義史のB型ワールド

2018年2月17日

毎度お馴染みの”餃子の王将”で、とろみ餡スープの”五目あんかけラーメン”を食べてみた!定番の中華あんかけだが生姜のアクセントもあって中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
最近は餃子無料券を入手する機会が減った事もあって以前程は食べに行っていないのだが、相変わらず時々食べに行っている『餃子の王将』(所謂”京都王将”と呼ばれる方で”大阪王将”とは別会社なのだが、未だその違いを知らない人は多いみたい・・・)なのだが、私が良く利用しているペルゴグループがFCでやっている『餃子の王将』では定期的に期間限定のメニューが登場していて、少し前に”しじみラーメン”とか”岩津ねぎラーメン”ってのを食べたのだが、今度はそのペルゴグループだけでは無く『餃子の王将』の全店舗対象で”五目あんかけラーメン”ってのが登場したので食べてみた。
 
餃子の王将五目あんかけラーメンフェアメニュー
そしてこちらが『餃子の王将』から創業50年感謝メニューの12月分で登場した”五目あんかけラーメン”のフェアメニューで、個人的には以前から『餃子の王将』では”五目麺”を良く食べていたのだが、今回は玉子とじでは無くとろみの付いたあんかけ風になっているらしい・・・。で、毎度の事ながら単品で良いと思いつつメニューの中に五目あんかけラーメン”、”餃子 3 個と杏仁豆腐がついた、餃子も特別メニューも食べたい方におすすめのセット”と言うフェアセットAと”五目あんかけラーメン”に、”餃子1人前とライス(小)がついた、ランチやディナーにおすすめのセット”と言う”フェアセットB”があったので、思わず”フェアセットB”を注文!!!
 
餃子の王将創業50年感謝500円割引券
ちなみに『餃子の王将』では少し前から”創業50年感謝祭”で利用金額と回数に応じて金券やオリジナルグッズが貰えるキャンペーンをやっていて、何だかんだと食べに来ている間にそこそこポイントが溜まったのでちょっと前にゲットしたこちらの”500円割引券”を使う事に・・・。これも数年前の時のように近所の幼馴染と良く『餃子の王将』に食べに来ていたら、王将会員になったり金券ももっと沢山貰えてたんだけどなあ・・・。
 
餃子の王将五目あんかけラーメンフェアセットB
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”五目あんかけラーメン”と”フェアセットB”の餃子1人前とライスで、お値段は税込価格950円の処、先にも書いたように”500円割引券”利用で450円也。パッと見た感じは餃子が付いた八宝菜定食みたいに見えなくも無いが、当然の如く”五目ラーメン”のセットなのでボリューム満点だ!
 
餃子の王将五目あんかけラーメン
そしてこちらがメインの”五目あんかけラーメン”で、所謂”中華料理屋さん定番の五目ラーメン”、あるいは少し前に『らーめん幸楽苑』で食べた”五目うま煮らーめん”にも似た野菜がたっぷりと入ったラーメンだ。ちなみに商品説明に寄ると”たっぷりの野菜と豚肉のうまみをとろみ餡に閉じ込め、たっぷりの刻み生姜を載せました。豊かな生姜の風味と熱々の餡で、心も体も温まる冬にピッタリの一品”との事。で、先にも書いたようにベースのあんかけは王将定番の中華丼や八宝菜の具に生姜をトッピングしたような味ではあるが、結構慣れ親しんだ味と言う事もあって中々ウマい
 
餃子の王将五目あんかけラーメン
で、こちらは”五目あんかけラーメン”にトッピングされていた生姜で、生姜風味のラーメンと言えば”播州ラーメン”ですっかりお馴染みではあるが、ご覧の通りこちらは刻んだ状態の生姜がたっぷりと入っていて、何と無く最近偶に利用する”姫路タンメン”っぽい味わいになってこれまたウマい!もしかすると野菜に生姜がメチャマッチしているのかも知れない・・・。
 
餃子の王将五目あんかけラーメン
ちなみに”五目あんかけラーメン”の麺はこんな感じで、偶に日替わりランチとか定食を食べた時のセットのラーメンの麺には独特の臭い?と言うのか癖がある時があるのだが、こちらはお店定番の”王将ラーメン”と同じ”こだわり国産麺(国産小麦粉100%)”を使っているからなのか、そう言った癖も無く普通に美味しかった・・・かな。
 
餃子の王将焼餃子
そしてこちらはフェアセットBの”焼餃子”で、最近何時食べに来ても完璧な焼き具合な状態が続いていて、この日も繁忙時間帯と言う事もあってか次々と焼いているようで、ほぼ100%の出来に近い焼き具合でメチャウマい!やっぱ『餃子の王将』で一番美味しいのはこの”焼餃子”だと思う・・・。
 
てな事で、相変わらず時々食べに行っている『餃子の王将』で今回は”五目あんかけラーメン”を食べてみたのだが、大体想像していた通りの中華あんかけ風のラーメンではあったが、生姜のアクセントもあってこれはこれで中々美味しかった!ちなみにこの創業50年感謝メニューは毎月登場していて私も以前から偶に”よだれ鶏”とか”キノコと豚肉のバター醤油炒め”等を食べたのだが、思った程のインパクトも無かったので、その話はきっとこのまま紹介しないと思う・・・。
広告

2018年2月12日

毎度お馴染みの”ラーメン来来亭”で貰ったラーメン1杯無料券の有効期限が迫って来たので久々に”こってりラーメン”を食べてみた!この店ではこのラーメンが一番好きかも!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
2003年の年末近くに加古川サザンプラザの一角に『ラーメン来来亭/加古川店』が出来た頃は、本店のある滋賀県を中心に関西一円に10店舗あるか無いかぐらいの小規模なラーメンチェーン店だった。が、その後は破竹の勢いで出店攻勢をかけ”創業から10年で年商100億円を達成した巨大なラーメンチェーン店”へと成長した。そんな事や、当時は未だこの辺りには今ほど多くのラーメン屋さんが無かったので結構な割合で食べに行っていたのだが、『加古川店』が閉店した後は『東加古川店』で年に一回開催される周年記念イベントの時と、その時に貰えるお食事券を使いに行く時ぐらいしか無くなってしまった。が、その後はこの界隈にも沢山のラーメン屋さんが誕生したので、その『東加古川店』にもほとんど行って無かったのだが、11月の初め頃に創業20周年大感謝祭でラーメン1杯無料券プレゼントと言うキャンペーンをやっていたので、それに釣られて久々に食べに行ったのだが、その時に貰ったラーメン1杯無料券の有効期限が迫って来たので、またまた食べに行ってみた。
 
