義史のB型ワールド

2019年9月15日

久々に行った高砂中島にある”kitchen KATO”でミニステーキと海老フライがセットになったAコースを食べてみた!数年ぶりに食べたが以前どおりメチャウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 10:29 PM
 
代理人記録
 
今年のGWの期間中に姫路日航ホテルで中学校同窓会が開催されたのだが、それとは別に最近は数か月に一回位の割合でプチ同窓会も行われている。基本的には毎回集まるメンバーの半分以上は固定化されてる気もするが、偶に今まで交流の無かった女子の面々ともお話をする様になり、それがきっかけで以前に『京懐石 輝高』でのお食事会にも参加させて貰った。で、そのお食事会・・・と言うのか女子会の趣旨はお誕生日会だったらしく、その流れで少し前に『和風ステーキ 梅はら』へ行ったのだが、その一ヵ月後位に今度は6月生まれ?のお誕生会とかで、久々に『kitchen KATO』へ行く事になった!
 
kitchenKATOA
こちらが久々に行って来た”自家製ハンバーグとビーフかつめしが人気のお店!”と言う『キッチン カトウ/kitchen KATO』で、お店がある場所は高砂中島辺りの明姫幹線の北側、パチンコ「Earth21」の東向かい辺りだ。で、個人的にこのお店には10年位前は偶に食べに来ていたのだが、その数年後には超人気店になって満席な時が増えた事もあって、最近は若干足が遠のいていたので久々の訪問だ!
 
kitchenKATO/Aコース
それはさて置き、今回も私に主導権は無く?全員でメニューを見た結果食べる事に決めたのはこのお店の一番人気・・・と言うのか私自身も良く食べていたミニステーキと海老フライがセットになったAコースを食べる事に決定!!!で、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの自家製スープで、雰囲気的にはポテトを使ったポタージュのような感じで、その中に刻んだベーコンが入っていて、久々に飲んだ事もあってかメチャ美味しい!!!
 
kitchenKATO/Aコース
そしてこちらはその後に運ばれて来たサラダで、内容的にはレタスや玉葱やトマトと至ってシンプルな野菜ばかりだが、上からかかっている自家製ドレッシングがこれまたウマい!確かこのドレッシングはお土産としても販売されているはず?なので、一度買って帰って家で使ってみようかな?と思う・・・。
 
kitchenKATO/Aコース
そんなこんなで先ず最初に運ばれて来た自家製スープを飲み、その後に運ばれて来たサラダを食べ終えて待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらのAコースのメイン料理のお皿とライスで、更に食後にコーヒーが付いてお値段は税込価格1400円也。ちなみに今回はお祝いをする側だったので、生ビール代は自腹・・・と言う事もあってこの時点で2杯目の生ビールだ!
 
kitchenKATO/Aコース
そしてこちらがAコースのメイン料理であるミニステーキ海老フライ2尾で、その脇にはポテトやブロッコリー等の温野菜が添えられている・・・。ちなみにこの日に座った席が丁度頭の後ろに照明があたるような場所だったので、どうしても料理の写真が暗くなってしまったので(この写真は同行者の物を横から撮ったので、そこそこ光は当っている?かな?)、見た目の綺麗な料理の写真は以前の記事を参照して欲しい・・・。
 
kitchenKATO/Aコース
ちなみにミニステーキの断面はこんな感じの私好みのミディアムレアな焼き加減で、お肉自体も柔らかくジューシー!それに自家製ステーキソースを絡めて食べるとメチャウマい追加で頼んだ2杯目の生ビールがすすむすすむ!そう言えば海老フライの写真は撮って無かったが、海老自体は小ぶりながらオーロラソース風の物がたっぷりかかっていて、そちらもメチャ美味しかった
 
kitchenKATO/Aコース
最後に・・・、こちらはAコースに付いていた食後のコーヒーで、内容的にはどうって事の無い至って普通ホットコーヒーなのだが、この後このコーヒー一杯で1時間近く・・・あるいはそれ以上に女子トーク?の仲間入りをする事になるのであった・・・(ちなみに今回は私以外にもう一人男子が参加・・・)。
 
てな事で、この日はまたまた某女子会?のお誕生日会で久々に『kitchen KATO』へ行ってAコースを食べたのだが、ミニステーキ海老フライ以前と全く変わらない味わいでメチャ美味しかった最近このお店のランチタイムは何時行っても流行っているので、若干足が遠のいてはいたが、直ぐ近くにあるアスパ高砂にはほぼ毎日のように行っているので、これを機会にまたちょくちょく食べに行く事にしよう!
広告

2019年8月31日

毎度お馴染みの”いきなりステーキ”で新メニューの”ステーキカレー”を食べてみた!ワイルドステーキは何時もの味だがカレーは好みが分かれるような・・・。

Filed under: カレー,ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
2018年2月下旬頃に遂に加古川にもオープンしたTVや雑誌等で話題の『いきなりステーキ』であるが、2回程食べに行った印象としてはコストパフォーマンスが余り良く無い気がしたので、当分の間食べに行く事は無いかな?と思っていたら、ご主人様と一緒に”サーロインステーキ”を食べに行った翌週に”肉マイレージ特許取得記念キャンペーン第2弾”で”ヘレステーキ”が通常1g9円が8円になると言うお得な記念価格で販売されていたので、それに釣られてまたまた食べに行った。きっとこれで当分の間食べに行く事は無いかな?と思っていたらその後になって”出店通算300号店達成記念”や”Nasdaq上場記念!ワイルドだョ!全員集合!”や”400号店達成記念ワイルド祭り!”等の”ワイルドステーキ”の300gが1000円で食べれるキャンペーンをやっていたので、それに釣られて結構食べに行くようになったのだが、その他にも”いきなり!ゴールデン肉ウィーク!プレゼントキャンペーン”でも食べに行って”肉マネークーポン500円分”を貰ったので、それを使いにまたまた食べに行ってみた。
 
いきなりステーキ加古川店
こちらがまたまた行って来た『いきなり!ステーキ/加古川店』で、以前紹介した様にこのお店がある場所は明姫幹線沿い円長寺交差点の北東の角、毎度お馴染みの『餃子の王将/東加古川店』やレンタルビデオの『TSUTAYA/東加古川店』等がある場所の一角で、先にも書いたように以前は『100円パンのヤキタテイ』で、更にその前には『焼肉 籠屋八兵衛/東加古川店』があった場所だ。ちなみに同じ敷地内にはこれまた当ブログでお馴染みのステーキレストラン・グルメ吉翔』もあったりする・・・。
 
いきなり!ステーキステーキカレーのメニュー
それはさて置き、この日は”いきなり!ゴールデン肉ウィーク!プレゼントキャンペーン”で貰った”肉マネークーポン500円分”を利用するのが最大の目的だったので、特に何が食べたいと思っていた訳では無いのだが、丁度この訪問日の少し前から以前は店舗限定で販売されていた”いきなり!ステーキステーキカレー”が全店でも販売されるようになっていたのと、ぜひ一度食べてみたいと思っていたので、今回はこの”いきなり!ステーキステーキカレー”を食べてみる事に決定!!!
 
