに雑炊”、そしてTVのCMで盛んに宣伝している”かに玉あんかけうどん”を食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

2019年1月14日

毎度お馴染みの”丸亀製麺”の夜なきうどんの日で”かけうどん”を食べるともう1杯無料になると言うので食べてみた!やっぱ別のサービスの方がエエよなあ・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
今や日本全国でその名を知らない人は居ないと言っても過言では無い讃岐うどんセルフチェーン店の『丸亀製麺』でも定期的に期間限定のメニューが登場するのと、最近は公式スマホアプリに割引クーポン券が付いている事もあって、相変わらず時々食べに行っている。そんな『丸亀製麺』が毎年11月7日を”夜なきうどんの日”と銘打ってお得なキャンペーンをやっているのだが、予告告知を見ると今シーズンは”かけうどん”を一杯買うとその場でもう一杯”かけうどん”が無料になるとの事。ん?”かけうどん”2杯も要らんで・・・と最初は思ったのだが、取り敢えず毎年”夜なきうどんの日”を利用しているし、そもそもこんな機会でも無い限り”かけうどん”の得盛相当?を食べる事は無いと思い食べに行ってみた。
 
釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川市役所近くのうどん屋激戦区の一角にある『釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店』で、以前から度々書いている様に今や全国に800店近い店舗を有する、超巨大セルフ讃岐うどんチェーン店の記念すべき1号店(今風に言うと聖地?)で、個人的には2001年にこの1号店がオープンした直後から食べに来ている一番愛着のあるお店でもある。
 
丸亀製麺夜なきうどんの日
そしてこちらが2018年の”夜なきうどんの日”の告知で、先にも書いたように5日間毎夜6時からの期間時間限定で”かけうどん”並を1杯買うとその場でもう1杯無料になるとの事。雰囲気的には二人で食べに来て一人だけこれを注文して2杯の”かけうどん”を二人で食べる・・・と言うのが一番お得っぽく、実際そうして食べているお客さんも居た。てか、逆に言うと例年の”夜なきうどんの日”の時はそれを注文する客が多いが、今回は”かけうどん”を頼んでいる客自体が少なかったような印象・・・。
 
丸亀製麺夜なきうどんの日かけうどん2杯ときつねあげ
で、こちらが実際に食べた”かけうどん”2杯と、流石にそれだけでは寂しい気がしたので追加で注文した”きつねあげ”で、お値段はそれぞれ290円と130円で合計した税込金額は420円也。気持ち的には”天ぷら”もトッピングしたかったのだが、そうすると折角のお得感が無くなってしまいそうな気がしたので”きつねあげ”だけで我慢したのだった。
 
丸亀製麺夜なきうどんの日かけうどん2杯ときつねあげ
それはさて置き、先ず1杯目?の”かけうどん”に追加で購入した”ジューシーで甘じょっぱい”と言う”きつねあげ”をトッピングして食べてみると、所謂”きつねうどん”になってこれが中々ウマい!数年前に播磨町にあったセルフうどんチェーンの『めんむす』で食べたアゲさん程の大きさでは無いが、世間一般のうどん屋さんと比べると結構大き目で食べ応えもあったかな
 
丸亀製麺夜なきうどんの日かけうどん
そしてもう一杯の”かけうどん”は無料トッピングコーナーに用意されている天かすやネギをトッピングして食べてみると、若かりし頃に良く食べていた”天かすうどん”(関西では”ハイカラうどん”とも呼んでいたのだが・・・)っぽくなって、これまたウマい!大人になった今では”天かすうどん”では無く”天ぷらうどん”を気楽に注文出来る?が、これはこれで昔懐かしい学生時代の思い出の味っぽい雰囲気で中々美味しかったかな
 
てな事で、毎度お馴染みの『丸亀製麺』が今シーズン(2018年)も”夜なきうどんの日”をやっていたので”かけうどん”を2杯食べてみたのだが、やっぱどう考えてもこれは二人で食べた方がエエような内容だったなあ・・・。来シーズンも今回と同じような”かけうどん”2杯みたいな内容だったら食べるのは止めておこう・・・。

