義史のB型ワールド

2016年10月27日

今年も未だ一度も食べに行っていなかった”もんど”で、夏の定番”冷やし麺”を食べてみた!流石に以前程の感動は無いが、年に一度のお楽しみで中々ウマかった!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
昨年の書いた記事の冒頭を引用すると・・・、偶に登場する”裏限定ラーメン”に釣られて、多い時は毎週の如く食べに行っていたJR東加古川駅近くにある『新在家ラーメン もんど』であるが、”裏限定ラーメン”も無くなり、更にお店の看板商品であった”Wスープのもんどラーメン”も封印されてからはほとんど食べに行く事も無くなり、気が付けば何と今年になってからは1度も食べに行っていない!が、この季節になると7年位前に”裏限定ラーメン”で登場した”冷やし麺”が恋しい季節・・・。最近でも”冷やし麺”は毎年食べに行っている事もあり、今年も一度は食べておかないと何か夏が来た気がしないと思い食べに行ってみた。
 
新在家ラーメンもんど
こちらが久々に行って来たJR東加古川駅近くにある『新在家ラーメン もんど』で、実はこの日の少し前にも食べに来た事があったのだが、その時は店前に行列が出来ていたので素通りしてしまった・・・。この日は正午前の訪問と言う事もあり、カウンター席は未だ空いていたのだが、私が入店してから閉鎖していたカウンター席も解放する程で、その後満席になっていた様だ。ま、お店の規模の割りにスタッフが少ないと言うのが最大の問題なんだろうけど・・・。それはさて置き、此処から先は昨年の記事を限り無くコピペしてご紹介・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺のメニュー
それはさて置きこちらが”夏だけのお楽しみ”と題された”もんどの冷やし麺”のメニューで、7年位前に”裏限定ラーメン”で登場した時に食べて以来、この”冷やし麺”のファンになってしまい毎年の如く夏になると食べに来ているのだった。ま、最近は惰性とお店の様子観察をしに来ている様な気もしないでは無いが・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
で、”冷やし麺”を注文後、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”金胡麻ダレ”と”薬味のピリ辛ミンチ”と”ネギ”で、何を今更であるがこれらを自分自身の手で”冷やし麺”の上からトッピングしタレをかけ、その後で麺に絡めて食べるのが基本の食べ方だ。個人的にこの”冷やし麺”が大好きになった理由の一つにこの”金胡麻ダレ”の影響が大きいのだが、最近は他のラーメン屋さんの冷麺でも胡麻ダレ風味で出すお店が増えたので、今となってはそう珍しい事でも無いかも知れない・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
そしてこちらが”冷やし麺”で、お値段は900円也。ご覧の様に山がそびえ立つかの様に盛られているのは”シャキシャキの大根サラダ”で、麺はその下にあるのだが手前にも大き目カットのチャーシューが2枚も並んでいるので麺の姿は全く見えない・・・。ちなみに今まで深く考えた事は無いが、麺を2玉で頼むとどんな高さになるのだろう・・・。ちょっと見てみたい気がして来た・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
で、早速”シャキシャキの大根サラダ”の上から”冷やし麺”をトッピングし、金胡麻ダレをかけて後はグチャグチャ?に掻き混ぜて食べると、1年ぶりに食べるからなのか、単に私が胡麻ダレ好きなだけなのかは別として、期待通り中々ウマい!彼是通算すると既に10回近くはこの”冷やし麺”を食べているので、初めて食べた時程の感動は無くなってしまったが、やっぱ夏には一度は食べておかないと・・・と思える美味しさだったかな。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
そしてこちらは”冷やし麺”にトッピングされていたチャーシューで、このお店の通常メニューにある”謹製 中華そば”や”蔵出し醤油麺”で使われている物と全く同じだが、ご覧の様に薄切りではあるが結構大き目サイズでこちらも中々ウマい!また何時か”ドカ盛りラーメンもんジロウ”の時の様な分厚切りで食べてみたい気がする・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
ちなみにこちらも”冷やし麺”にトッピングされていた”味玉”で、日頃私がこのお店で通常のラーメンを食べる時は味玉無しで食べるので、基本的にはこの”冷やし麺”の様に最初からトッピングされている時ぐらいでしか食べる機会が無いのだが、ご覧の様に黄身は半熟トロトロでこちらもメチャウマい!一度位は定番の”謹製 中華そば”や”蔵出し醤油麺”を味玉入りで食べてみてもエエかなと言う気にさせる味だったかな。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
そしてこちらは”冷やし麺”の麺で、余り麺に関して気にした事は無いのだが、多分”冷やし麺”専用の麺だと思う・・・。これまた『もんど』では”つけ麺播磨の手もみ平打ち麺”とか”もんジロウの超極太麺”等、色んな楽しげな麺を食べさせていただいた身としては、特にどうこうと感じる様な麺でも無い様な気はするが・・・
 
てな事で、流石に何年も食べている”冷やし麺”と言う事もあって、初めて食べた頃の感動は全く無くなってしまったが、全体的には何時もの美味しい”冷やし麺”であった。ちなみにまたまた買ってしまった”ラーメンパス本2”の中に”蔵出し醤油麺”と”肉めし”のセットがお得な価格で食べれるクーポンが載っているのだが、ボリュームが有り過ぎる様な気がして未だ食べて無い・・・。折角なので食べに行こうと思いつつ、有効期限が近づいて来つつある・・・(で、結局行かず仕舞いで終わってしまった・・・)。
広告

2016年2月19日

年末になると何故か恋しくなるのが”新在家ラーメンもんど”!って事で、久々に”中華そば”を食べてみた!今となってはシンプルな播州ラーメンだが、これはこれで中々ウマい!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 11:35 PM
 
代理人記録
 
偶に登場する”裏限定ラーメン”に釣られて、多い時は毎週の如く食べに行っていたJR東加古川駅近くにある『新在家ラーメンもんど』であるが、数年前に”裏限定ラーメン”も無くなり、更にお店の看板商品であった”Wスープのもんどラーメン”も封印されてからはほとんど食べに行く事も無く、気が付けば何と今年(年末の話なの・・・)になってからは1度しか食べに行っていない!が、年末になると一時期良く登場していた”裏限定ラーメン”が恋しい季節・・・。今は”裏限定ラーメン”は販売されて無いと思いつつも年末に食べる1年の〆のラーメンはやはり『もんど』でないと・・・と思い食べに行ってみた。
 
新在家ラーメンもんど
こちらが久々に行って来た『新在家ラーメンもんど』で、この日は朝から何だかんだしていたのでちょっと遅めの午後12時40分頃の訪問だったのだが、流石年末と言う事もあって店内満席!久々にお店の前に用意している待ち客リストの紙に名前を書き込んで待たされる事になった・・・。更に待っている間に空いた席がテーブル席だったので、久々に奥の以前は喫茶店だったテーブル席の方に案内されたのだった。
 
新在家ラーメンもんど謹製中華そばメニュー
それはさて置き、詳しくは知らないが豚骨系のスープは辞めてしまったので、遂にラーメンのメニューは”謹製 中華そば”と”蔵出し醤油麺”の2つだけになってしまった!で、1年前の年末に来た時は”蔵出し醤油麺”を食べたので、今回は久々に”謹製 中華そば”を食べる事にしたのだが、既に何度も当ブログで紹介して来た事もあって、そのまんまじゃつまらないので”味玉入り”で食べてみる事に決定!!!
 
