義史のB型ワールド

2017年5月27日

毎度お馴染みの”かつや”で、”シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼”を食べてみた!思った程の辛さは無く、ちょっと濃い目の塩カツ丼みたいな感じで普通に美味しかった。

Filed under: — 代理人 @ 9:28 AM
 
代理人記録
 
例に寄って『かつや』の話題だけは早目にご紹介・・・。”100円の割引券”や、最近は毎月登場するフェア丼に釣られて月に一回は必ず食べに行っている、とんかつ・カツ丼チェーンの『かつや』であるが、思い返せば彼是と20年近くに渡って利用している事もあって、最近は年末感謝祭の時か、フェア丼が登場した時しか食べに行く事も無くなって来た。で、今月も2017年の第5弾のフェアで今迄食べた事の無い”シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼”が登場したのだが、個人的には”鰻重”を食べる時にも山椒を使わない事が多い程に余り得意では無いので、少し前に書いた様に今回はパスしようかと思いつつも、一番下に載っている次回の予告に釣られて”100円の割引券”の期限更新の為に食べに行ってみる事にした。
 
とんかつ・カツ丼チェーン かつや/明石二見店
こちらがまたまた行って来た『とんかつ・カツ丼チェーン かつや/明石二見店』で、個人的には阪神大震災で三宮界隈の映画館が全て閉館になった後、JR明石大久保駅南側に誕生したマイカルシネマズ明石(現イオンシネマ明石)へ映画を観に行く前後に利用してから、20年近くに渡って利用しているお店だ。で、この時も少し早目の時間帯の訪問だったのだが、既に先客が沢山居てこれまた何時もの私の指定席が占拠されてる・・・。とは言え、この日も後から入って来るお客さんは少なく、私が食事を終えてお店を出る頃は珍しく店内が閑散としていた様な・・・。どうやら正午前に一旦客がひく空白の時間帯があるようだ・・・。
 
かつやシビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼フェアメニュー
そしてこちらが2017年のフェア第5弾のメニューで、今回は”山椒と青ねぎ”を使った”シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼”との事。雰囲気的には冬の定番メニューである”青ねぎ味噌カツ丼”か、あるいはきっと今年の夏も登場するであろう”塩カツ丼”の青ねぎバージョンみたいな感じだが、今回は山椒を使ったソースらしい・・・。で、先にも書いたように山椒は余り好きでは無いので今回はパスしようかと思ったのだが、次回の予告を見ると”豚カツ”と”牛カツ”を使った”ビーフxポーク合盛りカツ丼”と”ビーフカツ丼”との事。内容的には以前の”牛カツ丼”のアレンジ版っぽい(しかしテリヤキソースらしい)が、こちらには興味津々・・・。更に”100円の割引券”が失効した場合の救済策である感謝祭も今回は無いようなので、何時もの如く”100円の割引券”の有効期限更新?の為に食べてみる事に決定!!!
 
かつやシビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼”で、値段は通常税込価格637円の処、今回も何時も通り”100円の割引券”利用で537円也。ご覧の通り冬の定番メニューである”青ねぎ味噌カツ丼”は味噌味ながら玉子とじになっているのだが、こちらは玉子とじでは無く千切りキャベツになっている(その分?何時も以上に青ねぎの量が多いような・・・)。ちなみに『かつや』の商品説明に寄ると”かつや自慢のロースカツ、たっぷり青ネギに特製の山椒ソースを使用した逸品。山椒のシビれと辛さでヤミツキ感のある商品に仕上げた”との事。で、そのお味であるが、ある程度覚悟をしていた事もあってか、思った程の山椒のシビれや辛さは無く、ちょっと濃い味の塩ダレ風味で期待をしていなかった事もあってか普通に食べれる・・・。とは言え定番の”カツ丼(梅)”や冬季限定の”青ねぎ味噌カツ丼”の方が遥かに美味しい気はしたが・・・。
 
かつやシビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼
ちなみに後日の参考の為に”シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼”を横から見た様子を紹介するとこんな感じで、今回は”80gのロースカツ”と言う事や、玉子とじになって無い分、豚カツが出汁を吸って膨張して無い事もあって丼鉢も通常サイズで当然の如くボリューム感も然程無い・・・。ま、前回食べた”ガツ盛り野菜のチキンカツ丼”みたいなボリューム満点の丼も、それはそれで後でお腹が苦しくなるのでちょっと考え物とも言えるのだが・・・。
 
かつやシビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼
そしてこちらは”シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼”のメインとも言える”かつや自慢のロースカツ”で、当然の如く揚げたて熱々で普通に美味しいのだが、流石に20年近くに渡って食べ続けている毎度お馴染みの味で、最近は特に何も感じ無くなって来たような・・・。そう言う意味で行くと、昨年末に姫路駅前にも誕生した『かつ丼・トンテキ専門店 豚屋とん一』の”熟成豚のかつ丼”の方が美味しい様な気もして来た・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『かつや』で次回のフェア丼の時の為に”100円の割引券”の有効期限の更新?の為に、2017年フェア第5弾の”シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼”を食べてみたのだが、期待をして無かった事もあって普通に美味しかった。とは言え、私同様に今回のフェア丼に魅力を感じるお客さんは少ないのか、後からやって来た10人近くの客の注文を聞いていてもこの”シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼”を頼んでいる客は誰一人として居なかった・・・(ま、数年前の”ハバネロメンチカツ丼”よりは遥かにマシな味だとは思ったが・・・)。私もブログの事を考えなかったら食べなかったかも知れない・・・。ちなみに、もしもまた”鮪カツ丼”とか”鱈カツ丼”が登場したとしても、流石の私も二度と食べる事は無いと思うが・・・。何れにしても次回のフェア丼の”ビーフカツ丼”が今から楽しみだ!

