義史のB型ワールド

2017年7月21日

またまた行った高砂米田にある”池田製麺所真心うどん”で”肉うどんセット”を食べてみた!期待した程のお肉のボリュームは無かったが、これはこれで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
少し前にも書いた様に、久々に国道2号線沿いにある『池田製麺所 真心うどん/米田店』に行ったら、以前は讃岐うどん定番のセルフ形式だったのが、何時の間にやら席まで注文を取りに来てくれるフルサービス?のスタイルに変っていてちょっと驚いたのだが、それは兎も角として、このお店は定食メニューも豊富で偶に食べに行くお店に困った時には便利な存在でもある。で、この日も少し遅めのランチタイムになったので、手っ取り早く食べれるだろうと思い、またまた行ってみる事にした。
 
池田製麺所真心うどん米田店
こちらがまたまた行って来た国道2号線沿いにある『池田製麺所 真心うどん/米田店』で、この日は午前中から色々あってランチタイムとしては少し遅めの午後12時40分頃の訪問だったのだが、日曜日と言う事もあってか前回や前々回以上に賑わっている・・・。何でこんなに流行っているのかな?と思い、席に着いたあと店内の様子を観察していると、お店のキャパに対して従業員の数がちょっと少ない・・・と言うか、実質厨房はオジサン一人で、ホールも女の人二人ぐらいしか居なかった様な・・・。そんな事もあって、席が埋まっているのは単に料理の提供時間が遅い・・・だけのような・・・。
 
池田製麺所真心うどん米田店肉うどんセット
それはさて置き、何を食べようかと思案したのだが、個人的に大好きな”肉うどん”と”おむすび”がセットになったメニューがあったので、そちらを注文!!!が、先にも書いた様にこの時の店内は結構テンヤワンヤしていた事もあり、結構な時間待たされた後で漸く運ばれて来たのがこちらの”肉うどんセット”で、ご覧のように”肉うどん”と”おむすび2個”がセットになってお値段は税込価格810円也。安いのか高いのか何とも判断し難い微妙なお値段だ。
 
池田製麺所真心うどん米田店肉うどん
そしてこちらがメインの”肉うどん”で、ご覧の通りメチャシンプルな内容ながら中々ウマい!で、この時は特に気に留めなかったのだが、帰って来てから当ブログの過去記事を検索してみると、以前にこのお店で”国産牛肉うどん”を食べた事があったようで、その時の写真と見比べると天かすが入って無い(以前はセルフだったから入れ放題だったかも?)のが少し寂しいが、個人的にはこのお店の”肉うどん”は好きな方かも・・・。
 
池田製麺所真心うどん米田店肉うどんセット
ちなみにこちらは”肉うどんセット”の”おむすび2個”で、単品メニューを見ると”梅、おかか、こんぶ、鮭、明太子”の5種類あったので、好きな物が選べるのかと思いきや、そうでは無くご覧の通り”こんぶ”と”明太子”だった。選べるのであれば”おかか”と””にしようと思っていたのだが・・・。それは兎も角として、ご飯は温かくて”肉うどん”の出汁と相性も良くて中々美味しかった
 
てな事で、此処最近は全然食べに行って無かった『池田製麺所 真心うどん/米田店』にまたまた行って、この日は”肉うどん”を食べてみたのだがご覧の通りシンプルな内容ながら期待通りに中々ウマかった!とは言え肉のボリューム感や、玉子綴じの事もあって、以前食べた”他人丼”の方がお得感はあった気もする・・・。それは兎も角、これをきっかけに久々に『讃岐めん うどんや』の”肉うどん”も食べたくなって来たので遂最近食べに行ったら超大賑わいしていたので挫折し入店しなかったので、また近い内に再チャレンジしようと思う・・・。

2017年7月18日

久々に行ったカレーうどんのお店”玉家”でランチ限定デザート付きセットの”豚とキャベツのトマトカレーうどん”と”パンナコッタキウイソース”を食べてみた!期待通り中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
毎度お馴染みの讃岐うどんセルフチェーン店『丸亀製麺』で開催されていた”夜なきうどんの日”に釣られて食べに行ったのをきっかけに、その後も何度か食べに行ってしまった。で、その都度?直ぐ近くにある『讃岐めん うどんや』や『玉家』の前を通るのだが、『玉家』のお店前に月毎に登場するランチ限定のセットや夏限定のメニューを書いたボードや幟等があって、それを見ると何やら美味しそうだったので久々に食べに行ってみる事にした。
 
カレーうどん、カレー鍋専門店麺茶屋・玉家
こちらが久々に行って来た加古川市役所近くにあるカレーうどん専門店で『カレーうどん、カレー鍋専門店 麺茶屋・玉家』で、以前の記事の中でも書いた様に、個人的にも10年位前にこのお店がJR加古川駅前近くで『うどん通』と言う店名でやっていた頃からの、結構古くからの?常連客とも言える一人だ。また隣にあるセルフうどんのお店『讃岐めん うどんや』の姉妹店でもあり、そちらも最近は余り行って無いがそちらも結構好きな”うどん屋さん”でもある。
 
麺茶屋・玉家ランチ限定デザート付きセットのメニュー麺茶屋・玉家夏限定冷カレーうどんのメニュー
そしてこちらが『玉家』で月替わり(最近は数か月同じ時があるようだが・・・)で登場する”ランチ限定デザート付きセット”と、夏限定で登場した”冷しカレーうどん”のメニューで、この日もすっかり夏日になっていたので最初は”冷しカレーうどん”を食べようと思ったのだが、”ランチ限定デザート付きセット”の”豚とキャベツのトマトカレーうどん”がちょっと気になったのと、こちらのメニューは間も無く終わってしまいそうだったので、今回はそちらのセットを食べてみる事に決定!!!
 
麺茶屋・玉家ランチ限定デザート付きセット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ランチ限定デザート付きセット”で、メインの”豚とキャベツのトマトカレーうどん”とデザートの”パンナコッタキウイソース”がセットになってお値段は税込価格1080円也。以前から”ランチ限定デザート付きセット”を食べた時にデザートは要らないから値段を安くして欲しい・・・とか、あるいはデザートでは無く白いご飯に変えて欲しい・・・と思う事が度々あるが、今回の”パンナコッタキウイソース”は、ちょっと美味しそうなので楽しみだ!
 