新在家ラーメンもんど謹製中華そば味玉入り
で、オーダーが混んでいると言う事でちょっと時間がかかります・・・と言われていた割に比較的早い時間で、それも先客とほぼ同じタイミングで運ばれて来たのがこちらの”謹製 中華そば 味玉入り”で、お値段は790円也。先に紹介したメニューの案内に寄ると”懐かしいのに、なぜか洗練された味わい。モッチリ中太麺と合わさる、ほんのり甘旨口の醤油スープは播州テイスト。古きを温めて新しきを知る一杯”との事。このお店で数多く登場した”裏限定ラーメン”の中では一番大人し目でオーソドックスかつシンプルなスープで、相変わらずちょっと甘目な印象は受けた物の約1年半ぶりに食べたと言う事もあってか中々美味しい!内容的に大きなインパクトは無いが、ある意味安心して食べれる優しい味のラーメンな気がする・・・。
 
新在家ラーメンもんど謹製中華そば味玉入り
そしてこちらは”謹製 中華そば”に入っていたチャーシューで、以前に紹介した記事に寄ると”ハムの製法で手作りしたチャーシュー”らしくこれまた何時も通りにウマい!これまた毎回書いている様に以前に”裏限定ラーメンで登場した”もんジロウ”にトッピングされていた”分厚切りでドデカイサイズのチャーシュー”をぜひまた食べてみたい気がするが、”謹製 中華そば”にはこれぐらいの厚さの方が合っているのかも知れない・・・。
 
新在家ラーメンもんど謹製中華そば味玉入り
そしてこちらが何時もと同じではブログネタにならないと思い、今回追加でトッピングした”味玉”で、私が自ら”味玉入り”を注文する事は滅多に無いのだが、夏に食べる”冷やし麺”には必ず入っているし、そもそもこのお店の看板商品だった”もんどラーメン”や、あるいは”あっさり和風醤油麺”とか、偶に登場した”塩ラーメン”等にも入っていたので、個人的には結構な回数食べている。で、”冷やし麺”にトッピングされていた頃より、卵黄の半熟度や白身の味の浸み込み具合が上がっている様で、またスープに浸かっていたので”冷やし麺”の時とは違った味わいもあって中々美味しかった!
 
新在家ラーメンもんど謹製中華そば味玉入り
ちなみに”謹製 中華そば”の麺はこんな感じで、1年半ぐらい前に食べた時は若干細目に感じたのだが、この日は以前と同じ様な太さだった様な気もする・・・。とは言え、このお店では”もんじろうの極太麺”を初めとして”つけ麺播磨の手もみ平打ち麺”、”チリとまと麺のもっちり太麺”等、色んなタイプの麺を楽しませて貰った事を思うと、この麺は割と普通だった気はする・・・。
 
てな事で、年末になると何故か恋しくなって来たので久々に『新在家ラーメンもんど』に行って”謹製 中華そば”を食べて来たのだが、大きなインパクトは無い物の以前と変わらない優しい味のスープで中々美味しかった!帰り際に珍しくマスター直々にレジ打ちされて、その時に”来年もヨロシクお願いします・・・”と挨拶されたので2016年はもっと食べに来るぞ!と、心の中で思いつつお店を後にしたのであった!

2015年9月25日

今年は一度も食べに行っていなかった”もんど”で、夏の定番”冷やし麺”を食べてみた!流石に以前程の感動は無くなってしまったが、年に一度のお楽しみと言う事もあって今年もウマかった!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 9:31 PM
 
代理人記録
 
偶に登場する”裏限定ラーメン”に釣られて、多い時は毎週の如く食べに行っていたJR東加古川駅近くにある『新在家ラーメン もんど』であるが、”裏限定ラーメン”も無くなり、更にお店の看板商品であった”Wスープのもんどラーメン”も封印されてからはほとんど食べに行く事も無くなり、気が付けば何と今年になってからは1度も食べに行っていない!が、この季節になると6年位前に”裏限定ラーメン”で登場した”冷やし麺”が恋しい季節・・・。最近でも”冷やし麺”は毎年食べに行っている事もあり、今年も一度は食べておかないと何か夏が来た気がしないと思い食べに行ってみた。
 
新在家ラーメンもんど
こちらが久々に行って来た『新在家ラーメン もんど』で、流石に”裏限定ラーメン”をやっていた時の様な大行列が出来る事は無いのだが、それでも相変わらず結構流行っているので少し早目の午前11時40分頃にお店に行ってみたのだが、案の定お店前の駐車場は満車。更に店内も既にお客さんが一杯で早い人だと既に食べ終えて帰って来るお客さんも居る程・・・。で、私が食事を終えてお店を出る時は待ち客が何組か居た程・・・。ま、お店が混んでいる原因の一つにラーメンはマスター一人で作っているし、スタッフも少ないと言う事もあるのだけど・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺メニュー
それはさて置きこちらが”夏だけのお楽しみ”と題された”もんどの冷やし麺”のメニューで、6年位前に”裏限定ラーメン”で登場した時に食べて以来、この”冷やし麺”のファンになってしまい毎年の如く夏になると食べに来ているのだった。ま、最近は惰性とお店の様子観察をしに来ている様な気もしないでは無いが・・・。
 
新在家ラーメンもんどメニュー
ちなみにこちらがこの時のメニューで、何時の間にやらラーメンの種類は”謹製 中華そば”と”蔵出し醤油麺”のみとなっていて、”チリとまと麺”はメニューの中には載って無い・・・。昨年も”冷やし麺”の販売期間中は”チリとまと麺”はお休みと言う但し書きがあったのだが、何と無くであるが”チリとまと麺”はイマイチ人気が無かったのかメニューから消えてしまったのでは?と思うのだが・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
で、”冷やし麺”を注文後、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”金胡麻ダレ”と”薬味のピリ辛ミンチ”と”ネギ”で、何を今更であるがこれらを自分自身の手で”冷やし麺”の上からトッピングしタレをかけ、その後で麺に絡めて食べるのが基本の食べ方だ。個人的にこの”冷やし麺”が大好きになった理由の一つにこの”金胡麻ダレ”の影響が大きいのだが、最近は他のラーメン屋さんの冷麺でも胡麻ダレ風味で出すお店が増えたので、今となってはそう珍しい事でも無いかも知れない・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
それはさて置きこの時はお店が混雑していたし、後から来るお客さんにもオーダーが一杯入っているので少々時間をいただきます・・・と言う案内をされていたので、以前の様に結構待ち時間があるかも知れない・・・と思っていたら意外と普通位の待ち時間で運ばれて来たのがこちらの”冷やし麺”で、お値段は900円也。ご覧の様に山がそびえ立つかの様に盛られているのは”シャキシャキの大根サラダ”で、麺はその下にあるのだが手前にも大き目カットのチャーシューが2枚も並んでいるので麺の姿は全く見えない・・・。ちなみに今まで深く考えた事は無いが、麺を2玉で頼むとどんな高さになるのだろう・・・。ちょっと見てみたい気がして来た・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
で、早速”シャキシャキの大根サラダ”の上から”冷やし麺”をトッピングし、金胡麻ダレをかけて後はグチャグチャ?に掻き混ぜて食べると、1年ぶりに食べるからなのか、単に私が胡麻ダレ好きなだけなのかは別として、期待通り中々ウマい!彼是通算すると既に10回近くはこの”冷やし麺”を食べているので、初めて食べた時程の感動は無くなってしまったが、やっぱ夏には一度は食べておかないと・・・と思える美味しさだったかな。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
そしてこちらは”冷やし麺”にトッピングされていたチャーシューで、このお店の通常メニューにある”謹製 中華そば”や”蔵出し醤油麺”で使われている物と全く同じだが、ご覧の様に薄切りではあるが結構大き目サイズでこちらも中々ウマい!また何時か”ドカ盛りラーメンもんジロウ”の時の様な分厚切りで食べてみたい気がする・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
ちなみにこちらも”冷やし麺”にトッピングされていた”味玉”で、日頃私がこのお店で通常のラーメンを食べる時は味玉無しで食べるので、基本的にはこの”冷やし麺”の様に最初からトッピングされている時ぐらいでしか食べる機会が無いのだが、ご覧の様に黄身は半熟トロトロでこちらもメチャウマい!一度位は定番の”謹製 中華そば”や”蔵出し醤油麺”を味玉入りで食べてみてもエエかなと言う気にさせる味だったかな。
 
てな事で、1年ぶりの”冷やし麺”だった事もあり興奮していたのか麺の写真を撮り忘れてしまったが、全体的には何時もの美味しい”冷やし麺”であった。それにしてもまさか私が『もんど』よりも『スガキヤ』や『幸楽苑』へ行く方が多い日が来るとは、誰が想像出来たであろう・・・。でもやっぱこのお店のラーメンは美味しいし、”謹製 中華そば”も”蔵出し醤油麺”も最近は全然食べて無いので、今年中に両方とも食べに来ようと思いつつお店を後にしたのであった!