2017年5月21日

毎度お馴染みの”吉野家”に行ったら25日発売開始と予告されていた”ねぎ塩豚丼”が既に販売されていたので食べてみた!今年はすりおろし生姜つきなのが新しい・・・。

Filed under: — 代理人 @ 7:25 PM
 
代理人記録
 
相変わらず4月前半ごろの話が続いているので、今日は久々にメチャ新しいお話・・・。昨日紹介した様に毎度お馴染みの牛丼チェーンの『吉野家』で開催されていた”春の300円まつり!”に行ったら最終週の時に”丼(皿)・定食・カレー50円引きクーポン券”をくれた。とは言え、有効期限が一ヶ月しか無いので週に一回は食べに行かないと消化出来ない・・・。別途JAFから送られて来るチラシに付いている割引券もあるし・・・と思いつつ、日頃から50円の割引券から果ては5000円の割引券まで大事に使っている?私なので、せめてもう一枚だけ(未だ紹介して無いが、全国販売になった”黒カレー”を食べた)でも使っておこうと思い、またまた『吉野家』に行ってみた。
 
吉野家/250号線加古川店
こちらがまたまた行って来た『吉野家/250号線加古川店』で、この時は土曜日の丁度正午頃の訪問と言う事もあってか、店内のテーブル席はファミリー客で賑わっているのは当然として、お店前のドライブスルーにも車の列が出来ていた。そんな事もあって、何時もはお店に近づいてから撮るはずだった店舗の写真が撮れなかった・・・。ま、何時も紹介しているので、その内に店の写真はカットしようとは思っているのだが・・・。
 
吉野家ねぎ塩豚丼のメニュー
それはさて置き、この日は特に食べたい商品があった訳では無いので先ずはメニューを見てみると、5月25日から販売開始と予告されている”ねぎ塩豚丼”と”ねぎ塩牛カルビ丼”が何故か既に販売されている。ちなみに『吉野家』の案内に寄ると”「ねぎ塩豚丼」は2012年夏に販売して以来、 さっぱりとした「塩ダレ」の味つけが、ご好評をいただいてきた、吉野家夏の定番商品”との事なのだが、個人的に毎年この”ねぎ塩豚丼”を食べているので、ちょっと商品名が気になったので過去記事を見てみると2012年は”焼味ねぎ塩豚丼”で、翌年からは”ねぎ塩ロース豚丼”となり、昨年になって漸く”ねぎ塩豚丼”になったみたい・・・。それはさて置き、そんな事もあって毎年恒例の如く”ねぎ塩豚丼”を食べてみる事に決定!!!
 
吉野家ねぎ塩豚丼並盛
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ねぎ塩豚丼”の並盛で、お値段は通常税込価格450円の処、先にも書いた様に”春の300円まつり!”の時に貰った”丼(皿)・定食・カレー50円引きクーポン券”利用で50円引きの400円也。『吉野家』の商品説明に寄ると”今年の「ねぎ塩」は「すりおろし生姜」を 別添えしました。生姜の風味とピリッとした口当たりが「塩ダレ」で焼きあげた肉のうまさを、一層引き立てます”との事。そう言えば昨年は”レモンとオリーブオイルを合わせたオリジナルソース”が付いていたのだが、今年は”関西うま塩牛鍋膳”とか”牛カルビ生姜焼き丼”にも付いていた”すりおろし生姜”に変っている点が新しい・・・。きっと昨年の”オリジナルソース”は容器に入っていたので、その分無駄なコストがかかっていたから、今年はお手軽に小鉢に入れるように変えたのかも知れない・・・。
 
吉野家ねぎ塩豚丼並盛
そしてこちらが”ねぎ塩豚丼”の命とも言える”塩ダレ風味の豚肉”で、昨日も書いた様に最近も”スパイシーカレー豚丼”とか”四川麻婆豚丼”とか”豚スタミナ丼”等を食べて来たのだが、当然の如くそれらとは全く違う味わいだ。で、先に書いた様に”好評をいただいてきた、吉野家夏の定番商品”らしいのだが、個人的には濃い味好きと言う事もあって”豚スタミナ丼”の方が好きかも・・・。
 
吉野家ねぎ塩豚丼並盛
ちなみに折角なので食べてる途中から”すりおろし生姜”を”ねぎ塩豚丼”に加えて食べてみると、確かに何時もとは違う味わいがあって、これはこれで楽しかったかも知れない・・・。
 
てな事で、”春の300円まつり!”の時に貰った”丼(皿)・定食・カレー50円引きクーポン券”をせめてもう一枚だけでも使って置こうと思って、またまた『吉野家』に行ったら何故か25日から販売開始と予告されている”ねぎ塩豚丼”が既に販売されていたので食べてみたのだが、今年は”すりおろし生姜”が付いている点が新しい・・・。それはさて置き、もう一つの”ねぎ塩牛カルビ丼”は昨年登場した時に食べて無かったので、今度はJAFの割引券を使って食べてみたいと思う・・・。

2017年5月20日

毎度お馴染みの”吉野家”が”春の300 円まつり!”をやっていたので久々に”吉牛”と”新とん汁”を食べてみた!やっぱ牛丼は”吉野家”が一番好きな味だ!

Filed under: — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
今年の春から始まった毎月月末の金曜日は午後3時に退社しようと言うプレミアムフライデーに合わせて、毎度お馴染みの牛丼チェーンの『吉野家』から”牛豚 半丼(はんどん)”ってのが販売されて見たのだが、味的には何時もと同じながら一度に”牛丼”と”豚丼”の両方を食べる事が出来たので、それはそれで楽しかった。そんな事もあり3月末のプレミアムフライデーにはどんな商品が登場するのか楽しみにしていたのだが、特にこれと言ったアイデアが浮かばなかったのか、あるいは”牛豚 半丼”が余り売れなかったのでやる気を失ってしまったのか、特別な商品の販売では無く偶にやっている”春の牛丼祭”とか”今だけ牛丼並盛300円セール”に似た”春の300 円まつり!”をやると言う予告がされていたので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
吉野家春の300 円まつり!ポップ
ちなみに、こちらが”春の300 円まつり!”のポップで、その内容はと言うと毎週末の金曜日と土曜日は4週に渡って”牛丼”や”豚丼”や”明太子定食”が300円で食べれると言う内容なのだが、個人的に”豚丼”は復活してから偶に食べていて、最近も”スパイシーカレー豚丼”とか”四川麻婆豚丼”とか”豚スタミナ丼”を食べて来たので若干飽き気味・・・で、”明太子定食”に関しては個人的に明太子が苦手なので全く関心は無い・・・。って事で結局の処、第一弾と第四弾で毎度お馴染みの”牛丼”を食べただけであった。
 
吉野家/250号線加古川店
それはさて置き、こちらがまたまた行って来た牛丼チェーンの『吉野家/250号線加古川店』で、今回は久々に夕闇迫る時間帯の訪問だったのだが、意外とこんな時間でもそこそこのお客さんで賑わっていた。で、流石に”牛丼”だけではブログのネタにならないので、今回は今年の初めにリニューアルされてからは未だ食べて無かった新とん汁”をセットで食べてみる事に決定!!!
 
