義史のB型ワールド

2020年4月20日

毎度お馴染みの”はま寿司”で”横浜家系ラーメン”のにんにくのせを食べに行ったら既に販売終了していたのいで”本鮪炙り中とろ”とか”鴨そば”だけを食べた。外に幟を立てるな!

Filed under: — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
相変わらず月に何度か何処かの回転寿司チェーン店へ食べに行っているのだが、牛丼チェーン店やラーメン屋さんの話と違い食べた商品の写真の数が多い・・・。そんな事もあって回転寿司チェーン店の話題を敢えて後回しにしていたら、どんどんと溜まって来たので、取り敢えず幾つか回転寿司チェーン店へ食べに行った話の中から久々に『はま寿司』のお話・・・。
 
はま寿司加古川平岡店
こちらがまたまた行って来た『すき家』の親会社で有名なゼンショーグループ系列の『回転寿司チェーン はま寿司/加古川平岡店』で、この日もランチタイムには少し早目の訪問時間で店内が未だ空いていたのと、この店では店員さんでは無くペッパー君が出迎えてくれて席の希望を好きなように選べるので、今回もゆったりと食事が出来るテーブル席を利用する事に・・・(ちなみに今年になってからはライバルチェーン店の『スシロー』や『くら寿司』へ行っても必ずテーブル席を利用する事にしている・・・)。
 
それはさて置き、この日は”お客様のご要望にお応えして復活!”した”横浜家系ラーメン”の新バージョン”にんにくのせ”を食べようと思ってお店に入ったのだが、何と既に販売終了したとの事・・・。てか、お店の外にはしっかりと”横浜家系ラーメン”の幟が何本も立ててあったんだけどなあ・・・。店長呼んで文句言おうかと思ったが、無い物は無いと言われるだけだし・・・。そんな事もあって一気にテンション降下・・・。後はその場の流れで適当に何皿か食べて帰る事に・・・。
 
はま寿司年のはじめの本鮪祭り本鮪炙り中とろ
で、先ず最初に運ばれて来たのが、この時も未だ続いていた”年のはじめの本鮪祭り”の中にあったこちらの”本鮪炙り中とろ”(贅沢一貫)で、お値段は税抜価格150円也。ご覧の通り炙ってあるので脂のノリは見ただけでは判らないが、それなりに蕩けるような食感で、これはこれで中々ウマかった
 
はま寿司年のはじめの本鮪祭り帯広豚丼風握り(マヨ)
そしてその次に廻って来たのが、”はま寿司肉にぎり研究所 第4弾”の中にあったこちらの”帯広豚丼風握り(マヨ)”(贅沢一貫)で、お値段はこちらも税抜価格150円也。前回訪問時に食べた”帯広 豚丼風握り”のマヨネーズバージョンで、これって”帯広豚丼風”なの?と思わないでも無いが、こちらもそれなりにウマかった
 
はま寿司年のはじめの本鮪祭り鴨そば
そんなこんなで先ずは寿司を二皿ほど食べたのだが、次回のフェアの開催直前と言う事もあって目ぼしい寿司の大半は既に販売終了状態・・・。どうした物かと思案した結果、そう言えば『はま寿司』でラーメンうどんは良く食べるがそばは食べた事が無いような気がしたので、取り敢えず注文したのがこちらの”鴨そば”で、お値段は税別価格260円也。ご覧の通り”かけそば”に鴨肉をトッピングしただけのシンプルな内容だが、鴨肉の煮汁?が出汁の中に混ざってか中々ウマい!値段を考えると”なか卯の鴨そば”よりもお得かも・・・。
 
はま寿司年のはじめの本鮪祭り鴨そば
ちなみに”鴨そば”の麺はこんな感じで、数は少ないが蕎麦殻が入っているのか所々に黒い点が見える。ま、茹で加減に関しては若干ゆるゆるな印象なので、期待した程では無かったが全体的には中々美味しい鴨そば”であった!
 
てな事で、毎度お馴染みの『はま寿司』から復活登場した”横浜家系ラーメン”のニューバージョンの”にんにくのせ”を食べようと思って入店したら、既に販売終了していたので一気にテンションが下降して、結局寿司二皿と”鴨そば”を食べただけで帰って来たのだが、味的にはそれなりにウマかったとは思うが気分がどん底だったので全体的な印象は悪い・・・。てか、そもそも販売終了ならば表に”横浜家系ラーメン”の幟を立てるよな!!!!!と私は言いたい!!!!

WordPress.com Blog.