いきなりステーキサラダとスープ
で、”いきなり!ステーキステーキカレー”を注文後、先ず最初に運ばれて来たのがランチタイムに食事をした時に無料で付いて来るこちらのサラダとスープで、基本的には初訪問時に出て来た物と全く同じ内容でサラダはちょっと物足りないが、スープには牛すじ肉も入っていて普通に美味しい。そう言えば以前に”サーロインステーキ”を食べた時にスープだけ頼んだら180円もしたので、そう考えるとこのサラダとスープが付いているだけでもメチャお得かも・・・。
 
いきなりステーキいきなり!ステーキカレー
そんなこんなで先に運ばれて来た”サラダとスープ”を食べ終えて待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”いきなり!ステーキステーキカレー”で、お値段は通常税込価格1394円の処、先にも書いたように”肉マネークーポン500円分”利用で500円引きとなって税込価格894円也。10数年前に食べた”三田屋総本家カレーのお店のステーキカレー”とか、あるいは”CoCo壱の夜ココメニューの鉄板カレー”と同じく、熱々に熱した鉄皿の中にライスとワイルドステーキが入っていて、カレー自体は自分でかけるように別の小鉢に入れての提供だ。ちなみに商品説明に寄ると”スパイスの効いたカレーソースとワイルドステーキのコラボレーション。熱々のステ ーキ皿に広がるカレーの風味がワイルドステーキとの相性が抜群”との事。
 
いきなりステーキステーキカレー
そしてこちらが”いきなり!ステーキステーキカレー”にトッピングされていた”ワイルドステーキ”で、メニューの説明に寄ると200gの量らしい・・・。最近はお得なキャンペーンの時に300gサイズを食べる事が多かったので、200gのサイズを食べるのはこのお店が誕生した直後に食べに来た時以来の事だ。とは言え、今回はライスの上に盛られているからなのか、オープン当初に食べた時と比べると何と無く肉の量が多いようにも見える・・・。
 
いきなりステーキステーキカレー
それは兎も角として、カレーは自分でかけて食べるスタイルだったので、先ずは”いきなり!ステーキステーキカレー”にトッピングされていた”ワイルドステーキ”を一切れだけステーキソースを付けて食べてみると、流石にジューシーと言う程では無いが中々ウマい!ちなみに今回はライスが入っているので熱々の鉄皿からの熱が伝わり難いと言う配慮からなのか、何時もはレアなままで運ばれて来るのに対して今回はご覧の通りミディアム以上に火が通っての提供だ!
 
いきなりステーキステーキカレー
そしてその後に自分でカレーソースをかけて完成?した”いきなり!ステーキステーキカレー”はこんな感じで、ライスの上から中心にかけたのでイマイチ見映えは良くない・・・。ちなみに商品説明によると”じっくり炒めた玉ねぎをベースに牛肉とフルーツの旨味に乳のコクを加え、オリジナルのカレー粉に数種類の単体スパイスを入れて仕上げました。柔らかく煮込んだ牛肉と、スライスビーフをトッピングした、いきなりステーキならではのビーフカレー”との事。で、そのお味であるが日本人なら誰もが大好きなカレーなので普通に美味しいのだが、期待が高買った事もあってか、思っていたほどの味わいでは無い・・・。てか、カレー自体の味は圧倒的に他のお店の方が美味しい気がするが、”お肉がたっぷり入ったカレー”だと思って食べると、それなりの旨さはあったかな。
 
てな事で、毎度お馴染みの『いきなり!ステーキ』で”いきなり!ゴールデン肉ウィーク!プレゼントキャンペーン”の時に貰った”肉マネークーポン500円分”を使って今回は”いきなり!ステーキステーキカレー”を食べてみたのだが、期待が高過ぎたのか思った程の味では無かったかな。偶にステーキ屋さんのカレーは美味しいと耳にするが、10年位前に大阪北新地のランチで食べた”ビフテキ小松屋のカツカレー”とか”ステーキとしゃぶしゃぶ京松のビーフカレー”とか”ステーキハウス風靡(ふうび)のカレー”はどれも余り印象は良く無かった記憶が・・・。

2019年8月29日

久々に行った高砂中島にある”和風ステーキ梅はら”で”梅はら定食”をご馳走になった!ステーキを中心に色んな料理が詰まった人気のランチで中々ウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
今年のGWの期間中に姫路日航ホテルで中学校同窓会が開催されたのだが、それとは別に最近は数か月に一回位の割合でプチ同窓会も行われている。基本的には毎回集まるメンバーの半分以上は固定化されてる気もするが、偶に今まで交流の無かった女子の面々ともお話をする様になり、それがきっかけで以前に『京懐石 輝高』でのお食事会にも参加させて貰った。で、そのお食事会・・・と言うのか女子会の趣旨はお誕生日会だったらしく、その流れで今度は5月生まれのメンバーのお誕生を開く序でに?私もお祝いをして貰える事になった!
 
和風ステーキ梅はら
で、そのお誕生日会?の開催がこちらの明姫幹線沿い高砂中島交差点近くにある『和風ステーキ梅はら』で、個人的にはこのお店が交差点の北東の角の今現在はauショップがある場所にあった頃から偶に利用していた結構馴染のあるお店なのだが、最近はこの界隈にも楽しげなステーキハウスステーキチェーン店が数多く誕生した事もあって、久しく訪問して無かったので前回来たのは約6年ほど前に、ご主人様とランチを食べに来た時以来だ・・・。
 
ちなみに今回は6人程のメンバーだったので、このお店の右側にある掘り炬燵式テーブルが2卓ある個室に案内された・・・。更にその奥にはお子様立ち入り禁止のワインバー?のような部屋もあったのだが、残念ながらチャンスが無くてその部屋の様子を伺う事は出来なかった。ま、公式サイトに写真が載っているので気になる方はそちらをご覧あれ・・・。
 
和風ステーキ梅はらの梅はら定食
それはさて置き、最初に書いたように今回はお誕生祝いのご招待なので私がメニューを目にする事も無くみんなでワイワイガヤガヤ雑談していると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”梅はら定食”で、ステーキやフライやサラダ等が入ったメイン料理のお皿の他に、小鉢、赤出汁、ごはん、デザート、それにステーキソースやポン酢等が入った小皿がセットになって、お値段は税込価格1400円也・・・、ご馳走様!!!
 
和風ステーキ梅はらの梅はら定食
そしてこちらが”梅はら定食”のメイン料理が乗った大皿で、女性客をターゲットにした定食なのかステーキは”フィレ肉50g”と少々量は少ないが、フライが2品と焼野菜にスパゲティ、更にレタスを中心としたサラダに、佃煮とタクアンの漬物が入った小鉢等が盛られていて、意外とボリュームはあるような印象・・・。
 
和風ステーキ梅はらの梅はら定食
それはさて置き、先ずは”梅はら定食”の一番のメインである”フィレ肉50g”から食べてみると、大皿に入ってはいるがステーキを焼いて直ぐに盛り付けたような焼き立て熱々で、お肉自体もとても柔らかくメチャウマい!折角なので、これまたご馳走になった生ビールとの相性も抜群だ!
 
