義史のB型ワールド

2018年6月29日

久々に行った”焼肉 彦”の奥にある”ステーキM”でヘレステーキのランチを食べてみた!1周年記念で付いて来た自家製ハンバーグ共々メチャウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
5月の中旬頃の日曜日、この日も加古川駅前周辺を散策?しようと家を出たら親戚夫婦に出会った。話を聞くとこれから加古川ニッケパークタウンに買物に行くと言うので、それならば・・・と私の車で送って行く事になった。で、現地到着後一旦は分かれたのだが、その後メールが来て折角なので何処かでランチを食べようと言う話に・・・。が、意外と加古川駅前周辺にはこれと言ったエエ店が無い・・・。で、ふと頭に浮かんだのが、ちょっと場所は遠いが『焼肉 彦』の敷地内にある『ステーキM』の事・・・。当然の如く?親戚夫婦は行った事が無いと言うので、お店の紹介の意味も兼ねてそちらのお店に行ってみる事になった
 
ステーキMステーキM
こちらが久々に行って来た『ステーキM』で、お店がある場所は以前にも書いた様に加古川志方方面では超有名な『焼肉 彦』の店の奥ばった辺り・・・と言うのか一番北の外れで、パッと見た感じは倉庫のような建物の更に奥にある。で、お店到着はランチタイム直前の午前11時50分頃だったので、当然の如く駐車場はほぼ満車状態だったのだが、どうせ大半の客は『焼肉 彦』に行っているのだろうと思いつつ店内に入って行くと、何とそちらもほぼ満席に近い程の賑わい・・・。
 
ステーキM1周年感謝祭
何でこんなに賑わっているのだろうと思ったら、ふとお店の入口やらあちらこちにこの様な”1周年感謝祭”の張り紙を発見!!!その内容はと言うと”ステーキを頼まれた方全員に!国産牛100%で作った自家製ハンバーグ100gをサービスさせていただきます!”との事。きっと近所の人にはこの様な案内のチラシが配られたのかも知れないが、神のお告げを受け取ったのか、あるいはこれぞ肉大好きな私の動物的感が働いたのか、こんなラッキーな事は無い!
 
ステーキM和牛セットメニューステーキMスペシャルランチメニューステーキM特別セットメニュー
で、詳しいお店のメニューは前回の記事を参照していただくとして、この日の一番のお勧めは”和牛セットA”らしく通常税抜き価格2180円が、この日は”1周年感謝祭”で2000円で食べれるとの事・・・。が、セットの内容を見ると”自家製ハンバーグ”が含まれてるから、無料サービスはどうなるの?と質問すると、元の2180円で食べた場合は”自家製ハンバーグ”が200gのサイズになるらしい・・・。でもそんなに量は要らないし、毎度の事ながらコストパフォーマンスを大事にする我々?なので、通常ランチメニューの中から”ヘレステーキ”100gがメインのランチAを食べてみる事に決定!!!
 
ステーキMランチAとハンバーグステーキMランチAとハンバーグ
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらのランチAのメイン料理である”ヘレステーキ”のお肉100gと”1周年感謝祭”で無料サービスの”自家製ハンバーグ”のサイズ100gで、その脇には”アルミ箔に包まれた蒸し焼用の野菜”とニンニクチップが添えられている。ちなみにお値段は別途運ばれて来た”ごはんと味噌汁と漬物”、それに食後のドリンクとサービスのシューアイスが付いて税込価格1296円也。他のテーブル席を見渡すと、最初にサラダが運ばれて来ていたが、値段を考えるとこれでも安すぎる?と思える内容だ!
 
ステーキMランチAとハンバーグステーキMランチAとハンバーグ
それはさて置き、早速”ヘレステーキ”と”自家製ハンバーグ”をテーブルの真ん中に設置された遠赤外線を使ったコンロに乗せて焼く前と適度に焼けて来た後に裏返した様子がこんな感じで、気持ち的には”アルミ箔の蒸焼野菜”も一緒に焼きたかったのだが流石にそこまでのスペースは無かった・・・。てか、多人数で食べに来たらもっと大変なんでは・・・。
 
ステーキMランチAとハンバーグステーキMランチAとハンバーグのわさび
ちなみにこちらは”ヘレステーキ”や”自家製ハンバーグ”等の具材と一緒に運ばれて来た岩塩とかステーキソース等が入った小皿で、それ以外にも山葵も付いている。偶に管理人さんや30番さんやありおんさんらと集まってバーベキューをする際に、私のお勧めで山葵を用意する事があるのだが、焼肉以外にステーキを食べる時にも山葵を付けると美味しいのだ!(ま、焼肉もステーキもほぼ同じ・・・と言う気もするが・・・)。
 
ステーキMランチAのヘレステーキ
そしてその後、自分達の目で見て割と良い焼き具合になって来た時を見計ってお皿の上に取り上げたのがこちらの”ヘレステーキ”で、自分で言うのも何だけど中々エエ感じの焼き加減だ。が、此処でふと気が付いたのだが肉を焼く前に塩胡椒をするのをすっかり忘れていた・・・。私自身普段滅多に自らステーキを焼いて食べる事は無いので致し方ないとは思うが、この時は若干一名主婦が居たのだが・・・。
 
ステーキMランチAのヘレステーキ
それは兎も角として、早速自分で焼いた?”ヘレステーキ”をカットして食べてみると、ご覧の通り私好みのミディアムレアな状態で、肉自体は前回食べた時と同じくオーストラリア産なのだが、とても柔らかく肉もジューシーでこれに岩塩やら山葵やらステーキソース等を付けて食べるとメチャウマい!以前良く食べに行っていたカレーやサラダが食べ放題のステーキチェーンの肉と比べても圧倒的にこちらの方は美味しいような・・・。
 
ステーキM無料サービスの自家製ハンバーグ
そしてこちらは”1周年感謝祭”で無料サービスになった”自家製ハンバーグ”の100gで、ステーキは偶に家で焼いて食べる事はあるが、生のハンバーグを自らの手で焼いて食べる事は皆無に近いのだが、流石に遠赤外線コンロのおかげなのか、こちらも中々エエ感じに焼けていて見た目もウマそうだ
 
ステーキMランチAとハンバーグ
で、早速その”自家製ハンバーグ”をカットして食べてみると、ご覧の通り中までしっかりと火が入っているが結構ジューシーでこれまたウマい!この”自家製ハンバーグ”は国産牛肉100%と書いてあったので、もうちょっとレアでも良かったかな・・・と思いつつも同じ志方にある『炭火焼きハンバーグ&ステーキ アトム』へ行った時は逆にレア過ぎだった事もあって、今回は少ししっかり目に焼いたのだった。
 
ステーキMランチAステーキMランチA
それはさて置き、こちらは”ヘレステーキ”や”自家製ハンバーグ”が焼けた後コンロの上に置いて焼いた”アルミ箔に包まれた蒸し焼用の野菜”と、これまたお肉が焼けたタイミングで運んで来て貰った”ごはんと味噌汁と漬物”で、偶に焼肉店とかステーキ屋さん等でこの手の定食を食べると、先に御飯や味噌汁が運ばれて来る事が多いのだが、その場合は肉を焼いている間に御飯や味噌汁が冷めてしまう・・・。が、このお店の場合はそう言う点を心得ているのか、肉が焼き上がったタイミングを見計らって御飯を持って来ましょうか?と声をかけてくれる点が素晴らしい!
 
