義史のB型ワールド

2020年5月28日

毎度お馴染みの”スシロー”が”三貫盛り祭”をやっていたので”本鮪三貫盛り”とか”鹿児島産ふわとろうなぎ”とか”いかすみまぜそば”を食べてみた!どれも中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:46 PM
 
代理人記録
 
相変わらず月に何度か何処かの回転寿司チェーン店へ食べに行っているのだが、牛丼チェーン店やラーメン屋さんの話と違い食べた商品の写真の数が多い・・・。そんな事もあって回転寿司チェーン店の話題を敢えて後回しにしていたら、どんどんと溜まって来たので、取り敢えず幾つか回転寿司チェーン店へ食べに行った話の中からまたまた『スシロー』のお話・・・。
 
スシロー/加古川野口店
こちらがまたまた行って来た『あきんど スシロー/加古川野口店』で、最近は『高砂店』の方へ行く方が多かったのだがこの日は例の如く?加古川方面に来ていたのでまたまたこちらのお店に来てみたのだった。で、この日もランチタイムには少し早目の午前11時過ぎ頃の訪問だったので未だ店内には空席が沢山あったので、今回もゆっくりと食事をしようとテーブル席を利用する事に・・・。
 
スシロースシロー名物三貫盛り祭フェアメニュースシローー匠の皿のメニュー
そしてこちらが『スシロー』でこの時に開催されていた”スシロー名物 三貫盛り祭”のフェアメニューと、最近恒例となっている”スシロー匠の一皿”のメニューで、それぞれの中から取り敢えず私の大好きな大とろ”が入った”本鮪三貫盛り”を第一に、後は”匠の創作ぶり大根 春菊ソース添え”と”フレンチポークカツにぎり”を食べてみる事に決定!!!
 
スシロースシロー名物三貫盛り祭本鮪三貫盛り
で、先ず最初に廻って来たのがこちらの”本鮪三貫盛り”で、お値段は税別価格300円也。三貫盛りなので”大とろ中とろ赤身”だとは想像が付くが雰囲気的には”大とろ”一貫に”赤身”二貫みたいな内容だ。ちなみに商品説明に寄ると”大型で脂のりの良い本鮪だけを厳選し、甘みのある脂を思う存分堪能できる「大とろ」、脂の甘みと赤身の旨みのバランスが良い「中とろ」、まぐろ本来の濃厚な味わいを楽しめる「赤身」がセットになった商品”との事。個人的には”中とろ”と”赤身”はそれなりだが”大とろ”は一貫300円で食べる時と何ら遜色の無い美味しさだった
 
スシロー匠の創作ぶり大根 春菊ソース添え
そしてその次に廻って来たのが”スシロー匠の一皿”のメニューの中にあったこちらの”匠の創作ぶり大根 春菊ソース添え”で、お値段は税込価格150円也。個人的に”ぶりの握り”を自ら好んで頼む事は無いが、何と無く洋風テイストなネーミングに釣られて思わず注文したのだった。ちなみに商品説明に寄ると”ぶりを店内で皮引き・切り付けし、特製のタレに漬け込んだのち、さらに炙ることで味を一体化させ、仕上げた一品。大根はぶりと相性を良くするために薄味で焚き上げ、さらに春菊のソースを合わせた独創的な商品”との事。この上に乗った大根と春菊のソースが何とも言えない絶妙な味わいで、とても”ぶりの握り”を食べているような感じはで無く意外とメチャ美味しかった!
 
