義史のB型ワールド

2017年10月18日

昨年の10月にリニューアルした加古川駅前にある”月の庵”で今度は”牛ステーキご膳”を食べてみた!以前に高砂店で食べたステーキ重の方が良かったかな。

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
少し前まではJR加古川駅近くへ行った時に加古川プラザホテルの1Fにあるレストランを利用する事が多かったのだが、昨年の10月下旬頃に加古川ニッケパークタウンがリニューアルしてからは、そちらに出来たフードテラスやレストラン街へ行く事が増えた。で、この日もまたまた加古川駅前に来たので何処かでランチを食べる事にしたので、何処に行こうかと周辺を散策していたら、昨年の10月頃にリニューアルした『月の庵/加古川駅本店』で、何時の間にやら”日替り定食”が復活していたので久々に食べてみたのだが、その時のメニューボードに”牛ステーキご膳”ってのも有ったので、今度はそちらを食べてみる事にした。
 
しゃぶしゃぶ食べ放題 月の庵/加古川駅本店しゃぶしゃぶ食べ放題 月の庵/加古川駅本店
こちらがまたまた行って来た『しゃぶしゃぶ食べ放題 月の庵/加古川駅本店』で、以前は居酒屋風のお店だったのだが昨年の10月にリニューアルして、『高砂店』と同じ様な”しゃぶしゃぶ食べ放題”のお店になって間もない頃に、ご主人様とランチを食べに来た時以来の訪問だ。ちなみに同じカノコビル内の3Fにあった何時ぞや管理人さんや30番さんらと居酒屋のハシゴ旅で何軒目かに入った『贔屓屋』は『膳家』に変っている・・・、と言う話も以前に書いたか・・・。
 
月の庵牛ステーキ膳のメニュー
それはさて置き、こちらがビルの階段の登り口の前に置いてあった”本日の日替り定食”のメニューで、それに寄るとこの日は”鶏南蛮タルタル”との事。何と無くそちらも気にはなったのだが、今回の訪問目的はその下にある10食限定と書かれた”牛ステーキご膳”の方だったので、ちょっと懐かし個室風の席に案内されるや否や即注文!!!
 
月の庵牛ステーキ膳
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛ステーキご膳”で、メインの”牛ロースステーキ”(とお店の人が言ってたような・・・)の他に定番の”店造り出来たて掬い豆冨”や”ごはん・味噌汁・漬物”等がセットになって、お値段は税込価格950円也。4年前に『月の庵/高砂店』で食べた”ステーキ重”も似た様な値段だったのだが、4年も経っているので単純比較は出来ないが、肉のボリュームを見るとあちらの方がお得感があったような・・・。
 
月の庵牛ステーキ膳
そしてこちらが”牛ステーキご膳”のメイン料理の”牛ロースステーキ”が乗った鉄板で、ご覧の通り鉄板の半分のスペースには野菜とマカロニが盛られていて、更に”出し巻き玉子”もトッピングされている。が、鉄板が熱々なので野菜が直ぐにシナって来たので、どちらかと言うとポテトやニンジン等の温野菜や焼野菜の方がエエような・・・。
 
月の庵牛ステーキ膳
それはさて置き、こちらがメインの”牛ロースステーキ”(とお店の人は言っていた)で、サイズ的には100g程の大きさだ。で、早速この”牛ロースステーキ”を食べてみると・・・、何と言うのか・・・しっかりした噛み応えのある牛肉で、所謂私が食べたいと思う肉質とは真逆な感じなのだが、添付のタレに浸けて食べると御飯との相性は良く、また噛んでいる内に肉の味わいも出て来て、これはこれで中々美味しいかった・・・。
 
月の庵牛ステーキ膳
そしてこちらは”牛ステーキご膳”のセットの中にあった、『月の庵』ではすっかりお馴染みの”店造り出来たて掬い豆冨”で、こちらはこのお店に来た時は毎回食べているし、同じ系列店の『窯焼和食 ばんざ』へ行った時にも出て来るお馴染みの味で、流石に大きく印象に残る事は無かったが、何時も通りに美味しい”店造り出来たて掬い豆冨”であった!
 
月の庵牛ステーキ膳月の庵牛ステーキ膳
ちなみにこちらも”牛ステーキご膳”のセットの中にあった味噌汁と漬物で、このお店がリニューアルしてから味噌汁を飲むのは初めての事ではあったが、内容的には可も無く不可も無く・・・だったかな。
 
てな事で、またまた行った昨年の10月にリニューアルした『月の庵/加古川駅本店』で、前回”日替り定食”を食べた時から少し気になっていた”牛ステーキご膳”を食べてみたのだが、個人的な印象として一度食べれば十分かな・・・と言うような内容だったかな。それよりも、どちらかと言うのリニューアル前にあったランチメニューの”かつめし”を復活してくれた方が有難いような・・・。
広告

2017年6月23日

偶々見に行った加古川踊っこ祭りの会場で”牛ステーキ丼”と”ほるもん焼きうどん”を食べてみた!どちらもシンプルな内容ながらメチャウマい!

Filed under: ステーキ,麺類と粉もん — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
此処何年かGWには播州界隈にある神社が順番でやっている国恩祭見物に行く事が多かったのだが、今年はちょっとタイミングが合わなかった事や、見に行ってみたいと言う程でも無かったので何処にも行かなかった。代わりに?レンタルビデオを借りに行ったり、あるいは鶴林寺方面を散策した序でに、丁度加古川市役所で開催されていた”加古川踊っこ祭り”の会場に行ってみる事にした。
 
加古川踊っこ祭り
こちらがその加古川市役所前の広場で開催されていた”加古川踊っこ祭り”で、その名の如く一番奥にあるステージ上では次々と色んなグループが登場してオリジナルの踊りとかダンスを披露しているのだが、個人的にはステージには然程関心は無く、この会場内に沢山出店している飲食ブースの方。で、ざっと見て廻ると偶に開催されているご当地グルメ博っぽい感じでは無く、加古川にあるお店が大半のようだ。
 
加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼
そんな中から何か一つでも食べてみようと思い、あれこれと見て廻っていると私の好きそうな”牛ステーキ丼”の幟を発見!最初に見た感じは飲食ブースと言うよりも、何かグッズでも販売しているお店の様に見えたのだが、よくよく見ると2年程前の”Night Fantasy Illusion 2015”の会場にも出店していた『あきら』と言うお店のようだ。
 
加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼
で、こちらがこの飲食ブースで販売していたメニューで、私のお目当ては”牛ステーキ丼”だったのだが、休憩ブースっぽいテントの奥を見ると”あなご丼”の写真がデカデカと貼ってあった。そう言えば以前に”Night Fantasy Illusion 2015”へ行った時は”三味あなご丼”ってのを食べたのだが、雰囲気的にはそれと同じ様な感じで、そちらも食べてみたい気がしたが、残念ながらこの日は販売して無い?と言う事で素直に”牛ステーキ丼”を食べる事に決定!
 