ラーメン来来亭/東加古川店
こちらがまたまた行って来た『ラーメン来来亭/東加古川店』で、此処何年か余り食べに来て無かったので最近の客の入りの様子が判らないが、この日も午前11時半頃の訪問でも既に結構お客さんが入っていて、既に食事を終えて帰って行くお客さんも居る程・・・。このお店がオープンして約10年半位経つが、今ではすっかり地元に根付いたラーメン屋さんになっているようだ。
 
ラーメン来来亭こってりラーメンのメニューラーメン来来亭ラーメン1杯無料券
それはさて置き、この日の訪問目的はラーメン1杯無料券を使う事だったのだが、その券の但し書きを読んでみると”ラーメン(並)・みそ(並)・こってり(並)”の何れかが一杯無料になるとの事。で、創業20周年大感謝祭の時には久々の訪問だったのでその時は定番の”背脂醤油ラーメン”を食べたし”みそ(並)”はそれ程食べたいと思わなかったので、この券を貰った時から決めていたこってりラーメン”を久々に食べてみる事に決定!!!
 
ラーメン来来亭こってりラーメン
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”こってりラーメン”で、通常税込価格745円の処、先にも書いたように創業20周年大感謝祭で貰ったラーメン1杯無料券利用でこの日は支払無し!若かりし頃であれば無料券だけを使って他に何も食べずにタダで帰って来る・・・何て勇気は無かったが、流石にこの歳になるとそんな事は全然おかまいなし!それはさて置き、ラーメンのこだわりは何時もの如く麺かため、ネギ多め、背脂多めを指定!以前から普通の”背脂醤油ラーメン”の背脂多めにした時と、この”こってりラーメン”とでは何がどう違うのかイマイチ良く判らんのだが、普通の”背脂醤油ラーメン”と比べると醤油辛さはそれ程無くて、こちらの方が断然うまい
 
ラーメン来来亭こってりラーメン
そしてこちらは”こってりラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、ご覧の通りこのお店定番の薄切りタイプの赤身焼豚で、前回食べた”塩ラーメン”の時は若干枚数が少な目で味もあっさりテイストだったが、今回は”背脂醤油ラーメン”の時と同じようにりたっぷりと入っていたし、味もしっかりしていて何時も通りの味ながら中々ウマかった
 
ラーメン来来亭こってりラーメン
ちなみに”こってりラーメン”の麺は、これまた何時も通りの”コシのある細麺”で、こちらもこのお店定番の味ではあるが個人的に太麺派なのと、最近も博多ラーメン系のお店でこの手の極細麺を良く食べている事もあって、今回も特に大きく印象に残る事は無かったかな
 
てな事で、毎度お馴染みの『ラーメン来来亭』の創業20周年大感謝祭に行った時に貰ったラーメン1杯無料券を使って久々に”こってりラーメン”を食べたのだが、私の大好きな背脂がたっぷりと入ったこってりスープで中々ウマかった!やっぱ普通の”背脂醤油ラーメン”よりも、私はこちらの方が好きかも・・・。それはさて置き、約一ヶ月の間に”背脂醤油ラーメン”と”塩ラーメン”と”こってりラーメン”を食べたので、流石にちょっと飽きて来た気がするので次回このお店に来るのは周年祭の時か、それよりも先になるような気がする・・・。

2018年2月8日

毎度お馴染みのパチンコマルハンの中にある飯屋さんで有名ラーメン店コラボ企画の”初代けいすけ監修黒味噌ラーメン”を食べてみた!意外とあっさりしたスープで中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
以前は”日本全国ご当地味めぐり”や”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”に釣られて結構な割合で食べに行っていたパチンコマルハン加古川店の中にある『ごはんどき』と言う飯屋さんであるが、最近は近くにあるミクちゃんガイアに行く方が増えた?ので全然食べに行って無かった。が、少し前に久々に行ったら”TVで紹介された話題店”とのコラボで”究極の塩だしが大好評”と言う『そば助』の”そば助の最強豚丼”や”そば助の豚そば”を食べ、更にはその第二弾で『伝説のすた丼屋』が監修した”すたみな丼”等も食べたのだが、それらが終わると今度は”有名ラーメン店コラボ企画”とやらが始まって”すごい煮干ラーメン凪監修 煮干ラーメン”を食べたのだが、折角なのでもう一つのメニューである”初代けいすけ監修 黒味噌ラーメン”を食べにまたまた行ってみた。
 
パチンコマルハン ごはんどき/加古川店
こちらがまたまた行って来たパチンコマルハン加古川店に併設されている『ごはんどき/加古川店』で、このお店でも定期的に期間限定のメニューが登場するのだが、『かつや』や『松屋』と違って食べてみたいと思うようなメニューが登場する事は少ない・・・。が、以前の”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”の時の様に、何処かとコラボしたメニューの時は結構楽しげな商品が登場するので、中々目が離せないのだ。
 
ごはんどき初代けいすけ監修黒味噌ラーメン
そしてこちらが今回食べた”初代けいすけ監修 黒味噌ラーメン”のメニューで、今回登場した『初代けいすけ』と言うお店には当然の如く食べに行った事は無いのだが、名前は何と無く知っていたので過去ログを調べてみると数年前に石神秀幸が唸った名店シリーズのカップ麺で”初代けいすけ 黒味噌ラーメン”やインスタント生麺で”二代目けいすけ 海老そば”と言うのを食べた事があったようだ(もしかしたらブログに載せて無いだけで他にもあったのかも・・・)。何れにしても今回の訪問目的はこの”初代けいすけ監修 黒味噌ラーメン”を食べる事にあったので早速食券を購入!!!
 
