義史のB型ワールド

2020年1月10日

久々に行った”とんかつ松のや”で新メニューの”大判ヒレかつ丼”を食べてみた!かつやで言う竹サイズ並の大きなヒレかつで中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
時々書いていた様に、ちょっとした事情で月に一回ぐらいの割合で明石大久保方面へ行く事があった・・・。が、2年程前から行く用事も無くなってしまったし、最近はイオンシネマ明石まで映画を観に行く事すら無くなったので、完全に行く機会は無くなったとも言える・・・。が、相変わらず明石西二見にある『とんかつ・カツ丼チェーンのかつや』とか『天丼・天ぷら本舗 さん天』には行っているのだが、この日もその近辺まで行ったので何処かでランチを・・・と思案した結果、そこから少し足を延ばした明石魚住にある『とんかつ 松のや』でも最近は色んなフェアメニューが登場する事があるので、久々にそちらのお店に行ってみる事にした。
 
とんかつ松のや魚住店
こちらが久々に行って来た『とんかつ 松のや/魚住店』で、以前から何度か書いている様にこの店は、『牛丼・カレー・定食チェーンの松屋』が、『とんかつ・カツ丼チェーンのかつや』に対抗して始めたとんかつの業態のチェーン店だ。ちなみにお店がある場所は国道2号線沿いの最近は全然食べに行って無いが当ブログでも過去に何度か紹介した事があるドカ盛りラーメンチェーン店神戸ちぇりー亭/明石魚住店』の東隣り辺りにある。で、このお店はオープン当初は席まで注文を取りに来てくれる所謂フルサービスのお店だったのだが、人件費節約の為か何時の間にやらセルフサービスのお店に変っていて、食券を買った後に注文口で渡して料理が出来上がった後、そこまで取りに行かなければならない・・・。その割りにはフルサービスの店舗と同じ値段?なのだが、その代わりにライスやみそ汁がセルフながら食べ放題になっている・・・。
 
とんかつ松のや大判ヒレかつ丼のメニューとんかつ松のや豚汁半額のメニュー
それはさて置き、例に寄って特に食べたい料理があってこのお店に来た訳では無いので、入口付近にあったメニューを見ると何やら”ヒレかつ一新!”と題された”大判ヒレかつ丼”のメニューがあったのと、姉妹店?の『松屋』でも度々やっている”豚汁半額”フェアをやっていたので、取り敢えず今回はこの二つをセットにして食べてみる事に決定!!!
 
とんかつ松のや大判ヒレかつ丼と豚汁
で、間も無くして出来上がりを知らせるアナウンス(と言うのかスタッフさんの声掛け)があったので、セルフで運んで来たのがこちらの”大判ヒレかつ丼”と”豚汁”で、お値段はそれぞれ税込価格750円と90円で合計した金額は税込価格840円也。ちなみにライバルチェーン店『かつや』の”ヒレカツ丼”は今日現在税込価格759円で”とん汁(小)”は税込価格132円だから、若干こちらの方がお得感がある(しかもこの時はライス大盛無料だったし・・・)。
 
とんかつ松のや大判ヒレかつ丼
それはさて置きこちらがメインの”大判ヒレかつ丼”で、メチャ大きな”ヒレかつ”がトッピングされていて、更にライスを大盛にした事もあって最近食べた”カツ丼”の中では一番のボリュームだ!ちなみに商品説明に寄ると”大変多くのお客様よりご愛顧いただいております「ヒレかつ」が大判になって新登場! しっとり柔らかな食感の「ヒレかつ」は、脂身が少なくあっさりとお召し上がりいただけます”との事。で、早速この”大判ヒレかつ丼”を食べてみると玉子とじ自体は以前食べた”ロースかつ丼”と基本的に同じながら、ふわふわとろとろで中々ウマい
 
とんかつ松のや大判ヒレかつ丼
そしてこちらが”大判ヒレかつ丼”に入っていた”ヒレかつ”の断面で、ご覧の通り普段よく食べている”ロースかつ”並の分厚さがあって、当然の如く脂身は全く無いが揚げ立て熱々のジューシーな豚肉で中々ウマい!やっぱ”一口カツのようなヒレカツ”では無く、これ位の大きさと分厚さがあった方がヒレ肉としても美味しいような気がする
 
とんかつ松のや豚汁とんかつ松のや豚汁
ちなみにこちらは”大判ヒレかつ丼”とセットで食べた”豚汁”で、何故か私が『とんかつ 松のや』へ来る時は良く”豚汁半額”をやっているので既に何度か食べた事があるお馴染みの味で、雰囲気的には姉妹店の『松屋』で食べる”豚汁”と同じような味付けな気はするが、『松屋』とは違って豆腐は入って無いような・・・。何れにしても個人的には毎度お馴染みの”かつやのとん汁”の方が舌に馴染んで結構好きだが、こちらもそれに負けぶ劣らず位の具沢山で中々美味しかった
 
てな事で、久々に行った『とんかつ 松のや/魚住店』で今回は”ヒレかつ一新!”と題された新メニューの”大判ヒレかつ丼”を食べてみたのだが、確かに良くある”一口カツ風のヒレかつ”では無く”かつやの120gのロースカツ”か、あるいはそれ以上の大きな”ヒレかつ”でメチャ美味しかった!それとは直接は関係無いのだが、多分行く機会は無いかな?と思っていたとんかつ 松のや/権現湖PA(下り線)店』に行って今度は”大判ヒレかつスパイシースープカレー”を食べたのだが、その話はまた後日・・・。

2020年1月8日

毎度お馴染み”かつや”で2020年フェア第1弾の”青ねぎ味噌チキンカツ丼”を食べてみた!味は”青ねぎ味噌カツ丼”と大差無いが冬定番の味噌味で中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
例に寄って『かつや』の話題だけは早目にご紹介・・・(と言いつつ今回も既に一週間以上が経ってしまったが・・・)。毎回貰える”100円の割引券”や、最近は毎月登場するフェア丼に釣られて月に一回は必ず食べに行っている、とんかつ・カツ丼チェーンの『かつや』であるが、思い返せば彼是と20年前後に渡って利用している事もあって、最近は年末感謝祭の時か、フェア丼が登場した時しか食べに行く事も無くなって来た。そんな『かつや』では毎年この時期になると”青ねぎ味噌カツ丼”が登場するのだが、それが今年は”青ねぎ味噌チキンカツ丼”となって新登場したので、それに釣られて食べに行ってみた。
 
