義史のB型ワールド

2018年2月18日

生活情報紙にまたまた”食堂カフェCOCO家”のクーポンがあったので”大海老天ぷらうどん”のカレー味を食べてみた!かき玉あんかけとプリプリの身が相まってメチャウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:58 PM
 
代理人記録
 
偶にポストに入っているリビングとか言う新聞のような生活情報紙の中に、私が時々利用している加古川尾上にある『食堂カフェ COCO家』がまたまた載っていた。と言えば2015年10月にオープンした直後から何度も食べに行った個人的には馴染みのあるお店なのだが、最近は何時行っても・・・と言うのか何時お店の前を通っても、常時満席状態に近い位に賑わっているので、春頃に食べに行ってからは全然行って無かったのだが、少し前にリビングのクーポンに”和牛ロースステーキプリプリ海老マヨランチ”ってのが載っていたので、それに釣られて食べに行ったばかりだったのだが、今回の内容はと見てみると・・・。
 
食堂カフェCOCO家大海老天ぷらうどんのクーポン
こちらがその時のリビングに載っていた紹介記事で、ご覧の様に今回はこのクーポン券を持参した人だけが特別に”大海老天ぷらうどん(キクラゲ入りかき玉あんかけ)”が注文可能と言う内容だ。とは言えこのお店で”天ぷらうどん”ってのも何か魅力に欠けるなあ・・・と記事を読み進めて行くと、その中に”カレー味も用意している”との文言が・・・。以前にこのお店で”特製和牛ロースカレーうどん”を注文したら”うどんの玉”が無いと言う話で食べれ無かった事があったので、折角なので今回はこの”大海老天ぷらうどん(キクラゲ入りかき玉あんかけ)”のカレー味を食べる事に決定!!!
 
食堂カフェ COCO家
こちらがまたまた行って来た加古川尾上にある”素材にこだわった自家製の料理が自慢”と言う『食堂カフェ COCO家』で、最初に書いたようにこのお店は最近何時行っても流行っているようなので、前回少し早目の午前11時過ぎにお店に行ってみたら案の定?既にほぼ満席だったのだが、今回はそれよりも少し遅めの午前11時半頃の訪問だったが、流石に”大海老天ぷらうどん(キクラゲ入りかき玉あんかけ)”では魅力が薄いのか未だ店内は閑散としていた。とは言え、正午近くになると何時も通り満席に近い程の賑わいであったが・・・。
 
食堂カフェCOCO家大海老天ぷらうどんカレー味
それはさて置き、この日は未だ空いていた事もあって?比較的早いタイミングで運ばれて来たのがこちらの”大海老天ぷらうどん(キクラゲ入りかき玉あんかけカレー味)”で、他に”ちりめんおにぎり”と漬物が1個付いてお値段は税込価格950円也。所謂”海老天カレーうどん定食”だと思うと少し値段が高く感じるが、パッと見た感じは中々ボリュームがありそうだ。ちなみに”ちりめんおにぎり”の代わりにコーヒーか紅茶が選べると言う話だったが、私にはドリンクよりも”ちりめんおにぎり”の方が魅力的だったので・・・。
 
食堂カフェCOCO家大海老天ぷらうどんカレー味
そしてこちらが”大海老天ぷらうどん(キクラゲ入りかき玉あんかけカレー味)”で、その名の如くカレー風味のかき玉あんかけの上に巨大な海老天が一尾乗っていてメチャ美味そうだ!ちなみに商品説明に寄ると”利尻昆布と本節を使用した特製のだしは香りとうま味が豊かで、うどんにマッチ。キノコをふんだんに使ったあんかけとふわふわの卵が絡んだ一品は体を芯から温めてくれそう。トッピングのエビの天ぷらは、大ぶりで甘く、プリプリの食感が楽しめます”との事。で、先ずはスープから飲んでみると所謂”カレーうどん”程の濃厚さでは無いが、しっかりとしたカレー味のかき玉あんかけでメチャウマい
 
食堂カフェCOCO家大海老天ぷらうどんカレー味
で、こちらがこの”大海老天ぷらうどん”のメインの具である”大ぶりのエビ天”で、何と無くこのお店の”人気のランチの中に入っている海老フライ”と同じ海老を使っているのか確かに馬鹿でかくて身もプリプリとしてメチャウマい!で、この巨大な”大ぶりのエビ天”を食べていてふと頭に浮かんだのが、今は亡き『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』で食べた”大海老天カレーのおうどん”や”大海老天ぷらのおうどん”等に入っていた”大海老天”の事・・・。半額クーポン券を使って良く食べに行ったなあ・・・と今思うと何と無く感慨深い・・・。
 
食堂カフェCOCO家大海老天ぷらうどんカレー味
ちなみに”大海老天ぷらうどん”の麺はこんな感じの讃岐うどん風でしっかりとしたコシもあって普通にウマいのだが、雰囲気的には所謂業務用か、あるいは冷凍麺と言う感じもする。でも以前に”特製和牛ロースカレーうどん”を注文した時に”うどんの玉”が無いと言われた事があったが、この麺なら常時在庫があっても良さそうな気もしたが・・・。
 
食堂カフェCOCO家大海老天ぷらうどんカレー味
そしてこちらは”大海老天ぷらうどん”に付いていた”ちりめんおにぎり”で、その商品名からご飯に”ちりめんじゃこ”が混ざったおにぎりかと思っていたのだが、雰囲気的には刻み高菜か野沢菜が入ったおにぎりのようだ。で、こちらも中々美味しいのだが、やっぱカレーうどんを食べた時はどちらかと言うと普通の白いご飯の方が良かった気もする・・・。
 
てな事で、偶にポストに入っているリビングとか言う新聞のような生活情報紙の中に、またまた私が時々利用している加古川尾上にある『食堂カフェ COCO家』のクーポンがあったので今回は”大海老天ぷらうどん(キクラゲ入りかき玉あんかけカレー味)”を食べてみたのだが、一般的なカレーうどんとは違ったスープと大海老天のプリプリの身が相まってメチャ美味しかった!相変わらずこのお店で食べる料理は私の期待を裏切らない
広告

2018年2月14日

クーポン冊子に毎度お馴染みの”お食事処 喜両由”の”鍋焼きうどん”が100円引き券があったので食べてみた!オーソドックスな内容ながら慣れ親しんだ味で中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:44 PM
 
