義史のB型ワールド

2020年1月21日

毎度お馴染みの”松屋”の”1週間だけのごろチキ復活祭”で久々に”ごろごろ煮込みチキンカレー”を食べてみた!創業ビーフカレーバージョンが早く食べたい!

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
西暦が2000年に替わったばかりの一時期、連日の如く大阪天満界隈にある某事務所へ行っていた頃に、ランチを食べに天神橋商店街の中にある牛丼チェーンの『松屋』を偶に利用していた。その頃は未だ”牛めし”とか”カレー”等のメニューが中心で、今みたいに定食メニューは余り無かった様な気がするのだが、今では牛丼チェーン店と言うよりはどちらかと言うと定食チェーン店?と呼んでもおかしく無い程にメニューが増えている。そんな事もあって最近は『松屋』に行っても定食を食べる事が多いのだが、その中でも個人的にお気に入りの商品である”ごろごろ煮込みチキンカレー”が1週間だけ復活すると言うので、それに釣られて食べに行ってみた。
 
松屋加古川平岡町店
こちらがまたまた行って来た、牛めし(牛丼)、カレー、定食、その他丼物でおなじみの『松屋/加古川平岡町店』で、最近は偶に『加古川野口町店』の方も利用するようになったのだが、あちらはパチンコ店に併設されている事もあってカウンター席がメインなのに対して、こちらのお店は所謂ロードサイド店でファミリー客を意識してかテーブル席が多い。が、意外と私が行く時はカウンター席が埋まっているが、テーブル席が空いている場合が多いので、毎回ゆったりと食事を楽しむ為にテーブル席を利用する。ちなみにこの界隈で一番先に誕生した『播磨町店』はその前にあったラーメン店を改装したので、他店と比べると群を抜いて店内が広い・・・。
 
松屋ごろごろ煮込みチキンカレー復活祭
そしてこちらが『松屋』でこの時に開催されていた”1週間だけのごろチキ復活祭”のメニューで、公式案内に寄ると”以前より人気メニューとしてご好評を頂いておりました「ごろごろ煮込みチキンカレー」を1週間限定販売”との事。何故1週間だけの期間限定なんだろう・・・と思っていたら、この数日後に”オリジナルカレー”の販売が終了になると発表されたので、今現在の”ごろごろ煮込みチキンカレー”も今回が最後・・・と言う事で復活したのかも知れない・・・。何れにしても先に書いた様に個人的にこの”ごろごろ煮込みチキンカレー”は大好きなので、今回も迷う事無く食べてみる事に決定!!!
 
松屋ごろごろ煮込みチキンカレー
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ごろごろ煮込みチキンカレー”並で、他に”ライス・みそ汁”が付いて、お値段は税込価格590円也。以前にも書いた様に最近期間限定で登場する定食類は”発売日から2週間ライス大盛無料サービス”をやっている場合が多いのだが、例に寄ってこの”ごろごろ煮込みチキンカレー”に関してはそう言ったサービスはやって無い・・・。カレーの時こそライスの大盛が一番必要?だと個人的には思うのだが・・・。
 
松屋ごろごろ煮込みチキンカレー
そしてこちらがメインの”ごろごろ煮込みチキンカレー”で、その内容は以前食べた時や、あるいはその前に販売されていた”ごろごろチキンカレー”と全く同じ内容だ。ちなみに商品説明に寄ると”数種類のスパイスが配合されたすっきりとした味わいの松屋オリジナルカレーに、鉄板でジューシーに焼き上げた鶏もも肉をプラスしたゴロゴロ感たっぷりの食べ応え満点な逸品”との事。で、味的には先にも書いたように”オリジナルカレー”がベースなのだが、鶏肉や玉ネギの存在感も満載な私の大好きな味で中々ウマい
 
松屋ごろごろ煮込みチキンカレー
そしてこちらが”ごろごろ煮込みチキンカレーに入っていた文字通りの”ごろごろチキン”で、以前にも紹介した通り”ごろごろチキンのトマトカレー”とか”ごろごろチキンのてりたま丼”と基本的には全く同じで、何と無くであるがこれまた以前に食べた”ケイジャンチキン定食”とか”和風タルタルチキン定食”で使われていた鶏肉も雰囲気的にこの”ごろごろチキン”と同じように思える。それは兎も角として、結構大き目サイズのプリッとした鶏肉で何時も通り中々美味しかった
 
松屋ごろごろ煮込みチキンカレー
最後に・・・、こちらは”ごろごろ煮込みチキンカレー”に付いていた”みそ汁”で、何時もの如く『松屋』定番の”天然だしを利かせた無添加だしの、あと味豊かなみそ汁”で、最近は月に一回以上?飲んでいる事もあって可も無く不可も無くであった・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの牛丼チェーン『松屋』が”1週間だけのごろチキ復活祭”をやっていたので久々に”ごろごろ煮込みチキンカレー”を食べてみたのだが、内容的には何時もと全く同じながら”ごろごろチキン”がたっぷりと入って中々美味しかった!それはさて置き、先に書いた様にこの日の数日後に”オリジナルカレー”の販売終了の告知と、それに代わって”創業ビーフカレー”がレギュラー化されると言うアナウンスがあったので、次回この”ごろごろ煮込みチキンカレー”が登場した暁にはきっと”創業ビーフカレー”ベースになるのだろう・・・。それはそれで今から楽しみだ!

2019年12月30日

山電荒井駅前にある”洋食ばる gin串”がランチを始めたので”gin串カレー”を食べてみた!カレーは至って普通だがセットのスープとそうざいがメチャウマい!