2018年12月22日

毎度お馴染みの”リンガーハット”で何時の間にやら販売されていた”しょうゆちゃんぽん尾道風”を食べてみた!背脂入りの醤油スープでこれが意外と旨い!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:28 PM
 
代理人記録
 
少し前に、毎度お馴染みの『長崎ちゃんぽん リンガーハット』で、TV番組”有吉弘行のダレトク!?”の人気コーナー「没メニューレストラン」で登場した”ぎょうざちゃんぽん”を食べた話を紹介したが、今回はそれよりも前に『リンガーハット』で食べた”しょうゆちゃんぽん尾道風”のお話・・・。
 
9月の中旬頃に毎度お馴染みの『らーめん幸楽苑』から”創業祭 290円中華そば復刻”登場したので、それに釣られて食べに行ったらその後”尾道らーめん”やら”青森発 煮干らーめん”や”苫小牧発 味噌カレーらーめん”が登場し、更には”らーめん定期券”なる物まで買ってしまったので、9月から10月にかけて毎週の如くニッケパークタウン加古川のフードコートにある『らーめん幸楽苑』へ行っていた。で、その度に隣にある『リンガーハット』の店舗前を通るのだが、ある日ふと気が付くと”しょうゆちゃんぽん尾道風”のメニューを発見!!!”しょうゆちゃんぽん尾道風”と言えば”広島エリア限定”で販売されている商品で、以前に店舗限定の”ふかひれ姿煮めん”とか”あんかけちゃんぽん”は食べた事があるが、流石にエリア限定販売の商品は食べた事が無かったので、それに釣られて食べに行ってみた。
 
長崎ちゃんぽんリンガーハット/ニッケパークタウン加古川店
こちらが久々に行って来た『長崎ちゃんぽん リンガーハット/ニッケパークタウン加古川店』で、以前は大阪や神戸方面へ行った時に利用するだけのお店だったのだが、数年前にイオン明石のフードコートにお店が出来た後に続いて、イトーヨーカドー加古川店がオープンした後は、イオン姫路リーバーシティーイオン加古川店のフードコートに出店、そして2016年10月にリニューアルオープンした加古川ニッケパークタウンのフードコートの中にも出来たのだった。個人的には大阪在住の頃に良く食べていた『中央軒』や、播州界隈にあった『長崎ちゃんめん』等の方が馴染が深いのだが、今や”長崎チャンポンと言えばリンガーハット”が一番に浮かぶ程の有名チェーン店になっている・・・。
 
リンガーハットしょうゆちゃんぽん尾道風
で、こちらが実際に買って食べた”しょうゆちゃんぽん尾道風”で、お値段は税込価格745円也(ちなみに後日”ぎょうざちゃんぽん”を食べに行った”グリーンプラザべふ店”では”ぎょうざ3個無料サービス”があったのだが、こちらの店には無かった)。ご覧の通りパッと見た感じは野菜たっぷりで、如何にも”ちゃんぽん”と言う雰囲気だが、スープを見ると少量の背脂が浮いた醤油色で、確かに何と無く”尾道風”だ。ちなみに商品案内に寄ると煮干し、鯖、鰹の出汁の効いた、あっさりなのにコクがある特製スープ”との事。
 
リンガーハットしょうゆちゃんぽん尾道風
それはさて置き、早速この”しょうゆちゃんぽん尾道風”を食べてみると当然の如く定番商品の”長崎ちゃんぽん”とは全く異なる醤油味のスープで、偶に当ブログでも話題に挙がる”近江ちゃんぽん”や姫路駅前にある”姫路タンメン”とも違う割と濃口のしっかりした醤油スープながら、これが中々ウマい!商品名から何と無く”尾道ラーメン”に野菜が入ったような物をイメージしていたが、実際に食べてみると確かにこれはしっかりと”ちゃんぽん”だった!
 