麺茶屋・玉家豚とキャベツのトマトカレーうどん
そしてこちらがメインの”豚とキャベツのトマトカレーうどん”で、このお店の看板メニューである”とまとカレーうどん”に”豚とキャベツの炒め物”が入った大体想像していた通りの内容で、個人的に”とまとカレーうどん”を自ら進んで食べてみたいと思った事は無かったのだが、思っていた程のトマト感は無く少しマイルドなカレースープで普通にウマい!好みで言うと普段この店で食べる”通のカレーうどん”や”あんかけカレーうどん”の方が美味しいと思うが、女性陣に結構ウケは良いかも・・・と思うような味だ
 
麺茶屋・玉家豚とキャベツのトマトカレーうどん
それはさて置き、こちらが”豚とキャベツのトマトカレーうどん”にトッピングされていた豚肉やキャベツ等の具で、実物を見る前はB級グルメイベント等で食べた”姫路グルメポークのスタミナ丼”とか、姫路駅前のレストランで食べた”姫路グルメポーク桃色吐息と春キャベツの土鍋蒸し”の様な”豚肉とキャベツ”をイメージしていたのだが、それらと比べると何と無く『マコハレ亭』で食べた豚そば”に入っていた豚肉と同じ様な小さいサイズなのと、キャベツの存在感も若干控え目ではあるが、トマトカレースープに絡めて食べると中々ウマい!これをおかずに白いご飯が食べてみたくなる程だった。
 
麺茶屋・玉家豚とキャベツのトマトカレーうどん
ちなみに”豚とキャベツのトマトカレーうどん”の麺はこんな感じで、多分隣にある姉妹店の『讃岐めん うどんや』の自家製手打ち讃岐うどんの麺を使っているのだと思うが、ご覧の通りの本格的な手打ち麺で、これまた直ぐ近くにある強力なライバル店の『丸亀製麺』と比べても何ら遜色の無い・・・と言うのか、人に寄ってはこちらの方が好きと言う人も居る程の麺で、個人的にも久々に食べた事もあって中々美味しい麺だった。
 
麺茶屋・玉家パンナコッタキウイソース
そしてこちらが”ランチ限定デザート付きセット”に付いていた”パンナコッタキウイソース”で、その名の通り一時期流行った”パンナコッタ”の上にキウイやクリームをトッピングしたお洒落なスィーツで、味自体も私好みの甘さ控え目でメチャウマい!このデザートなら、また機会が有れば食べてみたい気がする・・・。
 
てな事で、久々に行った加古川市役所の近くにある『玉家』で、今回は”ランチ限定デザート付きセット”の”豚とキャベツのトマトカレーうどん”を食べてみたのだが、”豚肉とキャベツ”の存在感は兎も角として、全体的には今迄食べた事の無い味わいがあって中々美味しいカレーうどん”だった。そんな事もあって?また近い内にこのお店に行って次回は”冷しカレーうどん”を食べてみたいと思うし、また隣にある姉妹店の『讃岐めん うどんや』にも食べに行こうと思う・・・。

2017年7月12日

ビエラ姫路にある沖縄料理のお店”海(かい)”でランチメニューの”沖縄そばセット”を食べてみた!沖縄で食べた味は忘れたが、割と本格的で中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
2011年の春頃に「ビエラ姫路」が誕生した頃は未だ姫路駅ビルの「ピオレ姫路」や目の前の「フェスタビル」も未だオープンして無かった事もあって結構賑わっていたのだが、最近は駅前の方に沢山のお店が出来た影響で何と無く影が薄くなった様な気がする。が、その一番東の方には常時行列が絶えない『立ち喰い寿司 魚路』(人気が出た事もあって店舗拡大したほど)が有ったりと、それなりに知る人ぞ知るエリアになっている。個人的にも姫路へ行った時に偶に何か変化は無いかと、その辺りを散策する事があるのだが、少し前にも行ってみたらその一角にある沖縄料理のお店が土日のランチのみながら”沖縄そばセット”を販売していたので食べて見る事にした。
 
沖縄料理海
こちらが今回行って来たJR姫路駅東側の山陽新幹線の高架下の「ビエラ姫路」内の一角にある『沖縄料理 海(かい)』で、このお店は6年前に「ビエラ姫路」が誕生した時に出来たお店なのだが、私の知る範囲では夜しか営業をして無かったので、今まで食べに来る機会が一度も無かったのだった。ちなみにこのお店の対面にある『立ち喰い寿司 魚路』は、先に書いた様に今や行列の絶える事の無い超人気店になっているのだが、私は未だ一度も食べに行って無い・・・。後、隣にあった洋食屋さんっぽいお店は・・・閉店していた・・・。
 
沖縄料理海沖縄そばセットのメニュー
そしてこちらが土日のランチタイムだけ販売しているとか言う”沖縄そばセット”のメニューで、偶に当ブログでも書いているように若かりし頃に3日間ほど沖縄出張があったのだが、そんな機会は滅多に無いから有休を絡めても良いと言う会社の粋な計らいで、都合6日間程沖縄に行っていて、休日や仕事の合間に連日の如く何処かのお店に寄って”沖縄そば”とか”ソーキそば”を食べたのだった。それ以来、個人的には結構”沖縄そば”ファンになってしまったので、この手のメニューを見るとどうしても食べてみたくなるのであった!
 
沖縄料理海通常の食べ物メニュー
ちなみにこちらは、このお店の通常の・・・と言うのか夜の居酒屋メニューで、ご覧のように沖縄定番料理の”ゴーヤチャンプル”や”ミミガー”等が食べれるようだ。個人的には肉大好き魚大嫌いなので、沖縄へ行った時もアメリカンビーフのステーキとか伊勢海老(今思うと本物では無かったかも知れない・・・)を食べたのだが、一緒に行った同僚は丸で熱帯魚かと思うような赤色青色したような魚をウマそうに食っていた記憶だけは残っている・・・。
 
沖縄料理海沖縄そばセット
それはさて置き、この時はお客さんの数は少なかったのだが、店主が一人でマイペースで作っているので結構な時間待たされて漸く運ばれて来たのがこちらの”沖縄そばセット”で、メインの”沖縄そば”の他に”ポークおにぎり”と”海ぶどう”がセットになってお値段は税込価格1050円也。少し前にファミレスの『ジョイフル』で”沖縄風そばセット”とやらを食べたが、内容的には全然想像していた物と違ったが、流石にこちらは如何にも沖縄本島で食べているかのような内容だ。
 