代理人記録
 
当ブログで結構な割合で登場している高砂荒井小松原にある『お食事処 喜両由』は、個人的にも若かりし頃から良く食べに行ってる手打ち讃岐うどんが自慢のお店だ。が、このお店は手打ちうどんよりも、どちらかと言うとそれ以上に豊富な定食や丼のメニューの方が人気のようで、過去ログを見ても個人的に一番良く食べているのが”カツ丼”のような気がする。が、偶にポストとか街中で配布されている”高砂あきんどマガジン”?とか言う冊子に『お食事処 喜両由』の”鍋焼きうどん”が100円引きになるクーポンが付いていたので、折角なのでまたまた食べに行ってみた。
 
お食事処 喜両由
こちらがまたまた行って来た高砂荒井小松原にある『お食事処 喜両由』で、このお店は昼夜問わず何時来ても結構賑わっているのだが、この日はちょっと早目の夕食だったので流石に店内は未だ閑散としていたので、今回も毎度の如く個人的にお気に入りの席を利用する事に・・・。 
 
喜両由鍋焼きうどんのメニュー喜両由鍋焼きうどんのメニュー
そしてこちらが店内に置いてあった”鍋焼きうどん”のメニューの部分と、クーポン冊子に付いていた割引券で、個人的にこのお店で一番好きなのは”喜両由鍋”(以前はそう呼んでいたのだが、今のメニューを見ると”喜両由鍋焼うどん”に変っているようだ)で、実は”鍋焼きうどん”は滅多に食べた事が無い・・・。てか、何が違うかと言うと”喜両由鍋”の方には”海老の天ぷら”が入っているのだが、”鍋焼きうどん”には”海老の天ぷら”が入って無い・・・。個人的に”海老の天ぷら”も大好きだし、そもそも”他の店で鍋焼きうどん”を食べると大抵の場合は”海老の天ぷら”が入っているし・・・。とは言え今回は”鍋焼きうどん”のみが100円引きになるみたいなので、取り敢えず”鍋焼きうどん”を食べる事に決定!!!
 
喜両由鍋焼きうどん
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鍋焼きうどん”で、お値段は通常価格950円の処、先にも書いたように100円引きのクーポン利用で850円也。例に寄ってこの写真では若干判り辛いが、所謂取っ手の付いた鉄鍋に入った文字通りの”鍋焼きうどん”で、多分であるが先にも書いたようにこの中に”海老の天ぷら”を入れると”喜両由鍋喜両由鍋焼うどん)”になるのだと思う・・・。でも何と無く偶に食べる”すき鍋うどん”も同じに見えて来たなあ・・・。
 
喜両由鍋焼きうどん喜両由鍋焼きうどん
喜両由鍋焼きうどん喜両由鍋焼きうどん
それはさて置き、今回食べた”鍋焼きうどん”をざくっと紹介するとこんな感じで、ご覧の通り肉や穴子や海老等の定番の具に加え、玉子焼きの他に生卵も入っていて色んな味が一度に楽しめる何時も通りに美味しい鍋焼きうどん”であった。
 
てな事で、毎度お馴染みと言っても差支えの無い『お食事処 喜両由』の”鍋焼きうどん”が100円引きになるクーポンがあったので、それに釣られて食べに行ってみたのだが、大きなインパクトは無い物の何時も通りに中々美味しかった!で、先にも書いた様に何時も間にやら”喜両由鍋”が”喜両由鍋焼うどん”と言う商品名に変っていたり、毎シーズン食べている?”すき鍋うどん”を今シーズンは未だ食べて無いので、次回はそのどちらかを食べてみたいと思う

2018年2月13日

毎度お馴染みの”はなまるうどん”が”温玉ぶっかけ半額キャンペーン”をやっていたので食べてみた!天ぷら二品トッピングしても450円と確かにメチャ安い!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:15 PM
 
代理人記録
 
相変わらず昨年の話が続いているので今日は今年に入ってからの話・・・。と言うのか2月15日の前に紹介して置きたいもんで・・・。
 
今や日本で知らない人は居無いであろう『讃岐うどんチェーンの丸亀製麺』であるが、それよりも一足先に誕生して一斉風靡した讃岐うどんチェーン店『はなまるうどん』がある(現在は吉野家グループの傘下で姫路飾磨には吉野家とのコラボ店もあったりする)。で、姫路には比較的早い段階で進出して来たので、私も10数年前から偶に姫路へ行った時に利用していたお馴染みのお店でもあるのだが、最近は加古川近辺にも結構お店が誕生したので当然の如く加古川近辺にあるお店に行く事が多い。そんな『はなまるうどん』のお店の前を通ると”温玉ぶっかけ半額キャンペーン”をやっていたので、何時もながらお得なサービスに弱い私なので、それに釣られてまたまた食べてみた。
 
はなまるうどん/グリーンプラザべふ店
こちらが今回行って来た『はなまるうどん/グリーンプラザべふ店』で、お店があるのはイトーヨーカドー加古川店の南入口を入って直ぐの処のフードコートの一角にある。で、先にも書いたように『はなまるうどん』は姫路市内には結構早い段階で進出して来たのだが、何故か加古川にお店が出来たのは遅くて、私の記憶が正しければ加古川市内に最初に誕生したのがこの『グリーンプラザべふ店』だ。とは言え、このお店が誕生してから10年近くは経つので、何と無くずいぶん昔のような気もする・・・。
 
はなまるうどん温玉ぶっかけ半額キャンペーン
そしてこちらが『はなまるうどん』が1月・2月・3月の毎月15日限定で”温玉ぶっかけが半額”になると言うキャンペーンの告知で、個人的にはお出汁大好き派な事もあり滅多な事で”温玉ぶっかけ”を食べる事は無く、確か前回食べたのも何年か前の”半額キャンペーン”の時だったと思う・・・。
 
はなまるうどん温玉ぶっかけとちくわ磯部揚げとヘルシーかき揚げ
それはさて置き、こちらがこの時に実際に食べた”温玉ぶっかけ(中)”と、流石にうどんだけでは物足りないだろうと思い、トッピングで追加した”ぶっかけうどん”の定番の具?である”ちくわ磯部揚げ”と”ヘルシーかき揚げ”で、それぞれのお値段は税込価格200円、110円、140円で合計金額は450円也。ご飯物が無いのはちょっと寂しいが、この内容でこの値段は確かに安い
 