ごはんどき初代けいすけ監修黒味噌ラーメン
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”初代けいすけ監修 黒味噌ラーメン”で、お値段は税込価格900円也。ご覧の通り、商品名そのまんまの真っ黒なスープのラーメンで、パッと見た印象は私の大好きな”ブラックラーメン”のようにも見える。で、先ずはスープから飲んでみると思いの外、味噌々々した感じでは無く意外とあっさりしたスープで中々ウマい!ちなみにお店の公式サイトの商品案内に寄ると”7種類の味噌と竹炭をブレンドした味噌だれ。これこそがビジュアルで驚きを与える、真っ黒い味噌ラーメンの元。この味噌だれ、炭を混ぜ込み熟成させることにより、塩の角が取れ、まろやかな口当たりとなり、仕上げの山椒を利かせることによりパンチのあるインパクトを与えている”との事。これが今回食べた”初代けいすけ監修 黒味噌ラーメン”に当てはまるのはどうかは定かでは無いが、中々美味しいラーメンだった
 
ごはんどき初代けいすけ監修黒味噌ラーメン
そしてこちらは”初代けいすけ監修 黒味噌ラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、これまた特に説明等も書かれて無いので何とも言えないが、パッと見た感じでは前回食べた”すごい煮干ラーメン凪監修 煮干ラーメン”にトッピングされていた2種類のチャーシューと全く同じ雰囲気で、流石に少し前に食べたばかりなのでそれ以上の感動は無かったが、どちらも中々美味しいチャーシューだった!。
 
ごはんどき初代けいすけ監修黒味噌ラーメン
ちなみに”初代けいすけ監修 黒味噌ラーメン”の麺はこんな感じで、これまた前回食べた”すごい煮干ラーメン凪監修 煮干ラーメン”はメチャ個性的な”平打ち麺”だったのだが、こちらは至って普通の麺と言う印象・・・。スープに竹炭を使っているのであれば、麺にも竹炭を混ぜて10年位前に和歌山で食べた”備長炭麺を使ったラーメン”のような真っ黒な麺にして欲しかった気がする・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みのパチンコマルハンに併設されている飯屋『ごはんどき』で開催されていた”有名ラーメン店コラボ企画”の”初代けいすけ監修 黒味噌ラーメン”を食べてみたのだが、偶に北海道物産展で食べる濃厚な味噌スープのラーメンとは違った、どちらかと言うと私にはあっさりした味噌スープで中々美味しかった!ま、私自身が”ブラックラーメン”系が大好きと言う事もあって、黒いスープを見ただけで美味しく思うのかも知れないが・・・。

2018年2月5日

毎度お馴染みの”醤油中華そばいせや”から”中華そば半額”のハガキが届いたのでまたまた食べに行ってみた!半額と言うお得感があって何時も以上に旨い!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
確か2013年の春頃だったかに、神戸西区に誕生した『濃厚醤油中華そば いせや本店』に食べに行ったら中々美味しかったので、その後も偶に明石大久保方面へ行った時に少し足を延ばして食べに行ったりしていたのだが、2014年の年末頃に今度は加古川ホームランスタジアムの中に『加古川店』が出来たので、それ以降はその『加古川店』にしか食べに行か無くなった。で、この『加古川店』は所謂フランチャイズ店で『いせや本店』とは異なるサービスをやっていて、少し前に”ポイントカードに入会すればラーメン1杯100円”で食べれると言うチラシが入っていたので、それに釣られて入会したらその後度々お得なクーポン券が付いたDMが届くようになったのだが、今回は何と”中華そば半額”のハガキが来たのでそれに釣られて久々に食べに行ってみる事にした。
 
醤油中華そばいせや中華そば半額ハガキ
ちなみにこちらが『醤油中華そば いせや』から送られて来た”中華そば半額”のハガキで、下の方に書いてあるようにこのハガキはFC店である『加古川店』『玉津店』『大蔵谷店』のみで利用可能で『いせや本店』では使えない。それにしても最近は『中華そば専門店 天下一品』や『ラーメン来来亭』等で、ラーメンを食べると無料券を貰える事があったのだが、あちらは都合2回食べに行かないと行けないが、この”中華そば半額”ならば一回で済むので意外と飽き性な私にはこちらの”中華そば半額”の方が嬉しいような・・・。
 
濃厚醤油中華そば いせや/加古川店
それはさて置き、こちらがまたまた行って来た加古川ホームランスタジアム(今はパチンコマルハンの併設店と言う方が合ってる様な・・・)の一角にある『濃厚醤油中華そば いせや/加古川店』で、参考までに書いて置くと一番最初は『希望軒ラーメン』で、その後『らぁめん工房 ホープ軒』、『らぁめん工房 御三家』と変遷はして来たが、ずっとFC店だったので(関係者では無いので細かい突っ込みはご容赦)何れも同じ会社が運営・営業しているお店でもある。
 
醤油中華そばいせやのメニュー醤油中華そばいせやのメニュー
そしてこちらがこの日時点の『加古川店』のメニューで、基本的には以前と大差無いのだが、何やら”中華そばを食べている途中で醤油からいと思ったお客様へ”と言う但し書きが新しく記載されている。で、それに寄ると最初にあっさり”か”基本”を頼んだ人には無料で背脂半コテ分を、半コテ”を注文した人には50円追加で背脂半コテ分が増量出来るらしい・・・。当ブログでも度々”醤油からい”と書いて来たが、そう感じているお客さんは結構居たって事なんだろう・・・てか、お店もそれに気付いているならば最初から少し薄味にすれば・・・とも思うのだが・・・。
 
醤油中華そばいせや中華そば(半コテ)
それはさて置き、今回は”中華そば半額”のハガキ持参だったので当然の如く注文したのはこちらの”中華そば”で、お値段は通常税込価格810円の処、半額の405円也。スープの種類は何時もの如く”半コテ”を選択!更にポイントカード提示で無料サービスの”鶏つくね”をトッピング!!確かにこの内容で405円なら安い!!!で、私がこの”中華そば”を食べるのは約10ヵ月ぶりと言う事もあってか、あるいは先に無料食べ放題のキムチを摘まんで食べたからなのか、思った程の”醤油からさ”は無くて中々ウマい!
 