リンガーハットしょうゆちゃんぽん尾道風
ちなみに”しょうゆちゃんぽん尾道風”の麺はこんな感じで雰囲気的には『リンガーハット』定番の”長崎ちゃんぽん”と同じ”麦自体の風味が豊かでモチモチ感があるのが特徴の国産小麦を使った麺”のようで、これに背脂入りのスープがまったりと絡み付いて何時もと違う美味しさがあったかな。
 
てな事で、毎度お馴染みの『長崎ちゃんぽん リンガーハット』で何時の間にやら加古川にある店舗でも販売されていた”しょうゆちゃんぽん尾道風”を食べてみたのだが、その名の如く何時もとは違う背脂り醤油スープでこれはこれで中々美味しかった!それはさて置き、この様なエリア限定の商品はその他にも”佐野ちゃんぽん”があったり、最近も”旭川風醤油ちゃんぽん”が新登場したので、それらのエリア限定商品が何時か加古川にあるお店でも食べれる日が来る事を願っている・・・。

2018年12月17日

久々に行った”お好み焼き 偶 高砂本店”で”昔ながらのお好み焼き”を食べてみた!何と無く高砂にくてん風で中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
ちょっとした事情で最近JR加古川駅前へ行く機会が多いのだが、日常品や食料品を購入する為にイオン高砂店へ行く機会も多い。で、その時に偶にではあるが道を挟んだ西側にある『サンドラッグ』&『お好み焼き 』の駐車場?に行く事が多く、その果てに『サンドラッグ』のポイントカード会員にもなってしまった。で、この日も午前中にその駐車場に行って用を済ませ気が付くとランチタイムには丁度良い時間になっていたので、久々の直ぐ目の前にある『お好み焼き 』に行ってみる事にした。
 
お好み焼き・鉄板焼き・ファミリー居酒屋 偶高砂本店
こちらが久々に行って来た『お好み焼き・鉄板焼き・ファミリー居酒屋 /高砂本店』で、ご覧の通りコンクリートブロックで出来たかのような店舗なのだが、私の記憶が確かならば最初にこの建物が出来たのはこの敷地内にあったオートバックスのタイヤ専門売り場?みたいな物だったように思う・・・。で、そもそも『/高砂店』も以前は阿弥陀の方にあったのだが、この場所に移転して来た後何故か?『高砂本店』に生まれ変わったのだった・・・。
 
お好み焼偶昔ながらのお好み焼きのメニュー
それはさて置き、最初は以前に姉妹店の『フワトロたこやき はなれの偶』で食べた税別価格500円のワンプレートランチを食べようかな?と思っていたのだが、店内の壁を見ると通常メニューには載って無いこのような”昔ながらのお好み焼き”と言うメニューを発見!一体どんな内容なのか全く判らなかったのだが、平成が間も無く終わる事もあって最近”昔ながら”と言う文言に心惹かれる物があって、取り敢えず試しにこの”昔ながらのお好み焼き”を食べてみる事に決定!!!
 
お好み焼偶昔ながらのお好み焼き
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”昔ながらのお好み焼き”と、その他にランチタイム無料サービスのみそ汁とライスが付いてお値段は税込価格918円也(そう言えばドリンクバーも付いている・・・と思っていたのだが案内が無かったので利用しなかったのだが・・・)。ちなみに、たまにTVで話題になるように、私も若かりし頃はお好み焼きにご飯と言う組合せはイマイチ好きになれなかったのだが、9年程大阪で暮らしている間に何時の間にやらすっかり慣れ親しんでしまって、今では全く抵抗が無くなってしまった・・・。
 
お好み焼偶昔ながらのお好み焼き
そしてこちらがメインの”昔ながらのお好み焼き”で、特に何がどうとか書いて無かったので店側の意図は判らんが、個人的な印象を書くと最近流行りのふわっとした生地では無く、家で焼いたような所謂ペタッとした生地で、昔我が家ではこの手のお好み焼を全て”にくてん”と呼んでいたのだった。で、綺麗な写メが撮れなかったので中身の紹介が出来ないのだが、具自体も何と無く”にくてん”と同じような物が入っていて(『フワトロたこやき はなれの偶』で食べた”高砂にくてん焼”に似ている?)、これはこれで中々美味しいお好み焼だった!
 