はなまるうどん温玉ぶっかけ中
そしてこちらが”温玉ぶっかけ(中)”で、所謂讃岐うどん定番の”ぶっかけうどん”に”温泉玉子”と薬味のネギをトッピングしただけのシンプルな内容だ。ちなみに何時もであれば麺1玉の小で十分なのだが、今回は半額なので50円しか値段が変わらなかったので、ご飯物を食べる代わりに?麺2玉の中にしたのだった。
 
はなまるうどん温玉ぶっかけ中はなまるうどん温玉ぶっかけ中
それはさて置き、早速この”温玉ぶっかけ”を”かま玉”風に玉子を潰して麺に絡めて食べるとシンプルな味わいながらメチャウマい!少し前に『丸亀製麺』で食べた”牛すき釜玉”と比べると、牛肉が入って無い為かボリューム感は無いが、純粋にうどんの味を楽しめると言う点で、これはこれで中々良かったかも・・・。
 
はなまるうどんちくわ磯部揚げとヘルシーかき揚げ
そしてこちらはセルフコーナーで選んだ”ちくわ磯部揚げ”と”ヘルシーかき揚げ”で、最初は讃岐うどんの人気メニューである”ちく玉天ぶっかけうどん”風に”ちくわ”と”玉子”の天ぷらを・・・と思ったのだが”温玉ぶっかけ”には既に”温泉玉子”が入っているし、セルフコーナーに”玉子の天ぷら”が見当たらなかったので、何時ものように?”ヘルシーかき揚げ”を選んだのだった。
 
はなまるうどん温玉ぶっかけとちくわ磯部揚げとヘルシーかき揚げ
それはさて置き、折角なので”温玉ぶっかけ”の上に”ちくわ磯部揚げ”と”ヘルシーかき揚げ”をトッピングして食べた様子がこんな感じで、当然の如く天ぷらは揚げ立て?で、それに”温泉玉子”も絡んで何時もと違う食感や味わいがあってこれもまた美味しかった
 
てな事で、毎度お馴染みの『はなまるうどん』が1月・2月・3月の毎月15日限定で”温玉ぶっかけ半額キャンペーン”をやっていたので、それに釣られてまたまた食べてみたのだが、内容的にはメチャオーソドックスながら当然の如くメチャ美味しかった天ぷら二品をトッピングしても450円とメチャお得感はあった!そんな事もあって2月15日も3月15日もチャンスがあれば食べてみたいような・・・。

2018年2月6日

毎度お馴染みの”丸亀製麺”が今年も”きよしこの夜なきうどん”をやっていたので久々に”牛すき釜玉”を食べてみた!牛肉の量が少ない気もしたが味的には中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:20 PM
 
代理人記録
 
明日2月7日から3日間、またまた”夜なきうどん”イベントで”鴨ねぎうどん”が半額で食べれるらしいのだが、その話の前に昨年末の”きよしこの夜なきうどん”の時に食べた”牛すき釜玉”のお話・・・。
 
今や日本全国でその名を知らない人は居ないと言っても過言では無い讃岐うどんセルフチェーン店の『丸亀製麺』でも定期的に季節限定のメニューが登場するので、それに釣られて偶に食べに行っているのだが、『とんかつ・カツ丼チェーン かつや』や『牛丼チェーン松屋』のように毎月新商品が登場する訳では無いし、偶に食べたいと思わない時もあって基本的に数か月に一回程度しか食べに行って無い。が、年末から年始にかけて”夜なきうどんの日”やら”きよしこの夜なきうどん”等のイベントや新年に登場した”はまぐりうどん”、更にはテレビ番組”有吉弘行のダレトク!?”の”没メニューレストラン”と言うコーナーで紹介された”クラムチャウダーうどん”、年始に食べに行ったら100円の割引券が5枚付いたクーポンを貰ったりしたので、此処最近は毎週のように食べに行っていて数日前にも”鴨肉たっぷりカレー南蛮”とか”鴨ねぎうどん”を食べたばかり・・・。そんな事もあって『丸亀製麺』ネタが溜まって来たので先日紹介した12月の中旬頃に食べた”かに玉あんかけ”に続いてクリスマスイベントの”きよしこの夜なきうどん”で食べた”牛すき釜玉”のお話・・・。
 
釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川市役所近くのうどん屋激戦区の一角にある『釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店』で、以前から度々書いている様に今や全国に800店近い店舗を有する、超巨大セルフ讃岐うどんチェーン店の記念すべき1号店(今風に言うと聖地?)で、個人的にはこの1号店がオープンした直後から食べに来ている一番愛着のあるお店でもある。
 
丸亀製麺きよしこの夜なきうどん牛すき釜玉のメニュー
そしてこちらがクリスマスイブの日から3日間限定で開催されていた”きよしこの夜なきうどん”の告知案内で、昨年も同様のイベントが開催されていたのだが、その時は”釜揚げうどん”が半額と言う私的にはイマイチ魅力の無い内容だったので、流石の私も食べに来なかったのだが、今回は私の大好きな牛肉を使った”牛すき釜玉”が特別価格で食べれるとの事。半額では無いのが少し寂しいが、取り敢えずこれもまた恒例の年間行事の一つと思って”牛すき釜玉”の並を食べてみる事に決定!!!
 
丸亀製麺きよしこの夜なきうどん牛すき釜玉とかしわ天
で、こちらがこの時に実際に食べた”牛すき釜玉”(並)と、偶に開催されている”夜なきうどん”の時にはクーポンは利用使えないのだが、今回は半額では無いからなのか普通にクーポンが利用可能と言う事でまたまた食べた無料の”かしわ天”とで、お値段は”牛すき釜玉”代のみとなり先にも書いたように”きよしこの夜なきうどん”の特別価格で400円也。気持ち的には白いご飯も欲しいところだが、そうするとお得感が薄れるので今回も自重したのであった!
 