ステーキMランチA
ちなみに今回食べたランチAには食後のドリンクが付いていて、コーヒーとかソフトドリンク等を選べたので、確かこの時は健康を意識してフルーツ系のジュースを飲んだような・・・。”ヘレステーキ”や”自家製ハンバーグ”がとっても美味しくて、食後もその話題で持ちきりだった事もあり、何を飲んだかははっきり言って覚えて無い・・・。
 
ステーキMランチAステーキMランチA
それともう一つ、こちらも食後に運ばれて来た”シューアイス”で、前回このお店に来た時にも出て来たのだが、その時は我々だけへのサービス?と思っていたら、どうやら全てのお客さんに配られていたようだ。それならば、メニューの中に食後のデザート・・・とか書いたらエエのに・・・と思ってしまうのだが、もしかしたらこの”シューアイス”が無い日もあるのかも知れない・・・。
 
てな事で、何と無く虫の知らせを感じたのか神のお告げがあったのか、単に肉好きの動物的勘なのか、久々に『焼肉 彦』の敷地奥にある『ステーキM』に行ってみたら何と”1周年感謝祭”をやっていて”自家製ハンバーグ”の無料サービスがあってメチャラッキーだった!確かにメインの”ヘレステーキ”100gだけだったら、ちょっとボリューム的に物足りなかったかも知れないが、この後続けて2回程食べに行った話題の『いきなり!ステーキ/加古川店』よりも、こちらのお店の方が断然エエような気がする・・・。
広告

2018年5月29日

ニッケパークタウンへ行くとグルメ総選挙をやっていたので”浪花焼肉 肉タレ屋”の”黒毛和牛レアステーキ丼”を食べてみた!お肉がとても柔らかくメチャウマい!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
ちょっとした事情で此処最近はJR加古川駅前周辺に行く機会が増えた。で、この日もJR加古川駅前に行ったので何処かでランチを食べようと思いまたまた加古川ニッケパークタウンのフードテラスに行って何処かのお店で変わった新商品が登場して無いかな?と思いつつ散策していると、フードテラスのみでは無く1Fのレストラン街の飲食店舗全体で何やらちょっと楽しげな”グルメ総選挙”をやっている。が、パッと見た感じはお店の一押し商品をアピールしているだけのようなメニュー内容で、イマイチこれと言って食べてみたくなる商品が無い・・・。
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼のメニュー
が、じっくりその一覧を見ているとフードテラスの中にある『浪花焼肉 肉タレ屋』では”グルメ総選挙”用に特別メニューで”黒毛和牛レアステーキ丼”を販売しているようだ。以前から度々書いている様に、個人的にも『浪花焼肉 肉タレ屋』はお気に入りのお店だし、何と言ってもお肉大好き!ステーキ大好き!な私なので、試しにこの”黒毛和牛レアステーキ丼”を食べてみる事に決定!!!
 
浪花焼肉肉タレ屋
ちなみに、こちらがまたまた行って来た加古川ニッケパークタウンの2Fのフードテラスの一角にある”ホンマは1480円で食べてほしい!!”と題された”黒毛和牛ローストビーフ丼”が自慢の『浪花焼肉 肉タレ屋/加古川店』で、以前にも紹介した通り、このフードテラス(フードコート)が誕生した直後に食べに来た時に真っ先に利用したお店でもあり、同じくこのフードテラスの中にある『揚げ天まる』と並んで私のお気に入りのお店にもなっている。
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼
で、こちらが実際に食べた”黒毛和牛レアステーキ丼”で、他に味噌汁と漬物が付いてお値段は税込価格1280円也。先にも書いたようにこのお店は”ホンマは1480円で食べてほしい!!”と言う”黒毛和牛ローストビーフ丼”を980円で販売しているのだが、流石にこの”黒毛和牛レアステーキ丼”は特別メニューだからなのか、特に値段が安いと言う訳では無い
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼
それはさて置き、こちらが”黒毛和牛レアステーキ丼”に入っていた”黒毛和牛レアステーキ”で、ご覧の通りメチャレア・・・と言うのか雰囲気的にはステーキと言うよりもタタキに近いような(と、この時は思ったのだが、以前食べた『肉料理かやま』とか『一乃屋』とか『ステーキけん』とかの”ステーキ丼”も似たような感じだったみたい・・・)。で、食べ易い様にか最初から一口大にカットされているので、先ずは一切れそのまま箸で摘まんで食べてみると、お肉はとても柔らかくしっかりとした牛肉の味わいがあってメチャウマい!で、この”黒毛和牛レアステーキ”には私が偶にバーベキューの時にオススメしているように山葵が添えられているので、それを付けて食べるとこれまた超ウマい!
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼
で、この”黒毛和牛レアステーキ”のお肉が余りにも美味しいので、あらためてアップで紹介するとこんな感じで、確かにこのお店の看板商品でもある”黒毛和牛のローストビーフ”も結構レア状態なのだが、この”黒毛和牛レアステーキ”はそれとはまた違った仕上がりで、これが中々美味しいのだ
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼
そしてこちらは”黒毛和牛レアステーキ丼”に付いていた味噌汁で、何時もであれば”肉タレ屋特製牛すじ赤だし”なのだが、今回は”牛すじ”が入って無い至って普通の味噌汁・・・と言うのか赤だしだ。今回食べたのがフェア丼だからなのか、あるいは他の丼や定食を食べても今はこんな内容に変っているのか定かでは無いが、個人的には”肉タレ屋特製牛すじ赤だし”(特に溶き玉子が入っているバージョン)は結構好きだったので、そう言った意味ではちょっと残念だったかな。
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼
最後に・・・、この加古川ニッケパークタウンで開催されていた”グルメ総選挙”は3月の下旬頃から4月の上旬頃の開催だったのだが、後日ニッケパークタウンに行ってみると今回食べた”黒毛和牛レアステーキ丼”は堂々の第一位に輝いていた!てか、最初に書いたように他のお店のメニューの大半が通常販売されている商品ばかりだったので、ある意味この”黒毛和牛レアステーキ丼”が1位になったのは当然の事だったのかも知れない・・・。
 
てな事で、何時もの様に?加古川ニッケパークタウンへ行くと”グルメ総選挙”ってのが開催されていたので、その中から『浪花焼肉 肉タレ屋』の”黒毛和牛レアステーキ丼”を食べてみたのだが、その名の如くメチャレアな牛肉のステーキでメチャ美味しかった!このお店では”甘辛焼きすきと黒毛和牛のローストビーフの味わい丼”の他に”からあげ定食”や”ハンバーグ定食”、それに”カレーライス”なんかも食べた事があるが、やっぱこのお店では黒毛和牛を使った料理を食べるのは一番のお勧めかも!ちなみにこの”黒毛和牛レアステーキ丼”は1位になった記念?でGW明けまで販売されていたのだが、今それを書いてもちょっと遅い?かな?

2018年4月29日

毎度お馴染みの”びっくりドンキー”でナチュラルビーフを使った”コロコロステーキ”を食べてみた!肉は柔らかでソースの効果もあって中々ウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
此処数年、毎年登場するABC朝日放送のラジオ番組とコラボしたメニューである”ドキハキ!冬のごちそうスペシャル”に釣られて食べに行く事がある毎度お馴染みの『ハンバーグレストラン びっくりドンキー』は、その名の如くハンバーグステーキがメインのチェーン店なのだが、偶にこのお店でもビーフステーキ系のメニューが登場する事がある。で、何年か前にそのビーフステーキを食べに行ったら、私が良く利用している『ジョイパーク加古川店』では販売されて無く悔しい思い?をした事があったのだが、この日お店の前を通った時に何気なく店前に飾ってあったポスターを見ると”コロコロステーキ”があったので、それに釣られて食べに入ってみた。
 
びっくりドンキー/ジョイパーク加古川店
こちらがまたまた行って来た『ハンバーグレストラン びっくりドンキー/ジョイパーク加古川店』で、私が初めて『びっくりドンキー』へ行ったのは30年近く前に京都に住んでいた頃に近くにお店が出来たので食べに行ったのが最初だったのだが、その数か月後に京都から引っ越しをしてしまったので、京都在住時代は2、3回位しか行った事は無かった様な・・・。で、こちらに戻って来た当初はこの加古川店も無かったのだが、何年前だったかにこのお店が誕生しその頃から結構人気のお店となり、この日も正午直前の訪問と言う事もあって既に店内は大賑わいしていた・・・。
 
びっくりドンキーコロコロステーキのフェアメニュー
そしてこちらがその”コロコロステーキ”のフェアメニューで、その名の如く一枚物のビーフステーキでは無く、最初から一口大にカットされたビーフだし、更に私の大好きな霜降りのサーロインでも無い所謂赤身肉のステーキなのだが、偶に他のハンバーグチェーン店等でもこの手のステーキを食べている事もあって、以前から一度この『びっくりドンキー』のステーキを食べてみたいと思っていたのだった。
 