加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼
そしてこちらが実際に買って食べた”牛ステーキ丼”で、お値段は600円也。例に寄って比較対象物が写って無いので全体の大きさが伝わり難いが、所謂普通サイズの丼と同じ位の大きさがあり、またステーキの他に焼肉っぽい感じのバラ肉も入っていてボリュームも満点この内容でこのお値段はメチャ良心的な気がする・・・。
 
加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼
それはさて置き、先ずは”牛ステーキ丼”のメインとも言えるステーキから食べてみると、お肉はとても柔らかく当然焼き立て熱々のジューシーさで、更に味付けも何と無く焼肉のタレに似た私好みの味でメチャウマい!最近も相変わらずあちらこちらのお店で”ステーキ丼”を食べているが、それらと比べても何ら遜色の無い美味しさだ
 
加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼
そしてこちらは”牛ステーキ丼”にトッピングされていたもう一つの具とも言える牛バラ肉で、この部分だけを食べてみると何と無く”焼肉丼”っぽい味わいがあってこれまたウマい!で、この後ステーキとバラ肉を一緒に、ご飯と共に食べる何と無く贅沢な味わいが口の中に広がりメチャ美味しかった
 
加古川踊っこ祭り牛ステーキ丼
ちなみに”牛ステーキ丼”のご飯の上にはご覧のように沢山のモヤシが敷いてあって、最初に見た時よりも全体的に結構なボリュームがあった様な気がする。
 
で、この後はレンタルビデオ屋さんへ行ったり加古川駅前方面へ行ったりしたのだが、折角なので何かもう一つ食べるか、あるいは手土産に買って帰ろうかと思い、再び”加古川踊っこ祭り”の会場へ戻って来て飲食ブースのエリアを散策していると”ほるもん焼きうどん”の屋台?があったので近づいて見てみると・・・。
 
加古川踊っこ祭りほるもん焼きうどん
こちらがその飲食ブースのエリアの中にあった”ほるもん焼きうどん”の屋台?で、”ほるもん焼きうどん”と言えば何年か前に30番さんの応援で佐用へ行った時にも食べた事があるご当地B級グルメで、それが何で”加古川踊っこ祭り”で出店しているのだろうと思って眺めていたら、貼り紙の中に『ゆみ蔵』の店名を発見!!!『ゆみ蔵』と言えば東加古川にある”ほるもん焼きうどん”のお店で、私はその他にランチでカレーも食べた事がある結構馴染のお店?だ。で、最近は昼間しかお店の前を通る事が無いしホームページも消えているので、今でも営業しているのかちょっと気になっていたのだった。そんな事も手伝って、何と無くこのお店の”ほるもん焼きうどん”が恋しくなったので買って食べてみる事に決定!!!
 
加古川踊っこ祭りほるもん焼きうどん
そしてこちらが実際に買って食べた”ほるもん焼きうどん”で、お値段は400円也。ご覧の通り巨大な鉄板の上で大量に焼いた”ほるもん焼きうどん”をパックに入れただけなので、ホルモンの種類や量はそれ程多くは無さそうだが、お店ご自慢の甘辛い特製ダレで中々ウマい!以前に佐用で食べた本物のホルモン焼うどんはつけ麺スタイルだったが、個人的にはお店の方が味を整えてくれて食べる方が好きかも・・・。
 
てな事で、偶々寄った”加古川踊っこ祭り”の会場で”牛ステーキ丼”と”ほるもん焼きうどん”を食べてみたのだが、これまた偶然にどちらも以前に食べた事のあるお店?で、そんな懐かしさや親しみ?もあってか両方ともメチャ美味しかった!また何処かのイベント会場で、これらのお店が出店していたら、迷う事無くまた食べてみたいと思う・・・。てか『ゆみ蔵』の”ほるもん焼きうどん”はお店に行けば何時でも食べれる?気もするが・・・。

2017年6月21日

久々に行った”ハンバーグ&ステーキ HIRO”で”神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ&ハラミステーキ”を食べてみた!見た目は兎も角、肉は柔らかくて中々ウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
GWが始まって間も無い日に久々に姫路まで行ったので、これまた久々にテラッソ姫路の中にある個人的にお気に入りの定食チェーンの『大戸屋』でランチを食べようと行ってみたら、何と何とお店は超大賑わい・・・と言うのかほぼ満席状態!こう言う日は狭苦しい相席のカウンター席に追いやられる事が必至だし、混んでると料理で出て来るまで時間が掛かる・・・。で、一旦入店を止めて斜め向かいにある『ハンバーグ&ステーキ HIRO(ヒロ)』の様子を見てみたら、そちらは未だそれ程に混んでいる様子は無かったので、久々にそちらのお店で食べてみる事にした。
 
ハンバーグ&ステーキ HIRO(ヒロ)
こちらが久々に行って来たテラッソ姫路の4Fのレストラン街の一角にある『ハンバーグ&ステーキ HIRO(ヒロ)』で、同じフロアにある”アースシネマズ姫路”には既に何度も(数えてみたら9回だった)映画を観に来たので、その度にお店の前を通るのですっかりお馴染みのお店・・・と思ったのだが、何と実際に利用したのは1年以上前に映画を観に来た時に偶々利用した事があるだけだった・・・。
 
ハンバーグ&ステーキ HIRO(ヒロ)
ちなみにこのお店と、同じフロアにあるこのお店の姉妹店である『とんかつ夢の大地』の料理以外のお楽しみと言えば、この様に姫路城を眺めながら食事が出来ると言う事にある・・・。とは言え、距離が遠いし、姫路城が見える席も数が少ないので、余程空いている時か、偶々?で無いとその席に着く事は出来ないかも知れないが・・・。
 
ハンバーグ&ステーキ HIRO(ヒロ)のランチメニューハンバーグ&ステーキ HIRO(ヒロ)のランチメニュー
それはさて置き、こちらがこのお店のランチメニューで、先にも書いた様にテラッソ姫路が誕生してから既に何度も来ていて、その度にお店のメニューをチェックだけはしているのだが、以前に見た時と比べると若干ながらランチメニューの種類も増えているようだ。とは言え、意外な事に?このお店でランチを食べるのが初めての事だったので、素直にお店の定番メニューである”神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ&ハラミステーキ”を食べる事に決定!!!
 