丸亀製麺きよしこの夜なきうどん牛すき釜玉
そしてこちらが久々に食べる”牛すき釜玉”の玉子をトッピングする前の様子で、パッと見た感じは以前食べた時と比べると牛肉の量が少ないような・・・。もしかすると牛肉を焼いているオバチャンが忙し過ぎて盛付方が雑でそう見えるだけなのかも知れないが、あるいは価格に合わせて量を減らしたのかも・・・と勘ぐってしまったりもする・・・。
 
丸亀製麺きよしこの夜なきうどん牛すき釜玉
それはさて置き、以前食べた時は確か最初から玉子がトッピングされていたような気もするのだが、今回は別添えになっていたので例に寄って卵黄と少しだけの白身をトッピングしたのがこちらの”牛すき釜玉”で、この後で牛肉と玉子とうどんを混ぜて食べるとメチャウマい!個人的にはお出汁大好き人間なので”牛すき釜玉”よりも温かいお出汁に浸かった”牛すきかけ”の方が美味しいとは思うが、これはこれで中々ウマかった!
 
丸亀製麺きよしこの夜なきうどんかしわ天
そしてこちらは今回もスマホアプリに送られて来た無料クーポン券を利用して食べた”かしわ天”で、確かスマホアプリを初めて入れた時もこの手のクーポン券が送られて来て食べた様な気が・・・。それは兎も角、割と大き目で当然揚げ立て熱々の鶏肉ジューシーで中々ウマい!以前このお店で食べた”鶏天”ともまた違った味わいがあって、この手のタイプも結構好きかも・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『丸亀製麺』が今年も”きよしこの夜なきうどん”のイベントをやっていたので”牛すき釜玉”を食べてみたのだが、若干牛肉の量が少な目に感じたが全体的には期待通りにメチャ美味しかった!で、取り敢えずは2017年内は『丸亀製麺』に行ったのはこの日が最後だったのだが、新年早々”はまぐりうどん”、”クラムチャウダーうどん”、”鴨肉たっぷりカレー南蛮”、”鴨ねぎうどん”と毎週の如く立て続けに食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。てか明日から始まる”夜なきうどん”にも行ってしまいそうな・・・。

2018年2月2日

毎度お馴染みの”丸亀製麺”で季節限定メニューの”かに玉あんかけ”を食べてみた!蟹の身やかにみそが入った玉子あんかけ風で中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:22 PM
 
代理人記録
 
今や日本全国でその名を知らない人は居ないと言っても過言では無い讃岐うどんセルフチェーン店の『丸亀製麺』でも定期的に季節限定のメニューが登場するので、それに釣られて偶に食べに行っているのだが、『とんかつ・カツ丼チェーン かつや』や『牛丼チェーン松屋』のように毎月新商品が登場する訳では無いし、偶に食べたいと思わない時もあって基本的に数か月に一回程度しか食べに行って無い。が、年末から年始にかけて”夜なきうどんの日”やら”きよしこの夜なきうどん”等のイベントや新年に登場した”はまぐりうどん”、更にはテレビ番組”有吉弘行のダレトク!?”の”没メニューレストラン”と言うコーナーで紹介された”クラムチャウダーうどん”、年始に食べに行ったら100円の割引券が5枚付いたクーポンを貰ったりしたので、此処最近は毎週のように食べに行っていて数日前にも”鴨肉たっぷりカレー南蛮”とか”鴨ねぎうどん”を食べたばかり・・・。そんな事もあって『丸亀製麺』ネタが溜まって来たのだが、先ずは12月の中旬頃に食べた”かに玉あんかけ”のお話から・・・。
 
釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川市役所近くのうどん屋激戦区の一角にある『釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店』で、以前から度々書いている様に今や全国に800店近い店舗を有する、超巨大セルフ讃岐うどんチェーン店の記念すべき1号店(今風に言うと聖地?)で、個人的にはこの1号店がオープンした直後から食べに来ている一番愛着のあるお店でもある。
 
丸亀製麺かに玉あんかけのフェアメニュー丸亀製麺かに玉あんかけのフェアメニュー
そしてこちらが『丸亀製麺』から12月から登場した季節限定の”かに玉あんかけ”のフェアメニューで、その内容はと言うと”冬のごちそう紅ずわいがにの入った玉子あんかけに濃厚なかにみそを合わせて三つ葉を添えた、最後の一滴までかにの旨みを贅沢に味わえる一品”との事。今シーズンも日本海方面へ蟹を食べに行く予定も無い事から、せめてこの”かに玉あんかけ”でも食べておこうと思い食べに来たのだった。
 
丸亀製麺かに玉あんかけといなり
それはさて置き、こちらが実際に食べた”かに玉あんかけ”と、何と無くそれだけでは食べ足りない気がしたのでセルフコーナーでチョイスした”いなり”で、合計したお値段は税込価格790円也。後から思うと”かに玉あんかけ”が玉子とじ風なので、白いご飯の方が良かったかも・・・。
 
丸亀製麺かに玉あんかけ
そしてこちらがメインの”かに玉あんかけ”で、商品説明に寄ると”ご注文をいただいてから作るとろみのあるやさしい味の玉子あんかけには紅ずわいがにをたっぷり使用しました。かにの旨みを存分に味わっていただけるよう食感が楽しめる大きめのかにの身も添えています。溶き玉子を混ぜて作る出来たてのあんかけは、茹でたてのうどんに加えることで熱を閉じ込め、最後の一口まであつあつのまま召上っていただけます。また、濃厚なかにみそを回しかけることで深みとコクが加わった、まさにかにづくしの一品”との事。基本的には”玉子とじあんかけ”に蟹の解し身をトッピングし、更に”かにみそ”を加えた感じではあるが確かに中々ウマい!”かにみそ”の量がメニューの写真と比べると、ちょっと少な目だったのが若干不満は残るが、全体的には中々美味しいうどんだった。
 
丸亀製麺かに玉あんかけ
ちなみにこちらは”かに玉あんかけ”にトッピングされていた”蟹の身”と”かにみそ”で、身自体は偶に回転寿司チェーン店で食べる”紅ずわい蟹てんこ盛り”とか”濃厚かに味噌ラーメン”で使われている紅ずわいがにの身大差無い感じではあるが、これはこれで中々美味しかった
 
丸亀製麺いなり
そしてこちらは”かに玉あんかけ”とセットで食べた”いなり”で、お値段は1個100円也。で、ご覧の通りメチャオーソドックスかつシンプルな内容で、特に書きたくなる点も全く無いのだが、普通に美味しい”いなり”であった。
 
てな事で、毎度お馴染みの『丸亀製麺』から季節限定メニューとして登場した”かに玉あんかけ”を食べてみたのだが、雰囲気的には偶に登場する”玉子あんかけ”っぽい感じではあったが、”蟹の身”や”かにみそ”の効果もあって全体的には中々ウマかった!ちなみにこの”かに玉あんかけ”は既に販売が終了しているようなので、その点だけはご注意を・・・。それはさて置き、この一週間後位には今度は”きよしこの夜なきうどん”イベントで半額となった”牛すき釜玉”を食べに来てしまったのだが、その話はまた後日・・・。

2017年12月26日

毎年恒例となった人間将棋 姫路の陣が今年も開催されたので観に行って来た!相変わらず盤上の駒の動きが判り難いが将棋好きには楽しいイベントだ!