吉野家牛丼(並)と豚汁
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛丼(並)”と”とん汁”で、最初に書いた様にこの日は”春の300 円まつり!”で”牛丼(並)”のお値段は300円で、”とん汁”のお値段は190円なのだが、今回も50円引き券利用で合計税込金額は440円也。ライバルチェーンの『すき家』では”牛丼とん汁おしんこセット”がほぼ常時490円で販売されているので、その価格と比べると若干微妙ではあるが、『吉野家』で食べるセットメニューとしてはお安い方だと思う・・・。
 
吉野家牛丼(並)
それはさて置き、こちらがこの日に食べた”牛丼”の並で、相も変わらず月に一回は『吉野家』に来ているのだが、最近は”牛豚 半丼”とか”松茸牛丼”等を食べていた事もあって、素の状態の”牛丼”を食べるのは約1年ぶりの事だ。で、偶に書いている様に繁忙時間帯に食べに来るとご飯が炊きたて熱々の時に当るのだが、流石にそこまででは無い物の十分な温かさのご飯で、牛丼の具も何時も通りで中々ウマい!個人的には牛丼チェーン店の中では一番好きな味かな(偶に書いている様に、ゼンショー傘下に陥る前の『吉野家』のパチモンでオレンジ色の看板だった頃の”なか卯の牛丼”は結構好きだったんだけどなあ・・・)。
 
吉野家豚汁
そしてこちらが”牛丼”とセットで食べた”新とん汁”で、以前と何が違うのかと言うと”免疫力を高める効果が実証されている「シールド乳酸菌」(1食当たり100億個)を新しく加え、更に具も豚肉の他に、豆腐、6種の野菜(大根、人参、レンコン、ごぼう、サトイモ、青ネギ)を加え、具材が約8割増えた”らしい・・・。で、私が『吉野家』で”とん汁”を食べたのはブログの過去記事をみると2年位前の事なので、流石にどう変わっているのかはイマイチ判断は出来なかったが、ライバルチェーンで食べた”すき家のとん汁”、”松屋のとん汁”、”なか卯のとん汁”等と比べても何ら遜色の無い味で普通に美味しかった!
 
吉野家丼(皿)・定食・カレー50円引きクーポン券
最後に・・・第一弾で行った時には特に何もくれなかったのだが、最終回の第四弾の時は帰り際にこの様な4枚綴りの”丼(皿)・定食・カレー50円引きクーポン券”をくれた。偶に似た様な割引券が貰えるのだが、2枚ぐらいだったり、あるいは半分が漬物や汁物等のサイドメニューにしか使えない場合が多かったのだが、今回は4枚共が”丼(皿)・定食・カレー50円引きクーポン券”で使える割引券だ。とは言え、期間が5月21日までとメチャ短い・・・。結局、全国販売となった”黒カレー”を食べた時に使っただけで終わりそうな・・・。

2017年5月14日

毎度お馴染みの”丸亀製麺”の東加古川店で”カツ丼定食”を食べてみた!セット用なのか若干ミニサイズながら、半熟玉子がトロトロでメチャウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:48 PM
 
代理人記録
 
今や日本国中でその名を知らない人は居ないと言っても過言では無い全国に800店舗の数える讃岐うどんセルフチェーン店の『丸亀製麺』であるが、個人的には第一号店である『加古川店』が誕生した直後の、未だその一店舗しか無い頃から食べに行っている馴染のお店と言う事もあって、基本的には『加古川店』にしか食べに行く事が無い(距離的に近いと言うのが最大の要因ではあるが・・・)。が、以前に国道2号線沿いにある『東加古川店』に行ったら、未だその時は『加古川店』のメニューの中には無かった”親子丼”があったので、思わず食べてしまったのだが(念の為に書くと今は『加古川店』でも提供販売されている)、遂最近『東加古川店』のお店の前を通ると何やら一部で話題となった?”カツ丼”が販売されているようだったので、これも何かのご縁と思い食べに入ってみた。
 
釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/東加古川店
こちらが久々に行って来た国道2号線加古川新在家交差点の直ぐ近くにある『釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/東加古川店』で、このお店が誕生したのは私が良く『新在家ラーメンもんど』の”裏限定ラーメン”を食べに行っていた頃なのだが、先にも書いた様に個人的に『加古川店』への愛着?が強い事もあったし、その頃は既に全国のあちらこちらに支店が出来ていたので特に意識もしなかったので、何時出来たのか記憶すら無い・・・。もしもこれがラーメンチェーン店であったならば、一応はチェックして記録で残して置いたとは思うのだが・・・。
 
丸亀製麺カツ丼定食のメニュー
それはさて置き、こちらが『丸亀製麺』でも登場した”カツ丼定食”のメニューで、流石に”丸亀製麺のうどん”は食べ飽きて来た感があったので、以前に”親子丼”を食べた時と同じく単品で良い・・・と思ったのだが、このメニューの中に”カツ丼”単品のメニューが見当たらない・・・。それはきっと、うどんとセットで食べるサイズでしか無いのかも?と言う事で、取り敢えず季節的にもピッタシな”ぶっかけうどん”とのセットで食べる事に決定!!!
 
丸亀製麺カツ丼定食
ちなみに以前に『丸亀製麺』で食べた”牛すき釜玉”とか”牛すき鍋うどん”は出来上がってから席まで運んで来てくれたのだが、”カツ丼”に関しては”親子丼”の時と同様にレジ手前のコーナーで目の前で作ってくれる・・・と言うスタイルだ。ちなみに私同様にこの”カツ丼”に心惹かれる物があるのか?前の客も後から来た客もみんなこの”カツ丼定食”を頼んでいた・・・。そんなに”カツ丼”が人気ならば、加古川近辺にも姉妹店の『かつ丼・トンテキ専門店 豚屋とん一』を作って欲しい・・・と言う気がしたのだが・・・(ちなみに直ぐ近くにあった姉妹店の『自家製麺醤油ラーメン 丸醤屋』が閉店したので、もしかするとその跡地に・・・)。
 
丸亀製麺カツ丼定食(ぶっかけうどん)
それはさて置き、こちらが実際にこの日食べた”カツ丼定食”で、メインの”カツ丼”と”ぶっかけうどん”がセットになってお値段は税込価格780円也。予想していた通り?セットの”ぶっかけうどん”の並盛と比べてみると判る様に”カツ丼”は所謂世間一般で言う処のミニ丼サイズのようだ。もしかすると”カツ丼”を目一杯食べたい時には姉妹店の『かつ丼・トンテキ専門店 豚屋とん一』へ行ってくれ!って事なのかも知れない・・・。
 