ハンバーグ&ステーキHIRO神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ&ハラミステーキ
で、先ず最初に運ばれて来たのがランチに付いているこちらのスープとサラダで、スープは玉ネギ等の具が入ったコンソメ風で普通に美味しかったが、サラダの方はご覧の通り割と良くある感じの内容だったかな。
 
ハンバーグ&ステーキHIRO神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ&ハラミステーキ
そんなこんなで一足先に運ばれて来たスープとサラダを食べ終えて暫くの間待っていると、漸く運ばれて来たのがこちらの”神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ&ハラミステーキ”とライスのセットで、お値段は先に出て来たスープとサラダが付いて税込価格1328円也。そう言えば、このお店は以前に姫路駅前のフェスタビルの中にあった『肉食酒場 GYUTA MEAT BALL』と同じ系列のお店なので、あの店で食べた”粗挽き和牛ハンバーグとハラミステーキ”に何と無く似ているようなセット内容だ。
 
ハンバーグ&ステーキHIRO神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ&ハラミステーキ
そしてこちらがメイン料理の”神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ&ハラミステーキ”で、パッと見た第一印象はメニューに載っていた写真の美味しそうなハラミステーキとは違い、何と無くキャンプやバーベキュー大会の日に目にする真っ黒な焼き色のお肉だ・・・。きっとお店が混んで来たので、他のお客さんの料理と一緒に焼いたりしてこんな感じになってしまったのかな・・・。あるいは元々のこのお店の焼き方がこんな風なのかも知れないが・・・。
 
ハンバーグ&ステーキHIRO神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ&ハラミステーキ
それはさて置き、先ずはその注目のハラミステーキから食べてみると、色は黒いが特に焦げていると言う風では無く、しかも見た目とは裏腹にお肉自体はとっても柔らかく添付のステーキソースを浸けて食べると中々ウマい!何と無く姉妹店の『肉食酒場 GYUTA MEAT BALL』で食べた”ハラミステーキ”と同じ様な味と言う気もしたが、これはこれで中々美味しいハラミステーキだった。
 
ハンバーグ&ステーキHIRO神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ&ハラミステーキ
そしてこちらがもう一つのメイン料理である”神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ”で、こちらも以前に『肉食酒場 GYUTA MEAT BALL』で食べた”粗挽き和牛ハンバーグ”と似た様な雰囲気で、大きさ的には80g程度な小ぶりサイズだが、上からたっぷりのデミグラスソースがかかっていて、こちらもメチャウマい
 
ハンバーグ&ステーキHIRO神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ&ハラミステーキ
ちなみに”神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ”の断面を見るとこんな感じで、熱々の鉄板に載ってからなのか、あるいは単に焼き過ぎたからなのか、中から肉汁が溢れ出ると言うような事は無かったのだが、ハンバーグ自体はメチャ柔らかくて美味しかった
 
ハンバーグ&ステーキHIRO神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ&ハラミステーキ
最後に・・・、こちらは”神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ&ハラミステーキ”の脇に添えられていた付け合せの野菜で、その内容はポテト、モヤシ、ブロッコリー、人参の4種類だった。
 
てな事で、久々に行った『ハンバーグ&ステーキ HIRO(ヒロ)』で、このお店が誕生した時から一度は食べてみようと思っていたランチメニューの”神戸ビーフ入り粗挽きハンバーグ&ハラミステーキ”を食べてみたのだが、最初に運ばれて来た時はやけに色が黒いなあ・・・と思いつつも、実際に食べてみるとステーキもハンバーグもとても柔らかで中々美味しかった!ま、雰囲気的には先に書いた様に、姫路駅前に以前あった姉妹店の『肉食酒場 GYUTA MEAT BALL』の”粗挽き和牛ハンバーグとハラミステーキ”と味も内容も似ていて、そんな懐かしさも加わって美味しさがプラスされたのかも知れない・・・。そう言えばあちらのお店は、個人的に馴染のある『しゃぶしゃぶの但馬屋』にリニューアルしたのだが、未だ食べに行って無いなあ・・・。

2017年5月6日

久々に行った”ステーキ けん”でランチタイム30食限定の”ステーキ丼”を食べてみた!スープもサラダも付いて無いのが寂しいがお肉自体は柔らかく中々ウマい!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
7年位前に山電別府駅近く・・・と言うのかイトーヨーカドー加古川店の直ぐ近くに誕生した『ステーキハンバーグ&サラダバー けん』で偶に”けんの日”と題されたお得なサービスデーに釣られて食べに行ったり、あるいはその後にオープン&閉店した『加古川米田店』にはランチを食べに行ったりしていたのだが、最近は少し食べ飽きたのとお得感も薄れてしまったので全然行かなくなっていた。が、お店の前だけは結構な割合通るので自然と目に入ってしまうのだが、少し前にお店の前を通ると”ステーキ丼”の幟を発見!その日は通り過ぎただけだったのだが、後日食べに行ってみたら日曜日はやって無い・・・と言われたので入店せずにそのまま退散!土曜日ならやっていると言う事だったので、日をあらためて食べに行ってみた。
 
ステーキハンバーグ&サラダバー けん/加古川店
こちらが久々に行って来た加古川別府にある『ステーキハンバーグ&サラダバー けん/加古川店』で、偶に書いておかないと忘れてしまうのだが、その前は『ファミレス ガスト』の姉妹店である『中華レストラン バーミヤン』があった店舗跡地に居抜きで誕生したお店だ。そう言えば、このお店の直ぐ近くにあった『えびめしや』の店舗跡地も居酒屋さんになったり焼肉屋さんになったりと、入れ替わりが激しかったが最近はどちらも固定化して来た様な・・・。
 
ステーキハンバーグ&サラダバー けんステーキ丼のメニュー
それはさて置き、こちらが店内に置いてあったランチタイム限定の(しかもお店は11時から開いているが、何故か12時からで無いと出来ないと言う)”ステーキ丼”のメニューで、それに寄ると並盛の他に肉とライスが2倍の大盛サイズもあったのだが、お値段が400円アップだったので今回はパス!(ライスの大盛りは無料で出来るとの事だったが、それもパスした・・・)。また『ステーキ けん』と言えばカレーやスープやサラダの食べ放題が人気なのだが、この”ステーキ丼”には何も付いて無いらしく、サラダバーの追加も400円だったので、これまたパス!ま、このお店のサラダバーはそれこそ数え切れない程に食べて来たから、そうまでして食べてみたいとも思わなかったし・・・。
 
ステーキハンバーグ&サラダバー けんステーキ丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ステーキ丼”で、お値段は税込価格850円也。先にも書いた様にサラダバーは付いて無いが、その代わりなのかステーキの脇にはレタスが添えられていて、更にステーキの上にはカイワレがトッピングされている。ちなみに料理を注文した時は気が付かなかったのだが、50円プラスすると黄身のトッピングが可能だったらしい・・・。
 
ステーキハンバーグ&サラダバー けんステーキ丼
そしてこちらが”ステーキ丼”の命とも言えるステーキで、メニューの説明に寄ると”柔らかい赤身のお肉でヘルシー!タレは当店自慢のオリジナルソース!!”との事。で、ご覧の通り食べ易い様に最初からカットされていて、その効果もあってかメニューに書いてある通り柔らかいお肉で、それにオリジナルソースを絡めて食べると中々ウマい!この味であれば”他のお店のステーキ丼”と比べても何ら遜色の無い味かも・・・。
 
