義史のB型ワールド

2020年2月27日

またまた行った高砂中島にある”kitchen KATO”で姫路ブランド豚桃色吐息の”ポークステーキ”を食べてみた!お店自慢のデミグラスソースが絡んで中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:00 PM
 
代理人記録
 
この日は久々にご主人様がやって来ると言うので例に寄ってランチを御一緒する事になった。で、最初は以前から一度行ってみたいと思っていた高砂中筋に新しく出来たカフェ&ダイニング チャソラ』と言うお店に行ってみたのだが、午前11時半を廻っていると言う事もあってか駐車場は既に満席だったので、そのまま素通り・・・。で、どうした物かと思案した結果、ご主人様の後々の時間の関係で、久々に高砂中島にある『キッチン カトウ/kitchen KATO』へ行ってみる事にした。
 
キッチン カトウ/kitchen KATO
こちらが約半年ぶりに行って来た”自家製ハンバーグとビーフかつめしが人気のお店!”と言う『キッチン カトウ/kitchen KATO』で、お店がある場所は高砂中島辺りの明姫幹線の北側、パチンコ「Earth21」の東向かい辺りだ。で、以前に書いた様に、個人的にこのお店には10年位前は偶に食べに来ていたのだが、その数年後には超人気店になって満席な時が増えた事もあって、最近は若干足が遠のいていた。で、半年程前に某女子会に参加した時に久々に来たのだが、その時は予約で今回は行き成りの訪問だったので、席があるかどうか不安だったのだが、何とかカウンター席の端の方だけ空いていると言う事だったので、取り敢えず入店する事に・・・。
 
キッチンカトウランチメニューキッチンカトウ姫路ブランド豚桃色吐息メニュー
そしてこちらがお店の外に置いてあったランチタイムのメニューが書かれたボードと、店内に置いてあったシェフおすすめの姫路ブランド豚 桃色吐息使用のメニューで、個人的に一番のオススメは”ミニステーキとエビフライがセットになったAランチ”で、ご主人様はそちらを食べる事にしたのだが、私の場合は2019年6月に食べたばかりなので今回はパス。それに加え姫路ブランド豚 桃色吐息と言えば数年前の高砂市制60周年おめでたフェア”の会場で”桃色吐息ステーキ”を食べたのを皮切りに”姫路の地のもんグルメフェスタ”では”姫路グルメポークのスタミナ丼”、姫路駅前にある『串揚げ天婦羅 ひめ天』では”姫路桃色吐息一枚揚げ定食”、同じく姫路駅前にある『播州ダイニング GOTTO (ごっと)』では”姫路グルメポーク桃色吐息と春キャベツの土鍋蒸し”、『喫茶 chaya/KINEYA』では”グルメポーク 姫路桃色吐息のしょうが焼き丼”、『マコハレ亭本店』では”姫路グルメポークの桃色吐息のしょうゆ麹漬けの豚そば”等、姫路ブランド豚 桃色吐息のメニューがあると必ずと言って食べて来た馴染の豚肉なので、今回はこちらのメニューの中からシンプルに”ポークステーキ”の方を食べてみる事に決定!!!
 
キッチンカトウポークステーキのサラダキッチンカトウポークステーキのスープ
で、”ポークステーキ”を注文後、先ず最初に運ばれて来たのがこちらのサラダスープで、サラダの方は内容的にレタスや玉葱やトマトと至ってシンプルな野菜ばかりだが、上からかかっている自家製ドレッシングがこれまたウマい!スープの方も何時もと同じポテトを使ったポタージュのような感じで、その中に刻んだベーコンが入っていて、これまたメチャ美味しい!!!
 
キッチンカトウポークステーキ
そして先に運ばれて来たサラダスープを食べ終えて待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの姫路ブランド豚 桃色吐息使用の”ポークステーキ”とセットのライスで、先に運ばれて来たサラダスープ、それに食後にコーヒーが付いてお値段は税込価格2000円也。私がこのお店で食べた料理の中では今回が一番高い・・・。てか、”贅沢かつめし(ビーフ)”等の牛肉料理よりも高いとは、姫路ブランド豚 桃色吐息恐るべし!
 
キッチンカトウポークステーキ
それはさて置き、こちらがメイン料理の”ポークステーキ”で、ご覧の様にたっぷりのデミグラスソースが掛かっていて、その上に焼きパイナップルがトッピングされてる。雰囲気的に女性陣にもウケそうな見た目ではあるが、その分女性客を意識したのかボリュームは少し少な目と言う印象・・・。ちなみに付け合せの野菜は”Aランチのミニステーキ”に付いている物と同じような焼野菜だ。
 
キッチンカトウポークステーキ
で、トッピングの焼きパイナップルをお皿の脇に退けてあらためて”ポークステーキ”を見てみるとこんな感じで、ご覧の通りお箸で摘まんで食べれるように最初から一口サイズの大きさにカットされている。そしてこの”ポークステーキ”をたっぷりとかかったデミグラスソースに絡めて食べると、しっかりとした豚肉の味わいがあり、更には姫路ブランド豚 桃色吐息と言う脳へのすり込みもあってか中々ウマい
 
キッチンカトウポークステーキ
ちなみに”ポークステーキ”の断面はこんな感じの・・・数日前に紹介した『松屋』の”厚切り豚テキ”の半分程の厚さで、”ミニステーキ”の場合はミディアムレアな焼き加減だが、流石に豚肉と言う事もあってか中心まで完全に火が通っている。それでも豚肉自体はメチャ柔らかく、雰囲気的にはこの倍の量があっても食べれたような気がする・・・。
 
キッチンカトウポークステーキの食後のコーヒー
最後に・・・、こちらは”ポークステーキ”に付いていた食後のコーヒーで、内容的にはどうって事の無い至って普通ホットコーヒーなのだが、ランチセットにこれがあるのと無いのとではお得感が違う・・・。で、気持ち的には食後の余韻を楽しみたかったのだが、入り口には空席待ちの客が何組か居たので、談笑する事も無く席を後にしたのであった
 
てな事で、この日はまたまた『kitchen KATO』へ行って今回は姫路ブランド豚 桃色吐息使用の”ポークステーキ”を食べてみたのだが、肉厚はそれ程では無いが肉自体はとても柔らかく、それにお店ご自慢のデミグラスソースが絡んで中々ウマかった!確かに値段を考えると普通に”ビーフステーキ”の方がエエような気もするが、こんな機会でも無い限り姫路ブランド豚 桃色吐息を口にする事も無いし・・・。と言う事で?また近い内にもう一つ姫路ブランド豚 桃色吐息メニューの中にあった”ポークカツレツ”を食べに行ってみようと思う!!!

3件のコメント »

  1. カフェ&ダイニング チャソラって、なかなか人気で気合い入れていかなきゃ入れないって。駐車場も少なそうだし・・・。

    コメント by 10番 — 2020年2月28日 @ 9:08 PM | 返信

    • 確かにそんな感じ…。お店の前は良く通るので毎回チェックはしているが、ランチタイムは何時も混んでそう。
      駐車場は店前に3台か4台。店の横に2台ぐらいは停められそうだが、何時も埋まってる。

      コメント by 代理人 — 2020年2月28日 @ 9:22 PM | 返信

  2. そだね~。

    コメント by 10番 — 2020年2月29日 @ 6:32 PM | 返信


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。