丸亀製麺カツ丼定食(ぶっかけうどん)
そしてこちらが『丸亀製麺』で初めて食べる”カツ丼”で、先にも書いた様に何となくミニサイズっぽいので雰囲気的には毎度お馴染みの”かつやのカツ丼(梅)”よりもカツの大きさも小さい気がする。が、流石に”うどん専門店”と言う事もあって丼のかえしにも拘りがあるのか、あるいは玉子の半熟加減や適度に入った玉ねぎの旨味もあってかメチャウマい!同時に食べた訳では無いので姉妹店の『豚屋とん一』で食べた”熟成豚のかつ丼”とか、毎度お馴染みの”かつやのカツ丼”との違いは定かでは無いが、この味ならばぜひまた食べてみたいと思った!
 
丸亀製麺カツ丼定食(ぶっかけうどん)
ちなみに”カツ丼”の命とも言えるトンカツの断面を見るとこんな感じで、偶々かも知れないが豚肉的には姉妹店の『豚屋とん一』とか毎度お馴染みの『かつや』の豚肉の方が分厚さがあるように思ったが、玉子とじとか出汁の味加減もあって、それらに負けない程のウマさがあった気はする・・・。
 
丸亀製麺カツ丼定食(ぶっかけうどん)
そしてこちらは”カツ丼定食”のセットで選んだ”ぶっかけうどん”で、最初に手渡された時は素の状態だったのだが、レジ前のコーナーで”カツ丼”が出来上がるのを待っている間にセルフコーナーへ行って天かすやネギをトッピングして来たのだった。で、食べている途中に生姜を入れるの忘れた事に気付いたのだが、それだけの為に席を立つのも面倒だと思ったので、今回は生姜無しで食べたのだった。
 
丸亀製麺カツ丼定食(ぶっかけうどん)
最後に・・・、最初に書いた様に今や日本全国でその名を知らない人は居ないであろう丸亀製麺』なので、今更特に紹介する程の事も無いのだが、この日食べた”ぶっかけうどん”も当然の如く、お店ご自慢の”厳選した北海道産小麦と水と塩のみを使って店内製麺し、製麺所であることにこだわってきた”と言う麺であった。
 
てな事で、毎度お馴染みの『丸亀製麺』で最近も”あさりうどん”や”牛とろ玉うどん”等が販売されていたのだが、個人的にはそれらは余り好みでは無いので食べに行かず、その代わりに『東加古川店』にあった”カツ丼定食”を食べてみたのだが、どんつゆ?と言うのか、かえし?の出汁自体の味が私好みと言う事もあってメチャ美味しかった!とは言え個人的な思いで言うと『丸亀製麺』で”カツ丼”を食べるよりも、加古川近辺にも『かつ丼・トンテキ専門店 豚屋とん一』を作って欲しい・・・と言う気がする・・・。

毎度お馴染みの”かつや”の次回のフェア丼は”シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼”らしい・・・。

Filed under: — 代理人 @ 8:28 AM
 
代理人記録
 
毎度お馴染みの”とんかつ・カツ丼チェーン”の”かつや”の公式サイトのお品書きを見ると次回のフェア丼の予告が載っていた・・・。
 
かつやシビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼予告
 
それに寄ると次回は5月26日からで”シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼”らしい・・・。
 
今回はちょっとパスしたい様な・・・。

2017年5月13日

久々に行った”じゅうじゅうカルビ”でランチ限定の”牛カルビ焼肉丼”を食べてみた!黒カレーも食べ放題でお得感はあったが、自分で焼くのがちょっと面倒・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理, — 代理人 @ 10:29 PM
 
代理人記録
 
今から1年半位前、毎回100円以上の割引があるお得な”ランチ専用スタンプカード”に釣られて結構な回数食べに行っていた『じゅうじゅうカルビ/加古川尾上店』であるが、その反動もあって”ランチ専用スタンプカード”が終了してからは全然食べに行って無かった。が、お店の前は週に2~3回位は通っているので自ずと目に入って来るのだが、少し前に店前を通ると”焼肉丼”と書かれた幟が立っていた。少し前に『ステーキけん』で”ステーキ丼”を食べた事もあって、こちらの”焼肉丼”も気になって仕方が無い・・・。って事で、その数日後に食べに行ってみた。
 
じゅうじゅうカルビ/加古川尾上店
こちらが久々に行って来た『じゅうじゅうカルビ/加古川尾上店』で、2年位前の年末に食べに来た時は店内は満席で超大賑わいしていたのだが、この日は何と何と先客は1組居るだけ・・・。てか、最近このお店の前を通っても余り駐車場に車が停まって無いなあ・・・とは思っていたのだが・・・。そう言う私も一時期はお得な”ランチ専用スタンプカード”に釣られて良く食べに来ていたが、その”ランチ専用スタンプカード”が無くなって以来ご無沙汰していて約1年ぶりの訪問だ。ま、その間これと言って楽しげな期間限定メニューが登場しなかった・・・と言う事もあるのだけど・・・。
 
じゅうじゅうカルビ/加古川尾上店
ちなみに入店時に禁煙席か喫煙席かを聞かれたので禁煙席を希望すると、この様なトイレの真ん前&厨房の出入り口近くの席に案内された・・・。お店が混んでいる時であれば仕方が無いと思うが、先客が1組しか居ない店内でこれはちょっと酷い気が・・・(何年か前に管理人さんや30番さんらと加古川駅前で飲み歩いた時にも似た様な事があった・・・?)。私の大好きだった海外ドラマ『刑事コロンボ』の”別れのワイン”の回に登場した犯人のワインソムリの様に、席に案内された時に”何だこの席は・・・”と言って帰ろうか?とも思ったのだが、それも大人げ無いしと思いじっと我慢・・・。でも今度行ってこの席に案内されたら、前回うんぬん・・・みたいな話をして席を変えて貰おうと思う・・・。てか、みんな『刑事コロンボ』を見て色々と勉強をすれば良いのにねえ・・・。偶にTVで話題になる宴会時の上座や下座の位置も理解出来るようになると思うのだが・・・。
 
じゅうじゅうカルビ牛カルビ焼肉丼のメニュー
閑話休題(こんな使い方で良かったんだっけ?)、こちらが店内に置いてあった”焼肉丼”のメニューで、お店の前に立ててあった幟を見た時は深く考えていなかったのだが、ご覧の通り”牛カルビ焼肉丼”と”豚カルビ焼肉丼”の2種類があって、更にちょっと食べてみたくなった”ローストビーフ丼”なんてもある・・・。で、メニューを見ると自分で焼いて・・・みたいな事が書いてあったので、ちょっと躊躇したのだが、折角なので”牛カルビ焼肉丼”を食べてみる事に決定!!!
 