沖縄料理海沖縄そばセット
そしてこちらが”沖縄そばセット”のメインである”沖縄そば”で、流石に本場沖縄で食べた本物の”沖縄そば”の記憶は薄れてしまってはいるが、少し前に食べた”博多金龍の沖縄風ラーメン”とか”ファミレスジョイフルの沖縄風そば”と比べると、割りと本物に近いと言う印象だ。で、先ずはスープから飲んでみると、カツオ出汁系のあっさりした味わいで中々ウマい!個人的にラーメン系が大好きな事もあって、沖縄へ行った時に食べた”沖縄そば”は全て美味しいと思ったのだが、後で聞くと結構好みが分かれるようで、実際沖縄から帰って来た後で大阪にあるお店で食べたら、本場の味と全然違うかったので店主に話を聞いたら、本場の味のままだと関西人にはウケが悪いのでアレンジしている・・・とか言う話だったが、このお店ももしかすると多少食べ易い味になっているのかも知れない・・・。
 
沖縄料理海沖縄そばセット
そしてこちらは”沖縄そば”にトッピングされていた”ラフテー”・・・と言うのか所謂”豚の角煮”で、見た目で想像が付く様に柔らかくてこちらも中々ウマい!そう言えばこのお店のメニューには無かったが、沖縄へ行くと他にも骨付の豚肉がトッピングされた”ソーキそば”ってのがあって、これにも色んな種類があり、大阪等で食べる”ソーキ”は骨まで食べれる軟骨タイプの物が多いが、これまた沖縄へ行くと固い骨のままバージョンの物もあって、その場合は別途食べた骨を退ける為の小皿が付いて来る・・・。沖縄には6日間しか滞在しなかったが、連日何処かのお店で”沖縄そば”か”ソーキそば”を食べたので、意外と詳しくなっていたような・・・。
 
沖縄料理海沖縄そばセット
ちなみに”沖縄そば”の麺はこんな感じの本場に近い平打ち麺だ。これまた何年か前に管理人さんファミリーや30番さんファミリーと一緒曽根にある沖縄料理のお店へ行った時は、”沖縄そば”用の麺がこの界隈では手に入らない・・・と言う事で普通の中華麺だった事があったが(今は本物の麺を使っているはず・・・)、やっぱ”沖縄そば”を食べる際はこのタイプの麺じゃ無いとね・・・。
 
沖縄料理海沖縄そばセットのポークおにぎり
そしてこちらは”沖縄そばセット”に付いていたご飯物の”ポークおにぎり”で、ご覧の通りの沖縄とか奄美地方では定番の所謂”ポークランチョンミート”と呼ばれるハム?を使ったおにぎりで、素朴な味わいではあるがこちらも中々ウマい!それに何と無く”沖縄そば”以上に沖縄感があったような・・・。
 
沖縄料理海沖縄そばセットの海ぶどう
それともう一つ、こちらも”沖縄そばセット”に付いていた”海ぶどう”で、こちらも以前からあちらこちらのお店で偶に食べる事があるのだが、料理を運んで来た店主が”今日は良い海ぶどうが入りました”と言うだけの事があって、今まで食べた物と比べるとメチャ瑞々しいと言うのか鮮度抜群な食感!美味しいかどうかって聞かれると、個人的な好みもあって特にウマいと言う程では無いにしろ、これが本来の”海ぶどう”の味!と思えた事だけは確かだったかな。
 
てな事で、2011年の春頃に「ビエラ姫路」が誕生した時から一度は食べに行ってみたいと思っていた『沖縄料理 海(かい)』で、今回は”沖縄そばセット”を食べてみたのだが、今となっては沖縄で食べた本物の味の記憶は全く残って無いので味比べは出来ないが、個人的には中々ウマかった!そう言えば、JR宝殿駅の直ぐ近くにある沖縄料理の店『朝日村の熊さん』にも10年以上行って無いから、久々に行ってみたくもなって来たけど、店主のおじさんはちょっと癖があるからなあ・・・。

2017年7月9日

またまた行った高砂米田にある”池田製麺所真心うどん”で”カツカレーうどん”を食べてみた!セルフで入れる出汁の加減が難しいが、素朴な味で中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:00 PM
 
代理人記録
 
少し前にも書いた様に、久々に国道2号線沿いにある『池田製麺所 真心うどん/米田店』に行ったら、以前は讃岐うどん定番のセルフ形式だったのが、何時の間にやら席まで注文を取りに来てくれるフルサービス?のスタイルに変っていてちょっと驚いたのだが、そう言えば本店は元から席まで注文を取りに来てくれるスタイルだったので、お店的には慣れているのかも知れない・・・。それはさて置き、個人的にそのお店が誕生して以来結構な回数食べに行っていて、以前食べた”カレーライス”がメチャ家庭的で素朴な味で結構お気に入りだったので、久々にその”カレーライス”が食べたくなったのでまたまた行ってみた。
 
池田製麺所真心うどん米田店
こちらがまたまた行って来た国道2号線沿いにある『池田製麺所 真心うどん/米田店』で、この日も前回と同じ様な日曜日の正午近くの訪問だったのだが、前回とは違い何故か既に店内は沢山のお客さんで大賑わい・・・。同じ日曜日でもこれだけの差があるものなのね・・・。それは兎も角として、先にも書いた様に最初は”カツカレー定食”を食べようと思ったのだが、メニューの中に”カツカレーうどん”ってのがあったので、何と無くそちらに心惹かれる物を感じたので結局”カツカレーうどん”を食べる事に決定!!!
 
池田製麺所真心うどん米田店カツカレーうどん
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”カツカレーうどん”で、お値段は税込価格842円也。実物を目の前にするまでは”とろみを付けたカレー出汁に入ったうどん”タイプか、あるいは”かけうどんの上からカレー”をかけただけのタイプのどちらかなんだろうと思っていたのだが、ご覧の通りこのお店は、うどんにカレーがかかっているだけで、後は自分の好みに合わせて添付の出汁を好きな様に加えて食べるタイプらしい・・・。そう言われて漸く思い出したのだが、以前(過去記事に寄ると7年前)に、このお店で”カレーうどん”を食べた時もこのタイプだった・・・。
 
池田製麺所真心うどん米田店カツカレーうどん
それはさて置き、こちらが出汁をかける前の”カツカレーうどん”で、先ずはそのまま食べてみると私が最初に食べたかった昔懐かしい家庭的な味のカレーで中々ウマい!本来であれば、別途白いご飯も注文して、そちらにかけて食べるべきで、私も最初はそうしようかと悩んだのだが、今回はトンカツがトッピングされているので自重したのだった。で、この後で少しずつ添付の出汁を加えながら食べると当然の如く味が変化して行き、イメージしていた通りのマイルドなカレースープになって来て中々ウマい!。出汁を加え過ぎると元に戻せ無いので、さじ加減が難しかったが、これはこれで中々美味しい”カレーうどん”だ!
 