かつや明石二見店
こちらがまたまた行って来た『とんかつ・カツ丼チェーン かつや/明石二見店』で、私が初めてこのお店を利用したのは1995年にJR明石大久保駅南側に巨大ショッピングセンターマイカル明石が誕生し、その中にマイカルシネマズ明石(現在はイオンシネマズ明石)に映画を観に行く行き帰りに偶に此処で食事をしたのがきっかけで、彼是と約20年前後に渡って利用している店舗でもある。
 
かつや青ねぎ味噌チキンカツ丼のフェアメニュー
そしてこちらが『かつや』から期間限定で登場した”2020年フェア第1弾”で”コク深味噌だれ×ジューシーチキンカツ”と言う”青ねぎ味噌チキンカツフェア”のメニューで、公式案内に寄ると”フェアで好評だった「味噌だれ」とカツ丼のタレを合わせ、チキンカツ、青ねぎでボリューム満点に仕上げました”との事。先にも書いた様に以前毎年のように登場していた”青ねぎ味噌カツ丼”は若干飽き気味だったので、偶に食べに行かない年もあったのだが、『かつや』もそう言う客が居ると言う事を薄々感じていたのか今年は”80gのロースカツ”では無くフェア定番の”チキンカツ”に変更したようだ(ちなみに昨年は”鶏つくね味噌カツ丼”だったが・・・)。で、例に寄って今回も玉子でとじた”青ねぎ味噌チキンカツ丼”と温玉をのせた”青ねぎチキンカツ鍋定食”と2種類があって、”青ねぎチキンカツ鍋定食”の方がキャベツが添えられているし、”とん汁(小)”も付いて更には温玉も入っているので内容的に絶対お得(100円高いが)だと思いつつも、取り敢えず何時もの如く、丼の方を食べてみる事に決定!!!
 
かつや青ねぎ味噌チキンカツ丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”青ねぎ味噌チキンカツ丼”で、お値段は通常税込価格649円の処、今回も何時も通り”100円の割引券”利用で549円也。メニューに”今度の味噌は、ボリューミー!”と書いてあったのでメチャ大きな”チキンカツ”が乗っていると思っていたのだが、意外と小ぶりで以前の”青ねぎ味噌カツ丼”のサイズと余り変わらないような印象・・・。ちなみに商品説明に寄ると”お店で仕上げる特製コク深味噌だれで煮込んだジューシーなチキンカツを玉子でとじた”との事。商品名通り?以前の”80gのロースカツ”が”チキンカツ”になっただけで味的には余り変わらないが、味噌と玉子の相性も良くてこれはこれで中々ウマい
 
かつや青ねぎ味噌チキンカツ丼
そしてこちらが”青ねぎ味噌チキンカツ丼”にトッピングされていた”チキンカツ”の断面で、サイズ的には余り大きくは感じなかったが、ご覧のように肉厚自体は結構あって、当然の如く揚げ立て熱々でジューシーな鶏肉で、これまたウマい!これで以前食べた”生姜からあげだれのチキンカツ丼”ぐらいのボリュームがあったら、メニュー通りボリューミーだと思えたんだけどなあ・・・。
 
かつや青ねぎ味噌チキンカツ丼
ちなみに”青ねぎ味噌チキンカツ丼”のご飯を見ると、ご覧のように”特製コク深味噌だれ”がたっぷりとかかっていて、まるで味噌雑炊かと思わんばかりの濃厚さだ。個人的に白いご飯が大好きなので、もうちょっとタレの量は少なくても良かったのだが・・・。
 
かつや青ねぎ味噌チキンカツ丼
そんな事もあって?”青ねぎ味噌チキンカツ丼”を食べていると以前食べた”鶏つくね味噌カツ丼”や”青ねぎ味噌カツ丼”の時と同様に口の中がまったり?して来たので何時もより早く”昆布、唐辛子が入った、大根の醤油漬けの「割干大根漬」”を投入!!!当然の如く”割干大根漬”を食べると口の中がさっぱりして、その後に再び””を食べるとこれまたウマい!味噌だれと”割干大根漬”の相性はとっても良いのかも知れない・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『かつや』から2020年フェア第1弾のフェアで登場した”青ねぎ味噌チキンカツ丼”を食べてみたのだが、味の要となる玉子とじ味噌だれは”青ねぎ味噌カツ丼”や”鶏つくね味噌カツ丼”と同じだし”チキンカツ”もフェアメニューで度々登場するので全体的には大きなインパクトは無いが、冬定番に味噌だれで全体的には中々美味しかった!そんな事もあって、お得感がありそうな”青ねぎチキンカツ鍋定食”の方も食べに行ってみようかと思案中・・・。

2020年1月6日

毎度お馴染みの”吉野家”が”秋の牛丼・牛皿10%オフキャンペーン!”をやっていたので久々に”吉牛”を食べてみた!何時もの50円割引券の方がお得だった!

Filed under: — 代理人 @ 9:34 PM
 
代理人記録
 
毎月JAFから送られて来る会報誌に同封されているチラシに割引券が付いているので、月に一回は必ず食べに行っている牛丼チェーン店『吉野家』であるが、この日は”秋の牛丼・牛皿10%オフキャンペーン!”をやっていたので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
吉野家250号線加古川店
こちらがまたまた行って来た明姫幹線加古川中学校南交差点の角にある『吉野家/250号線加古川店』で、以前特撰 すきやき重”や”月見牛とじ御膳”を食べに来た時は午前11時半頃の訪問にも関わらず、店内は超大賑わいで当然の如くテーブル席が満席だったので、狭苦しい?カウンター席を利用したのだが、ランチタイムとしては遅めの午後1時前頃の訪問だったので、流石に店内は空いていたのである意味仕方無しに?カウンター席に座る事に・・・。
 
吉野家秋の牛丼・牛皿10%オフキャンペーン!
そしてこちらがこの時に『吉野家』で開催されていた’秋の牛丼・牛皿10%オフキャンペーン!”で、その名の如く”牛丼”と”牛皿”のみが10%オフになると言う内容・・・。数年前にやっていた”春の牛丼祭”とか”今だけ牛丼並盛300円セール”とか”春の300円まつり!”等と比べると割引率はショボイが、こんな機会でも無いと吉牛”並盛は滅多に食べない?と思い、取り敢えず食べてみる事に決定!!!
 