Filed under: エンターテイメント,麺類と粉もん — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
2015年に初めて姫路で開催された”人間将棋 姫路の陣”は最初の年は会場が大手前公園での開催だったので何と無くこじんまりしていたのだが、昨年から場所を姫路城三の丸広場に変更しての開催になった。とは言え、相変わらず真上からのカメラが無いので肝心の盤上の駒の動きが判り難かったので、今年は観に行かなくても良いかな・・・と思いつつ、当日になると高校生時代に元将棋同好会の会長だった事もあり、何と無く血が騒ぎだしたのでまたまた観に行ってみる事にした。
 
人間将棋姫路の陣2017
ちなみにこちらが今年も開催された”人間将棋 姫路の陣 2017”のポスターで、人間将棋は何かと言うと”プロ棋士が大型将棋盤(縦約18メートル×横約18メートル)上に配した、甲冑姿などに扮した人間による駒を用いて対局”すると言うイベントだ。で、その人間将棋自体は将棋の駒の生産で有名な山形県天童市で結構古くから開催されている一大イベントなのだが、それが何故姫路で開催されるのかと言うと”相手から取った駒を自らの駒として指すことができ、姫路ゆかりの戦国武将、黒田官兵衛の「人は殺さずに活かすべき」という哲学に相通じるものがある”からなんだとか。
 
人間将棋姫路の陣2017
そしてこちらが姫路城三の丸広場に設置された巨大な将棋盤のステージで、午前中にはこの盤上の上でゲスト対局等が行われた後、正午過ぎになると漸くメインの人間将棋がスタート!例に寄って”黒田官兵衛や今年、姫路城入城400周年を迎えた千姫を題材とした寸劇”が始まった!ちなみに千姫と対戦?するのは姫路城に憑りついた怨霊のオネエサン?だったかな?
 
人間将棋姫路の陣2017
で、その寸劇が終わった後は戦国武将に扮した地元中学生に寄る人間の駒が盤上に登場!今年は将棋盤の奥にスクリーンが設置されていて、昨年までと比べると目線は常に前なので見やすい事には違い無いのだが、これまた例に寄って斜め上からのカメラ映像なので、結局どの駒が何処にあるのかは、良く判らないままだったかな・・・。
 
それはさて置き、今年は割と後方の席から見ていたので余り綺麗な写真は撮れなかったので、人間将棋の紹介は此処まで・・・。ま、基本的な内容は昨年&一昨年に開催された時と同じなので気になる方はそちらを参照あれ。で、午前中のゲスト対局を見た後、人間将棋が始まる前に軽く腹ごしらえをしようと大手前公園で開催されていた”全国陶器市とか皮革フェスティバルとか姫路菓子まつり”のイベント会場へ行ってみた。
 
生パスタ工房&農家イタリアン Pasta Sorriso(パスタソリーゾ)生パスタ工房&農家イタリアン Pasta Sorriso(パスタソリーゾ)
で、流石にこの時の大手前公園のイベントは食べ物がメインでは無かったので飲食ブースの数は少なかったのだが、それなりに食べてみたい商品が何品かあった。その中から食べてみようと決めたのがこちらの『生パスタ工房&農家イタリアン pasta sorriso(パスタソリーゾ)』で、お店の前に何やら”姫路和牛のミートソースの生パスタ”と言うボードが置いてあったので、姫路和牛と言う文字に釣られてそちらを食べてみる事に決定!!!
 
pasta sorriso パスタソリーゾ姫路和牛のミートソース生パスタ
そしてこちらが実際に買って食べた”姫路和牛のミートソースの生パスタ”と、これまた同じブースで販売していた”姫路和牛x姫路の豚のソーセージ”で、それぞれのお値段は500円なので合計金額は1000円也。例に寄ってこの写真だけでは大きさが判り難いのだが、パスタの方は思った程のボリュームでは無いが、ソーセージの方は結構デカイ!とは言え合計で1000円と言うのは少し高目な気もする・・・。
 
pasta sorriso パスタソリーゾ姫路和牛のミートソース生パスタ
それはさて置き、こちらがメインの”姫路和牛のミートソースの生パスタ”で、お店前に置いてあったボードに寄るとイベント会場限定のメニューらしい・・・・。で、ご覧の通り偶に食べるストレートタイプのパスタでは無く、マカロニ形状をしたショートパスタで、姫路和牛自体の存在感は期待した程では無いが、普段食べるミートソースとは違った味わいがあって中々美味しかった
 
pasta sorriso パスタソリーゾ姫路和牛のソーセージ
そしてこちらが”姫路和牛のミートソースの生パスタ”とセットで思わず買ってしまった”姫路和牛x姫路の豚のソーセージ”で、1本500円と言う事もあって結構な大きさがあって、当然の如く焼立て熱々でお肉感満載のジューシーな味わいでメチャウマい!この時このブースで生ビールを販売して無かったので、残念ながらビールは飲まなかったのだが、きっと生ビールと一緒に食べたらもっと美味しかったに違い無い
 
てな事で、途中で話が脱線したが今年も開催された”人間将棋 姫路の陣 2017”に行って来たのだが、相変わらず盤上の駒の動きが判り辛く例年通り解説盤を見る方が多かったのだが、それでも将棋ファンには中々楽しいイベントだった。とは言え、観客の大半は人間将棋の駒役をやっている中学生の父兄や親戚一同が一番多かったような・・・。てか、将棋のルールを知らないと、やっぱ観ていても面白くは無いだろうなあ・・・。

