義史のB型ワールド

2020年3月8日

明石で開催された”2019 B-1グランプリ”の二日目に”ひるぜん焼そば”やら”駒ヶ根ソースかつ丼”やら”四日市とんてき”等を食べてみた!どれも王道の味で中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
2011年に兵庫県で初の開催となったご当地グルメの祭典”B-1グランプリ”には当然の如く、前哨戦の”近畿・中国・四国 B-1グランプリ in 姫路”と本荘の”B-1グランプリ in 姫路”の両方ともに行ったのだが、それに続いて2017年には明石公園で”西日本B-1グランプリ in 明石”が開催され、そして遂に2019年には本荘の”B-1グランプリ in 明石”が開催されたので、初日に行って3品程食べたのだが、未だ他にも食べたいB級グルメがあった。そんな事や二日目はご主人様ファミリーも行くと言うので、折角なのでまたまて行ってみる事に・・・。
 
B-1グランプリin明石ひるぜん焼そば
で、ご主人様ファミリーと待合せた後、先ず最初に向かったのは明石市役所から少し東へ行った第9会場(中崎遊園地)にあるこちらの”ひるぜん焼そば”のブースで、”ひるぜん焼そば”と言えば数年前にご主人様ファミリーと行った湯原温泉ツアーの際に現地で食べようと思っていたのだが、その時はちょっとした事情で食べなかったので、実際には”スーパーで売っていた、自分で作る蒜山焼そば”とか、あるいは”冷凍麺の蒜山焼そば”や”カップ麺の蒜山焼そば”等のバッタもんを食べた位でしか無かったので、一度本物?が食べてみたかったのであった!
 
B-1グランプリin明石ひるぜん焼そば
そしてこちらが実際に買った”ひるぜん焼そば”で、お値段は”チケット4枚”(400円)。更に何故か2パックくれたので1個しか買って無いよと言うと、サービスでもう1パックはプレゼントなんだとか!ま、流石に一人で2パックは食べれ無いので、もう1パックはご主人様一家へプレゼントしたのであった!ちなみに蓋に書いてある”第6回B‐1グランプリ in 姫路 優勝”の文字が何かちょっと懐かしい・・・。
 
B-1グランプリin明石ひるぜん焼そば
それはさて置き、早速この”ひるぜん焼そば”を食べてみると、見た目は一般的なソース焼きそばとか最近流行りの塩焼きそばとそっくりだが、”濃厚な味噌ベースの甘辛だれ”を使っている点が正にミソだ!ちなみに公式ガイドブックの商品説明に寄ると”かめばかむほど味が出る、かしわ肉のタレ焼きそば”との事で、これに似た”ホルモン焼きそば”とも違った味わいで中々ウマい!そう言えば以前に北海道物産展で”ジンギスカン焼きそば”ってのを食べた事があるが、蒜山もジンギスカンが名物なのでこの”ひるぜん焼そば”もジンギスカン入りにすれば?と思うのだが・・・。
 
B-1グランプリin明石八戸せんべい汁
そしてその次に行ったのが、ご主人様ファミリーが食べたいと行ったこちらの”八戸せんべい汁”のブースで、個人的に東北地方もバイクで一周した事があり、青森の先っちょの大間崎も行ったのだが、八戸は通っただけか、あるいは十和田湖方面へ行ったからもしかしたら八戸には行って無いかも知れない・・・。
 
B-1グランプリin明石八戸せんべい汁
それはさて置き、こちらが実際に買った”八戸せんべい汁”で、お値段はチケット4枚(400円)也。ご覧の通りスープの中にせんべいが入っただけのシンプルな内容だ。またまた公式ガイドブックの説明に寄ると”南部せんべいをだし汁に割り入れて煮込む”との事。私は少し味見をした程度なので若干印象は薄いが、基本的には見たマンマの味だったような・・・。
 
B-1グランプリin明石駒ヶ根ソースかつ丼B-1グランプリin明石駒ヶ根ソースかつ丼
続いて私が目指したのがこちらの”駒ヶ根ソースかつ丼”のブースで、”ソースカツ丼”と言えば偶に当ブログで書いているように若かりし頃に連れて行ってもらった”福井ヨーロッパ軒”が発祥のお店と言われているが、それ以外に諸説あってこの”駒ヶ根ソースかつ丼”も”ソースカツ丼”発祥の一つと言われている。が、これまた駒ヶ根は信州方面へスキーへ行く時に何度も通ったが、大半が高速道路利用だったので駒ヶ根の町へは行った事が無い・・・。
 
B-1グランプリin明石駒ヶ根ソースかつ丼
それはさて置き、こちらが実際に買って食べた”駒ヶ根ソースかつ丼”で、お値段はチケット5枚(500円)也。パッと見た印象は『ほっともっと』で買って食べた”駒ヶ根ソースかつ丼”に瓜二つ・・・みたいな・・・。ちなみに公式ガイドブックの商品説明に寄ると”甘辛ソースをくぐらせたカツをキャベツにのせて”との事で、実際に食べて見ても何と無く”かつやのソースカツ丼”や”ほっともっとの駒ヶ根ソースかつ丼”と大きな違いは無い定番のソース味で、これまた中々ウマかった!(そう言えば『牛丼チェーンの吉野家』でも店舗限定で販売されていた”ソースかつ丼”を食べた事があるのだが、知っている人は多分少ないと思う・・・)。
 