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
今から一年程前のこの時期にJAさんと山電荒井駅前にある『洋食ばる gin串』へ行ったのだが、そのお店がこの夏頃だったかにランチを始めた。で、以前から一度食べに行こうと思いつつ中々チャンスに恵まれなかったのだが、この日ふとその事を思い出したのでお店に行ってみたら土曜日だからなのかランチタイムは店は閉じていた。で、その時は2軒隣ぐらい?にある『居酒屋くせもん』へ行ったのだが、やはり一度は『洋食ばる gin串』のランチを食べてみたい!と思い後日あらためて食べに行ってみた
 
洋食ばるgin串
こちらが久々・・・と言うのかランチライムには初めて行った『洋食ばる gin串』で、お店が有る場所は山電荒井駅前の交差点を北へ行った直ぐの処で、そんな事もあってもしかすると駐車場は無いのかも知れない・・・。ちなみに以前にも紹介した様にこのお店は”バーベキューの銀の串に具材をさして揚げた新しい形の洋食”と言う”gin串”が自慢のお店だ!
 
洋食ばるgin串Lunch menu洋食ばるgin串Lunch menu
そしてこちらが『洋食ばる gin串』のランチメニューで、先にも書いた様に”gin串”が自慢のお店なので串カツ定食みたいな物があるかいなと探してみたのだが、何故かトップから並んでいるのはカレーのメニューが大半・・・。後半には”煮込みハンバーグset”とか”ビフカツset”何かもあって、若干何を食べようか思案したのだが、雰囲気的にカレーが中心のようだったのでその中から”ビフカツ・トンカツ・エビフライ”が乗った”gin串カレー”を食べてみる事に決定!!!
 
洋食ばるgin串gin串カレーのスープ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”gin串カレー”に付いているこちらのオニオンスープで、カレー屋さんでオニオンスープと言えば『淡路島カレー/LC東加古川店』でも最初に出て来る”無料サービスのスープ”が真っ先に頭に浮かんだのだが、ご覧の様にこちらのスープに入っている玉ねぎは結構デカイ!それはさて置き、早速スープを飲んでみるとあっさりテイストながらしっかりとしたオニオンの味わいがあってメチャウマい!更には具の玉ねぎ自体も甘みがあってこれまたウマい!このスープを飲めただけでもこのお店に来た甲斐があったような気さえする・・・。
 
洋食ばるgin串gin串カレーの本日のおそうざい
そしてその次に運ばれて来たのがこれまた”gin串カレー”に付いている”本日のおそうざい”とサラダで、その内容はと言うと手前にあるのは野菜がたっぷり入ったキッシュのようなオムレツの様な一品で、向こう側にあるのはオーロラソースっぽい物がかかった海老にブロッコリーが添えられたような一品で、これまた何と無くビールが飲みたくなるような味わいがあって中々ウマい!これまたこの”本日のおそうざい”を食べただけでもランチを食べに来た価値があったかも・・・。
 
洋食ばるgin串gin串カレー
そんなこんなで先に運ばれて来たスープと”本日のおそうざい”を食べ終えて前っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらの”gin串カレー”で、お値段は税込価格1000円也。ご覧の通り欧風カレーにバーベキューの銀の串刺さった串カツ?串揚げ?がトッピングされたある意味商品名通りのシンプルな内容だ。ちなみに串揚げ?は左からビフカツ、エビフライ、トンカツで、実際に食べた時は串から外して食べたのだが、どれも揚げ立て熱々でシンプルながら中々ウマい!肝心のカレーは期待感が強過ぎたのか、思った程では無かったが個人的にも大好きなカレーなので普通に美味しかった
 
てな事で、久々に行った山電荒井駅前にある『洋食ばる gin串』で今回はランチメニューの中から”gin串カレー”を食べてみたのだが、トッピングの串カツ?串揚げ?は以前食べた”gin串”と比べると割りと普通だったしカレー自体もこれまた割とオーソドックスな味わいだった。が、本文で書いた様に最初に出て来たオニオンスープと”本日のおそうざい”がメチャ美味しかったので、全体的な印象はかなり良い!そんな事もあって、今度はセットメニューを食べようと時々思っているのだが、何故かランチタイムは閉まっている日の方が多くて、未だ行けてないのであった!

2019年12月20日

毎度お馴染みの”CoCo壱番屋”で第5弾(多分)となる”大人のスパイスカレーTHE Asia”を食べてみた!

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:05 PM
 
代理人記録
 
時々書いている様に20数年前の私が京都に住んでいた頃に、店内に置いてあった週刊の漫画雑誌を愛読?する為、約3年間に渡って毎週の如く『CoCo壱番屋』に食べに行っていた事もあり、私の好きな肉系のトッピングのカレーはほぼ全て制覇した!で、こちらに戻って来た時は流石に余り食べに行く事は無くなっていたが、偶に登場する様になった”月刊ココイチメニュー”とか”夜ココメニュー”に釣られてまたまた食べに行く様になっていた。
 
が、最近はこれと言って食べてみたいカレーも登場しなくなったし、以前に登場した物ばかりになってしまったので、またまた食べに行く機会は減った・・・。が、最近”大人のスパイスカレー”と言う新たな期間限定カレーが時々登場するようになりそれに釣られて”大人のスパイスカレーTHEポーク”、”大人のスパイスカレー THEチキベジ”、”大人のスパイスカレー THE骨付チキン”、大人のスパイスカレー THEローストチキン”と食べて来たのだが、その”大人のスパイスカレー”シリーズ第5弾?で、”大人のスパイスカレー THE Asia”ってのが新登場したのでそれに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
カレーハウス CoCo壱番屋高砂北インター店
こちらがまたまた行って来た『カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店』で、このお店も『加古川平岡店』と同様に私が京都に住んでいた頃には未だ存在して無かったのだが、私が帰郷して間も無くの頃、まるで飛梅かの如く後を追い掛けて来て誕生したお店だ(店舗数も今では『丸亀製麺』を遥かに超えている!)。そう言えば私が京都在住の頃に『CoCo壱』と同様に良く食べていた『中華そば天下一品/加古川店』も、私の後を追って来たかの様にして出来たお店の一つだが・・・。
 
CoCo壱番屋大人のスパイスカレーTHE Asiaのメニュー
そしてこちらが『CoCo壱』から新登場した”大人のスパイスカレー THE Asia”のメニューで、メニューに写っている写真を見るとカレー自体の味も替えているようだ。何れにしても、30年近くに及ぶ『CoCo壱』生活の中でこんな感じのカレーは食べた事が無いので、今回も取り敢えず食べてみる事に決定!!!
 