2015年2月25日

年末になると何故か恋しくなるのが”新在家ラーメンもんど”!って事で、久々に”蔵出し醤油麺”を食べてみた!この日は以前に限定で登場した時の様な甘さがあって中々ウマかった!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 9:34 PM
 
代理人記録
 
一時期、偶に登場する”限定裏ラーメン”に釣られて毎週の如く食べに行っていたJR東加古川駅近くにある『新在家ラーメンもんど』であるが、これまた年末近くになると毎年”限定裏ラーメン”が登場していた。流石に大晦日となるとあれこれと用事があったりして、実際に食べに行ったのは”加古川ブラック”の時ぐらいしか記憶に無いのだが、そんな事もあって年末近くになると『もんど』が恋しくなって1年前も年末近くに食べに行ったのだが、今回も大晦日が差し迫った12月30日に食べに行ってみた
 
新在家ラーメンもんど
こちらが久々に行って来たJR東加古川駅近くにある『新在家ラーメンもんど』で、以前の様に頻繁にメール会員宛てに”限定裏ラーメン”の案内が届いていた頃は、最低でも月に1回以上食べに行っていたのだが、昨年はこれが何と3回目の訪問・・・。それは私に限らずで、当時メール会員だった客の大半は似た様な訪問頻度では無いか?と思うのだが、それでもこの日は正午前と言う時間帯にも関わらず既に店内は満席に近い状態!実際、私がラーメンを食べ終えてお店の外へ出て来た時は数人の待ち客が居た・・・。それでも以前の2時間待ちの大行列に比べると・・・、客の入りは全然違う気はするが・・・
 
新在家ラーメンもんど蔵出し醤油麺メニュー
新在家ラーメンもんど蔵出し醤油麺メニュー
ちなみにこちらは店内にも貼ってあった、多分”まるはり”から発行されている”行け!麺はりま”のラーメン本の中に載っている『もんど』の紹介記事の一部で、書き出しに”知らない人はいないであろう、超人気店”とある様に一時期は何時食べに行っても行列の絶えないお店だった。が、数年前にお店のメニューが全て入れ替わってしまい、お店が誕生した頃からあった”Wスープのもんどラーメン”は封印され、唯一残っていた豚骨スープの”新味 豚骨醤油麺”も何時の間にやらメニューから消え、今は此処で紹介されている”蔵出し醤油麺”と”中華そば”がメイン(他に”チリとまと麺”ってのもあるが・・・)となり、雰囲気的にはお店が誕生した時とは全然違うラーメン屋さんになってしまった気がしないでは無い・・・。
 
ちなみに、12年ぐらい前にこのお店が誕生した当時の事を振り返ってみると、今でこそTwitterやFacebook等のSNSが盛んであるが、当時この手の情報のやり取りと言えば掲示板(BBS)が定番だった。で、その中に某兵庫のラーメンを扱った超有名サイトがあり、その中の掲示板に『もんど』のマスター自らが、”今度、JR東加古川駅前近くにラーメン屋を開くので食べに来てね・・・”と書き込んだのが、そもそもの始まりだった気がする・・・。当時からこのサイトの掲示板の影響力は絶大?で、それに釣られて私やイーサン夫婦も兵庫県但東町にあるラーメン屋さん迄食べに行ったぐらいなのだが、私もその投稿を読んだ事もあり『もんど』が誕生した2日目の日に食べに行ってからの常連客(一時期余り食べに行って無い時期もあったのだが・・・)になったのだった・・・。まだまだ続きを書きたいが、話が長くなって来たので今回は此処まで・・・。
 
新在家ラーメンもんど蔵出し醤油麺メニュー新在家ラーメンもんど蔵出し醤油麺メニュー
そしてこちらが先の雑誌の紹介記事の中にも大きく写真が載っていた”蔵出し醤油麺”のメニューで、私の中でのローテーションで行くと今回は”チリとまと麺”を食べる日?ではあったのだが、やっぱ年末最後に食べるラーメンは定番の方が良いし、雑誌に大きく紹介されていた事もあってか、同じタイミングでやって来たお客さんの9割がこの”蔵出し醤油麺”を頼んでいたので、私も素直に”蔵出し醤油麺”を注文!
 
新在家ラーメンもんど蔵出し醤油麺
で、入店したタイミングもあってか丁度お店が混んでいた時らしく、久々に15分近く待たされて漸く運ばれて来たのがこちらの”蔵出し醤油麺”の味玉なしで、お値段は税込価格750円也。私が初めてこの”蔵出し醤油ラーメン”を食べたのは6年以上も前の事だが、当然こちらも最初は”限定裏ラーメン”の一つだった。で、当時は年に1回ぐらいしか登場しなかったので”新しい醤油が完成して蔵出し”をした時しか、この醤油が手に入らないのか?と思いつつ食べに来ていたのだが、今は何時でも食べれるレギュラーメニューになったので、私が思っていた事とは少し違う様だ。
 
それはさて置き、”限定裏ラーメン”として食べていた頃は、背脂の旨味と甘味のある何と無く”尾道ラーメン”にも似た様な味わいで結構好きだったのだが、レギュラー化した辺りから何と無く醤油風味の方が強くなった気がしていたのだが、この日の”蔵出し醤油麺”はそれ程に醤油辛くは無く、”限定裏ラーメン”で食べていた頃の様な背脂の甘味の方が強くて私が大好きだった頃のスープの味で、中々ウマい!しかもこの”蔵出し醤油麺”でしか味わえ無い?”斜め切りのネギ”も醤油スープとマッチして、これまたウマい!今は食べれ無くなってしまった”加古川ブラック”の方が好きだったけど、この日はそれに次ぐ位に美味しいラーメンだったかな。
 
新在家ラーメンもんど蔵出し醤油麺
そしてこちらはこの日食べた”蔵出し醤油麺”にトッピングされていたチャーシューで、先に紹介した雑誌の切り抜き記事に寄ると”ハムの製法で手作りしたチャーシュー”らしい・・・。とは言え、こちらは夏に食べた”もんどの冷やし麺”や看板メニューの”中華そば”で使われている物と同じで、確かにメチャ美味しいチャーシューではあるが、それ以上の驚きは無い。やっぱこのお店では”もんジロウ”にトッピングされていた”分厚切りでドデカイサイズのチャーシュー”で無いと、唸る程の感動は起きない様な・・・。
 
新在家ラーメンもんど蔵出し醤油麺
ちなみに”蔵出し醤油麺”の麺はこんな感じで、私が前回”蔵出し醤油麺”を食べたのは約1年前の事なので記憶は確かでは無いが、以前よりも細くなった様な・・・同じ様な・・・。何れにしても個人的には太麺派なので、やっぱ”もんジロウ”の様な麺湯掻きに10分もかかると言う超極太麺を食べてみたい気がする・・・。
 
てな事で、”限定裏ラーメン”があった頃は毎月一回以上、多い時は連日の如く食べに行っていた『新在家ラーメンもんど』であるが、最近は年に3回ぐらいしか食べに行かなくなってしまったのだが、それでも年末になると恋しくなって来たので大晦日の前日に食べに行って来たのだが、店内に貼ってあった年末年始の予定には大晦日から正月休みに入ると書いてあったので、この日が年内最後の営業日である意味ラッキーだったかな。で、以前であれば正月明けにマスター1人で店を開けて”中華そば”を販売していた時期もあったのだが、今はそんな事も無く正月三が日もお店はお休みしていた様だ・・・。それはさて置き、この日食べた”蔵出し醤油麺”が中々美味しかったので、もしかすると”中華そば”も甘さ控え目になっているかも知れないので、また近々”中華そば”を食べに行ってみようと思うのであった!