びっくりドンキーコロコロステーキ&ライスみそ汁セット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”コロコロステーキ&ライスみそ汁セット”で、その名の通りメインの”コロコロステーキ”の他に”日替わりのみそ汁”とライスがセットになって、お値段は税込価格1509円也。以前は偶にお得な”日替りランチ”を食べていた時期もあるのだが、最近はこのお店に来ても1000円以上の料理しか食べて無いような・・・。
 
びっくりドンキーコロコロステーキ
そしてこちらがその”コロコロステーキ”で、パッと見た感じは80g~100g程度の量でボリューム的には何と無く少なそうな印象・・・。ちなみに商品説明に寄ると”品質と安全性にこだわったオーストラリア・ニュージーランド産の牛肉を使用。牛本来の自然な姿をめざして育てられた、脂肪分少なめのナチュラルビーフです。特製大根おろしソースで、味わいさっぱり”との事らしい・・・。
 
びっくりドンキーコロコロステーキ
で、早速この”コロコロステーキ”を食べてみると、食べる前のイメージとか見た目の印象とは違い肉自体は結構柔らかだしジューシーさもそこそこあって、それに添付の特製大根おろしソースを付けて食べると思った以上に?てか、中々ウマい!もしかするとこの特製大根おろしソースが私の好みにマッチしていたのかも・・・と言うのかこのソースは肉を食べ尽くした後も最後まで箸で掬って食べた程だった・・・。
 
びっくりドンキーコロコロステーキ
ちなみに”コロコロステーキ”の断面はこんな感じで、いわゆる目の前の鉄板で焼いてくれるステーキハウスの様に肉をカットしてから肉の表面を焼いているのか、外はしっかりと火が通っていたが中はこんな感じの私好みのミディアムレアに近い焼き加減だ。確かにサーロインのような脂の旨味は無いが、これはこれで中々美味しいナチュラルビーフであった!
 
びっくりドンキーコロコロステーキ
そしてこちらは”コロコロステーキ”の鉄板の上に添えられていたポテトサラダと一口大に近い大きさのポテトコロッケで、ステーキの添え物として・・・と言うよりも熱々の鉄板の上に乗っている副食としては若干珍しい気がしたが、どちらもポテト感満載で中々ウマかった
 
びっくりドンキーコロコロステーキ&ライスみそ汁セット
最後に・・・、こちらは”コロコロステーキ”に併せて注文した”ライスみそ汁セット”の”日替りみそ汁”で、以前から何度か紹介しているように当然毎日?内容が変わるのだが、今回は巻き麩の他にシメジが入った割とシンプルな内容で、出汁自体の味的にも可も無く不可も無く・・・。この店の”日替りみそ汁”は毎回どんな内容か楽しみにしているのだが、今回は私的には期待外れだったかな・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『びっくりドンキー』の店の前を通ると以前に食べに来た時は店舗限定の対象外と言う理由で『ジョイパーク加古川店』で販売されて無かった”コロコロステーキ”が何時の間にやら販売されていたので試しに食べてみたのだが、ボリューム的には若干少な目ではあったが、お肉自体は柔らかく添付の特製大根おろしソースの効果もあって中々美味しかった!そんな事もあって、意外とこのお店では食べて無い私の大好きなカレーを次回訪問時に食べてみたいと思う・・・。

2018年4月24日

東京で話題の”いきなり!ステーキ”が遂に加古川にも誕生したので食べに行ってみた!今回食べた”ワイルドステーキ”はペッパーランチと同じっぽいが中々ウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
昨年末近くに甥っ子から今年の1月下旬頃に加古川の明姫幹線沿いにあった『100円パンのヤキタテイ』の店舗跡地に『いきなり!ステーキ』が出来ると言う話を聞いた。と言えば、数年前に東京?で誕生した立ち食いスタイルのお店で、最近になって漸く関西にもお店がオープンし始めたので2年位前の夏に大阪天満にあるお店に行ってみたら盆休みだった・・・事があったので、一度は食べに行ってみたいと思っていたのだった。が、時々店舗改装の様子を見に行っても全く進捗して無いので、1月下旬オープンは無理だろうと思っていたら案の定オープン予定は2月下旬に延びていた。で、その『いきなり!ステーキ/加古川店』が漸くオープンしたので取り敢えずどんな感じか様子を見に行ってみたのでご紹介!
 
いきなり!ステーキ加古川店
こちらが今回行って来た『いきなり!ステーキ/加古川店』で、お店がある場所は明姫幹線沿い円長寺交差点の北東の角、毎度お馴染みの『餃子の王将/東加古川店』やレンタルビデオの『TSUTAYA/東加古川店』等がある場所の一角で、先にも書いたように以前は『100円パンのヤキタテイ』で、更にその前には『焼肉 籠屋八兵衛/東加古川店』があった場所だ。ちなみに同じ敷地内にはこれまた当ブログでお馴染みの『ステーキレストラン・グルメ吉翔』もあったりする・・・。ステーキ屋さんの隣にステーキ屋さんと言う構図・・・。
 
で、『いきなり!ステーキ』と言えば立ち食いスタイルのステーキ屋さんと言う事で話題になったのだが、関西では立ち食いは受け入れらない?と言う判断で、この店舗でもカウンター風の席になっている(一部、奥の方にはちゃんとしたテーブル席もあったような・・・)。で、最初はお店の様子だけを見て直ぐに帰ろうと思ったら、沢山居た店の関係者の方から直ぐに席に案内出来ると言われたので、それに釣られて入ってみる事に・・・。
 
いきなりステーキ加古川店ランチメニューいきなりステーキ加古川店ランチメニュー
そしてこちらが店内に置いてあったランチメニューで、この『いきなり!ステーキ』と言えば当ブログでも結構お馴染みの『ペッパーランチ』と同じ系列なので、お店が話題になった頃から薄々感じては居たけれど、雰囲気的には『ペッパーランチ』で提供されているステーキやハンバーグ等のメニューと限りなく近い・・・。それはさて置き、取り敢えず今回がこのお店の初訪問なので素直に看板商品である”ワイルドステーキ”の200gサイズを食べてみる事に決定!!!
 
いきなりステーキランチ限定定番カットステーキメニューいきなりステーキランチリブステーキメニュー
ちなみにこちらも同じく店内に置いてあった”ランチ限定定量カットステーキ”と”リブロースステーキ”のランチメニューで、そう言えば『いきなり!ステーキ』と言えば肉の量を1g単位で指定する事が可能なのだが、ランチタイムはそんな事をしていると面倒だからなのか、基本的にはどのメニューも定量になっているようだ(一応、1g単位でも注文出来るらしいが・・・)。
 
いきなりステーキ加古川店紙エプロン
それはさて置き、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの紙エプロンで、後から運ばれて来る”ワイルドステーキ”は熱々の鉄板に載っているので油が飛び跳ねるからこの紙エプロンを首から巻いて待ってて頂戴ね・・・みたいな感じ。そう言えば東京へ行った時に食べに入った『高級焼肉 叙々苑』では着物姿のオネエサンが巻いてくれたけど、流石にこの店ではそんなサービスは無かった・・・。
 
いきなりステーキワイルドステーキのお召し上がり方いきなりステーキホットステーキソース
で、確かに席には”いきなり!案内”されたのだが、店内は先客で超大混雑していた事もあってそこからが長い・・・。って事で、待っている間暇だったのでカウンター席の上をチェックしてみると、このような”ワイルドステーキのお召し上がり方”のシールが貼ってあったり、ステーキにかけて食べる”ホットステーキソース”が入った器も置いてあった。
 
いきなりステーキワイルドステーキのサラダとスープいきなりステーキドレッシング
そんなこんなで入店してから約15分程経って漸く運ばれて来たのが”ワイルドステーキ”に付いているこちらのサラダとスープで、サラダはこれまたカウンター席の上に用意されている”いきなりドレッシング”か”ペッパードレッシング”をかけて食べるらしい。で、当然の如く、両方のドレッシングを試してみたけど味的には極々普通。スープも割とシンプルな内容で可も無く不可も無くだったかな。
 
いきなりステーキワイルドステーキいきなりステーキワイルドステーキ
そしてそこから再び15分(入店してからは既に30分少々)経って漸く運ばれて来たのがこちらの”ワイルドステーキ”の200gサイズで、先に出て来たサラダとスープ、それにライスがセットになってお値段は税込価格1221円也。ちなみにライスの大盛りが無料サービスだったのだが、様子が判らなかったので今回は普通のままで食べたけど、この量ならライス大盛りでも良かったかも。
 