CoCo壱番屋大人のスパイスカレーTHE Asia
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”大人のスパイスカレー THE Asia”で、お値段は税込価格970円也。パッと見た感じは先にも書いた様に過去に登場した4種類の”大人のスパイスカレー”と比べても、どれとも違う色をしたカレーソースのようだ。ちなみに商品案内に寄ると”さわやかさと旨味、アジアが香るスパイスカレー。ココナツミルク使用”との事で、先に紹介したメニューにあったように、今回も混ぜてから食べるタイプのカレーらしい・・・。
 
CoCo壱番屋大人のスパイスカレーTHE Asia
そしてこちらは”大人のスパイスカレー THE Asia”にトッピングされていたエビで、何と無くタイ料理のトムヤムクンに入ってそうなピリ辛風の味付けになっているような色をしている。で、試しに先ずはこのエビだけを食べてみると、思った程の辛さでは無い物の確かにエスニック風味のエビだ
 
CoCo壱番屋大人のスパイスカレーTHE Asia
それはさて置き、この”大人のスパイスカレー”シリーズは最初にぐちゃぐちゃに混ぜてから食べるのがオススメの食べ方とメニューに書いてあったので、早速その通りに混ぜた後の”大人のスパイスカレー THE Asia”はこんな感じで、色も全体的に赤身がかっている事もあってかカレーじゃ無いようにも見える。実際食べてみても、何時もの”ココイチのカレー”っぽさは全く無く、これまた想像していた通りのエスニック風味満載で完全にカレーとは別物で何と無く好みの分かれる味のような・・・。嫌、もしかしたらタイのカレーってこんなのかな?と思ったがタイのカレーと言えばグリーンカレーが有名だった・・・。
 
てな事で、またまた行った毎度お馴染みの『CoCo壱』で今回は”大人のスパイスカレー”の第5弾?で登場した”大人のスパイスカレー THE Asia”を食べてみたのだが、今まで食べて来た”大人のスパイスカレー”とは全く異なるアジアンテイストと言うのかエスニックな味わいのカレーで、確かに今まで食べた事の無い味が中々楽しかったが、美味しいかどうかと言うと個人的には若干微妙・・・。きっと私はエスニック系よりも欧風っぽい方が好みに合っているのかも知れない・・・。

2019年12月10日

毎度お馴染みの”かつや”が2年ぶりに年末恒例の”お客様大還元祭”をやっていたのでカツカレーとかロースカツ定食を食べてみた!定番の味ながら中々ウマい!

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
例に寄って『かつや』の話題だけは早目にご紹介・・・(と言いつつ今回も既に一週間以上が経ってしまったが・・・)。毎回貰える”100円の割引券”や、最近は毎月登場するフェア丼に釣られて月に一回は必ず食べに行っている、とんかつ・カツ丼チェーンの『かつや』であるが、思い返せば彼是と20年前後に渡って利用している事もあって、最近は年末感謝祭の時か、フェア丼が登場した時しか食べに行く事も無くなって来た。が、昨年は年末感謝祭が無かったので少し寂しい気分になったのだが、今年はお客様感謝祭!!と言うタイトルに変わって?2年ぶりに開催(ちなみに2年前はお客様大還元祭!と言う名前だった)されたので久々に”カツカレー”を食べに行ってみた。
 
とんかつ・カツ丼チェーン かつや明石二見店
こちらがまたまた行って来た『とんかつ・カツ丼チェーン かつや/明石二見店』で、私が初めてこのお店を利用したのは1995年にJR明石大久保駅南側に巨大ショッピングセンターマイカル明石が誕生し、その中にマイカルシネマズ明石(現在はイオンシネマズ明石)に映画を観に行く行き帰りに偶に此処で食事をしたのがきっかけで、彼是と約20年前後に渡って利用している店舗でもある。
 
かつやお客様大還元祭!!
そしてこちらが『かつや』のお客様感謝祭!!のフェアメニューで、3日間かつ100万食限定ながら、”カツ丼(竹)”、”ソースカツ丼(竹)”、”ロースカツ定食”、”カツカレー(竹)”の4品が全て税別価格500円で販売されると言う内容・・・。ん?2年前まで開催されていた年末感謝祭では税込価格500円だったのに今回から税別500円になっている・・・。って事は実質50円のアップと言う事か・・・。それは兎も角として、例に寄って割引率?割引額?が一番大きいカツカレー(竹)”を食べてみる事に決定!!!
 
かつやお客様大還元祭カツカレー(竹)
で、間も無くして・・・と言うのかこの日は常時満席な位に賑わっている為か次々と”ロースカツ”を揚げているからか、『吉野家』以上の速攻で運ばれて来たのがこちらの”カツカレー(竹)”で、通常税込価格869円の処、今回はお客様感謝祭!!で税込価格550円也。個人的に”カツカレー(竹)”を食べるのは2年前のお客様大還元祭!の時以来なのだが、ご覧の様に何時の間にやら(確か今年の春頃にメニューがリニューアルされた時からかな?)ご飯の上に千切りキャベツが添えられているし、器も所謂カレー皿になっての提供だ。それはさて置き、先ずはカレールーから食べてみると、余り期待して無かった事や2年ぶりに食べたと言う事もあってか、私の記憶と違い?意外とコクがあって中々ウマい
 
かつやお客様大還元祭カツカレー(竹)ロースカツ120g
そしてこちらが”カツカレー(竹)”にトッピングされていた”120gのロースカツ”で、次々に揚げていると言う事もあってか何時もと同じく揚げ立て熱々で豚肉も柔らかく肉厚もあってこれまたウマい!最近はフェア丼で”80gのロースカツ”を食べる事が多かったが、こうやって久々に”120gのロースカツ”を食べると”80gのロースカツ”よりも美味しい気がする・・・。
 
かつやお客様大還元祭カツカレー(竹)かつやお客様大還元祭カツカレー(竹)
ちなみにこちらは”カツカレー(竹)”にトッピングされていた千切りキャベツと、福神漬けの代わりにご飯の横に添えたで”割干大根漬”で、千切りキャベツに最初はドレッシングをかけて食べようかと思ったのだが、何と無く”金沢カレー”風にも見えたので、カレーに絡めて食べるとこれが中々ウマい!”割干大根漬”の方は何時も通りで、雰囲気的には”カレーうどんカツ丼”を食べた時と同じような味わいながらこれまた美味しかった!
 