2014年10月4日

夏と言えば”もんどの冷やし麺”の季節!って事で、今年もまたまた食べに行ってみた。少しだけ限定裏ラーメンの雰囲気があって何と無く懐かしかったかな。

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 10:31 PM
 
代理人記録
 
つけ麺播磨”とか”加古川ブラック”等のちょっと珍しい限定ラーメンに釣られて、一時期は毎週の如く、偶に2日連続で食べに行った事もあるJR東加古川近くにある『新在家ラーメンもんど』であるがスタッフ不足の影響で裏限定ラーメンを辞めてしまい、またお店た誕生した時の看板ラーメンだった”もんどラーメン”も封印!そして何故か唯一メニューに残っていた豚骨スープの”新味 豚骨醤油麺”も無くなり、お店誕生の頃のメニュー内容とガラリと変わってしまった事もあり最近は余り食べに行く事が無くなり、昨年はたったの3回しか行って無いし、今年も6月頃に食べに行った1回だけ・・・
 
が、しかし!夏になると何と無く恋しくなるのが夏限定で登場するもんどの冷やし麺”!このラーメンも元々は裏限定ラーメンの一つだったのだが、客の入りが悪くなる?夏場限定のみながらレギュラーメニューになってからも毎年一回は食べに行く様になった。今年もそろそろ”もんどの冷やし麺”の季節だなあ・・・と思いお店の前を通ると”冷やし麺”の張り紙があったので食べに入ってみた。
 
新在家ラーメンもんど
こちらがまたまた行って来た当ブログではすっかりお馴染みの『新在家ラーメンもんど』で、以前は何時行っても行列が絶えない賑わいだったし、ましてや余程運が良く無い限りお店前の駐車場に車を停める事すら出来なかったのだが、この日は難なくお店前の駐車場に停める事が出来た。とは言え店内を見渡すと、テーブル席はほぼ満席でカウンター席も8割方は埋まっていた。カウンター席の奥の方は使われて無かったのだが、その後お店が混んで来た時に奥のカウンター席も開けていた程・・・。裏限定ラーメンが無くなった今でも相変わらず流行ってはいる様だ。ちなみに、流石に夏休みの期間中と言う事でファミリー客が多いからなのか、初めて見る顔のアルバイト風の若いオネエチャンが一人いた・・・。定着すると良いのだけど・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺のメニュー
そしてこちらが”夏だけのお楽しみ”と言う”もんどの冷やし麺”のメニューで、毎年少しずつ値上げされているのだが、今年は消費税がアップした事もあってか900円に値上がりしている・・・。更にメニューに書いてある麺大盛の値段を見ると、2玉にした場合はプラス220円・・・、と言う事は麺1玉の値段が220円と言う事なのかな?ま、麺は自家製では無いので仕入の都合上仕方が無いのかも知れないが、決して安い価格では無い様な・・・。とは言え、この日の目的はこの”冷やし麺”を食べに来たので早速注文!!!
 
新在家ラーメンもんどのメニュー
ちなみにこちらが今現在の『もんど』のメニューで、こちらも消費税の影響もあってか当然の如く値上がりしている。で、ご覧の様に”チリとまと麺”は”冷やし麺販売期間中はお休みとの事・・・。ま、日頃この”チリとまと麺”がどれだけ売れているのか定かでは無いが、大勢に影響は少ない様な気はする・・・
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺の胡麻ダレとトッピング
それはさて置き、まず最初に運ばれて来たのは”冷やし麺”の味の要となる”金胡麻ダレと薬味のピリ辛ミンチとネギ”で、最近は他のラーメン屋さんでも胡麻ダレを使った冷麺を出すお店もチラホラと見掛ける様になったが、初めてこの胡麻ダレ&ピリ辛ミンチの組合せで食べた時はちょっとした感動モノだった気がする・・・。ちなみに”金胡麻ダレとピリ辛ミンチ”と言えば同じく”もんどの金胡麻坦々麺”を思い出すが、あちらは文字通りの激辛に近い担々麺だったが、このピリ辛ミンチはそこまでの辛さは無い・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
で、最近は裏限定ラーメンがあった頃に比べると思いっ切り客の入りが減っているので、ラーメンを注文しても割と直ぐに出て来る場合が多かったのだが、”冷やし麺”は麺を湯掻いた後に水で〆る必要があるからなのか、後から入って来た客の”中華そば”の方が先に運ばれて来たりして、その後に漸く運ばれて来たのがこちらの”冷やし麺”で、お値段は900円也。5年ぐらい前に初めて裏限定ラーメンとして登場した時の案内メールの文言に寄ると”キュッと!氷みずで冷やした細麺を、特製の金胡麻ダレにてからめてお召し上がりください。シャキシャキの大根サラダのトッピングにピリ辛のミンチと葱”との事。値段は上がったが、見た目のビジュアルは5年前から全然変わって無い様だ・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
ちなみに”冷やし麺”を斜めの角度から見るとこんな感じで、流石に麺1玉なのでそれ程のインパクトは無いが、偶に2玉や1.5玉を注文した物を見ると、ドカ盛りラーメンか?と思うぐらい山高々になっている・・・。私ももっと元気で食欲があれば2玉ぐらいで食べてみたい気もするのだが・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
それはさて置き早速先に運ばれて来た”金胡麻ダレと薬味のピリ辛ミンチとネギ”を麺の上から流し混んで食べてみると、”牛肉のしゃぶしゃぶ”を食べる時に使っても美味しい様な気がするちょっと甘目のゴマダレで中々ウマい!トッピングの”ピリ辛ミンチ”も先に書いた様にこれと似た感じの”金胡麻坦々麺”みたいな辛さは無く、少し前に紹介した”スシローの味噌ラーメン”に入っていた”鶏ミンチ”の如く、これがまたメチャウマい!更に大根サラダのシャキシャキ感等も加わって、如何にも夏らしい感じの”冷やし麺”で今年も中々美味しかった!
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
ちなみにこちらは”冷やし麺”にトッピングされていたチャーシューで、それ自体は”中華そば”や”蔵出し醤油麺”にトッピングされているチャーシューと何ら変わり無くそのまま食べてもウマいのだが、折角なので”金胡麻ダレ”を絡めて食べると何時もと違う味わいがあってこれまたウマい!個人的には”もんジロウ”にトッピングされていた極厚のチャーシューで食べたい気もしたが、これはこれで中々美味しいチャーシューだったかな。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
そしてこちらは”冷やし麺”の麺で、余り麺に関して気にした事は無いのだが、多分”冷やし麺”専用の麺だと思う・・・。これまた『もんど』では”つけ麺播磨の手もみ平打ち麺”とか”もんジロウの超極太麺”等、色んな楽しげな麺を食べさせていただいた身としては、特にどうこうと感じる様な麺でも無い様な気はするが・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
最後に・・・、普段『もんど』に来て”中華そば”や”蔵出し醤油麺”を食べる時に敢えて”味玉”無しを頼むのは、偶にこの”冷やし麺”の様に最初から”味玉”が入っている場合があるので、その時に食べた味の感動?を大切したいので、日頃は自ら”味玉”入りを頼む事をしないのだ。それは兎も角として、この日の”味玉”もご覧の通り黄身は半熟トロトロで白身はしっかりと味が浸み込んでいてメチャウマい!今書いた様に、最近はこんな時で無いと”もんどの味玉”を食べる機会は少ないのだが、”他店の味玉”と比べても中々美味しい味玉”であった!
 
てな事で、”裏限定ラーメン”や看板メニューであった”もんどラーメン”が無くなって以来、ほとんど食べに行く事の無くなった『新在家ラーメンもんど』であるが、夏になるとちょっと恋しくなって今年も”冷やし麺”を食べに行って来たのだが、流石に以前程の感動は無くなって来たものの、例年通りの中々美味しい冷やし麺”だった。個人的にはこんな感じで、偶に”つけ麺播磨”とか”加古川ブラック”等を期間限定で復活して欲しい気もするのだが、その時はお店周辺が集まった客でパニックになるかも知れないので、当分の間は有り得ない気がする・・・。

2014年8月24日

久々に行った東加古川にある”新在家ラーメンもんど”で、この日は”中華そば”を食べた!普通にウマかったが、やっぱり”裏限定ラーメン”が食べたい気がする・・・。

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 9:09 PM
 
代理人記録
 
少し前にご主人様に同行して西脇まで播州ラーメンを食べに行ったり、その前には志方から宝殿へ移転して来た中華そば専門店へ行ったり、あるいは直近では神戸西区神出にある中華そば専門店に行ったりと、最近何かと昔懐かしい感じの”中華そば”を口にする事が多かった。で、ふと頭に浮かんだのが、そんなに遠くまで行かなくても一時期良く食べに行っていた東加古川にある新在家ラーメンもんど』も、”裏限定ラーメン”や、お店の看板メニューだった”Wスープのもんどラーメン”が封印されてからの看板メニューは”中華そば”だったなあと言う事。そう言えば最近は全然『もんど』にも行って無かったので久々に食べに行ってみる事にした。
 