2017年12月24日

毎度お馴染みの”丸亀製麺”が今年も”夜なきうどんの日”をやっていたので”ごろごろ野菜の揚げだしうどん”を食べてみた!鶏肉や野菜がたっぷりで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:24 PM
 
代理人記録
 
今日はクリスマス・イブ・・・で、何やら毎度お馴染みの『丸亀製麺』では今年も”きよしこの夜なきうどん”を販売しているらしい・・・。が、当ブログでは例に寄って周回遅れで11月の上旬頃に開催されていた”夜なきうどんの日”に食べた”ごろごろ野菜の揚げだしうどん”のお話・・・。
 
釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川市役所近くのうどん屋激戦区の一角にある『釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店』で、以前から度々書いている様に今や全国に800店近い店舗を有する、超巨大セルフ讃岐うどんチェーン店の記念すべき1号店(今風に言うと聖地?)で、個人的にはこの1号店がオープンした直後から食べに来ている一番愛着のあるお店でもある。
 
丸亀製麺夜なきうどんの日ごろごろ野菜の揚げだしうどん丸亀製麺夜なきうどんの日
そしてこちらが今年も開催された”夜なきうどんの日”の宣伝告知ポップで、この日以外にも偶に”夜なきうどん”と称して”鴨ねぎうどん”とか”牛とろ玉うどん”を販売している時があったので、”夜なきうどんの日”は年に何回もあるのかと思いきや、正式?には11月7日だけでそれ以外は単に”夜なきうどん”として販売しているだけだったようだ。
 
丸亀製麺ごろごろ野菜の揚げだしうどん商品案内丸亀製麺ごろごろ野菜の揚げだしうどん商品案内
それはさて置き、今年の”夜なきうどんの日”に販売されるのは少し前に登場した期間限定メニューの”ごろごろ野菜の揚げだしうどん”で、パッと見た感じは里芋やニンジン等の野菜が沢山入っていたので余り食べたいと思わなかったので食べに行って無かったのだが、半額ならば食べてもエエかな?と思ってやって来たのだった。てか、当然の如くこの時の客の大半がこの”ごろごろ野菜の揚げだしうどん”を食べていたが・・・。
 
丸亀製麺ごろごろ野菜の揚げだしうどん
そしてこちらが実際に食べた”ごろごろ野菜の揚げだしうどん”の並盛で、お値段は通常税込価格620円の処、この日は”夜なきうどんの日”で半額の310円也。ご覧の様に野菜が中心の五目うどん?みたいな感じの内容だ。ちなみに商品説明に寄ると”3種の根菜(大根、ニンジン、里芋)とやわらかい鶏肉を出汁で一度煮て、味を染み込ませてから衣をつけて揚げることで、具材と出汁のうまみを閉じ込めた。ししとうと刻みゆずも添えている”との事。で、実際に食べてみると意外と鶏肉も沢山入っていたし、普段主に食べている肉系のうどんとも違った味わいがあって結構美味しかった!
 
てな事で、毎度お馴染みの『丸亀製麺』が今年も”夜なきうどんの日”をやっていたので”ごろごろ野菜の揚げだしうどん”を食べてみたのだが、期待して無かった反動もあってか結構美味しかった!それはさて置き、今日から始まる”きよしこの夜なきうどん”に釣られてまたまた”牛すき釜玉”を食べに行ってしまいそうな気がする・・・。

2017年12月19日

今年の”たかさご万灯祭2017”は先ずは”下村商店のあなご丼”と”高砂名物のにくてん”からスタート!どちらも食べ慣れた味だがメチャウマい!

Filed under: 麺類と粉もん,正真正銘B級グルメ, — 代理人 @ 9:11 PM
 
代理人記録
 
今年で11年目の開催となる”たかさご万灯祭”は当初は9月の中旬頃の開催予定だったのだが、台風の影響もあって11月の上旬に延期となった。そんな事もあって若干規模が縮小されたり当初出演予定だった高砂高校ジャズバンド等も調整が出来なかったのか不参加だった。が、それとは関係無く以前にご主人様の会社で働いていた友人が某所に出演すると言うので、ご主人様と若い衆が珍しく”たかさご万灯祭”にやって来たので先ずは恒例の『下村商店』の”あなご丼”でおもてなしをする事にした。
 
たかさご万灯祭2017下村商店
こちらが今年も”あなご丼”を買いに行った『焼きあなご専門店 高砂下村商店』で、言わずと知れた高砂の超有名店だ。今では高砂から明石にかけて、あちらこちらで”下村の焼穴子”の看板を見掛けるが、この高砂店こそがその本家なのだ。で、以前は一子相伝の味・・・と言う事で、この高砂店だけが本当の”下村の焼穴子”の味・・・と言われてたのだが、今は何処のお店でも結構美味しいような気もするが・・・。
 
たかさご万灯祭2017下村商店あなご丼
そしてこちらが『下村商店』の”あなご丼”で、此処数年毎年食べていて当ブログでも何度か紹介した事があるのだが、ご覧の様に炊き込みご飯の上に『下村商店』ご自慢の”焼きあなご”が乗ったシンプルな内容で”焼きあなご”自体に味が付いている事もあってタレ等は掛かって無いのだが、流石にご自慢の味と言う事もあってメチャウマいご主人様にも大満足していただけた逸品であった。
 
たかさご万灯祭2017下村商店あなごの天ぷら
それともう一つ、こちらも『下村商店』で買った、これまた此処数年毎年買って食べている”あなごの天ぷら”で、以前にも紹介したように天ぷら専門店等で食べる”穴子の天麩羅”とは違い、お店ご自慢の焼穴子に衣を付けて揚げた一風変わった天ぷらだ。で、残念ながらこちらは揚げ置きされていたので冷めていたのが残念だが、こちらも秘伝のタレの味が浸みていてメチャ美味しいあなごの天ぷら”であった!
 
