義史のB型ワールド

2020年3月12日

姫路大塩で開催された”ダイエットしたくても秋”で”姫路和牛炙り焼き”とか”豚しゃぶカレー”とか”黒毛牛ビーフシチュー”を食べてみた!肉もカレーもメチャウマい!

 
代理人記録
 
2019年11月に明石公園で”B-1グランプリ in 明石”が開催された翌週、今度は姫路大塩で”ダイエットしたくても秋”と言うちょっと変わったネーミングのグルメイベントが開催されると言う話が耳に入って来た(春も近いと言うのに何時の話してんねん・・・と言わないでね)。ググってみると”6月に開催した大人気イベント『ダイエットしない1日』に次ぐ第2弾。今回は、お肉だけならずみんな大好きカレーも登場!”との事で、個人的に肉もカレーも好きだし何より姫路大塩は明石よりも近い!って事で、取り敢えず行ってみる事にした。
 
ダイエットしたくても秋ポスター
ちなみにこちらが”ダイエットしたくても秋”のポスターで、此処に書かれている内容を見ると”近畿圏内から厳選した人気の肉料理店・カレー店・スイーツ店計25店舗が揃う”らしく、また”パンとお菓子のフェスティバル”も同時開催されるとの事。個人的にはスイーツもパンもお菓子も関心が無いのだが、肉料理&カレーと聞くとやはり行くしか無いなあ・・・と思ったのであった!
 
ダイエットしたくても秋大塩シーサイドパーク芝生広場
そしてこちらが”ダイエットしたくても秋”と言うイベントが開催されていた大塩シーサイドパーク芝生広場で、個人的に大塩には幼き頃から播州秋祭りシーズンに大塩天満宮秋祭りの見物には何度も来たが、それ以外ではほとんど来た事が無い。そもそもこの場所はその昔に塩田があった場所で、昭和世代の私にはその頃のイメージや残像が漂っている・・・。
 
ダイエットしたくても秋姫路和牛炙り焼きダイエットしたくても秋姫路和牛炙り焼き
それはさて置き、”ダイエットしたくても秋”の会場内に出店しているブースを一通りチェックした後、先ず最初に食べようと決めたのがこちらの”神戸牛カルビ丼”のブースで、神戸牛も食べたいと思った物の、そこで焼いている”姫路和牛炙り焼き”がメチャウマそうだったのと、そもそも姫路和牛とやらを食べた記憶が無い(後で過去ログをチェックしたら”姫路和牛のミートソースの生パスタ”ってのを食べた事はあったが・・・)ので、そちらを食べてみる事に決定!!!
 
ダイエットしたくても秋姫路和牛ヒマラヤ岩塩炙り焼きダイエットしたくても秋姫路和牛炙り焼き
で、その”姫路和牛炙り焼き”は注文してから1枚ずつ丁寧に焼くスタイルで、ご覧の様にフライパンの中に入った超巨大なヒマラヤ岩塩の上に姫路和牛のリブロース肉を乗せ、その上からバーナーで炙るだけのシンプルな調理方法だ!(先客も居て待ってる間が長かったので動画も撮ったのだが、面倒なので割愛・・・)。
 
ダイエットしたくても秋姫路和牛炙り焼きダイエットしたくても秋姫路和牛炙り焼き
そしてこちらが実際に買って食べた”姫路和牛炙り焼き”で、お値段は1000円也(ビールは別料金)。ご覧の様にお皿の上には焼き上がった姫路和牛のリブロース肉が入っていてその横にはポテトサラダが添えられている。ちなみに商品説明に寄ると”姫路和牛リブロース100g1200円のお肉を約80g使用。ヒマラヤ岩塩のみで味付”との事で、焼肉のタレのような物は一切付いて無い
 
ダイエットしたくても秋姫路和牛炙り焼き
それはさて置き、早速この”姫路和牛炙り焼き”を食べてみると、赤身が少し残るミディアム状態で、まるでしゃぶしゃぶかすき焼きの肉かと思うような見た目だが、お肉がメチャ柔らかく口の中で蕩けて行くような食感の中に、これでもかと言わんばかりの肉肉しい味わいがあってメチャウマい最近食べた肉料理の中ではダントツの旨さだった
 