新在家ラーメンもんど
こちらが久々に行って来た『新在家ラーメンもんど』で、当ブログをご覧の方は良くご存じの様に、数年前にこのお店が”裏限定ラーメン”で賑わっていた頃は、月に一回以上、多い時では2日連続で食べに来た事もあるぐらいに良く行っていた個人的にも一番良く食べに行ったラーメン屋さんだ。そう言えば草刈作業の後に管理人さんや30番さんにぜひ”つけ麺播磨”を食べて頂こうとやって来た時は、3箇所ある駐車場が全て満車で停める事が出来ずに泣く泣く諦めて引き返した事もあったっけ(ま、車が停められたとしても待ち時間が1時間以上だったので、気の短い?管理人さんが我慢出来たかどうか怪しいが・・・)。
 
そんな『もんど』も”裏限定ラーメン”が無くなり、更にはお店が誕生した時からの看板メニューであった”Wスープのもんどラーメン”(こちらは最終日に管理人さん一家と食べに行きましたねえ・・・)も無くなり、更には唯一残っていた豚骨系の”豚骨醤油麺”も無くなってしまってからは、私の訪問回数も激減し、この日は何と今年初めての訪問だ。月一回とか週一回食べに来ていた頃とは正に雲泥の差だ!きっと私と同じ様なお客さんは他にも大勢居るだろうなあ・・・。それでもこの日も満席に近い状態(カウンターの奥の席は使われて無かったが)だったのが、ちょっと不思議な気もするが・・・。
 
新在家ラーメンもんどもんど謹製中華そばメニュー
それはさて置き、今書いた様に私は消費税がアップされてから初めての『新在家ラーメンもんど』訪問なので、メニューの写真を撮ろうとしたら隣の兄ちゃんにメニュー表を奪われ、しかもその後に元の場所に戻す事も無く手元に置いたままだったので写真が撮れなかったので公式サイトから今回食べた”謹製 中華そば”のメニュー部分を拝借・・・。元々この”謹製 中華そば”はこのお店の通常メニューには無く、お正月明けの一発目にこのラーメンだけで営業したり、あるいは”裏限定ラーメン”として偶に登場するのみだったのだが、マスターは結構お気に入りで、お店のメニューを一新した時に、この”謹製 中華そば”がお店の看板メニューに昇格したのだった。で、最近あちらこちらで、この手の”播州ラーメン”を食べて来たので、今回はこの”謹製 中華そば”を注文!
 
新在家ラーメンもんどもんど謹製中華そば
で、この日はカウンターの奥の席に座っていた事もあり、厨房の中に居るマスターから直接手渡されたのが、こちらの”もんど謹製 中華そば”で、お値段は690円也。先ほどのメニューに書いてある商品説明に寄ると”懐かしいのに、なぜか洗練された味わい。モッチリ中太麺と合わさる、ほんのり甘旨口の醤油スープは播州テイスト。古きを温めて新しきを知る一杯”との事。パッと見た印象は、ちょっとスープの色が濃い目で醤油辛そうに見えるが、実際に食べるとかなり甘目の播州ラーメンその物の味で、上品であっさりした感じのスープで普通に美味しい。でもそれ以上のインパクトも無い様な気も・・・。
 
新在家ラーメンもんどもんど謹製中華そば
そしてこちらは”中華そば”にトッピングされていたチャーシューで、薄切りながら結構大き目サイズでチャーシューも中々ウマい!何度か食べた事がある”ドカ盛りラーメンもんジロウ”では、このチャーシュー豪快なぶ厚切りされた物がトッピングされていたのだが、今となってはそれもまた懐かしい思い出の一つ・・・
 
新在家ラーメンもんどもんど謹製中華そば
ちなみに”中華そば”の麺はこんな感じで、多分以前と同じく”東京カネジン製麺”の麺だと思うが若干細目ながらこれまた普通に美味しい麺だ。最近は食べて無いので定かでは無いが、確か”チリとまと麺”では”平打ち麺”を、”蔵出し醤油麺”では細麺を使っていたはずなのだが、何かこの日の麺は”蔵出し醤油麺”並に細かった様な気はしたが・・・。何れにしてもこのお店では”もんジロウの極太麺”、”つけ麺播磨の手もみ平打ち麺”、”塩ラーメンの極細ちぢれ麺”等、様々な種類の麺を楽しませて貰ったのだが、それも今は過去の話になってしまった?のかな?
 
てな事で、久々に『新在家ラーメンもんど』に行ってこの日は”中華そば”を食べたら普通に美味しかったが、”裏限定ラーメン”の数々を味わって来た我が身には、物凄くシンプルな”播州ラーメン”と言う印象しか残ら無くなってしまった・・・。好みの問題はあると思うが、今となっては神戸西区神出にある『中華そば いせや』の”中華そば”の方が内容的にも味的にも好きかも知れない。それはさて置き、この日のお店の様子では当分の間”裏限定ラーメン”が復活する事も無さそうだし・・・。果たして私の大好きだった”加古川ブラック”とか、この近辺では珍しかった”ドカ盛りラーメンもんジロウ”が食べれる日がやって来るのだろうか・・・。

2014年2月10日

年末にはやっぱり”もんど”で〆のラーメン・・・、って事で久々に”蔵出し醤油麺”を食べてみた。相変わらず醤油辛かったが、それでも店内は大賑わい!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 10:40 PM
 
代理人記録
 
2年ぐらい前までは、時々登場する”限定裏ラーメン”に釣られて毎月の如く食べに行っていたJR東加古川駅近くにある『新在家ラーメンもんど』なのだが、スタッフ不足を理由?に”限定裏ラーメン”を辞めて以来、あまり食べに行く事は無くなった・・・。が、年末になると何故か恋しくなるのが『もんど』のラーメン・・・。それと言うのも”限定裏ラーメン”をやっていた頃は、大晦日になると限定で”加古川ブラック”や”つけ麺播磨”が登場して、私もそれに釣られて時々食べに行っていたから・・・。当然、今の『もんど』は、そんな大晦日のイベント?をやる事も無く、大晦日は既に正月休みになっていたらしい・・・。
 
でも何と無く年末になると、そんな大賑わいしていた『もんど』が恋しくなったので、大晦日が近づいた土曜日の昼間に久々に食べに行ってみた。
 
新在家ラーメンもんど
こちらが久々に行って来た『新在家ラーメンもんど』で、この日はお店の開店直後の午前11時40分頃にお店に到着したのだが、既にテーブル席は満席で、カウンター席も2席ぐらいの空席がある程度の大賑わい・・・。どうにか一番手前に近いカウンター席に陣取る事は出来たのだが、マスターの奥さんに”時間がかかりますが、よろしいですか?”と釘を刺された・・・。”限定裏ラーメン”が無くなった今でも結構賑わっている様で一安心?
 
ちなみにこの日のスタッフはマスターと奥さん、それに初めてみるアルバイトの若いネエチャンの3人体制だった。この規模で3人体制は確かにキツイだろうなあ・・・。あのアルバイトのネエチャンも続くかなあ・・・。何れにしてもこの様子だと”限定裏ラーメン”が復活する日は当分の間、やって来ない様な気がする・・・
 
新在家ラーメンもんど蔵出し醤油麺メニュー
それはさて置き、お店誕生当時からの看板メニューであった動物系と魚介系のWスープの”もんどラーメン”も無くなり、また唯一残っていた豚骨系の”新味 豚骨醤油麺”が無くなったてしまったので、今は”中華そば”か”蔵出し醤油麺”か”チリとまと麺”しか選択種が残って無いのだが、この日は”限定裏ラーメン”があった頃を懐かしむ為?の訪問だったので、以前は良く行列に並んで食べていた蔵出し醤油麺”を食べる事に決定!!!
 