ステーキハンバーグ&サラダバー けんステーキ丼ステーキハンバーグ&サラダバー けんステーキ丼
ちなみにステーキの断面を見てみるとこんな感じで、メニューの注意書きに”ステーキの焼き加減はレアのみ”と書いてあった通り、中々のレア状態だ。通常メニューにあるステーキの場合は鉄板に押し付けると多少は火を通す事が出来るが、流石に今回は丼なので、そう言った事は出来ないからレアが苦手な方は要注意かもしれない・・・。
 
てな事で、久々に行った『ステーキ けん』でランチタイム限定の”ステーキ丼”を食べてみたのだが、シンプルな内容ではあった物の結構お肉も柔らかくて中々美味しかった!ま、価格的にせめてこれにスープ位が付いていると言う事は無いのだが、機会があればまた食べてもエエかな?と言う気はする・・・。

2017年5月3日

毎度お馴染みの”焼肉 志方亭”で”加古川ギュッとメシ”メニューの”特製漬け肉ステーキ重”を食べてみた!ちょっと珍しい”みそ漬け”のステーキだったが中々ウマい!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
最近ちょっとした用事もあって某先輩と食事に行く事が多い。で、この日も朝一でちょっとした打合せをした後、例に寄ってランチを食べに行く事になったのだが、急遽決まった話なので食べに行きたいお店が頭に浮かばない・・・。そんな時は加古川別府にある『焼肉 志方亭』へ行く事が多い事や、丁度この頃から”加古川ギュッとメシ”の特選メニューの販売が始まったと言う事もあって、またまたそちらのお店に行ってみる事にした。
 
焼肉志方亭
こちらがまたまた行って来た加古川新野辺北交差点の直ぐ近くにある毎度お馴染みの『焼肉 志方亭』で、この時は丁度正午頃の訪問と言う事もあって先客の姿がチラホラとあり、また我々が食事をしている間にも次々とお客さんがやって入って来て、何と無く昼間から宴会?が始まるような雰囲気だったような・・・。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重のメニュー
そしてこちらが”加古川ギュッとメシ”の特選メニューである”特製漬け肉ステーキ重”のメニューで、”加古川ギュッとメシ”は何かと言うと”平成29年2月9日に誕生した、牛肉を使いこなす町・加古川の新ご当地グルメ”で市内で10店舗以上のお店で提供されているのだが、その半数以上は前日までに要予約となっている場合が多く中々食べるチャンスに恵まれないのだが、このお店は1日10食ランチ限定ながら、予約無しで食べれる点が有難い・・・。ま、予約をするなら隣にある『別邸 石窯ステーキ 志方亭』に行ってみたい気もするし・・・。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
それはさて置き、今回食べた”特製漬け肉ステーキ重”には何時もの如くお店定番の”特製野菜&フルーツジュース”も付いていたので、更にドリンクバーも付いているので、これまた何時もと同じく”ミニッツメイド朝の健康果実シリーズのジュース”を飲んだ!ドリンクバーは兎も角として、出来る事であれば”特製野菜&フルーツジュース”の方をお替りをして飲みたい気分ではあったが・・・。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
そして続いて運ばれて来たのが、これまた”特製漬け肉ステーキ重”に付いているこちらのスープで、この日も何時もと同じような”ワカメスープ”だった。数年前までは毎回スープの内容が変わっていて、それも一つの楽しみだったのだが最近はこの”ワカメスープ”に固定化されてしまったのかも知れない・・・。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
で、そんなこんなしつつ待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”志方亭特製 漬け肉ステーキ重”で、御膳の上にセットで乗っている定番の”フルーツサラダ”の他に、最初に出て来た”特製野菜&フルーツジュース”とその後に出て来たスープ、それにドリンクバーも付いてお値段は税込価格1500円也。ランチとしては少し高い気もするが、このお店では一番安い物でも1000円なので、全体からすると一番平均的な価格の設定になっている気がする。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
それは兎も角として、こちらがメインの”特製漬け肉ステーキ重”で、ご覧の様にお肉の上から野菜がトッピングされていて実態が判り難いのだが、トッピングの野菜がナムルっぽいので何と無く韓国風な印象だ。ちなみに、お店の商品説明に寄ると”バラやモモに近いカイノミという赤身を2日ほど漬け込んだ肉は、噛むごとに肉の旨みと漬けダレの味がじゅわっと口の中に。最後には鼻腔に味噌の香りがふわり。白ご飯をかきこむ箸がすすみすぎ、うっかりしていると味の変化を楽しみ損ねてしまうので要注意!”との事。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重志方亭特製漬け肉ステーキ重
そしてこちらが野菜のナムルの下に隠れていた”特製漬け肉ステーキ”で、”みそ漬け”されたお肉と言う事もあって中までしっかりと火が通った感じではあるが、お肉自体は柔らかく中々ウマい!流石に最近このお店に来ると”特上肉堪能御膳”ばかりを食べていたので、そのお肉と比べてしまうと微妙な気はしたが、最近はこれと言って美味しいステーキを食べて無い私には十二分に美味しいお肉だった。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
ちなみにこちらは”特製漬け肉ステーキ重”に付いていた3種類のソースが入った小皿で、その内容は”特製のステーキソース、レモン醤油、シャキシャキわさび”で、それぞれを浸けて食べてみると当然の如く様々な味に変化して、何も浸けずに食べた時と合わせて4種類の味が楽しめて中々良かったかな。
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
そしてこちらは”特製漬け肉ステーキ重”に付いていた、これまた毎度お馴染みの”フルーツサラダ”で、普段は滅多に自ら好んでサラダを食べたいと思う事は無いのだが、以前から何度も書いている様にこの”フルーツサラダ”だけ?は結構好きだ!で、この日は若干、フルーツの種類が少ない気もしたが何時も通りに美味しいサラダであった!
 
