義史のB型ワールド

2019年4月25日

毎度お馴染みの”いきなりステーキ”が”400号店達成記念ワイルド祭り!”で300gのワイルドステーキが1000円だったので食べてみた!毎回この値段なら大満足!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
2018年2月下旬頃に遂に加古川にもオープンしたTVや雑誌等で話題の『いきなりステーキ』であるが、2回程食べに行った印象としてはコストパフォーマンスが余り良く無い気がしたので、当分の間食べに行く事は無いかな?と思っていたら、ご主人様と一緒に”サーロインステーキ”を食べに行った翌週に”肉マイレージ特許取得記念キャンペーン第2弾”で”ヘレステーキ”が通常1g9円が8円になると言うお得な記念価格で販売されていたので、それに釣られてまたまた食べに行った。きっとこれで当分の間食べに行く事は無いかな?と思っていたらその後になって”出店通算300号店達成記念”や”Nasdaq上場記念!ワイルドだョ!全員集合!”で”ワイルドステーキ”の300gが1000円で食べれるキャンペーンをやっていたので、それに釣られて食べに行ったら、今度は”400号店達成記念ワイルド祭り!”とかでまたもや”ワイルドステーキ”の300gが1000円で食べれるキャンペーンをやっていたので、凝りもせずにまたまた食べに行ってみた。
 
いきなりステーキ加古川店
こちらがまたまた行って来た『いきなり!ステーキ/加古川店』で、以前紹介した様にこのお店がある場所は明姫幹線沿い円長寺交差点の北東の角、毎度お馴染みの『餃子の王将/東加古川店』やレンタルビデオの『TSUTAYA/東加古川店』等がある場所の一角で、先にも書いたように以前は『100円パンのヤキタテイ』で、更にその前には『焼肉 籠屋八兵衛/東加古川店』があった場所だ。ちなみに同じ敷地内にはこれまた当ブログでお馴染みのステーキレストラン・グルメ吉翔』もあったりする・・・。
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキメニュー
そしてこちらが”400号店達成記念ワイルド祭り!”の告知ポップで、その内容はと言うとお店の看板商品とも言える”ワイルドステーキ”の300gサイズが、キャンペーン開催期間2日の間、ランチ(ライス・サラダ・スープ付き)もディナーも記念価格で通常税別1390円が1000円で食べれると言う内容!ちなみに対象は300gのみで200gを注文すると高くなる。それはさて置き、そんな事もあってかお店の開店時間前に行ったら既に40~50人の大行列!隣接する『餃子の王将』の店長が”今日、何かあるんですか?”と偵察?視察?に来る程だった・・・。
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキ
で、”ワイルドステーキ”を注文後、先ず最初に運ばれて来たのがランチタイムに”ワイルドステーキ”を食べた時に無料で付いて来るこちらのサラダとスープで、基本的には初訪問時に出て来た物と全く同じ内容でサラダはちょっと物足りないが、スープには牛すじ肉も入っていて普通に美味しい。そう言えば以前に”サーロインステーキ”を食べた時にスープだけ頼んだら180円もしたので、そう考えるとこのサラダとスープが付いているだけでもメチャお得かも・・・。
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキ
そんなこんなで先ず最初に運ばれて来たサラダとスープを食べつつ(てかサラダもスープもすっかり食べ終えてしまったが)待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ワイルドステーキ”の300gサイズで、サラダとスープ、それにライス(今回は普通盛)も付いて通常税別価格1390円の処、今回は”400号店達成記念ワイルド祭り!”キャンペーンで税別価格1000円(税込価格1080円)也。ちなみに前回も書いたように初訪問時に食べた200gは税込価格1221円だったので、それと比べてもメチャお得だ
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキ
それはさて置き、あらためて”ワイルドステーキ”を見てみると流石に300gと言う事もあって肉もぶ厚く当然の如くサイズも大きい!そして肉の真ん中には何時も通り?『いきなりステーキ』&『ペッパーランチ』ではすっかりお馴染みの”ペーストの中に、香ばしく焼き上げたニンニクと特製ソースを練り込んだ風味豊かな他には無いペッパーペースト”がトッピングされている。
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキ
そしてこちらが”ワイルドステーキ”の断面で、以前食べた”サーロインステーキ”とか”ヘレステーキ”は焼き加減が指定出来たのだが、この”ワイルドステーキ”は基本的に肉の表面を炙った程度に焼いてあるだけでなので中は完全にレア状態だ。で、後は自分で好きなように熱々の鉄板の上で焼いて食べるスタイルだ。このスタイルは同じ敷地内にある『ステーキレストラン・グルメ吉翔』も一緒?だったかな。
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキ
てなわけで、ステーキハウスでシェフが焼いているのと同じように、先ずはカットされた肉の断面を全て熱々の鉄板に押し付けて焼いて肉汁を閉じ込めながら焼いた後、最後にテーブル備え付けのホットステーキソースをかけて完成した様子はこんな感じ。で、早速この”ワイルドステーキ”を食べてみると、私好みのミディアムレアに焼いた事もあって肉自体が結構柔らかくジューシーで、例に寄って少し多目にかかってしまったステーキソースを絡めて食べるとメチャウマい!これで1000円なら確かにお値打ちだ!
 
いきなりステーキ400号店達成記念ワイルドステーキ
最後に・・・、このお店にはテーブル備え付けのホットステーキソースの他にワサビも置いてあるので、以前から一度試してみようと思いつつ、先にソースを掛けてしまうのでワサビを使うタイミングを逃してしまって食べれて無かったのだが、今回は余りソースがかかって無い部位が残っていたのでこれぞ幸いと思いワサビを付けて食べてみた。流石に肉がそれなり?なので、ステーキハウスとか焼肉店とかお馴染みの『生州割烹 輝髙』等でワサビ付けて食べた時程の美味しさは感じ無かったが、取り敢えず試せて良かったかな。
 
てな事で、2018年の2月頃に遂に加古川にもオープンした『いきなりステーキ』に続けて3回も食べに行ったので、当分の間行く事は無いかなと思っていたら、その後に”出店通算300号店達成記念”とか”Nasdaq上場記念!ワイルドだョ!全員集合!”で”ワイルドステーキ”の300gが1000円で食べれるキャンペーンをやっていたので、それに釣られて食べに行ったら更にその後に”400号店達成記念ワイルド祭り!”をやっていたので、またまた食べに行ってしまったのだが、この内容でこのお値段は流石にお値打ち感があってかメチャ美味しかった!これまた以前書いた様に200gサイズでも良いから、ライス・サラダ・スープ付きで常時1000円で販売されていたら、もっと食べに行くのになあ・・・と思う・・・。
広告

2018年12月21日

毎度お馴染みの加古川プラザホテルのレストランで”牛ロース肉のグリル”を食べてみた!商品名通りのシンプルな牛肉にソースが相まって中々ウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行く事が増えた。で、この日も加古川駅近辺に行った際に”日替りランチ”の内容を見るとまたまた私の大好きな牛肉を使った”牛ロース肉のグリル”との事。以前にこのレストランで”牛ロース肉のソテー”や”ミックスグリル”は食べた記憶があり、この”牛ロース肉のグリル”も何と無く食べた事があるような気はしたが、お肉大好きな事もあって迷わず食べに入ってみた。
 
加古川プラザホテルカジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
リヴィエール日替りランチのサラダとスープ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容、スープの方は冬季定番の”パンプキンのスープ”だ。このレストランでは他にも”オニオンスープ”や”コーンクリームスープ”等もあって、個人的には”オニオンスープ”が一番好きなのだがこの”パンプキンスープ”も中々美味しい。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
リヴィエール牛ロース肉のグリル
そんなこんなで先に運ばれて来たサラダとスープを食べながら待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”で、メイン料理の”牛ロース肉のグリル”の他に何時もの如くチョイスしたライス、それに先のサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。偶に書いているように、このレストランの”日替りランチ”はメイン料理が牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、あるいは魚料理でも全て同じ値段なので牛肉の時が一番お得感が高く、この内容でこのお値段なら大満足だ!
 