ダイエットしたくても秋カレー屋あじーる
で、先ずは”ダイエットしたくても秋”へ来て肉を食べたので、次はカレーを食べようと思い数ある?中からチョイスしたのがこちらの神戸市西区岩岡の田園風景の中にポツンとある『カレーショップ あじーる』で、個人的にも十数年前に岩岡にあるお店に食べに行った事があるのだが、最近は岩岡方面へ行く事も滅多に無かったのでちょっと懐かしいと云う思いからこちらのお店を選んだのだった。
 
ダイエットしたくても秋あじーる 豚しゃぶカレー
それはさて置き、こちらが実際に買って食べた”豚しゃぶカレー”で、お値段は700円也。ご覧の通り見た目は”ココイチで食べた豚しゃぶカレー”のように、カレーのルーの中にしゃぶしゃぶした豚肉が入っただけのシンプルな内容だ。で、先ずはカレー部分から食べてみると、欧風カレーに似た定番のルーでこれが中々ウマい
 
ダイエットしたくても秋あじーる 豚しゃぶカレー
そしてこちらが”豚しゃぶカレー”の中に入っていた”豚しゃぶ”で、流石に先に食べた”姫路和牛炙り焼き”程の豪快さは無いが、結構沢山の豚肉が入っていてこれにカレーのルーが浸み込んでこれまたウマい!個人的にカレーは牛肉!とは思ってはいるが、こうやって偶に豚肉入りのカレーを食べるのもエエかも知れない・・・。
 
ダイエットしたくても秋ギリシャ料理carnival lock
そんなこんなで”ダイエットしたくても秋”と言うイベントに来て”姫路和牛炙り焼き”と”豚しゃぶカレー”を食べたので気持ち的には満足したのだが、未だもう一品位は食べれそうな気がしたのと、牛と豚を食べたので残るは鶏だけか・・・と思っていたら何やらこちらのギリシャ料理のブースでウマそうな鶏肉を焼いていたので、近寄って見てみると・・・。
 
ダイエットしたくても秋ギリシャ料理GREECEスブラキ
こちらが『ギリシャ料理GREECE』?と言うブースで焼いていたギリシャ料理の”スブラキ”で、ご覧のように私の大好きな一枚物の鶏もも肉をタレをかけながら豪快に焼いている!これを見ると絶対にウマそうだし、そもそも”スブラキ”と言う料理を生まれてこのかた食べた事が無かったので試しに食べてみる事に決定!!!ちなみに焼いている人はギリシャ人では無く普通に日本人だった!
 
ダイエットしたくても秋ギリシャ料理GREECEスブラキ
で、こちらが実際に買って食べた”スブラキ”で、お値段は600円也。実物を手にする前は骨付きでは無いが鶏の1枚肉そのまんまで提供されるのかと思いきや、食べやすいようにかあるいはシェアしやすいようにか一口大にカットされていて、その上から定番のトマトソースヨーグルトソースがかかっていて、その脇にはキャベツが添えられている。
 
ダイエットしたくても秋ギリシャ料理GREECEスブラキ
そしてこちらが”スブラキ”の鶏肉で、基本的には想像していた通りの味ではあるが、これに2種類のソースを絡めて食べるとメチャウマい!特に普段滅多に口にする事の無いヨーグルトソースが酸味と甘みたっぷりで、これが意外と鶏肉キャベツとの相性が良くて思わず残ったソースをキャベツで掬って食べ干した程であった!!!
 