じゅうじゅうカルビ牛カルビ焼肉丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛カルビ焼肉丼”のセットで、ご覧の様に自分で焼く”牛カルビ肉”のお重の他に、刻み海苔とネギやトッピングされたライス、それにランチサラダとセルフで入れて来たスープ等がセットになってお値段は税込価格853円也。ちなみに、以前から紹介している様にこのお店には”食べ放題の黒カレー”やスープバー等が付いているのだが、この”焼肉丼”に関しては値段が790円以上の料理を注文した場合のみの制限付き・・・。でも、接客したスタッフのネエチャンはそれを良く把握して無かった様で、私が改めてメニューを指さして確認させる羽目になった・・・。アルバイターとは言え、もうちょっと真剣に仕事して欲しい・・・みたいな・・・。
 
じゅうじゅうカルビ牛カルビ焼肉丼
それはさて置き、こちらが”牛カルビ焼肉丼”の命とも言える”牛カルビ肉”で、実物を目の当たりにする迄は特に意識はしてなかったのだが、あらためてメニューを確認するとシングル、ダブル、トリプルとなっていて、今回私が頼んだのはダブルだったので、どうやらお重が2段になっているようだ。ちなみにメニューの写真に載っているテンコ盛りの”焼肉丼”はトリプルらしい・・・。
 
じゅうじゅうカルビ牛カルビ焼肉丼
で、こちらが”牛カルビ肉”のお重を並べた様子で、雰囲気的には以前食べた”炙り焼きカルビ”のお肉に似ているが、これまた何時も通りの冷凍された肉をスライスして直ぐに出して来た様なルイベ状態のお肉で、その上から味付け用のタレがかかっていて、雰囲気的には味付けはこれだけの様な・・・。
 
じゅうじゅうカルビ牛カルビ焼肉丼
そしてこちらがその”牛カルビ肉”を焼いている様子で、最初は数枚ずつ丁寧に焼いていたのだが、それだと何時もの焼肉定食?みたいな感じで折角のダイナミックな”焼肉丼”が出来ない・・・。って事で、この後一気に全ての”牛カルビ肉”を焼く事に決定!!!
 
じゅうじゅうカルビ牛カルビ焼肉丼
で、焼けた”牛カルビ肉”を御飯の上にトッピングして完成したのがこちらの”牛カルビ焼肉丼”で、流石に肉の量がダブルと言う事もあってメニューに載っている写真程のダイナミックさは無いが、中々ウマそうだ!それは兎も角、御飯が冷めない内に・・・(でも御飯は最初から冷めていた気もするが・・・)と思って適当に肉を焼いたので若干赤みな部分も残っているが、その分お肉も柔らかく何時も食べ慣れたタレ味と言う事もあって普通にウマい
 
じゅうじゅうカルビ牛カルビ焼肉丼
で、”牛カルビ焼肉丼”を半分程食べた時点で、折角なのでセルフコーナーに行って何時もの”牛すじ入り黒カレー”とお替りのスープを入れて来た。ちなみにライスも食べ放題なのだが、”牛カルビ焼肉丼”の御飯だけでも結構な量があったし肉やカレーの分量を考えるとライスまで食べると食べ過ぎになる様な気がしたので今回は自重・・・。それとこのお店のスープバーは常時2種類あるので、その手はライバルチェーン?の『ステーキけん』より有難い点かも知れない・・・。
 
じゅうじゅうカルビ牛カルビ焼肉丼
それはさて置き、早速”牛すじ入り黒カレー”を”牛カルビ焼肉丼”の上に掛けてみた様子がこちらで、ご覧の様に”黒カレー”自体にも肉やジャガイモ等の具が沢山入っているのでご覧の通り結構なボリュームになって来た。で、当然の如く”焼肉カレー”風の味わいで、何時も似た様な感じで食べるのだが、ちょっと違った味わいがあってこれはこれで中々美味しかった
 
じゅうじゅうカルビ牛カルビ焼肉丼じゅうじゅうカルビ牛カルビ焼肉丼
ちなみにこちらは”牛カルビ焼肉丼”に付いていたランチサラダとデザートの杏仁豆腐で、気持ち的にはデザートよりもキムチの方が良かった思いは残るが、どちらも以前から何度か食べた事のあるお馴染みの味で普通に美味しかった!そう言えば、私は結構な回数このお店に食べに来ているが、未だかつてサラダバーを頼んだ事が無いような・・・。
 
てな事で、『じゅうじゅうカルビ/加古川尾上店』のお店の前に”焼肉丼”の幟が立っていたので、それに釣られて久々に食べに入ったのだが、味的には何時もの焼肉のタレそのまんまの味で普通に美味しかったのだが、やっぱ自分で焼いて食べるのは面倒だし、その間にご飯も冷めてしまうからなあ(最初から冷めたご飯だった気もするが・・・)。やっぱお店の方で調理した物を食べさせてくれた方が個人的には嬉しいかも・・・。そんな事もあって”ローストビーフ丼”も食べてみたい気はするのだが、案内される席で気分を害するのも嫌だしなあ・・・。

2017年5月10日

久々にパチンコマルハンの中にある飯屋さんに行ったら半額セールをやっていたので”カツ丼”を食べてみた!味噌汁も付いてこの値段は確かにお得だ!