たかさご万灯祭2017高砂にくてん
で、取り敢えず”あなご丼”と”あなごの天ぷら”を食べたのだが、どちらも量は少な目だったので当然未だ食べ足り無い・・・。って事で高砂銀座商店街の西側の旧国鉄高砂駅跡地の広場にある高砂楽市と言う飲食ブースに行って、今度は高砂名物の”高砂にくてん”を食べる事にした。
 
たかさご万灯祭2017高砂にくてん
こちらがこの時に実際に買って食べた”高砂にくてん”で、10年位前に”たかさご万灯祭”が始まった頃は毎年この”高砂にくてん”を買って食べていたのだが、最近は他に色んなお店が出店するようになったのと、先に紹介した”あなご丼”や”浜名湖鰻入り蒸しおにぎり”を食べるようになったので、”たかさご万灯祭”で”高砂にくてん”を食べるのは久々だ。とは言え、この夏も”祇園さん”とか”コミセン祭り”で何度か買って食べたばかりではあるが・・・。
 
たかさご万灯祭2017高砂にくてん
それはさて置き、最近は”高砂にくてん”の印象を強調する為なのか、以前よりもジャガイモの存在感が大きくなって来た気がするが、これまた食べ慣れた味ではあるがメチャウマい!幼い頃は家で食べていたので外で食べた記憶は全然無いのだが、最近はこれを食べると祭りだなあ・・・と言う思いが沸いて来る・・・。
 
てな事で、今年の”たかさご万灯祭”にご主人様達がやって来たので、先ずは高砂名物とも言える”あなご丼”と”高砂にくてん”等を食べたのだが、どれもシンプルな内容ながらメチャ美味しかった!そしてこの後は近くの寺へ行って二胡の演奏を聴いたり、高砂神社周辺を散策して廻ったのだが、その話はまた後程・・・。

2017年12月11日

毎度お馴染みの”リンガーハット”でコーン10倍盛の”野菜たっぷりちゃんぽん”を食べてみた!スープは何時もの味だが野菜たっぷりで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:27 PM
 
代理人記録
 
新聞の折込チラシに加古川別府にあるイトーヨーカドー加古川店に併設されているグリーンモールで使える”プレミアムグルメクーポン!”が付いていた。グリーンモールには偶に買物に行った序に利用する事がある『リンガーハット』、『すき家』、『はなまるうどん』があるので、折角なのでその”プレミアムグルメクーポン!”を使って何処かのお店で何か食べてみる事にした。
 
グリーンモールプレミアムグルメクーポン!
ちなみにこちらが新聞の折込チラシに入っていたグリーンモールで使える”プレミアムグルメクーポン!”で、ご覧の様に期間は3日間だけながら何処のお店でも100円引きとなる券だ。毎月の様に利用している『かつや』の”100円割引券”を始めとしてJAFのチラシに付いている『吉野家』の”50円引き券”とか、少し前に食べに行った『伊勢海老料理 中納言』の”5000円の優待券”等、割引券や無料券の類を大切に利用する私なので、思わずこの”プレミアムグルメクーポン!”も使ってみようと思ったのであった。
 
長崎ちゃんぽんリンガーハット/グリーンプラザべふ店
で、こちらがその”プレミアムグルメクーポン!”を使いに行った『長崎ちゃんぽん リンガーハット/グリーンプラザべふ店』で、以前は大阪や神戸方面へ行った時に利用するだけのお店だったのだが、数年前にイオン明石のフードコートにお店が出来た後に続いて、イトーヨーカドー加古川店がオープンした後は、イオン姫路リーバーシティーイオン加古川店のフードコートに出店、そして昨年の10月にリニューアルオープンした加古川ニッケパークタウンのフードコートの中にも出来たのだった。個人的には大阪在住の頃に良く食べていた『中央軒』や、播州界隈にあった『長崎ちゃんめん』等の方が馴染が深いのだが、今や”長崎チャンポンと言えばリンガーハット”が一番に浮かぶ程の有名チェーン店になっている・・・。
 
リンガーハット北海道コーン復活祭
それはさて置き、この時は”プレミアムグルメクーポン!”を使うのが最大の目的だったので特に食べたい物は無かったので、何を食べようかとメニューを見ていたら”北海道コーン復活祭”とかをやっていてそれに寄ると”野菜たっぷりちゃんぽん”か”野菜たっぷり皿うどん”を食べると北海道コーンが無料で10倍増量になるらしい・・・。当然”プレミアムグルメクーポン!”を使ってもこのサービスを受ける事が出来るので、折角なので”野菜たっぷりちゃんぽん”を食べてみる事に決定!!!
 
リンガーハット野菜たっぷりちゃんぽん
で、ちょっとお店が混んでいた事もあって結構待たされた後漸く手元のブザーが鳴ったのでセルフで運んで来たのがこちらの”野菜たっぷりちゃんぽん”で、通常税込価格777円の処、最初に書いたように今回は”プレミアムグルメクーポン!”利用で 100円引きとなって677円也。確かに普通の”長崎ちゃんぽん”と比べると野菜の量が倍近く入っているようで、商品説明に寄ると”7種類の国産野菜をたっぷり480g使用。キャベツ、もやし、玉ねぎが長崎ちゃんぽんの2倍”らしい・・・(参考までに書くと”長崎ちゃんぽん”は国産野菜一杯255gだそうな)。
 
リンガーハット野菜たっぷりちゃんぽん
ちなみに”野菜たっぷりちゃんぽん”を横から見るとこんな感じで、以前に”皿うどんの日”で食べた”めん2倍増量の皿うどん”と何と無く似た見た目でボリュームも満点!当然スープ自体は”長崎ちゃんぽん”と同じ”自慢はたっぷりの美味しい国産野菜と豊富な山海の具材から生まれるスープの深いコク”があって何時も通りの味ではあるが、たっぷりの野菜の旨味もあって何時も以上に美味しかったかな。
 
リンガーハット野菜たっぷりちゃんぽん
そしてこちらが”野菜たっぷりちゃんぽん”に入っていた北海道コーンで”増量コーン10倍!”と書いてあったので、物凄い量のコーンを想像していたのだが、詳しく読むと50g増量なので思った程では無かった・・・。てか、普段は5gしか入って無いって事なのかな?ま、味的には北海道コーンと言うふれ込みもあってか中々美味しかったので気持ち的には大満足であった!
 