かつやお客様大還元祭ロースカツ定食
それはさて置き、このお客様感謝祭!!は”とってもお得な3日間!!”と言う事で、折角ならば・・・と言うのかこれまた例年の如く翌日にも食べたのがこちらの”ロースカツ定食”で、別途”とん汁(小)”とご飯が付いてお値段は通常税込価格759円の処、今回はお客様感謝祭!!で税込価格550円也。この日は混雑時間を避けて午後1時過ぎに食べに来たのだが、それでも常時満席状態で前日に食べた”カツカレー(竹)”と同じく速攻で運ばれて来たのだった!
 
かつやお客様大還元祭ロースカツ定食
そしてこちらが”ロースカツ定食”のメインである”120gのロースカツ”で、当然の如く前日に食べた”カツカレー(竹)”にトッピングされていた”ロースカツ”と同じく揚げ立て熱々でジューシーな豚肉のカツで、これにテーブル備え付けのソースをかけて食べるとシンプルな味わいながら中々ウマい
 
かつやお客様大還元祭ロースカツ定食
ちなみに”ロースカツ”の断面はこんな感じで、先にも書いたように最近良く食べていた”80gのロースカツ”と比べると肉厚があるようでジューシーさも上のような気もする・・・。そう言えば”カツカレー”は120gの竹バージョンと80gの梅バージョンが出来たが、”ロースカツ定食”だけは相変わらずこの”120gのロースカツ”だけで所謂梅バージョンは無いのが、若干不思議な気もする・・・。
 
かつやお客様大還元祭ロースカツ定食とん汁(小)
そしてこちらが”ロースカツ定食”に付いていた”とん汁(小)”で、前回食べたのは”生姜焼きとん汁定食”の時か”あったかとん汁とカキフライ定食”の時以来なのだが、”ロースカツ”同様にすっかりこのお店の味に毒されている事もあって中々ウマい!最近も『松屋』で”豚汁”を食べたのだが、具が若干違うし何と言ってもこちらには私の好きなジャガイモが入っているので、個人的にはこちらの”かつやのとん汁”の方が好きだ!
 
てな事で、毎度お馴染みの『かつや』が2年ぶりに年末感謝祭・・・と言うのかお客様感謝祭!!を開催していたので、”カツカレー(竹)”と”ロースカツ定食”を食べてみたのだが、特に”カツカレー(竹)”の方は久々に食べたからなのか、ご飯の脇に千切りキャベツが添えられていたからなのか、以前と比べると何と無く美味しくなっていたような気がする。それはさて置き、この後も、何と『らーめん幸楽苑』とコラボしたと言う”ラーメンコロッケロースカツ定食”を食べに行ってしまったのだが、その話も出来るだけ早く・・・。

2019年12月2日

毎度お馴染みの姫路山陽百貨店の”うまいもの大会”で東京新宿にある”curry shop C&C”の”ミンチカツカレー”を食べてみた!普通にウマいが期待した程では無い・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
そもそも私が大のラーメン好きになったのは、幼い頃に父に連れられて良く行っていた姫路山陽百貨店で開催されていた”北海道物産展”の会場で食べた事がきっかけだ。そんな事もあって、今現在でも毎年定期的に開催されている”北海道物産展”へ行ってラーメンを食べるのが楽しみの一つにもなっている。が、それとは別に姫路山陽百貨店では”日本列島絶品うまいもの大会”とか全国各地の物産展も開催されていて、偶に今まで食べた事の無いラーメン屋さんが登場するのでそれに釣られて食べに行っているのだが、9月の中旬頃に開催された”日本列島絶品うまいもの大会”では京都一乗寺にある『中華そば専門 珍遊』の”中華そば”を食べたのだが、同じ特設茶屋で『【新宿】curry shop C&C』と言うカレー屋さんが出店していたので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
新宿カレーショップ C&C CURRY SHOP特設茶屋新宿curryshopC&C特設茶屋
こちらが姫路山陽百貨店で開催されていた”日本列島絶品うまいもの大会”の会場の一角にあった『【新宿】curry shop C&C』(レストラン京王)の特設茶屋で、公式案内に寄ると”京王線 新宿駅構内に1968年にオープンしました。現在では全店を合わせ1 日におよそ1 万人のお客様にお召し上がりいただいております”との事。ちなみに特設茶屋の横に掲げてある垂れ幕には”京都初登場”と書いてあるが、これはきっと京都の何処かに出店した時に作った物を流用しているのだろう・・・。てか、その部分だけ上から”姫路”に替えるとか何とか出来なかったのだろうか・・・。
 
新宿curryshopC&C特設茶屋のメニュー新宿curryshopC&C特設茶屋のメニュー
そしてこちらが『【新宿】curry shop C&C』の特設茶屋のメニューで、東京のカレーと言えばポークカレーが定番だが、流石に関西のイベントに出店していると言う事もあってかビーフカレーも用意されている。で、どちらを食べようかと思案した結果、やっぱカレーはビーフだと思い、更にどうせ滅多に食べる事は無いと思い”ミンチカツカレー(ビーフ)”を食べる事に決定!!!
 
