義史のB型ワールド

2019年11月10日

毎度お馴染みの”松屋”で”約20年以上前に松屋で販売していた幻のメニュー”と言う”お肉どっさりグルメセット”を食べてみた!色んな食べ方が出来て意外と楽しかった!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:23 PM
 
代理人記録
 
西暦が2000年に替わったばかりの一時期、連日の如く大阪天満界隈にある某事務所へ行っていた頃に、ランチを食べに天神橋商店街の中にある牛丼チェーンの『松屋』を偶に利用していた。その頃は未だ”牛めし”とか”カレー”等のメニューが中心で、今みたいに定食メニューは余り無かった様な気がするのだが、今では牛丼チェーン店と言うよりはどちらかと言うと定食チェーン店?と呼んでもおかしく無い程にメニューが増えている。そんな事もあって最近は『松屋』に行っても定食を食べる事が多いのだが、今回は知る人ぞ知る、約20年以上前に松屋で販売していた幻のメニュー「グルメセット」が1週間限定で復刻”すると言うのでそれに釣られて食べに行ってみた。
 
松屋加古川野口町店
こちらが今回行って来た牛めし(牛丼)、カレー、定食、その他丼物でおなじみの『松屋/加古川野口町店』で、最近は『加古川平岡町店』を利用する事がほとんどだったのだが、この日はまたまた東加古川近くまで行っていたのでこちらのお店に来たのだった。ちなみにこのお店はパチンコ店キコーナに併設されている事もあってカウンター席が中心なのだが今回はテーブル席利用だ。とは言え2人掛けの若干窮屈なテーブル席だったので、そう言った点でも『加古川平岡町店』の方がゆったり食事が出来るので個人的には好きかも・・・。
 
松屋お肉どっさりグルメセットのフェアメニュー
そしてこちらが『松屋』から期間限定で登場した”お肉どっさりグルメセット”のフェアメニューで、公式案内によると”20年以上前のメニューが更に増量し1週間限定で復刻!松屋史上最大ボリュームのお肉による「松屋からの挑戦状」”との事。私が連日の如く大阪天満へ行っていたのが西暦2000年の頃なので、流石の私?もこの”お肉どっさりグルメセット”は食べた記憶が無かったので取り敢えず今回もブログネタ?を兼ねて食べてみる事に決定!!!
 
松屋お肉どっさりグルメセット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”お肉どっさりグルメセット”で、メイン料理の”お肉がどっさり盛られた皿”の他に”ライス・みそ汁・生野菜”が付いて、お値段は税込価格930円也。ちなみに今回は”発売日から1週間ライス大盛・特盛無料サービス”をやっていたのだが、先にも書いたように”お肉が牛めし(並)の3倍”入っているらしいので、流石の私も食べ過ぎを気にして今回は普通サイズのままだ
 
松屋お肉どっさりグルメセット
そしてこちらが”お肉どっさりグルメセット”のメインである”牛肉煮込み”?でこの写真では若干判り難いが確かに結構なボリュームだ。ちなみに商品説明に寄ると”当時、お肉の量が牛めし(並)の2倍だったものをさらに増量し、牛めし(並)の3倍のボリュームになりました。このボリュームを食べきることができるのか、まさに「松屋からの挑戦状」である「お肉どっさりグルメセット」は、厳しい残暑のスタミナ作りにぴったりな逸品”との事。当然の如く?味的には”松屋の牛めしの具”そのまんまで、特にこれと言ったインパクトは無いが普通にウマい
 
松屋お肉どっさりグルメセット
で、この”お肉どっさりグルメセット”を最初はおかずとしてライスのお供にして食べていたのだが、流石に途中で飽きて来たのでライスにトッピングして”牛めし”風にして食べてみた・・・。が、流石にこの食べ方をしてもライスのおかずにして食べている時と全く同じ味なので、これまたちょっと飽きて来た・・・。
 
松屋お肉どっさりグルメセット
そこでこの”お肉どっさりグルメセット”のお肉を添付の”生野菜”の上に乗せ、以前『吉野家』で食べた”ライザップ牛サラダ”風にして食べてみたのだが、流石に”生野菜”の大半が”千切りキャベツ”なので、思っていた程の味わいは無かったかな。
 
松屋お肉どっさりグルメセット松屋お肉どっさりグルメセット
最後に・・・、こちらは”お肉どっさりグルメセット”に付いていた”生野菜”と”みそ汁”で、内容的には何時もと同じと言う事もあって流石に特に印象に残る事も無くなって来た・・・。強いて付け加えるならば最近偶に食べているライバルチェーン店の『なか卯』の”夜定食”に付いているサラダの方が圧倒的にコーンの分量が多い・・・って事ぐらいかな(ただ『なか卯』の”夜定食”のサラダも最近は日に寄ってバラつきが激しいような気もして来たが・・・)。
 
てな事で、毎度お馴染みの『松屋』で”20年以上前のメニューが更に増量し1週間限定で復刻!”したと言う”お肉どっさりグルメセット”を食べてみたのだが、味的には定番の”松屋の牛めしの具”そのまんまの味ながら、確かにメチャボリュームがあって色んな食べ方が出来てこれはこれで中々楽しかった!とは言え、日頃から”量より質”を追求している?私にはこんなに量は要らなかったので、今後”松屋からの挑戦状”が届いても受けない事にしよう・・・。

2019年11月9日

毎度お馴染みの”吉野家”で最高級牛肉サーロインを使用した”特撰すきやき重”を食べてみた!以前食べた”サーロイン重”とは雲泥の差の味わいでメチャウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
何時もの如くゆったりとブログ更新しているので、ちょっと紹介するタイミングが遅くなってしまったが、毎度お馴染みの『吉野家』が”販売開始前は約50万食を販売する期間は、約1カ月を見込んでいたものの、予想をはるかに上回る売れ行きで、販売開始からわずか12日間で販売終了する見込み”だったと言う”特撰 すきやき重”を発売初日に食べに行ったお話・・・。
 