リヴィエール牛ロース肉のグリル
そしてこちらがこの日の”牛ロース肉のグリル”のメイン料理である”牛ロース肉のグリル”で、パッと見た感じは以前このレストランの”日替りランチ”で食べた”ミックスグリル”に入っていた”牛ロース肉のグリル”にとても似たような感じの物が2枚で、ソースもその時と同じようなオレンジ色のステーキソースでお肉自体も柔らかく中々ウマい
 
リヴィエール牛ロース肉のグリル
ちなみに”牛ロース肉のグリル”の断面はこんな感じで、流石に一度だけ食べた”ステーキランチの牛サーロインステーキ”と比べると若干薄い気はするが、以前食べた”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”とか”牛ロース肉の味噌漬ソテー”と同じぐらいの厚さで、焼き加減も丁度エエ具合のミディアムっぽい感じだったかな
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”で、この日は”牛ロース肉のグリル”を食べてみたのだが、ご覧の通り・・・と言うのか商品名通り牛ロース肉をグリルしただけのシンプルな料理ではあったが、大きさも肉厚もそこそこあって全体的に中々美味しかった!少し前に『いきなり!ステーキ』のキャンペーンで同じく税込価格1080円で食べた”ワイルドステーキ”と比べるとボリュームは少な目であるが、肉自体の美味しさはこちらの方が良かったような気がする・・・。

2018年11月29日

毎度お馴染みの”いきなりステーキ”が”Nasdaq上場記念第二弾”で300gのワイルドステーキが1000円だったので食べてみた!前回同様この値段なら大満足!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 7:29 PM
 
代理人記録
 
今年の2月下旬頃に遂に加古川にもオープンしたTVや雑誌等で話題の『いきなりステーキ』であるが、2回程食べに行った印象としてはコストパフォーマンスが余り良く無い気がしたので、当分の間食べに行く事は無いかな?と思っていたら、ご主人様と一緒に”サーロインステーキ”を食べに行った翌週に”肉マイレージ特許取得記念キャンペーン第2弾”で”ヘレステーキ”が通常1g9円が8円になると言うお得な記念価格で販売されていたので、それに釣られてまたまた食べに行ったのだが、更にその後で”出店通算300号店達成記念”で”ワイルドステーキ”の300gが1000円で食べれるキャンペーンをやっていたので、またまた食べに行ったら、今度は”Nasdaq上場記念!”とかで再び”ワイルドステーキ”の300gが1000円で食べれるキャンペーンをやっていたので、凝りもせずにまたまた食べに行ってみた。
 
いきなりステーキ/加古川店
こちらがまたまた行って来た『いきなり!ステーキ/加古川店』で、以前紹介した様にこのお店がある場所は明姫幹線沿い円長寺交差点の北東の角、毎度お馴染みの『餃子の王将/東加古川店』やレンタルビデオの『TSUTAYA/東加古川店』等がある場所の一角で、先にも書いたように以前は『100円パンのヤキタテイ』で、更にその前には『焼肉 籠屋八兵衛/東加古川店』があった場所だ。ちなみに同じ敷地内にはこれまた当ブログでお馴染みのステーキレストラン・グルメ吉翔』もあったりする・・・。
 
いきなりステーキ第二弾ワイルドステーキ1000円キャンペーン
そしてこちらが”Nasdaq上場記念!ワイルドだョ!全員集合!”第2弾キャンペーンの告知ポップで、その内容はと言うとお店の看板商品とも言える”ワイルドステーキ”の300gサイズが、キャンペーン開催期間2日の間、ランチ(ライス・サラダ・スープ付き)もディナーも記念価格で通常税別1390円が1000円で食べれると言う内容!ちなみに対象は300gのみで200gを注文すると高くなる。それはさて置き、そんな事もあってかこの日も前回の”出店通算300号店達成記念”キャンペーンの時と同じくお店入って直ぐの待合コーナー?で10分程待たされたのだった・・・。
 
いきなりステーキランチのサラダとスープ
で、”ワイルドステーキ”を注文後、先ず最初に運ばれて来たのがランチタイムに”ワイルドステーキ”を食べた時に無料で付いて来るこちらのサラダとスープで、基本的には初訪問時に出て来た物と全く同じ内容でサラダはちょっと物足りないが、スープには牛すじ肉も入っていて普通に美味しい。そう言えば以前に”サーロインステーキ”を食べた時にスープだけ頼んだら180円もしたので、そう考えるとこのサラダとスープが付いているだけでもメチャお得かも・・・。
 
いきなりステーキ第二弾ワイルドステーキ
そんなこんなで先ず最初に運ばれて来たサラダとスープを食べつつ(てかサラダもスープもすっかり食べ終えてしまったが)待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ワイルドステーキ”の300gサイズで、サラダとスープ、それにライス(今回は普通盛)も付いて通常税別価格1390円の処、今回は”Nasdaq上場記念!ワイルドだョ!全員集合!”キャンペーンで税別価格1000円(税込価格1080円)也。ちなみに前回も書いたように初訪問時に食べた200gは税込価格1221円だったので、それと比べてもメチャお得だ
 
いきなりステーキ第二弾ワイルドステーキ
それはさて置き、あらためて”ワイルドステーキ”を見てみると流石に300gと言う事もあって肉もぶ厚く当然の如くサイズも大きい!そして肉の真ん中には何時も通り?『いきなりステーキ』&『ペッパーランチ』ではすっかりお馴染みの”ペーストの中に、香ばしく焼き上げたニンニクと特製ソースを練り込んだ風味豊かな他には無いペッパーペースト”がトッピングされている。
 
いきなりステーキ第二弾ワイルドステーキ
そしてこちらが”ワイルドステーキ”の断面で、以前食べた”サーロインステーキ”とか”ヘレステーキ”は焼き加減が指定出来たのだが、この”ワイルドステーキ”は基本的に肉の表面を炙った程度に焼いてあるだけでなので中は完全にレア状態だ。で、後は自分で好きなように熱々の鉄板の上で焼いて食べるスタイルだ。このスタイルは同じ敷地内にある『ステーキレストラン・グルメ吉翔』も一緒?だったかな。
 
いきなりステーキ第二弾ワイルドステーキ
てなわけで、ステーキハウスでシェフが焼いているのと同じように、先ずはカットされた肉の断面を全て熱々の鉄板に押し付けて焼いて肉汁を閉じ込めながら焼いた後、最後にテーブル備え付けのホットステーキソースをかけて完成した様子はこんな感じ。で、早速この”ワイルドステーキ”を食べてみると、私好みのミディアムレアに焼いた事もあって肉自体が結構柔らかくジューシーで、例に寄って少し多目にかかってしまったステーキソースを絡めて食べるとメチャウマい!これで1000円なら確かにお値打ちだ!
 