Filed under: — 代理人 @ 9:48 PM
 
代理人記録
 
以前は”日本全国ご当地味めぐり”や”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”に釣られて結構な割合で食べに行っていたパチンコマルハン加古川店の中にある『ごはんどき』と言う飯屋さんであるが、最近は近くにあるミクちゃんガイアに行く方が増えた?ので全然食べに行って無い。が、相変わらず同じ敷地内にある『濃厚醤油中華そば いせや』には数か月に一回程度の割合で食べに行っているので、その度にお店の前を通るのだが、この日も近くの電気屋さんへ行った序に様子を見に行ってみると半額キャンペーンをやっていたので、久々に食べに入ってみる事にした。
 
ごはんどき・エムズ キッチン/加古川店
こちらが久々に行って来たパチンコマルハン加古川店の一角にある『ごはんどき・エムズ キッチン/加古川店』で、この日は正午近くの時間帯の訪問と言う事に加え半額キャンペーンをやっている事もあってか既に店内は大賑わい!当然、後からも続々とお客さんが入って来て常時満席状態が続く程の賑わいだった
 
ごはんどき・エムズキッチン人気メニュー半額キャンペーンごはんどき・エムズキッチン人気メニュー半額キャンペーン
そしてこちらがこの時に開催されていた半額キャンペーンのメニューで、ご覧の様に以前と同様の”カツ丼”や”カツカレー”に加え、他にも最近登場した”ガツ盛りステーキ丼”とか”焼肉カルビ丼ガツ盛り”等も半額になっていて、特に”ガツ盛りステーキ丼”の方は通常価格1480円の物が700円で食べれるらしいのでメチャお得だ!で、何時もの私であれば割引金額に釣られて”ガツ盛りステーキ丼”を食べてしまう処ではあるが、この時は前日の宴会疲れで余り食欲が無い。それに以前にこのお店で”松阪牛の焼き牛丼”や”鹿児島県産 黒毛和牛カルビ丼”や”飛騨牛のステーキ丼”を食べた私が言うのも何だが、肉質に期待出来ないし2枚や2倍や大盛りごはんも不要・・・って事で素直に”カツ丼”を食べる事に決定!!!
 
ごはんどき・エムズキッチンカツ丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”カツ丼”で、通常税込価格750円の処、半額キャンペーンで370円也。味噌汁が付いているとは言え、毎度お馴染みの『かつや』で”100円の割引券”を利用すると何時でも429円で食べれると思うと何と無く微妙・・・てか、通常価格ならきっと食べる事は無いかも知れない・・・。
 
ごはんどき・エムズキッチンカツ丼
それはさて置き、こちらがメインの”カツ丼”で、この日は半額キャンペーンで客がわんさかとやって来る事を想定した揚げ置きタイプの”トンカツ”ではあるが、玉子とじで熱が加わったのか結構熱々で、出汁の味もオーソドックスながら普通にウマい!好みの点で言うと流石に食べ慣れた”かつやのカツ丼”の方が美味しい気はするが、偶に違う味の”カツ丼”が食べくなった時には丁度良いかも知れない・・・。
 
ごはんどき・エムズキッチンカツ丼
ちなみに”カツ丼”にトッピングされていた”トンカツ”の断面はこんな感じで、これまたどうしても無意識の内に『かつや』の”ロースカツ”と比べてしまうのだが、流石に比べるまでも無く・・・と言う位に差があるような印象の”トンカツ”だったかな・・・。
 
ごはんどき・エムズキッチンカツ丼ごはんどき・エムズキッチンカツ丼
ちなみにこちらは”カツ丼”に付いていた味噌汁漬物で、味噌汁は以前に食べていた物と全く同じだが、漬物の方は以前はタクアンやしば漬けみたいな物だったのが、今回は何と無く”かつやの割干大根漬”に似た感じの壷漬けっぽい漬物で、普通にウマい!偶々この日だけか、あるいは普通の定食を食べてもこの漬物が付いて来るのかは定かでは無いが、ある意味この日食べた料理の中で一番印象に残った様な・・・。
 
てな事で、久々にパチンコマルハンの中にある『ごはんどき・エムズ キッチン/加古川店』に行くと半額キャンペーンをやっていたので、これまた久々に”カツ丼”を食べてみたのだが、値段の安さも加わってか普通に美味しいカツ丼”だった。とは言え内容的に面白味も無かったので、また何時ぞやのような”日本全国ご当地味めぐり”や”TRY受賞店ラーメンフェア”等をやって欲しい気がする・・・。

2017年5月6日

久々に行った”ステーキ けん”でランチタイム30食限定の”ステーキ丼”を食べてみた!スープもサラダも付いて無いのが寂しいがお肉自体は柔らかく中々ウマい!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
7年位前に山電別府駅近く・・・と言うのかイトーヨーカドー加古川店の直ぐ近くに誕生した『ステーキハンバーグ&サラダバー けん』で偶に”けんの日”と題されたお得なサービスデーに釣られて食べに行ったり、あるいはその後にオープン&閉店した『加古川米田店』にはランチを食べに行ったりしていたのだが、最近は少し食べ飽きたのとお得感も薄れてしまったので全然行かなくなっていた。が、お店の前だけは結構な割合通るので自然と目に入ってしまうのだが、少し前にお店の前を通ると”ステーキ丼”の幟を発見!その日は通り過ぎただけだったのだが、後日食べに行ってみたら日曜日はやって無い・・・と言われたので入店せずにそのまま退散!土曜日ならやっていると言う事だったので、日をあらためて食べに行ってみた。
 
ステーキハンバーグ&サラダバー けん/加古川店
こちらが久々に行って来た加古川別府にある『ステーキハンバーグ&サラダバー けん/加古川店』で、偶に書いておかないと忘れてしまうのだが、その前は『ファミレス ガスト』の姉妹店である『中華レストラン バーミヤン』があった店舗跡地に居抜きで誕生したお店だ。そう言えば、このお店の直ぐ近くにあった『えびめしや』の店舗跡地も居酒屋さんになったり焼肉屋さんになったりと、入れ替わりが激しかったが最近はどちらも固定化して来た様な・・・。
 
ステーキハンバーグ&サラダバー けんステーキ丼のメニュー
それはさて置き、こちらが店内に置いてあったランチタイム限定の(しかもお店は11時から開いているが、何故か12時からで無いと出来ないと言う)”ステーキ丼”のメニューで、それに寄ると並盛の他に肉とライスが2倍の大盛サイズもあったのだが、お値段が400円アップだったので今回はパス!(ライスの大盛りは無料で出来るとの事だったが、それもパスした・・・)。また『ステーキ けん』と言えばカレーやスープやサラダの食べ放題が人気なのだが、この”ステーキ丼”には何も付いて無いらしく、サラダバーの追加も400円だったので、これまたパス!ま、このお店のサラダバーはそれこそ数え切れない程に食べて来たから、そうまでして食べてみたいとも思わなかったし・・・。
 