いきなりステーキCABワイルドステーキ
それはさて置き、こちらが注目の”ワイルドステーキ”200gで、ご覧の通り肉の真ん中には『ペッパーランチ』でお馴染みの”ペーストの中に、香ばしく焼き上げたニンニクと特製ソースを練り込んだ風味豊かな他には無いペッパーペースト”(以前は”ペッパーバター”と呼んでいたような・・・)と同じ物?がトッピングされていて、パッと見た感じは『ペッパーランチ』のメニューにある”ワイルドステーキ”と全く同じ?と言う印象・・・。
 
いきなりステーキワイルドステーキ
そしてこの後でテーブル備え付けの”ホットステーキソース”をかけトッピングの”ペッパーペースト”と混ぜた後、肉の断面を鉄板に押し付けて適当な焼き加減になったのがこちらの”ワイルドステーキ”で、若干食べる部位に寄って食感や弾力の違いはあれど、食べ易い一口サイズな事もあって適度に柔らかく中々ウマい!確かに肉本来の味よりもステーキソースの味で食べているようではあったが、これはこれでお手軽なステーキである事には違いない!
 
てな事で、数年前に東京で話題になった『いきなり!ステーキ』が遂に加古川にもオープンしたので早速食べに行ってみたのだが、予想していた通り内容的には『ペッパーランチ』で提供されている”ワイルドステーキ”と全く同じような感じではあったが、それはそれで中々美味しかった!で、次回このお店に行くのは多分ご主人様が来た時だと思うので、その前に久々に『ペッパーランチ』の方へ行って”ワイルドステーキ”を食べてその違い?を確認してみたいと思う・・・。

2018年3月21日

加古川志方投松交差点近くにある”炭火焼きハンバーグ&ステーキ アトム”で”どっちもセット”を食べてみた!ソースの味は濃い目だが野菜もたっぷりでメチャウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
まだまだ続く1月下旬頃のお話・・・。この日は久々にご主人様に同行して某所で作業の立ち合い・・・。予定では午前中に終わると思っていたらプチトラブル発生で結局出直す事に・・・。で、その後は例に寄って少し遅めのランチを食べに行く事に・・・。で、何処のお店に食べに行くか思案した結果、秋頃に加古川志方方面のコスモス畑を見に行く途中で看板が目に留まった高砂北条街道投松交差点直ぐ近くにある『炭火焼きハンバーグ&ステーキ アトム』に行ってみる事にした。
 
炭火焼きハンバーグ&ステーキアトム
こちらが今回行って来た『炭火焼きハンバーグ&ステーキ アトム』と言うお店で、看板を見た時から何と無く想像が付いてい通り14~15年前に管理人さんファミリーや30番さんらと一緒に食べに来た事がある『中華そば・かつめし 優介』があった場所だ。あの『中華そば・かつめし 優介』と言うお店は加古川駅前にある『中華そば 翁介』で修業をしたとかしないとかで当時某掲示板で話題になったお店だったのだが、割りと短期間で閉店してしまったような・・・。
 
それはさて置き、この時は午後12時半頃と言うランチタイムど真ん中の時間帯と言う事もあって店内はビジネスマン風のお客さんを中心にほぼ満席・・・。お店の一番奥のカウンター席なら空いていると言う事で、そちらへ向かっていたら奥のテーブルの先客の方が食事を終えて帰る時だったので、ラッキーな事にそのテーブル席に座る事が出来た・・・。
 
炭火焼きハンバーグ&ステーキアトム
ちなみにお店の奥にはこのようなオープンキッチン?があって、そこで客の注文じ応じて次々とハンバーグやステーキを焼いているようだ。そんな事もあってか若干店内に煙が充満しているような雰囲気もあったが、それもまた味の内かも・・・。
 
炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムメニュー炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムメニュー炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムメニュー炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムメニュー炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムメニュー
炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムメニュー炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムメニュー炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムメニュー炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムメニュー
そしてこちらがこのお店のメニューで、ご覧の様にハラミステーキとかカルビステーキ、それにアトムハンバーグ等がメインのようだが、何やらちょっと楽しそうな”匠の味 牛すじ鶏卵うどん”なんてのもあって何を食べるべきか悩ましい・・・。で、思案した結果二人共”炭火焼きハンバーグ&ステーキ どっちもセット”を食べる事に決定!!!
 
炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムどっちもセット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”炭火焼きハンバーグ&ステーキ どっちもセット”で、メインの”炭火焼きハンバーグ&ステーキ”の他に”特製 鶏スープ”と”食べ放題のご飯”がセットになってお値段は税別価格980円也。例に寄ってこの写真だけではその量が判り難いのだが、メインの”炭火焼きハンバーグ&ステーキ”だけでも結構ボリュームがあったので今回はご飯のお替りは頼まなかった・・・。
 
炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムどっちもセット
そしてこちらが”炭火焼きハンバーグ&ステーキ どっちもセット”のメイン料理である”炭火焼きハンバーグ&ステーキ”で、左側にハンバーグ、右側にハラミステーキ、そして中央にはキャベツやモヤシ、それにコーン等の野菜が沢山盛られていて先にも書いたように、野菜だけでも結構なボリュームだ!確かにこの値段でこの内容であれば、店内が満席な位に流行っているのも頷ける・・・。
 
炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムどっちもセット
それはさて置き、先ずは”炭火焼きハンバーグ&ステーキ どっちもセット”のハラミステーキから食べてみると、パッと見た感じは100gあるか無いか程度の量で、注文時に焼き加減が選べたのでレアを指定(実はミディアムレアをお願いしたら、それは出来ないと断られたもんで・・・)したのだが、ご主人様はミディアムで頼んだのに厨房がてんやわんやしていた事もあってか、私と同じようなレア状態だった。が、そんな事もあって?お肉自体がとても柔らかく、たっぷりかかっているステーキソースが若干濃い目ながらメチャウマい
 
炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムどっちもセット
そしてこちらが”炭火焼きハンバーグ&ステーキ どっちもセット”のもう一つのメイン料理であるアトムハンバーグ?で、これまたパッと見た感じは100gあるか無いか位だが、こちらも焼き加減はレア(実はステーキはレアで、ハンバーグはミディアムでとお願いしたら、それは出来ないと断られたのだった・・・)で、これまたミディアムで頼んだご主人様も私と同じ位かあるいはそれ以上のレア状態だった。が、そんな事もあってこちら箸で簡単に割れる位柔らかく、これまた同じステーキソースを絡めて食べると味は濃い目ながらメチャウマい
 
炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムどっちもセット
ちなみに、ハンバーグとステーキの断面はこんな感じで、最初はレアな状態でも熱々の鉄板に押し付けて加減をして・・・と思ったら、たっぷりの野菜の影響もあって割と直ぐに鉄板が冷めて来たので、ハンバーグやステーキに火を通すのは若干無理があった。個人的にはステーキはこれぐらいの焼き加減でも十分なのだが、ハンバーグもうちょっと火を入れたかったかなお店的には牛肉100%なのでレアで食べて欲しい・・・みたいな事は書いてあったが・・・)。
 
炭火焼きハンバーグ&ステーキアトムどっちもセット
最後に・・・、こちらは”炭火焼きハンバーグ&ステーキ どっちもセット”に付いていた”特製 鶏スープ”で、具はワカメのみではあるが定番の鶏ガラ系あっさり味でこれまたウマい!この”特製 鶏スープ”がお替り自由かどうかは確認しなかったが、ご飯食べ放題よりもどちらかと言うとこの”特製 鶏スープ飲み放題があれば嬉しかったのだが・・・。
 