いきなりステーキ第二弾ワイルドステーキに山葵
最後に・・・、このお店にはテーブル備え付けのホットステーキソースの他にワサビも置いてあるので、以前から一度試してみようと思いつつ、先にソースを掛けてしまうのでワサビを使うタイミングを逃してしまって食べれて無かったのだが、今回は余りソースがかかって無い部位が残っていたのでこれぞ幸いと思いワサビを付けて食べてみた。流石に肉がそれなり?なので、ステーキハウスとか焼肉店とかお馴染みの『生州割烹 輝髙』等でワサビ付けて食べた時程の美味しさは感じ無かったが、取り敢えず試せて良かったかな。
 
てな事で、今年の2月頃に遂に加古川にもオープンした『いきなりステーキ』に続けて3回も食べに行ったので、当分の間行く事は無いかなと思っていたら、前回は”出店通算300号店達成記念”で”ワイルドステーキ”の300gが1000円で食べれるキャンペーンをやっていたので、それに釣られて食べに行ってしまい、今回は”Nasdaq上場記念!ワイルドだョ!全員集合!”をやっていたので、またまた食べに行ってしまったのだが、この内容でこのお値段は流石にお値打ち感があってかメチャ美味しかった!これまた前回書いた様に200gサイズでも良いから、ライス・サラダ・スープ付きで常時1000円で販売されていたら、もっと食べに行くのになあ・・・と思う・・・。

2018年10月29日

久々に行った高砂町内にある”キッチン&カフェやまも”で”ステーキセット”を食べてみた!シンプルながら肉は柔らかく中々ウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
丁度1年程前の今頃に高砂町内にある『焼肉ぶんか』の通りを挟んだ南側に『キッチン&カフェ やまも』と言うお店が誕生したので何回か食べに行ったのだが、今年になってからは全然食べに行って無かった。が、お店的には中々エエ雰囲気だし、時間が無い時に手っ取り早くランチを食べに行くのには便利だなあ・・・と思っていた矢先?そんな機会があったので、久々に食べに行ってみる事にした。
 
キッチン&カフェやまも
こちらが久々に行って来た『キッチン&カフェ やまも』と言うお店で前回も書いた様に、場所は今は閑散としているサンモールの西側の通りの、高砂町民御用達の『焼肉ぶんか』(昨年から今年にかけて一時期休業していたが、無事復活して今現在営業中!)の道を挟んだ南側で、駐車場も『焼肉ぶんか』と共通になっているので何か関係のある方がやっているお店なのかも知れない・・・。
 
キッチン&カフェやまもお食事メニューキッチン&カフェやまもお食事メニュー
そしてこちらがこの時に店内に置いてあった”お食事メニュー”で、基本的には1年前にお店が正式オープンした時と基本的には同じような感じなのだが、何種類かのメニューが変更されてたり消えてたりしている。それはさて置き、この日は特に食べたい料理があって訪れた訳では無いので、何を食べようかと思案した結果、以前から一度は食べてみようと思っていたステーキセット”を食べてみる事に決定!!!
 
キッチン&カフェやまもステーキセットキッチン&カフェやまもステーキセット
で、先ず最初に運ばれて来たのが”ステーキセット”に付いているこちらのサラダ、小皿に入った香の物2種類、それにカップスープで、以前食べた”鉄板ハンバーグランチ”とか”やきにくランチ”にも同じくこの3品が付いていたのだが、内容が日替わりなのか季節で変わるのかは定かでは無いが全て異なっていて中々楽しい
 
キッチン&カフェやまもステーキセット
それは兎も角として、一足先に運ばれて来たサラダやスープを食べながら待っていると、暫くしてメインの”ステーキ”が運ばれて来て全品揃ったのがこちらの”ステーキセット”で、お値段は税込価格1200円也。ちなみにご飯は他にパンも選べたのだが個人的に米派なので、今回もご飯で更にこの日も無料サービスで大盛りにしたのだった。
 
キッチン&カフェやまもステーキセット
そしてこちらがメイン料理の”ステーキ”で、ご覧の通り先にキッチンで焼き上げた後、箸で食べ易いようにカットしてその上から何と無く和風っぽいソースをかけたシンプルな”ステーキ”だ。ちなみにメニューに書いてある文言に寄ると”牛ロース肉を使用。あっさりとしたお肉です”との事。それはさて置き、早速この”ステーキ”を食べてみると若干塩コショウが強い気はしたが、肉自体はとても柔らかくそれにおろし風の醤油ダレ?が絡んで中々ウマい!白いご飯との相性も抜群だ!
 
キッチン&カフェやまもステーキセット
ちなみに”ステーキ”の断面はこんな感じで、肉厚がそれ程無い事もあって中まで完全に火は通っているのだが、それでもお肉自体は柔らかくて美味しかった!雰囲気的に肉の量は120g程度かな?と思うが、この肉質であればもうちょっと大き目サイズの”ステーキ”で食べてみたかったかも・・・。
 
てな事で、久々に行った高砂町内にある『キッチン&カフェ やまも』で今回は”ステーキセット”を食べてみたのだが、最近意外と結構な回数食べに行っている『いきなり!ステーキ』のようなワイルドさは無いが、お肉自体はとても柔らかくて中々美味しかった!となると、もう一つのメニュー?である”ヘレステーキセット”も食べてみたい気もするが(そう言えば以前は”サーロインステーキセット”もあったのに今は無い)、値段がちょっと高いので今の処食べに行くかどうかを思案中・・・。

2018年9月26日

毎度お馴染みになりつつある”いきなりステーキ”が出店通算300号店達成記念でワイルドステーキ300gが1000円だったので食べてみた!サラダやスープも付いてメチャお得!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
今年の2月下旬頃に遂に加古川にもオープンしたTVや雑誌等で話題の『いきなりステーキ』であるが、2回程食べに行った印象としてはコストパフォーマンスが余り良く無い気がしたので、当分の間食べに行く事は無いかな?と思っていたら、ご主人様と一緒に”サーロインステーキ”を食べに行った翌週に”肉マイレージ特許取得記念キャンペーン第2弾”で”ヘレステーキ”が通常1g9円が8円になると言うお得な記念価格で販売されていたので、それに釣られてまたまた食べに行ったのだが、今度は”出店通算300号店達成記念”で”ワイルドステーキ”の300gが1000円で食べれるキャンペーンをやっていたので、またまたまた食べに行ってみた。
 
いきなりステーキ/加古川店
こちらがまたまた行って来た『いきなり!ステーキ/加古川店』で、以前紹介した様にこのお店がある場所は明姫幹線沿い円長寺交差点の北東の角、毎度お馴染みの『餃子の王将/東加古川店』やレンタルビデオの『TSUTAYA/東加古川店』等がある場所の一角で、先にも書いたように以前は『100円パンのヤキタテイ』で、更にその前には『焼肉 籠屋八兵衛/東加古川店』があった場所だ。ちなみに同じ敷地内にはこれまた当ブログでお馴染みのステーキレストラン・グルメ吉翔』もあったりする・・・。
 