吉野家秋の牛丼・牛皿10%オフキャンペーン!牛丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”吉牛”並盛で、お値段は通常税込価格380円の処、先にも書いたようにこの時は”秋の牛丼・牛皿10%オフキャンペーン!”中で10%引きとなって税込価格347円也。ちなみに例に寄ってJAFのチラシに付いていた50円引きのクーポンを利用しようとしたら、流石にキャンペーン期間中は使えませんと断られた・・・、残念!それはさて置き、早速この”吉牛”を食べると基本的には何時も通りで特にどって事は無いが、最近も食べた”すき家の牛丼”とか”松屋の牛めし”とか”なか卯の和風牛丼”(とか”かつやの牛丼”?)と比べると、タレに奥深いコクと旨みがあってメチャ美味しい!やっぱ私は牛丼チェーン店の中では”吉野家の牛丼”が一番好きだ!
 
てな事で、毎度お馴染みの『吉野家』が”秋の牛丼・牛皿10%オフキャンペーン!”をやっていたので久々に”吉牛”の並盛を食べてみたのだが、当然の如く夏頃に食べた”牛丼 特盛”と同じ味ながら何時も通りメチャ美味しかった!それはさて置き、この後も『吉野家』では”麻辣牛鍋膳”とか”バーベキューチーズから揚げ丼”とか”ミックス牛肉コロッケ定食”を食べる日々が続くのだが、その話はまた後日・・・。

2020年1月3日

毎度お馴染みの”天丼・天ぷら本舗さん天”で期間限定の”クワトロシュリンプ天丼”を食べてみた!中でもソフトシェルシュリンプと海老とさつま芋のかき揚げがメチャウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
此処最近、何と無く”天丼”を食べる機会が増えて来た気がするのだが、その中の一つに2017年3月21日に明幹二子東交差点西近くにオープンした『天丼・天ぷら本舗 さん天/播磨町店』がある。で、初めて行った時はプレオープン期間と言う事でメニューは”海老天丼、天ぷら定食、海老天ぷらうどん”の3種類しか無かったのと、2回目に行った時に私の好きな”鶏天”が入った”鶏親子天丼”を食べた事もあって、これで当分の間食べに行く事も無いかな?と思っていたのだが、その後からは期間限定のメニューが登場するので定期的に食べに行くようになった。そんな『天丼・天ぷら本舗 さん天』から”4種の海老を楽しめる海老づくしの丼”と言う”クワトロシュリンプ天丼”が新登場したので、それに釣られて食べに行ってみた。
 
天丼・天ぷら本舗 さん天播磨町店
こちらがまたまた行って来た『天丼・天ぷら本舗 さん天/播磨町店』で、以前にも書いたがこのお店は”しゃぶしゃぶ食べ放題”で有名な『和食さと』でお馴染みのサトレストランシステムズが運営している”天丼が390円”と言う安さがウリのチェーン店だ。で、このお店でも毎度お馴染みの『カツ丼チェーン店のかつや』と同じように、定期的に期間限定のフェア丼が登場するので中々目が離せない
 
天丼・天ぷら本舗さん天クワトロシュリンプ天丼のメニュー
そしてこちらが『天丼・天ぷら本舗 さん天』から期間限定で登場した”クワトロシュリンプ天丼”のメニューで、ご覧の通り”「海老天」、「ソフトシェルシュリンプ」、「海老とさつま芋のかき揚げ」、「海老つみれ」の4種の海老を楽しめる海老づくしの丼”との事。何と無く何時も食べてる?”海老天丼”に似ているようなそうでないような雰囲気だが、例に寄って最近『さん天』から登場するフェア丼は可能な限り食べている事もあって、今回も迷わず食べてみる事に決定!!!
 
天丼・天ぷら本舗さん天クワトロシュリンプ天丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”クワトロシュリンプ天丼と今回も”選んで一品無料券”を利用して頼んだ”焼バラ海苔のみそ汁”で、お値段は”クワトロシュリンプ天丼”代のみとなり税込価格750円也。これまた普通の”海老天丼”だと思うと少し高いような気がするが、今回は”海老づくし”と言う事で、こんなものなのかも知れない・・・。
 
天丼・天ぷら本舗さん天クワトロシュリンプ天丼
そしてこちらがメインの”クワトロシュリンプ天丼”で、確かに色んな天ぷらがトッピングされていて内容的には豪華だが、見た目はちょっと雑な印象・・・。ちなみに商品説明に寄ると”「ソフトシェルシュリンプ」は頭まで食べられる殻付き海老。香ばしさがあり、 海老の旨み全てを堪能できます。「海老とさつま芋のかき揚げ」では、プリッとした小海老と、ほくほくのさつま芋をかき揚げにしました。そして、サクサクの衣につつまれたふわふわの「海老つみれ」にさん天自慢の定番の「海老天」。風味や食感の異なる4種の海老を揃えました”との事。思わず何年か前に『天ぷら定食まきの』で食べた”海老づくし天ぷら定食”を思い出すような・・・、そうでも無いような・・・。
 
天丼・天ぷら本舗さん天クワトロシュリンプ天丼
それはさて置き、先ずは”クワトロシュリンプ天丼”の一番の注目素材である”ソフトシェルシュリンプ”の天ぷらから食べてみると、その名の如く頭も胴の殻もメチャ柔らかでそのまま被り付くと、普段食べる海老以上に海老風味満載でメチャウマい!偶に鮨屋さんで、生海老の握り寿司を食べた後に頭だけを鬼殻焼にして出してくれる時があるが、それとは違う食感ながらこれはこれでメチャ美味しかった!
 