B-1グランプリin明石四日市とんてき
ちなみに私が”駒ヶ根ソースかつ丼”を買っている途中にご主人様が買いに行ったのが、私がオススメしたこちらの”四日市とんてき”のブースで、私が初めて”B-1グランプリ in 姫路”の会場で”四日市とんてき”を食べた時も10分程度並んだだけなのだが、今回は会場が明石公園と明石市役所に分散されていた事もあって、それ以下の待ち時間だったような・・・。
 
B-1グランプリin明石四日市とんてき
そしてこちらが実際に食べた”四日市とんてき”で、お値段はチケット5枚(500円)也。パッと見た感じは”B-1グランプリ in 姫路”で食べた時と似たような一口サイズ大で、”長島温泉で食べた四日市とんてき”や”大阪トンテキ”&”東京トンテキ”のようなグローブ状の馬鹿デカさは無い。公式ガイドブックの商品説明に寄ると”分厚い豚肉とにんにくをソースでからめて”との事で、基本的にはタレの味ではあるがこれがメチャウマい!やっぱ結構食べている”松屋の豚テキ”とは雲泥の差だ!更に”四日市とんてき”に添えてあったニンニクも芋みたいな柔らかさでホクホクしてこれまたメチャウマかった!
 
西伊豆しおかつおうどん
それはさて置き、こちらは”駒ヶ根ソースかつ丼”や”四日市とんてき”を買う為に行列に並んでいる間に、ご主人様のお嬢様が買って来た”西伊豆しおかつおうどん”で、お値段はチケット4枚(400円)也。パッと見た感じは鰹節しか見えないが、その下にはうどんが隠れている。公式ガイドブックの商品説明に寄ると”伝統的な保存食「塩鰹」をうどんにふりかけて”との事。こちらは少し味見しただけだが、基本的には普通のうどんだったかな・・・。
 
B-1グランプリin明石釧路ザンタレ
それともう一つ、こちらもご主人様のお嬢様が買って来た”釧路ザンタレチ”で、お値段はケット3枚(300円)也。ご覧の通り鶏肉の唐揚げにタレがかかっているだけで、商品説明を読んでも”釧路名物「ザンギ(鶏の唐揚げ)」に独自のタレをかけて”とメチャシンプルで、味も完全にそのまんまだ!ちなみに私が”ザンギ”と言う呼び名を初めて耳にしたのは、2003年12月にJR明石大久保駅の南側の商業施設内に誕生した『明石ラーメン波止場』の中にあった札幌ラーメンのお店?に行った時が初めての事だった!『明石ラーメン波止場』・・・、今は元のフードコートに戻ってしまったのが何かちょっと悲しい・・・。
 
B-1グランプリin明石行田ゼリーフライ
そんなこんなで先ずは明石市役所近辺の会場へ行ってあれこれと食べたのだが、ご主人様ファミリーのチケットが未だ何枚か余っていると言う事で、今度は明石公園の会場へやって来てちょっと珍しい物を・・・と立ち寄ったのがこちらの”行田ゼリーフライ”のブースで、”ゼリーフライ”とは一体何ぞや?と食べる前は興味津々だったのだが・・・。
 
B-1グランプリin明石行田ゼリーフライ
で、こちらが実際に買って食べた”行田ゼリーフライ”で、お値段はチケット3枚(300円)也。パッと見た感じは小判型のコロッケに見えるが、実際に食べてもメチャコロッケだ!ちなみに公式ガイドブックの商品説明に寄ると”ジャガイモとおからを素揚げしウスターソースで”との事だったが、”おから”の存在感は余り無かったような気がする・・・。
 
B-1グランプリin明石黒石つゆやきそば
それはさて置き、未だチケットが残っていると言うので折角ならばと私がオススメしたのがこちらの”黒石つゆやきそば”で、お値段はチケット4枚(400円)也。パッと見た感じは黒い麺の天かすうどんに見えるが、スープの中に入っているのは前日食べた”伊那ローメン”と同じく焼そばだ!ちなみに公式ガイドブックに寄ると”黒石独自の太い平麺のやきそばをつゆにつけて”との事。個人的には”B-1グランプリ in 姫路”の際に食べたので、今回は味見をしただけだが中々ウマい!と思ったのだけど、ご主人様ファミリーにはウケは悪かったようだ・・・。
 
てな事で、2019年11月に明石で開催された”B-1グランプリ in 明石”の二日目に行って”ひるぜん焼そば”とか”駒ヶ根ソースかつ丼”とか”四日市とんてき”等を食べてみたのだが、”行田ゼリーフライ”は兎も角として基本的に以前食べた事のあるような味わいながらどれも中々美味しかった!とは言え、この日一番気になった?と言うのか我々の間で話題になったのが静岡県袋井市の”袋井宿たまごふわふわ”で、それにはメチャ関心が沸いたのだが、待ち時間が60分?とかになっていたので、流石に今回は諦めたのだった・・・。で、遂最近に明石公園で開催される予定だったグルメイベントに”袋井宿たまごふわふわ”が登場する・・・とか言う話があったのだが、新型コロナウィルスの為にイベント自体が中止になってしまったのであった!何時かチャンスがあれば一度食べてみたいと思う!!!

WordPress.com Blog.