いきなりステーキ出店通算300号店達成記念
そしてこちらが”いきなり!ステーキ出店通算300号店達成記念”キャンペーンの告知ポップで、その内容はと言うとお店の看板商品とも言える”ワイルドステーキ”の300gサイズが、ワイルド祭り!開催期間3日の間、ランチ(ライス・サラダ・スープ付き)もディナーも記念価格で通常税別1390円が1000円で食べれると言う内容!ちなみに対象は300gのみで200gを注文すると高くなるのだが、その事を知ってか知らずか近くに居た客は200gを頼んでいた(そう言えばこの日も注文は席まで取りに来てくれたなあ・・・。ご主人様と食べに行った時だけ・・・)。それはさて置き、そんな事もあってかこの日はお店入って直ぐの待合コーナー?で10分程待たされたのだった・・・。
 
いきなりステーキサラダとスープ
で、”ワイルドステーキ”を注文後、先ず最初に運ばれて来たのがランチタイムに”ワイルドステーキ”を食べた時に無料で付いて来るこちらのサラダとスープで、基本的には初訪問時に出て来た物と全く同じ内容でサラダはちょっと物足りないが、スープには牛すじ肉も入っていて普通に美味しい。そう言えば以前に”サーロインステーキ”を食べた時にスープだけ頼んだら180円もしたので、そう考えるとこのサラダとスープが付いているだけでもメチャお得かも・・・。
 
いきなりステーキワイルドステーキ300g
そんなこんなで先ず最初に運ばれて来たサラダとスープを食べつつ(てかサラダはすっかり食べ終えてしまったが)待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ワイルドステーキ”の300gサイズで、サラダとスープ、そしてこの後に運ばれて来るライスも付いて通常税別価格1390円の処、今回は”出店通算300号店達成記念”で税別価格1000円(税込価格1080円)也。ちなみに初訪問時に食べた200gは税込価格1221円だったので、それと比べてもメチャお得だ
 
いきなりステーキワイルドステーキ300g
それはさて置き、あらためて”ワイルドステーキ”を見てみると流石に300gと言う事もあって肉もぶ厚く当然の如くサイズも大きい!そして肉の真ん中には『いきなりステーキ』&『ペッパーランチ』ではすっかりお馴染みの”ペーストの中に、香ばしく焼き上げたニンニクと特製ソースを練り込んだ風味豊かな他には無いペッパーペースト”がトッピングされている。
 
いきなりステーキワイルドステーキ300g
そしてこちらが”ワイルドステーキ”の断面で、以前食べた”サーロインステーキ”とか”ヘレステーキ”は焼き加減が指定出来たのだが、この”ワイルドステーキ”は基本的に肉の表面を炙った程度に焼いてあるだけでなので中は完全にレア状態だ。で、後は自分で好きなように熱々の鉄板の上で焼いて食べるスタイルになっている。
 
いきなりステーキワイルドステーキ300g
てなわけで、ステーキハウスでシェフが焼いているのと同じように、先ずはカットされた肉の断面を全て熱々の鉄板に押し付けて焼いて肉汁を閉じ込めながら焼いた後、最後にテーブル備え付けのホットステーキソースをかけて完成した様子はこんな感じ。で、早速この”ワイルドステーキ”を食べてみると、私好みのミディアムレアに焼いた事もあって肉自体が結構柔らかくジューシーで、例に寄って少し多目にかかってしまったステーキソースを絡めて食べるとメチャウマい!これで1000円なら確かにお値打ちだ!
 
いきなりステーキワイルドステーキ300g
ちなみに何時もであれば”ワイルドステーキ”が運ばれて来たのと同じタイミングでライスも運ばれて来るのだが、この日はステーキを食べ始めても全然ライスが運ばれて来ない・・・業を煮やしたので近くにいるスタッフのオネエチャンに声をかけて漸くライスが運ばれて来たのだが、やっぱこう言うイベントやキャンペーンが開催されている時は、スタッフの方もバタバタしているようだ・・・。
 
てな事で、今年の2月頃に遂に加古川にもオープンした『いきなりステーキ』に続けて3回も食べに行ったので、当分の間行く事は無いかなと思っていたら、今度は”いきなり!ステーキ出店通算300号店達成記念”で”ワイルドステーキ”の300gサイズが税込価格1080円で食べれると言うキャンペーンをやっていたので、それに釣られてまたまたまた食べに行ってしまったのだが、この内容でこのお値段は流石にお値打ち感があってかメチャ美味しかった!200gサイズでも良いから、ライス・サラダ・スープ付きで常時1000円で販売されていたら、もっと食べに行くのになあ・・・と思う・・・。

2018年8月15日

毎度お馴染みになりつつある”いきなりステーキ”が”肉マイレージ特許取得記念キャンペーン第2弾”をやっていたので”ヘレステーキ”を食べてみた!正に肉の塊で中々ウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
今年の2月下旬頃に遂に加古川にもオープンしたTVや雑誌等で話題の『いきなりステーキ』であるが、2回程食べに行った印象としてはコストパフォーマンスが余り良く無い気がしたので、当分の間食べに行く事は無いかな?と思っていたら、ご主人様と一緒に”サーロインステーキ”を食べに行った翌週に”肉マイレージ特許取得記念キャンペーン第2弾”で”ヘレステーキ”が通常1g9円が8円になると言うお得な記念価格で販売されていたので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
いきなりステーキ/加古川店
こちらがまたまた行って来た『いきなり!ステーキ/加古川店』で、以前紹介した様にこのお店がある場所は明姫幹線沿い円長寺交差点の北東の角、毎度お馴染みの『餃子の王将/東加古川店』やレンタルビデオの『TSUTAYA/東加古川店』等がある場所の一角で、先にも書いたように以前は『100円パンのヤキタテイ』で、更にその前には『焼肉 籠屋八兵衛/東加古川店』があった場所だ。ちなみに同じ敷地内にはこれまた当ブログでお馴染みのステーキレストラン・グルメ吉翔』もあったりする・・・。
 
いきなりステーキヘレステーキキャンペーン
そしてこちらが『いきなりステーキ』でこの時に開催されていた”肉マイレージ特許取得記念キャンペーン第2弾”の告知ポップで、先にも書いた様に1g8円なので300g食べると300円お得になるらしい・・・。とは言え、個人的にはこの店の”ヘレステーキ”がどんな肉質なのか一度味わってみたかっただけなので300gは要らないと思い200gサイズで食べてみる事に決定!!!
 
