義史のB型ワールド

2020年2月5日

毎度お馴染みの”すき家”で国産黒毛和牛を使った”黒毛和牛すき焼き丼”を食べてみた!すき焼き風味で中々ウマいが肉は”吉野家”の”特撰すきやき重”とか”サーロイン重”の方が・・・。

Filed under: — 代理人 @ 9:29 午後
 
代理人記録
 
相変わらず週に一回位は利用している各牛丼チェーン店であるが、個人的に”牛丼”を食べるなら『吉野家』一択だと思っている!そんな事はライバルチェーンの『すき家』も、とうの昔から気づいているようで?その代わりに”お好み牛玉丼”や”やきそば牛丼”等、色んなアレンジを施した”牛丼”が定期的に登場する。で、そんな”牛丼”をちょっと豪華にした”牛すき焼き丼”が偶に登場するのだが、今回は”黒毛和牛”を使ったその名も”黒毛和牛すき焼き丼”ってのが新登場したので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた
 
すき家黒毛和牛すき焼き丼1[1][1]
こちらがまたまた行って来た『すき家/明幹加古川店 (旧:加古川南店)』で、この日もランチタイムには少し早目の午前11時頃の訪問だったので、流石に店内は閑散としている。で、以前から度々書いているように数年前の夏に、混んでいる時にカウンター席に座ったら、隣の席のおっさんが自分の”とん汁”を溢して、短パンだった私の左足に全部かかった・・・と言う嫌な経験があるので、最近は2人掛けのテーブル席の方を利用する事が多いのだが、空いていたのでまたまたカウンター席を利用する事に・・・。
 
すき家黒毛和牛すき焼き丼のメニューすき家黒毛和牛すき焼き丼のメニュー
そしてこちらが『すき家』から期間限定で登場した”黒毛和牛すき焼き丼”のメニューで、雰囲気的には以前食べた”ブランド・オブ・ザ・イヤー受賞記念”で登場した”和牛すき焼き丼”や普通の?”牛すき焼き丼”に似ている気はしたが、何やら今回は”国産黒毛和牛使用”との事。ちなみに公式案内に寄ると”柔らかく上質な黒毛和牛を使用した「黒毛和牛すき焼き丼」に、たまごとみそ汁が付いたセットです。和牛の旨みと特製割下の味がしっかりと染み込んだ野菜をたまごと絡めれば、より箸が進むこと間違いありません”との事。確かに”たまご”があった方がエエとは思いつつも、取り敢えず”黒毛和牛すき焼き丼”がどんな味なのか気になっただけなのでシンプルに?並盛を単品で食べてみる事に決定!!!
 
すき家黒毛和牛すき焼き丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”黒毛和牛すき焼き丼”(単品・並盛)で、お値段は通常税込価格780円の処、JAFのチラシに付いていた50円の割引券利用で税込価格730円也。パッと見た感じは先に書いた様に以前食べた”牛すき焼き丼”にメチャそっくりだ。ちなみに商品説明に寄ると”すき家特選の黒毛和牛を使用した贅沢なすき焼き丼です。上質な黒毛和牛を一口頬張れば、口いっぱいに広がる甘みと旨みをお楽しみいただけます。特製割下の上品なタレの風味と肉汁をぎゅ~っととじ込めたすき焼きを丼で味わえる、すき家ならではの一品”との事。で、早速この”黒毛和牛すき焼き丼”を食べてみると味は想像通りの”すき焼き味”で中々ウマい!
 
すき家黒毛和牛すき焼き丼
そしてこちらが”黒毛和牛すき焼き丼”に入っていた”すき家特選の黒毛和牛”で、偶に食べる”すき家の牛丼の肉”と比べると大きくて量も多いと言う印象だが、少し前にライバルチェーン店の『吉野家』で食べた”特撰すきやき重”とか”サーロイン重”の肉と比べると、大きさや量に雲泥の差がある・・・。値段は大した差では無いので、そう考えると『吉野家』の”特撰すきやき重”や”サーロイン重”はメチャお得だったのかも知れない・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『すき家』から期間限定で登場した”黒毛和牛すき焼き丼”を食べてみたのだが、味的には定番のすき焼き風で肉自体も柔らかく全体的に中々美味しかった!とは言え先に書いた様にライバルチェーン店の『吉野家』で食べた”特撰すきやき重”や”サーロイン重”と比べると値段の差は100円程でしか無いのに、肉のボリューム感等に雲泥の差があったかな。ま、こちらは”国産黒毛和牛”を使用しているから・・・と言われればそれまでだが、個人的な好みで言うと”特撰すきやき重”とか”サーロイン重”の方が圧倒的にエエような・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.