新宿curryshopC&Cミンチカツカレー
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ミンチカツカレー(ビーフ)”で、お値段は税込価格918円也。ご覧の通りカレーの上にミンチカツがトッピングされただけのメチャシンプルな内容だ。ちなみに商品説明に寄ると”1968年創業以来、世代を超えて愛され続けた美味しさの秘密。それは、じっくり、たっぷり煮込んだ玉ねぎの甘みと28種スパイスの辛味の絶妙なバランスから生まれる風味とコク”との事。それはさて置き、先ずはシンプルにカレーから食べてみると確かに欧風カレー風で普通に美味しいのだが、期待し過ぎたからなのかそれ以上の感動も無い・・・。はっきり言って山電高砂駅前にある『欧風カレー小夢(チャイム)』の方が圧倒的にウマい!(そう言えば『欧風カレー小夢』も高砂に来る前は新宿二丁目辺りで店を出していたとか言う噂話を聞いたような・・・)。
 
新宿curryshopC&Cミンチカツカレー
そしてこちらは”ミンチカツカレー(ビーフ)”にトッピングされていた”ミンチカツ”で、当然の如く揚げ立て熱々なのだがそれ自体の厚さが無いからか、ジューシーさは余りない。で、ミンチで使われている肉も豚肉なのか、これまた期待した程の美味しさでは無いような・・・。そう言えば数年前に東京へ行った時に空港内にあった『新宿アカシア』と言うレストランで”豚ミンチカツとロールキャベツシチュー”を食べた事があるが、それも期待した程では無かったので、やはり私には豚肉のミンチカツは好みに合って無いのかも・・・。
 
てな事で、またまた姫路山陽百貨店で開催されていた”日本列島絶品うまいもの大会”に行って、今回は『【新宿】curry shop C&C』の”ミンチカツカレー(ビーフ)”を食べてみたのだが、日本人なら誰もが大好きな?カレーと言う事もあって普通に美味しかったが、期待が高過ぎたからなのか期待した程の味では無かったかな。やはり関西人には関西人向けに作った味のカレーの方が美味しいのでは?と思ったのであった!

2019年11月18日

またまた行った”ラッキー食堂”で今回は”牛カツカレー”を食べてみた!加古川名物かつめしが自慢だけの事はあって牛カツは中々ウマいが肝心のカレーの味は・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 8:48 PM
 
代理人記録
 
最近、明姫幹線加古川安田交差点近くにあるマックスバリュ安田店ジョイフル加古川店がある商業エリアに行く事が多い。とは言え大抵の場合はマックスバリュかサンドラッグで買物をするだけだが、この日は珍しくランチタイムだったのでその周辺でランチを食べる事に・・・。で、少し前にも似たような事があってその時は直ぐ近くにある加古川名物かつめしがご自慢の『ラッキー食堂』に行って”エビかつめし”を食べたのだが、その時に隣に居たお客さんが食べていた”牛カツカレー”が美味しそうだったので、今回はその”牛カツカレー”食べるべくまたまた『ラッキー食堂』へ行ってみる事にした。
 
加古川名物かつめしラッキー食堂
こちらがまたまた行って来た加古川名物かつめしがご自慢の『ラッキー食堂』で、今回は前回食べに来てから一ヵ月半程しか経って無いが、その前はと言うとJA君とランチを食べに来た時なので、約9年ぶりの訪問なのだった。ちなみに以前にも書いたように、このお店は20年位前まで安田交差点角辺りにあった、若かりし頃はご主人様が一時期主戦場にしていたパチンコ屋に併設したプレハブ小屋のような店だったのだが、パチンコ屋閉店と同時にこちらに移転して来たお店だ。
 
ラッキー食堂牛カツカレー
で、この日も先客が多数いた事もあってか若干の待ち時間が経ってから漸く運ばれて来たのがこちらの”牛カツカレー”で、お値段は税込価格820円也。お店の看板商品である”牛かつめし”が1000円以上するので、それと比べると値段が安いのでもしかすると・・・と思っていた通りトッピングされている”牛かつ”はハーフサイズだ。それはさて置き、先ずは味の要となるカレーから食べてみると、欧風カレーっぽい雰囲気だがその中に素朴な味わいがあって何と無く家庭で作る欧風カレー?みたいな印象で、日本人なら誰もが好きなカレーなので普通に美味しいが特にそれ以上の物でも無い・・・。
 
ラッキー食堂牛カツカレー
そしてこちらが”牛カツカレー”にトッピングされていた”牛かつ”で、先にも書いたようにハーフサイズのようだがお肉自体は柔らかくて中々ウマい!偶に他のお店でビーフカツカレーを食べた時にも思うのだが、カレーのトッピング的にはトンカツの方が合っているような気がするがベースがビーフカレーな事もあって?偶にこの手のビーフカツカレーを食べるのも楽しいかも・・・。
 
ラッキー食堂牛カツカレー
ちなみに”牛カツカレー”にトッピングされていた”牛かつ”の断面はこんな感じで、完全に中心まで火は通ってはいるが、他のお店で食べる”かつめし”にトッピングされているビフカツ比べると結構な肉厚がある。気持ち的にはもう少しレアに揚げた状態で”ビフカツ定食”として食べてみたい気もする・・・。
 
てな事で、またまた行った『ラッキー食堂』で今回は”牛カツカレー”を食べてみたのだが、加古川名物かつめしが自慢の店と言う事もあってトッピングの”牛かつ”は中々美味しかったが肝心のカレーの味が若干私の好みの味とは違っていたような・・・。そう言えば意外と私はあちらこちらのお店でビーフカツカレーを食べているのだが、個人的にお気に入りのお店である『本家かつめし亭』で”ポークカツカレー”は食べたが”牛カツカレー”は未だ食べた事が無い・・・。値段が高いから躊躇しているのだが、やっぱ一度は食べてみないと・・・と言う気になって来た・・・。

2019年11月2日

毎度お馴染みのパチンコマルハンの中にある飯屋さんで週末感謝価格500円の”オムカツカレー”を食べてみた!偶に食べるカツカレーに玉子が乗っただけだが中々ウマい!