いきなりステーキヘレステーキ
で、このお店の看板商品とも言えるランチタイムの”ワイルドステーキ”にはサラダスープにライスまで付いているのだが、今回食べた”ヘレステーキ”は前回食べた”サーロインステーキ”と同様にサラダスープもライスも別売との事・・・。ま、ビールが飲めたらそれはそれでエエ気もしたが、残念ながら車利用だったので仕方無しにサラダとライスのAセットを注文したのだった。そしてそのサラダがこちらなのだが、何と無く”ワイルドステーキ”に無料で付いていたサラダより少しだけ量が多い?程度だったかな。
 
いきなりステーキヘレステーキ
それはさて置き、一足先に運ばれて来たサラダを食べつつ待っていると暫く経って運ばれて来たのがこちらの”ヘレステーキ”の200gとAセットのライスで、お値段は”ヘレステーキ”が1g8円の200円なので税別価格1600円、サラダとライスのAセットが税別価格300円なので、合計した税込金額は2052円也。”1週間だけの記念価格!”と言うキャッチコピーに釣られて食べに来たのだが、思った程安く無かった・・・と言うのが実感・・・。
 
いきなりステーキヘレステーキ
そしてこちらがメインの”ヘレステーキ”で、サイズ的には前回食べた”サーロインステーキ”とか初訪問時に食べた”ワイルドステーキ”と同じ200gサイズなのだが、それらと比べると如何にも肉の塊!と言わんばかりのダイナミックな雰囲気がある。そんな事もあってかステーキの上に乗っている”ペッパーペースト”やガーリックチップ肉の脇にこぼれ落ちてしまっていた・・・。
 
いきなりステーキヘレステーキ
ちなみにこの”ヘレステーキ”をインスタ風に横から撮ってみるとこんな感じで、先にも書いた様に正にバーベキューとかで肉の塊を網に乗せて焼いたような豪快さがある。200gでこんな感じなのでお店お勧めの300gならばもっと迫力があるのだろう(ちなみに後日食べた300gの”ワイルドステーキ”はボリュームは凄かったが見た目的にはインパクトは無かったけど・・・)。
 
いきなりステーキヘレステーキいきなりステーキヘレステーキ
それは兎も角、早速この”ヘレステーキ”を食べてみると焼き加減はミディアムレアを指定した事もあって、肉の中心部には未だ赤身部分が残っていて肉自体も柔らかくジューシーでメチャウマい!コストパフォーマンス的には加古川志方にある『ステーキM』で食べた”ランチのヘレステーキ”とか”特別MENUのヘレステーキ”の方がセットも付いているのでお得な気はするが、こう言った肉の塊っぽいステーキにはそれとは違った、如何にも肉を食べたぞお!と言う思いが沸いて中々楽しかったかな。
 
てな事で、今年の2月頃に遂に加古川にもオープンした『いきなりステーキ』に2回も食べに行ったので、当分の間行く事は無いかなと思っていたら、”肉マイレージ特許取得記念キャンペーン第2弾”で”ヘレステーキ”が通常1g9円が8円になると言うお得な記念価格で販売されていたので思わず食べに行ってしまったのだが、お得だったかどうかは微妙な気はするがステーキ自体は中々美味しかった!それはさて置き、この後も”いきなり!ステーキ出店通算300号店達成記念”で”ワイルドステーキ”の300gサイズが税込価格1080円で食べれると言うキャンペーンをやっていたので、それに釣られてまたまたまたまた食べに行ってしまった(4回目)のだが、その話はまた後日・・・。

2018年8月11日

毎度お馴染みの”なか卯”で以前食べた”リブロースステーキ重”が”リブロースステーキ丼”となって新登場したので食べてみた!内容は同じだが何故かメチャ高い!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
相も変わらず偶に食べに行っている各牛丼チェーン店であるが、その中の一つに元々は大阪が発祥ながら今は『すき家』と同じグループになってしまった『なか卯』がある。個人的には『吉野家』が関西一帯に蔓延る以前の、誰がどう見ても『吉野家』のパチモンにしか見えなかったオレンジ色の店舗の頃から食べている愛着のある牛丼チェーン店なので、応援の意味も兼ねて今でも時々食べに行っている。そんな『なか卯』から以前食べた”プレミアム重シリーズの第3弾”の”熟成リブロースステーキ重”が今度は丼になって”リブロースステーキ丼”として登場したのでまたまた食べに行ってみた。
 
丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店
こちらがまたまた行って来た『丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店』で、流石に改めて書く内容も無いので以前の紹介文からコピペすると、個人的には『なか卯』が完全に『吉野家』のパチモンみたいな”安い・美味い・早い”と言う看板を掲げたオレンジ色の店舗だった頃(ただし、この『加古川店』は誕生した時から新型店舗だったのでオレンジ色だった時は無い)から食べに行っている愛着のある牛丼チェーン店なのだが、『すき家』率いるゼンショーの傘下になって以来、何か存在感も薄れてしまった様な気がする・・・。そんな事もあってか最近は高級路線?の商品が登場する事が増えたような・・・。
 
なか卯リブロースステーキ丼のメニュー
そしてこちらが『なか卯』から新登場した”リブロースステーキ丼”のメニューで、先にも書いたように誰がどう見ても以前”プレミアム重シリーズの第3弾”で登場した”熟成リブロースステーキ重”を重箱では無く丼鉢に入れ替えただけ?に見えるのだが、今回は”コラボフィギュア”が付いているからなのか、お値段が何と1280円との事・・・。本来であれば流石の私も『なか卯』でこんなに高い商品を食べたいとは思わないし、そもそも内容が”熟成リブロースステーキ重”と全く同じ気がするので食べるかどうかメチャ悩んだのだが、最初に書いた様に『吉野家』のパチモンにしか見えなかったオレンジ色の店舗の頃から利用している愛着のある牛丼チェーン店(今は違うか・・・)なので、今回も応援の意味も兼ねて食べてみる事に決定!!!
 
なか卯リブロースステーキ丼と小うどんはいから
で、間も無く手元のブザーが鳴ったのでセルフで運んで来たのがこちらの”リブロースステーキ丼”(並)と、以前に夜定食で”生姜焼き定食”を食べた時に貰った無料券を使ってセットで注文した”小うどんはいから”で、お値段は”リブロースステーキ丼”代のみとなり税込価格1280円也。ちなみに以前食べた”熟成リブロースステーキ重”は税込価格990円だったので、おまけに付いている”コラボフィギュア”が290円と言う計算・・・。そもそも”熟成リブロースステーキ重”には別途”みそ汁”(その時は”とん汁”に変更したが・・・)と”つけもの”も付いていたのに今回はそれも無いから、”コラボフィギュア”だけで500円ぐらいはボッタくられているのかも・・・。
 
なか卯リブロースステーキ丼
そしてこちらがメインの”リブロースステーキ丼”で、最初に書いた様に誰がどう見ても”熟成リブロースステーキ重”を丼鉢に変えただけの内容だ。商品案内に寄ると”ご飯の上にきざみ海苔とスライスした玉ねぎを敷き、カットしたリブロースステーキをのせて仕上げられたボリューム満点の一杯。ステーキはリブロースを熟成させることで、やわらかな肉質とジューシーで甘みのある脂、肉そのもののうまみを楽しめる仕立てに。ほどよくスパイスの風味がきいた醤油ベースの特製タレと、肉専用に本わさびの茎を刻んでブレンドした“肉洋きざみわさび”でさっぱりと味わえる”との事。で、実際に食べた印象も”熟成リブロースステーキ重”と全く同じだ!
 