池田製麺所真心うどん米田店カツカレーうどん
そしてこちらが”カツカレーうどん”にトッピングされていたトンカツで、大きさ的には『かつや』で言う処の梅サイズの80g程度なのと、肉厚的にも”かつやのロースカツ”程では無いが、揚げ立て熱々で普通に美味しい・・・。そんな事もあって、このトンカツをカレーに絡め、更に白いご飯を頬張ればメチャウマかっただろうなあ・・・と少し後悔をした瞬間でもあった・・・。
 
池田製麺所真心うどん米田店カツカレーうどん
ちなみに”カツカレーうどん”の麺はこんな感じの、当然の如く前回と全く同じくお店で打った讃岐風のコシの強いうどんで、毎度お馴染みの『丸亀製麺』の麺と比べても何ら遜色の無い美味しい麺だったかな。
 
てな事で、此処最近は全然食べに行って無かった『池田製麺所 真心うどん/米田店』にまたまた行って、この日は”カツカレーうどん”を食べてみたのだが、カレー自体は以前と変わらず素朴で家庭的な味で美味しかったが、期待が高まり過ぎたからなのか、以前食べた時程の感動は無かった気もする・・・。それは兎も角として、この日の後もまた続けて食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

2017年7月8日

一昔前は良く食べに行っていた”お好み焼 はよし”のイオン加古川店で”高砂名物にくてん”を食べてみた!オーソドックスな内容だが中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
先月頃からちょっとした理由で映画館へ行く回数が激減したのだが、偶にワーナーマイカルシネマズ加古川へ行った時にイオン加古川で食事をする事がある。で、以前は『焼肉としゃぶしゃぶの但馬屋』でメチャお得なランチを食べる事が多かったのだが、その店も閉店してしまったし、昨年の夏頃に北側にあったフードコートも改装されたので、最近はそちらを利用する事が増えた。が、昨年の10月頃だったかに空店舗になっていたお好み焼店跡地に、ちょっと懐かしい『お好み焼 はよし』が出来たので久々に食べに行ってみようかと思いつつ、半年程過ぎてしまったのだが、先日漸く訪問したので簡単にご紹介。
 
お好み焼 はよし/イオン加古川店
こちらが今回行って来たイオン加古川のシネマ棟側の入口を入って直ぐのレストラン街の一角にある『お好み焼 はよし/イオン加古川店』で、このお店はサティ加古川時代にレストラン街が大幅に改装された頃からお好み焼のお店がずっと入っていたと思うのだが、流石に当時は細かくチェックして無かったので、当ブログに残っている記録を辿ってみると、『お好み焼ハウス楽天』、『お好み焼・明石焼 あすな路』、『お好み焼き/鉄板焼 のんびり亭』と変遷して来たようだ・・・。
 
お好み焼 はよし/イオン加古川店
ちなみに店内はこんな感じで、当然の如く?以前からずーっと同じままの、所謂居抜きで誕生したお店の様だ。で、『はよし』と言えばパートのおばちゃんが焼いているようなイメージが強かったのだが、このお店では二人の男性?がお好み焼を焼いていた・・・。
 
お好み焼はよしご挨拶
そしてこちらはメニューと一緒に店内に置いてあった”お好み焼はよしのご挨拶”で、本店はJR東加古川駅前にあるのだが個人的にそちらのお店には行った事は無いが、『はよし』と言えば一時期ショッピングセンターのフードコートやレストラン街等に店舗があって、古くはイトーヨーカドー加古川店のレストラン街とか、ニッケパークタウン加古川が誕生した時のレストラン街とリニューアル後のフードコート(今の一つ前)とか、あるいはロックタウン加古川(現イオンタウン加古川)のフードコート(現在は無い)等、私の行く先々にあって、どのお店も一通りは・・・と言うよりか結構利用した事がある懐かしいお好み焼屋さんだ。そう言えばイオン高砂のフードコートが出来た時に最初に入ったお好み焼屋さんも『はよし』だったような・・・。ちなみに、加古川店が国道2号線加古川木村交差点近くにあり、また別府店がイトーヨーカドー加古川店に併設されているグリーンマートの中にあって、どちらも店前は良く通るのだが未だ利用した事は無い・・・。
 
お好み焼はよしにくてんのメニューお好み焼はよしお好み焼メニュー
それはさて置き、こちらがこのお店のメニューで、個人的に久々の『はよし』訪問(過去記事に寄ると10年位前にロックタウン加古川にあった店で何故か”かつめし”を食べたのが最後・・・)だったので、素直に豚玉とかを食べようかと思ったのだが、別メニューに”はよしオリジナル にくてん”と言うのがあって、それが”高砂名物にくてん”とどう違う?のか少し気になったので、今回はそちらを食べる事にし、それだけではボリューム的に少なそうだったので定食にして食べる事に決定!!!
 
お好み焼はよしにくてん
で、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”はよしオリジナル にくてん”で、お値段は単品価格は税抜で450円なのだが、今回は定食にしたので後で運ばれて来るご飯と味噌汁がセットになって税込価格702円也。ご覧の通り、パッと見ただけでは”高砂名物にくてん”と全く同じ見た目で、大きさも似た様な感じだ。ちなみに”高砂名物にくてん”は二つ折りにして提供するのが決まり(諸説あります?)なのだが、このお店も一応それにしたがっているようだ
 
お好み焼はよしにくてん
それはさて置き、早速この”はよしオリジナル にくてん”を食べてみると具も”スジ肉・こんにゃく・じゃがいも”と正しく”高砂名物にくてん”の王道の如くで、一時期は”たかさご万灯祭”の日にも毎年必ず食べていたのだが、最近は意外と”高砂名物にくてん”も食べて無かった事もあってか、ちょっとした懐かしさも加わって中々ウマい!サイズが少し小さ目なので、この程度であれば軽く2枚は食べれたかもと思う程の美味しさだった。
 
お好み焼はよしにくてん定食
そんなこんなで一足先に運ばれて来た”はよしオリジナル にくてん”を食べていると、少し遅れて定食のご飯と味噌汁が運ばれて来て、全品揃った様子がこちらで、若干遠近感もあって判り辛いが、”はよしオリジナル にくてん”は二つ折りになっている事や生地自体も薄いのでボリュームは余り無いのだが、ご飯と味噌汁をセットにしたのでお腹も十分満たされたかな
 