リンガーハット野菜たっぷりちゃんぽん
ちなみに”野菜たっぷりちゃんぽん”の麺はこんな感じで当然の如く普通の”長崎ちゃんぽん”と同じく中太ストレートな麺で、商品説明に寄ると”麦自体の風味が豊かでモチモチ感があるのが特徴の国産小麦を使った麺”との事らしい・・・。とは言え流石にこちらは特にそれ以上のインパクトも無く、何時もと同じ味で可も無く不可も無くだったかな。
 
リンガーハット野菜たっぷりちゃんぽん
最後に・・・、今回食べた”野菜たっぷりちゃんぽん”には480gの野菜を最後まで飽きさせずに食べさせる為か、このような”生姜ドレッシング”と”柚子こしょうドレッシング”の2種類の”ちゃんぽんドレッシング”が付いて来て、途中で色々味を変えながら食べたのであった!
 
てな事で、新聞の折込チラシに加古川別府にあるイトーヨーカドー加古川店に併設されているグリーンモールで使える”プレミアムグルメクーポン!”が付いていたので『リンガーハット』で”野菜たっぷりちゃんぽん”を食べてみたのだが、基本的な味は”長崎ちゃんぽん”と同じであるがたっぷりの野菜や途中でかけた”ちゃんぽんドレッシング”の効果もあって何時も以上に美味しい気がした。何よりやっぷりの野菜を食べたと言う事で何と無くヘルシーな気分にもなったし・・・。また野菜不足が気になった時はこの”野菜たっぷりちゃんぽん”を食べてみたいと思う・・・。

2017年11月24日

高砂神社秋祭り見物のランチで”茶そば・穴子そらまめ”の”サービスランチ”を食べてみた!何時も食べるセイロ蒸しとは違う穴子丼だが、こちらも中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん, — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
今更ながら、一足先に紹介した高砂神社秋祭りの日のお話・・・。祭り見物の途中に最近良くプチ同窓会で御一緒する・・・と言うのかあちらこちらの祭りでお会いする同級生からランチのお誘い電話が掛かって来た。丁度祭りも昼休憩の最中?だった事や折角のお誘いだし、他にも何人か来ると言う事なのでランチを御一緒する事にした。
 
茶そば・穴子そらまめ
こちらがまたまた行って来た高砂銀座商店街の中に昨年末の12月頃にオープンした『茶そば・穴子 そらまめ』で、以前にも紹介したようにこの建物は”高砂染発祥の地と言われる尾崎邸”を、数年前に古民家再生プロジェクトで改装した古民家をそのまま利用したお店だ。ま、我々世代では銀座商店街の中の自転車屋さん・・・と言う思いでの場所でもあるのだが、今では自転車屋さんだった時の面影は残って無い・・・。
 
茶そば・穴子そらまめサービスランチ
それはさて置き、私がお店に到着した時にはメンバーは既に揃っていて料理も先に注文済み・・・って事で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”サービスランチ”で、その内容はと言うと茶そば、ミニサイズの穴子丼、紅梅むし、香の物、水物がセットになってお値段は900円也。ちなみに茶そば穴子丼の間の上に見えるのは、茶そば用の薬味とつけ汁の器だ。
 
茶そば・穴子そらまめサービスランチ
そしてこちらが”サービスランチ”のメイン?とも言えるこのお店ご自慢の”茶そば”で、注文時に温かいそばか冷たいそばかが選べたのだが、個人的にはお出汁大好きなので温かい方と・・・と思いつつ、そちらは既に何度かこのお店で食べているし、冷たい方も食べた事があるのだが、その時はぶっかけタイプだったので、所謂”ざるそば”風につけ汁に浸して食べた事が無かったので、今回はこちらの冷たい茶そばを食べたのだった。
 
茶そば・穴子そらまめサービスランチ
そしてこちらは”サービスランチ”のもう一つのメイン料理とも言える”ミニ穴子丼”で、このお店では”穴子重”や”穴子せいろ蒸し”を食べた事があるのだが、当然の如くそれらとは全く違う内容で炊き込みご飯の上に焼穴子や玉子焼き等がトッピングされたシンプルな”穴子丼”と言う雰囲気だが中々ウマそう!
 
茶そば・穴子そらまめサービスランチ
で、こちらがその”ミニ穴子丼”にトッピングされていた焼穴子と玉子焼きで、メインの焼穴子は二切れだけだが結構な厚みがあり、当然の如く穴子の旨味満載でメチャウマい!お店ご自慢の”穴子せいろ蒸し”と比べるとインパクトは無いが、その分値段もお手軽なので、ぜひまた食べてみたい!!!
 
茶そば・穴子そらまめサービスランチ茶そば・穴子そらまめサービスランチ
ちなみにこちらは”サービスランチ”のセットの中にあった”紅梅むし”と”香の物”で、”紅梅むし”はプチ同窓会の際のコース料理で毎回食べる梅干し入りの茶碗蒸しで、当然の如く超熱々で玉子もトロトロして何時も通りメチャウマい!きっとこの”紅梅むし”の味のベースになっている出汁が私の好みにマッチしているのだと思う・・・。
 
茶そば・穴子そらまめサービスランチ
それともう一つ・・・、こちらも”サービスランチ”のセットの中にあった”水物”・・・と言うのかデザートのフルーツで、ご覧の通りオレンジと梨の2種類でどちらも結構甘味があってシンプルながらメチャウマかった
 
姫路名物駅そばデリバリー
それはさて置き、折角高砂神社秋祭りの日の話題が出たので、この場を借りて序でに紹介して置くと、こちらは祭り見物の合間に某所でご馳走になった”姫路名物駅そば”のデリバリーコーナーで、此処数年は祭り見物の合間にこの”姫路名物駅そば”を食べるのが定番の楽しみになっている。
 
姫路名物駅そばデリバリー
そしてこちらが実際に食べた”姫路名物駅そば”で、これまた以前にも書いたように実店舗で食べるよりはこのデリバリーで食べた時の方が美味しく感じるのだが、今回も期待通りメチャウマかった!そんな事もあって?思わず2杯ご馳走になったら流石にお腹一杯になってしまったが・・・。
 
てな事で、高砂神社秋祭り見物の最中に最近良くプチ同窓会で御一緒する同級生からランチのお誘いを受けたので『茶そば・穴子 そらまめ』で”サービスランチ”を食べたのだが、”ミニ穴子丼”も”茶そば”もメチャ美味しかった!で、この後みんな揃って高砂神社へ向かって行ったのだが、その話は割愛・・・。何れにしても、きっと年末には忘年会?を兼ねてまたこのお店に集まる事になるだろう・・・。
次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.