和風ステーキ梅はらの梅はら定食
ちなみに『和風ステーキ梅はら』と言えばオーナーシェフが『ビフテキのカワムラ』の出身!(と、10年以上前に聞いたのだが・・・)って事で、『ビフテキのカワムラ』と同じく(そう言えば最近は『ビフテキのカワムラ』に全く行って無いので今でも同じかどうかは良く判らんが・・・)この様なニラがたっぷりと入った味噌ダレが付いていて、このタレがこれまたメチャウマいのだ!何年か前に管理人さんや30番さんらとバーベキューをした時に、『ステーキとエビ料理の本家かもめ屋』の味噌だれを持って行った事があるが、もしもこのタレだけが売って貰えるのであれば、バーベキューの時に買って行きたいと何時も思う・・・。
 
和風ステーキ梅はらの梅はら定食のフライ
そしてこちらは”梅はら定食”のメイン料理のお皿に盛り付けられていたフライとか焼野菜とかサラダで、フライは定番の海老とホタテだったと思うのだが、この時は話に夢中何を食べたかはっきりとした記憶が無く、また珍しく?写メも撮って無かったので実際はどうだったか定かでは無い・・・。
 
和風ステーキ梅はらの梅はら定食
それはさて置き、こちらは”梅はら定食”の中にあった小鉢で、その内容はご覧のような”ミニ煮込みハンバーグ”のような物で、何年か前にHねえさんに”スペシャル定食”をご馳走になった時に”温かく無い・・・”とボヤいていたのを思い出すが、ハンバーグ自体はとても柔らかくて中々美味しい!この時は生ビールを飲んでいたが、白いご飯にも良く合うような味わいだった気がする・・・。
 
和風ステーキ梅はらの梅はら定食
それともう一つ、こちらも”梅はら定食”に付いていた汁物で、これまた何時ものように赤出汁のようだ。で、この赤出汁は想像通り結構濃い目の味で、折角の美味しいステーキの味わいを邪魔するような気がするので、個人的には白味噌を使った味噌汁の方がエエと思うのだが・・・。
 
和風ステーキ梅はらの梅はら定食
最後に・・・、こちらは”梅はら定食”に付いていたデザートで、真ん中にはクリームがトッピングされているが内容的にはプチフルーツの盛合せで、これが中々ウマい!この後延々と続く?女子会トーク?を聞きながら食べたので、なおいっそう美味しかったような・・・
 
てな事で、この日は最近プチ同窓会で御一緒する事が多い一部の女子のお誕生日会で『和風ステーキ梅はら』に行って一番人気?の”梅はら定食”をご馳走になったのだが、ステーキの量は50g肉好きの私には若干物足りなさはあった物の、正に女子が喜ぶ(てかご婦人方?あるいは・・・)色んな料理が少しずつ盛合せになった内容でボリューム満点で、更にどの料理も全て美味しかった!それはさて置き、この約一ヵ月後には、これまたお誕生日会があると言うので、三度目の参加をする事になるのだが、その話はまた後日・・・。

2019年8月3日

毎度お馴染みのパチンコマルハンの中にある飯屋さんでまたまたワンコイン500円の”ステーキ丼”を食べてみた!流石に若干飽きて来たがこの値段なので辞められない!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
以前は”日本全国ご当地味めぐり”や”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”に釣られて結構な割合で食べに行っていたパチンコマルハン加古川店の中にある『ごはんどき』と言う飯屋さんであるが、最近は近くにあるミクちゃんガイアに行く方が増えた?ので全然食べに行って無かった。が、昨年末頃から”週末感謝価格”と言うキャンペーンが始まったので、それに釣られて”生姜焼き定食”とか”カツ丼”等毎月の如く食べに行くようになったのだが、その中でも特に大人気の”ステーキ丼”がまたまた登場したので食べに行ってみた
 
パチンコマルハン ごはんどき加古川店
こちらがまたまた行って来たパチンコマルハン加古川店に併設されている『ごはんどき/加古川店』で、このお店でも定期的に期間限定のメニューが登場するのだが、『かつや』や『松屋』と違って食べてみたいと思うようなメニューが登場する事は少ない・・・。が、以前の”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”の時の様に、何処かとコラボしたメニューの時は結構楽しげな商品が登場するので、中々目が離せないのだ。
 
ごはんどきステーキ丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ステーキ丼”で、別途”味噌汁”と”漬物”が付いて通常税込価格800円の処、今回は週末感謝価格で税込価格ワンコイン500円也。以前姫路へ行った時に『一乃屋』と言うお店で食べた”ステーキ丼”は税込価格918円、また最近は全然行って無いが『ステーキけん』(ちなみに現在は閉店)で食べた”ステーキ丼”は税込価格850円だったので、通常価格800円でも安い気はするが、それが500円で食べれるのだから牛丼チェーン店もびっくり?な価格だ!
 
ごはんどきステーキ丼
そしてこちらがメインの”ステーキ丼”で、パッと見た感じは100gぐらいのステーキだが、ご覧の通り丼鉢からはみ出そうな位の大きさでそこそこボリュームがありそうだ。で、早速この”ステーキ丼”を食べてみると、味のポイントはオニオンが入ったようなステーキソースではあるが、肉自体は柔らかくて中々ウマい!これがワンコイン500円で食べれるのは確かにお得だ!
 
ごはんどきステーキ丼
ちなみに”ステーキ丼”のお肉の断面はこんな感じで、流石に肉厚は1cm程度でしか無く焼き加減もミディアムではあるが、これまたそこそこのジューシーさもあってエエ感じ。そう言えば以前に毎度お馴染みの『なか卯』で食べた”リブロースステーキ丼”の肉厚もこんな感じだったので、そう考えてもこちらの方がお得感があるような・・・。
 
ごはんどきステーキ丼
最後に・・・、こちらは”ステーキ丼”に付いていた味噌汁で、当然の如く何時ものこのお店の味そのまんまだ。ちなみに何時もは丼や定食に私の好きな”かつやの割干大根漬”っぽい漬物が付いて来るのだが、この日は残念ながら至って普通の柴漬けだった・・・。個人的に”壷漬け風の漬物”の方が好きなんだけど・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みのパチンコマルハンに併設されている飯屋『ごはんどき』で、週末感謝価格ワンコイン500円で販売されていた”ステーキ丼”をまたまた食べてみたのだが、味的には何時もと同じで、肉の味と言うよりもステーキソースで食べるような感じではあったが、これはこれで中々美味しかった!そんな事もあって、またこの”ステーキ丼”が登場したら食べに行こうと思っていたら残念ながら6月も7月も登場しなかった・・・はず・・・。

2019年7月31日

久々に行った”イタリア料理 益田食堂”で”前菜の盛合せ”とか”幻の木下牛ステーキ”を食べてみた!インスタ映えする見た目な上にどの料理もメチャウマい!

Filed under: グルメ,ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
冬頃から春頃にかけて何度か我が姉の送迎を行ったらそのお返し(お礼)を兼ねて甥っ子ファミリー総出で私のお誕生会を開いてくれる事になった。で、何処のお店がエエか色々意見が出たのだが、姉がぜひ行ってみたいと言うのと個人的にもぜひまた行ってみたいと思っていた『イタリア料理 益田食堂』に久々に行ってみる事にした。
 
イタリア料理益田食堂
こちらが約3年半ぶりに行って来た高砂市役所近くの山電線路沿いにある『イタリア料理 益田食堂』で、前回の訪問はこのお店が誕生して間もない頃にご主人様とランチを食べに来た時以来なのだが、その頃は当然の如く今でもランチタイム&ディナータイムのどちらも基本的には予約をして無いと席が空いて無い程の超人気のお店だ。そう言えば、一度ランチタイムに来たら1時間待ち?とかで諦めて他のお店に行った事もあったような・・・。
 
イタリア料理益田食堂ディナータイム
ちなみにこちらはお店の前に置いてあったこのお店のディナータイムのお勧め料理の代表メニューで、本来であればコース料理を食べるべきではあるが、結構好みにバラつきがあるので今回はコース料理では無くお店に入ってから料理を選ぶと言う事にしていたので、このオススメメニューの中にある”幻の木下牛ステーキ”は絶対に食べる事にして早速入店!!!
 