志方亭特製漬け肉ステーキ重
最後に・・・。先にも書いた様にこのお店のランチには無料サービスのドリンクバーが付いているので、これまた何時もの如く食後にコーヒーを入れて飲んだ。一時期、ランチを食べた後で別の喫茶店へ行ってコーヒーを飲む習慣が付いていた事を考えると、お替り自由のコーヒーが付いて1500円のランチは結構お得かも知れない・・・。
 
てな事で、またまた行った『焼肉 志方亭』で今回は”加古川ギュッとメシ”の”特製漬け肉ステーキ重”を食べてみたのだが、”みそ漬け”と言う事もあって最近もあちらこちらのお店で食べている”ステーキ丼”とは全く違った内容ではあったが、お肉自体は質も良くて中々美味しかった!で、帰り際に”加古川ギュッとメシ”のスタンプラリーのハガキも貰って帰ったのだが、今の処はこのお店以外で”加古川ギュッとメシ”のメニューは食べて無い・・・。が、5月28日に開催される”加古川ご当地グルメフェスティバル”で”加古川ギュッとメシ”や”恵幸川鍋”が食べれるらしいので、その日を楽しみにしておこう・・・。

2017年3月5日

毎度お馴染みの”なか卯”でちょっと豪華な”熟成リブロースステーキ重”を食べてみた!肉厚のあるステーキが結構な枚数乗っていて中々ウマい!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 10:29 PM
代理人記録
 
以前に『なか卯』で食べた”ローストビーフ重”が好評だったとかで、復活販売されるらしいのでそれを記念?して少し前に食べた”リブロースステーキ重”のお話・・・。
 
相も変わらず偶に食べに行っている各牛丼チェーン店であるが、その中の一つに元々は大阪が発祥ながら今は『すき家』と同じグループになってしまった『なか卯』がある。個人的には『吉野家』が関西一帯に蔓延る以前の、誰がどう見ても『吉野家』のパチモンにしか見えなかったオレンジ色の店舗の頃から食べている愛着のある牛丼チェーン店なので、応援の意味も兼ねて今でも時々食べに行っている(此処までは前回の記事をほぼコピペ・・・)。そんな『なか卯』なのだが、他の牛丼チェーン店と差別化を図る為か最近は少し価格の高い商品販売に路線を変更したのか、以前から”ビーフシチュー膳”とか”ローストビーフ重”等が登場したので、それに釣られて食べて来たのだが、今度は更に上を行く?”リブロースステーキ重”ってのが登場したので食べてみた。
 
丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店
こちらがまたまた行って来た『丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店』で、この時の印象も以前来た時と同じなのでそのままコピペすると、以前は何時の時間帯に食べに来ても店内が閑散としている時が多かったのだが、最近は牛丼系以外のメニューが多数登場すると言う事もあってか、この日も既に多くのお客さんで賑わっていた
 
なか卯の熟成リブロースステーキ重のメニュー
そしてこちらが『なか卯』から新登場した”熟成させたリブロースをお重いっぱいに敷き詰めた”と言う”熟成 リブロースステーキ”のメニューで、以前食べた”ビーフシチュー膳”も890円と中々のお値段ではあったが、今回は何と990円だ!で、最初はこのセットを食べようと思ったのだが、券売機のボタンを見ると差額50円で”みそ汁”を”とん汁”に変更出来たので、今回は”とん汁”がセットになった方を食べる事に決定!!!
 
なか卯の熟成リブロースステーキ重とん汁変更
で、間も無くして手元のブザーが鳴ったのでセルフで運んで来たのがこちらの”熟成 リブロースステーキ”で、先に書いた様に今回は”みそ汁”を”とん汁”に変更したので、お値段は税込価格1040円也。パッと見た感じは”とん汁”の器がデカイので、何と無く”熟成 リブロースステーキ”が小さく見えるが基本的には以前食べた”ローストビーフ重”と同じ大きさの重箱でそこそこのボリュームはある
 
なか卯の熟成リブロースステーキ重
そしてこちらがメインの”リブロースステーキ”で、商品説明に寄ると”リブロースを熟成させることによって、やわらかな肉質、ジューシーで甘みのある脂、肉本来の旨みをより楽しめるステーキ。ほどよくスパイスの風味が効いた醤油ベースの特製タレと、肉専用に本わさびの茎を刻んでブレンドした’肉用きざみわさび’でさっぱりとお召し上がりいただける商品”との事らしい・・・。
 
なか卯の熟成リブロースステーキ重
それはさて置き、あらためて”リブロースステーキ”をじっくりと観察してみるとこんな感じで、想像していた以上に沢山の量でお肉自体も柔らかく、それに醤油ベースの特製タレを絡めて食べると中々ウマい!流石に”ステーキ丼専門店”と比べると、そこまでの肉質感は無いが、”サラダバーが付いたステーキチェーン店”よりも美味しいかも?と言う気がした・・・。
 
なか卯のリブロースステーキ重
ちなみに”リブロースステーキ”の肉の厚みを見るとこんな感じで、以前食べた”ローストビーフ重”は当然の如く?薄切りだったが、こちらはご覧の通り結構な肉厚で焼き加減も中々エエ具合だった。ちなみにお重と言う事もあってか”ご飯の上にきざみのりとスライスした玉ねぎ”が乗っていて、そちらも結構美味しかったかな
 
なか卯熟成リブロースステーキ重のとん汁なか卯熟成リブロースステーキ重のとん汁
そしてこちらは”熟成 リブロースステーキ”の標準に付いていた”みそ汁”から変更して食べた”とん汁”で、”なか卯のみそ汁”と言えば季節毎に内容が変る”他の牛丼チェーンで食べる味噌汁”とは違い結構具沢山な内容なのだが、差額が50円だったので思わず変更してしまったのだった。で、この”なか卯のとん汁”自体も以前にも食べた事があるのだが、その時と同様に結構具沢山で美味しかったので、変更した甲斐はあった気がする・・・。
 
なか卯熟成リブロースステーキ重
それともう一つ、こちらは”熟成 リブロースステーキ重”に付いていた”肉用きざみわさび”と”つけもの”で、個人的に焼肉やステーキを食べる時に山葵を乗せて食べるのが好きな事もあって、この”リブロースステーキ”を”肉用きざみわさび”に乗せて食べても中々美味しかった!”つけもの”もライバルチェーンで食べる”お新香”よりも美味しかったかな・・・。
 
なか卯唐あげとこだわり卵の無料券
最後に・・・、この日もまたまた”唐あげとこだわり卵の無料券”を貰ったのだが、有効期限の間に食べてみたい新メニューが登場しなかったので、残念ながら今回は未使用のままで終わってしまった・・・。そろそろ内容を変えて欲しい気もするし・・・。
 
てな事で、またまた行った『なか卯』で今回は”熟成 リブロースステーキ”を食べてみたのだが、流石にステーキハウスで食べるステーキの様なジューシーさは無いが、結構お肉も柔らかく全体的には中々美味しかった!強いて一言付け加えるならば、もうちょっと値段が安ければ・・・と言うのか、最近の『なか卯』は牛丼チェーン店と言う印象が薄れて来た様な気がする・・・。

2017年2月23日

以前に”ステーキ&ハンバーグ富士亭”へ行った時に貰った500円引券を使いに久々に行って”ステーキ重”を食べてみた!レアな状態のお肉満載で中々ウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
最近、姫路駅ビルの建て替え工事を中心に色々と再開発が行われているのだが、その先陣を切って古くから姫路駅前の地下街が2013年の春頃に『グランフェスタ』としてリニューアルオープンした。そしてその一番東のエリアにレストラン街も誕生し、リニューアル直後は行列が出来るお店が何軒もあって結構賑わっていたのだが、その後、フェスタビル、テラッソ姫路、ピオレ姫路、キュエル姫路等、駅周辺に次々と商業施設が誕生した事や、元々昔からこの地下街の一番東のエリアは人通りが少ないと言う事もあってか、レストラン街から撤退するお店が増え、現時点でリニューアル直後にオープンして残っているのは”トマトのお好み焼き”で有名な『お好み焼 京ちゃばな』だけとなってしまった・・・。
 