吉野家250号線加古川店
こちらがまたまた行って来た明姫幹線加古川中学校南交差点の角にある『吉野家/250号線加古川店』で、この日もランチタイムには少し早目の午前11時半頃の訪問だったのだが、相変わらず先客万来で賑わっている・・・。てか、この日食べに行った”特撰 すきやき重”は発売前から話題になっていた?事もあってか、既にテーブル席は全て満席!私も滅多に利用する事の無い、テイクアウト受付カウンターの直ぐ近くの席に座る事に・・・。おかげで厨房内であたふたするスタッフさんの姿が丸見え&声も丸聞こえで、待ってる間もそれなりに楽しめたが・・・。
 
吉野家特撰すきやき重のメニュー
そしてこちらが『吉野家』から期間限定で登場した”特撰 すきやき重”のフェアメニューで、公式案内に寄ると”吉野家が国産和牛を使用した商品「牛重」を2店舗限定で販売していることを知ったお客様から「数量限定でも、一部店舗限定でもいいので、高級な牛肉商品を食べたい」という声が多数あり、120周年ならではの牛肉特別メニューとして高級部位であるサーロインを使用した商品を開発・販売開始する運びとなりました”との事。ちなみに”吉野家史上初となる牛肉の「サーロイン」の部位を使用”と書いてあるが、個人的に半年程前に『加古川駅北口店』で販売されていた”サーロイン重”を食べた事があるので、多分その時のアンケートを元に改良して”特撰 すきやき重”として販売する事になったんだろう・・・。ま、あの”サーロイン重”は結構不満点が多くあって、私も何やかんやアンケートに文句書いて提出したからなあ・・・。何れにしてもこの日の訪問目的はこの”特撰 すきやき重”を食べる事にあったので、席に着くなり早速注文!!!
 
吉野家特撰すきやき重
が、注文すると先客の注文が沢山入っていて提供までに10分以上かかると言われ、確かに10分以上待たされて漸く運ばれて来たのがこちらの”特撰 すきやき重”で、他に”みそ汁、玉子、お漬物”が付いて通常税込価格860円の処、今回もJAFのチラシに付いていたクーポン利用で50円引きの税込価格810円也・・・。”吉牛”を2杯食べてもお釣りが来るお値段なのだが、後からやって来るお客さんも次々に注文する程の大人気になっていて、何と私がこの”特撰 すきやき重”を食べている正午前の時間に、このお店では早々に売り切れになっていた
 
吉野家特撰すきやき重
そしてこちらがメインの”特撰 すきやき重”で、想像はしていたが以前食べた”サーロイン重”の時と同じく結構な大きさの牛肉がこれでもか!と言わんばかりにトッピングされている。ちなみに商品説明によると”サーロインをすきやきにした「特撰 すきやき重」と生玉子、みそ汁、お新香をセットで提供する商品です。黒いお重で供される「特撰 すきやき重」には、1.8mmの薄さにスライスしたサーロインの生肉120gを使用し ています。注文が入ると、牛丼の具をグツグツ煮込んでいる肉鍋からよそったたれでサーロインをさっと柔らかく香り高く 煮上げ、ご飯の上に盛り付けた後に吉野家特製・すきやきのたれを回しかけます。肉汁とタレがキラキラ輝くサーロインを頬ばると、とろけるように柔らかく、サーロイン特有の牛肉のしっかりとした旨味が゙口の中いっぱいに広がります”との事。確かに以前食べた”サーロイン重”と同等かあるいはそれ以上の大きさの牛肉でメチャウマそうだ
 
吉野家特撰すきやき重
それはさて置き、メニューの写真通りに玉子の卵黄だけをトッピングした後の”特撰 すきやき重”はこんな感じで、またまた商品説明に寄ると”玉子は、セパレーターで取り出した黄身をサーロインの上にのせて黄身を崩しながら肉と絡めて食べたり、器の中で溶いた玉子にサーロインをくぐらせたり”との事。なるほど、肉の上に卵黄を乗せるだけでは無く”牛すき鍋膳”の時と同じように、玉子の方に肉を絡ませて食べても良かったのか・・・。ま、味的にはそう変わらん気もするが・・・。
 
吉野家特撰すきやき重
で、早速この”特撰 すきやき重”を食べてみると味付け自体は定番の甘辛いすき焼き風味であるが牛丼チェーン店で提供されるお肉とは思えない程の柔らかさと肉の味わいがあってメチャウマい!更には”サーロインのすきやきの下には肉汁とたれが染みたご飯”もこれまたウマい!以前ライバルチェーン店の『なか卯』で食べた”黒毛和牛重”とは雲泥の美味しさだ!はっきり言って肉料理専門店で食べたこれと似た”明治座敷とけいやの特製牛丼”、”神戸牛丼 広重の神戸特上牛丼”、”柿安の黒毛和牛 牛めし重”と比べても勝るとも劣らぬ美味しさであった!
 
吉野家特撰すきやき重吉野家特撰すきやき重
最後に・・・、こちらは”特撰 すきやき重”に付いていた”みそ汁”と”お漬物”で、以前に”サーロイン重”を食べた時のアンケートで値段が高いのでせめて”みそ汁”位は付けて欲しい・・・と書いた事が功を成したのか定食類と同じく”みそ汁”と”お漬物”の両方が付いていた。ま、味的にはどちらも大した事は無いので何とも言えないが、”サーロイン重”を食べた時と違って気持ち的には納得出来きたかな。
 
てな事で、毎度お馴染みの『吉野家』から期間限定で登場した”特撰 すきやき重”を食べてみたのだが、以前食べた”サーロイン重”とは違い期待通りメチャ美味しかった!。確かに公式案内で”最高級牛肉商品として全国で販売する牛肉メニューとしては最も高額でありながらお得な価格設定であることが受け、特に吉野家の日頃からの愛用者に支持され、販売開始直後から多数の注文が殺到”したと言うのも何と無くうなずける味であった!日頃から書いているように、やっぱ肉の美味しさは値段に比例するよねえ・・・。

2019年11月7日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで日替りランチの”ローストビーフ和風おろしソース”を食べてみた!3枚にカットされた肉だったが、以前通り中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:08 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”ローストビーフ 和風おろしソース”との事。個人的にこのレストランの肉料理はどれも好きだし、”ローストビーフ”も時々登場するお馴染みの料理なのだが、最近は全然食べて無かったので久々に食べてみる事に決定!!!
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールサラダとスープ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方は私が一番好きな”オニオンスープ”だ。このレストランでは他にも”パンプキンスープ”や”コーンクリームスープ”があってどちらも中々美味しいのだが、個人的にはこのオニオンスープ”が1番美味しいと思っている・・・。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
リヴィエールローストビーフ和風おろしソース
そんなこんなで先に運ばれて来たサラダとスープを食べながら待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”で、メイン料理の”ローストビーフ 和風おろしソース”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それに先のサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、今回はパッと見た感じでは豚肉が結構でかくて値段也の価値はありそうだ!
 