益田食堂前菜の盛合せ
で、あれこれ料理を注文した後、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”前菜の盛合せ(1人前)”で、お値段は税抜価格1300円也。この料理は前回訪問時にも書いたように、このお店に来たからには絶対に食べるべき一品で、このお店ご自慢の前菜がこれでもかと言わんばかり沢山盛られていてメチャインスタ映えする見た目でもある。それはさて置き、本来であればこのお皿に盛られている肉料理魚料理を一品ずつ紹介したい処ではあるが、流石に覚えきれなかった(テープは回して無いやろな?とは言われ無かったので一応録音は撮ったのだが・・・)ので、今回は割愛するが正にこの前菜の一皿だけで生ビールが何杯でもお替り出来る程であった!
 
益田食堂バジルとモッツァレラのピッツァ
そんなこんなで先ず最初に運ばれて来た”前菜の盛合せ”をワイワイガヤガヤ言いつつ食べ終えて待っていると次に運ばれて来たのがこちらの”バジルとモッツァレラのピッツァ”のSサイズでお値段は税抜価格1300円也。相変わらず居酒屋さんへ行くと偶にピザを頼む事があるが、このような専門店?の本格的にピザを食べるのは2年程前に大阪で”生地が真っ黒なトリュフピッツァ”を食べた時以来だ!そんな事もあって、見た目は割とシンプルだが期待通り中々ウマい
 
益田食堂いろんなチーズのクリームピッツァ
そしてこちらは”バジルとモッツァレラのピッツァ”と一緒に運ばれて来た”いろんなチーズのクリームピッツァ”のSサイズで、お値段は税抜価格1500円也。これまたパッと見た感じはメチャシンプルで”バジルとモッツァレラのピッツァ”と同じく薄い生地タイプのピザ(イタリアンクラスト?)だが、上にかかっている”いろんなチーズ”が正にクリームかと思わんばかりの柔らかさと食感でこれまたウマい!具沢山なピザも良いけど、意外とこの手のシンプルなピザも中々美味しいと思った瞬間でもあった!
 
益田食堂サフランのリゾットミラネーゼ
ちなみにこちらは甥っ子が食べてみたいと言ってリゾットメニューの中から選んだ”サフランのリゾット ミラネーゼ”の多分Sサイズで、お値段は税抜価格1000円也。個人的に普段は自ら好んでリゾットを注文する事は無く、実際に食べた記憶も大阪で食べた”フォアグラのリゾット”ぐらいでしか無いのだが、取り敢えずちょっとだけ味見をしてみると・・・、ま、普通にリゾットと言う印象だがこれはこれで中々美味しかった
 
益田食堂北イタリア風カルボナーラスパゲッティ
それはさて置き、イタリアンのお店に来たからには絶対に欠かせない・・・と言うのかコース料理を注文しても必ず入っているであろうパスタのメニューから先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”北イタリア風カルボナーラ スパゲッティ”のLサイズ(120g)で、お値段は税抜価格1700円也。これまた普段は滅多に自らパスタを食べる事が無いのでどの点が”北イタリア風”なのかは定かでは無いが、これまた一人分をお皿に取って食べると定番のカルボナーラソースが中々ウマかった
 
益田食堂近江牛のミートソーススパゲッティ
そしてこちらもパスタメニューの中から注文した”近江牛のミートソース スパゲッティのLサイズ(120g)で、お値段は税抜価格2400円也。近江牛!と言う文言に釣られて注文したのだが、ご覧の通りミートソースになっているので今一つ近江牛感が無いのだが、確かにこの近江牛ミートソースがメチャウマい!個人的にはスパゲッティは要らないから、この近江牛ミートソースだけをご飯かパンに付けて食べたかったかも・・・。
 
益田食堂幻の木下牛ステーキ
そんなこんなでイタリアン定番のピザ、リゾット、パスタを食べ終えた後暫く歓談していると、満を持して運ばれて来たのがこちらの”幻の木下牛ステーキ”で、”木下牛”とは何かと言うと”木下牧場で生まれ育った近江牛が木下牛”で”サシを追い求め無い”のが最大の特徴らしい・・・。で、店内に飾ってあったボードに寄ると肉の部位がウチヒラと小モモがあったので、取り敢えず両方を何グラムかずつ注文したのだが、ステーキの脇には紫芋?を中心としたカラフルな野菜が添えられていて、最初の”前菜の盛合せ”と同様にメチャインスタ映えする見た目だ!
 
益田食堂幻の木下牛ステーキ
それはさて置き、先ずは”幻の木下牛ステーキ”のウチヒラから食べてみると、ご覧の様にパッと見た感じはヘレのサイコロステーキ風に近いような食感で、ロースのような脂感は無く歯応えのあるお肉だが、ジューシーでしっかりとした肉の味があってメチャウマい!個人的にお肉大好きと言う事もあって、この日食べた料理の中で1番美味しかったのがこのウチヒラだった!
 
益田食堂幻の木下牛ステーキ
そしてこちらは”幻の木下牛ステーキ”のもう一つの部位である小モモで、ご覧の通りメチャレアな焼き加減ながら正にこれがモモ肉の代表と言わんばかりの色艶をしている。で、こちらもしっかりとした歯応えのあるお肉で私の大好きな口の中でとろけて行くようなお肉とは真逆ではあるが、噛めば噛むほどに肉の味が出て来る正に肉好きには堪らない味わいがあった!
 
益田食堂デザート3種盛合せ
そんなこんなで楽しい宴もいよいよ終盤!こちらは甥っ子や女性陣が注文した”デザート3種盛合せ”で、お値段は税抜価格600円也。何やらこの日に用意されたデザートが全種類乗ったプレートで見た目も美味しそうだったのだが、例に寄って生ビールで満腹状態だったので今回は味見すらしなかったのだった・・・。
 
益田食堂デザート3種盛合せ益田食堂デザート3種盛合せ
ちなみにこの”デザート3種盛合せ”は内容は同じではあるが、一人ずつ違う形のお皿に盛られていたので参考までにご紹介・・・。
 
益田食堂食後のコーヒー
最期に・・・、こちらは食後に運ばれて来たコーヒーで、内容的には至って普通と言う印象ではあったが、これまたお洒落なカップとお皿雰囲気を味わうには十分な一杯のコーヒーだったかな。
 
てな事で、ちょっとした理由で私のお誕生日祝いを開いてくれると言うので久々に高砂市役所近くにある『イタリア料理 益田食堂』へ行って定番の”前菜の盛合せ”とか”幻の木下牛ステーキ”等を食べてみたのだが、どの料理もインスタ映えしそうな料理のオンパレードな上に、これまたどの料理もメチャ美味しかった!個人的にイタリアンは余り好きでは無く、パスタやリゾットは滅多に食べる事は無いのだが、このお店は味もさることながら雰囲気も良いので、ぜひまた機会があれば何度でも食べに来たいと思う・・・。