天丼・天ぷら本舗さん天クワトロシュリンプ天丼
そしてこちらは”クワトロシュリンプ天丼”に入っていた”海老とさつま芋のかき揚げ”で、何かこの二つの組み合わせのかき揚げ自体も珍しい気はするが、当然の如く?海老の風味にさつま芋の甘みが入り混ざってこれまたウマい!海老に貝柱やイカを混ぜたかき揚げもウマいが、意外とさつま芋も合っているのかも知れない・・・。
 
天丼・天ぷら本舗さん天クワトロシュリンプ天丼
それともう一つ・・・、こちらも”クワトロシュリンプ天丼”に入っていた”海老つみれ”で、ご覧の様にパッと見た感じは良くある魚を磨り潰して作ったつみれっぽい見た目で、確かに海老の風味はあるがこちらは期待していた程の味わいでは無い・・・。素材は違うが何時ぞや”日本海蟹ツアーに行った時に食べた蟹のつみれ”のように、もうちょっと海老の存在感を残しておいて欲しかったかな・・・。
 
天丼・天ぷら本舗さん天クワトロシュリンプ天丼
最後に・・・、こちらは以前食べに来た時に貰った選んで一品無料券”を利用して注文した”焼バラ海苔のみそ汁”で、その名の如く”焼バラ海苔”がたっぷりと入ったシンプルな味噌汁ながら、これが中々ウマい!似たような味噌汁に沖縄名物の”アーサー汁”とか”あおさ汁”があるが、やっぱ”焼バラ海苔のみそ汁”の方が私は好きかな。
 
てな事で、毎度お馴染みの『天丼・天ぷら本舗 さん天』で今回は期間限定の”クワトロシュリンプ天丼”を食べてみたのだが、確かに”4種の海老を楽しめる海老づくしの丼”でその中でも特に”ソフトシェルシュリンプ”がメチャ美味しかった!それに”海老とさつま芋のかき揚げ”も少し変わった素材の組み合わせではあったが、味も食感も中々楽しかった!このお店では偶に”鶏づくし天丼”とか、最近も”豚×豚×豚天丼”等の鶏づくしや豚づくしの天丼を食べたが、その中でも今回食べたこの”クワトロシュリンプ天丼”が一番美味しかった気がする・・・。

2019年12月28日

毎度お馴染みの”なか卯”で”親子丼25周年シリーズ第3弾”の”トリュフ薫るきのこの親子丼”を食べてみた!以前食べた”3種きのこの親子丼”にトリュフが入って中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
相も変わらず偶に食べに行っている各牛丼チェーン店であるが、その中の一つに元々は大阪が発祥ながら今は『すき家』と同じグループになってしまった『なか卯』がある。個人的には『吉野家』が関西一帯に蔓延る以前の、誰がどう見ても『吉野家』のパチモンにしか見えなかったオレンジ色の店舗の頃から食べている愛着のある牛丼チェーン店なので、応援の意味も兼ねて今でも時々食べに行っている。そんな『なか卯』から”親子丼25周年シリーズ第3弾”の”トリュフ薫るきのこの親子丼”ってのが新登場したので、またまた食べに行ってみた。
 
丼ぶりと京風うどんのなか卯加古川店
こちらがまたまた行って来た『丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店』で、流石に改めて書く内容も無いので以前の紹介文からコピペすると、個人的には『なか卯』が完全に『吉野家』のパチモンみたいな”安い・美味い・早い”と言う看板を掲げたオレンジ色の店舗だった頃(ただし、この『加古川店』は誕生した時から新型店舗だったのでオレンジ色だった時は無い)から食べに行っている愛着のある牛丼チェーン店なのだが、最近は親子丼チェーン店っぽい雰囲気だったり、”黒毛和牛ローストビーフ重”のようなちょっと値段の高い高級路線商品を販売する牛丼チェーン店になって来たような気がする・・・。
 
なか卯トリュフ薫るきのこの親子丼のメニュー
そしてこちらが『なか卯』から期間限定で再び登場した”親子丼25周年シリーズ第3弾”である”トリュフ薫るきのこの親子丼”のフェアメニューで、公式案内に寄ると”なか卯の親子丼は、1994年の発売以来25年間、特製の割り下とこだわり卵で一食一食手作りしています。 今回販売する「トリュフ薫るきのこの親子丼」は、「炭火焼き親子丼」「親子丼イタリアン」に続く、親子丼25周年シリーズ第3弾の商品で、芳醇な薫りのトリュフと、3種のきのこで秋の到来を感じさせる親子丼”との事。最近は”親子丼革命シリーズ”と”親子丼25周年シリーズ”の違い・・・と言うのか境目が全く判らんようになって来たが、例に寄ってこの手のフェア商品は可能な限り食べているので今回も取り敢えず食べてみる事に決定!!!
 
なか卯トリュフ薫るきのこの親子丼
で、間も無く手元のブザーが鳴ったのでセルフで運んで来たのがこちらの”トリュフ薫るきのこの親子丼”並で、お値段は税込価格590円也。パッと見た印象は以前食べた”トリュフの親子重”と比べると今回はトリュフの存在感が余り無くて”なか卯定番の親子丼”か、あるいは以前食べた”3種きのこの親子丼”に近いような感じだ。ま、値段の差が大分あるのでその分トリュフの数を少なくしているのかも知れない・・・。ちなみに商品説明に寄ると”イタリアから直輸入したトリュフは、フレーバーオイルやエキスなどは一切使用しておらず、トリュフそのものの香りを贅沢にお楽しみいただけます。 また、舞茸、エリンギ、ぶなしめじをそれぞれ食感が残るようカット方法を工夫し、フレッシュな状態で店内調理することで、きのこ特有の旨みと風味を引き出しました。親子丼に染み渡ったきのこのだしが、噛むほどに溢れ出ます”との事。何と無く以前食べた”トリュフの親子重”と”3種きのこの親子丼”を足して二で割ったような内容ながら、”こだわり卵”が文字通りふわふわとろとろで中々ウマい
 
なか卯トリュフ薫るきのこの親子丼
そしてこちらが”トリュフ薫るきのこの親子丼”に入っていた鶏肉で、この日の遂一週間程前に食べたばかりの”純鶏名古屋コーチンの親子重”に入っていた”名古屋コーチンの鶏肉”と比べると、当然の如く全く異なる極々普通の鶏肉だ!とは言え、個人的にこのお店の”親子丼”を良く食べていた事もあって、何時もと同じ味と言う事もあって普通に美味しかったかな
 
てな事で、毎度お馴染みの『なか卯』から期間限定で登場した”親子丼25周年シリーズ第3弾”の”トリュフ薫るきのこの親子丼”を食べてみたのだが、本文で書いたように何と無く以前食べた”トリュフの親子重”と”3種きのこの親子丼”を足して二で割ったような内容ながら、すっかり舌に慣れ親しんだ”なか卯のこだわり卵を使った親子丼”の味で、これはこれで中々美味しかった!それはさて置き、最近『なか卯』は牛丼チェーン店と言うよりも親子丼チェーン店ぽくなってしまった気がするのは私だけ?