リヴィエールローストビーフ和風おろしソース
そしてこちらがメイン料理の”ローストビーフ 和風おろしソース”なのだが、パッと見た感じ以前食べた時はまるでステーキかのような大きな一枚肉だったのだが、今回はご覧の様に少し前に食べた”国産ポークの和風ロースト”とか”牛ロース肉のひとくちカツ”と似たような一口サイズ?並にカットされた物が3枚盛られている。味的には定番の和風おろしソースで中々美味しいのだが、料理の見た目とか食べた時のボリューム感が無くなっていたので、ちょっと残念な印象だった・・・。
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”でこの日は久々に”ローストビーフ 和風おろしソース”を食べてみたのだが、本文で書いたように味的には以前と同様に中々美味しかったのだが、肉自体が大きな一枚肉では無く一口サイズ?の三枚肉に代わっていたのでちょっと寂しかったかな。次回からどうなるのか定かでは無いが、それもちょっと気になるので、また機会があればこの”ローストビーフ”を食べてみたいと思う・・・。

2019年10月29日

久々に行った加古川別府にある”焼肉 志方亭”で神戸ビーフのロースやらハラミやら肉吸い等を食べた!和牛肉にぎりも含めてどれも超ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:49 PM
 
代理人記録
 
毎年お盆の季節が近づいて来るとちょっとした事情で某先輩と食事に行くのが恒例となっている。で、一昨年は加古川尾上にある『日本料理 しげ真』に行って”国産うなぎ炭火焼うな重”を食べ、昨年はこれまた加古川尾上にある『ナカシマ苑まねきや/加古川店』に行ったのだが、今年は特にこれと言って行ってみたいお店が無かったので、久々に定番?の『焼肉 志方亭』へ行く事になった。
 
焼肉 志方亭
こちらが久々に行って来た『焼肉 志方亭』で、個人的には隣にある姉妹亭の『別邸 石窯ステーキ 志方亭』の方が良いのだが、そちらは残念ながらランチ営業をやって無い(確か予約をすればランチタイムでも営業して貰えるとか言う話だったような・・・)。それはさて置き、お店に行く前は以前食べたランチメニューの”特上肉堪能御膳”を食べようと思っていたのだが、既にお盆期間営業になっていてランチメニューは販売されて無かったので、これまた久々に焼肉メニューの中から適当に食べてみる事に・・・。
 
焼肉志方亭本日のおすすめメニュー
で、先ず最初に目に留まったのがこちらの”本日のおすすめ”のメニューで、当然の如くこの中で気になったのは一番上に書いてある”神戸ビーフ ハラミ”で、躊躇する事も無く先ずはそちらを注文する事に決定!!!ちなみに1個500円もする”肉厚しいたけ”ってのも少し気にはなったが、椎茸は所詮椎茸・・・と思い今回はパス・・・。
 
志方亭焼肉グランドメニュー志方亭焼肉グランドメニュー
そしてこちらはこの時に店内に置いてあった焼肉のグランドメニューで、ご覧のように”志方牛ハラミのシャトーブリアン”とか”絶品牛ヘレシャトーブリアン”等、これまた気になるメニューが目白押しなのだが、最初に”神戸ビーフ ハラミ”を食べると決めたのでこちらのメニューの中からは”特選神戸ビーフロース”と、焼肉の定番中の定番とも言える”和牛特上カルビ”を食べる事に決定!!!
 
志方亭焼肉グランドメニュー志方亭焼肉グランドメニュー
ちなみにこちらは焼肉以外のサイドメニューで、当然こちらからはこのお店に来た時は絶対に食べようと決めていた和牛肉にぎり”(以前食べた”牛肉のにぎりすし”)を注文する事にし、更にはメニューを見て行くと以前は無かった?”神戸ビーフ肉吸い”なる物があったので、そちらも注文。そして定番のサラダからは以前食べたら結構ウマかった”バジリコ風味の生肉サラダ”を食べよう・・・と思ったら今現在は販売されて無いと言う事だったので、取り敢えず”気まぐれサラダ”を食べてみる事に決定!!!
 
志方亭気まぐれサラダ
で、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”気まぐれサラダ”で、雰囲気的にはこのお店のランチタイムの定食などに付いているサラダの内容に似ているような・・・。そう言えばこの日は出て来なかったが、以前このお店に来た時は必ずと言って良い程に出て来た”特製野菜&フルーツジュース”は、この野菜をギュッと絞って?作ったジュースだったのかも知れない・・・。
 
志方亭神戸ビーフ三昧
そしてその後に運ばれて来たのがこちらの”神戸ビーフ ロース”(一人前2500円)と”神戸ビーフ ハラミ”(一人前2200円)と”和牛特上カルビ”(一人前1260)の盛合せで、気持ち的にはこの倍以上の量があっても良かったのだが、最初に注文する時にはどの位の量か判らなかったのと、後から追加も出来るし何よりお店の方に色んな種類の肉を食べて貰った方が・・・とも言われたので、今回はどのお肉も一人前ずつだ
 
志方亭特選神戸ビーフロース
それはさて置き、先ずは超期待の”神戸ビーフ ロース”から見て行くとご覧の通り何と無くサーロイン風のエエ感じにサシが入っていて、更には色艶の良い質感もあってメチャウマそう!で、早速この後にこの”神戸ビーフ ロース”を焼いて食べるとお肉が超柔らか正に口の中でとけて行くかのような味わいでメチャウマい
 
志方亭神戸ビーフハラミ
続いて”神戸ビーフ ハラミ”を見てみると確かに肉の質感がホルモンっぽい気はするが、パッと見ただけではロースやカルビと言われても判別が付かない位の色艶で、こちらも実際に焼いて食べるとこれまたメチャウマい!先に食べた”神戸ビーフ ロース”と比べると確かに少しだけ味わいが違うような気もしたが、間違い無く一級品のお肉だ!
 