2019年7月29日

毎度お馴染みの”ステーキ宮”で使える期間&店舗限定のTポイントがあったので”ヤングカットステーキ”を食べてみた!”宮のたれ”にも舌が馴染んで来たようで中々ウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
偶にどうしても見たい海外ドラマがあって動画配信サービスのHuluやU-NEXTを利用する事がある(と言っても無料お試し会員ばかりだが・・・)。最近は大阪ガスが料金を支払ってくれると言うのでアマゾンのプライム会員にもなったからamazon prime videoも見放題だ(が、私が本当に観たいドラマや映画は追加料金が必要な場合がほとんどだが・・・)。とは言え、そんな動画配信サービスで映画を見ても私の自慢の7.1chの音響システムが活かせないので、相変わらずツタヤに行ってBDをレンタルする事も多い。
 
そんな事もあってツタヤ会員証・・・と言うのかTポイントカード会員なので毎日の如く迷惑メール?が届く。で、何時もはタイトルだけをチラッと見るだけでスルーするのだが、何やら期間限定のポイントの有効期限が迫っていると言うような文言が目に留まった・・・。あらためて見ると何やら特別なポイントで期間限定な上に何と『ステーキ宮』でしか使えないポイントとの事。最初は面倒だなあ・・・と思いつつ使えるポイントを見ると390ポイント(390円分)との事。普段から”かつやの100円割引クーポン”や”吉野家の50円割引券”、更には”中納言の5000円割引クーポン”まで幅広く活用している私なので、390円は結構デカイ!って事で、有効期限が迫って来た某日慌てて『ステーキ宮』へ行ってみた。
 
ステーキ宮播磨店
こちらがまたまた行って来た明姫幹線播磨町大中南交差点直ぐ近くあるステーキ&ハンバーグレストランステーキ宮/播磨店』で、初めてこのお店に来た時はオープン直後と言う事もあって既に駐車場が満車で車すら停める事が出来なかったのだが、流石にオープンしてから2年以上経っている事もあり入店した時は未だ閑散としていた。が、それは単にこの日も入店時間が午前11時過ぎのお店がオープンした直後だったからで、その後は土曜日のランチタイムと言う事もあってか前回訪問時と同じく次々とお客さんが入って来て一気に店内は満席状態になり、帰る頃には入口の処に待ち客が溢れていた程だった。
 
ステーキ宮ヤングカット★ステーキのメニュー
それはさて置き、この日の訪問目的は390円分のTポイントを使う事にあったので最初はお得な”日替りランチ”を食べようと思っていたのだが、通常のメニュー表の他にこのようなランチタイム限定メニューの”ヤングカットステーキ”ってのを発見!!!ヤングと言う響きが昭和世代の私にピッタシ?な気がしたのと限定メニューに弱い私と言う事もあって、今回はこの”ヤングカットステーキ”(サラダバーなしの単品ランチ)を食べてみる事に決定!!!
 
ステーキ宮スープバーステーキ宮スープバー
で、『ステーキ宮』のお楽しみと何と言っても”飲むサラダバー”と謳う”スープバー”で、常時4種類のスープが用意されているので、先ずは今まで飲んだ事が無い”野菜がたっぷりしみこんだオリジナルカレースープ”と言う”ベジカレースープ”と、”魚介の旨味をベースに、数種の野菜、豆類、旬のトマトを使用したスープ”と言う”旬トマトたっぷりスープ”の2種類のスープを運んで来た。が、”ベジカレースープ”はライスが来てから飲んだ方がエエような気がしたので”旬トマトたっぷりスープ”だけを飲み干し、その後で私の大好きな”鶏肉としいたけのスープ”を入れて来たのだが、やっぱこの”鶏肉としいたけのスープ”が1番美味しかったかな。ちなみに定番の”コーンポタージュスープ”は食後に飲んだのだけどそちらの話は割愛・・・。
 
ステーキ宮ヤングカットステーキステーキ宮ヤングカットステーキ
そんなこんなで先ずはスープバーから取って来たスープを飲みつつ待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ヤングカットステーキ”(単品ランチ)で、スープバーの他に何時もの如くチョイスした食べ放題のライスが付いて、お値段は通常税込価格1382円の処、先ずはJAF会員割引で3%引きの1340円になり、更に期間限定店舗限定のTポイント利用で390円となって最終的には950円也。ちなみに以前は”ステーキ”が運ばれて来た時に、テーブル席の横で店員さんがかけてくれていた”宮のたれ”は、今は自分で好きなようにかけるスタイルに変更されていた。そう言えばライスのお替りも今はセルフサービスになっているし・・・。
 
ステーキ宮ヤングカットステーキ
そしてこちらがメイン料理の”ヤングカットステーキ”で、メニューの説明に寄ると”肩ロースステーキ 150g”との事で、お肉の上にはニンニクチップが乗っていて何と無くワイルドな印象。で、早速この”ヤングカットステーキ”にお店ご自慢の”宮のたれ”をかけて食べると、お肉自体は若干しっかりした歯応えがあるものの、最近結構舌に馴染んで来た”宮のたれ”の効果もあって中々ウマい!
 
ステーキ宮ヤングカットステーキ
ちなみに”ヤングカットステーキ”の断面はこんな感じで、以前食べた”宮ロースステーキ”はミディアムかウェルダンが、”てっぱんステーキ”はレアも選べたのだが、この”ヤングカットステーキ”はカットステーキと言う事もあってか焼き加減は選べず、ご覧の通り限りなくウェルダンに近い状態だ。そう言った点も含めて比較すると、少し前に『いきなり!ステーキ』で食べたこれと似たような”乱切りカットステーキ”の方が美味しかったような気がする・・・。
 
ステーキ宮ヤングカットステーキ
それはさて置き、最初に”飲むサラダバー”・・・と言うのか”スープバー”に行って入れて来た”ベジカレースープ”を後から運ばれて来たライスの上に”ヤングカットステーキ”に添えられていたポテトを乗せた上から掛けて食べてみるとイメージ通り何と無くカレーライスっぽくなって中々ウマい!”ベジカレースープ”と言う事で小学校の給食のカレースープとか、あるいは札幌スープカレーみたいな物を思い浮かべるが、それらとはまた全く違った味わいで、個人的にカレー好きと言う事もあってか余計に美味しかったのかも・・・
 
てな事で、毎度お馴染みの『ステーキ宮』で使える期間&店舗限定のTポイントの有効期限が迫って来たので、久々に行って今回は”ヤングカットステーキ”を食べてみたのだが、肉質的には先にも書いた様にライバルチェーン店の『いきなりステーキ』で食べた似たような感じの”乱切りカットステーキ”の方が美味しかったけど、久々に食べた”宮のたれ”が口に馴染んで来たからなのか結構美味しかった!不可能な気はするが、一度『いきなりステーキ』のステーキに”宮のたれ”をかけて食べてみたいような・・・。