新在家ラーメンもんど蔵出し醤油麺で、先にも書いた様に、入店した時間がお店開店直後と言う事もあり、千客万来で先の客へのラーメン提供がおぼつかない状況だった事もあり、約20分少々待って漸く運ばれて来たのがこちらの”蔵出し醤油麺”で、お値段は690円也。私が”蔵出し醤油麺”を食べるのは実に1年半ぶりの事・・・、てか、そもそも2013年度は、この日で漸く3回目の訪問だった・・・。”限定裏ラーメン”をやっていた頃は、月に3回ぐらい来る事もあったのに比べると、雲泥の差で訪問回数は激減した・・・。私と同じ様な客は、他にも多い気がする・・・。
 
それはさて置き、久々に食べる”蔵出し醤油麺”の味はと言うと、相変わらず醤油味が濃い目のスープだ。何年か前に初めて”蔵出し醤油麺”が”限定裏ラーメン”で登場した時は、背脂にもうちょっと甘味があって、さながら”尾道ラーメン”風で美味しかったのだけどなあ・・・(そう言えば、高砂にある尾道ラーメンのお店『宝竜』のスープも結構醤油辛いけど・・・)。今の『もんど』のもう一つの看板メニューの”中華そば”は、ちょっと甘目だしなあ・・・。個人的にはその間ぐらいの味が好きなんだけど・・・。とは言え”蔵出し醤油麺”の特徴の一つである”斜め切りの葱”をスープに浸して食べると結構美味しかった気もする・・・。
 
新在家ラーメンもんど蔵出し醤油麺そしてこちらは”蔵出し醤油麺”にトッピングされていたチャーシューで、お店の説明に寄ると”長時間煮込んだ四万十ポークは臭みもなく、クセになる美味しさ”との事。薄切りながらラーメン鉢の半分ぐらいを占める程の大きさのチャーシューで、何時もながらにウマい!とは言え”限定裏ラーメン”で登場した”もんジロウ”にトッピングされていた”ぶ厚切りチャーシュー”を知ってしまった今となっては、ちょっと物足りないボリュームでもある・・・。またあの”ぶ厚切りチャーシュー”を・・・、てか”もんジロウ”が食べたい・・・
 
新在家ラーメンもんど蔵出し醤油麺
ちなみに”蔵出し醤油麺”の麺はこんな感じの細麺で、”中華そば”で使われている麺よりも細いが、こちらも何時も通りにウマい!でも”ぶ厚切りチャーシュー”同様に”もんジロウ”で使われていた”超極太麺”もまた食べてみたいのだけど・・・。
 
てな事で、大晦日が近づいた某日、久々に『新在家ラーメンもんど』に行って来たのだけど、流石に以前の様な行列は出来て無かったが、それでも大入り満員でスタッフが少ない事もあって、時々表で待たされるお客さんが居たぐらい・・・。また何時か”限定裏ラーメン”が復活する日を夢みながら、お店を後にしたのであった・・・。

2013年9月2日

限定ラーメンが無くなってからほとんど行かなくなった”もんど”だが、夏の名物”冷やし麺”を食べないと夏が来た気がしない!って事で久々に行ってみた。”冷やし麺”はやっぱり旨い!!!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 9:52 PM
 
代理人記録
 
お店誕生当初からの人気の下支えだった看板メニューで、当時は未だこの近辺では珍しかったWスープのもんどラーメン”が無くなり、そしてメール会員向けの”限定裏ラーメン”も辞めてしまってから、ほとんど行く事が無くなってしまったJR東加古川駅近くにある『新在家ラーメンもんど』であるが、夏になると食べたくなるのが夏季限定の”もんどの冷やし麺”!しかし最近はメールも届かないし、情報も入って来ないので今年の夏も”冷やし麺”をやっているのかどうか判らない・・・。何時もは7月の上旬頃からは始まっているのだが、何と無く不安?になったので、8月になってから久々に『もんど』に行ってみる事にした。
 
新在家ラーメンもんど
こちらが久々に行って来た『新在家ラーメンもんど』で、お店の前には”冷やし麺”と書かれた幟が置いてある。って事で、店前の駐車場に車を停めて早速入店する事に・・・。ちなみにメール会員向けの”限定裏ラーメン”が頻繁に登場していた頃は、毎週の様に食べに行っていたのだが、昨年は6回行っただけだし、今年なんて今回が漸く2度目の訪問だ。で、店内の様子を伺うとマスターと奥さんと、初めてみる若いアルバイト風の兄ちゃんの3人だけでやっている。でもそれなりにお客さんが入っていて、やはり3人だけではちょっとしんどそうな感じ。この分だと、やはり当分の間”限定裏ラーメン”が復活する事は無さそう・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺のメニュー
そしてこちらがこの日のお目当てである、夏だけのお楽しみ”もんどの冷やし麺”のメニューで、所謂世間で言う処の”冷やし中華”を”もんど流”にアレンジ?した”冷やし麺”で、このメニューも数年前に初めて登場した時は”限定裏ラーメン”の一つだったのだが、4年ぐらい前?から、夏季限定で登場する様になったのだった。ちなみに今年は8月1日から31日までの一カ月限定の発売で、その間は”チリとまと麺”の販売は休止らしい・・・、どちらにしても、もう9月になってしまったのでどうでもエエ情報になってしまった・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺のタレと薬味新在家ラーメンもんど冷やし麺のタレと薬味
それはさて置き、まず最初に運ばれて来たのが、こちらの”冷やし麺”の金胡麻ダレと薬味のピリ辛いミンチとネギで、この二つが”冷やし麺”の味の要となっている。最近では他のラーメン屋でも”胡麻ダレ風味の冷麺”が出て来るお店が増えて来たが、数年前にこの”冷やし麺”を初めて食べた時は、旨いなあ!と感激した物だった・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
そしてこの後、約5分程待って運ばれて来たのが、こちらの”もんどの冷やし麺”で、お値段は850円也。昨年までは780円だったので、実に70円の値上げだ・・・。これも”限定裏ラーメン”を辞めて行列が出来る程のお客さんがやって来なくなった?と言う事の弊害なのかな?ちなみに値段はアップしても内容は変って無い・・・、てか上の写真を見ただけではどんな内容なのか良く判らないですね?
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺新在家ラーメンもんど冷やし麺のタレと薬味
ちなみにこの”冷やし麺”を斜め横?から見るとこんな感じで、二郎系ドカ盛りラーメンだった”もんジロウ”程では無いが、富士山の如く高くそびえ立っているが、この盛り上がった中身は麺では無く”冷やし麺”の特徴の一つである”大根サラダ”で、他にカイワレが少し乗っているが、野菜は基本的にその2種類のみだ。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
てな事で、まずは最初に運ばれて来たピリ辛ミンチとネギを乗せ、その上から金胡麻ダレを廻しかけ、その後に大根サラダや麺を掻き混ぜて”冷やし麺”の完成!先にも書いた様に味の決め手は金胡麻ダレのみなのだが、大根サラダのシャキシャキ感やミンチ肉のアクセントもあって、何時も通り中々旨い!この味と食感は”もんどの冷やし麺”以外では味わえ無い旨さだ!
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
そしてこちらが”冷やし麺”の麺で、私の大好きな太麺とは正反対の極細麺で、通常メニューの”中華そば”で使われている麺とも違うが、この麺もこれまた旨い!この手の極細麺は、以前であれば”もんどの塩ラーメン”でも食べる事が出来たのだが、”限定裏ラーメン”が無くなった今となっては”塩ラーメン”も食べれ無いしねえ・・・。
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
ちなみにこちらは”冷やし麺”にトッピングされていたチャーシューで、こちらは何時もの”中華そば”や”蔵出し醤油麺”と同じ薄切りながら大き目サイズのチャーシューで、これまた旨い!何より金の胡麻ダレに絡まったチャーシューは、何時ものスープに浸かった味とは違ってこれまた旨いのだ
 
新在家ラーメンもんど冷やし麺
で、その他にもこの様な”味玉”がトッピングされていて、普段、私は自ら”味玉”をトッピングして食べる事は無いで、こう言った感じで最初からトッピングされている様な時でしか食べないのだが、ご覧の通りの半熟トロトロの味玉で、これまた旨い!そう言えば、封印されてしまったお店の看板メニューであったもんどラーメン”には、半玉分だったけど”味玉”はトッピングされていたっけ・・・。次回行った時は、普通の”中華そば”に”味玉”をトッピングして食べてみようかな?
 