2019年12月13日

毎度お馴染みの”揚げ天まる”で加古川店限定と書かれた”とり天南蛮丼”を食べてみた!定番のタルタルソースたっぷりで中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:08 PM
 
代理人記録
 
此処最近、何と無く”天丼”を食べる機会が増えて来た気がするのだが、その中の一つに2016年10月下旬頃にリニューアルオープンした加古川ニッケパークタウンのフードテラスの一角に誕生した揚げ立て熱々の天ぷら専門店『揚げ天まる/加古川店』がある。で、このお店でも毎度お馴染みの『かつや』程では無いが定期的に季節限定の商品が登場するのだが、少し前にお店の前を通ると当店限定と書かれた”とり天南蛮丼”のメニューがあったので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
揚げ天まる加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川ニッケパークタウン2Fのフードテラスの一角にある『揚げてんぷら天丼 天まる/加古川店』で、最近”天丼”を食べると言えばこのお店か、明姫幹線沿いにある『天丼・天ぷら本舗 さん天』のどちらかが大半で、『天丼・天ぷら本舗 さん天』ではほぼ毎月期間限定のフェア丼が登場するのに対して、こちらは季節毎にしか期間限定のフェア商品が登場しないが、それでも目が離せないお店の一つには変わり無い!
 
揚げ天まるとり天南蛮丼のメニュー
そしてこちらが『揚げ天まる/加古川店』から当店限定で販売されている”とり天南蛮丼”のメニューで、以前にこのお店で食べた”とり天南蛮定食”を丼に変更したような内容だが、値段が安いので何でだろうとチェックしてみると、”お客様からの声が多く、とり天5貫で食べやすく丼にしました”との事。今回は珍しく有効期限の切れて無い”味噌汁又はご飯大盛に変更無料券”が手元にあったので定食じゃ無くても良かったので、早速この”とり天南蛮丼”を食べてみる事に決定!!!
 
揚げ天まるとり天南蛮丼
で、こちらが実際に食べた”とり天南蛮丼”とそれに付いていた”紅生姜”、それに”味噌汁”と会計口に置いてあったセルフサービスの漬物で、最初に書いたようにこの日は”味噌汁又はご飯大盛に変更無料券”を利用したのでお値段は”とり天南蛮丼”代のみとなり税込価格637円也。当然の如く?この日も会計時に”味噌汁又はご飯大盛に変更無料券”が貰えたので、また翌月食べに来る羽目?になってしまったが・・・。
 
揚げ天まるとり天南蛮丼
そしてこちらがメイン料理の”とり天南蛮丼”で、これまた以前に食べた”とり天南蛮定食”の”とり天”と比べると若干大きさも少し小さいような気がしたが、当然の如く揚げ立て熱々で鶏肉もジューシーで、これにたっぷりとかかったタルタルソースを絡めて食べるとメチャウマい!全体的な印象は少し前にライバルチェーン?とも言えそうな『天丼・天ぷら本舗 さん天』で食べた”チキン南蛮天丼”の方が内容的にも味的にもエエような気はしたが、これはこれで中々美味しい”とり天南蛮丼”だった!
 
揚げ天まるとり天南蛮丼揚げ天まるとり天南蛮丼
ちなみにこちらは”味噌汁又はご飯大盛に変更無料券”を使って飲んだ”味噌汁”と”とり天南蛮丼”に付いていた”紅生姜”、それに”食べ放題の漬物”で、”味噌汁”は何時も通りの所謂味噌汁サーバーを使った簡易的な物で味的にもそれなりだ。そう言った点で言うと、ライバル店?とも言える『天丼・天ぷら本舗 さん天』の”焼バラ海苔みそ汁”方が、お金を払った場合は当然の如く無料券を使った時も含めて、あちらの方が私は好きだ!”紅生姜”と”食べ放題の漬物”に関しては取り敢えず写真はアップしたが特に書く事も無いような・・・。
 
てな事で、またまた行った加古川ニッケパークタウン2Fのフードテラスにある『揚げ天まる/加古川店』で、今回は”とり天南蛮丼”を食べてみたのだが、先に書いた様に基本的には以前食べた”とり天南蛮定食”が天丼になっただけで、特に大きなインパクトは無い物のタルタルソースたっぷりで中々美味しかった!が、これまた先に書いた様にライバルチェーン店とも言える『天丼・天ぷら本舗 さん天』で食べた”チキン南蛮天丼”の方が内容的にも味的にも好みの点で勝っている気はする・・・。

2019年12月12日

毎度お馴染みのパチンコマルハンの中にある飯屋さんで週末感謝価格500円の”月見えび天そば冷ミニねぎとろ丼セット”を食べてみた!値段を考えるとお得なランチだ!