なか卯リブロースステーキ丼
ちなみに”リブロースステーキ丼”にトッピングされていた肉の厚みを見るとこんな感じで、基本的には以前食べた”熟成リブロースステーキ重”と同じようではあるが、偶々なのか何と無く肉の火の通り加減が入り過ぎて少し固いような印象・・・。ま、今回はそれ以前にボッタくり感が頭の中に沸いていたので、その分味の評価がマイナスに働いたかも知れない・・・。
 
なか卯小うどんはいから
そしてこちらは以前”生姜焼き定食”を食べた時に貰った”小うどんはいから(1杯)無料券”を使って食べた”小うどんはいから”で、偶に書いている様に、未だ『なか卯』が完全に『吉野家』のパチモンの様なオレンジ色の店舗だった頃に”牛丼”のセットと一緒に良く食べていた”天かすうどん”そのまんまで、一応”京風うどん”らしいのだが何時もの如く、関西人にはお馴染みのヤワヤワな麺で普通にウマい!讃岐うどん好きな方が食べると、何んじゃこりゃ?と思われそうだが、個人的には若かりし頃からの愛着のある出汁で結構好きかも・・・。
 
なか卯リブロースステーキ丼
最後に・・・、こちらが”リブロースステーキ丼”に付いていた”「進撃の巨人」とコラボしたオリジナルフィギュア”で、一応は持って帰っては来たものの、”進撃の巨人”にも”オリジナルフィギュア”にも全く関心も興味も無いので、今どこにあるのかすらも判らない・・・。もしもこれがメルカリ等で売れるなら探しだして叩き売りたいんだけど・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『なか卯』から”プレミアム重シリーズの第3弾”として登場した”熟成リブロースステーキ重”の丼バージョンみたいな”リブロースステーキ丼”ってのが新登場したので、またまた食べに行ってみたのだが、本文で書いたように内容的には全然変わら無い上に”みそ汁”も”つけもの”付いて無く、逆に私にはゴミでしか無い”コラボフィギュア”が付いて値段が1280円とメチャぼったくりな商品だった。毎回書いている様に、個人的に昔から一番愛着のある牛丼チェーン店なので応援の意味も兼ねて毎回色んな新商品を食べているが、流石に今回は何か酷い内容だったと言う印象しか残って無い・・・。てか、次回このような”コラボフィギュア”が付いた商品が登場したとしても食べない事にしよう!!!

2018年8月6日

またまた行った”いきなりステーキ”で今回は少しリッチな”サーロインステーキ”の200gを食べてみた!値段が少し高目な事もあって流石に中々美味い!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
6月中旬頃のとある日曜日、この日はちょっとしたお参りで30番さん宅に集合・・・。で、その後に管理人さん邸に移動してウダウダと話をした後解散する事になったのだが、気が付けば既にランチタイム直前。そんな事もあってご主人様とラーメンでも食べに行こうと言う話が持ち上がり一旦は明姫幹線沿いにある『ラーメンまこと屋』に行ったのだが、そう言えばご主人様とは以前から『いきなりステーキ/加古川店』に一度一緒に行くと言う話があった事を思い出したので、急遽『いきなりステーキ/加古川店』の方に行く事になった。
 
いきなりステーキ/加古川店
こちらがまたまた行って来た『いきなりステーキ/加古川店』で、お店に到着したのが午後12時半近くのランチタイムど真ん中と言う時間帯ではあったのだが、雰囲気的に開店直後に入店した客が徐々に帰って行くような時間帯だったので、入口で待つ事なく直ぐに席に案内された。当然の如く?我々が食事をして帰る頃にはお店入口周辺には空席待ちの客で溢れていた。このお店が誕生してから間も無く半年経つがTVで何度も紹介されている影響もあってか、まだまだ人気のようだ・・・。
 
いきなりステーキ/加古川店のメニューいきなりステーキ/加古川店のメニュー
それはさて置き、こちらがこの時のメニューで以前食べに来た時は平日限定のお得なランチメニューがあったのだが、この日は日曜日と言う事もあって、そう言ったランチメニューは無くお店定番の食べる量をグラムで指定するステーキしか無いようだ。しかもスープやサラダ等のサイドメニューは席で注文出来るのに、ステーキの注文は入口ステーキのカットコーナーまで行かないと出来ないらしい・・・。で、何を食べようかと思案した結果”サーロインステーキ”の200gを食べる事に決定!!!
 
いきなりステーキサーロインステーキ200g
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”サーロインステーキ”の200gと、別途セットで注文したスープとライスでお値段は”サーロインステーキ”が8.2円/gで実際は213gあったので税別価格1746円(税込価格1886円)、スープが税別価格180円、ライスが税別価格200円なので、合計した金額は何だかんだと2500円近かったような・・・。ま、内容が全然違うので比較にならないかも知れないが、前回平日のランチタイムに食べた”ワイルドステーキ”はサラダもスープもライスも付いて1221円だったので、コストパフォーマンスは雲泥の差だ
 
いきなりステーキサーロインステーキ200g
それはさて置き、こちらがメインの”サーロインステーキ”で、肉の下にはスライスしたタマネギ、脇にはコーン、そして肉の上には『ペッパーランチ』でもお馴染みの”ペッパーペースト”がトッピングされている。これにテーブルの上に用意されたステーキソースを掛けて食べると、例に寄ってソースは若干味が濃い目で肉自体も外国産であるが、流石にサーロインと言う事もあって結構柔らかく肉の旨味満載でメチャウマい
 
いきなりステーキサーロインステーキ200g
ちなみに”サーロインステーキ”の断面はこんな感じで、実はステーキの注文自体はご主人様が行ってくれたのだが気を利かせて?私のステーキの焼き加減はレアで、ご主人様はミディアムを指定したらしいのだが、何かパッと見た感じご主人様が食べた”サーロインステーキ”の方も限り無くレアに近いような見た目だった・・・。以前ご主人様と食べに行った『炭火焼きハンバーグ&ステーキ アトム』でも似たような事があったような・・・。それは兎も角、どちらもレアだった事もあってか、ソースをかけた時のジュワーッと感が全く無かったような・・・
 
いきなりステーキサーロインステーキ200g
そしてこちらは”サーロインステーキ”のセットで注文したスープで、先にも書いたようにこのスープのお値段は税別価格180円なのだが、パッと見た感じは前回食べた”ワイルドステーキ”に無料で付いて来たスープと全く同じようだ。味的には普通に美味しいのだが、先にも書いたようにコストパフォーマンスの点から言うとこの内容でこお値段はちょっと高いような気がする・・・。
 
てな事で、またまた行った『いきなりステーキ/加古川店』で今回は”サーロインステーキ”を食べてみたのだが確かにお肉自体は柔らかくジューシーでメチャ美味しかったが、値段を考えるとこの『いきなりステーキ/加古川店』と同じ敷地内にある『ステーキレストラン・グルメ吉翔』に行って似た様なステーキランチを食べた方が生ハムが付いていたり食後のデザートやコーヒーが付いていたり・・・、何よりもゆったりと寛げるテーブル席に座って食事が出来るので圧倒的にそちらの方がエエような気もする・・・と言いつつも、この後”ヘレステーキ1g8円キャンペーン”に釣られてまたまた食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

