義史のB型ワールド

2020年4月9日

ロッテリア高砂店跡地にできた”大衆酒場はるひ”で冬のランチメニューの”鍋焼きうどん”を食べてみた!オーソドックスな内容ながら普通にウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
サンモール高砂にあったロッテリアの店舗跡地に2019年3月11日に本オープンした『ちょい呑み 大衆酒場 はるひ』は山電高砂駅から直ぐ近く?と言う事もあって、偶に宴会の後の二次会とか昼飯に困った時?等で数か月に一回位の割合で利用してる。で、この日も昼にちょっとしたイベントがあったので、その序でにまたまたランチを食べに行ってみた。
 
海と大地の味を楽しむ大衆酒場 はるひ高砂店
こちらがまたまた行って来たランチ営業中の『ちょい呑み 大衆酒場 はるひ』で、以前にも書いた様にサンモール高砂病院棟?の駐車場の一角にある『播州海鮮・炉端碇いかり屋』の姉妹店らしいが、あちらのお店はその名のとおり海鮮魚介系を得意にした和食屋さん風だが、こちらの店舗は肉系を中心に色んなジャンルの料理を提供する居酒屋さん風になっている。
 
大衆酒場はるひ冬のランチメニュー
それはさて置き、この時の”日替り定食”は余り私の好みの料理では無かったので、どうした物かと思案していたらこのような”冬のランチメニュー”なる物を発見!とは言え”ビーフカレー”と”国産牛使用かつめし”は以前食べた事があるので、それは面白味に欠ける・・・と思い今回はシンプルに先頭にあった”鍋焼きうどん”を食べてみる事に決定!!!
 
大衆酒場はるひ鍋焼きうどん
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鍋焼きうどん”で、お値段は税込価格968円也。若干値段が高い気はしたが、うどん専門店である『お食事処 喜両由』の”鍋焼きうどん”も通常税込価格は950円だったので、これが”鍋焼きうどん”の値段の相場なのかも知れない・・・。それはさて置き、早速この”鍋焼きうどん”を食べてみると、麺は業務用の讃岐麺っぽいがあっさりした関西風お出汁に浸かってシンプルながら普通にウマい!トッピングの海老の天ぷら揚げ立て熱々で衣もサクサクとしていてこれまたウマかった
 
大衆酒場はるひ鍋焼きうどん
ちなみに先に紹介した”鍋焼きうどん”は”海老天うどん”にしか見えないが、出汁の中にはこのような”鍋焼きうどん”の定番とも言える玉子、穴子、鶏肉等もしっかりと入っていて、一つ一つに大きなインパクトは無いが出汁とマッチしてこれまた美味しかった
 
てな事で、またまた行った『大衆酒場 はるひ』で今回は”冬のランチメニュー”の”鍋焼きうどん”を食べてみたのだが、内容的にはメチャオーソドックスではあったが、これはこれで中々美味しかった!とは言えブログネタ的には少し前に加古川駅前にあるにゅうめん処小坂』で食べた”エビ天とじ鍋焼にゅうめん”のセットの方が色んな料理も付いていて面白味があった気がする・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.