お好み焼偶昔ながらのお好み焼き
最後に・・・、壁に貼ってあった”昔ながらのお好み焼き”の写真にはマヨネーズをかけた状態で写っていたが、ソースやマヨネーズはセルフでデコレーションする様になっていたので、最初はソースだけで食べていたのだが途中で味変する為にマヨネーズを投入・・・。ちなみに、そもそも昔のお好み焼きにマヨネーズはかかって無くて、確か大阪にある『ぼてじゅう』が初めて使ったのが、今では定番になってしまっている。が、マヨネーズを嫌う昔ながらのお好み焼店も多く、マヨネーズを置いて無い店も多々ある
 
てな事で、久々に行った『お好み焼き 』で”昔ながらのお好み焼き”を食べてみたのだが、何と無く家で作ったお好み焼風で大きなインパクトは無い物の、文字通り昔ながらのお好み焼きで、これはこれで中々美味しかった!ま、単品で税別価格850円と言うのが若干高い気はしないでは無いが、また機会があれば食べてみたいと思う・・・。

2018年12月16日

またまた行ったアスパ高砂にある”せらび亭”で日替り定食の”ツナとしその混ぜごはんとカツとじうどん”を食べてみた!カツ丼のうどん版でこれはこれで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:20 PM
 
代理人記録
 
ちょっとした事情もあって、最近は良くアスパ高砂・・・と言うのかイオン高砂に買物に行く機会が増えた。で、その度にフードコートで休憩したり、あるいは毎度お馴染みの『スガキヤラーメン』でラーメンを食べたりするのだが、同じように偶にその中にある『手打ちうどん工房 せらび亭』も利用する事がある。が、流石に少し飽きて来た事もあって、年に数回食べるかどうか位でしか無いのだが、この日も買物に行った際に店前を通ると”日替り定食”の内容が今迄食べた事の無い有りそうで無かった?”カツとじうどん”だったので、それに釣られて食べてみる事にした。
 
手打ちうどん工房 せらび亭
こちらがまたまた行って来たアスパ高砂の南側の入口から入った直ぐの処にある『手打ちうどん工房 せらび亭』で、場所的な条件の良さもあってか、ランチタイムは結構賑わっていてそれに気を良くしたのか、一時期は加古川医療センター近くに2号店も出していたのだが、残念ながらそちらは閉店してしまった。が、この本店?は今年の5月1日で30周年を迎えたらしい・・・。って事はアスパ高砂が誕生してから30年経つと言う事か・・・。
 
せらび亭日替り定食のお品書きと見本
そしてこちらが店前に置いてあった”日替り定食”の見本とボードメニューで、この日の内容は”ツナとしその混ぜごはん”と”カツとじうどん”との事。個人的には”ツナとしその混ぜごはん”は余り食べたいとは思わなかったのだが、先に書いた様に”カツ丼”や”カツカレーうどん”は普段から偶に食べているが”カツとじうどん”と言ううどんは意外と今まで食べた記憶が無かったので、取り敢えず食べてみる事に決定!!!
 
せらび亭日替り定食ツナとしその混ぜごはんとカツとじうどん
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”日替り定食”で”ツナとしその混ぜごはん”と”カツとじうどん”、それに漬物とフルーツが付いてお値段は税込価格842円也。このお店の”日替り定食”は正にその日の内容に寄って小鉢が付いていたり無かったり、そして一番の特徴は毎回値段が違う?ってとこかな
 
せらび亭日替り定食カツとじうどん
それはさて置きこちらが”日替り定食”のメイン料理とも言える”カツとじうどん”で、パッと見た感じはお出汁がたっぷりで麺が見えないので、何と無く出汁たっぷりの”カツ丼”に見えなくも無いが、その名の如くうどんの上に玉子でとじたトンカツがトッピングされた文字通りの”カツとじうどん”だ。で、先ずはお出汁から飲んでみると何時ものうどんの出汁に玉子とじのトロトロした食感がプラスされて中々ウマい!それだけでも十分に美味しい”玉子とじうどん”だ。
 