てな事で、秋頃に加古川志方方面のコスモス畑を見に行く途中で看板を見て以来、一度食べに行こうと思っていた(実は以前に『ステーキM』へ行った時にこのお店も候補に挙がったのだが、その時はリッチな気分で『ステーキM』の方に行ったのだった)『炭火焼きハンバーグ&ステーキ アトム』に行って今回は”炭火焼きハンバーグ&ステーキ どっちもセット”を食べてみたのだが、若干たっぷりとかかったステーキソースの味が濃い過ぎて少し邪魔な気はしたが(ご主人様も同様な意見)ステーキもハンバーグも、それにたっぷりの野菜やスープも含めて全部美味しかった!そんな事もあって、若干遠い場所ではあるがまた機会があれば食べに行ってみたいと思う・・・。

2018年2月26日

久々に行った”ステーキ宮”で”温野菜と宮ロースランチ”を食べてみた!以前食べた時と違いお肉は柔らかく、更にたれも舌に馴染んで来たのか中々ウマかった!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
今日の話題と言えば、やはり何と言っても遂に加古川にオープンした『いきなり!ステーキ』のお話・・・。で、当然その話をしたいのもやまやまであるが、例に寄って当ブログは相変わらずのスローペースなので、昨年末に久々に食べた『ステーキ宮』のお話・・・。
 
年末大晦日が目の前に迫って来た某日、ご主人様が仕事納めの挨拶廻りで某所に行くのだが体調が芳しく無いので私にアッシー君をやって欲しいと言う依頼が来た。ま、私も挨拶廻り?に参加しても良かったのだが、ちょっと面倒な気もしたので取り敢えずアッシー君だけを担当!で、その後に何時もの如くランチを御一緒してから解散する事になったのだが、朝一から挨拶廻りに行っていた事もあってランチタイムには少し早い時間。そんな事もあろうかと行く前から決めていた営業開始時間が午前11時と少し早いステーキ宮』に久々に行ってみる事にした。
 
ステーキ宮/播磨店
こちらが約1年半ぶり位に行って来た2015年11月30日に明姫幹線播磨町大中南交差点直ぐ近くに誕生したステーキ&ハンバーグレストランステーキ宮/播磨店』で、初めてこのお店に来た時はオープン直後と言う事もあって既に駐車場が満車で車すら停める事が出来なかったのだが、流石にオープンしてから2年以上経っている事もあり我々が入店した時は未だ閑散としていた。が、それは単に入店時間が午前11時過ぎのお店がオープンした直後だったからで、その後は年末近くと言う事もあってか次々とお客さんが入って来て一気に店内は満席状態になり、帰る頃には入口の処に待ち客が溢れていた程だった。
 
ステーキ宮温野菜と宮ロースランチのメニュー
それはさて置き、ご主人様が『ステーキ宮』初訪問と言う事で、それならば基本中の基本?である”宮ロースステーキ”をこれまた定番中の定番?である”宮のたれ”をオススメしたのだが、私が違う料理を食べると食後の感想とか意見が噛みあわないと思い、私も同じ物を食べる事に・・・。が、流石にそれではブログネタ的に面白味に欠けるのと、普段の野菜不足を補う為に”温野菜と宮ロースランチ120”とやらを食べてみる事に決定!!!
 
ステーキ宮飲むサラダバーステーキ宮飲むサラダバー
で、以前から何度も書いているように個人的に『ステーキ宮』の最大のお気に入りは毎日日替わりで4種類の飲み放題のスープが用意された”飲むサラダバー”で、この日の内容はと言うと”コーンポタージュスープ”、”鶏肉としいたけのスープ”、”野菜たっぷり ベジスープ”、”クラムチャウダー”の4種類で”オニオンコンソメスープ”は無かった。
 
ステーキ宮飲むサラダバーステーキ宮飲むサラダバー
そしてこちらが先ず最初に私が”飲むサラダバー”から入れて来た”ふんわり玉子と鶏肉・椎茸をたっぷり使用した中華スープ”と言う”鶏肉としいたけのスープ”と”白菜やキャベツ、香味野菜の旨みが溶け込んだスープ”と言う”野菜たっぷり ベジスープ”の2つのスープで、どちらも結構な具沢山な内容で何時も通りメチャウマい!ご主人様もこの”飲むサラダバー”には大満足の御様子!ちなみに後から当ブログの過去記事を見てみると、私は毎回最初にこの2種類のスープを飲んでいるようだ。自分の好みは基本的に変らない・・・と言う現れかも知れない・・・。
 
ステーキ宮温野菜と宮ロースランチ
そんなこんなで最初に”飲むサラダバー”から入れて来たスープを飲みつつ待っていると、間も無くしてこの日のメイン料理である”温野菜と宮ロース”が運ばれて来て、これまた何時もの如くスタッフの方がステーキの上から”宮のたれ”をかけてくれた。このパフォーマンス?もこのお店の人気の一つかも知れない・・・(ま、似たようなサービスをやっているハンバーグチェーンとかお好み焼チェーンもあった気もするのだが・・・)。
 
ステーキ宮温野菜と宮ロースランチステーキ宮温野菜と宮ロースランチ
それはさて置き、こちらが今回食べた”温野菜と宮ロースランチ120”のセットで、メイン料理の”宮ロースステーキ”の他にお替り自由のライスと飲み放題のスープが付いてお値段は通常税抜価格1280円なのだが、このお店ではJAF会員証割引があって(と言っても割引率が下がってしまったが・・・)、それに消費税を加えた二人分の合計金額は・・・、レシート紛失の為よく判りません・・・。
 
ステーキ宮温野菜と宮ロースランチ
そしてこちらが”温野菜と宮ロースランチ120”のメイン料理である”宮ロースステーキ”で、2年位前の初訪問時に食べた”宮ロースランチ”の”宮ロースステーキ”は150gのサイズだったのだが、今回は商品名に120と付いているように120gのサイズだ。で、お肉自体は以前食べた時の”インジェクション加工肉”の少し固めだった食感とは違い、この日は”ジューシーでやわらかな食感を味わっていただく為に牛脂を注入した加工肉”(と書くと、また誰かから何時もディスっていると言うようなコメントが付くかも・・・。てか、実際にステーキを運んで来た時にスタッフの方からもそう説明があるし、公式サイトにも書いてある話なんだけどなあ・・・)で、それにお店ご自慢の”宮のたれ”を掛けて食べるとメチャ美味い!確かにこの”宮のたれ”は、私にもご主人様にもちょっと濃い口と言うのか辛い程なのだが、初めて食べた時と比べると徐々に舌も慣れて来たのか結構美味しくなって来た気がする・・・。
 
ステーキ宮温野菜と宮ロースランチ
ちなみに”宮ロースステーキ”の肉の断面はこんな感じで、これまたメニューに書いてあるように焼き方は”ミディアム”か”ウェルダン”のどちらかしか選べないので、今回も”ミディアム”にしたのだがご覧の通り結構レアな感じだ。ま、この焼き加減に抵抗がある方は別途用意されているペレットで火の通り具合を加減出来るようになっているのだが、個人的には普段から”ミディアムレア”派なので、この程度の焼き加減で十分だったかな。
 
ステーキ宮温野菜と宮ロースランチ
そしてこちらは”宮ロースステーキ”の脇に添えられていた”温野菜”で、その内容はと言うとキャベツ、モヤシ、ブロッコリー、フライドポテト等で、そのままでは特に味は付いて無かった(と思う)ので、”宮ロースステーキ”にたっぷりとかかっていた”宮のたれ”を付けて食べると野菜のさっぱり感とたれの濃い味が相まってそれはそれで美味しかったかな
 
ステーキ宮飲むサラダバーステーキ宮飲むサラダバー
そんなこんなでメイン料理の”宮ロースステーキ”を食べ終えた後、食後のドリンクの代わりに再び”飲むサラダバー”に行ってカップに入れて来たのがこちらのスープで一つは最初に飲んだ”野菜たっぷり ベジスープ”だが、もう一つはこれまた結構好きな”クラムチャウダー”で、こちらも具沢山でメチャウマい!ちなみにご主人様はこの他にあった”コーンポタージュスープ”も飲んだのだが、あれは割と至って普通?なので今回私は飲まなかった・・・。
 
てな事で、久々に行った『ステーキ宮』で今回は”温野菜と宮ロースランチ120”を食べてみたのだが、以前食べた”宮ロースステーキ”とは違い今回は肉自体がとても柔らかで、更に”宮のたれ”にも舌が馴染んで来たのか中々美味しかった!それはさて置き、以前は有効期限が無かったポイントカードも現在は1年間と言う期限付きに変っているらしくこの日交換となったのだが、もうちょっとで満タンになるので、忘れ無いうちに食べに行こうと思う・・・。