志方亭特上カルビ
そしてこちらは”神戸ビーフ2種”と一緒に盛られていた”和牛特上カルビ”で、何故か”神戸ビーフ カルビ”がメニューに無かったのでこちらを注文したのだった。で、先に食べた”神戸ビーフ ロース”とか”神戸ビーフ ハラミ”と比べると確かに肉の質感やサシの入り方に差はあるが、こうやって単品でじっくりと見るとこれまた私好みの中々エエ色艶をしている!てか、実際に焼いて食べてもカルビの旨味満載で、これまたメチャ美味しかった
 
志方亭神戸ビーフ三昧
ちなみにこちらは”神戸ビーフ2種”と”和牛特上カルビ”等を焼いている様子で、焼き方と食べ方は人それぞれで違いがあると思うが、私も先輩も自分で食べる分を一枚ずつ、これまた自分の手で美味しく火が通ったタイミングを計りながらじっくり焼いて食べるタイプだ。何と言っても良いお肉を焦してしまっては元も子もないからねえ・・・。
 
志方亭神戸ビーフ肉吸い
そんなこんなで”神戸ビーフ”やら”特上カルビ”を満喫していると、少し遅れて運ばれて来たのがこちらの”神戸ビーフ肉吸い”で、お値段は700円也。例に寄ってこの写真だけではサイズが判り難いのだが、中に入っている玉子の大きさと比べて見ると正にラーメン鉢かそれ以上の大きさの器で、これまたこの写真だけでは判り難いが、スープの中にはこれでもか!と言わんばかり神戸ビーフが入っている。
 
志方亭神戸ビーフ肉吸い
で、こちらが一緒に用意して貰った一人用の小鉢に入れた”神戸ビーフ肉吸い”で、私だけ生ビールを飲んでいたので少し入れただけだが、これだけのボリュームがある。それはさて置き”肉吸い”と言えば大阪名物(千日前にある『千とせ』が発祥と言われている)ではあるが、今回は”神戸ビーフ”のバラ肉っぽい感じの物が沢山入っていて、これが少し濃い目ながら”神戸ビーフ”から浸み出たコクのある出汁に相まってメチャウマい!偶に”他のお店でも肉吸い”を食べる事はあるが、この”神戸ビーフ肉吸い”は最近食べた”肉吸い”の中でもダントツの美味しさだった
 
志方亭和牛肉にぎり志方亭和牛肉にぎり
そんなこんなで”神戸ビーフ”の焼肉やら肉吸いを満喫した後、〆の御飯物で注文したのがこちらの”和牛肉にぎり”で、お値段は6貫で1200円也。ご覧の通り最近も”回転寿司チェーン店へ行っては食べている肉寿司”とは違いメチャレアな和牛肉を使った肉寿司で、これに添付の薬味や醤油を付けて食べるとメチャウマい!!!てか超ウマい!!!この”和牛肉にぎりは、換算すると1貫200円なのでメチャ安い!はっきり言って”回転寿司チェーン店の肉寿司”よりもこちらの方が価値があると思う!!!
 
志方亭特撰神戸ビーフアバラ
それはさて置き、”神戸ビーフ”の焼肉とか肉吸い、それに大好物とも言える”和牛肉にぎり”を食べたので気持ち的には満足したのだが、若干食べたり無いような気もする・・・。そう言えば焼肉は最初に頼んだ3種類の肉しか食べて無いなあ・・・と思い、あらためて追加注文したのがこちらの”特選神戸ビーフ アバラ”で、お値段は一人前1500円也。名は体を表すでは無いが、日頃から肉の味は値段に比例するの如く、先に食べた”神戸ビーフ ロース”とか”神戸ビーフ ハラミ”と比べると同じ”神戸ビーフ”でも何か雲泥の差を感じる見た目だ。一番初めにこの”特選神戸ビーフ アバラ”を食べていたら多少印象は違ったかも知れないが、既にお腹も十分満たされていた事もあってか期待した程では無かったような・・・。
 
志方亭食後のコーヒー
最後に・・・。以前にも書いた様にこのお店のランチタイムには無料サービスのドリンクバーが付いているので、これまた何時もの如く食後にコーヒーを入れて飲んだ。内容的には他のお店にも置いてあるコーヒーサーバーマシンを使ったコーヒーで、今となってはマクドやコンビニのコーヒーの方が美味しい気はするが、こちらは飲み放題なのでそれなりにお得感はあったかな。
 
てな事で、久々に行った『焼肉 志方亭』で今回は”神戸ビーフ ロース”、”神戸ビーフ ハラミ”、”神戸ビーフ アバラ”、”神戸ビーフ肉吸い”等、正に神戸ビーフ三昧をし、更には私の大好物とも言える”和牛肉にぎり”を食べたのだが、この日食べた料理はどれもメチャ美味しかった!ま、”神戸ビーフ”の焼肉は兎も角として、”和牛肉にぎり”を4貫と”神戸ビーフ肉吸い”のハーフサイズがセットになったランチでも作ってくれたら、それこそ月に一回は食べに行くのになあ・・・と思うのであった!

2019年10月4日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで日替りランチの”牛肉のしゃぶしゃぶ風”を食べてみた!久々だが定番のゴマダレ風味で中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”牛肉のしゃぶしゃぶ風”との事。個人的にこのレストランの肉料理はどれも好きだし、この”牛肉のしゃぶしゃぶ風”も時々登場するお馴染みの料理なのだが、最近は全然食べて無かったので久々に食べてみる事に決定!!!
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールスープ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方は久々に”パンプキンスープ”だ。このレストランでは他にも”オニオンスープ”や”コーンクリームスープ”があって個人的にはオニオンスープ”が1番好きなのだが、この”パンプキンスープ”も他のお店では滅多に飲めないので結構好きだ。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
リヴィエール牛肉のしゃぶしゃぶ風
そんなこんなで先に運ばれて来たサラダとスープを食べながら待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”で、メイン料理の”牛肉のしゃぶしゃぶ風”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それに先のサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、今回はパッと見た感じでは豚肉が結構でかくて値段也の価値はありそうだ!
リヴィエール牛肉のしゃぶしゃぶ風
そしてこちらがこの日のメイン料理である”牛肉のしゃぶしゃぶ風”で、基本的には以前食べた時やその前に食べた”牛ロース肉しゃぶしゃぶ風”と同じで、牛肉をしゃぶしゃぶの様に茹でた?後にゴマダレをかけたようなシンプルな内容で、大きなインパクトは無いが期待通り中々ウマい!白いご飯(ライス)との相性も抜群だ!
 