醤油中華そばいせや中華そば(半コテ)
そしてこちらは”中華そば”にトッピングされていたチャーシューで、前回食べた”まぜそば”には1枚だけだが結構大き目サイズのチャーシューがトッピングされいたが、今回は何時も通りの薄切りタイプながら、これまた結構な枚数入っていてボリューム満点!流石にこれまた以前食べた”チャーシュートッピング”程のダイナミックさは無かったが、こちらも美味しいチャーシューだった。
 
醤油中華そばいせや中華そば(半コテ)
それともう一つ、こちらはポイントカード提示で無料トッピングした”鶏つくね”で、以前食べたた時と同じような何と無くぎっしりと身が詰まった感じで少し固めの食感だが、味的には鶏肉風味満載で中々ウマい!ちなみに”鶏つくね”の他に”半熟味玉”を選ぶ事も出来るのだが、何れにしても毎回どちらかが無料になると考えると、それだけでポイントカードに入る価値がある気はする・・・。
 
醤油中華そばいせや中華そば(半コテ)
ちなみに”中華そば”の麺はこんな感じの、これまた何時も通りのストレート細麺で、こちらもすっかり食べ慣れているので可も無く不可も無くであった。
 
てな事で、毎度お馴染みの『醤油中華そば いせや』から”中華そば半額”のハガキが届いたので、それに釣られて久々に”中華そば”を食べたのだが、内容的には何時もと変わらないので特にインパクトがあった訳では無いが、”鶏つくね”も入ってお値段が半額と言うお得感もあってか何時も以上に美味しかった気がする・・・。それは兎も角として、偶にこう言うDMが届くので私が『醤油中華そば いせや』へ食べに行くのはそう言った時しか無くなって来た・・・。これってお店側に取ってエエんだか悪いんだか・・・。

2018年2月1日

毎度お馴染みの”スガキヤ”で麺は半分だが野菜がたっぷり入った”でら盛野菜ラーメン”を食べてみた!チャンポン風味の魚介ダレを使っているらしく中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:58 PM
 
代理人記録
 
格安ラーメンチェーンの代表格とも言える『スガキヤ』と言えば、名古屋生まれで愛知県人のソウルフードの一つとも言える存在なのだが、若かりし頃にサンモール高砂の中にもお店があった事もあって、個人的には愛知県人並に愛着のあるラーメン屋さんだ。で、我々が一番良く食べていた頃はラーメン1杯が140円位?だったのが、流石に今では320円になっているがそれでも他の格安ラーメンチェーン店と比べても安い事には違い無い!で、そんな『スガキヤ』に食べに行くのは年に一回春に開催される”スーちゃん祭”の時ぐらいでしか無かったのだが、私の様な客が他にも沢山居るのか、そんな客を引き寄せるかのように次々と新商品が登場するので、それに釣られて思わず結構な回数食べに行っている。で、今回も”豚骨鶏白湯ラーメン”とか”でら盛野菜ラーメン”等の新メニューが登場したのでまたまた食べに行ってみた。
 
スガキヤ/アスパ高砂店
こちらがまたまた行って来たアスパ高砂のフードコートの一角にある『スガキヤ/アスパ高砂店』で、流石に書く事も無くなって来たので以前の記事を引用すると、10年位前この場所には関東系のチェーン店らあめん花月嵐』があったのだが1年程で撤退、その後にこの『スガキヤ/アスパ高砂店』が誕生して早10年以上が経つ・・・。何故か『らあめん花月嵐』は関西エリアでは不人気の様で、現時点では関西エリアから完全撤退してしまったようだ・・・。ま、『スガキヤ』自体も加古川ニッケパーク店とかイトーヨーカドー加古川店が消滅した様に、中々ご当地の方の口に合わせるのは難しいのかも知れない・・・。
 
スガキヤでら盛野菜ラーメンと豚骨鶏白湯ラーメンの販売告知スガキヤでら盛野菜ラーメンと豚骨鶏白湯ラーメンのメニュー
そしてこちらが『スガキヤ』から新登場した”豚骨鶏白湯ラーメン”と”でら盛野菜ラーメン”の販売告知とメニューで、今回登場したラーメンはどちらも今までに食べた事が無い商品なので、どちらを食べようかと思案した結果、日頃の野菜不足を補う為に先ずは”でら盛野菜ラーメン”を食べる事に決定!!!ちなみに冬の定番人気商品と言う”牛すき焼き丼”も同時販売されていたのだが、雰囲気的に10年位前に食べた”すき焼き丼”と同じような内容の気がしたので今回もパスした。
 
スガキヤでら盛野菜ラーメン
で、こちらがこの日に実際に食べた”でら盛野菜ラーメン”で、お値段は税込価格490円也。パッと見た感じは10年位前に食べた”温野菜ラーメン”とか、あるいは2017年の春頃に食べた”創味シャンタンDXとコラボした特製タレの温野菜ラーメン”とも違って確かに野菜がたっぷり入っていて、更にトッピングのコーンを見ると少し前に『リンガーハット』で食べた”増量コーン10倍!”の”野菜たっぷりちゃんぽん”よりも多い印象・・・。ただその半面?トッピングに肉は入って無いようだ
 
スガキヤでら盛野菜ラーメン
ちなみに、参考までにこの”でら盛野菜ラーメン”を横からみるとこんな感じで、野菜の量を考えると所謂”二郎系ドカ盛りラーメン”風のラーメンのように思えるのだが、流石に麺が半分しか入って無い事もあって思った程の迫力は無い。でも『くら寿司』で食べた”野菜追加トッピングしたらーめん麺抜き”よりはボリュームはあるようだ。
 
スガキヤでら盛野菜ラーメン
それはさて置き、早速この”でら盛野菜ラーメン”を食べてみると、雰囲気的には何時ものスガキヤラーメンのスープと同じっぽいが、野菜の甘みもあってこれが中々ウマい!商品説明に寄ると”麺半分に一日に必要な野菜350gをのせた、糖質20%オフラーメン。野菜と相性の良いチャンポン風味の魚介ダレとスガキヤ豚骨スープで旨味たっぷりのスープ”との事。元々が”魚介風味の和風とんこつスープ”なので”チャンポン風味の魚介ダレ”かどうかは判断出来なかったが、全体的には中々美味しいラーメンだった!
 