2017年12月29日

加古川志方にある超有名な焼肉店”彦”の敷地内に出来た”ステーキM”で特別メニューのヘレステーキを食べてみた!自分で焼くのは面倒だが肉自体はメチャウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
少し前に書いた様に今年の”たかさご万灯祭”に、以前にご主人様の会社で働いていた友人が某所に出演したのだが、その彼が後日その”たかさご万灯祭”関連の用事で高砂方面へやって来ると言う連絡が届いたので、折角なのでランチを食べに行く事になった。が、意外と彼も高砂近辺のお店に良く食べに行っているようなので、それならば彼も私も未だ行った事の無い、以前に30番さんやありおんさんからこんなお店がオープンするで・・・と聞いていた『焼肉 彦』の敷地内に出来た『ステーキM』に行ってみる事にした。
 
ステーキM
こちらが今回行って来たステーキ屋さんの『ステーキM』で、お店がある場所は先にも書いた様に加古川志方方面では超有名な『焼肉 彦』の店の奥ばった辺り・・・と言うのか一番北の外れで、パッと見た感じは倉庫みたいに見えたのだが、お店は右側の更に奥にあった。で、この時は既に時間は午後1時近くになっていたのだが、駐車場には沢山の車が停まっていたのでお客さんで一杯かも・・・と思ったら、その車の大半は『焼肉 彦』のお客さんだったみたい・・・。
 
ステーキM特別メニュー2
ちなみにこちらがお店の前の倉庫のような建物の壁に掲げてあった『ステーキM』のメニューで、お店の案内に寄ると”精肉店直営の強みを生かして、新鮮でリーズナブルな価格で肉を提供”しているらしく、あるいは噂で聞いていた通り結構リーズナブルなお値段だ。
 
ステーキMメニューステーキM特別メニュー
そしてこちらが店内に置いてあったこのお店のメニューで、一番高いステーキでも5000円のようだ。で、ステーキの他にも骨付き豚ロースや大海老等があって、更には焼肉ピザなんてのもある。で、何を食べようかと相談した結果、折角なのでちょっとお得な気がした”特別メニュー”とやらを食べてみる事に決定!!!
 
ステーキM店内
それはさて置き、店内を簡単に紹介して置くとこんな感じで、ステーキ店と言いつつも所謂目の前に鉄板があってそこでシェフが肉を焼くような感じのお店では無く、第一印象はちょっと小洒落た焼肉店のようだ。ちなみにお店の案内に寄ると”店内にはテーブル席9卓を用意。全席にコンロを設置し、客自らがステーキを好みの焼き加減に調理して楽しめる”らしい・・・。これもお店がオープンする時に30番さんやありおんさんから聞いていたので、大体の事は想像が付いてはいたが・・・。
 
ステーキM店内
それともう一つ、こちらはお店入って直ぐの処にあったお肉のショーケースで、確か以前いただいた情報に寄るとこの中から客が食べたいと思うお肉を選んで・・・みたいな話だった気がするが、この日に注文したのが”特別メニュー”からなのかそう言った演出?は無かった。ちなみに『焼肉 彦』と言えば当然店内で食べるのが当り前なのだが、持帰り?のお肉も販売していて10年以上前に桐箱入りのステーキ肉を貰った事があり、それがメチャ美味しかったので、後日兄貴も買って来て食べた事がある・・・。このお肉を見て何と無くそんな事を思い出したのだった・・・(てか、管理人さんの引っ越しの後に『焼肉 彦』へ食べに来た時にもステーキ肉を注文した事が・・・)。
 
ステーキM特別メニュー
それは兎も角として、窓の外に広がる意外と見慣れた?田園風景を見つつ待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの特別メニューのステーキのお肉であるヘレ(オーストラリア産)とサラダで、他にごはんと味噌汁、更には食後のコーヒーが付いてお値段は税抜き価格1920円也。ヘレ肉の脇にはソーセージとニンニクチップ、それにアルミ箔に包まれた蒸し焼用の野菜が添えられている。
 
ステーキM特別メニュー
そしてこちらが特別メニューヘレ肉(オーストラリア産)で、サイズは160gとの事。で、先にも書いた様に”客自らがステーキを好みの焼き加減に調理”と言う話で、塩胡椒も客の手でするスタイルになっている・・・。個人的には鉄板ステーキ専門店の様にお店のシェフに焼いて貰って最後にワインでフランベ?して食べる方が楽ちんではあるが、ワイワイガヤガヤと気軽に高級ステーキ肉が楽しめると思えば、これはこれで良いかも知れない・・・。
 
ステーキM特別メニュー
それはさて置き、早速このヘレ肉をコンロの上に・・・。此処で肉をアルミの上に乗せたままで焼くのか、直接網の上で焼くのか悩んだのだが、野菜はアルミ箔に包んで蒸焼きにするのだからお肉も同じ様に・・・とそのまま乗せた・・・。が、やはりこれは失敗だったようだ。てか、確かに最初に女性スタッフの方が遠赤外線を使ったコンロで余分な脂が落ちる・・・と言っていたのだが、肉を運んで来てくれたお兄さんからは具体的な焼き方を説明してくれなかったもんで・・・。ま、個人的に脂大好きなので、余分な脂もあっても全然構わん気もするが・・・。
 
ステーキM特別メニュー
そしてこちらが片面が焼き上がったので裏返したヘレステーキの姿で、この後自分で食べ易いサイズに適当にカットして、それを添付の特製ダレ、わさび醤油、岩塩の3種を適当に付けて食べると、お肉がとても柔らかくジューシーでメチャ美味いオーストラリア産と態々書いてあったので、もしかすると固い肉かも・・・と言う不安もあったのだが、全くそんな事の無いメチャ美味しいお肉だった!
 
ステーキM特別メニュー
ちなみにヘレステーキの断面を見るとこんな感じで、160gのサイズと言う事もあって結構な肉厚だ。で、この時も話題になったのだが、家で自分でステーキを焼くとアッと言う間に肉の中心まで火が通ってしまって残念な状態になってしまう事が多いのだが、流石に遠赤外線コンロの成せる技なのか、私が適当に焼いても中々エエ感じのミディアムレアな焼き具合になったような・・・。
 
ステーキM特別メニュー
そしてこちらはお肉の脇に置いてあったアルミ箔に包まれた蒸し焼野菜の焼く前の姿で、ヘレステーキ美味しさに圧倒されて焼いた後の野菜の姿を写メるのを忘れていたが、大体こちらは見た目通り、あるいは想像通りの蒸焼き野菜だったかな。そう言えば・・・、ソーセージの焼けた姿も撮って無かった・・・。
 
ステーキM特別メニューステーキM特別メニュー
それともう一つ、こちらはヘレ肉と一緒に運ばれて来たサラダで、ご覧の通りレタスとコーン、それに何やら綺麗な海藻麺とやらが添えられていて、これに2種類用意されたドレッシングを少しずつ試しながら食べたのだが、内容的にはシンプルながら海藻麺と言うアクセントがあって、こちらも中々美味しいサラダであった。
 
ステーキM特別メニュー
ちなみにこちらは後から運ばれて来た特別メニューセットのごはんと味噌汁と漬物で、この日は私が車の運転手だったのでアルコールが飲め無い為、ステーキを食べつつ白いごはんを頬張って食べたのだが、肉と白ご飯の相性も抜群でこれはこれで旨かった味噌汁もシンプルながら家庭的な味わいで、そちらも美味しかったかな。
 
ステーキM特別メニューステーキM特別メニュー
てな事で、大満足のヘレステーキを満喫した後、雑談をしながら食後のコーヒーを待っていると、店内に他のお客さんが居なくなったから?なのか、何だかんだワイワイと賑やかに食べていたから?なのか、無料サービスと言って運ばれて来たのがこちらのシューアイスで、内容的には良くある極々普通のシューアイスだが、目の前にあったコンロで温まった体を冷やす効果もあってこちらもメチャ美味しかった!
 
