義史のB型ワールド

2020年3月27日

毎度お馴染みの”スシロー”で新年早々に”生本まぐろ大とろ”とか”匠の本格えびマヨ”とか”すりながしカレーうどん”等を食べてみた!やっぱ大とろが一番ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:46 PM
 
代理人記録
 
相変わらず月に何度か何処かの回転寿司チェーン店へ食べに行っているのだが、牛丼チェーン店やラーメン屋さんの話と違い食べた商品の写真の数が多い・・・。そんな事もあって回転寿司チェーン店の話題を敢えて後回しにしていたら、どんどんと溜まって来たので、取り敢えず幾つか回転寿司チェーン店へ食べに行った話の中からまたまた『スシロー』のお話・・・。
 
スシロー高砂店
こちらがまたまた行って来た『あきんど スシロー/高砂店』で、偶に利用する『加古川野口店』はお店が開店する午前11時前には店前に既に行列が出来ている場合が多いが、流石にこちらの『高砂店』は開店前から行列が出来ていると言う程では無いが(土日は敢えて避けているので、土日の様子は知らないが・・・)、それでも何時もの様に正午前後からはお店入って直ぐのロビーには空席待ちの客で溢れているようだ。
 
スシローてんこ盛り祭本日のおすすめ
そしてこちらが店内に置いてあった”本日のおすすめ”(ちなみにこの時は”てんこ盛り祭”開催中!)のメニューで、一番気になったのは”かにの豪華盛り”ではあったが、雰囲気的に以前食べた”かにの豪華6貫盛り”と同じような気がしたので、先ずは取り敢えず”イチオシ!”と書かれた”生本まぐろ大とろ”と”生本まぐろ2貫盛り”、それに”ローストビーフマウンテン”を食べてみる事に決定!!!
 
スシローてんこ盛り祭生本まぐろ大とろ
で、先ず最初に廻って来たのが”本日のおすすめ”メニューの中にあったこちらの”生本まぐろ大とろ”で、お値段は1皿1貫で税別価格300円也。ご覧の通り私の大好きな脂感満載の色艶をしている。ちなみに商品説明に寄ると”「生」「本鮪」「大とろ」これ以上ない贅沢な一皿をスシロー価格で”との事。当然の如く少し前の”歳末100円まつり第一弾”で食べた”100円の大とろ”と比べると、脂のノリや食感は雲泥の差で期待通りメチャ美味しかった
 
スシローてんこ盛り祭生本まぐろ2貫盛り
そして”生本まぐろ大とろ”とほぼ同じタイミングで廻って来たのがこちらの”生本まぐろ2貫盛り”で、お値段は税別価格300円也。普段は滅多に自ら注文する事の無い鮪の赤身であるが、今回は生の本鮪と言う事で思わず注文したのだった!ちなみに商品説明に寄ると”「生」ならではのもっちり感と濃厚な旨みは別格”との事。で、確かに偶に食べる鮪の赤身と比べると身が何と無く柔らかで、これまたこちらも中々ウマかった
 
スシローてんこ盛り祭ローストビーフマウンテン
それはさて置き、続いて運ばれて来たのが”本日のおすすめ”の中にあったこちらの”ローストビーフマウンテン”で、お値段は税別価格300円也。”ローストビーフの寿司”は以前から何度か食べているが、今回はマウンテンと言う事でこれまた思わず注文してしまったのだった!ちなみに商品説明に寄ると”贅沢感たっぷりのローストビーフを山のように重ね、ローストビーフと相性のいいグレービーソースで味付けしました。香り高い山わさびをアクセントとしてお召し上がりください”との事。肉的には何と無く細切れで以前食べた”ローストビーフまぜそば”にトッピングされてた物に似ているが、確かにシャリの上にたっぷりと乗っていて、グルービーソースを絡めて食べるとこれまたメチャウマかった
 
スシロー匠の皿メニュー
そんなこんなで、”本日のおすすめ”の中から3皿程食べた後、最近恒例となっている”スシロー匠の皿”シリーズ第六弾メニューを見てみると、今回は”「賛否両論」の笠原氏が考案した「生たこ梅きゅう」「すりながしカレーうどん」と「中国菜エスサワダ」の澤田氏が考案した「匠の本格えびマヨ」”との事。他にも再登場の”よだれ鶏にぎり”があったのだが、それは以前に食べているので今回は新作の3皿のみを食べてみる事に決定!!!
 
