義史のB型ワールド

2019年12月4日

毎度お馴染みの姫路山陽百貨店の”うまいもの大会”で”四国丸亀骨付鳥一鶴の骨付鳥”と”ナカヤ菓子店のアップルパイ”を食べてみた!どちらも定番の味で中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
昨日紹介した『香川 蘭丸』の”骨付鳥ひな”の話の序でに没ネタとなっていた話を後々の備忘録として御紹介・・・。
 
今年の5月頃に姫路山陽百貨店で開催されていた”日本列島絶品うまいもの大会”に行って海老そば専門店 築地 えび金』の”海老そば”を食べに行った後、我が姉夫婦へのお土産に買って帰って食べた”丸亀骨付鳥一鶴の骨付鳥”と”砂川ナカヤ菓子店のアップルパイ”のお話。
 
四国丸亀骨付鳥一鶴
こちらが姫路山陽百貨店で開催されていた”日本列島絶品うまいもの大会”の会場の一角にあった『四国 丸亀 骨付鳥 一鶴』のブースで、個人的にこの『四国 丸亀 骨付鳥 一鶴』を利用する様になったのは2006年頃だったかに大阪心斎橋の関西初進出して来た心斎橋店に行ったのを皮切りに、四国香川で開催された中島みゆきコンサートへ行った後に高松店にも食べに行ったり、この手の物産展で販売されている時は偶に買って帰って食べたりする結構馴染のお店だ。
 
四国丸亀骨付鳥一鶴ひな
そしてこちらが買って帰ってからレンチでチンして食べた”骨付鳥一鶴のひな”で、商品説明に寄ると”骨付きのもも肉をまるごと一本、専用のカマでふっくら香ばしく焼き上げる。焼き上がった骨付鳥を豪快にかぶりつけば、とり肉本来の旨味とスパイシーな辛さが口いっぱいに広がります”との事。確かにお店で食べる味とは少し違う気はするが、これはこれで中々美味しい”骨付鳥”だった!
 
ナカヤ菓子店アップルパイ
それはさて置き、同じく”日本列島絶品うまいもの大会”の会場を散策していると目に留まったのがこちらの『ナカヤ菓子店』で、このお店で販売されているのは”ふじを使った煮りんごは甘味と酸味のバランスが絶妙で、道産醗酵バターを使い、手仕込みで仕上げられる。しっとりサクサクの食感”が特徴と言う”アップルパイ”だ!”アップルパイ”って何処でも売っているやん・・・と思いつつも、個人的に”アップルパイ”が好きな事もあって近寄って見てみると・・・。
 
ナカヤ菓子店アップルパイ
何やら”アップルパイの街 砂川”を言う大きな貼り紙が・・・。砂川と言う地名を聞いて何処?と思う人も多いと思うが、個人的に北海道一週旅行を3回も行っていて、その度に砂川を通るので何と無く場所は判る・・・。とは言え、砂川で観光をしたとか何かを食べたとかは一切した事の無い場所で、当然の如く”アップルパイの街”だと言う事もこの時に初めて知った!
 
ナカヤ菓子店アップルパイ
そしてこちらが実際に買って帰って食べた”ナカヤ菓子店アップルパイ”で、パッと見た感じはメチャオーソドックスな雰囲気だ。ちなみに商品説明に寄ると”表面がつやつやでバターの香りがするサクサクのパイ生地。道産の発酵バターを使用しており、リンゴも10月から1月は北海道産の「ふじ」を使用しています。中のリンゴはとろっとしていて、甘さは控えめ。焼きたては中のリンゴもアツアツで、パイはより一層サクサクしています”との事。で、買って帰ってから食べたのでレンジでチンして食べると、オーソドックスな味わいながら中々美味しかった
 
てな事で、またまた姫路山陽百貨店で開催されていた”日本列島絶品うまいもの大会”の会場で販売されていた『四国 丸亀 骨付鳥 一鶴』の”骨付鳥一鶴のひな”とか『ナカヤ菓子店』の”アップルパイ”を買って帰って食べてみたのだが、”骨付鳥一鶴のひな”の方はすっかりお馴染みの味で何時も通り中々美味しかった!”アップルパイ”の方も割とオーソドックスな味わいではあったが、こちらも中々美味しかった!ちなみに”骨付鳥一鶴のひな”は我が姉夫婦にも満足していただけたようで、目出度し目出度し!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.