義史のB型ワールド

2020年3月24日

毎度お馴染みの”吉野家”から一号店の築地店限定で提供していた”ねぎだく牛丼”が全店で販売開始になったので食べてみた!玉ねぎのシャキシャキ感が中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:48 PM
 
代理人記録
 
毎月JAFから送られて来る会報誌に同封されているチラシに割引券が付いているので、月に一回は必ず食べに行っている牛丼チェーン店『吉野家』であるが、2020年の新年早々に”吉野家一号店「吉野家 築地店」限定で提供していた『ねぎだく牛丼』”が全国の店舗でも販売開始になったので、それに釣られて食べに行ってみた。
 
吉野家加古川駅北口店
こちらがまたまた行って来たJR加古川駅の北口を出た真正面辺りにある『吉野家/加古川駅北口店』で、このお店が誕生してから既に9年位経つが、開店した当初は比較的空いていた様な気がするが、最近は時間帯に寄っては満席で直ぐに席に着く事が出来ないぐらいに流行っている。で、この日は新年明けて早々の平日で、しかもランチタイムには少し早い午前11時半前の訪問と言う事もあって、流石に店内は未だ閑散としていたので、店員や他の客に気兼ねする事も無くテーブル席を利用する事に・・・。
 
吉野家ねぎだく牛丼のメニュー
そしてこちらが『吉野家』から新登場した”ねぎだく牛丼”のメニューで、公式案内に寄ると”築地店では特殊注 文の一つである「ねぎだく」の注文が入ると、牛丼の牛肉の量は変えずに玉ねぎを通常より多く盛り付けて提供していました。 肉鍋の中で素材本来の甘さが引き出され、牛肉の旨味と特製のたれをじっくり染み渡らせた玉ねぎを牛肉と存分に味わえる 「ねぎだく」は、お客様たちが牛丼のうまい食べ方を探求して生まれた歴史的な逸品”との事。以前からこの界隈にある店舗でも”ねぎだく”とか”ねぎ抜き”なんて注文も可能ではあるが、個人的には”牛丼”に限らず標準で提供される物が一番美味しいと思っているので、そう言った注文をした事が無いのだが、個人的に”玉ねぎ”は大好きなのでこの”ねぎだく牛丼”にはメチャ関心があったので取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
吉野家ねぎだく牛丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ねぎだく牛丼”並盛で、お値段は通常税抜価格454円の処、何時のようにJAFのチラシに付いていた50円引券利用で税込価格444円也。ご覧の通り・・・と言うのかメニューに書いてあったように”牛丼”と追加の”玉ねぎ”はセパレートでの提供だ。ちなみに商品説明に寄ると”玉ねぎの量は「牛丼並盛」と比較して4倍増し、牛肉と玉ねぎの割合は 1:2の割合で提供します。増量分の玉ねぎはサイズによっては丼の上に乗り切らない場合があるため、別鉢での提供となりま す。玉ねぎを牛丼へ追加するタイミングはお客様の好み次第です。牛肉を一緒に頬張った際の美味さを再確認したり、牛丼の玉ねぎならではの甘味やこく深さ、シャキシャキ感をじっくり味わったり、卓上にある紅生姜や特製七味で味に変化をつけたり”との事。どうせなら?”ねぎだく牛丼”では無く”牛皿”にして、白いご飯の上に”玉ねぎ”だけを乗せて食べてみたい気もしたが・・・。
 
吉野家ねぎだく牛丼
それはさて置き、こちらが”ねぎだく牛丼”のメインである”牛丼”で、当然の如く普通で注文した時のマンマだ。最近はライバルチェーン店の”すき家の牛丼”とか”松屋の牛めし”を食べる機会の方が多い気がするが(と言っても素の状態では無く期間限定で登場するトッピングが乗った牛丼が大半を占めているが・・・)、やっぱこの”吉野家の牛丼”・・・と言うのか俗に云う”吉牛”が一番ウマい!
 
吉野家ねぎだく牛丼
そしてこちらが”ねぎだく牛丼”の別鉢で提供されていた”まろやかな甘さで食感よい玉ねぎ”で、当然の如く”牛丼”のタレで煮込まれているので、そのまま食べてもメチャウマい!先に書いたように白いご飯に乗せて食べても美味しいと思うが、これをつまみにジョッキ一杯の生ビールが飲めそうな位だ
 
吉野家ねぎだく牛丼
それはさて置き、折角なので”牛丼”の上に”玉ねぎ”をトッピングして完成した?”ねぎだく牛丼”はこんな感じで、ご覧の様に肉の姿が全く見えない程だ!で、早速この”玉ねぎ”テンコ盛の”牛丼”を食べてみると、当然の如く何時もと比べると”玉ねぎ”のシャキシャキ感たっぷりで、大体想像していた通りの味ながらこれはこれで中々ウマかった
 
てな事で、毎度お馴染みの『吉野家』から吉野家一号店「吉野家 築地店」限定で提供していた『ねぎだく牛丼』”が全国の店舗で販売開始になったので早速食べに行ってみたのだが、その名の通り”玉ねぎ”たっぷり入ったシャキシャキした食感が味わえて、これはこれで中々ウマかった!それはさて置き、最近になって”「ねぎだく牛丼」の玉ねぎの2倍の量を使用”したと言う”牛の鍋焼き定食”が登場したので早速食べに行ったのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.