ステーキハンバーグ&サラダバー けんステーキ丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ステーキ丼”で、お値段は税込価格850円也。先にも書いた様にサラダバーは付いて無いが、その代わりなのかステーキの脇にはレタスが添えられていて、更にステーキの上にはカイワレがトッピングされている。ちなみに料理を注文した時は気が付かなかったのだが、50円プラスすると黄身のトッピングが可能だったらしい・・・。
 
ステーキハンバーグ&サラダバー けんステーキ丼
そしてこちらが”ステーキ丼”の命とも言えるステーキで、メニューの説明に寄ると”柔らかい赤身のお肉でヘルシー!タレは当店自慢のオリジナルソース!!”との事。で、ご覧の通り食べ易い様に最初からカットされていて、その効果もあってかメニューに書いてある通り柔らかいお肉で、それにオリジナルソースを絡めて食べると中々ウマい!この味であれば”他のお店のステーキ丼”と比べても何ら遜色の無い味かも・・・。
 
ステーキハンバーグ&サラダバー けんステーキ丼ステーキハンバーグ&サラダバー けんステーキ丼
ちなみにステーキの断面を見てみるとこんな感じで、メニューの注意書きに”ステーキの焼き加減はレアのみ”と書いてあった通り、中々のレア状態だ。通常メニューにあるステーキの場合は鉄板に押し付けると多少は火を通す事が出来るが、流石に今回は丼なので、そう言った事は出来ないからレアが苦手な方は要注意かもしれない・・・。
 
てな事で、久々に行った『ステーキ けん』でランチタイム限定の”ステーキ丼”を食べてみたのだが、シンプルな内容ではあった物の結構お肉も柔らかくて中々美味しかった!ま、価格的にせめてこれにスープ位が付いていると言う事は無いのだが、機会があればまた食べてもエエかな?と言う気はする・・・。

2017年5月3日

毎度お馴染みの”焼肉 志方亭”で”加古川ギュッとメシ”メニューの”特製漬け肉ステーキ重”を食べてみた!ちょっと珍しい”みそ漬け”のステーキだったが中々ウマい!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
最近ちょっとした用事もあって某先輩と食事に行く事が多い。で、この日も朝一でちょっとした打合せをした後、例に寄ってランチを食べに行く事になったのだが、急遽決まった話なので食べに行きたいお店が頭に浮かばない・・・。そんな時は加古川別府にある『焼肉 志方亭』へ行く事が多い事や、丁度この頃から”加古川ギュッとメシ”の特選メニューの販売が始まったと言う事もあって、またまたそちらのお店に行ってみる事にした。
 
焼肉志方亭
こちらがまたまた行って来た加古川新野辺北交差点の直ぐ近くにある毎度お馴染みの『焼肉 志方亭』で、この時は丁度正午頃の訪問と言う事もあって先客の姿がチラホラとあり、また我々が食事をしている間にも次々とお客さんがやって入って来て、何と無く昼間から宴会?が始まるような雰囲気だったような・・・。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重のメニュー
そしてこちらが”加古川ギュッとメシ”の特選メニューである”特製漬け肉ステーキ重”のメニューで、”加古川ギュッとメシ”は何かと言うと”平成29年2月9日に誕生した、牛肉を使いこなす町・加古川の新ご当地グルメ”で市内で10店舗以上のお店で提供されているのだが、その半数以上は前日までに要予約となっている場合が多く中々食べるチャンスに恵まれないのだが、このお店は1日10食ランチ限定ながら、予約無しで食べれる点が有難い・・・。ま、予約をするなら隣にある『別邸 石窯ステーキ 志方亭』に行ってみたい気もするし・・・。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
それはさて置き、今回食べた”特製漬け肉ステーキ重”には何時もの如くお店定番の”特製野菜&フルーツジュース”も付いていたので、更にドリンクバーも付いているので、これまた何時もと同じく”ミニッツメイド朝の健康果実シリーズのジュース”を飲んだ!ドリンクバーは兎も角として、出来る事であれば”特製野菜&フルーツジュース”の方をお替りをして飲みたい気分ではあったが・・・。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
そして続いて運ばれて来たのが、これまた”特製漬け肉ステーキ重”に付いているこちらのスープで、この日も何時もと同じような”ワカメスープ”だった。数年前までは毎回スープの内容が変わっていて、それも一つの楽しみだったのだが最近はこの”ワカメスープ”に固定化されてしまったのかも知れない・・・。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
で、そんなこんなしつつ待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”志方亭特製 漬け肉ステーキ重”で、御膳の上にセットで乗っている定番の”フルーツサラダ”の他に、最初に出て来た”特製野菜&フルーツジュース”とその後に出て来たスープ、それにドリンクバーも付いてお値段は税込価格1500円也。ランチとしては少し高い気もするが、このお店では一番安い物でも1000円なので、全体からすると一番平均的な価格の設定になっている気がする。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
それは兎も角として、こちらがメインの”特製漬け肉ステーキ重”で、ご覧の様にお肉の上から野菜がトッピングされていて実態が判り難いのだが、トッピングの野菜がナムルっぽいので何と無く韓国風な印象だ。ちなみに、お店の商品説明に寄ると”バラやモモに近いカイノミという赤身を2日ほど漬け込んだ肉は、噛むごとに肉の旨みと漬けダレの味がじゅわっと口の中に。最後には鼻腔に味噌の香りがふわり。白ご飯をかきこむ箸がすすみすぎ、うっかりしていると味の変化を楽しみ損ねてしまうので要注意!”との事。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重志方亭特製漬け肉ステーキ重
そしてこちらが野菜のナムルの下に隠れていた”特製漬け肉ステーキ”で、”みそ漬け”されたお肉と言う事もあって中までしっかりと火が通った感じではあるが、お肉自体は柔らかく中々ウマい!流石に最近このお店に来ると”特上肉堪能御膳”ばかりを食べていたので、そのお肉と比べてしまうと微妙な気はしたが、最近はこれと言って美味しいステーキを食べて無い私には十二分に美味しいお肉だった。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
ちなみにこちらは”特製漬け肉ステーキ重”に付いていた3種類のソースが入った小皿で、その内容は”特製のステーキソース、レモン醤油、シャキシャキわさび”で、それぞれを浸けて食べてみると当然の如く様々な味に変化して、何も浸けずに食べた時と合わせて4種類の味が楽しめて中々良かったかな。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
そしてこちらは”特製漬け肉ステーキ重”に付いていた、これまた毎度お馴染みの”フルーツサラダ”で、普段は滅多に自ら好んでサラダを食べたいと思う事は無いのだが、以前から何度も書いている様にこの”フルーツサラダ”だけ?は結構好きだ!で、この日は若干、フルーツの種類が少ない気もしたが何時も通りに美味しいサラダであった!
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
最後に・・・。先にも書いた様にこのお店のランチには無料サービスのドリンクバーが付いているので、これまた何時もの如く食後にコーヒーを入れて飲んだ。一時期、ランチを食べた後で別の喫茶店へ行ってコーヒーを飲む習慣が付いていた事を考えると、お替り自由のコーヒーが付いて1500円のランチは結構お得かも知れない・・・。
 