てな事で、以前に”限定裏ラーメン”をやっていた頃は、毎月一回、あるいは毎週の如く行っていた頃もある『新在家ラーメンもんど』の夏季限定のメニューである”冷やし麺”が食べたくなって久々に行って来たのだが、期待通り”冷やし麺”は旨かった!以前の様な一日限定のメニューでは無く、この”冷やし麺”みたいに、一カ月間の間なら何時でも食べれる・・・、と言う様な形でも良いので”限定裏ラーメン”を復活してくれ無いかなあ・・・。もう一度”加古川ブラック”や”もんジロウ”が食べたいのだが・・・。

2013年3月14日

今年初の”もんど”で新メニューの”チリとまと麺”を食べた!ちょっと変わったラーメンだが中々旨い!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 9:43 PM
 
代理人記録
 
2年ぐらい前までは時々登場していた”限定裏ラーメン”に釣られて、最低でも月に一回、多い時は毎週の如く食べに行っていたJR東加古川駅近くにある『新在家ラーメンもんど』だが、2011年9月に”限定裏ラーメン”を辞めてからは、めっきりと訪問回数が減ってしまった。が、やっぱ一年の〆は”もんどのラーメン”やで・・・、と思い昨年末に久々に『もんど』に行ったら”新味 豚骨醤油麺”がメニューから消え、その代わりに、一度だけ”麺研(メンラボ)会員”向けに限定で登場した事がある”チリとまと麺”がメニューに加わっていた。
 
が、その日は冒険をせず、無難にお店の今の看板メニューである”もんど謹製中華そば”を食べたのだが、昨年の5月頃に”チリとまと麺”が”麺研会員”向けで登場した時は写真撮影禁止!って事で、その姿を紹介する事が出来なかったので、ちょっと前にその”チリとまと麺”を食べに?あるいは、紹介する為の写真を撮るのを目的に?、久々に『もんど』に行って来たのでご紹介。
 
新在家ラーメンもんど
こちらが今年初めて訪問となる『新在家ラーメンもんど』で、この日はちょっと遅めの午後12時40分頃の訪問だったのだが、テーブル席はほぼ埋まっていて、カウンター席はチラホラと空いてる席があったのだが、私が入店してからもまだまだ続々とお客さんがやって来て、カウンター席もほぼ埋まってしまった・・・。が、お店のスタッフはと言うと、マスターと奥さんの二人だけ・・・。確かにカウンターの奥は席を間引いていたし、セットメニューも少なくしてる様ではあったが、それでも続々とやって来るお客さんの応対と、ラーメン作りで四苦八苦している・・・。”限定裏ラーメン”があった頃は5~6人ぐらいの体制でやっていた頃とは偉い違いだ・・・。流石に二人だけでお店をやる様になると、”限定裏ラーメン”が復活する日は来ないかも知れない・・・
 
新在家ラーメンもんどのメニュー
それはさて置き、こちらが今のメニューで、”謹製中華そば”、”蔵出し醤油麺”、”チリとまと麺”の3種類となっている。10年程前に『もんど』が誕生した時のメニューと比べると完全に別のラーメンメニューになってしまった様な気が・・・。それにしても、何故”豚骨系のラーメン”は無くなってしまったんだろう・・・。てか、個人的には”加古川ブラック”をレギュラーメニューに入れて欲しい気がするのだが・・・。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺のメニュー
そしてこちらが、この日の私のお目当てである”チリとまと麺”で、ネーミングから想像すると”とまとラーメン”の様な印象を受けるのだが、メニューの説明に書いてある様に、ベースは醤油スープのラーメンで、所謂世間一般にある?”とまとラーメン”とは少し違う。で、この”チリとまと麺”にはチーズご飯セット”と言うオプションが用意されていて、麺を食べ終えた後に残ったスープに入れて食べると、リゾット風になって二度楽しめる様になっている・・・。とは言え、そんなに量は食べれ無いので素直に”チリとまと麺”単品で注文!!!
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”チリとまと麺”で、お値段は850円也。一般的な”とまとラーメン”はスープ自体がトマトベースになっている場合が多いのだが、この”チリとまと麺”の場合はメニューに書いてある通り、ベースは普通の醤油スープで、その上に”チリコンカン”と呼ばれる”豆とトマトの煮込み”がトッピングされていて、その”チリコンカン”を少しずつスープに溶かして食べて行くと、徐々にトマトスープに変化して行くと言う仕組みだ。試しに先にラーメン鉢の淵の方のスープを飲んでみると、”もんどの中華そば”とも”蔵出し醤油麺”とも違う様な印象の醤油スープだが、それはそれで普通に美味しいラーメンスープだ。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
そしてこちらが”チリとまと麺”の命とも言える”チリコンカン”で、昨年届いた紹介メールに寄ると”チリコンカンとはメキシコ料理の豆の トマト煮込み”との事。これを少しずつスープに溶かして行く事により、醤油スープからトマトスープの味に変化して行く・・・、と言うのがこのラーメンの最大の特徴だ。で、この”チリコンカン”は”豆のトマト煮込み”との事だが、他にも挽肉とかソーセージとか、あるいは玉ねぎや青梗菜?の様な野菜も沢山入っていて、色んな食感が楽しめて中々旨い!普通にラーメンとして食べた場合は、評価が分かれそうな気もするが、他では味わえ無い一風変わったラーメンだと思うと、これはこれで美味しいラーメンでは無いかな。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
そしてこちらが”チリとまと麺”の麺で、メニューに寄ると”もっちりした太麺”との事だが、雰囲気的には何処と無く平打ち麺に近い様な麺だ。多分、この麺も東京カネジン製麺だと思うが、何と無く以前のこのお店の看板ラーメンだった”もんどラーメン”で使われていた麺に近い様な印象で、この麺も中々旨い!思えばこの『もんど』で色んな種類の麺を楽しませて貰って来たが、何か久々にまた一味違う麺に出会った様で、ちょっと嬉しかったかな。出来る事ならば、この麺で普通の”中華そば”とか”蔵出し醤油麺”を食べてみたい気がする・・・。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
ちなみに先に紹介した写真では”チリコンカン”の具が良く判らないので、もう1枚、食べてる途中の写真をご紹介。こちらを見ると良く判る様に、豆やらソーセージやら挽肉やら玉ねぎ等、様々な具が入っている事がお判りいただけ様・・・。特にラーメンの中にソーセージ?と思うかも知れないが、意外とこのスープにソーセージがマッチしていて中々旨い!それに豆も挽肉も美味しくて、スープの底にたまっていた挽肉を最後の一粒まで完食したのであった。
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺
で、具はそれだけかな?と思っていたら、何とまだその下にラーメンの定番とも言えるモヤシも入っていて、これもまたスープに浸して食べると中々旨い!何かこうなって来るとラーメンを食べているよりは、トマト鍋?を食べている様な雰囲気ではあったが・・・。
 
てな事で、今年初の『新在家ラーメンもんど』に行って、昨年は会員限定の為に撮影禁止とかで写真が撮れ無かった”チリとまと麺”を食べて来たのだが、多分好き嫌いは判れるとは思うが、トマトラーメン系が好きな人には満足出来るラーメンでは無いかな。第一、こんな変わったラーメン、中々他のお店でも食べれ無いので興味のある方は、メニューにある間に早目に食べに行った方がエエかも・・・。それにしても、この日はマスターと奥さんの二人だけでお店を切盛りしていたので、結構大変そうだったなあ・・・。他の従業員の人ってみんな辞めてしまったんだろうか・・・。二人だけだと”限定裏ラーメン”なんてやってられんだろうし・・・。当分の間は、今の3種類のラーメンメニューのままでやって行くのかな???
 