が、その『お好み焼 京ちゃばな』が姉妹店として『ステーキ&ハンバーグ 富士亭』と言うお店をオープンさせたので、私も一度だけ食べに行った事があるのだが、その時に”500円の割引券”を貰ったのだが、有効期限が書いて無かった事もあって、ずっとほったらかし状態だったのだが、”中納言の5000円の割引券”は兎も角として、50円の少額な割引券ですら大事に扱う倹約家(あるいは小市民?)なので、未だ使えるのかどうかと言う不安な思いを抱きつつ、久々に食べに行ってみた。
 
ステーキ&ハンバーグ富士亭/姫路本店
こちらが久々に行って来た姫路駅前の地下街グランフェスタの6番街の一角にある『ステーキ&ハンバーグ 富士亭/姫路本店』で、以前はそこそこ人気があった?と思っていた『鉄板焼きスパ専門店 ローマ軒』があった場所に2016年の4月中旬頃にオープンしたお店だ。『ローマ軒』も偶に行列が出来ていた事もあったのだが、それは一時的な物だったのかな?
 
ステーキ&ハンバーグ富士亭/姫路本店ステーキ&ハンバーグ富士亭/姫路本店
そしてこちらが以前にこのお店に食べに来た時に貰ったカードで、パッと見た感じは極々普通のお店紹介の名刺にしか見えないのだが、裏面に書いてある様に”500円の割引券”として使えて、更にその後は毎月29日の肉の日に1500円以上の食事をした場合、1000円の割引券としても使えると言う、超太っ腹なカードなのだ。しかも有効期限も設定されて無いので、ある意味”神サービス券”とも言える・・・。
 
ステーキ&ハンバーグ富士亭ステーキ重のメニュー
それはさて置き、何を食べようかと思案した結果、以前にこのお店に来た時に”自家製 富士ローストビーフ丼”とどちらを食べるか悩んだ”ステーキ重”を食べる事に決定!!!ちなみに”富士ローストビーフ丼”は、ホットペッパー持参すると平日一日10食限定ながら500円(税抜)で食べれるらしいので、また機会があれば食べてみたいと思う・・・。
 
ステーキ&ハンバーグ富士亭ステーキ重のサラダ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”ステーキ重”に付いているこちらのサラダで、ご覧の通り千切りキャベツとコーンを主体としたシンプルな内容で、上から胡麻ドレッシングがかかっている。そう言えば以前に”富士ローストビーフ丼”を食べた時はレタス中心のサラダだったので、内容は毎回違うのかも知れない・・・。
 
ステーキ&ハンバーグ富士亭ステーキ重
それはさて置き、最初に運ばれて来たサラダを食べつつ待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ステーキ重”で、洋食屋さん?なのだが、重と言う事でご覧の様な重箱に入っている・・・。ちなみにお値段は先に運ばれて来たサラダが付いて、通常税抜価格1280円の処、先にも書いた様にカード提示で500円割引となり税抜価格780円也(税込価格は計算してね・・・)。
 
ステーキ&ハンバーグ富士亭ステーキ重
そしてこちらが重箱の蓋を取った”ステーキ重”の様子で、ご覧の様に白ご飯の上に一口サイズにカットされたステーキが散りばめられていて、その上にネギをトッピングしただけのシンプルな内容だ。ちなみにメニューの商品説明に寄ると”国産和牛の上質な肉を使った一品”との事。で、ステーキには特製のタレがかかっていて、大体想像していた通りの味ではあるが、個人的に大の肉好きと言う事もあって中々ウマい
 
ステーキ&ハンバーグ富士亭ステーキ重
ちなみに”ステーキ重”のお肉自体はこんな感じで、ご覧の通り中々エエ感じのレアな焼き加減なのだが、分厚さもあってか割としっかりとした噛み応えのあるお肉だ。その分、肉自体の味わいもあって美味しいので、後は人それぞれの好みの問題かも知れない・・・。
 
てな事で、『ステーキ&ハンバーグ 富士亭』がオープンして間もない頃に食べに行った時に貰ったカードの500円割引が有効なのかどうか、不安な気持ちを抱きつつ久々に行って今回は”ステーキ重”を食べたのだが、例に寄って個人的にお肉大好きな事もあって中々美味しかった!でもこれが正規価格の1280円だったら若干高い様な気もしないでは無い・・・。それはさて置き、このお店の向かい側に最近、海鮮丼が食べれる居酒屋さん?がオープンしたので、次回はそちらのお店に行ってみたいと思う・・・。

2016年12月23日

姫路で開催された”人間将棋”を観に行った際のランチで”一乃屋”の”ステーキ丼”を食べてみた!以前食べた”ローストビーフ丼”と同様にメチャウマい!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
今年は姫路城三の丸広場で開催された”人間将棋 姫路の陣”を観に来たのだが、メインの”人間将棋”は午後0時スタートだったので、一旦、三の丸広場を離れて何処かでランチを食べる事にした。が、午後0時迄には再び三の丸広場に戻って来なければならないので、駅前まで行っている時間は無い。そこで丁度1年位前にみゆき通りの一角に誕生したステーキ丼・ローストビーフ丼の専門店『一乃屋』に行ってみる事にした。
 
ステーキ丼・ローストビーフ丼の専門店一乃屋
こちらが約10ヶ月ぶりに行って来たステーキ丼・ローストビーフ丼の専門店『一乃屋』で、訪問時間は午前11時15分頃とランチタイムにしては割と早目の時間帯の訪問だったのだが、流石に休日と言う事もあってか既に店内は半数以上の席が埋まっている・・・。で、カウンター席も8割方埋まっていたのだが、ちょうど先客が食事を終えて席を立ったので、片付けが終わった後その席に案内された。お城近くにあると言う事もあってか、相変わらず流行っている様だ。
 
一乃屋のメニュー
そしてこちらがこのお店のメニューで、以前来た時と同様に食事は”ローストビーフ丼”と”ステーキ丼”の2種類のみで、別途肉の大盛りオプションとドリンクメニューがあるのみだ。で、どちらを食べようかと思案した結果、”ローストビーフ丼”は以前に来た時に食べた事があるので、今回はもう一つのメニューである”ステーキ丼”を食べる事に決定!!!
 