Filed under: 麺類と粉もん, — 代理人 @ 9:43 PM
 
代理人記録
 
以前は”日本全国ご当地味めぐり”や”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”に釣られて結構な割合で食べに行っていたパチンコマルハン加古川店の中にある『ごはんどき』と言う飯屋さんであるが、最近は近くにあるミクちゃんガイアに行く方が増えた?ので全然食べに行って無かった。が、昨年末頃から”週末感謝価格”と言うキャンペーンが始まったので、それに釣られて”生姜焼き定食”とか”カツ丼”とか”カツカレー”等毎月の如く食べに行くようになったのだが、この日は今まで食べた事の無い月見えび天そばミニねぎとろ丼セット”が”週末感謝価格”の500円で販売されていたので、それに釣られて食べに入ってみた
 
パチンコマルハン ごはんどき加古川店
こちらがまたまた行って来たパチンコマルハン加古川店に併設されている『ごはんどき/加古川店』で、このお店でも定期的に期間限定のメニューが登場するのだが、『かつや』や『松屋』と違って食べてみたいと思うようなメニューが登場する事は少ない・・・。が、以前の”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”の時の様に、何処かとコラボしたメニューの時は結構楽しげな商品が登場するので、中々目が離せないのだ。
 
ごはんどき月見えび天そば冷ミニねぎとろ丼セットのメニュー
そしてこちらがこの時に週末感謝価格で販売されていた”月見えび天そばミニねぎとろ丼セット”のフェアメニューで、ご覧の通り通常販売価格880円の処、今回は限定20食ながらこの日はワンコイン500円で販売されるとの事。何と無く内容的にこれと言った面白味が無いので最初は食べようかどうか思案したのだが、折角食べに来たし500円のランチだと思えば確かに安いし・・・と思い直し今回も食べてみる事に決定!!!
 
ごはんどき月見えび天そば冷ミニねぎとろ丼セット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”月見えび天そばミニねぎとろ丼セット”のセットで、その他に以前貰ったサービス券を利用して一品追加した”唐揚げ”が付いて、お値段は通常税込価格880円の処、今回も週末感謝価格でワンコインの税込価格500円也。ちなみに内容的に若者よりも年配客が好みそうな事もあってか、この日は年配客が多かったような印象・・・。ま、偶々だったのかも知れないが・・・。
 
ごはんどき月見えび天そば
そしてこちらがメイン料理の”月見えび天そば”で、個人的には冷たい蕎麦よりもお出汁に浸かっているタイプの方が好きなのだが、お店の方の話ではこの日のイベントは冷のみとの事。で、ご覧の通り冷たい出汁に浸かったぶっかけタイプのそばに、えび天と玉子がトッピングされたシンプルな内容で、白身部分がとろろっぽい見た目だが、何かの技?を使ってこのようなふわっとした卵白にしているようだ。ま、味的には大体見た目で想像した通り、これと言った特徴の無い素朴な味ではあったが普通に美味しかった
 
ごはんどき月見えび天そば冷ミニねぎとろ丼セット
そしてこちらは”月見えび天そばミニねぎとろ丼セット”のもう一つの主役である”ミニねぎとろ丼”で、ご覧の通り白いご飯の上に鮪の中落ち?っぽい物を乗せ、その上からネギやら海苔をトッピングしたようなシンプルな丼で、それに添付の山葵と醤油を加えて食べると大きなインパクトも無いが普通にウマい!何ならこちらがフルサイズで”月見えび天そば”がミニサイズでも良かった気がする・・・。
 
ごはんどき月見えび天そば冷ミニねぎとろ丼セット
ちなみにこちらは”月見えび天そばミニねぎとろ丼セット”とセットで注文した”唐揚げ”で、先にも書いたようにこちらは以前訪問時に貰ったサービス券を利用したのだが、実はこの手のサービス券は以前にも何度か貰った事があった。しかし毎回そんな事をすっかり忘れてしまい一度も使った事が無かったのを今回は食券を渡した後にふと思い出して財布の中を探したらそのサービス券があったので、それを利用したのであった!それはさて置き、私がこの『ごはんどき』で”唐揚げ”を食べるのは以前に”唐マヨ丼”を食べた時以来なのだが、こちらはご覧の通りの至って普通の”唐揚げ”だったかな・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みのパチンコマルハン加古川店に併設されている飯屋『ごはんどき』で、週末感謝価格で通常価格880円がワンコイン500円の”月見えび天そばミニねぎとろ丼セット”を食べてみたのだが、内容的にはどれも想像していた通りでこれと言った特徴は何一つ無いに等しかったが、値段を考えるとこれはこれで十分なランチだったと思う・・・。

2019年12月8日

毎度お馴染みのパチンコマルハンの中にある飯屋さんで週末感謝価格500円の”豚すたみな丼”を食べてみた!以前の”伝説のすた丼屋監修すたみな丼”とは違うが中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
以前は”日本全国ご当地味めぐり”や”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”に釣られて結構な割合で食べに行っていたパチンコマルハン加古川店の中にある『ごはんどき』と言う飯屋さんであるが、最近は近くにあるミクちゃんガイアに行く方が増えた?ので全然食べに行って無かった。が、昨年末頃から”週末感謝価格”と言うキャンペーンが始まったので、それに釣られて”生姜焼き定食”とか”カツ丼”とか”カツカレー”等毎月の如く食べに行くようになったのだが、この日は今まで食べた事の無い豚すたみな丼”が”週末感謝価格”の500円で販売されていたので、それに釣られて食べに入ってみた
 
パチンコマルハン ごはんどき加古川店
こちらがまたまた行って来たパチンコマルハン加古川店に併設されている『ごはんどき/加古川店』で、このお店でも定期的に期間限定のメニューが登場するのだが、『かつや』や『松屋』と違って食べてみたいと思うようなメニューが登場する事は少ない・・・。が、以前の”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”の時の様に、何処かとコラボしたメニューの時は結構楽しげな商品が登場するので、中々目が離せないのだ。
 
ごはんどき豚すたみな丼フェアメニュー
そしてこちらがこの時に週末感謝価格で販売されていた”豚すたみな丼”のフェアメニューで、通常は”豚すたみな丼”750円、”【肉1.5倍!】豚すたみな丼 肉大盛”950円、”ごはん大盛・肉2倍!】豚すたみな丼 ガツ盛”1050円の3種類販売されているのだが、今回は”【肉1.5倍!】豚すたみな丼 肉大盛”950円が限定20食ながらこの日はワンコイン500円で販売されるとの事。偶に”ラーメン屋さん等でこの手のスタミナ丼”がメニューにあった時は良く食べている事もあり、それらとの比較の意味も兼ねて今回も食べてみる事に決定!!!
 