 
最後に・・・、私が以前に”トマトラーメン”を食べのは・・・、と気になって過去の写真を調べていたら、丁度このブログを始める少し前に、姫路広畑にあるホームセンタームサシの2Fに、当時あった複合施設?『姫路城下らーめん宿場町』の中に、一時期出店していた、その名も『香港トマトラーメン』と言うお店で食べたラーメンの写真が残っていたので、懐かしさも兼ねて此処でご紹介
 
姫路城下らーめん宿場町香港トマトラーメン
こちらが『香港トマトラーメン』の、多分”トマトラーメン”・・・。味に関しては全く持って覚えて無いが・・・。それはさて置き、確か『らーめんたろう』にも店舗限定でこれと似た”トマトラーメン”があった様な・・・。長い間『らーめんたろう』には行って無いので、久々に行って”トマトラーメン”でも食べてみようかしら・・・。

2013年1月2日

昨年のラーメン食べ納めで、久々に”新在家ラーメンもんど”に行ったら、メニューが若干変わっていた・・・。

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 8:42 PM
 
代理人記録
 
今年一発目のラーメンネタ(と言っても昨年12月に食べたラーメンの話だが・・・)はどのお店を書こうかと思案した挙句、やっぱ一年の締め括りは『もんど』しか無いで・・・、と年末近くになって久々に食べに行った新在家ラーメンもんど』の話からスタート!
 
新在家ラーメンもんど
こちらが久々に行って来た東加古川にある『新在家ラーメンもんど』で、私は約10年程前にこのお店が誕生した二日目に食べに行って以来の常連客で、当ブログで何度も紹介した様に、会員向けの限定裏ラーメンお目当てに、一時期は毎月一回・・・、多い時は週に一回とか二日連続で食べに行っていたのだが、一昨年にお店誕生の時からの人気を下支えしていた、当時はちょっと珍しかった動物系と魚介系のWスープの”もんどラーメン”を封印、そしてその後に限定裏ラーメン会員が無くなってからは、めっきりと訪問回数が減った
 
ま、お店が誕生して数年は、そんなペースだったから、元に戻った?と言えなくの無いのだが、昨年もあちこちのお店で数多くのラーメンを食べて来たのだが、やっぱり年末の〆は『もんど』に限る!って事で、久々に食べに行って来たのであった。
 
新在家ラーメンもんど
で、お店到着は午後1時近くだったのだが、年末で最後の日曜日と言う事もあってか、満席で待ち客リストに名前を書いて待たされる事となった。こんな時間でも結構流行っているのね・・・、と店内を覗くと、カウンターの奥の方は空いている様だったのだが、スタッフはマスターと奥さんと、それに初めてみる若いオネエチャンの3人しか居ない・・・。何時もいる、しっかりしたテキパキねえちゃんの姿が見当たらない・・・。お店の規模的に3人で廻すのが大変な様で、その為に、若干お客さんを間引きつつ店内に案内している様だ・・・。
 
そう言えば、入口の横に”スタッフ募集”の大きな張り紙がしてあったなあ・・・。限定裏ラーメンは無くても、相変わらずそれなりにお客さんが来るみたいで、やっぱ3人だけだとキツイんだろうなあ・・・。そんな事もあって最近は”麺研(メンラボ)会員”向けのメールも来なくなったのかな?
 
新在家ラーメンもんど店内
てな事で、表で約10分ほど待たされて、漸く入店!この日は久々に一番奥のカウンター席へと案内された。こちらがその席から見た厨房?の中の様子で、何時も皿洗いをしていたオジサンの姿も無く、マスターと奥さんと、アルバイターのオネエチャンの3人で忙しそうに動き廻っていた(表の、駐車案内係担当の義パパさんは健在だったけど・・・)。10年前に、このお店が誕生した時はこのカウンター席だけだったので、3人でも十分にやって行けてたのだが、奥にあった喫茶店もラーメン屋さんで使う様になってからは、3人だけじゃあ、ちょっとしんどそうだもんな・・・。
 
新在家ラーメンもんどラーメンウォーカーグランプリ金賞新在家ラーメンもんどラーメンウォーカーグランプリ金賞
ちなみに、お店入口の処とか、あるいは店内のあちらこちらに、この様な”ラーメンWalkerグランプリ2012 都道府県ランキング兵庫第1位 金賞”の張り紙と、雑誌の紹介記事とかが貼られていた。既に”ラーメンWalkerグランプリ2013”が始まっているので、ネタ的には半年以上前の事?の様な気がするのだが、前回来た夏頃には、このポスターは貼って無かった様な気がする・・・。
 
新在家ラーメンもんど新メニュー表
で、この日は一年の締め括りで久々に”もんど謹製中華そば”を食べるつもりでやって来たのだが、メニューを見ると以前と若干変わっている。何が違うかと言うと、”もんどラーメン”を封印した後も、以前から続いてメニューにあった”新味 豚骨醤油麺”が消え、変わりに、昨年の5月頃に麺研(メンラボ)会員限定で販売した”チリとまと麺”が新メニューとして加わっている!
 
新在家ラーメンもんどチリとまと麺メニュー
そしてこちらが、新メニューに加わっていた”チリとまと麺”のメニューで、何か久々の限定ラーメンっぽい感じで、ちょっと興味は惹かれたのだが、私は昨年の5月頃に麺研会員限定で販売された時に食べた事があるし、そもそもこの日は1年の締め括りで、あっさりしたオーソドックスなラーメンが食べたいと思って『もんど』に来たので、この日は素直に?見送る事にした。ま、何れ近い内に食べに来る?事になるかも知れないので、ご紹介はまたその時にでも・・・。
 
新在家ラーメンもんどからあげ定食メニュー
ちなみにラーメンメニューの他に何か変わって無いかな?と思って色々チェックしていたら、何時ものセットメニューを書いたメニュー表も置いて無く、その代わりに、この”からあげ定食”のメニューが置いてあるだけだった。”ぎょうざ”や”肉めし”は通常メニューの方に書いてあったので、出来なくは無いのだろうが、”ロースとんかつ定食”とか、私が唯一食べた事が無い”白身魚定食”は出来なくなったのかな?ま、3人だけだと、それも致し方無い事なんだろう・・・。
 
新在家ラーメンもんど謹製中華そばメニュー
それはさて置き、上でも書いた様に、この日の私のお目当てはこちらの”謹製中華そば”で、未だ限定裏ラーメンをやっていた頃から時々登場した事があったのだが、その他にも毎年、年明けの1月2日か3日に、マスター一人でお店を開けて出していた、まさに正月だけの限定メニューで出していたのだった。それ以外ではK朗君と一緒に来た時に食べた”播州レプリカ”も、基本的にはこの”中華そば”と同じ?だった様な気がするのだが・・・。
 
新在家ラーメンもんど謹製中華そば
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”もんど謹製中華そば”で、お値段は630円也。ご覧の通り、シンプルイズベストな感じの、”鶏がらベースのオーソドックスな播州ラーメン”だ。もしかすると豚骨も使っているのかも知れないが、そう言った獣臭は無く、まさに”昔懐かしい中華そば”の味だ。ただこの日は、若干甘さ控え目で、どちらかと言うと醤油味の方が強かった気がしたのだが、それは私の体調のせい?だったのかも知れない・・・。
 
新在家ラーメンもんど謹製中華そば
ちなみにこちらは”中華そば”に入っていた”チャーシュー”で、”もんジロウ”にトッピングされていた”ぶ厚切りのチャーシュー”に比べると、2枚合わせても叶わない”薄切りチャーシュー”であるが、何時も通りの美味しいチャーシューだ。また何時か”麺研会員”向けでも良いから”ぶ厚切りのチャーシュー”がトッピングされたラーメンを食べてみたいもんだ。
 
新在家ラーメンもんど謹製中華そば
そしてこちらは”中華そば”の麺で、多分?であるが、従来通りの”東京カネジン製麺”の”モッチリの中太麺”で、久々だった事もあり中々美味しい。そう言えば限定裏ラーメンをやっていた頃は”もんジロウの極太麺”、”つけ麺播磨の手もみ平打ち麺”、”塩ラーメンの極細ちぢれ麺”等、様々な種類の麺を楽しませて貰ったよなあ・・・。やっぱ、もう一度、限定裏ラーメンを復活させて欲しい物だ・・・。
 
てな事で、約半年ぶりに『新在家ラーメンもんど』に行って来たのだが、相変わらずお客さんは沢山入っていたが、スタッフの数が足りずにテンヤワンヤしている様な感じだった。それは兎も角、新メニューに加わった”チリとまと麺”は、昨年食べた時は麺研会員限定!って事で、写真が撮れ無かったのだが、今回はレギュラーメニュー入りと言う事で、多分、写真撮影可なので、それも兼ねてまた年明け早々にでも食べに行こうと思うのであった。
次ページへ »

WordPress.com Blog.