Filed under: カレー — 代理人 @ 8:50 PM
 
代理人記録
 
以前は”日本全国ご当地味めぐり”や”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”に釣られて結構な割合で食べに行っていたパチンコマルハン加古川店の中にある『ごはんどき』と言う飯屋さんであるが、最近は近くにあるミクちゃんガイアに行く方が増えた?ので全然食べに行って無かった。が、昨年末頃から”週末感謝価格”と言うキャンペーンが始まったので、それに釣られて”生姜焼き定食”とか”カツ丼”とか”カツカレー”等毎月の如く食べに行くようになったのだが、この日は今まで食べた事の無いオムカツカレー”が”週末感謝価格”の500円で販売されていたので、それに釣られて食べに入ってみた
 
パチンコマルハン ごはんどき加古川店
こちらがまたまた行って来たパチンコマルハン加古川店に併設されている『ごはんどき/加古川店』で、このお店でも定期的に期間限定のメニューが登場するのだが、『かつや』や『松屋』と違って食べてみたいと思うようなメニューが登場する事は少ない・・・。が、以前の”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”の時の様に、何処かとコラボしたメニューの時は結構楽しげな商品が登場するので、中々目が離せないのだ。
 
ごはんどきカレーフェアのメニュー
そしてこちらがこの時に開催されていたカレーフェアのメニューで、この日の週末感謝価格で販売されていたのはこの中の”オムカツカレー”で、限定20食ながら通常販売価格880円がこの日はワンコイン500円で販売されるとの事。何時もの如く通常価格ならば絶対に食べる事は無い気がするが、今回は500円だし、玉子焼き?オムレツ?がトッピングされたカレーを食べる事も滅多に無いので、取り敢えず食べてみる事に決定!!!
 
ごはんどきオムカツカレー
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”オムカツカレー”で、お値段は通常税込価格880円の処、今回は”週末感謝価格”で税込価格ワンコイン500円也。ご覧の通り”カツカレー”のライスとカツの間にオムライスで使うような玉子焼き?がトッピングされていて、その脇にはホウレン草が添えられている。”ちなみに偶にこの店で”カツカレー”を食べる時は例に寄って”週末感謝価格”の日に税込価格360円で食べるので、玉子焼き?とホウレン草のトッピング代は140円位と言う計算・・・。それが安いのかどうかは兎も角として、この内容でワンコイン500円なら文句は言えないかな
 
ごはんどきオムカツカレー
そしてこちらが”オムカツカレー”にトッピングされていたロースカツ”で、以前食べた”カレーうどんカツ御膳”とかこのお店定番の”カツ丼”や”カツカレー”で使われている何時もの”ロースカツ”で、偶にカウンター内のオープンキッチンを見ていると揚げ置きした物を注文が通る度に2度揚げしてるような感じで、当然の如く熱々で中々ウマい!流石に毎度お馴染みの”かつやのロースカツ”と比べると、あちらの方が美味しいとは思うが、これはこれで中々美味しい”ロースカツ”だった。
 
ごはんどきオムカツカレー
ちなみに”オムカツカレー”にトッピングされていた玉子焼き?あるいはオムレツ?で、ご覧の様にこちらは注文が通ってから焼き上げたようで、玉子の半熟感は抜群!味的には至って普通だが、これにカレーをかけてライスと一緒に食べると中々美味しかった
 
てな事で、毎度お馴染みのパチンコマルハン加古川店に併設されている飯屋『ごはんどき』で、週末感謝価格で通常価格880円がワンコイン500円の”オムカツカレー”を食べてみたのだが、内容的には大体イメージしていた通りで味的にも偶に食べる”カツカレー”と基本的には同じなので可も無く不可も無くと言う印象。雰囲気的には数年前に『おむらいす亭』で食べた”ポークカツの黒カレーおむらいす”に似ているような気はするが、やっぱ全体的にはあちらの方が数段上だった事だけは違い無い・・・。

2019年10月25日

加古川平岡明幹沿いにオープンした”から揚げ専門店から好し”で今度は”黒コクから揚げカレー”を食べてみた!から揚げは美味いが黒コクカレーは割と普通かな。

Filed under: カレー — 代理人 @ 7:58 AM
 
代理人記録
 
6月24日、明姫幹線中野交差点近くにオープンした『から揚げ専門店 から好し/加古川平岡店』は当然の如く?”から揚げ定食”がメインながらそれ以外にも色々と商品があり、オープン初日から7日間限定で尚且つ商品の種類も限定ながらOPEN記念特別価格で販売されていたので”から好し定食(ももから揚げ6個)”と”秘伝のタレ 甘とろダレ丼”を食べ、通常メニューの販売開始後は”九州産 桜姫鶏の親子丼”を食べたのだが、それ以外にも私の大好きなカレーメニューの”黒コクから揚げカレー”ってのもあったので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
から揚げ専門店 から好し加古川平岡店
こちらがまたまた行って来た『から揚げ専門店 から好し/加古川平岡店』で、お店がある場所は以前にも書いたように明姫幹線沿いに20年程前に『上海ドラゴン』と言うラーメン屋さんがあった場所(その後、もつ鍋のお店に何度もなっていたが1~2年前に閉店してからはずっと空き店舗だった)で、同じ敷地には今でも結構人気の『香住漁港 和平/加古川本店』がある。あるいは『くら寿司/加古川平岡店』から少しだけ東へ行った処・・・と言うのがもっとも判りやすいのかも知れない・・・。
 
からあげ専門店から好し黒コクから揚げカレーのメニュー
そしてこちらがグランドメニューの中にあった”黒コクから揚げカレー”のメニューで、写真を見ると商品名通り”黒コクカレー”に”ももから揚げ”を2個トッピングしただけのシンプルな内容のカレーのようで、これに似たカレーはJR宝殿駅近くにある『NICONICO CURRY/ニコニコカレー』に行くと半額近い350円で食べれるのだが、このお店のカレーの味がどんな物か気になったので今回はこの”黒コクから揚げカレー”を食べてみる事に決定!!!
 