リヴィエール牛肉のしゃぶしゃぶ風
ちなみに”牛肉のしゃぶしゃぶ風”の牛肉はこんな感じで、若干見た目は美味しそうに見えない雰囲気で実際少し固めだった気もするが、先に書いたように定番のゴマダレ味何時も通りに美味しかったので、良しとしておこう・・・。
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”でこの日は久々に”牛肉のしゃぶしゃぶ風”を食べてみたのだが、肉質的には若干の不満?があるものの味的には私好みのゴマダレ風味で以前同様に中々美味しかった!確かに既に何度も紹介した料理なのでブログネタ的には面白味に欠ける気はするが、個人的には好きな料理の一つなのでまた機会があれば食べてみたいと思う・・・。

2019年9月29日

毎度お馴染みの”ステーキ宮”のポイントカードが満タンになったので”宮ハンバーグランチ”を食べてみた!牛100%の肉肉しくジューシーで中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
2015年11月30日に明姫幹線播磨町大中南交差点直ぐ近くに誕生したステーキ&ハンバーグレストランステーキ宮/播磨店』には開店当初結構良く食べに行っていたので、ポイントカードのスタンプが結構溜まっていた。が、最近は加古川周辺に話題の『いきなりステーキ』や志方方面には『ステーキM』とか『炭火焼きハンバーグ&ステーキ アトム』等、気軽に利用出来るステーキ屋さんが沢山誕生したので此処最近は脚が遠ざかってしまった・・・。で、今年の初め頃に2回程食べに行って漸くポイントカードが満タンになって500円分の割引券として使えるようになったのだが、有効期限が半年間あったのでのんびり過ごしていたら、その有効期限が迫って来たので慌てて食べに行く事に・・・。
 
ステーキ宮播磨店
こちらがまたまた行って来た明姫幹線播磨町大中南交差点直ぐ近くあるステーキ&ハンバーグレストランステーキ宮/播磨店』で、初めてこのお店に来た時はオープン直後と言う事もあって既に駐車場が満車で車すら停める事が出来なかったのだが、流石にオープンしてから4年近く経っている事もあり入店した時は未だ閑散としていた。が、それは単にこの日も入店時間が午前11時過ぎのお店がオープンした直後だったからで、その後は土曜日のランチタイムと言う事もあってか前回訪問時と同じく次々とお客さんが入って来て一気に店内は満席状態になり、帰る頃には入口の処に待ち客が溢れていた程だった。
 
ステーキ宮宮ハンバーグランチのメニュー
それはさて置き、この日の訪問目的はスタンプが満タンに溜まったポイントカードの500円割引券を使う事にあったので最初はお得な”日替りランチ”を食べようと思っていたのだが、この日の内容を見ると何と無く魅力に欠ける・・・。どうした物かと思案した結果、”日替りランチ”で”自家製ハンバーグ”は食べた事があるがお店ご自慢の”宮ハンバーグ”は食べた事が無かったので今回は定番の”宮ハンバーグランチ”を食べてみる事に決定!!!
 
ステーキ宮宮ハンバーグランチステーキ宮宮ハンバーグランチ
で、『ステーキ宮』のお楽しみと言えば何と言っても”飲むサラダバー”と謳う”スープバー”で、常時4種類のスープが用意されているので、先ずは今まで飲んだ事が無い季節限定の”宮の味わいビジソワーズ”と、個人的に一番のお気に入りである”鶏肉としいたけのスープ”、更には追加で入れて来た前回訪問時にも飲んだ”ベジカレースープ”とお替りの”鶏肉としいたけのスープ”で、今回初めて飲む”宮の味わいビジソワーズ”はと言うと”ステーキ宮の夏の定番。じゃかいもの冷製スープ!”との事で、何と無く『欧風カレー小夢』でも飲んだ事があるような味わいながら期待通り中々美味しかった!
 
ステーキ宮宮ハンバーグランチステーキ宮宮ハンバーグランチ
そんなこんなで先ずはスープバーから取って来たスープを飲みつつ待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”宮ハンバーグランチ”で、スープバーの他に何時もの如くチョイスした食べ放題のライスが付いて、お値段は通常税込価格1069円の処、先ずはJAF会員割引で3%引きの1037円になり、更にポイントカード利用で500円引きとなって最終的には537円也。ちなみに”宮ハンバーグ”には標準で”宮のたれ”が付いていたのだが、折角なのでソースバーに行って更に2種類のソース(確かデミグラスと和風ソースだったかな?)を入れて来て色んな味で食べる事に・・・。
 
ステーキ宮宮ハンバーグランチ
そしてこちらがメイン料理の”宮ハンバーグ”でメニューの説明に寄ると牛100%でサイズは225gあるらしい。そんな事もあって以前”日替りランチ”で食べた”自家製ハンバーグ”と比べると何と無くふっくら丸々しているような・・・。で、早速この”宮ハンバーグ”に”宮のたれ”やら2種類のソースやらを色々かけて食べてみると、とても柔らかく肉汁たっぷりの肉々さがあってメチャウマい!人気の『びっくりドンキー』と比べても負けず劣らずの美味しさだ!
 