せらび亭日替り定食カツとじうどん
そしてこちらが”カツとじうどん”にトッピングされていた”トンカツ”で、雰囲気的には以前にこのお店で食べた”カツカレー丼”と同じく、毎度お馴染みの”かつやのロースカツ”と比べると肉厚は薄いが、豚肉や衣に玉子とじの出汁が絡んでこれまたウマい!何と無くではあるが”ツナとしその混ぜごはん”とでは無く普通に白いご飯と一緒に食べたくなる味わいがあったかな。
 
せらび亭日替り定食カツとじうどん
ちなみに”カツとじうどん”の麺はこんな感じの、お店の入口とかに貼られている”讃岐うどんのこだわり”と書いた紙の通り、このお店ご自慢の”手打ち讃岐うどん”で普通に美味しいのだが、最近は超巨大うどんチェーンの『丸亀製麺』へ行く事が増えた事もあって、最近は特に何も感じ無くなって来たような気もする・・・。
 
せらび亭日替り定食”ツナとしその混ぜごはん
そしてこちらは”日替り定食”の御飯物である”ツナとしその混ぜごはん”で、その名の如く白いご飯?に”ツナとしそ”を混ぜただけのシンプルな内容で、個人的にどちらも普段滅多に口にしない事もあってか味的には可も無く不可も無く・・・。先に書いたように今回は”カツとじうどん”だったので、普通に白いご飯の方が良かった気がする・・・。
 
 
てな事で、久々に行ったアスパ高砂の中にある『手打ちうどん工房 せらび亭』で、今回は”日替り定食”で”ツナとしその混ぜごはん”と”カツとじうどん”を食べてみたのだが、”ツナとしその混ぜごはん”の方は兎も角として”カツとじうどん”は想像していた通り”カツ丼”のうどん版みたいな内容ではあったが、”トンカツ”に玉子とじの出汁が絡んでこれはこれで中々美味しかった!このお店では毎日こう言った一風変わったうどんが登場するので、個人的には結構好きなのだが、その日の内容が実際にお店まで足を運ばないと判らないのが最大の難点かも知れない・・・。

2018年12月12日

毎度お馴染みの”リンガーハット”でTV番組”有吉弘行のダレトク!?”で紹介されていた”ぎょうざちゃんぽん”を食べてみた!スープはピリ辛だが熱々で中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:48 PM
 
代理人記録
 
今日は昨夜放送されたTV番組”有吉弘行のダレトク!?”の人気コーナー「没メニューレストラン」で登場した毎度お馴染みの『かつや』で食べた没メニュー”生姜焼きとん汁定食”のお話・・・。と思いきや、その前に11月27日に放送された、これまた毎度お馴染みの『長崎ちゃんぽん リンガーハット』から没メニューとして登場した”ぎょうざちゃんぽん”を食べたお話・・・。ちなみに『リンガーハット』では”ぎょうざちゃんぽん”の前に”しょうゆちゃんぽん尾道風”を食べているのだが、その話はまた後日・・・。
 
長崎ちゃんぽんリンガーハット/グリーンプラザべふ店
こちらがまたまた行って来たイトーヨーカドー加古川店の一角にある『長崎ちゃんぽん リンガーハット/グリーンプラザべふ店』で、以前は大阪や神戸方面へ行った時に利用するだけのお店だったのだが、数年前にイオン明石のフードコートにお店が出来た後に続いて、イトーヨーカドー加古川店がオープンした後は、イオン姫路リーバーシティーイオン加古川店のフードコートに出店、そして昨年の10月にリニューアルオープンした加古川ニッケパークタウンのフードコートの中にも出来たのだった。個人的には大阪在住の頃に良く食べていた『中央軒』や、播州界隈にあった『長崎ちゃんめん』等の方が馴染が深いのだが、今や”長崎チャンポンと言えばリンガーハット”が一番に浮かぶ程の有名チェーン店になっている・・・。
 