スシローてんこ盛り祭生たこ梅きゅう
で、先ず最初に廻って来たのがこちらの”生たこ梅きゅう”で、お値段は税抜価格150円也。ご覧の通り”生たこの握り”にキュウリを乗せその上に梅肉と大葉をトッピングしたシンプルな寿司だ。ちなみに商品説明に寄ると”生たこに、紀州南高梅にかつお節と煮きり酒を合わせた梅肉、塩もみした食感の良いきゅうり、刻み大葉が絶妙にマッチする上品な創作すしに仕上がっている”との事。イメージしていた”たこ酢”と材料は同じだが、当然酢の味は無く酢味噌っぽい味わいの梅肉風味で、意外とこちらもウマかった!
 
スシローてんこ盛り祭匠の本格えびマヨ
そしてその次に廻って来たのがこちらの”匠の本格えびマヨ”で、お値段は税抜価格300円也。ご覧の通り見た目は”中華料理店で食べる海老マヨ”そのまんまだ。ちなみに商品説明に寄ると”マヨソースに生クリームを合わせて仕上げた、濃厚でクリーミーな特製マヨソースを使用した商品。揚げたてのえび天との相性は抜群で優しい酸味とコクのある甘味と、えびの食感を楽しめる”との事。こちらは言うまでも無く?多分誰もが好きな海老とマヨネーズの味で、メチャ美味しかった
 
スシローてんこ盛り祭8種の野菜と果物 すりながしカレーうどん
そして最後に廻って来たのがこちらの”8種の野菜と果物 すりながしカレーうどん”で、お値段は税抜価格350円也。偶に食べる出汁に浸かった”カレーうどん”とは違い、出汁は少な目で”ぶっかけうどん”っぽい雰囲気だ。ちなみに商品説明に寄ると”和食の技法である「すりながし」を応用し、かつお出汁に8種の野菜と果物をたっぷり溶け込ませた一品。心も体も温まる口当たり優しい特製のカレーうどんは、野菜の旨味をしっかりと味わうことができる”との事。で、早速カレーとうどんを混ぜ合わせて食べてみると、何年か前に食べた”絶品カレーうどん”とは違う割と本格的なカレーで、出汁感は控え目だがこれまた中々ウマかった
 
スシローてんこ盛り祭8種の野菜と果物 すりながしカレーうどん
ちなみに”8種の野菜と果物 すりながしカレーうどん”の麺はこんな感じで、以前は”松茸と牛肉のおうどん”とか”ぶっかけカレーうどん”等、『スシロー』でも結構うどんを食べていたのだが、最近は余り食べて無かった。が、年末に来たときに”冬のあったか豚汁うどん”を食べたので、何故か連続で食べた事に・・・。それはさて置き、その時にも書いたように内容的には至ってシンプルな麺だった・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『スシロー』で今回は”本日のおすすめ”メニューの中から3皿と”匠の一皿プロジェクト第6弾”メニューの中から3皿を食べてみたのだが、一番最初に食べた”生本まぐろ大とろ”は当然の如くとしてその他の寿司や一品物も含めてどれも中々ウマかった!それはさて置き、最近の『スシロー』は次々と新商品が登場するので、それに釣られて月に2回位食べに行くようになってしまった・・・。てか、最近、牛丼チェーン店と回転寿司チェーン店にしか行って無いような気もして来たが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.