ステーキ宮宮ハンバーグランチ
ちなみに”宮ハンバーグ”の断面はこんな感じで、熱々の鉄板に乗って運ばれて来た事もあってか中心まで完全に火は通っている牛100%なので、少しレアな状態が残っていても良いような気もしたが、志方にある某ステーキ店で何やらトラブルがあったしもするので、わざと中心まで火を入れているのかも知れない・・・。
 
ステーキ宮宮ハンバーグランチ
最後に・・・、以前から度々書いているように『ステーキ宮』の”飲むサラダバー”と謳う”スープバー”には常時4種類のスープが用意されているので、食後のドリンク代わりにこの日は未だ飲んで無かった”コーンポタージュスープ”を入れて来た。味的には割とオーソドックスだが、偶に飲む?ファミレスチェーンのコーンスープと比べるとコーンの粒もたっぷり入っているし味的にも圧倒的な美味しさがあったかな。
 
てな事で、毎度お馴染みの『ステーキ宮』でスタンプが満タンに溜まったポイントカードの500円割引を利用して今回は”宮ハンバーグランチ”を食べてみたのだが、確かに以前”日替りランチ”で食べた”自家製ハンバーグ”とは違い肉肉しさ満載で中々美味しかった!普通?ハンバーグを食べるのであれば『びっくりドンキー』のようなハンバーグ専門店へ行く方がエエような気はするが、今回食べた”宮ハンバーグ”であればぜひまた食べてみたいと思う・・・。

2019年9月8日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”を食べてみた!想像通り”加古川ギュッとメシ”風で中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”との事。先にも書いたように”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”は食べた事があるが、それらとは微妙に料理名が異なるので、もしかすると何か違いがあるのかも?と思ったので今回も取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールスープカジュアルダイニングリヴィエールサラダ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているこちらのスープとサラダで、何時もであればこのスープとサラダはほぼ同じタイミングで運ばれて来るのだが、何故か今回はスープだけが先に運ばれてサラダは全然運ばれて来ない・・・。もしかしたら忘れられているのかも・・・とスープを飲み干して待っていると、メイン料理の”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”とライスと一緒にサラダも運ばれて来た・・・。忘れられていたのかの判断は中々難しい・・・。ちなみにスープは”コーンクリームスープ”で、サラダは何時もと同じ・・・と、毎回書いているから今回はわざと別々に運んで来たのかも知れない・・・。
 
リヴィエール牛ロース肉の味噌漬ステーキ
そんなこんなで先に運ばれて来た”コーンクリームスープ”を飲み干して待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”日替りランチ”で、メイン料理の”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それにメイン料理と一緒に運ばれて来たサラダと先に出て来たスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、意外と最近は”日替りランチ”で牛肉料理を食べて無かったので、久々にお得感を味わう事が出来た・・・。
 
リヴィエール牛ロース肉の味噌漬ステーキ
そしてこちらがメイン料理の”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”で、最初に書いたように以前食べた”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”とか”牛ロース肉の味噌漬ソテー”に似た所謂”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような印象だが、それにも増して今回は長時間味噌に漬けてあったのか、色がメチャ濃い・・・。で、”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”の上には何時ものオレンジ色のソースがかかっているが、味噌漬なので、肉自体にもしっかりとした味わいがあって私の大好きなミディアムレアなステーキとは全く異なる味と食感ながら、これはこれで中々ウマい!
 
リヴィエール牛ロース肉の味噌漬ステーキ
ちなみに”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”の断面はこんな感じで、見た目は”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”とか”牛ロース肉の味噌漬ソテー”に近いが肉厚的には”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”並の分厚さがあって、多分焼き加減的にはミディアムっぽいが、肉の中心までしっかりと味噌が浸み込んでいて所謂牛肉の赤身っぽさは全く無いが、お肉自体はそれなりに柔らかくて噛めば噛む程に味わい深さがあった気がする・・・。
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”でこの日は”牛ロース肉の味噌漬ステーキ”を食べてみたのだが、その名の通り?以前食べた”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”と”牛ロース肉の味噌漬ソテー”の二つを足して二で割ったような感じの料理ではあったが、所謂”加古川ギュッとメシ”定番の味噌漬け味でこれはこれで中々美味しかった!気持ち的には肉汁滴るレアステーキが一番の大好物なのだが、この”加古川ギュッとメシ”風のステーキもそれなりに美味しいと最近徐々に思うようになって来た・・・かも知れない・・・。

2019年8月18日

以前から気になっていた加古川鶴林寺近くにある”Cafe Charm”で”チャームランチ”を食べてみた!ボリュームは少な目だが料理はどれも中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
以前に古民家カフェ『味空(みそら)』で貰った”いな味噌”の半分程を姉家にプレゼントしたらこの上無く喜んでくれた。で、その一ヵ月後ぐらにに今度は本家?『古民家ダイニング 稲空(いなそら)』で”いな味噌”が貰えるクーポンがあったので、姉家と一緒にそちらのお店に行ったら予約で満席、空席待ちは1時間以上と言われたので早々に退散!!!仕方がないので、以前から一度は行ってみたいと思っていたお店の中から鶴林寺近くにある『Cafe Charm(カフェチャーム)』と言うお店に行ってみる事になった。
 
Cafe Charm(カフェチャーム)
こちらが今回行って来た『Cafe Charm(カフェチャーム)』と言うお店で、場所は鶴林寺の南側の駐車場の斜め向かい側の角・・・と言うのか『ながさわ/鶴林店』の道路挟んだ東側にあるビルの2Fにある。そんな事もあって鶴林寺へ来る度に一度入ってみたいと思いつつも、お店の様子が外から見えない?事もあって今まで食べに行った事が無かったのだった。
 
CafeCharmチャームランチメニュー
そしてこちらがお店の前に置いてあったこのお店のランチメニューが書かれたボードで、このお店は基本的には店主一人でやっていると言う事もあってか”チャームランチ”と”卵かけご飯ランチ”の二つしか無く、”チャームランチ”の方は”週替わりのメインディッシュ3種類”の中から2品、”卵かけご飯ランチ”の方は1品選べるとの事。姉家も私も特に”卵かけご飯ランチ”を食べたいと言うわけでは無かったので今回は”チャームランチ”の方を食べてみる事に決定!!!
 
CafeCharmチャームランチ
で、偶々先客が数組居た事もあって結構な待ち時間の後に漸く運ばれて来たのがこちらの”チャームランチ”で、選べるメインディッシュ2品とサラダが乗ったプレートの他に小鉢2品・お味噌汁・プチデザート、それにお替り自由のご飯と桑の葉茶等がセットになってお値段は税別価格1280円也。ちなみに値段がちょっと高目なので食後のコーヒーぐらい付いていても良さそうな気がするが、残念ながらドリンクは別料金だ!
 