スガキヤでら盛野菜ラーメン
ちなみに”でら盛野菜ラーメン”の麺はこんな感じで、当然の如く何時もの”スガキヤラーメン”と同じで、特に何も感じる事の無い麺であった。
 
てな事で、毎度お馴染みの『スガキヤ』から”豚骨鶏白湯ラーメン”と”でら盛野菜ラーメン”言う新商品が登場したので、先ずは健康的な?”でら盛野菜ラーメン”を食べてみたのだが、確かに野菜たっぷり入っていてスープも何時もとは少し違う味わいがあって中々美味しかった!それはさて置き、この後にもう一つの”豚骨鶏白湯ラーメン”とか、更にその後も久々にリニューアルして復活した”コク旨ラーメン”を食べたのだが、その話はまた後日・・・。

博多豚骨ラーメンまるせん高砂店が本日オープン!!!って事で、取り敢えずオープン予告チラシだけを御紹介!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:00 PM
 
代理人記録
 
本日2月1日の話題と言えばこれしか無い?って事で、『博多豚骨ラーメンまるせん』の高砂店が本日オープンしたお話・・・。
 
少し前に新聞の折込に『博多豚骨ラーメンまるせん』の高砂店が宝殿にあるイオンアイモール高砂の向かい辺りにオープンすると言うチラシが入っていた。『博多豚骨ラーメンまるせん』と言えば7~8年位前?に明石伊川谷にオープンした店名通り”博多豚骨ラーメン”のお店で、当時明石方面へ車で行った時は伊川谷ICで降りる事が多かったので、何度か食べに行った事があるのだが、2年位前には姫路白浜にもお店が誕生したので私もオープン直後に食べに行った事がある結構馴染のラーメン屋さんだ。
 
博多豚骨ラーメンまるせん高砂店オープンチラシ
そしてこちらが『博多豚骨ラーメンまるせん/高砂店』のオープンチラシで、姫路白浜店がオープンした時もそうだったのだが、オープンしてから1週間程の間はお店の看板商品である”まるせんラーメン”が半額並のお値段で食べれると言う内容・・・。が、このお店の最大のウリ?は”まるせんラーメン”単品で650円するのに、半チャンセットや唐揚げセットでも750円で食べれると言うメチャお得価格な事。ちなみにこのチラシには『まるせんグループ』として”伊川谷本店”、”白浜店”、”たつの店”が載っているのだが、その他にも”三宮店”と”藤江店”があって、私も店舗だけは観に行った(何のこっちゃ?)事があるのだが、その2店は残念ながら閉店してしまったようだ・・・。
 
それはさて置き、取り敢えず今日の昼頃に店前を通ったら案の定行列が出来ていたので、そのまま素通り・・・。で、夕方近くに目の前のスーパーへ買物へ行った序に食べに寄ってみたのだが、その話はまた後日・・・。

2018年1月27日

毎度お馴染みの”ラーメン来来亭”で貰った500円の金券の有効期限が迫って来たので久々に”塩ラーメン”と”ギョーザ定食”を食べてみた!スープはやはりショッパイかな?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:11 PM
 
代理人記録
 
2003年の年末近くに加古川サザンプラザの一角に『ラーメン来来亭/加古川店』が出来た頃は、本店のある滋賀県を中心に関西一円に10店舗あるか無いかぐらいの小規模なラーメンチェーン店だった。が、その後は破竹の勢いで出店攻勢をかけ”創業から10年で年商100億円を達成した巨大なラーメンチェーン店”へと成長した。そんな事や、当時は未だこの辺りには今ほど多くのラーメン屋さんが無かったので結構な割合で食べに行っていたのだが、『加古川店』が閉店した後は『東加古川店』で年に一回開催される周年記念イベントの時と、その時に貰えるお食事券を使いに行く時ぐらいしか無くなってしまった。が、その後はこの界隈にも沢山のラーメン屋さんが誕生したので、その『東加古川店』にもほとんど行って無かったのだが、11月の初め頃に創業20周年大感謝祭ラーメン1杯無料券プレゼントと言うキャンペーンをやっていたので、それに釣られて久々に食べに行ったのだが、その時に貰ったラーメン1杯無料券とポイントカード満タンで貰った500円金券の有効期限が迫って来たので、またまた食べに行ってみた。
 
ラーメン来来亭/東加古川店
こちらがまたまた行って来た『ラーメン来来亭/東加古川店』で、此処何年か余り食べに来て無かったので最近の客の入りの様子が判らないが、この日も午前11時半頃の訪問でも既に結構お客さんが入っていて、既に食事を終えて帰って行くお客さんも居る程・・・。このお店がオープンして約10年半位経つが、今ではすっかり地元に根付いたラーメン屋さんになっているようだ
 
ラーメン来来亭500円金券
それはさて置き、この日の訪問目的はラーメン1杯無料券か500円の金券のどちらかを使う事だったので、有効期限をチェックすると500円金券の方が先に切れるようだったので、今回は取り敢えず500円金券を使う事に・・・。で、ラーメン1杯無料券では久々に”こってりラーメン”を食べる予定をしていたので、どうせなら違う種類の味を・・・と思い久々に”塩ラーメン”を食べる事にし、更にちょっとした気分で”ギョーザ定食”にする事に決定!!!
 
ラーメン来来亭ギョーザ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”ギョーザ定食”のメインとも言えるこちらの”ギョーザ”で、若干皮がパリっとでは無くフニャッとした感じではあるが、当然の如く焼立て熱々のジューシーな具で、これをおかずに白いご飯を一緒に食べるとメチャウマい!最近も結構な割合で『餃子の王将』へ行って餃子を食べていたので、それと比べると少し物足りない感があったが、これはこれで中々美味しい”ギョーザ”だった。
 
ラーメン来来亭ギョーザ定食塩ラーメン
そんなこんなで、先に運ばれて来た”ギョーザ”を食べていると間も無くして”塩ラーメン”も運ばれて来て、全品揃った”ギョーザ定食”がこちらで、お値段は通常税込価格982円の処、先にも書いた様にこの日は500円金券利用で、更に端数切捨てとなって?480円也。このお店の定食に付いているライスは小サイズなので若干少な目だが、今の私には十分な量とも言える・・・。
 