2018年6月29日

久々に行った”焼肉 彦”の奥にある”ステーキM”でヘレステーキのランチを食べてみた!1周年記念で付いて来た自家製ハンバーグ共々メチャウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
5月の中旬頃の日曜日、この日も加古川駅前周辺を散策?しようと家を出たら親戚夫婦に出会った。話を聞くとこれから加古川ニッケパークタウンに買物に行くと言うので、それならば・・・と私の車で送って行く事になった。で、現地到着後一旦は分かれたのだが、その後メールが来て折角なので何処かでランチを食べようと言う話に・・・。が、意外と加古川駅前周辺にはこれと言ったエエ店が無い・・・。で、ふと頭に浮かんだのが、ちょっと場所は遠いが『焼肉 彦』の敷地内にある『ステーキM』の事・・・。当然の如く?親戚夫婦は行った事が無いと言うので、お店の紹介の意味も兼ねてそちらのお店に行ってみる事になった
 
ステーキMステーキM
こちらが久々に行って来た『ステーキM』で、お店がある場所は以前にも書いた様に加古川志方方面では超有名な『焼肉 彦』の店の奥ばった辺り・・・と言うのか一番北の外れで、パッと見た感じは倉庫のような建物の更に奥にある。で、お店到着はランチタイム直前の午前11時50分頃だったので、当然の如く駐車場はほぼ満車状態だったのだが、どうせ大半の客は『焼肉 彦』に行っているのだろうと思いつつ店内に入って行くと、何とそちらもほぼ満席に近い程の賑わい・・・。
 
ステーキM1周年感謝祭
何でこんなに賑わっているのだろうと思ったら、ふとお店の入口やらあちらこちにこの様な”1周年感謝祭”の張り紙を発見!!!その内容はと言うと”ステーキを頼まれた方全員に!国産牛100%で作った自家製ハンバーグ100gをサービスさせていただきます!”との事。きっと近所の人にはこの様な案内のチラシが配られたのかも知れないが、神のお告げを受け取ったのか、あるいはこれぞ肉大好きな私の動物的感が働いたのか、こんなラッキーな事は無い!
 
ステーキM和牛セットメニューステーキMスペシャルランチメニューステーキM特別セットメニュー
で、詳しいお店のメニューは前回の記事を参照していただくとして、この日の一番のお勧めは”和牛セットA”らしく通常税抜き価格2180円が、この日は”1周年感謝祭”で2000円で食べれるとの事・・・。が、セットの内容を見ると”自家製ハンバーグ”が含まれてるから、無料サービスはどうなるの?と質問すると、元の2180円で食べた場合は”自家製ハンバーグ”が200gのサイズになるらしい・・・。でもそんなに量は要らないし、毎度の事ながらコストパフォーマンスを大事にする我々?なので、通常ランチメニューの中から”ヘレステーキ”100gがメインのランチAを食べてみる事に決定!!!
 
ステーキMランチAとハンバーグステーキMランチAとハンバーグ
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらのランチAのメイン料理である”ヘレステーキ”のお肉100gと”1周年感謝祭”で無料サービスの”自家製ハンバーグ”のサイズ100gで、その脇には”アルミ箔に包まれた蒸し焼用の野菜”とニンニクチップが添えられている。ちなみにお値段は別途運ばれて来た”ごはんと味噌汁と漬物”、それに食後のドリンクとサービスのシューアイスが付いて税込価格1296円也。他のテーブル席を見渡すと、最初にサラダが運ばれて来ていたが、値段を考えるとこれでも安すぎる?と思える内容だ!
 
ステーキMランチAとハンバーグステーキMランチAとハンバーグ
それはさて置き、早速”ヘレステーキ”と”自家製ハンバーグ”をテーブルの真ん中に設置された遠赤外線を使ったコンロに乗せて焼く前と適度に焼けて来た後に裏返した様子がこんな感じで、気持ち的には”アルミ箔の蒸焼野菜”も一緒に焼きたかったのだが流石にそこまでのスペースは無かった・・・。てか、多人数で食べに来たらもっと大変なんでは・・・。
 
ステーキMランチAとハンバーグステーキMランチAとハンバーグのわさび
ちなみにこちらは”ヘレステーキ”や”自家製ハンバーグ”等の具材と一緒に運ばれて来た岩塩とかステーキソース等が入った小皿で、それ以外にも山葵も付いている。偶に管理人さんや30番さんやありおんさんらと集まってバーベキューをする際に、私のお勧めで山葵を用意する事があるのだが、焼肉以外にステーキを食べる時にも山葵を付けると美味しいのだ!(ま、焼肉もステーキもほぼ同じ・・・と言う気もするが・・・)。
 
ステーキMランチAのヘレステーキ
そしてその後、自分達の目で見て割と良い焼き具合になって来た時を見計ってお皿の上に取り上げたのがこちらの”ヘレステーキ”で、自分で言うのも何だけど中々エエ感じの焼き加減だ。が、此処でふと気が付いたのだが肉を焼く前に塩胡椒をするのをすっかり忘れていた・・・。私自身普段滅多に自らステーキを焼いて食べる事は無いので致し方ないとは思うが、この時は若干一名主婦が居たのだが・・・。
 
ステーキMランチAのヘレステーキ
それは兎も角として、早速自分で焼いた?”ヘレステーキ”をカットして食べてみると、ご覧の通り私好みのミディアムレアな状態で、肉自体は前回食べた時と同じくオーストラリア産なのだが、とても柔らかく肉もジューシーでこれに岩塩やら山葵やらステーキソース等を付けて食べるとメチャウマい!以前良く食べに行っていたカレーやサラダが食べ放題のステーキチェーンの肉と比べても圧倒的にこちらの方は美味しいような・・・。
 
ステーキM無料サービスの自家製ハンバーグ
そしてこちらは”1周年感謝祭”で無料サービスになった”自家製ハンバーグ”の100gで、ステーキは偶に家で焼いて食べる事はあるが、生のハンバーグを自らの手で焼いて食べる事は皆無に近いのだが、流石に遠赤外線コンロのおかげなのか、こちらも中々エエ感じに焼けていて見た目もウマそうだ
 
ステーキMランチAとハンバーグ
で、早速その”自家製ハンバーグ”をカットして食べてみると、ご覧の通り中までしっかりと火が入っているが結構ジューシーでこれまたウマい!この”自家製ハンバーグ”は国産牛肉100%と書いてあったので、もうちょっとレアでも良かったかな・・・と思いつつも同じ志方にある『炭火焼きハンバーグ&ステーキ アトム』へ行った時は逆にレア過ぎだった事もあって、今回は少ししっかり目に焼いたのだった。
 
ステーキMランチAステーキMランチA
それはさて置き、こちらは”ヘレステーキ”や”自家製ハンバーグ”が焼けた後コンロの上に置いて焼いた”アルミ箔に包まれた蒸し焼用の野菜”と、これまたお肉が焼けたタイミングで運んで来て貰った”ごはんと味噌汁と漬物”で、偶に焼肉店とかステーキ屋さん等でこの手の定食を食べると、先に御飯や味噌汁が運ばれて来る事が多いのだが、その場合は肉を焼いている間に御飯や味噌汁が冷めてしまう・・・。が、このお店の場合はそう言う点を心得ているのか、肉が焼き上がったタイミングを見計らって御飯を持って来ましょうか?と声をかけてくれる点が素晴らしい!
 