2019年6月29日

毎度お馴染みの”いきなりステーキ”の”いきなり!ゴールデン肉ウィーク!プレゼントキャンペーン”で”乱切りカットステーキ”を食べてみた!幾つかの部位がメチャウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
2018年2月下旬頃に遂に加古川にもオープンしたTVや雑誌等で話題の『いきなりステーキ』であるが、2回程食べに行った印象としてはコストパフォーマンスが余り良く無い気がしたので、当分の間食べに行く事は無いかな?と思っていたら、ご主人様と一緒に”サーロインステーキ”を食べに行った翌週に”肉マイレージ特許取得記念キャンペーン第2弾”で”ヘレステーキ”が通常1g9円が8円になると言うお得な記念価格で販売されていたので、それに釣られてまたまた食べに行った。きっとこれで当分の間食べに行く事は無いかな?と思っていたらその後になって”出店通算300号店達成記念”や”Nasdaq上場記念!ワイルドだョ!全員集合!”や”400号店達成記念ワイルド祭り!”等の”ワイルドステーキ”の300gが1000円で食べれるキャンペーンをやっていたので、それに釣られて結構食べに行くようになったのだが、今度は”いきなり!ゴールデン肉ウィーク!プレゼントキャンペーン”ってのが始まったので、凝りもせずにまたまた食べに行ってみた。
 
いきなりステーキ加古川店
こちらがまたまた行って来た『いきなり!ステーキ/加古川店』で、以前紹介した様にこのお店がある場所は明姫幹線沿い円長寺交差点の北東の角、毎度お馴染みの『餃子の王将/東加古川店』やレンタルビデオの『TSUTAYA/東加古川店』等がある場所の一角で、先にも書いたように以前は『100円パンのヤキタテイ』で、更にその前には『焼肉 籠屋八兵衛/東加古川店』があった場所だ。ちなみに同じ敷地内にはこれまた当ブログでお馴染みのステーキレストラン・グルメ吉翔』もあったりする・・・。
 
いきなり!ゴールデン肉ウィーク!プレゼントキャンペーン
そしてこちらがGW直前に期間限定で開催されていた”いきなり!ゴールデン肉ウィーク!プレゼントキャンペーン”のポップ画像で、これに寄ると対象期間中に『いきなりステーキ』で食事をすると”肉マネークーポン500円分プレゼント”されるとの事。個人的に肉マイレージカードは持っているのだが、アプリは入れて無いし会員登録もやって無いので実際に貰えるのかどうか不安だったのだが、500円分と言う割りと大きな金額に釣られてまたまた食べに行ってしまったのだった・・・。
 
いきなり!ステーキランチメニュー
それはさて置き、取り敢えず食事をすれば良いだけらしいのでランチメニューを見ながら何を食べようかと思案した結果、”ワイルドステーキ”はキャンペーンを利用して300gを1080円で食べるのが一番お得だし、”ワイルドハンバーグ”は何と無く姉妹店の『ペッパーランチ』と全く同じような気がしたので、以前から一度食べてみようと思っていたランチ定量カットステーキメニューの一番最後にある数量限定の”乱切りカットステーキ”を食べてみる事に決定!!!
 
いきなりステーキ乱切りカットステーキ
で、”乱切りカットステーキ”を注文後、先ず最初に運ばれて来たのがランチタイムに食事をした時に無料で付いて来るこちらのサラダとスープで、基本的には初訪問時に出て来た物と全く同じ内容でサラダはちょっと物足りないが、スープには牛すじ肉も入っていて普通に美味しい。そう言えば以前に”サーロインステーキ”を食べた時にスープだけ頼んだら180円もしたので、そう考えるとこのサラダとスープが付いているだけでもメチャお得かも・・・。
 
いきなりステーキ乱切りカットステーキ
そんなこんなで先ず最初に運ばれて来たサラダとスープを食べつつ(てかサラダもスープもすっかり食べ終えてしまったが)待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”乱切りカットステーキ”の200gサイズで、サラダとスープ、それにライス(今回も大盛)も付いて通常税別価格1404円也。最近『いきなりステーキ』へ来るのは”300gのワイルドステーキが税込価格1080円”のキャンペーンの時ばかりだったので、それと比べると若干お値段は高い?と言う印象・・・。
 
いきなりステーキ乱切りカットステーキいきなりステーキ乱切りカットステーキ
そしてこちらがメイン料理の”乱切りカットステーキ”の200gサイズで、ご覧のように最近良く食べていた”ワイルドステーキ”とは違い先に厨房でしっかりと焼いたサイコロステーキ風のお肉がゴロゴロと盛られている。ちなみに商品説明に寄ると”いろんな種類のお肉を集めたお得なカットステーキ”との事。所謂、ステーキ用にお肉をカットする際に出て来る切れ端を集めた感じなのだが、その代わりに高級な肉の部位が混ざる事もあって、実際に食べてみてもこの中の数個はお肉がとても柔らかくジューシーでメチャ美味しかった
 
そう言えば30年程前、毎年の如く淡路島方面へ旅行に行っていた頃、その道中にある『ビーフランド大公』(他に『レストラン大公』ってのもあるが、それとは全く関係が無い有名なステーキ専門店の方)で食べた”高級メニューのステーキに使う肉を切り落とした端肉を集めた数量限定の石焼ステーキ”は2000円程度の値段ながら5000円以上の肉の味があったのだが、この日食べた”乱切りカットステーキ”もそれに負けず劣らずの美味しさがあった気がする・・・。
 
いきなりステーキ乱切りカットステーキ
ちなみに”乱切りカットステーキ”の断面はこんな感じで中心部分は未だレアではあるが全体的にはミディアムに近い焼き加減だ。ただ、自分で焼き加減を調整して食べる”ワイルドステーキ”と違ってお店のスタッフさんがベストだと思う焼き具合で提供してくれるので、ある意味こちらの方がエエような気もする・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『いきなりステーキ』が”いきなり!ゴールデン肉ウィーク!プレゼントキャンペーン”をやっていたので今回は”乱切りカットステーキ”を食べてみたのだが、想像していた通り色んな部位や肉質の異なる牛肉のサイコロステーキで、その中にはとても柔らかくてジューシーな肉もあってメチャ美味しかった!値段は若干高いが最近良く食べていた”ワイルドステーキ”よりも遥かに美味しいと思うので、また何らかのキャンペーンがあった際にはこちらを食べてみようと思う・・・。

2019年6月15日

イトーヨーカドー加古川店のフードコートにある粉もんのお店”粉助”で”牛ステーキ丼”を食べてみた!焼き加減がレアだからなのかお肉に温かさとジューシー感が足り無い・・・。

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
偶に買物に行く事があるイトーヨーカドー加古川店のフードコートに2014年末頃だったか2015年の初め頃だったかに新しいお好み焼屋さんの『元祖なにわ 粉助』がオープンした。当然の如く、お好み焼や明石焼をメインにしたメニュー内容だったのだが、それだけでは集客力が弱いと感じたのか暫くすると”ペッパーランチのペッパーライス”に似た”ビーフガーリックライス”とか、あるいは夏頃になると私の大好きな”豚テキ定食”をや岡山のB級グルメを連想させるデミカツ丼”等の定食や丼のメニュー等が追加されたりしていた。で、今年の4月の初め頃にお店の前を通るとこれまた私の大好きな”牛ステーキ丼”が新メニューで登場したのでそれに釣られて食べに寄ってみた。
 
元祖なにわ粉助グリーンプラザべふ店
こちらがまたまた利用した『元祖なにわ 粉助/グリーンプラザべふ店』で、以前は”たこ焼き”を自動で焼く機械を使っていると言う事で有名だった『ポッポ』があった跡地にそのまま出来たお店だ。で、この時はランチタイムど真ん中の午後0時半頃と言う事もあって、フードコートはほぼ満席状態!それらのお客さんがこのお店の利用客なのか、あるいは隣接する『はなまるうどん』とか『すき家』の利用客なのかは知る由も無いが、全体的に大賑わいしていた事だけは確かだ
 
元祖なにわ粉助肉丼メニュー
そしてこちらが『元祖なにわ 粉助』から何時の間にやら新登場した”肉丼”のメニューで、ご覧の様に”牛ステーキ丼”の他に”牛カルビ丼”とか”豚ロース丼”とか”大肉丼”等、牛・豚・鶏それぞれを使った何種類かの丼がある。で、何を食べようかと思案した結果、相変わらずあちらこちらのお店で食べているような牛ステーキ丼”を食べてみる事に決定!!!
 