リンガーハット有吉弘行のダレトク!?没メニューレストランぎょうざちゃんぽん
そしてこちらがTV番組”有吉弘行のダレトク!?”の人気コーナー「没メニューレストラン」で『リンガーハット』から登場した没メニューの”ぎょうざちゃんぽん”で、以前にも紹介した様に若かりし頃に大阪にある『らーめん古潭』で”ぎょうざらーめん”を良く食べていたが、流石に”ぎょうざちゃんぽん”は初めての事だ。ちなみに、公式案内に寄ると”麺の代わりにたっぷり10個のリンガーハットこだわりの「ぎょうざ」を入れた新感覚のちゃんぽん”との事。そんな事もあって、注文時に一緒にライスも如何ですか?と聞かれたのだが、”焼きぎょうざ”が10個入っているのでボリュームがありそうだったので止めたのだった。
 
リンガーハットぎょうざちゃんぽん
で、こちらが実際に食べた”ぎょうざちゃんぽん”で、お値段は税込価格842円也。何やら”人気メニュー長崎ちゃんぽんと同じ量!国産野菜がたっぷり255g”入っているらしく、ご覧の通りライス無くてもこれだけでボリューム満点だ!ちなみに商品案内に寄ると”焼きぎょうざ10個をスープと煮込んで調理しており、ぎょうざの旨味がぎゅっと閉じ込められています。また、スープは、リンガーハット特製の「ピリ辛坦々風スープ」を使っており、ピリ辛でまろやかな、ごまの風味が香る味わいです”との事。それはさて置き、早速スープを飲んで見ると、実物を見る前は普通の”ちゃんぽんスープ”だと思っていたのだが、商品案内通り”ラー油が効いたピリッとした辛みと、まろやかなごまの風味が混ざった、具材によく絡む特製スープ”で、一瞬咽たもののこのピリ辛スープが中々ウマい!”焼きぎょうざ”やたっぷり野菜との相性も抜群だ!
 
リンガーハットぎょうざちゃんぽん
そしてこちらが”ぎょうざちゃんぽん”に入っていた”焼きぎょうざ”で、以前から何度か『リンガーハット』で”ぎょうざ定食”とか”無料のぎょうざ”等を食べた事があるが、大抵の場合焼き置きしていた”焼きぎょうざ”ばかりで今迄は良い印象は無かったのだが、今回は焼き立て熱々で、しかも”一度焼いてから煮込んでいるので、ぎょうざの旨味がギュッと詰まった一品”とかでスープが浸み込んでいるからなのかメチャウマい!ちなみに商品案内に寄ると”リンガーハットこだわりのぎょうざは、野菜・小麦・肉などの素材全てに国産を使用しており、自社工場で、にんにく不使用で作っています”との事。今回のような焼き立て熱々なら、また食べてみたい!
 
てな事で、毎度お馴染みの『長崎ちゃんぽん リンガーハット』で、TV番組”有吉弘行のダレトク!?”の人気コーナー「没メニューレストラン」で登場した”ぎょうざちゃんぽん”を食べてみたのだが、スープが”ピリ辛坦々風”なのにはちょっと驚いたが、”焼きぎょうざ”が熱々ジューシーで全体的に中々美味しかった!そんな事もあって一度で良いから普通の”ちゃんぽんスープ”版の”ぎょうざちゃんぽん”を食べてみたい気がする・・・。

2018年11月22日

毎度お馴染みの”はなまるうどん”から久々に”具沢山豚汁うどん”が登場したので食べてみた!商品名通りの内容だが、これはこれで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
今や日本で知らない人は居無いであろう『讃岐うどんチェーンの丸亀製麺』であるが、それよりも一足先に誕生して一斉風靡した讃岐うどんチェーン店『はなまるうどん』がある(現在は吉野家グループの傘下で姫路飾磨には吉野家とのコラボ店もあったりする)。で、姫路には比較的早い段階で進出して来たので、私も10数年前から偶に姫路へ行った時に利用していたお馴染みのお店でもあるのだが、最近は加古川近辺にも結構お店が誕生したので当然の如く加古川近辺にあるお店に行く事が多い。そんな『はなまるうどん』のお店の前を通ると今年の初め頃に食べた”具沢山豚汁うどん”が久々に再登場?していたのでそれに釣られて食べてみた。
 