スシローフレンチポークカツにぎり
そしてこちらも”スシロー匠の一皿”のメニューの中にあった”フレンチポークカツにぎり”で、お値段は税別価格300円也。2貫の値段とは言え豚肉の寿司ではちょっと高いような気がしないでは無い。ちなみに商品説明に寄ると”丁寧に下ごしらえをしたやわらかい豚バラ肉を使用し、匠オリジナルのトマトソースとフランスの地方料理であるリエットをビーフで作り上げたソースの、2種類の味を楽しめる一皿”との事。正に雰囲気的には一口カツ状態ではあるが、上に乗ったソースがトンカツソースとは違う味わいがあって、何と無くプチソースカツ丼ぽく意外とウマかったかな・・・。
 
スシロースシロー名物三貫盛り祭鹿児島県産ふわとろうなぎ
そんなこんなで”スシロー名物 三貫盛り祭”と”スシロー匠の一皿”のメニューの中から3皿程食べた後、タッチパネルを弄っていて思わず注文したのがこちらの”鹿児島県産ふわとろうなぎ”で、お値段は税別価格300円也。以前に”宮崎県産地焼きうなぎ”を食べようとしたら、”本日のおすすめ”には記載があるのにタッチパネルの中には無く食べれ無かった悔しさもあって、今回は速攻で注文したのだった。で、ご覧の様に一貫で300円と言う事もあって結構な肉厚と大きさで、これに甘だれを付けて食べると中々ウマい!偶にライバルチェーンの『くら寿司』や『はま寿司』でも”炙りうなぎ”等を食べる事があるが、それらと比べても何ら遜色の無い美味さだ!
 
スシロースシロー名物三貫盛り祭う巻きにぎり
そしてもう一つ、こちらもタッチパネルを見て思わず注文した”う巻きにぎり”で、お値段は税別価格150円也。個人的には結構”う巻き”も好きで鰻料理専門店へ行った時は当然の如く、メチャお気に入りの『京懐石 輝髙』でも食べる程なのでこちらも思わず注文してしまったのだった。で、流石にこちらは焼き立て熱々と言う訳では無いが、大体想像していた通りで普通にウマかった
 
スシロー本格いかすみまぜそばのメニュースシロー本格いかすみまぜそばのメニュー
それはさて置き、最近『スシロー』に来た時は〆で”すしやのラーメンシリーズ”とか”期間限定のうどん”とか食べているのだが、この時の期間限定の麺商品を見ると”すし屋まぜそばシリーズ”の新商品で”本格いかすみまぜそば”との事。個人的に”イカの塩辛”は苦手だが”イカスミ”は昔イタリアンのお店で”イカスミスパゲティ”を食べて以来大好きになったので、今回も迷う事無く食べてみる事に決定!!!
 
スシロー本格いかすみまぜそば
で、間も無くして廻って来たのがこちらの”本格いかすみまぜそば”で、お値段は税別価格380円也。ご覧の通り”まぜそば”なのでパッと見た感じは以前食べた”新味!ぶりブラックラーメン”のような真っ黒感は無い。ちなみに商品説明に寄ると”魚介の旨みたっぷりの本格まぜそばが登場! 2種類の魚介に野菜の旨みを加えたこだわりの本格ソース。店内で揚げたぷりっぷりのいかリングと一緒にお楽しみください!”との事。トッピングの”いかリング”はエエのだけど、ブロッコリーはこんなにようけ要らんような・・・。
 
スシロー本格いかすみまぜそば
それはさて置き、早速この”本格いかすみまぜそば”の麺とソースをグチャグチャに掻き混ぜて食べてみると、”いかすみ”の旨みとコクがあり、更に見た目でイメージする魚の癖のような風味一切無くどちらかと言うと甘い感じでメチャ美味い!個人的な好みで言うと”まぜそば”では無くこれをスープにして”イカ墨のブラックラーメン”で食べたかった気がする・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『スシロー』で、”スシロー名物 三貫盛り祭”の中から”本鮪三貫盛り”、”匠の一皿プロジェクト第8弾”(最近何弾目か判らんようになって来たが・・・)の中から”匠の創作ぶり大根 春菊ソース添え”等、更には”鹿児島県産ふわとろうなぎ”とか”本格いかすみまぜそば”を食べてみたのだが、この日も基本的に私が食べたいと思った料理を選んだ事もあってどれもメチャウマかった!そしてこの後も、次々に開催されるフェアと”匠の一皿プロジェクト”に釣られて『スシロー』行脚が続くのだが、その話はまた後日・・・。

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。