ステーキM特別メニュー
そしてその後に運ばれて来たのがこちらの食後のコーヒーで、こちらも内容的には至って普通なのだが、ステーキやシューアイス等が全て美味しかった事もあってか、このコーヒーも何と無く美味しく感じた気がする・・・。
 
てな事で、今回はお店がオープンする前に情報を貰った『焼肉 彦』の敷地内に出来た『ステーキM』に漸く行って特別メニューヘレステーキを食べてみたのだが、自分で焼いた事?もあってかメチャ美味しかった!きっと専属のシェフに焼いて貰った方がもっと美味しいと言う気はするが、最初に書いたように何と無く焼肉風でワイワイガヤガヤと食べれてこれはこれで中々楽しかった!そんな事もあって、また機会があれば食べに行ってみようと思う・・・。

2017年12月16日

生活情報誌に加古川日岡にある”キッチン五斗米”のクーポンがあったので”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”を食べてみた!割りと庶民的な雰囲気ながら中々ウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
偶にポストに入っているリビングとか言う新聞のような生活情報紙の中に、加古川日岡にある『キッチン五斗米』のクーポン券が付いていた。そのお店には行った事が無いのだが10年程前に姫路今宿にある『ステーキ五斗米』(当時から『キッチン五斗米』と言う店名だったかも知れない・・・)に食べに行った事があるし、偶に姫路駅方面へ車で行く途中の手柄にもお店があるので何と無く親近感はある。そんな事や、最近は加古川医療センター近くへ行く事はあっても日岡近辺には行って無かったので、ちょっとした好奇心もあって折角なので食べに行ってみる事にした。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチのメニュー
ちなみにこちらがその時のリビングに載っていた紹介記事で、ご覧の様にこのクーポン券を持参した人だけが特別に”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”が注文出来るとの事。当然店内に置いてあったメニューを見るとこの他にもお手軽なランチメニューや豪華な記念メニュー等もあったのだが、そんな事はおかまいなしに今回はこの”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”を食べたのだった。
 
キッチン五斗米/加古川日岡店
そしてこちらが『キッチン五斗米/加古川日岡店』で、最近この1周年記念をやってるのでお店がオープンしてから1年しか経って無いようだが、雰囲気的には以前は喫茶店だったお店をそのまま利用しているような感じの建物だ。ちなみにお店の紹介文によると”厳選された国産牛を専門で扱っており、ステーキ・ハンバーグやエビフライ・クリームコロッケなどお子様はもちろん、ご家族や友人と気軽に寛いで頂ける町のステーキハウス・洋食屋さん”との事らしい・・・。何れにしてもこの日はランチタイムの少し遅めの訪問だったのだが、店内はほぼ満席だった・・・(てか、駐車場が空いて無くて一度は通り過ぎたほどだし・・・)。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
それはさて置き、先ず最初い運ばれて来たのが”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”に付いているこちらのサラダと漬物で、ご覧の通り特にこれと言ったインパクトの無い極々普通のサラダと漬物だ。逆に言うと、これを見るだけでこのお店が堅苦しさを感じ無いアットホームなお店な感じで安心感?が漂う・・・。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
で、先ず最初に運ばれて来たサラダをつつきながら待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”で、メイン料理のお皿の他に、ライス、みそ汁、サラダ、それに食後のドリンクがセットになってお値段は税込価格1400円也。この内容でこのお値段は確かに結構お得かも知れない・・・
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
そしてこちらがメイン料理の”ステーキ&ビフカツ”で、商品説明に寄ると”牛ヘレステーキ80gとビフカツ80gが味わえるボリューム満点の一品。ヘレはあっさりとした和風しょうゆソースで、カツは黒毛和牛にくのだしが溶け込んだ甘みとコクが感じられるデミグラスソース。手間暇かけてつくった自家製のソースが素材の味を引き立てます”との事。それぞれが80gと言う大きさなので、想像していたよりはボリューム感は無いような・・・。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
それはさて置き、先ずは牛ヘレステーキの方から食べてみると、ナイフを入れるとさっと切れる程にお肉は柔らかく、また焼き立てのジューシーさもあり、それに和風しょうゆソースを絡めて食べるとメチャウマいこのステーキならば倍の160g程度あってもさらりと食べれるのでは・・・と思う程のウマさだ!
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
ちなみに牛ヘレステーキのお肉の断面を見るとこんな感じのミディアムな焼き加減だった。肉厚があれば、もう少しミディアムレアに出来たのかも知れないが、味自体が美味しかったので特に不満は無い・・・。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
そしてこちらが”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”のもう一つのメイン料理である”ビフカツ”で、残念ながらこちらは揚げ立て熱々では無く、揚げ置きされたタイプ衣のサクサク感とか肉のジューシーさに物足りなさを感じたが、これにたっぷりとかかった自家製デミグラスソースを絡めて食べると、こちらも中々ウマい
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
ちなみに”ビフカツ”の肉の断面を見るとこんな感じの未だ赤身が残った状態で、偶に他のお店で肉の芯まで完全に火が通ってしまっている時があるが、それと比べると揚げ具合は中々良かったので、やっぱ出来る事であれば揚げ立て熱々で食べたかったような・・・。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
それはさて置き、こちらは今回食べた”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”に付いていた”みそ汁”で、ご覧の通り豆腐やワカメが入った如何にも家庭的な味で、最近良く食べた牛丼チェーン店の味噌汁と比べると結構ウマい!そう言えば他のメニューの案内の中にスープの代わりに”みそ汁”にする事で、価格をリーズナブルに抑えた・・・と書いてあったような・・・。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
最後に・・・、こちらも”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”に付いていた食後のコーヒーで、ドリンク自体は何種類かの中から選べたのだが、今回はシンプルにホットコーヒーを選んだのだった。今回食べた”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”は1400円だったが、1000円前後のランチでも食後のコーヒーが付いているので、そう考えると結構リーズナブルなお店かも知れない・・・。
 
てな事で、偶にポストに入っているリビングとか言う新聞のような生活情報紙の中に、加古川日岡にある『キッチン五斗米』のクーポンがあったので”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”を食べてみたのだが、ビフカツが揚げ立てでは無かった点は兎も角としてステーキもビフカツもメチャ美味しかった!日岡近辺と言えば若かりし頃に草野球や花見等で偶に来た事があるのだが、最近はすっかり足が遠のいていた。が、ふと思うと稲美町中一色周辺には偶にランチを食べに行っていたが、雰囲気的には似たような距離なのでまた近い内に通常メニューのランチを食べに来てみたいと思う・・・。

2017年11月29日

灘の喧嘩祭り見物の後、姫路駅前にある”Hi! me Cafe”で”ステーキ”セットを食べてみた!見た目とボリュームはそれなりだが肉は柔らかくてメチャウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
播州秋祭りシーズンも中盤に差し掛かった週末、この日は祭り最大のクライマックスとも言える灘の喧嘩祭りとして有名な姫路松原神社の宵宮と大塩天満宮の宵宮に行って来た。で、昨年はちょっとした知り合いに会った事もあって、その後は的形湊神社の駅前での練り合わせを見に行ったのだが、今年は一人での見物だったのでそのまま帰る事にしたのだが、この日は乗り放題切符を買っていた事や、ちょっとした用事?もあって姫路駅前まで出て夜飯を食べてから帰る事にした
 
Hi! me Cafe/ハイミーカフェ
で、姫路駅前にも食べてみたいお店が沢山あるのだが、その大半はお酒がメインだったりするので、取り敢えずお手軽に定食系が食べれるお店が集まった?と言う印象がある”ピオレ姫路”の地下のレストラン街を散策していると、昨年末頃だったかにオープンした『Hi! me Cafe/ハイミーカフェ』の前を通るとディナー限定MENUってのがあって、その中に”ステーキ”があったので試しにそちらを食べてみる事にした。ちなみにこのお店は”姫路駅名物えきそば”で有名な『まねき食品』がやっている”焼き立てバウムクーヘンと本格バーガーが自慢のお店”で、昨年末にお店が誕生した時から一度ハンバーガーを食べてみたい・・・と思いつつ現在に至っている・・・。
 