お好み焼はよしにくてん定食
ちなみに定食の味噌汁はこんな感じで、ご覧の通り揚げ玉・・・と言うのか関西人お馴染みの天かすが沢山入っていて、これが意外と味噌の出汁とマッチしていて中々ウマい!ご飯も結構炊き立て熱々に近い程だったし、この日食べた3品ともがメチャ美味しかった
 
てな事で、久々に行った『お好み焼 はよし』(と言っても『イオン加古川店』は初めてだが・・・)で、今回は”はよしオリジナル にくてん”を食べてみたのだが、割りとオーソドックスな内容ではあったが中々ウマかった!最近食べに行くお好み焼屋さんと言えば『』や『うまいもん横丁』が多かった(と言っても、最近は余りお好み焼を食べに行って無いか?)が、偶にはこの手の昔懐かしいお好み焼屋さんへ行くのも楽しいかも知れない・・・。

2017年7月6日

ニッケパークタウンのフードテラスにある”自家製うどんさぬき大名”で”きつねうどん”を食べてみた!メチャオーソドックスな内容だが普通にウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:30 PM
 
代理人記録
 
プチ同窓会があった翌日、前夜少しはしゃぎ過ぎた事もあって今一つ食欲が無い・・・。で、最初は昼抜きでも良いか・・・と思いつつ、うどんの一杯程度は食べた方が体にも良いと思い直して、少し遅めのランチでうどんを食べる事にした。で、うどんと言えば毎度お馴染みの『丸亀製麺』か、最近またまた行く頻度が増えた『池田製麺所 真心うどん』が頭に浮かんだのだが、偶々加古川駅前近くに居た事や、リニューアルしたニッケパークタウン加古川のフードテラスセルフうどんのお店は未だ利用した事が無かったので、そちらのお店に行ってみる事にした。
 
自家製うどん さぬき大名
こちらが今回行って来たリニューアルしたニッケパークタウン加古川のフードテラスの一角にある『自家製うどん さぬき大名/ニッケパークタウン加古川』で、以前食べに来た『どんぶり一番』を紹介した時に書いたように、二つのお店は注文口は異なるが、厨房や返却口は全く同じと言う、ちょっと変わったお店だ。で、当然、店前のカウンターには揚げ立ての天ぷらがずらーっと並んでいたのだが、最初に書いた様に余り食欲は無かったので、シンプルに”きつねうどん”のみを食べる事にした。
 
自家製うどんさぬき大名きつねうどん
そしてこちらが実際に食べた”きつねうどん”で、お値段は税込価格450円也。ご覧の通りメチャメチャシンプルでかつオーソドックスな内容で、トッピングの揚げの味付けや、うどんの出汁も関西風の甘口タイプ特にこれと言った大きな特徴は無いものの普通にウマい!個人的な印象はと言うと同じくニッケパークタウン内にある『釆なりうどん きらく』よりも、こちらの方が好きな味かも・・・。
 
自家製うどんさぬき大名きつねうどん
ちなみに”きつねうどん”の麺で、お店の案内に寄ると”当社専用の小麦粉に自然塩とミネラル軟水をたっぷり練り込んだ「多加水麺」”らしい・・・。この店舗で打ったかどうかは定かでは無いが、個人的に麺自体にそれ程のこだわりは無い事もあって、こちらも普通に美味しい麺だったかな。
 
てな事で、今回はニッケパークタウン加古川の2Fのフードコートの一角にある『自家製うどん さぬき大名』で”きつねうどん”を食べてみたのだが、特に大きな特徴は無いが他店と比べても普通に美味しい”きつねうどん”だった。それはさて置き、以前に書いた様にこうなると増々フードコートの中にあるお店は全部制覇したくなって来た・・・。流石に『ロッテリア』は最後に廻すとして、いよいよパンケーキを食べに『cafe & pancakes gram』へ行く時が来たか・・・と思いつつ、この日の後にまたまた『揚げ天まる』に行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

2017年7月4日

毎度お馴染みの”丸亀製麺”で夏メニューの”こく旨豚しゃぶっかけ”を食べてみた!結構具沢山な内容で中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:20 PM
 
代理人記録
 
6月の初旬頃に、毎度お馴染みの『丸亀製麺』でまたまた”夜なきうどんの日”が開催されていたので”牛とろ玉うどん”を食べに行ったばかりだったのだが、その数日後に今度は”こく旨豚しゃぶ ぶっかけ”と言うのが登場した。個人的に”豚しゃぶ”・・・と言うのか”豚の冷しゃぶ”も結構好きで、最近も『ラー麺ずんどう屋』で”冷しゃぶトマト麺”を食べたばかりなのだが、『丸亀製麺』では”牛すき系”は偶に食べるが”豚の冷しゃぶ”は食べた記憶が無い。何れにしても肉系のうどんが大好きな事もあって、またまた食べに行ってみる事にした。
 
讃岐釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川市役所近くのうどん屋激戦区の一角にある『釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店』で、以前から度々書いている様に今や全国に800店近い店舗を有する、超巨大セルフ讃岐うどんチェーン店の記念すべき1号店(今風に言うと聖地?)で、個人的にはこの1号店しか無かった時代から食べに来ている一番愛着のあるお店でもある。
 
丸亀製麺こく旨豚しゃぶぶっかけメニュー丸亀製麺こく旨豚しゃぶぶっかけメニュー
そしてこちらが『丸亀製麺』から期間限定で登場した”こく旨豚しゃぶ ぶっかけ”の告知画像と商品説明で、お店の案内に寄ると”醤油ベースの「こく旨だれ」 で味付けしたやわらかい特製豚しゃぶと、たまねぎ・水菜を 添えた夏におすすめのメニュー”との事。何と無く数年前に姫路バイパスにある別所PAで食べた”冷しゃぶ風ぶっかけうどん”に似ていると思いつつ、早速注文!!!
 
丸亀製麺天ぷら人気ベスト3無料クーポン
ちなみに、以前に甥っ子に薦められて『丸亀製麺』のスマホアプリを入れたのだが、すっかりその事を忘れていて後から気付く事が多いのだが、この日は偶々少し前に何かクーポン券が届いていたような気がしてアプリを開くと、この様な”天ぷら人気ベスト3無料クーポン”ってのがあったので、折角なので人気Best1の”かしわ天”も併せて食べる事に決定!!!
 