からあげ専門店から好し黒コクから揚げカレー
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”欧風 黒コクから揚げカレー(ももから揚げ2個)”(ご飯大盛無料)で、別途”千切りキャベツ”が付いてお値段は税込価格691円也。カレーにキャベツと言えば直ぐに”金沢カレー”が頭に浮かぶのだが、”金沢カレー”の場合お皿の中にカレーと一緒に盛られていて、それをカレーに混ぜて食べるのがスタイルらしいのだが、このお店の場合は特に説明も書いて無いので普通にサラダ感覚で付いているような・・・。
 
からあげ専門店から好し黒コクから揚げカレー
そしてこちらがメインの”黒コクから揚げカレー”で、ご覧の通り”吉野家の黒カレー”とか”くら寿司のシャリ黒カレー”、あるいは”じゅうじゅうカルビの黒カレー”と同じような黒い色をしたカレーに”ももから揚げ”が2個トッピングされている。ちなみに商品説明によると”深いコクと香り豊かなオリジナルカレー”との事。で、先ずは”黒コクカレー”から食べてみると、色は黒いが割と普通の欧風カレー風で普通にウマいが、それ以上の味わいも無く何と無く牛丼チェーン店のカレーと大差無いような印象・・・。
 
からあげ専門店から好し黒コクから揚げカレー
続いて”黒コクから揚げカレー”にトッピングされていた”ももから揚げ”を食べてみると、当然の如く揚げ立て熱々かつ鶏肉もジューシーで中々ウマい!これまた初訪問時に食べた時ほどの味わいは感じ無かったが、お店の看板商品であるだけの美味しさはあったと思う・・・。
 
てな事で、遂に加古川にもオープンした『から揚げ専門店 から好し』にまたまた行って、グランドメニューの中から今回は”黒コクから揚げカレー”を食べてみたのだが、トッピングの”ももから揚げ”はお店の看板商品だけの事があって中々美味しかったが、肝心のカレーの味は期待していた半面?もあってか、何と無く牛丼チェーン店で食べるカレーと大差無いような味だったかな。それは兎も角として、この日行ったら帰りに100円割引券を貰ったので、それに釣られてこの後も何度も食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

2019年10月19日

毎度お馴染みの”松屋”でマイカリー食堂のバターチキンカレーをアレンジした”ごろごろチキンのバターチキンカレー”を食べてみた!松屋のカレーの中で一番かも?

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:58 PM
 
代理人記録
 
西暦が2000年に替わったばかりの一時期、連日の如く大阪天満界隈にある某事務所へ行っていた頃に、ランチを食べに天神橋商店街の中にある牛丼チェーンの『松屋』を偶に利用していた。その頃は未だ”牛めし”とか”カレー”等のメニューが中心で、今みたいに定食メニューは余り無かった様な気がするのだが、今では牛丼チェーン店と言うよりはどちらかと言うと定食チェーン店?と呼んでもおかしく無い程にメニューが増えている。そんな事もあって最近は『松屋』に行っても定食を食べる事が多いのだが、今回は”松屋フーズのカレー専門店「マイカリー食堂」の人気メニュー「バターチキンカレー」を松屋流にアレンジ”したと言う”ごろごろチキンバターチキンカレー”ってのが新登場したのでそれに釣られて食べてみた。
 
松屋加古川平岡町店
こちらがまたまた行って来た、牛めし(牛丼)、カレー、定食、その他丼物でおなじみの『松屋/加古川平岡町店』で、最近は偶に『加古川野口町店』の方も利用するようになったのだが、あちらはパチンコ店に併設されている事もあってカウンター席がメインなのに対して、こちらのお店は所謂ロードサイド店でファミリー客を意識してかテーブル席が多い。が、意外と私が行く時はカウンター席が埋まっているが、テーブル席が空いている場合が多いので、毎回ゆったりと食事を楽しむ為にテーブル席を利用する。ちなみにこの界隈で一番先に誕生した『播磨町店』はその前にあったラーメン店を改装したので、他店と比べると群を抜いて店内が広い・・・。
 
松屋ごろごろチキンのバターチキンカレーのメニュー
そしてこちらが『松屋』から期間限定で登場した”ごろごろチキンバターチキンカレー”のメニューで、公式案内によると”一部店舗にて限定販売していた「最高すぎる」「めちゃくちゃ美味い」「近所の松屋ではやってなくて悲しい」松屋ファン絶賛のカレー新商品が、お客様の強いご要望を受け全国店舗で販売開始”との事。個人的にも一部店舗で販売開始された時から一度食べてみたいと思っていた期待の商品なので、今回も迷う事無く食べてみる事に決定!!!
 
松屋ごろごろチキンのバターチキンカレー
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ごろごろチキンバターチキンカレー”で、別途、ライス・みそ汁が付いて、お値段は税込価格650円也。最近良く食べている期間限定で登場する定食には”発売日から2週間ライス大盛無料サービス”をやっている場合が多いのだが、何故かカレーの場合はそう言ったサービスは無く今回も当然無い・・・。カレーの時こそライスの大盛が一番必要?だと個人的には思うのだが・・・。
 
松屋ごろごろチキンのバターチキンカレー
そしてこちらがメインの”ごろごろチキンバターチキンカレー”で、パッと見た感じは毎シーズン登場する度に食べているごろごろ煮込みチキンカレー”に似ているが、カレーの色が何と無くインドカレーっぽい印象だ。ちなみに商品説明に寄ると”松屋フーズのカレー専門店「マイカリー食堂」の人気メニュー「バターチキンカレー」を松屋流にアレンジした「ごろごろチキンのバターチキンカレー」は、コクがありマイルドな口当たりで、風味豊かなバターの香りとトマトの旨味が広がるご飯がすすむ逸品”との事。で、早速この”ごろごろチキンバターチキンカレー”を食べてみると、確かに何時もの”松屋のカレー”の味と違ってマイルドな口当りがあって中々ウマい!個人的にも結構好きな味のカレーだ!
 