てな事で、またまた行った『焼肉 志方亭』で今回は”加古川ギュッとメシ”の”特製漬け肉ステーキ重”を食べてみたのだが、”みそ漬け”と言う事もあって最近もあちらこちらのお店で食べている”ステーキ丼”とは全く違った内容ではあったが、お肉自体は質も良くて中々美味しかった!で、帰り際に”加古川ギュッとメシ”のスタンプラリーのハガキも貰って帰ったのだが、今の処はこのお店以外で”加古川ギュッとメシ”のメニューは食べて無い・・・。が、5月28日に開催される”加古川ご当地グルメフェスティバル”で”加古川ギュッとメシ”や”恵幸川鍋”が食べれるらしいので、その日を楽しみにしておこう・・・。

2017年4月25日

加古川尾上神社近くにあるお洒落なケーキ屋さん”パティスリー&カフェ ピケ”で”あんかけすき焼き風オムライス”を食べてみた!商品名通りの内容で中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
少し前に書いた様に2月の中旬頃から3月中旬頃までの間、ちょっとした事で週末に加古川鶴林寺周辺を散策する事が多かった。で、その前後で近くにあるお店でランチを食べる事も多かったのだが、この日は買物序でに鶴林寺から南下していると、その途中の尾上神社近くで何やらランチを始めましたの看板を発見!!!取り敢えずどんなお店なのか観に行ってみたら中々お洒落なお店だったので折角なのでランチを食べてみる事にした。
 
パティスリー&カフェ ピケ
こちらが今回行って来た加古川尾上神社の直ぐ近くにある『パティスリー&カフェ ピケ』で、お店は広い道から狭い通りを入った直ぐの処で、雰囲気的にはその昔にイーサンのお店?が入っていた尾上市場?があった場所の一角の様で、ご覧の通りお洒落な店構えだし、店前の駐車場も広々としていて中々雰囲気の良い処だ。ちなみにこのお店のメインはケーキ&スイーツ?みたいな感じだったかな。
 
パティスリー&カフェ ピケのランチメニューパティスリー&カフェ ピケあんかけすき焼き風オムライスのメニュー
そしてこちらがこのお店の近くに置いてあったランチメニューのボードで、日替わりのプレートランチの内容は写真は”ロコモコ”になっているが、最初に見た時は魚料理だったのでパス・・・(私が入店してから間も無くして魚料理が売り切れたので”ロコモコ”になったみたい・・・。でも別の日に店前を通るとその時も”ロコモコ”だったけど・・・)。で、何を食べようかと思案した結果、最近他のお店でも意外と結構食べているオムライスのメニューの中から”あんかけ すき焼き風 オムライス”を食べる事に決定!!!
 
パティスリー&カフェ ピケのデトックスウォーターパティスリー&カフェ ピケのデトックスウォーター
で、入店後にお店の中央にあった巨大なカウンター型のテーブル席に座って待っていると、何やらお店の入口近くに”デトックスウォーター”とやらを発見!!!セルフサービスながら無料で飲み放題?っぽかったので試しに飲んでみるとこれが中々ウマい!一体中身は何だろうと見てみると、この日は”グレープフルーツ&セロリ”と書いてあったので、内容は日に寄って変わるのかも知れない・・・。
 
パティスリー&カフェ ピケあんかけすき焼き風オムライス
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”あんかけ すき焼き風 オムライス”で、別途小鉢とサラダが付いてお値段は税込価格1296円也。気持ち的にはもう一品スープが欲しい処ではあるが、それは先に紹介した飲み放題の”デトックスウォーター”で我慢する事にしよう・・・みたいな。
 
パティスリー&カフェ ピケあんかけすき焼き風オムライス
そしてこちらがメインの”あんかけ すき焼き風 オムライス”で、その名の通り”オムライスの上にすき焼きっぽく煮込んだ牛肉が入った餡”をかけたような、何と無く一時期偶に食べていた『創作オムライス専門店 ポムの樹』のメニューにありそうな感じの内容だ。で、早速この”あんかけ すき焼き風 オムライス”を食べてみると、意外とあっさりした甘目の餡で、これに沢山入っている牛バラ肉と一緒にオムライスを食べると期待通りに中々ウマい
 
パティスリー&カフェ ピケあんかけすき焼き風オムライス
ちなみに”あんかけ すき焼き風 オムライス”の御飯はこんな感じのオムライス定番のケチャップライスでは無く、キノコがたっぷりと入ったバターライス?あるいは少し前に『おむらいす亭』で食べた”十六穀雑穀 鶏飯”っぽい感じで、御飯だけを食べてみてもしっかりとした味わいがあってこれまたウマかった
 
パティスリー&カフェ ピケあんかけすき焼き風オムライス
そしてこちらは”あんかけ すき焼き風 オムライス”に付いていた”サラダ”で、雰囲気的には大根サラダっぽいのだが、ご覧の通り沢山の種類の野菜が入っていて、何と無くヘルシーな気分になってこれはこれで楽しい”サラダ”だ。
 
パティスリー&カフェ ピケあんかけすき焼き風オムライス
それともう一つ、こちらも”あんかけ すき焼き風 オムライス”に付いていた小鉢で、最初見た時は何か判らなかったのだが、よくよくみるとどうやら”茄子の煮浸し”に鰹節をトッピングした様な感じの、何と無く定食屋で出て来る様な家庭的な素朴な味わいがあってこちらも中々美味しかったかな
 
てな事で、この日は尾上神社近くにあるお洒落なケーキ屋さん?『パティスリー&カフェ ピケ』で”あんかけ すき焼き風 オムライス”を食べてみたのだが、文字通りの創作オムライス風で中々美味しかった!このお店のランチメニューは種類は少ないのだが、他にも私の好きなカレーもあるし、何よりも一度は日替わりのプレートランチも食べてみたい気がするので、また近い内に食べに行ってみたいと思う・・・。
次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.