丸亀製麺こく旨豚しゃぶぶっかけとかしわ天
で、こちらが実際に食べた”こく旨豚しゃぶ ぶっかけ”と、スマホアプリに送られて来た無料クーポン券を使って食べた”かしわ天”で、お値段は”こく旨豚しゃぶ ぶっかけ”のみで税込価格620円也。ちなみにお盆の奥の方にある小鉢は何時もの如く、セルフコーナーで入れて来た生姜や天かすやネギ等の薬味だ。
 
丸亀製麺こく旨豚しゃぶぶっかけ
そしてこちらがメインの”こく旨豚しゃぶ ぶっかけ”で、ご覧の通りメインの”豚しゃぶ”を始めとして、二つのタイプのたまねぎや水菜等がトッピングされていてボリューム満点だ!ちなみに商品説明に寄ると”しっとりと柔らかい豚しゃぶに下味をつけ、噛むとじゅわ っと広がるジューシーなお肉にニンニク風味の 「こく旨だれ」をたっぷりかけました。一緒にスライスしたたまねぎと水菜を食べることでシャキシャキした食感が 楽しめ、みじん切りにした酢漬けのたまねぎはさわやかな味わいをもたらしてくれます。さらに、マヨネーズを混ぜ合わせることにより食材にコクと旨味が広がり味の変化を楽しめます”との事。で、ベースは”ぶっかけうどん”のつゆそのまんまであるが、”豚しゃぶ”に”こく旨だれ”がかかっている事もあってか、何時も以上にしっかりとした味でメチャウマい!
 
丸亀製麺こく旨豚しゃぶぶっかけ
で、最初に”こく旨豚しゃぶ ぶっかけ”を見た時、メインの具である”豚しゃぶ”はそれ程の量が入っている様には思わ無かったのだが、こうやって鉢の上に広げてみると、1枚1枚の大きさはそれ程では無いがご覧の通り結構なボリュームがあって食べ応え満点!きっと白いご飯を頼んで、おかずとして食べても結構美味しかったのでは?と言う気がする・・・。
 
丸亀製麺こく旨豚しゃぶぶっかけ
ちなみに”こく旨豚しゃぶ ぶっかけ”の麺は何時もと同じく”丸亀製麺ご自慢の店内で製麺した打ちたて、茹でたて、締めたての、豊かな香りと味わいにこだわり国産小麦100%を使用した讃岐うどん”で、個人的にこの1号店が誕生した直後から食べ続けているお馴染みの麺と言う事もあって、最近はすっかり慣れてしまったが何時も通り中々美味しい麺であった。
 
丸亀製麺かしわ天
それともう一つ、こちらがスマホアプリに送られて来た無料クーポン券を利用して食べた”かしわ天”で、確かスマホアプリを初めて入れた時もクーポン券が送られて来て食べた様な気が・・・。それは兎も角、割と大き目で当然揚げ立て熱々の鶏肉ジューシーで中々ウマい!以前このお店で食べた”鶏天”ともまた違った味わいがあって、この手のタイプも結構好きかも・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『丸亀製麺』の新メニューで登場した”こく旨豚しゃぶ ぶっかけ”を食べてみたのだが、メインの具の”豚しゃぶ”を始めとしてそれ以外の野菜のトッピングも含めてメチャウマかった!個人的には温かいお出汁に浸かったうどんの方が好きなのだが、こう言った”豚しゃぶ”等のトッピングがあると”ぶっかけうどん”も中々美味しかったかな。そしてこの日の後、今度は”牛とじ丼”を食べに行ってしまうのだが、その話はまた後日・・・。

2017年6月28日

毎度お馴染みの”丸亀製麺”で偶に開催されている”夜なきうどんの日”に”牛とろ玉うどん”が半額だったので食べてみた!とろろは無くても良いが中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:10 PM
 
代理人記録
 
まだまだ5月頃の話が続いている最中だが、毎度お馴染みの『丸亀製麺』のネタが溜まって来たので先ずはその一つ目を御紹介・・・。
 
昨年の11月頃だったかに毎度お馴染みの讃岐うどんセルフチェーン店の『丸亀製麺』が”夜なきうどんの日”と題して”肉たまあんかけうどん”が半額で販売されいたので、例の如く私もそれに釣られて食べてしまったが、それが中々好評だったとかで第二弾や第三弾も開催されたのだが、その時のメニューが”釜揚げうどん”(毎月1日は半額だし)だったり、既に通常値段で食べていた”鴨ねぎうどん”だったので、流石の私も食べに行かなかった。が、第四弾の”夜なきうどんの日”のメニューを見ると未だ食べて無い・・・と言うのか食べたいとは思って無かった”牛とろ玉うどん”が半額だったので、それに釣られて食べに行ってみる事にした。
 
丸亀製麺もうひとねばり夜なきうどんの日牛とろ玉うどん半額
ちなみにこちらが6月の上旬に開催されていた”もうひとねばり 夜なきうどんの日”の予告ポップ画像で、何でこの時期に”夜なきうどんの日”を開催されるのか?と言うと、どうやら”6月には祝日が無い”かららしい・・・。それはさて置き、先にも書いた様に今回は”牛とろ玉うどん”が半額で食べれるとの事・・・。最近も偶に『丸亀製麺』で期間限定で登場するメニューを食べているのだが、”とろろ”は余り好きでは無いので今回は食べに行く予定は無かったのだが、半額なら”とろろ”抜きで食べても良いかな?と言う軽い気持ちで食べてみる事にしたのだった。
 
讃岐釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店
そしてこちらがまたまた行って来た加古川市役所近くのうどん屋激戦区の一角にある『釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店』で、以前から度々書いている様に今や全国に800店近い店舗を有する、超巨大セルフ讃岐うどんチェーン店の記念すべき1号店(今風に言うと聖地?)で、個人的にはこの1号店しか無かった時代から食べに来ている一番愛着のあるお店でもある。
 
丸亀製麺夜なきうどんの日牛とろ玉うどん
で、”夜なきうどんの日”は午後6時からのスタートなのだが、流石にこの日は既に沢山のお客さんが行列を成していて、当然の如くほとんどのお客さんが”牛とろ玉うどん”を注文している・・・。で、”牛とろ玉うどん”は”注文を頂いてからたっぷりの牛肉を 甘辛い割り下で焼き、あつあつのやわらかい状態で 「とろろ」と「温泉玉子」を絡めて堪能できる贅沢な一品”らしく、今回もレジ前にある何時もは”親子丼”を作っているレンジ?で作ってくれるので、並んでいる間にその様子を観察していると、フライパンの中には盛り沢山の牛肉が入っていたので、物凄いボリュームだなあ・・・と思ってみていたら、残念ながらそれは二人分の肉の量だった・・・。
 