CafeCharmチャームランチCafeCharmチャームランチ
ちなみに今回食べた”チャームランチ”にはこの様な食前茶が付いていて、運ばれた時にも説明があった・・・あるいは店頭でも販売されている”桑の葉茶 天空の里”とか言うお茶で、何やらダイエット効果があるらしい・・・。ま、この1杯だけでは全く意味は無いとは思うが、このお茶を毎日飲み続けると若かりし頃のスリムな体型に戻れるの・・・かな
 
CafeCharmチャームランチCafeCharmチャームランチ
それは兎も角として、こちらが”チャームランチ”の”週替わりのメインディッシュ”で、選べる3種類の中から私は”丹波ポークのおろしハンバーグ”と”播州百日鶏のてりやきチキン”の2品をチョイス!このお店のターゲットが女性客を狙っているのか、どちらの料理も何と無く小さ目ではあるが、ハンバーグは柔らかくジューシーで、それにおろしポン酢?を付けて食べるとメチャウマい!てりやきチキンも文字通りテリヤキソースたっぷりながら鶏肉がとても柔らかくこれまたメチャウマい!この味であれば倍の大きさがあってもペロリと完食出来たような気がする・・・。
 
CafeCharmチャームランチ
そしてこちらも”チャームランチ”に付いていたお味噌汁で、ご覧の通り色んな野菜やキノコが入った具沢山な味噌汁になっていて実際に飲んで見ても昔長柄の優しい風味で、これまたメチャ美味しい!最近食べる機会が多い牛丼チェーン店のみそ汁や定食チェーンのみそ汁とは、全く比較にならない程の旨さがあった!
 
CafeCharmチャームランチCafeCharmチャームランチ
ちなみにこちらは”チャームランチ”に付いていた小鉢2品で、その内容はと言うとご覧の通りのキノコの和え物とホウレン草のお浸し?のようで、これまたどちらも見た目で想像した通りの味ながら、何と無く酒のあてにもなりそうな味わいがあって、シンプルながら中々美味しかった
 
CafeCharmチャームランチ
最後に・・・こちらも”チャームランチ”に付いていたプチデザートで、その内容はと言うとご覧の通り抹茶のシフォンケーキだ。個人的にシフォンケーキは口の中の水分が奪われるような食感があるので、やや苦手・・・と言うのか絶対にドリンクが飲みたくなるので、やはり食後のドリンク位は付けて欲しかった気はする・・・。
 
てな事で、最初は稲美町にある『古民家ダイニング 稲空(いなそら)』に行ったら満席で待ち時間も不明と言われたので、その代わりに加古川鶴林寺近くにある『Cafe Charm(カフェチャーム)』へ行って”チャームランチ”を食べてみたのだが、メイン料理の”丹波ポークのおろしハンバーグ”も”播州百日鶏のてりやきチキン”のどちらも少し小ぶりではあったが、セットに付いていた”お味噌汁”と小鉢2品全てどれも中々美味しかった!一時期に比べると最近は鶴林寺へ行く機会が激減したのだが、お店の様子も判ったし、これからも機会があれば食べに行ってみたいと思う・・・。

2019年7月30日

JAFのクーポンに珍しく”びっくりドンキー”で使える割引券がったので”ディッシュランチ”に”ちょいがけカリー”をプラスして食べてみた!純粋にハンバーグがウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
此処数年、毎年登場するABC朝日放送のラジオ番組とコラボしたメニューである”ドキハキ!冬のごちそうスペシャル”に釣られて食べに行く事がある毎度お馴染みの『ハンバーグレストラン びっくりドンキー』であるが、何故なのか理由は良く知らないが本来であれば今シーズンも登場するであろう2019年初旬頃になっても”ドキハキ!冬のごちそうスペシャル”メニューは登場しなかった。そんな事もあって、今シーズン?と言うのか今年は『びっくりドンキー』へ食べに行く事は無いかな?と思っていたら、そんな私の心を察したか毎月JAFから送られて来る会報誌に付いているしチラシに珍しく『びっくりドンキー』で使える10%引きの割引きクーポン券が付いていたので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた
 
びっくりドンキージョイパーク加古川店
こちらがまたまた行って来た『ハンバーグレストラン びっくりドンキー/ジョイパーク加古川店』で、私が初めて『びっくりドンキー』へ行ったのは30年近く前に京都に住んでいた頃に近くにお店が出来たので食べに行ったのが最初だったのだが、その数か月後に京都から引っ越しをしてしまったので、京都在住時代は2、3回位しか行った事は無かった様な・・・。で、こちらに戻って来た当初はこの加古川店も無かったのだが、何年前だったかにこのお店が誕生しその頃から結構人気のお店となり、この日も正午直前の訪問と言う事もあって既に店内は大賑わいしていた・・・。
 
びっくりドンキーディッシュランチのメニュー
それはさて置き、この日はJAFの会報誌のチラシに付いていた割引クーポン券を使う事が最大の目的だったので、”ドキハキ!冬のごちそうスペシャル”の時のようなこれと言って食べてみたいメニューが無かったので、取り敢えず全てのランチメニューに目を通した後、一番気になったのがこちらの”新定番200gディッシュ”で、従来は150gか300gのディッシュランチしか無かったのだが、新たに200gサイズが追加されたとの事。気持ち的には150gで十分だったのだが、新定番と書かれてあるとやはりそちらが食べてみたくなったのと、このメニューの中に追加で”ちょいがけカリー”ってのがあったので、そちらも併せて食べてみる事に決定!!!
 