はなまるうどん/グリーンプラザべふ店
こちらがまたまた行って来た『はなまるうどん/グリーンプラザべふ店』で、お店があるのはイトーヨーカドー加古川店の南入口を入って直ぐの処のフードコートの一角にある。で、先にも書いたように『はなまるうどん』は姫路市内には結構早い段階で進出して来たのだが、何故か加古川にお店が出来たのは遅くて、私の記憶が正しければ加古川市内に最初に誕生したのがこの『グリーンプラザべふ店』だ。とは言え、このお店が誕生してから10年近くは経つので、何と無くずいぶん昔のような気もする・・・。
 
はなまるうどん具沢山豚汁うどんのメニュー
それはさて置き、こちらが『はなまるうどん』から久々に登場した”具沢山豚汁うどん”のメニューで、前回食べたのが今年の初め頃だったので、てっきり冬の商品だと思っていたら商品案内に寄ると”秋にピッタリな「豚汁」に、はなまる自慢のうどんを組み合わせた新メニュー”らしい・・・。何れにしても前回食べたら結構美味しかったので今回も迷う事無く食べてみる事に決定!!!
 
はなまるうどん具沢山豚汁うどん小
で、こちらが実際に食べた”具沢山豚汁うどん(小)”と、”豚汁”を食べると白いご飯が絶対に欲しくなると思って前回と同様に併せて注文した”ライス(小)”で、それぞれのお値段は490円と130円で合計金額は税込価格620円也。ちなみに”具沢山豚汁うどん”を食べると途中で味変で七味を入れたくなるのだが、このお店はフードコート内の店舗なので食べてる途中に店舗前まで戻るのは面倒なので、七味を小皿に入れて来たのだった。
 
はなまるうどん具沢山豚汁うどん小
そしてこちらが久々に食べる”具沢山豚汁うどん”で、基本的には”豚汁”の中に”うどん”の玉を入れた・・・と言うのか、実際は湯掻いた”うどん”の上から”豚汁”をかけただけのシンプルな商品だ。ちなみに商品案内に寄ると”子どもから大人まで幅広いお客様にお召し上がりいただけるよう、具材の旨味を活かした優しい味に仕上げました。豚汁の味付けには、米麹の自然な甘みが特徴である「信州こうじ味噌」を使用しており、甘みが詰まったまろやかな味わいとなっております。具材には豚肉をはじめ、味が染み込んだ大根に、人参やごぼう、ホクホクのじゃがいもなど、旬の食材がたっぷり入っており、じっくり煮込んだ具材の旨味を一度に味わうことができます”との事。
 
はなまるうどん具沢山豚汁うどん小
で、早速この”具沢山豚汁うどん”を食べてみると内容的には以前食べた時と全く同じで今回は特にインパクトは無かったが、豚肉やじゃがいも等の野菜がたっぷり入っていて中々ウマい!他のお店で食べる”とん汁”と比べても何ら遜色の無い味・・・と言うよりも、それらよりも美味しいかも・・・と思う程であった!
 
はなまるうどん具沢山豚汁うどん小
ちなみに商品名が”具沢山豚汁うどん”って事で、当然の如く”うどん”が入っているのだが、ライバルチェーン店の『丸亀製麺』と違ってこちらは工場?で作られた麺を運んで来ていると言う事もあってか、何と無く『丸亀製麺』とか『讃岐めん うどんや』の方が美味しい気がする・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『はなまるうどん』から久々に”具沢山豚汁うどん”が登場したので食べてみたのだが、内容的には商品名通り”豚汁”の中に”うどん”が入っただけではあったがこれはこれで中々美味しかった!個人的に『はなまるうどん』で食べる”うどん”の中で1番好きな商品かも知れない・・・。それはさて置き、TVのCMでお馴染みの”きさまのクーポン”に”麻婆あんかけうどん”が半額になるクーポンがあるので、食べに行こうと思いつつ未だ行けてない・・・。今月期限切れとなるクーポンが何個かあるので、先ずはそちらからと思いつつ・・・。
次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.