ラーメン来来亭ギョーザ定食の塩ラーメン
そしてこちらが”ギョーザ定食”のセットで注文した”塩ラーメン”で、当然の如くこのお店の看板商品である”背脂醤油ラーメン”とは違い、背脂は一切入って無いあっさりしたスープで普通に美味しいのだが、それでも結構濃い味で以前食べた時と同じく私には若干塩っ辛い?ショッパイ?ような味だ。ま、このお店定番の”背脂醤油ラーメン”も結構醤油味が濃い方なので、この”塩ラーメン”に限らず言える事かも知れないが・・・。
 
ラーメン来来亭ギョーザ定食の塩ラーメン
それはさて置き、こちらは”塩ラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、何時もの如くこのお店定番の薄切りタイプの赤身焼豚で、それ自体は普通に美味しいのだが何時も食べる”背脂醤油ラーメン”と比べるとトッピングされている枚数が少ないような気がしたのと、スープがあっさりテイストな事が影響してチャーシューの味自体も薄かったような気がする・・・。
 
ラーメン来来亭ギョーザ定食の塩ラーメン
ちなみに”塩ラーメン”の麺も”背脂醤油ラーメン”の麺と同じような何時も通りの”コシのある細麺”で、こちらもこのお店定番の味ではあるが個人的に太麺派なのと、最近も博多ラーメン系のお店でこの手の極細麺を良く食べている事もあって、特に大きく印象に残る事は無かったかな
 
てな事で、毎度お馴染みの『ラーメン来来亭』の創業20周年大感謝祭に行った時にポイントカード半分満タンで貰った500円金券を使って今回は”塩ラーメン”と”ギョーザ定食”を食べてみたのだが、”塩ラーメン”は相変わらず私には少し塩っ辛いような印象だった・・・。やっぱこのお店では素直に”背脂醤油ラーメン”を食べるべきかな・・・と思いつつ、この数日後にはラーメン1杯無料券を使って”こってりラーメン”を食べたのだが、その話はまた後日・・・。

2018年1月24日

毎度お馴染みの”スシロー”でちょっと楽しげな”オマール海老サラダ”とか”たこぼっち”とか”うなぎカマンベール”等を食べてみた!確かに商品名通りの寿司だった・・・。

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 9:46 PM
 
代理人記録
 
此処最近、毎月の如く各回転寿司チェーンをローテーションしつつ食べ廻っていて、今年になってからも早速『くら寿司』や『スシロー』に食べに行ったばかりなのだが、例に寄って今日紹介するのは12月上旬頃に『スシロー』へ行った時のお話・・・。とは言え、流石にネタ的にタイミングを逸しているような気もするので、今回も?簡単にご紹介!
 
あきんど スシロー/高砂店
こちらがまたまた行って来た毎度お馴染みの回転寿司チェーン『あきんど スシロー/高砂店』で、今回もまたまたのディナータイムの訪問で、しかも時間も午後5時半頃と結構早目の時間帯だったのだが、それでも既に先客万来で賑わっていた。
 
スシローオマール海老サラダ
それはさて置き、先ず最初に注文して食べたのがこちらの”オマール海老サラダ”で、お値段は税抜価格100円也。値段が値段なのである程度予想していた通り、私の食べたいような”爪のあるオマール海老”では無く、殻から外した身を使っただけの寿司だ。ちなみに商品説明に寄ると”カナダ・セントローレンス湾内でとれた、ぶりっと締まった食感が特徴のオマール海老を使用したメニュー。海老は中でも鮮度の良いものを厳選し、生きたままでボイルしている。さらに、ランプフィッシュキャビアをトッピングして仕上げた”らしい・・・。
 
スシローオマール海老サラダ
で、先に紹介した”オマール海老サラダ”の写真では肝心の”オマール海老”の姿が良く判らないので、タルタルソース?を退けて身を見るとこんな感じで、ご覧の通りパッと見ただけでは普通の海老か、あるいは蟹の身にも見えなくは無いが、”オマール海老”だと思って食べると何と無くそんな味わいがあって、これはこれで中々美味しかった
 
スシローローストビーフテリーヌのせ
そしてその次に注文したのがこちらの”ローストビーフ テリーヌのせ”で、お値段は税抜価格100円也。雰囲気的には以前食べた”国産黒毛和牛ロッシーニ風”に似ているのだが、あちらは税抜価格280円に対して今回は100円なので、その差は歴然・・・。てか上に乗っているテリーヌは今回もやっぱりマーガリンっぽい味だったような・・・。
 
スシロー桜肉のロースト
そしてこちらはその後に廻って来た”桜肉のロースト”で、お値段は税抜価格100円也。”桜肉”と言えばご存じの通り馬の肉で、偶に書いている様に新入社員1年目の時に熊本南阿蘇へ出張した際の接待で馬刺しをご馳走になって以来、馬の肉も結構好きになったので思わず注文したのだが、パッと見た感じ以前に『旨唐揚げと居酒メシ ミライザカ』で食べた”馬刺しの握り”とか『廻転寿司 力丸』で食べた”桜肉(馬刺し)”とは違い、ローストなので瑞々しさの無いパサパサとした感じの”桜肉”だ。ま、値段が全然違うので単純比較は出来ないが、ちょっと期待外れだったかも・・・。
 
スシローたこぼっち(水たこ昆布〆)
そしてその次に廻って来たのがこちらの”たこぼっち(水たこ昆布〆)”で、お値段は税抜価格100円也。個人的に蛸が好きなのと、商品名が楽しそうだったので思わず注文したのだが、パッと見た感じは普通の茹でた蛸の握り寿司に見える・・・。ちなみに商品名に寄ると”たこの名産地北海道でとれた水たこの頭を、北海道産の上質な昆布でしめました。やわらかくてなめらかな、他ではなかなか味わえないうまさをぜひ!”との事で、どうやら蛸の足では無く頭の身らしい・・・。ま、実際に食べた時はそんな事も知らないままに食べたので、極々普通に蛸の寿司だったような・・・。
 
スシローうなぎカマンベール
それはさて置き、こちらもちょっと商品名が楽しそうだったので思わず注文した”うなぎカマンベール”で、お値段は税抜価格180円也。ご覧の通り”うなぎ”の身の上にチーズが乗っただけのメチャシンプルな内容で、商品説明もそのまんま”ふっくら香ばしいうなぎにカマンベールチーズを合わせました。一度たべたらクセになる組み合わせです!”との事。確かに普段食べる”うなぎ”の寿司とは違う洋風テイストな味わいがあって、これはこれで意外と美味しかったかな
 