ごはんどき豚すたみな丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”【肉1.5倍!】豚すたみな丼 肉大盛”で、別途”豚すたみな丼”にトッピングする”生卵”が入った小鉢と”味噌汁と漬物”が付いて通常税込価格950円の処、今回は週末感謝価格でワンコインの税込価格500円也。偶に週末感謝価格で食べる大人気の”ステーキ丼”の時と違い、今回は豚肉だしそもそも年配客にはスタミナ系は不人気なのか、何時もよりも売れ行きは悪いような雰囲気だった・・・。
 
ごはんどき豚すたみな丼
そしてこちらがメイン料理の”豚すたみな丼”で、そう言えば以前にもこの『ごはんどき』で”TVで紹介された話題店とのコラボ”企画で、”伝説のすた丼屋監修 すたみな丼”や”すたみな丼&Wローストビーフ丼のあい盛り”を食べた事があるが、パッと見た感じはそれともまた全然違う印象だ。ちなみに商品説明に寄ると”ごまと青ネギをアクセントに、ニンニクを効かせた醤油だれが豚肉によくからみ、旨さガッツリ食欲をそそります”との事。ちなみに肉大盛なのだが、多いかどうか若干微妙な気が・・・てか以前食べた”十勝風 豚丼 肉大盛”の方が圧倒的にボリューム感があったような・・・。
 
ごはんどき豚すたみな丼
それはさて置き、商品説明には”別添えの玉子をかければ、まろやかな味わいに”と書いてあったので、”豚すたみな丼”に卵黄だけをトッピングして食べてみると、若干醤油ダレが辛い位でニンニク風味も強烈だが、その後に卵黄を潰して豚肉に絡めて食べると確かにまろやかな味わいに変化して中々ウマかった
 
ごはんどき豚すたみな丼
ちなみにこちらは”豚すたみな丼”に付いていた味噌汁で、当然の如く何時ものこのお店の味そのまんまだ。それと以前だと丼や定食に私の好きな”かつやの割干大根漬”っぽい漬物が付いて来ていたのだが、この日も残念ながら至って普通の柴漬けだった・・・。個人的に”壷漬け風の漬物”の方が好きなんだけど・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みのパチンコマルハンに併設されている飯屋『ごはんどき』で、週末感謝価格ワンコイン500円で販売されていた”【肉1.5倍!】豚すたみな丼 肉大盛”を食べてみたのだが、若干醤油ダレの味が私には辛い位ではあったが卵黄のおかげもあって全体的には中々ウマかった!ま、好みの点では以前食べた”伝説のすた丼屋監修 すたみな丼”とか”すたみな丼&Wローストビーフ丼のあい盛り”の方が好きだが、例えば”吉野家の豚スタミナ丼”等と比べると今回はワンコイン500円だったのでコストパフォーマンスは高いので、またこの”【肉1.5倍!】豚すたみな丼 肉大盛”が週末感謝価格ワンコイン500円で販売されていたら食べてみたいと思う!

2019年11月30日

毎度お馴染みの”天丼・天ぷら本舗さん天”で期間限定の”秋刀魚ときのこの天丼”を食べてみた!やっぱ秋刀魚は焼いて食べる方がジューシーで美味しいかな?

Filed under: — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
此処最近、何と無く”天丼”を食べる機会が増えて来た気がするのだが、その中の一つに2017年3月21日に明幹二子東交差点西近くにオープンした『天丼・天ぷら本舗 さん天/播磨町店』がある。で、初めて行った時はプレオープン期間と言う事でメニューは”海老天丼、天ぷら定食、海老天ぷらうどん”の3種類しか無かったのと、2回目に行った時に私の好きな”鶏天”が入った”鶏親子天丼”を食べた事もあって、これで当分の間食べに行く事も無いかな?と思っていたのだが、その後からは期間限定のメニューが登場するので定期的に食べに行くようになった。そんな『天丼・天ぷら本舗 さん天』から以前登場した時は食べなかった”秋刀魚ときのこの天丼”がまたまた登場したので、それに釣られて食べに行ってみた。
 
天丼・天ぷら本舗 さん天播磨町店
こちらがまたまた行って来た『天丼・天ぷら本舗 さん天/播磨町店』で、以前にも書いたがこのお店は”しゃぶしゃぶ食べ放題”で有名な『和食さと』でお馴染みのサトレストランシステムズが運営している”天丼が390円”と言う安さがウリのチェーン店だ。で、このお店でも毎度お馴染みの『カツ丼チェーン店のかつや』と同じように、定期的に期間限定のフェア丼が登場するので中々目が離せない
 
天丼・天ぷら本舗さん天秋刀魚ときのこの天丼のメニュー
そしてこちらが『天丼・天ぷら本舗 さん天』で、この時に開催されていた”秋刀魚ときのこの天丼”のメニューで、ご覧の通り”秋刀魚ときのこ”を使用した”柚子香る秋の旬たっぷり天丼”との事。昨年ライバルチェーン店の『揚げ天まる』から”秋刀魚の天ぷら”を使った天丼が登場した時はパスしたのだが、今回は手元に”選んで一品無料券”があった事や何と無く”秋刀魚の天ぷら”がどんな物か食べたくなったので、取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
天丼・天ぷら本舗さん天秋刀魚ときのこの天丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”秋刀魚ときのこの天丼と今回も”選んで一品無料券”を利用して頼んだ”焼バラ海苔のみそ汁”で、お値段は”秋刀魚ときのこの天丼”代のみとなり税込価格690円也。定番の”海老天”が入っているとは言えメインの天ぷらが”秋刀魚天”なので、この値段が安いのか高いのか中々判断が難しい・・・。
 
天丼・天ぷら本舗さん天柚子香る 秋刀魚ときのこの天丼
そしてこちらがメインの”柚子香る 秋刀魚ときのこの天丼”で、実物を間の辺りにする迄は夏定番の”活〆真穴子と海老の天丼”の様に秋刀魚一匹使った天ぷらがどーんと乗った天丼をイメージしていたのだが、ご覧の通りパッと見ただけでは”秋刀魚の天ぷら”がどれか判らん様な・・・。ちなみに商品説明に寄ると”北海道産秋刀魚・海老・舞茸・肉厚しいたけ・さつま芋レンコンオクラと7種類の天ぷらをのせた彩り豊かな丼です。秋刀魚の天ぷらの香ばしさ、さつま芋のやさしい甘み、肉厚しいたけの食感とぎゅっと噛むと広がる旨味。そして、天ぷらの下に隠された柚子がふんわりと香ります”との事。確かに”秋刀魚天”は入っているが”きのこの天丼”とも謳っているなあ・・・。
 