一乃屋ステーキ丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ステーキ丼”で、別途”コンソメスープ”が付いてお値段は税込価格918円也。ご覧の通り丼鉢?が結構デカイ事もあって、パッと見た感じは少なそうに思えたのだが、実際は結構なボリュームがあって今の私には大盛では無く並盛で十分だ。とは言え、一度は大盛の”ステーキ丼”か”ローストビーフ丼”も食べてみたい気もするが・・・。
 
一乃屋ステーキ丼
そしてこちらがメインの”ステーキ丼”で、ご覧の様にライスの上にたっぷりのお肉が敷き詰めてあってライスの姿が全く見えない。ちなみにお店の商品案内に寄ると”質のよいロース肉を注文が入ってから火入れ。軽く焼いた後に蒸らすことで肉汁が肉全体に行き渡り、やわらかな食感となります”との事。で、ステーキの上からかかった玉ねぎ入りの特製ソースが、若干つゆだく状態ながらお肉に絡めて食べるとメチャウマい!前回食べた”ローストビーフ丼”もウマかったが、それと同じ位にこの”ステーキ丼”も美味しい!
 
一乃屋ステーキ丼一乃屋ステーキ丼
ちなみに”ステーキ丼”のステーキのお肉はこんな感じで、ミイディアムレアと言うよりもどちらかと言うとレアに近い焼き加減で、お肉自体も柔らかくてジューシーでメチャ美味しいのだ!このステーキなら大盛でも良かったかな?と思う程の旨さだった
 
一乃屋ステーキ丼
そしてこちらは”ステーキ丼”に付いていたスープで、雰囲気的には以前と同じ内容のあっさりした中に牛の旨味があって、こちらも中々ウマい!これまたお店の商品案内に寄ると”余り肉で出汁を取っているので、コクと風味が豊かなコンソメスープ”との事だが、前回も書いたかも知れないが、このスープを使った”牛骨ラーメン”を食べてみたくなったかな。
 
てな事で、姫路城三の丸広場で開催された”人間将棋 姫路の陣”を観に来た合間に、大手前公園の直ぐ近くにある『一乃屋』に行って今回は”ステーキ丼”を食べてみたのだが、期待通りにメチャ美味しかった!このお店の前はしょっちゅう通るので、また食べに来ようと思いつつも10カ月程経ってしまったのだが、この味であれば今度は直ぐにでも再訪したい程だ。願わくば”ステーキ丼”と”ローストビーフ丼”のハーフ&ハーフみたいな丼があれば、一度に二つの味が楽しめて有難いのだが・・・。

2016年12月20日

やって参りました!LIVE ACT TULIP!と、その前に”神戸肉匠 KOTOBUKI”で”ステーキランチ”を食べてみた!赤身のモモ肉がとても柔らかくて中々ウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
やって参りました!3年ぶりとなる昔懐かしいフォークグループチューリップの45周年記念コンサートの日!!で、この日は日曜日と言う事もあって開演時間が午後5時からと、何時もと比べると少し早目の時間だったのと、久々の神戸方面だったので先ずはその前に近くのお店で遅めのランチを食べる事にした。で、電車の中でググっていたら神戸元町駅近くに何やら美味しそうな”ローストビーフ丼”が食べれるお店が見つかったので、そちらのお店に行ってみる事にした。
 
神戸肉匠 KOTOBUKI
こちらが今回行って来た『神戸肉匠 KOTOBUKI』で、お店がある場所はJR神戸元町駅を降りて神戸大丸へ向かう途中の、あの超人気のコロッケで何時も行列が絶える事の無い『森谷商店』の裏手辺りの角っ子にある。そう言えば何年か前に管理人さんファミリーと行った”六甲ビール樽生飲み放題”のお店もこの近くにあった様な・・・。個人的にこの界隈は何度も散策した事があるが、このお店には気付いた事は無かったなあ・・・。
 
神戸肉匠 KOTOBUKIのメニュー
それはさて置き、こちらがお店の前に置いてあったメニューボードで、最初は電車の中でググった”極上ローストビーフ丼”を食べる気満々だったのだが、お店の前で待たされていある間にじっくりとこのメニューを見ていると何やら”1周年ランチ復活祭”と書いてあって、”ステーキランチ”がお得な感じだったので、思わずそちらの食券を購入・・・。でも後から思うと、きっとそれは”カルビ丼”の980円が680円で食べれる・・・と言う事だった気がする・・・。でも”カルビ丼”と”ステーキランチ”のどちら?と言われると、やっぱり”ステーキランチ”の方かな・・・。
 
神戸肉匠KOTOBUKIの店内
ちなみにこちらは帰り際に見た店内の様子で、1Fはカウンター席しか無くて私がお店に到着した時は午後1時半頃だったにも関わらず店内がほぼ満席で、一番端の薄暗い席に案内されたので思わず灯りが欲しい~!と心の中で叫んでしまったのだが、私が食べている間に先客は全て食事を終えて誰一人居なくなった・・・。こんな事ならもうちょっと後に来て、一番明るい席に座れば良かったと暫しの間後悔・・・。ちなみに後から来た女の子二人組の客は2Fの方に上がって行ってたが・・・。
 
神戸肉匠KOTOBUKIステーキランチ神戸肉匠KOTOBUKIステーキランチ
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ステーキランチ”で、メインの”ステーキ”とライスがセットになってお値段は1200円也。スープ類が付いて無いのがちょっと寂しいが(その代わりに生ビール飲んだからエエか・・・)、野菜やポテトサラダ等が添えられていて結構ボリュームはあった気がする。ちなみに薄暗い割には意外と綺麗に撮れた方かな・・・。
 
神戸肉匠KOTOBUKIステーキランチ
そしてこちらがメインのステーキで、メニューには特に何処の部位を使っているとか書かれて無かったのだがパッと見た感じはモモの様な赤身肉だ。で、先にも書いた様に少し薄暗い環境だったので、見た目はイマイチだったのだが実際に食べてみると結構お肉が柔らかくしっかりとした味があって中々ウマい!確かにこの春頃に食べた”黒毛和牛ヘレのステーキ”と比べると全く違う味なのだが、偶に利用する”ステーキけんで食べる1000円前後のステーキ”よりは遥かに美味しい!
 