元祖なにわ粉助牛ステーキ丼
で、お店が大賑わいしていた事もあって結構な時間待たされた後に漸く出来上がって来たのがこちらの”牛ステーキ丼”で、お値段は税込価格1050円也。ご覧の通りこの手の”ステーキ丼”としては結構沢山お肉が乗っている方で、パッと見た感じも中々ウマそう。強いて言うなら1050円もするので、味噌汁ぐらいは付いていてもエエのに・・・と言う点ぐらいか。
 
元祖なにわ粉助牛ステーキ丼
そしてこちらが”牛ステーキ丼”のお肉で、これまたパッと見た感じは私好みのミディアムレアに近い焼き加減で中々ウマそう・・・。が、先にも書いたように焼き立て熱々ジューシーとは程遠い温かさで、お肉自体も若干の噛み応えがあって味的には至って普通・・・。最近パチンコマルハンの中にある飯屋『ごはんどき』で2ヵ月に一回位の割合で食べている”500円のステーキ丼”の方が焼き立て熱々と言う事もあって遥かに美味しい気がする・・・。
 
元祖なにわ粉助牛ステーキ丼
ちなみにこちらは”牛ステーキ丼”のご飯の上・・・と言うのか牛ステーキ肉の下に敷いてあったモヤシで、雰囲気的にはこのモヤシが冷たいから全体的に温度が下がっているような・・・そうでも無いような・・・。
 
てな事で、またまた行ったイトーヨーカドー加古川店のフードコートの中にある『元祖なにわ 粉助』で今回は新メニューの”牛ステーキ丼”を食べてみたのだが、パッと見た感じは中々エエ雰囲気だったものの味的には極々普通だった・・・。そう言えば最初に書いたようにこのお店では”ビーフガーリックライス”とか”豚テキ定食”とか”デミカツ丼”等のちょっと楽しげな商品をあれこれ食べてみたけど、やっぱ素直に”明石焼き”を食べるのが正解かも知れない・・・。

2019年5月29日

ニッケパークタウンにある”浪花焼肉肉タレ屋”で”グルメ総選挙”の”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”を食べてみた!意外な組合せだがメチャウマい!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
此処最近、2016年10月下旬頃にリニューアルオープンした加古川ニッケパークタウンのフードテラスに行って揚げ立て熱々の天ぷら専門店『揚げ天まる』とか格安ラーメンチェーン店『らーめん幸楽苑』とか『長崎ちゃんぽん リンガーハット』を利用する機会が増えた。で、その度にフードテラスの東側の角にある『浪花焼肉 肉タレ屋』の前を通ると今年も昨年と同様に”グルメ総選挙”が開催されていて、今年は更にパワーアップした?”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”ってのが販売されていたのでそれに釣られて食べてみた
 
浪花焼肉 肉タレ屋加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川ニッケパークタウンの2Fのフードテラスの一角にある”ホンマは1480円で食べてほしい!!”と題された”黒毛和牛ローストビーフ丼”が自慢の『浪花焼肉 肉タレ屋/加古川店』で、以前にも紹介した通り、このフードテラス(フードコート)が誕生した直後に食べに来た時に真っ先に利用したお店でもあり、同じくこのフードテラスの中にある『揚げ天まる』と並んで私のお気に入りのお店にもなっている。
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼
そしてこちらが加古川ニッケパークタウン2019年度の”グルメ総選挙”に『浪花焼肉 肉タレ屋』がエントリーした”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”のメニューで、今回はご覧の通り昨年出品した”黒毛和牛レアステーキ丼”に”三種のまぐろのネギトロ”をトッピングしたような丼で、最初これを見た時は肉とマグロの組み合わせってどうなんだろう?と思ったのだが、以前に”スシローで白子が乗った肉寿司”とか”雲丹しゃぶ鍋の店でフォアグラや生雲丹が乗った肉寿司”を食べたら結構美味しかったので、今回も取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼(中)
で、こちらが実際に食べた”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”(中)で、他に”赤だし”と”漬物”が付いてお値段は税込価格1280円也。ちなみに小さな二つのカップ上の器の中には”黒毛和牛レアステーキ”用のステーキソースと”三種のまぐろのネギトロ”用の醤油で、メインのお皿の上には薬味のネギやら刻み海苔やらワサビ等も添えられている。
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼
そしてこちらがメインの黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”で、お皿の上に白いライスを入れその周りを囲むように”黒毛和牛レアステーキ”を敷き詰めた後、真ん中に”三種のまぐろのネギトロ”を乗せ更にその上に卵黄をトッピングした中々インスタ映えしそうな内容の丼だ。ちなみに丼の脇にはサニーレタス等の野菜が盛られていたのだが、そちらは余り印象に残って無い・・・
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼
それはさて置き、先ずは”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”の上の部分の”三種のまぐろのネギトロ”から食べてみると、メニューには商品説明が一切書かれて無いので”三種のまぐろ”の内容は不明だが、ご覧の様に中々エエ色艶をした”ネギトロ”で、これにワサビを加え醤油をかけて食べるとシンプルながらメチャウマい!はっきり言って丼で食べるよりも生ビールを飲みながら食べたい程だ!
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼
そしてこちらが”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”の下の部分の”黒毛和牛レアステーキ”で、パッと見た感じは昨年の”グルメ総選挙”の時に食べた”黒毛和牛レアステーキ丼”と比べると肉のレア度や厚さが違うような感じだが、ステーキ自体はとても柔らかくこれに添付のステーキソースを付けて食べるとこちらもメチャウマい!これまた生ビールがメチャ欲しくなる味だ
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼
で、先ずは”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”の”黒毛和牛レアステーキ”と”三種のまぐろのネギトロ”をそれぞれ一通り味わった後、レアステーキネギトロを混ぜて食べたり、それぞれにステーキソース醤油をかけて食べたり、途中で卵黄を潰して肉やネギトロに混ぜて食べたりしてもこれまたメチャウマい!正に一つの丼で一度に色んな食べ方と味わいがあってとても楽しい料理であった!
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼
そしてこちらは”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”に付いていた”赤だし”で、以前この店で”甘辛焼きすきと黒毛和牛のローストビーフの味わい丼”とか”ハンバーグ&焼肉定食”を食べた時に付いていた”肉タレ屋特製牛すじ赤だし”には結構沢山の牛すじ肉が入っていたのだが、今回も以前食べた”黒毛和牛レアステーキ丼”や”手ごねハンバーグ定食”の時と同じく何と無く味噌汁風の”赤だし”だった・・・。
 