天丼・天ぷら本舗さん天秋刀魚ときのこの天丼
それはさて置き、こちらが”秋刀魚ときのこの天丼”の中に入っていた”秋刀魚の天ぷら”で、先にも書いた様に”天然真穴子の一本揚げ”とは違いどうやらハーフサイズのようで、当然の如く味は”秋刀魚”だが個人的に魚がそれ程好きと言う訳では無いのでやっぱ”焼いた秋刀魚”の方が美味しいような・・・。と言うのか、どちらかと言うと天丼の魚の具として良くある”キスの天ぷら”の方が天丼には合っている気がする・・・(とは言え”キス天”は余り好きでは無いけど・・・)。
 
天丼・天ぷら本舗さん天秋刀魚ときのこの天丼
ちなみにこちらは”秋刀魚ときのこの天丼”に入っていた”きのこ天”・・・では無く”野菜天”の”レンコン”と”さつま芋”で、特にこの右側にある”さつま芋”は若かりし頃に家で天ぷらを揚げる時は必ずあった事もあってか、そんな懐かしさが加わってメチャウマい!このお店の天丼では結構な割合で”さつま芋”が入っている事が多いが、他のお店の天丼では余り見掛けないのでそう言った点でもこのお店は好きかも・・・。
 
天丼・天ぷら本舗さん天秋刀魚ときのこの天丼
最後に・・・、こちらは以前食べに来た時に貰った選んで一品無料券”を利用して注文した”焼バラ海苔のみそ汁”で、その名の如く”焼バラ海苔”がたっぷりと入ったシンプルな味噌汁ながら、これが中々ウマい!似たような味噌汁に沖縄名物の”アーサー汁”とか”あおさ汁”があるが、やっぱ”焼バラ海苔のみそ汁”の方が私は好きかな。
 
てな事で、毎度お馴染みの『天丼・天ぷら本舗 さん天』で今回は期間限定の”秋刀魚ときのこの天丼”を食べてみたのだが、天丼としては普通に美味しいのだが一番肝心の”秋刀魚の天ぷら”は予想通り?私の好みの味とは少し違ったかな。てか、本文で書いた様にやっぱ秋刀魚は焼いて食べる方がジューシーさもあって美味しい気がする・・・。

2019年11月28日

毎度お馴染みになりつつある”からあげ専門店から好し”で以前食べたら味が無い様に感じた”桜姫鶏の親子丼”を再び食べてみた!確かに薄いがしっかり味はあった!

Filed under: — 代理人 @ 9:42 PM
 
代理人記録
 
2019年6月24日、明姫幹線中野交差点近くにオープンした『から揚げ専門店 から好し/加古川平岡店』は当然の如く?”から揚げ定食”がメインながらそれ以外にも色々と商品があり、オープン初日から7日間限定で尚且つ商品の種類も限定ながらOPEN記念特別価格で販売されていたので”から好し定食(ももから揚げ6個)”と”秘伝のタレ 甘とろダレ丼”を食べ、通常メニューの販売開始後は”九州産 桜姫鶏の親子丼”やら”黒コクから揚げカレー”を食べに行ったりしたのだが、前回の訪問時に100円の割引券を貰ったのでそれを使って”合盛り定食(ももから揚げ2個、ヤンニョムチキン2個)”を食べたらまたまた100円の割引券を貰った。が、その有効期限を見るとその時に使った物と全く同じの9月末までだったので折角ならば以前食べたらメチャ薄味だった”九州産 桜姫鶏の親子丼”の味チェックを兼ねてもう一度食べてみようと思いまたまた食べに行ってみた。
 
からあげ専門店 から好し加古川平岡店
こちらがまたまた行って来た『から揚げ専門店 から好し/加古川平岡店』で、お店がある場所は以前にも書いたように明姫幹線沿いに20年程前に『上海ドラゴン』と言うラーメン屋さんがあった場所(その後、もつ鍋のお店に何度もなっていたが1~2年前に閉店してからはずっと空き店舗だった)で、同じ敷地には今でも結構人気の『香住漁港 和平/加古川本店』がある。あるいは『くら寿司/加古川平岡店』から少しだけ東へ行った処・・・と言うのがもっとも判りやすいのかも知れない・・・。
 
からあげ専門店から好し九州産桜姫鶏の親子丼
そしてこちらが味のチェックをすべく再び食べた”九州産 桜姫鶏の親子丼” (ご飯大盛無料) で、お値段は通常税込価格691円の処、今回も前回訪問時に貰った割引券利用で100円引きとなって591円也。当然の如く今年の7月頃に食べた時と全く同じ内容の”九州産の桜姫鶏を使用したふわとろ食感の親子丼”で、早速味をチェックすべく食べてみると・・・、確かに薄味だが味付けを忘れたと言う程では無くちゃんと味があって普通に美味しい・・・。やっぱ以前にも書いた様に最近は『なか卯』で”味が濃い目の親子丼”を良く食べているので、この程度の味付けだと今の私にはメチャ薄味に感じたようだ・・・。
 
からあげ専門店から好し九州産桜姫鶏の親子丼
ちなみにこちらは”九州産 桜姫鶏の親子丼”に入っていた”九州産の桜姫鶏”の鶏肉で、こちらは前回と同様にとても柔らかくジューシーで中々ウマいのだが、最近『なか卯』に行った時に香ばしさのある”炭火で焼き上げた鶏のもも肉”を食べる機会が多かった事もあって、今となってはあの”炭火焼き親子丼”の方が美味しい気がする・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みになりつつある『から揚げ専門店 から好し』で貰った”100円の割引券”を使って以前食べたら調味料を入れ忘れたのでは?と思う位に味が無かった”九州産 桜姫鶏の親子丼”を再び食べて味をチェックしてみたのだが、確かに私にはメチャ薄味ながらしっかりと味は付いていた。やはり最近『なか卯』で”味が濃い目の親子丼”を食べる事が多かったので、どうもこの程度の味では満足出来なくなってしまっていたようだ・・・。それはさて置き、この日もまたまた”100円の割引券”を貰ったのでまた食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。
次のページ »

WordPress.com Blog.