スシロー濃厚えび味噌ワンタンメン
そんなこんなで一通り寿司を食べた後、締めで麺類を食べてから帰ろうと思いつつタッチパネルを見ていたら、何と無く食べた記憶の無いラーメンがあったので、思わず注文したのがこちらの”濃厚えび味噌ワンタンメン”で、お値段は税抜価格330円也。雰囲気的には以前から通常メニューの中にあった”濃厚えび味噌ラーメン”の具の海老の身が海老ワンタンに変っただけのような印象・・・。
 
スシロー濃厚えび味噌ワンタンメンスシロー濃厚えび味噌ワンタンメン
そしてこちらが”濃厚えび味噌ワンタンメン”の中に入っていた海老ワンタンで、以前食べた”濃厚えび味噌ラーメン”に入っていた海老の身の大きさと比べるとかなり小さい印象ながら、ワンタンのつるっとした食感と海老の身のプリプリした食感が合わさって、これはこれで中々美味しい海老ワンタンだったかな。
 
スシロー濃厚えび味噌ワンタンメン
ちなみに”濃厚えび味噌ワンタンメン”の麺はこんな感じの若干平打ちっぽい中太ちぢれ麺で、雰囲気的には”スシローのラーメン”シリーズ定番の麺と同じようで、最近はこの味にも馴染んで来たからか普通に美味しい麺であった。
 
てな事で、毎度お馴染みの『スシロー』で今回はちょっと変わった商品名の寿司やら”濃厚えび味噌ワンタンメン”を食べてみたのだが、思った程のインパクトは無かった物の普段食べる寿司とは違う味わいがあって、これはこれで中々楽しかったかな。それはさて置き、今年になってからもちょっと豪華な”本鮪・かに・うに豪華7貫盛り”とか”茹で本ずわい蟹”等を食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

2018年1月20日

毎度お馴染みの”餃子の王将”で朝来市特産の岩津ねぎを使った”岩津ねぎラーメン”を食べてみた!たっぷりの岩津ねぎが炒め野菜風味の味わいで中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:22 PM
 
代理人記録
 
最近は餃子無料券を入手する機会が減った事もあって以前程は食べに行っていないのだが、相変わらず時々食べに行っている『餃子の王将』(所謂”京都王将”と呼ばれる方で”大阪王将”とは別会社なのだが、未だその違いを知らない人は多いみたい・・・)なのだが、私が良く利用しているペルゴグループがFCでやっている『餃子の王将』では定期的に期間限定のメニューが登場していて、少し前に”しじみラーメン”を食べたのだが、その後に今度は”岩津ねぎラーメン”ってのが登場したので食べてみた。
 
餃子の王将岩津ねぎラーメンのメニュー
ちなみにこちらがペルゴグループ系列の『餃子の王将』で販売されている”岩津ねぎラーメン”のメニューで、他のラーメン専門店でも”葱ラーメン”は販売されているが、今回はその名の通り”兵庫県朝来市特産の岩津ねぎ”を使っているのが最大の特徴だ!個人的にも叔父&叔母家でご馳走になっていた”すき焼き”にたっぷりと”岩津ねぎ”を入れて食べていた事もあって、結構好きなネギでもある。って事で、今回はこちらの”岩津ねぎラーメン”を食べる事に決定!!!
 
餃子の王将焼き餃子
で、先ず最初に運ばれて来たのは『餃子の王将』に来てこれを食べ無いわけにはいかないだろう・・・と思って注文したこちらの”焼餃子”で、お値段は税別価格220円也。この日も繁忙時間帯と言う事もあってか次々と焼いているようでほぼ100%の出来に近い焼き具合でメチャウマい!やっぱ『餃子の王将』で一番美味しいのはこの”焼餃子”だと思う・・・。
 
餃子の王将岩津ねぎラーメン
そしてその次に運ばれて来たのがこちらの”岩津ねぎラーメン”で、お値段は税別価格780円也。ご覧の通りスープや麺がほとんど見えない程の量の”岩津ねぎ”がたっぷりとトッピングされた文字通りの”葱ラーメン”だ!ちなみに商品説明に寄ると”白ネギと青ネギの中間にあり緑の葉もまるごろ食べられる岩津ねぎ。トロリとやわらかく、風味豊かであま~い!今が旬の岩津ねぎをたっぷり使った絶品ラーメン”との事。
 
餃子の王将岩津ねぎラーメン
そしてこちらが”岩津ねぎラーメン”にトッピングされていた”岩津ねぎ”や細切りされた豚肉orチャーシューで、若干王将テイストに脂ぎった感が満載なのだが、”岩津ねぎ”に甘みとピリ辛さがあって、これを豚肉と一緒に食べるとメチャウマい!ラーメンと言うよりも、この”岩津ねぎ”と豚肉の炒め物だけで白いご飯お茶碗一杯軽く食べれる程の美味しさだった!
 
餃子の王将岩津ねぎラーメン
ちなみに”岩津ねぎラーメン”の麺はこんな感じで、偶に日替わりランチとか定食を食べた時のセットのラーメンの麺には独特の臭い?と言うのか癖がある時があるのだが、こちらはお店定番の”日本ラーメン”と同じ”こだわり国産麺(国産小麦粉100%)”を使っているからなのか、そう言った癖も無く普通に美味しかった・・・かな。
 
餃子の王将焼き肉まんのメニュー
それはさて置き、折角なので別の日に行った時に以前からちょっと気になっていた焼き肉まん”を食べたので序に紹介すると、少し前からこのお店のメニューの中に”ネットで話題!!”と言う謳い文句で販売されていたので、元来の”肉まん”(ま、関西では”豚まん”と呼ぶべきなんだが・・・)好きな私なので、一度食べてみたいと思っていたのだった。
 
餃子の王将焼き肉まん
で、こちらが実際に食べた”焼き肉まん”で、1個のお値段は税別価格170円也。ご覧の通り”肉まん”の上に焼いたようなマークが付いているのが見た目的な特徴だ。そう言えば偶に”焼き小籠包”とか、あるいは”焼き焼売”を食べた事があるが”焼き肉まん”ってのを食べたのは今回が初めてだ。ま、”肉まん”を焼く必要があるのかどうか、若干微妙な気もするが・・・。
 
餃子の王将焼き肉まん
ちなみに”焼き肉まん”の裏面を見るとこんな感じで、当然の如くこちらもしっかりと焼跡?が付いている・・・。
 
餃子の王将焼き肉まん
で、早速この”焼き肉まん”を食べてみると、確かに表面には焼いた後があって香ばしさ少しある?ような無いような感じではあるが、味的には割と普通の”肉まん”に近い・・・。ま、個人的に”肉まん”も大好きな事もあって、焼いたかどうかば別として中々美味しい焼き肉まん”であった!
 