丸亀製麺夜なきうどんの日牛とろ玉うどん
それはさて置き、こちらが実際に食べた”~牛肉の旨味にとろっと絡まる「とろろ」と「温泉玉子」が絶品~”と言う商品の”牛とろ玉うどん”で、お値段は通常税込価格680円の処、今回は”夜なきうどんの日”で半額の340円也。ちなみに左側に写っている小鉢は、セルフコーナーで入れて来たネギや天かす等の薬味だ。
 
丸亀製麺夜なきうどんの日牛とろ玉うどん
そしてこちらがメインの”牛とろ玉うどん”(温)で、商品説明に寄ると”ボリューム満点の牛肉に焼き色をつけてから割り下を加え 牛肉のうまみがたっぷりつまった汁ごと、冷たいぶっかけうどん の上に盛り付けました。「とろろ」と「温泉玉子」が濃いめの割り下と混ざりお肉と うどんに絡まることによって、とろっとした食感とコクと まろやかさを感じられる一品”との事。で、先にも書いた様に個人的に”とろろ”は”仙台牛たん定食”で麦飯を食べる時には偶に入れる事があるが、それ以外では滅多に食べる事は無く、今回も最初は”とろろ”抜きで頼もうかと思った程だった(そう言えばあの『かつや』でも”ぶっかけとろろ チキンカツ丼”は食べなかったなあ・・・)。
 
丸亀製麺夜なきうどんの日牛とろ玉うどん
ちなみに”牛とろ玉うどん”に入っている肉を見てみるとこんな感じで、”肉たまあんかけうどん”や”牛すき釜玉うどん”と同じ様な味付けではあるが、個人的にお肉大好きという事もあって中々ウマい!更にこの後で”温泉玉子”を絡めて食べてもメチャ美味しかった!
 
丸亀製麺夜なきうどんの日牛とろ玉うどん
それはさて置き、”とろろ”自体も出汁に混ぜると思った程のネバネバ感が無くなり普通に食べれたのだが、途中で天かすを大量に入れて食べると、完全に”とろろ”の存在感が無くなり、何と無く何時も通りの”肉うどん”っぽい感じで、これはこれで良かったかも知れない・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『丸亀製麺』の”夜なきうどんの日”第四弾で”牛とろ玉うどん”が半額だったのでそれに釣られて食べてみたのだが、思っていた程の”とろろ”の存在感は無く、これはこれで中々美味しかった!ま、個人的に肉がトッピングされていると言うだけで美味しい気がするってのもあるのだが、この日をきっかけに続いて登場した”こく旨豚しゃぶ ぶっかけ”とか、店舗限定で販売されていた”牛とじ丼”を食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

2017年6月25日

久々に行った高砂荒井にあるうどんのお店”喜両由”で”天ぷら定食”を食べてみた!付け合せがトンカツ定食っぽかったが、海老天は揚げ立てプリプリで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
GWの中盤、ちょっとした事で久々に甥っ子家らと一緒にランチを食べに行く事になった。で、最初は久々に荒井にある海老とハンバーグのお店モッキンバード』に行ってみたら、何と何とお店の前に3歳以下のお子様の入店はご遠慮下さいみたいな張り紙が・・・。この日は偶々2歳の子供も居たので、残念ながら入店出来ない・・・。ちなみに、一昔前に姪っ子と良く食べに来ていたのだが、それはもうちょっと大きくなってからの事だったのかな?それはさて置き、どうした物かと思案した結果、近くにあるこれまたこの界隈では超人気の『お食事処 喜両由』へ行く事になった。
 
喜両由
こちらが久々に行って来た『喜両由』で、入店したのは正午前ぎりぎりと言う事もあって個室風の座敷席を確保出来たのだが、何時もの如く後から続々とお客さんがやって来て、我々が食事を終えて帰る頃にはお店入口近辺には空き席待ちのお客さんで溢れていた・・・。それはさて置き、何を食べようかと思案した結果、最近もあちらこちらで”天ぷら定食”や”天丼”を食べている事もあり、何と無くこのお店の”天麩羅定食”が、どんな物か気になったのでそちらを食べてみる事に決定!!!
 
喜両由天麩羅定食
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”天麩羅定食”で、メインの”天麩羅の盛合せ”の大皿の他に”ミニぶっかけうどん”、惣菜が入った小鉢、味噌汁、ご飯、漬物等がセットになってお値段は税込価格1450円也。このお店にはそれこそ昔から数えきれない程の回数食べに来ているが、意外な事に”天麩羅定食”を食べたのは今回が初めてだったので内容は良く知らなかったのだが、この日同行者が食べた”喜両由定食”とメチャ内容が似ていた様な気がした・・・。
 
喜両由天麩羅定食
それはさて置き、こちらが”天麩羅定食”の”天麩羅の盛合せ”で、その内容はと言うと定番の海老天が2尾の他、茄子やカボチャや大葉や獅子唐等の野菜、それに蕎麦を揚げた様な物等で、その脇には千切りキャベツやレタスやキュウリやトマトやポテトサラダが添えられた、何と無く和洋折衷な感じだが、これはこれで中々楽しげだ
 
喜両由天麩羅定食
そしてこちらがメインの海老天で、雰囲気的には以前にこのお店で食べた”天ぷらうどん”の時と全く同じ様な感じで、当然の如く揚げ立て熱々で衣もサクサク、海老の身も結構大き目サイズでプリプリとしてメチャウマい!これと言った大きな特徴は無い物の、やっぱ揚げ立て熱々の天ぷらは何処で食べても美味しいなあ・・・と思う・・・。
 
喜両由天ぷら定食
そしてこちらは”天麩羅定食”に付いていた”ミニぶっかけうどん”で、このお店は”うどん”が看板商品と言う事もあって定食とかあるいは丼ぶりセットを食べると、必ずと言って良い程に”うどん”が付いて来るのだが、その種類が今回のような”ミニぶっかけうどん”だったりフルサイズの”温かいお出汁のかけうどん”だったりと、その基準がイマイチ良く判らない・・・。それは兎も角として、ご覧の通り讃岐風の手打ちうどんで、久々に食べる事もあって中々美味しかった
 
喜両由天ぷら定食
それはさて置き、今回食べた”天麩羅定食”にはこの様な小鉢も付いていて、その内容は毎回異なるのだが、今回はこの様な惣菜料理定番の野菜の煮浸し?で、見た目通りの素朴で家庭的な味わいがあって中々ウマい!こう言った小鉢の一品が付いている点も、このお店の定食が人気の理由の一つかも知れない・・・。
 
喜両由天ぷら定食喜両由天ぷら定食
ちなみに”天麩羅定食”にはその他にもこの様な味噌汁と漬物も付いていて、これらは毎回必ずと言って良い程に食べているので、大きなインパクトは無かったが、何時も通りに美味しい味噌汁と漬物であった!
 