びっくりドンキーディッシュランチプラスちょいがけカリー
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ディッシュランチ レギュラー ハンバーグ200g”とセットで注文した”ちょいがけカリー”で、別途”みそ汁”が付いて合計したお値段は、通常税込価格1002円の処、今回はJAFの会報誌のチラシに付いていた10%割引券利用で100円引きとなって最終金額は902円也。ご覧の様にディッシュと言う事で、ハンバーグとライスと付け合せのサラダが同じ一つの皿に入っている。普通このスタイルの場合、ハンバーグやサラダにかかっているソースやドレッシングがライスに混ざり合うので、個人的には好きでは無いのだが、このハンバーグにはソースがかかって無いので今回は全然気にしなくて良いようだ
 
びっくりドンキーディッシュランチびっくりドンキーディッシュランチ
そしてこちらが”ディッシュランチ”のメイン料理であるハンバーグで先にも書いたようにソースが一切かかって無いので味はどうなの?と思って食べてみるとハンバーグ自体にしっかりとした味わいがあって中々ウマい!ちなみに商品案内に寄ると”高い安全性と品質を目指すナチュラルビーフと、快適な飼育環境で薬の使用を制限して育まれているポークの合い挽きを使用”との事。今回は200gのサイズを食べたのだが、このハンバーグであれば300gでもあっと言う間に完食出来そうな気がする・・・。
 
びっくりドンキーディッシュランチびっくりドンキーちょいがけカリー
それはさて置き、今回食べた”ディッシュランチ”にプラスして”ちょいがけカリー”も注文したのでソースは要らない・・・と思いつつもハンバーグや、当然の如くライスにかけて食べてみると細かな牛肉が入った若干スパイシーなカレーで、これはこれで中々ウマい!確かにカレーそのものの味は期待した程では無いにしろ、一度このお店のカレーも食べてみたかったのでこれだけの量だけで十分満足出来た
 
びっくりドンキーディッシュランチびっくりドンキーディッシュランチ
ちなみにこちらは”ディッシュランチ”のハンバーグの脇に添えられていたサラダと、別途付いて来た”日替りみそ汁”で、サラダの方は以前食べた”ドキハキ!冬のごちそうスペシャル2016”に付いていたのに似たような感じの大根サラダで、これはこれで普通にウマい!”みそ汁”の方は最近私がはまっている海苔が入った味噌汁で、更に溶き玉子?も少し入っていてこれまたウマい!この辺りも流石に牛丼チェーン店や定食チェーン店とは一線画した味わいがあったかな。
 
てな事で、毎月送られて来るJAFの会報誌に付いているチラシに珍しく『びっくりドンキー』で使える割引クーポンが付いていたので、今回は”ディッシュランチ”に”ちょいがけカリー”をプラスして食べてみたのだが、ソースがかかって無いシンプルなハンバーグな割に中々美味しかった!最近は毎度お馴染みの『松屋』でハンバーグを食べる機会が多かったが、やっぱハンバーグは専門チェーン店で食べた方が美味しいとあらためて感じたのであった!

2019年7月16日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで”ローストポーク 和風ソース”を食べてみた!見た目はシンプルだが豚肉自体も柔らかくソースに絡んで中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見ると”ローストポーク 和風ソース”との事。このレストランでは以前にローストポーク マンゴーソース”を食べた事があって、雰囲気的にはソースが違うだけのような気もしたのだが、和風ソースがどんな物か気にもなったので今回も取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールコーンクリームスープカジュアルダイニングリヴィエールサラダ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方はこのお店の定番中の定番とも言える”コーンクリームスープ”だ。このレストランでは他にも”オニオンスープ”や”パンプキンスープ”があって個人的にはオニオンスープ”が1番好きなのだが、この”コーンクリームスープ”も結構好きになって来たかも・・・。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールローストポーク 和風ソース
そんなこんなで先に運ばれて来たサラダとスープを食べながら待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”で、メイン料理の”ローストポーク 和風ソース”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それに先のサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。毎回書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高いのだが、そう考えると”ローストポーク”よりも定番の”ローストビーフ”の方を食べたかった気もする・・・。
 
カジュアルダイニングリヴィエールローストポーク 和風ソース
そしてこちらがメイン料理の”ローストポーク 和風ソース”で、パッと見た感じは数年前にこのレストランで食べた”ローストポーク マンゴーソース”とソースが違うだけではあるが、結構大き目の”ローストポーク”が2枚あって見た目はボリューム満点!で、注目の和風ソース(”ローストビーフ 和風おろしソース”の時と同じソースかも?)は何と無くこのレストランで良く登場するオレンジ色のソースに限り無く似た感じではあるが、私好みの甘目のさっぱり味で”ローストポーク”に絡めて食べると中々ウマい!
 
カジュアルダイニングリヴィエールローストポーク 和風ソース
ちなみに”ローストポーク”の断面はこんな感じで、これまた雰囲気的には以前食べた”ローストポーク マンゴーソース”とか、あるいは”ポークロースソテー”や”国産ポークの味噌漬焼き”や”ポークロースカツ”の時と同じような肉厚で、毎度お馴染みの”かつやのロースカツ”程では無いが豚肉自体はとても柔らかくて中々美味しかった
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”でこの日は”ローストポーク 和風ソース”を食べてみたのだが、見た目も内容も特に大きなインパクトは無い物の定番の和風ソース味で中々美味しかった!気持ち的には”ローストポーク”よりも”ローストビーフ”の方が好きなのだが、夏場はあっさりとした”ローストポーク”の方が良いのかも知れない・・・。
 
最後に・・・、意外とあちらこちらのお店で”ローストポーク”を食べているので代表的な物を一覧として残しておこう・・・。
 
・高砂町内にある古民家カフェ『cafe 季のしずく』の”紅茶ブタ
・荒井にあったが閉店した『イタリアンカフェ&バル ソリッソ/sorriso』の”ドルチェポルコのロースト
・『京都熟成細麺らぁ~めん京』の”新・神様の中華そば”にトッピングされていた”ローストポーク
・『播州ぬーどるず3店舗幻の1日限定』の”志方牛らーめん”にトッピングされていた”ローストポーク
・『姫路 麺哲』の”つけ麺姫路”にトッピングされていた”ローストポーク
・『がちんこらーめん道 柊』の”豚骨醤油ラーメン”にトッピングされていた”ローストポーク
・『スガキヤ』の”プレミアム冷しラーメン”にトッピングされていた”ローストポーク
・姫路にある『中国料理 紅鶴』の”特選フカヒレ姿煮セット”に出て来た”ローストポーク
・明石駅構内にあったが閉店した『月の庵』の”ローストポークのサラダ仕立てバルサミコソース
 
等々・・・。何かこうやって見るとラーメンにトッピングされているのが多いような・・・。
次のページ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.