てな事で、相変わらず時々食べに行っている『餃子の王将』で今回は”岩津ねぎラーメン”を食べてみたのだが、所謂刻んだ青ネギを大量にしただけの”葱ラーメン”とは違って、”岩津ねぎ”の甘みや炒め野菜っぽい味付けもあって全体的に中々美味しいラーメンだった!そしてこの後も今度は全国フェアメニューで登場した”五目あんかけラーメン”を食べたのだが、その話はまた後日・・・。

2018年1月17日

久々に行った姫路駅前にある”姫路タンメン”で期間限定メニューの”野菜雲呑麺”を食べてみた!肉々しさ満載のワンタンがたっぷり入ってメチャウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
11月上旬に姫路城三の丸広場で開催された”人間将棋 姫路の陣 2017”の見物に行った後は全然姫路方面へ行く機会は無かった。が、この日はちょっとした事情で久々に(と言っても3週間後程ではあったが・・・)姫路まで出掛けて行ったので、その時にお店の前を通ったら何やら私の好きそうな雲呑麺”のメニューボードが置いてあった『姫路タンメン』に行ってみる事にした。
 
姫路タンメン
こちらが久々に行って来た姫路おみぞ筋商店街南端に2017年2月の中旬頃に誕生した『姫路タンメン』で、前回紹介した時に書いたように以前に食べに行った事がある『姫路イタリアン酒場 MARUMASA』等を手広くやっている会社が新たに始めた業種?のお店らしい・・・。ちなみに10年位前にはこの場所に本格的なビーフカレーが290円で食べれる『カレー本舗 合格や』と言うお店があって、私も利用した事があったのだが、その後は賃貸ルーム斡旋のお店になっていたので久々に飲食店に戻ったのが個人的にちょっと嬉しい・・・
 
姫路タンメン雲呑麺のメニュー
そしてこちらが以前姫路に来てこのお店の前を通った時に観て以来、一度食べてみようと思っていた”雲呑麺”のメニューで、個人的に”わんたんめん”が大好きで偶に他のお店でも結構食べる事が多いのだが、お店に寄って肉入りワンタンだったり皮だけのワンタンだったりするのだが、ご覧の様にこのお店は結構大きな肉入りワンタンのようだ。で、最初は普通に”雲呑麺”を食べようと思ったのだが、このお店に来て野菜抜きはちょっと寂しい?と思い”野菜雲呑麺”を食べる事に決定!!!
 
姫路タンメン野菜雲呑麺
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”野菜雲呑麺”で、お値段は税込価格890円也。ご覧の通り初訪問時に食べた”姫路タンメン”の中に結構大ぶりの雲呑が入っていてパッと見ただけでもボリューム満点!ちなみに商品説明に寄ると”店内で一つ一つ手包みしたワンタンは、肉々しいことこの上なし。旨みの詰まった濃厚な醤油スープがツルツルもっちりのワンタンと抜群にマッチ。姫路らしく「生姜」を加えると、さっぱりに味変できます”との事。それはさて置き、先ずはスープから飲んでみるとメニューに濃厚醤油と書いてある通り、しっかりとした醤油味で中々ウマい
 
姫路タンメン野菜雲呑麺
そしてこちらが”野菜雲呑麺”に入っていた”手包みしたワンタン”で、パッと見た感じでは”王将の餃子”並か、あるいは更にそれよりも大きいような気もする程だ。個人的には最初に書いたようにワンタン好きな事もあって”新在家ラーメンもんどのワンタン麺”とか”ターメン堂のターメン白 ~超ワンタン!~”等で結構大きなサイズのワンタンを食べて来たが、このワンタンもそれに負けずとも劣らぬ大きさで、更にメニューに”肉々しい”と大きく書いてあった通り、具が目一杯詰まっていてメチャ美味い
 
姫路タンメン野菜雲呑麺
ちなみに”野菜雲呑麺”にトッピングされていた”手包みしたワンタン”の中身はこんな感じで、まるで焼売か豚まんの具並にたっぷりと肉が入っていて、思わずこれをおかずに白いご飯が食べてみたくなる程だった(そう言えば、一度食べてみようと思っていた”しゅうまい”がメニューから消えていたような気が・・・)。
 
姫路タンメン野菜雲呑麺姫路タンメン野菜雲呑麺
それはさて置き、今回食べた”野菜雲呑麺”にも初訪問時に食べた”姫路タンメン”と同じく生姜が付いて来たので、途中から少しずつスープに加えて食べると、何と無く慣れ親しんだような味わいが出て来てこれまた旨い生姜はワンタンや野菜とも相性が良いなあ・・・と改めて感じたのであった!
 
姫路タンメン野菜雲呑麺
ちなみに今回食べた”野菜雲呑麺”の麺はこんな感じで、この時は何も思わずに食べたのだが後から以前食べた”姫路タンメン”の麺と比べてみると若干種類が違う麺のような・・・。今となっては確証が無いので、次回このお店に行った時は麺も細かくチェックする事にしよう・・・。
 
てな事で、久々に行った姫路おみぞ筋商店街南端にある『姫路タンメン』で今回は”野菜雲呑麺”を食べてみたのだが、期待通りの大きさだし具も”肉々しさ”満載でメチャ美味しかった!更にたっぷりの野菜も摂れて何と無くヘルシーさもあったし正に一石二鳥の”野菜雲呑麺”だった!それはさて置き、偶にこのお店にはこの手の期間限定のメニューが登場するようなので、また機会があれば食べに行ってみたいと思う!
次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.