神戸肉匠KOTOBUKIステーキランチ
ちなみに”ステーキ”の肉の断面を見るとこんな感じで、ご覧の通り私好みミディアムレアに近い焼き加減で見た目も中々エエ感じ。光がちゃんと当たる席だったら、もっと美味しそうに見えた様な気がするのが、ちょっと残念だ・・・。
 
てな事で、チューリップの45周年記念コンサートを観に行く前に、神戸元町駅近くにある『神戸肉匠 KOTOBUKI』と言うお店で”ステーキランチ”を食べたのだが、期待通りに中々美味しかった!となるとやはり最初に食べようと思っていた”極上ローストビーフ丼”も食べてみたくなって来たので、後からググってみたら他にもこのお店の姉妹店があって、そちらでも”極上ローストビーフ丼”が食べれるらしいし、何よりお店も姉妹店の方が広そうなので、次回はそちらのお店に行ってみたいと思う・・・。

2016年10月10日

久々に行った”ステーキけん”の”けんの日”で”トップブレードテンダーステーキ”とやらを食べてみた!何時ものお肉と大差の無い様な味だった・・・。

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 10:19 PM
 
代理人記録
 
今年の春頃の新聞の折込チラシに”5周年特別価格クーポン”が入っていたのでそれに釣られて久々に食べに行った『ステーキ けん』なのだが、最近は『ステーキ宮』とか『ワンカルGRILL』等の似た様なお店があちらこちらに出来た事もあって存在感が薄れて来た・・・。更に偶に利用していた”けんの日”も段々とお得感の無い、ちょっと高目の価格設定になって来たので流石の私も食べに行く機会がうんと減った・・・。が、少し前にお店の前を通ると、ちょっと気になる”トップブレードテンダーステーキ”と言う今まで食べた事の無い?お肉が販売されていたので、久々に食べに行ってみた。
 
ステーキハンバーグ&サラダバー けん/加古川店
こちらが久々に行って来た山陽電車別府駅の直ぐ近くにある『ステーキハンバーグ&サラダバー けん/加古川店』で、以前はお店の入口の処にオススメのメニューを書いたボードや、ドアにもポスター等が貼られていたのだが、この日はそれらの姿が無かった様な・・・。更に”けんの日”のメニューも置いて無かったので、ワザワザ店員さんに確認した程だった・・・。そんな事もあって何時もの様な活気は無かった気がする・・・。
 
ステーキけんトップブレードテンダーステーキフェアメニュー
それはさて置き、こちらがこの日?の”けんの日”のメニューで、先にも書いた様に今回は”トップブレードテンダーステーキ”との事。で、その”トップブレードテンダー”とは何ぞや?と説明を読むと”海外では「小さいヒレ」の別称もあるほどやわらかい赤身の上ミスジの部位”らしく『ステーキ けん』でも初登場のお肉らしい・・・。何だまた”ミスジ”か・・・と思ったり、あるいは先にも書いた様に”けんの日”と言う割には150円程度の割引しか無いのでお得感も薄いなあ・・・と思いつつも、初登場と言われるとちょっと食べてみたい気がしたので、早速この”トップブレードテンダーステーキ”を食べる事に決定!!!
 
ステーキけんサラダバーのスープとサラダ
で、”トップブレードテンダーステーキ”を注文後は何時もの如くサラダバーに行って入れて来たのがこちらのスープとサラダで、毎回書いているようにサラダバーには色んな種類の野菜等がおいてあるのだが、何時もの如く自分の好きな物しか選ば無いので、基本的には毎回同じ様な内容だ・・・。更にスープも最近はずっと同じの”野菜スープ”な気がするし・・・。『ステーキ宮』みたいに色んな種類のスープがあると嬉しいのだけど・・・。
 
ステーキけんサラダバーのスープとサラダ
ちなみにこの日はメインのステーキが運ばれて来るまで結構な待ち時間があったので、珍しくサラダのお替りも入れて来た・・・。とは言っても最初に入れて来た内容と大きくは違わない気もしたが、何と無くスパゲティだけは多目だったかな・・・。
 
ステーキけんトップブレードテンダーステーキ
そんなこんなでスープとサラダをお替りしつつ待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”トップブレードテンダーステーキ ペッパーソース”で、お値段は通常税込価格1609円の処、この日は”けんの日”の特別価格で1447円也。ちなみにお肉のサイズは60gが2個の120gで、ステーキの脇にはこれまた期間限定の”醤油ベースのソースに粗挽きペッパーと玉ねぎをたっぷり入れ、ピリッと大人の辛味あるオリジナルペッパーソース!”が添えられていた。
 
ステーキけんトップブレードテンダーステーキ
そしてこちらがメインの”トップブレードテンダー(上ミスジ)”と言うお肉で、改めてメニューの説明を読むと”1頭の牛から約700gしか取れない上ミスジの希少部位。赤身肉でとてもやわらかく、さっぱりとした味が特徴”との事。またソースの説明を読むと”醤油ベースのソースに高温の油で揚げる事で清涼感のある香り・味を閉じ込めた黒胡椒と、国産の玉ねぎみじん切りをたっぷり入れ、辛味の中にも甘みのあるソースが完成!牛肉・夏に合う美味しさ!!”なんだとか・・・。確かに大きさはこじんまりとしてはいるが、綺麗な網目模様が付いて中々ウマそうだ
 
ステーキけんトップブレードテンダーステーキステーキけんトップブレードテンダーステーキ
で、その”トップブレードテンダーステーキ”の断面を見るとこんな感じで、焼き加減はレアかミディアムが選べたのだが、今回も何時もの如くレアを選択!そんな事もあって、お肉は柔らかいのだが、その辺りは上の左側の写真を見ると何と無く想像が付く様な気も・・・。で、お味だが、添付の”オリジナルペッパーソース”が結構濃い目の味で少し浸けるだけでも肉の味が消えてしまいそうな程だったので控え目に浸けて食べると、何時も通りの”ステーキけんの味”と言う気もしたが普通に美味しかったかな。
 
ステーキけん食べ放題のカレー
そんなこんなで”トップブレードテンダーステーキ”の1個目を食べ終えた辺りで、再びサラダバーへ行って入れて来たのが毎度お馴染みの”食べ放題のカレー”で、ライスの量は少な目だが、お肉だけはたっぷりと入れて来た。そう言えば、以前はカレーの中にハンバーグも入っていた様な気がするのだが、最近はお肉しか入って無い様な・・・。もしかしたらハンバーグは煮込んで溶けてしまった?のかも・・・。
 
ステーキけん食べ放題のカレー
それはさて置き先ずは”食べ放題のカレー”の味をそのまま楽しんだ後、もう1個食べずに置いていた”トップブレードテンダーステーキ”を少しカットしてカレーに浸けて食べると、他店で偶に食べる”ステーキカレー”風になってこれはこれで中々ウマい!何時も思うのだが”かつやのカレー”よりもこちらの方が美味しい様な気がしてならない・・・。
 
ステーキけん食べ放題のフルーツ
そんなこんなで”トップブレードテンダーステーキ”とか”食べ放題のカレー”を食べ終えた後は、またまたサラダバーへ行って〆のフルーツやプリン?等を入れて来て食べた。これらも食べ放題なので、大食いの人達には結構お得感はあるのかも知れない・・・。
 
てな事で、”トップブレードテンダー(上ミスジ)”と言うネーミングに釣られてまたまた『ステーキ けん』に行ってしまったのだが、基本的には偶に他のお店で食べる”ミスジステーキ”と大差無かった様な気がする・・・。そんな事や、以前に加古川尾上の明姫幹線沿いにあった『ステーキガスト』の方がもっと楽しげなフェアメニューが登場している様なので、どちらかと言うとあちらのお店に残っていて欲しかった気がする・・・。
次ページへ »

WordPress.com Blog.