ステーキMランチA
ちなみに今回食べたランチAには食後のドリンクが付いていて、コーヒーとかソフトドリンク等を選べたので、確かこの時は健康を意識してフルーツ系のジュースを飲んだような・・・。”ヘレステーキ”や”自家製ハンバーグ”がとっても美味しくて、食後もその話題で持ちきりだった事もあり、何を飲んだかははっきり言って覚えて無い・・・。
 
ステーキMランチAステーキMランチA
それともう一つ、こちらも食後に運ばれて来た”シューアイス”で、前回このお店に来た時にも出て来たのだが、その時は我々だけへのサービス?と思っていたら、どうやら全てのお客さんに配られていたようだ。それならば、メニューの中に食後のデザート・・・とか書いたらエエのに・・・と思ってしまうのだが、もしかしたらこの”シューアイス”が無い日もあるのかも知れない・・・。
 
てな事で、何と無く虫の知らせを感じたのか神のお告げがあったのか、単に肉好きの動物的勘なのか、久々に『焼肉 彦』の敷地奥にある『ステーキM』に行ってみたら何と”1周年感謝祭”をやっていて”自家製ハンバーグ”の無料サービスがあってメチャラッキーだった!確かにメインの”ヘレステーキ”100gだけだったら、ちょっとボリューム的に物足りなかったかも知れないが、この後続けて2回程食べに行った話題の『いきなり!ステーキ/加古川店』よりも、こちらのお店の方が断然エエような気がする・・・。

2018年5月29日

ニッケパークタウンへ行くとグルメ総選挙をやっていたので”浪花焼肉 肉タレ屋”の”黒毛和牛レアステーキ丼”を食べてみた!お肉がとても柔らかくメチャウマい!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
ちょっとした事情で此処最近はJR加古川駅前周辺に行く機会が増えた。で、この日もJR加古川駅前に行ったので何処かでランチを食べようと思いまたまた加古川ニッケパークタウンのフードテラスに行って何処かのお店で変わった新商品が登場して無いかな?と思いつつ散策していると、フードテラスのみでは無く1Fのレストラン街の飲食店舗全体で何やらちょっと楽しげな”グルメ総選挙”をやっている。が、パッと見た感じはお店の一押し商品をアピールしているだけのようなメニュー内容で、イマイチこれと言って食べてみたくなる商品が無い・・・。
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼のメニュー
が、じっくりその一覧を見ているとフードテラスの中にある『浪花焼肉 肉タレ屋』では”グルメ総選挙”用に特別メニューで”黒毛和牛レアステーキ丼”を販売しているようだ。以前から度々書いている様に、個人的にも『浪花焼肉 肉タレ屋』はお気に入りのお店だし、何と言ってもお肉大好き!ステーキ大好き!な私なので、試しにこの”黒毛和牛レアステーキ丼”を食べてみる事に決定!!!
 
浪花焼肉肉タレ屋
ちなみに、こちらがまたまた行って来た加古川ニッケパークタウンの2Fのフードテラスの一角にある”ホンマは1480円で食べてほしい!!”と題された”黒毛和牛ローストビーフ丼”が自慢の『浪花焼肉 肉タレ屋/加古川店』で、以前にも紹介した通り、このフードテラス(フードコート)が誕生した直後に食べに来た時に真っ先に利用したお店でもあり、同じくこのフードテラスの中にある『揚げ天まる』と並んで私のお気に入りのお店にもなっている。
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼
で、こちらが実際に食べた”黒毛和牛レアステーキ丼”で、他に味噌汁と漬物が付いてお値段は税込価格1280円也。先にも書いたようにこのお店は”ホンマは1480円で食べてほしい!!”と言う”黒毛和牛ローストビーフ丼”を980円で販売しているのだが、流石にこの”黒毛和牛レアステーキ丼”は特別メニューだからなのか、特に値段が安いと言う訳では無い
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼
それはさて置き、こちらが”黒毛和牛レアステーキ丼”に入っていた”黒毛和牛レアステーキ”で、ご覧の通りメチャレア・・・と言うのか雰囲気的にはステーキと言うよりもタタキに近いような(と、この時は思ったのだが、以前食べた『肉料理かやま』とか『一乃屋』とか『ステーキけん』とかの”ステーキ丼”も似たような感じだったみたい・・・)。で、食べ易い様にか最初から一口大にカットされているので、先ずは一切れそのまま箸で摘まんで食べてみると、お肉はとても柔らかくしっかりとした牛肉の味わいがあってメチャウマい!で、この”黒毛和牛レアステーキ”には私が偶にバーベキューの時にオススメしているように山葵が添えられているので、それを付けて食べるとこれまた超ウマい!
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼
で、この”黒毛和牛レアステーキ”のお肉が余りにも美味しいので、あらためてアップで紹介するとこんな感じで、確かにこのお店の看板商品でもある”黒毛和牛のローストビーフ”も結構レア状態なのだが、この”黒毛和牛レアステーキ”はそれとはまた違った仕上がりで、これが中々美味しいのだ
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼
そしてこちらは”黒毛和牛レアステーキ丼”に付いていた味噌汁で、何時もであれば”肉タレ屋特製牛すじ赤だし”なのだが、今回は”牛すじ”が入って無い至って普通の味噌汁・・・と言うのか赤だしだ。今回食べたのがフェア丼だからなのか、あるいは他の丼や定食を食べても今はこんな内容に変っているのか定かでは無いが、個人的には”肉タレ屋特製牛すじ赤だし”(特に溶き玉子が入っているバージョン)は結構好きだったので、そう言った意味ではちょっと残念だったかな。
 
浪花焼肉肉タレ屋黒毛和牛レアステーキ丼
最後に・・・、この加古川ニッケパークタウンで開催されていた”グルメ総選挙”は3月の下旬頃から4月の上旬頃の開催だったのだが、後日ニッケパークタウンに行ってみると今回食べた”黒毛和牛レアステーキ丼”は堂々の第一位に輝いていた!てか、最初に書いたように他のお店のメニューの大半が通常販売されている商品ばかりだったので、ある意味この”黒毛和牛レアステーキ丼”が1位になったのは当然の事だったのかも知れない・・・。
 
てな事で、何時もの様に?加古川ニッケパークタウンへ行くと”グルメ総選挙”ってのが開催されていたので、その中から『浪花焼肉 肉タレ屋』の”黒毛和牛レアステーキ丼”を食べてみたのだが、その名の如くメチャレアな牛肉のステーキでメチャ美味しかった!このお店では”甘辛焼きすきと黒毛和牛のローストビーフの味わい丼”の他に”からあげ定食”や”ハンバーグ定食”、それに”カレーライス”なんかも食べた事があるが、やっぱこのお店では黒毛和牛を使った料理を食べるのは一番のお勧めかも!ちなみにこの”黒毛和牛レアステーキ丼”は1位になった記念?でGW明けまで販売されていたのだが、今それを書いてもちょっと遅い?かな?
次のページ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.