松屋ごろごろチキンのバターチキンカレー
ちなみにこちらは”ごろごろチキンバターチキンカレーに入っていた文字通りの”ごろごろチキン”で、当然の如く何時もの”ごろごろ煮込みチキンカレー”や、その派生版の”ごろごろチキントマトカレー”とか”ごろごろチキンてりたま丼”と基本的には全く同じで、何と無くであるが少し前に食べた”ケイジャンチキン定食”とか”和風タルタルチキン定食”で使われていた鶏肉も雰囲気的にこの”ごろごろチキン”と同じだ。そんな事もあって特にそれ以上の感動は無いが、結構大き目サイズのプリッとした鶏肉で何時も通り中々美味しかった
 
松屋ごろごろチキンのバターチキンカレーのみそ汁
最後に・・・、こちらは”ごろごろチキンバターチキンカレー”に付いていた”みそ汁”で、何時もの如く『松屋』定番の”天然だしを利かせた無添加だしの、あと味豊かなみそ汁”で、最近は月に一回以上?飲んでいる事もあって可も無く不可も無くであった・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの牛丼チェーン『松屋』で今回は”松屋フーズのカレー専門店「マイカリー食堂」の人気メニュー「バターチキンカレー」を松屋流にアレンジ”したと言う”ごろごろチキンバターチキンカレー”を食べてみたのだが、確かに何時もの”松屋のカレー”とは違ったコクとマイルドな味わいがあって中々美味しかった!個人的には”バターチキンカレー”を全てこのカレーの味にしてもエエような・・・、てかそう言う意味では松屋フーズのカレー専門店「マイカリー食堂」にも一度食べに行ってみたい気がするが、残念ながら関西に店舗が無さそうだ・・・

2019年10月9日

毎度お馴染みの”CoCo壱番屋”で今年も登場した”大人のスパイスカレーTHEチキベジ”を食べてみた!昨年同様チキンと夏野菜がたっぷりなスパイシーカレーで中々ウマい!

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:00 PM
 
代理人記録
 
時々書いている様に20数年前の私が京都に住んでいた頃に、店内に置いてあった週刊の漫画雑誌を愛読?する為、約3年間に渡って毎週の如く『CoCo壱番屋』に食べに行っていた事もあり、私の好きな肉系のトッピングのカレーはほぼ全て制覇した!で、こちらに戻って来た時は流石に余り食べに行く事は無くなっていたが、偶に登場する様になった”月刊ココイチメニュー”とか”夜ココメニュー”に釣られてまたまた食べに行く様になっていた。
 
が、最近はこれと言って食べてみたいカレーも登場しなくなったし、以前に登場した物ばかりになってしまったので、またまた食べに行く機会は減った・・・。が、最近は久々に新メニューがどんどん登場して来たので、それに釣られて何度か食べに行ったのだが、昨年(2018年)から”大人のスパイスカレー”シリーズってのが始まって、”大人のスパイスカレーTHEポーク”とか”大人のスパイスカレー THEチキベジ”とか”大人のスパイスカレー THE骨付チキン”とか”大人のスパイスカレー THEローストチキン”を食べたのだが、その中の”大人のスパイスカレー THEチキベジ”が今年も登場したのでそれに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
カレーハウス CoCo壱番屋高砂北インター店
こちらがまたまた行って来た『カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店』で、このお店も『加古川平岡店』と同様に私が京都に住んでいた頃には未だ存在して無かったのだが、私が帰郷して間も無くの頃、まるで飛梅かの如く後を追い掛けて来て誕生したお店だ(私の京都在住当時は、未だ名古屋を中心としたエリアにしか店舗は無かったが、その後全国進出を果たし店舗数も今では『丸亀製麺』を遥かに超えている!)。そう言えば私が京都在住の頃に『CoCo壱』と同様に良く食べていた『中華そば天下一品/加古川店』も、私の後を追って来たかの様にして出来たお店の一つだ・・・。
 
CoCo壱番屋大人のスパイスカレーTHEチキベジのメニュー
そしてこちらが『CoCo壱番屋』から期間限定で今年も登場した”大人のスパイスカレー THEチキベジ”のメニューで、個人的にはその後に登場した”大人のスパイスカレー THE骨付チキン”の方が見た目も内容的にも圧倒的に好きなのだが、取り敢えず夏定番の”チキンと夏野菜カレー”と同様にこれも季節恒例行事の一環と思い今年も食べてみる事に決定!!!
 
CoCo壱番屋大人のスパイスカレーTHEチキベジ
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”大人のスパイスカレー THEチキベジ”で、お値段は税込価格952円也。パッと見た感じは昨年食べた時と全く同じ・・・と思ったのだが、帰って来てから昨年食べた”大人のスパイスカレー THEチキベジ”の写真を見るとピンク色した玉葱のピクルスは昨年入って無かったようだ。どうやらピンク色のタマネギピクルスは今年登場した”大人のスパイスカレー THEローストチキン”で初めて目にしたようだ。ちなみに商品説明に寄ると”にんにくとトマトの旨みが効いたスパイスカレー”で、内容的には昨年と全く同じだ
 
CoCo壱番屋大人のスパイスカレーTHEチキベジ
それはさて置き、昨年食べた時はメニューをちゃんと見て無かったからか、あるいは何処にも書いて無かったかでそのまま食べたのだが、今回はメニューに載っていた”おすすめの食べ方”に従って先ず最初にグチャグチャに混ぜた”大人のスパイスカレー THEチキベジ”がこちらで、この後早速食べてみると確かにスパイシーで中々美味しいのだが、昨年食べた時と同じく”ココイチ定番のポークカレー”の方が美味しいかも?と言う思いは残ったかな。
 
てな事で、毎度お馴染みの『CoCo壱番屋』から今年も登場した”大人のスパイスカレー THEチキベジ”を食べてみたのだが、基本的には昨年食べた時と多分全く同じ味であるが、その名の如く最近流行り?の少しスパイシーなカレーでこれはこれで中々美味しかった!とは言え、内容的に若干物足りなさがあったので、ぜひ今度は”大人のスパイスカレー THE骨付チキン”か”大人のスパイスカレー THEローストチキン”が食べたいと思っていたら、遂最近新商品で”大人のスパイスカレー THE Asia”ってのが登場したので、それも食べに行ったのだがその話はまた後日・・・。
次のページ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.