Hi! me Cafe/ハイミーカフェディナー限定メニューHi! me Cafe/ハイミーカフェディナー限定メニュー
そしてこちらがこのお店のディナー限定メニューで、”ステーキ”の他にも”ハンバーグ、チキンソテー、ポークソテー”等、私の大好きな肉料理が沢山ある。当然、お店ご自慢のハンバーガーもディナータイムに注文出来るようで、実際ハンバーガー系を食べているお客さんも沢山いるようだった。
 
Hi! me Cafeハイミーカフェステーキ
それはさて置き、入店したタイミングが旅行帰りっぽい団体客が入店した直後だったのと、それ以外にも私が入店する直前に何組か客が入った事に加え、ディナータイムなので普段は空いている?からなのか店員さんの数も少ないようで、入店してから25分、料理を注文してから20分待って漸く運ばれて来たのがこちらの”ステーキ”で、別途サラダ、スープ、それにライスがセットになってお値段は税込価格1350円也。ちなみにライスの代わりにパンも選ぶ事は可能だったのだが、何時ものようにライスを選んでみた。
 
Hi! me Cafeハイミーカフェステーキ
そしてこちらがメイン料理の”ステーキ”で、パッと見た第一印象は肉がメッチャ少ない・・・、それ以上に盛付方もメッチャ雑・・・。確かにお店が混んでいて席から見える奥の厨房の様子を見ても店員さんがあたふたしているのは見えてはいたが、もうちょっと綺麗に並べて欲しかったなあ・・・。偶に当ブログに、食べれたらなんでもエエ・・・みたいなコメントを書いて来る人が居るが、個人的には料理は見た目から・・・、あるいは見た目も味の一つ・・・と言うのが私のポリシーだからなあ・・・。その辺りは作り手の料理に対する愛情の度合いにも寄るのだろうけど・・・。
 
Hi! me Cafeハイミーカフェステーキ
それはさて置き、こちらがその”ステーキ”で、ご覧のように何と無く普通の焼肉っぽい感じの”カットステーキ”だが肉自体は柔らかくてメチャウマい!ちなみに商品説明に寄ると”フラップ(カイノミ)を1日オイルとガーリックでマリネ。柔らかくしてから焼きあげます。醤油ベースのオリジナルソースでお召しあがりください”との事。見た目とボリュームには少し残念な点はあったが、味的には確かに中々美味しい”ステーキ”だった。
 
Hi! me CafeハイミーカフェステーキHi! me Cafeハイミーカフェステーキ
そしてこちらは”ステーキ”に付いていたサラダで、お店自体が女性客を狙ったカフェと言う事もあってか、ご覧のようにグラスに入ったサラダで、上の方はレタスやオニオンが大半であったが、グラスの底の方にはコーンフレークも入っていて、色んな味と食感が楽しめるサラダだった。
 
Hi! me CafeハイミーカフェステーキHi! me Cafeハイミーカフェステーキ
ちなみに今回食べた”ステーキ”にはこの様なライスとスープも付いていて、ライスは白米と言うよりも何と無くバターライスっぽい印象で、スープの方もジャガイモを使ったスープのような、まったりとした味わいのスープだった。
 
てな事で、灘の喧嘩祭りとして有名な姫路松原神社の宵宮と大塩天満宮の宵宮の見物に行った後、姫路駅前にある『Hi! me Cafe/ハイミーカフェ』で”ステーキ”を食べてみたのだが、料理提供までの待ち時間が長かったり見た目が雑だったり肉の量が少なかったりと気になる点が結構多かったのだが、お肉自体は柔らかくて中々美味しかった!今度はもうちょっと空いている時間を狙って、お店ご自慢のハンバーガーを食べてみたいと思う。

2017年10月18日

昨年の10月にリニューアルした加古川駅前にある”月の庵”で今度は”牛ステーキご膳”を食べてみた!以前に高砂店で食べたステーキ重の方が良かったかな。

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
少し前まではJR加古川駅近くへ行った時に加古川プラザホテルの1Fにあるレストランを利用する事が多かったのだが、昨年の10月下旬頃に加古川ニッケパークタウンがリニューアルしてからは、そちらに出来たフードテラスやレストラン街へ行く事が増えた。で、この日もまたまた加古川駅前に来たので何処かでランチを食べる事にしたので、何処に行こうかと周辺を散策していたら、昨年の10月頃にリニューアルした『月の庵/加古川駅本店』で、何時の間にやら”日替り定食”が復活していたので久々に食べてみたのだが、その時のメニューボードに”牛ステーキご膳”ってのも有ったので、今度はそちらを食べてみる事にした。
 
しゃぶしゃぶ食べ放題 月の庵/加古川駅本店しゃぶしゃぶ食べ放題 月の庵/加古川駅本店
こちらがまたまた行って来た『しゃぶしゃぶ食べ放題 月の庵/加古川駅本店』で、以前は居酒屋風のお店だったのだが昨年の10月にリニューアルして、『高砂店』と同じ様な”しゃぶしゃぶ食べ放題”のお店になって間もない頃に、ご主人様とランチを食べに来た時以来の訪問だ。ちなみに同じカノコビル内の3Fにあった何時ぞや管理人さんや30番さんらと居酒屋のハシゴ旅で何軒目かに入った『贔屓屋』は『膳家』に変っている・・・、と言う話も以前に書いたか・・・。
 
月の庵牛ステーキ膳のメニュー
それはさて置き、こちらがビルの階段の登り口の前に置いてあった”本日の日替り定食”のメニューで、それに寄るとこの日は”鶏南蛮タルタル”との事。何と無くそちらも気にはなったのだが、今回の訪問目的はその下にある10食限定と書かれた”牛ステーキご膳”の方だったので、ちょっと懐かし個室風の席に案内されるや否や即注文!!!
 
月の庵牛ステーキ膳
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛ステーキご膳”で、メインの”牛ロースステーキ”(とお店の人が言ってたような・・・)の他に定番の”店造り出来たて掬い豆冨”や”ごはん・味噌汁・漬物”等がセットになって、お値段は税込価格950円也。4年前に『月の庵/高砂店』で食べた”ステーキ重”も似た様な値段だったのだが、4年も経っているので単純比較は出来ないが、肉のボリュームを見るとあちらの方がお得感があったような・・・。
 
月の庵牛ステーキ膳
そしてこちらが”牛ステーキご膳”のメイン料理の”牛ロースステーキ”が乗った鉄板で、ご覧の通り鉄板の半分のスペースには野菜とマカロニが盛られていて、更に”出し巻き玉子”もトッピングされている。が、鉄板が熱々なので野菜が直ぐにシナって来たので、どちらかと言うとポテトやニンジン等の温野菜や焼野菜の方がエエような・・・。
 
月の庵牛ステーキ膳
それはさて置き、こちらがメインの”牛ロースステーキ”(とお店の人は言っていた)で、サイズ的には100g程の大きさだ。で、早速この”牛ロースステーキ”を食べてみると・・・、何と言うのか・・・しっかりした噛み応えのある牛肉で、所謂私が食べたいと思う肉質とは真逆な感じなのだが、添付のタレに浸けて食べると御飯との相性は良く、また噛んでいる内に肉の味わいも出て来て、これはこれで中々美味しいかった・・・。
 
月の庵牛ステーキ膳
そしてこちらは”牛ステーキご膳”のセットの中にあった、『月の庵』ではすっかりお馴染みの”店造り出来たて掬い豆冨”で、こちらはこのお店に来た時は毎回食べているし、同じ系列店の『窯焼和食 ばんざ』へ行った時にも出て来るお馴染みの味で、流石に大きく印象に残る事は無かったが、何時も通りに美味しい”店造り出来たて掬い豆冨”であった!
 
月の庵牛ステーキ膳月の庵牛ステーキ膳
ちなみにこちらも”牛ステーキご膳”のセットの中にあった味噌汁と漬物で、このお店がリニューアルしてから味噌汁を飲むのは初めての事ではあったが、内容的には可も無く不可も無く・・・だったかな。
 
てな事で、またまた行った昨年の10月にリニューアルした『月の庵/加古川駅本店』で、前回”日替り定食”を食べた時から少し気になっていた”牛ステーキご膳”を食べてみたのだが、個人的な印象として一度食べれば十分かな・・・と言うような内容だったかな。それよりも、どちらかと言うのリニューアル前にあったランチメニューの”かつめし”を復活してくれた方が有難いような・・・。
次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.