てな事で、久々に行った『お食事処 喜両由』でこの日は”天麩羅定食”を食べてみたのだが、基本的には偶にこのお店で食べる”天ぷらうどん”の海老天がメインと言う事もあって、それ以上の大きなインパクトは無かったが当然の如く揚げ立て熱々で海老の身もプリプリで中々ウマかった!それはさて置き、最近は意外と食べに行って無かった?反動もあって、この日以降に何度か続けて食べに行ってしまうのだが、その話はまた後日・・・。

2017年6月23日

偶々見に行った加古川踊っこ祭りの会場で”牛ステーキ丼”と”ほるもん焼きうどん”を食べてみた!どちらもシンプルな内容ながらメチャウマい!

Filed under: ステーキ,麺類と粉もん — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
此処何年かGWには播州界隈にある神社が順番でやっている国恩祭見物に行く事が多かったのだが、今年はちょっとタイミングが合わなかった事や、見に行ってみたいと言う程でも無かったので何処にも行かなかった。代わりに?レンタルビデオを借りに行ったり、あるいは鶴林寺方面を散策した序でに、丁度加古川市役所で開催されていた”加古川踊っこ祭り”の会場に行ってみる事にした。
 
加古川踊っこ祭り
こちらがその加古川市役所前の広場で開催されていた”加古川踊っこ祭り”で、その名の如く一番奥にあるステージ上では次々と色んなグループが登場してオリジナルの踊りとかダンスを披露しているのだが、個人的にはステージには然程関心は無く、この会場内に沢山出店している飲食ブースの方。で、ざっと見て廻ると偶に開催されているご当地グルメ博っぽい感じでは無く、加古川にあるお店が大半のようだ。
 
加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼
そんな中から何か一つでも食べてみようと思い、あれこれと見て廻っていると私の好きそうな”牛ステーキ丼”の幟を発見!最初に見た感じは飲食ブースと言うよりも、何かグッズでも販売しているお店の様に見えたのだが、よくよく見ると2年程前の”Night Fantasy Illusion 2015”の会場にも出店していた『あきら』と言うお店のようだ。
 
加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼
で、こちらがこの飲食ブースで販売していたメニューで、私のお目当ては”牛ステーキ丼”だったのだが、休憩ブースっぽいテントの奥を見ると”あなご丼”の写真がデカデカと貼ってあった。そう言えば以前に”Night Fantasy Illusion 2015”へ行った時は”三味あなご丼”ってのを食べたのだが、雰囲気的にはそれと同じ様な感じで、そちらも食べてみたい気がしたが、残念ながらこの日は販売して無い?と言う事で素直に”牛ステーキ丼”を食べる事に決定!
 
加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼
そしてこちらが実際に買って食べた”牛ステーキ丼”で、お値段は600円也。例に寄って比較対象物が写って無いので全体の大きさが伝わり難いが、所謂普通サイズの丼と同じ位の大きさがあり、またステーキの他に焼肉っぽい感じのバラ肉も入っていてボリュームも満点この内容でこのお値段はメチャ良心的な気がする・・・。
 
加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼
それはさて置き、先ずは”牛ステーキ丼”のメインとも言えるステーキから食べてみると、お肉はとても柔らかく当然焼き立て熱々のジューシーさで、更に味付けも何と無く焼肉のタレに似た私好みの味でメチャウマい!最近も相変わらずあちらこちらのお店で”ステーキ丼”を食べているが、それらと比べても何ら遜色の無い美味しさだ
 
加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼
そしてこちらは”牛ステーキ丼”にトッピングされていたもう一つの具とも言える牛バラ肉で、この部分だけを食べてみると何と無く”焼肉丼”っぽい味わいがあってこれまたウマい!で、この後ステーキとバラ肉を一緒に、ご飯と共に食べる何と無く贅沢な味わいが口の中に広がりメチャ美味しかった
 
加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼
ちなみに”牛ステーキ丼”のご飯の上にはご覧のように沢山のモヤシが敷いてあって、最初に見た時よりも全体的に結構なボリュームがあった様な気がする。
 
で、この後はレンタルビデオ屋さんへ行ったり加古川駅前方面へ行ったりしたのだが、折角なので何かもう一つ食べるか、あるいは手土産に買って帰ろうかと思い、再び”加古川踊っこ祭り”の会場へ戻って来て飲食ブースのエリアを散策していると”ほるもん焼きうどん”の屋台?があったので近づいて見てみると・・・。
 
加古川踊っこ祭りほるもん焼きうどん
こちらがその飲食ブースのエリアの中にあった”ほるもん焼きうどん”の屋台?で、”ほるもん焼きうどん”と言えば何年か前に30番さんの応援で佐用へ行った時にも食べた事があるご当地B級グルメで、それが何で”加古川踊っこ祭り”で出店しているのだろうと思って眺めていたら、貼り紙の中に『ゆみ蔵』の店名を発見!!!『ゆみ蔵』と言えば東加古川にある”ほるもん焼きうどん”のお店で、私はその他にランチでカレーも食べた事がある結構馴染のお店?だ。で、最近は昼間しかお店の前を通る事が無いしホームページも消えているので、今でも営業しているのかちょっと気になっていたのだった。そんな事も手伝って、何と無くこのお店の”ほるもん焼きうどん”が恋しくなったので買って食べてみる事に決定!!!
 
加古川踊っこ祭りほるもん焼きうどん
そしてこちらが実際に買って食べた”ほるもん焼きうどん”で、お値段は400円也。ご覧の通り巨大な鉄板の上で大量に焼いた”ほるもん焼きうどん”をパックに入れただけなので、ホルモンの種類や量はそれ程多くは無さそうだが、お店ご自慢の甘辛い特製ダレで中々ウマい!以前に佐用で食べた本物のホルモン焼うどんはつけ麺スタイルだったが、個人的にはお店の方が味を整えてくれて食べる方が好きかも・・・。
 
てな事で、偶々寄った”加古川踊っこ祭り”の会場で”牛ステーキ丼”と”ほるもん焼きうどん”を食べてみたのだが、これまた偶然にどちらも以前に食べた事のあるお店?で、そんな懐かしさや親しみ?もあってか両方ともメチャ美味しかった!また何処かのイベント会場で、これらのお店が出店していたら、迷う事無くまた食べてみたいと思う・・・。てか『ゆみ蔵』の”ほるもん焼きうどん”はお店に行けば何時でも食べれる?気もするが・・・。
次ページへ »

WordPress.com Blog.