そんなこんなで2019年11月末に姫路の大塩シーサイドパーク芝生広場で開催されていた”ダイエットしたくても秋”に行ってみたのだが、他にも未だ沢山食べてみたいなあ・・・と思いつつその日は帰ったのだが、翌日に曽根近辺まで車で行ったので、もうちょっと行けば大塩まで届く・・・と思い再び”ダイエットしたくても秋”に行ってみる事にした。
 
ダイエットしたくても秋マドゥーカダイエットしたくても秋黒毛牛トロットロビーフシチュー
で、”ダイエットしたくても秋”の二日目、先ず最初に向かったのは前日に来た時はメチャ長蛇の行列が出来ていたこちらの”炭火焼黒毛牛ビーフステーキ”のブースで、私も当初は”炭火焼黒毛牛ビーフステーキ”か”炭火焼黒毛牛ビーフステーキ丼”のどちらかを食べようと思っていたのだが、他に”黒毛牛トロットロビーフシチュー”ってのもあったので、最近”ビーフシチュー”を食べて無いなあ・・・と思い(一足先に紹介した”松屋のビーフシチュー定食”はこの日よりも約一ヵ月後の話だったので・・・)、今回は”黒毛牛トロットロビーフシチュー”を食べてみる事に決定!!!
 
ダイエットしたくても秋黒毛牛トロットロビーフシチュー
そしてこちらが実際に買って食べた”黒毛牛トロットロビーフシチュー”で、お値段は500円也。ご覧の通りパッと見た感じは肉と野菜がたっぷり入ったメチャオーソドックスな”ビーフシチュー”で、実際に食べても王道の味ながら黒毛牛の旨みがたっぷり抽出されているのか期待通りメチャウマい
 
ダイエットしたくても秋黒毛牛トロットロビーフシチュー
ちなみに”黒毛牛トロットロビーフシチュー”の中に入っていた黒毛牛の肉の塊はこんな感じで大きさはまちまちながら、3時間煮込んだと言う事もあって確かにトロットロっで、これまたメチャ美味しかった
 
ダイエットしたくても秋レ・ジロンデルダイエットしたくても秋レ・ジロンデル
で、先ずは肉料理を食べたので前日と同じく次はカレーを・・・と思い、またまた数あるブースの中からチョイスしたのが、こちらの『レ・ジロンデル』と言うカレー屋さんで、ご覧の様にブース前には雑誌等で紹介された記事が多数飾ってある。それに寄ると”元町すぐ!深い味と但馬牛にこだわったフレンチシェフ監修のハイクオリティ-カレー”のお店らしい・・・。
 
ダイエットしたくても秋レ・ジロンデル無添加・但馬牛濃厚とろすじカレー
そしてこちらが実際に買って食べた”無添加・但馬牛濃厚とろすじカレー”(小)で、お値段は500円也。何と無く”姫路カレーフェスティバル”で食べるようなシンプルな見た目だ。ちなみに公式サイトの商品説明に寄ると”「但馬牛との出逢いがなければ生まれなかったカレー」とオーナーが言い切る一品!その惚れ込んだ但馬牛の風味を活かす為、化学調味料や保存料・着色料を一切使わない無添加であることにこだわり、使用するフルーツにも試食を重ね作り上げた一品”との事。で、先ずはカレールーから食べてみると、濃厚ながら王道の欧風カレーテイストでメチャウマい!普通サイズの方を食べたら良かったかな?と思った程の美味しさだ!
 
ダイエットしたくても秋レ・ジロンデル無添加・但馬牛濃厚とろすじカレー
ちなみに”無添加・但馬牛濃厚とろすじカレー”に入っていた牛すじ肉はこんな感じで、先に食べた”黒毛牛トロットロビーフシチュー”と比べると大きさがメチャ小さいと言う印象だが、当然の如くカレーの味が浸み込んでいながらも肉の味はしっかり残っていて、これまた中々ウマかった!
 
てな事で、2019年11月30日と12月1日に姫路の大塩シーサイドパーク芝生広場で開催された”ダイエットしたくても秋”に行って、”姫路和牛炙り焼き”とか”無添加・但馬牛濃厚とろすじカレー”とか”黒毛牛トロットロビーフシチュー”を食べてみたのだが、基本的に自分が見て美味しそうと思って選んだ料理ばかりだった事もあって、肉もカレーも鶏肉もどれも全て美味しかった!此処最近は新型コロナウィルスの影響でこの手のイベントは中止や延期になっているが、再開された暁にはまたいっぱい食べに行ってみたいと思う!!!

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。