てな事で、久々に行った『浪花焼肉 肉タレ屋/加古川店』が今年も”グルメ総選挙”をやっていたので”黒毛和牛レアステーキと三種のまぐろのネギトロ丼”を食べてみたのだが、レアステーキネギトロの組み合わせが意外と相性が良いのか、あるいは色んな食べ方で様々な味わい方が楽しめた事もあってか全体的にメチャウマかった!遂最近もこのお店で”石焼き黒毛和牛カレー”を食べたのだが、やっぱこのお店では肉系の料理を食べる方がオススメだ

2019年4月25日

毎度お馴染みの”いきなりステーキ”が”400号店達成記念ワイルド祭り!”で300gのワイルドステーキが1000円だったので食べてみた!毎回この値段なら大満足!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
2018年2月下旬頃に遂に加古川にもオープンしたTVや雑誌等で話題の『いきなりステーキ』であるが、2回程食べに行った印象としてはコストパフォーマンスが余り良く無い気がしたので、当分の間食べに行く事は無いかな?と思っていたら、ご主人様と一緒に”サーロインステーキ”を食べに行った翌週に”肉マイレージ特許取得記念キャンペーン第2弾”で”ヘレステーキ”が通常1g9円が8円になると言うお得な記念価格で販売されていたので、それに釣られてまたまた食べに行った。きっとこれで当分の間食べに行く事は無いかな?と思っていたらその後になって”出店通算300号店達成記念”や”Nasdaq上場記念!ワイルドだョ!全員集合!”で”ワイルドステーキ”の300gが1000円で食べれるキャンペーンをやっていたので、それに釣られて食べに行ったら、今度は”400号店達成記念ワイルド祭り!”とかでまたもや”ワイルドステーキ”の300gが1000円で食べれるキャンペーンをやっていたので、凝りもせずにまたまた食べに行ってみた。
 
いきなりステーキ加古川店
こちらがまたまた行って来た『いきなり!ステーキ/加古川店』で、以前紹介した様にこのお店がある場所は明姫幹線沿い円長寺交差点の北東の角、毎度お馴染みの『餃子の王将/東加古川店』やレンタルビデオの『TSUTAYA/東加古川店』等がある場所の一角で、先にも書いたように以前は『100円パンのヤキタテイ』で、更にその前には『焼肉 籠屋八兵衛/東加古川店』があった場所だ。ちなみに同じ敷地内にはこれまた当ブログでお馴染みのステーキレストラン・グルメ吉翔』もあったりする・・・。
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキメニュー
そしてこちらが”400号店達成記念ワイルド祭り!”の告知ポップで、その内容はと言うとお店の看板商品とも言える”ワイルドステーキ”の300gサイズが、キャンペーン開催期間2日の間、ランチ(ライス・サラダ・スープ付き)もディナーも記念価格で通常税別1390円が1000円で食べれると言う内容!ちなみに対象は300gのみで200gを注文すると高くなる。それはさて置き、そんな事もあってかお店の開店時間前に行ったら既に40~50人の大行列!隣接する『餃子の王将』の店長が”今日、何かあるんですか?”と偵察?視察?に来る程だった・・・。
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキ
で、”ワイルドステーキ”を注文後、先ず最初に運ばれて来たのがランチタイムに”ワイルドステーキ”を食べた時に無料で付いて来るこちらのサラダとスープで、基本的には初訪問時に出て来た物と全く同じ内容でサラダはちょっと物足りないが、スープには牛すじ肉も入っていて普通に美味しい。そう言えば以前に”サーロインステーキ”を食べた時にスープだけ頼んだら180円もしたので、そう考えるとこのサラダとスープが付いているだけでもメチャお得かも・・・。
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキ
そんなこんなで先ず最初に運ばれて来たサラダとスープを食べつつ(てかサラダもスープもすっかり食べ終えてしまったが)待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ワイルドステーキ”の300gサイズで、サラダとスープ、それにライス(今回は普通盛)も付いて通常税別価格1390円の処、今回は”400号店達成記念ワイルド祭り!”キャンペーンで税別価格1000円(税込価格1080円)也。ちなみに前回も書いたように初訪問時に食べた200gは税込価格1221円だったので、それと比べてもメチャお得だ
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキ
それはさて置き、あらためて”ワイルドステーキ”を見てみると流石に300gと言う事もあって肉もぶ厚く当然の如くサイズも大きい!そして肉の真ん中には何時も通り?『いきなりステーキ』&『ペッパーランチ』ではすっかりお馴染みの”ペーストの中に、香ばしく焼き上げたニンニクと特製ソースを練り込んだ風味豊かな他には無いペッパーペースト”がトッピングされている。
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキ
そしてこちらが”ワイルドステーキ”の断面で、以前食べた”サーロインステーキ”とか”ヘレステーキ”は焼き加減が指定出来たのだが、この”ワイルドステーキ”は基本的に肉の表面を炙った程度に焼いてあるだけでなので中は完全にレア状態だ。で、後は自分で好きなように熱々の鉄板の上で焼いて食べるスタイルだ。このスタイルは同じ敷地内にある『ステーキレストラン・グルメ吉翔』も一緒?だったかな。
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキ
てなわけで、ステーキハウスでシェフが焼いているのと同じように、先ずはカットされた肉の断面を全て熱々の鉄板に押し付けて焼いて肉汁を閉じ込めながら焼いた後、最後にテーブル備え付けのホットステーキソースをかけて完成した様子はこんな感じ。で、早速この”ワイルドステーキ”を食べてみると、私好みのミディアムレアに焼いた事もあって肉自体が結構柔らかくジューシーで、例に寄って少し多目にかかってしまったステーキソースを絡めて食べるとメチャウマい!これで1000円なら確かにお値打ちだ!
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキ
最後に・・・、このお店にはテーブル備え付けのホットステーキソースの他にワサビも置いてあるので、以前から一度試してみようと思いつつ、先にソースを掛けてしまうのでワサビを使うタイミングを逃してしまって食べれて無かったのだが、今回は余りソースがかかって無い部位が残っていたのでこれぞ幸いと思いワサビを付けて食べてみた。流石に肉がそれなり?なので、ステーキハウスとか焼肉店とかお馴染みの『生州割烹 輝髙』等でワサビ付けて食べた時程の美味しさは感じ無かったが、取り敢えず試せて良かったかな。
 
てな事で、2018年の2月頃に遂に加古川にもオープンした『いきなりステーキ』に続けて3回も食べに行ったので、当分の間行く事は無いかなと思っていたら、その後に”出店通算300号店達成記念”とか”Nasdaq上場記念!ワイルドだョ!全員集合!”で”ワイルドステーキ”の300gが1000円で食べれるキャンペーンをやっていたので、それに釣られて食べに行ったら更にその後に”400号店達成記念ワイルド祭り!”をやっていたので、またまた食べに行ってしまったのだが、この内容でこのお値段は流石にお値打ち感があってかメチャ美味しかった!これまた以前書いた様に200gサイズでも良いから、ライス・サラダ・スープ付きで常時1000円で販売されていたら、もっと食べに行くのになあ・・・と思う・・・。
次のページ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.