義史のB型ワールド

2019年11月3日

毎度お馴染みの”なか卯”でプレミアム重シリーズの第11弾の”黄金つくねと炭火焼き鶏重”を食べてみた!ハンバーグみたいなつくねとこだわり卵の相性が抜群で中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
相も変わらず偶に食べに行っている各牛丼チェーン店であるが、その中の一つに元々は大阪が発祥ながら今は『すき家』と同じグループになってしまった『なか卯』がある。個人的には『吉野家』が関西一帯に蔓延る以前の、誰がどう見ても『吉野家』のパチモンにしか見えなかったオレンジ色の店舗の頃から食べている愛着のある牛丼チェーン店なので、応援の意味も兼ねて今でも時々食べに行っている。そんな『なか卯』からプレミアム重シリーズ第11弾!として”黄金つくねと炭火焼き鶏重”ってのが新登場したので、またまた食べに行ってみた。
 
丼ぶりと京風うどんのなか卯加古川店
こちらがまたまた行って来た『丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店』で、流石に改めて書く内容も無いので以前の紹介文からコピペすると、個人的には『なか卯』が完全に『吉野家』のパチモンみたいな”安い・美味い・早い”と言う看板を掲げたオレンジ色の店舗だった頃(ただし、この『加古川店』は誕生した時から新型店舗だったのでオレンジ色だった時は無い)から食べに行っている愛着のある牛丼チェーン店なのだが、最近は親子丼チェーン店っぽい雰囲気だったり、今回の様にちょっと値段の高い高級路線の牛丼チェーン店になって来たような気がする・・・。
 
なか卯黄金つくねと炭火焼き鶏重のフェアメニュー
そしてこちらが『なか卯』から期間限定で登場した”黄金つくねと炭火焼き鶏重”のフェアメニューで、公式案内に寄ると”これまで【黒毛和牛重】や【豚角煮重】などを販売してきたプレミアム重シリーズの第11弾となる商品”で、公式案内に寄ると”2019年に「親子丼発売25周年」を迎える。今回発売する商品は、鶏肉の魅力をより引き出した一品に仕上がっている”との事。、個人的にこのプレミアム重シリーズ全て制覇して来た私なので、今回も取り敢えず食べてみる事に決定!!!
 
なか卯黄金つくね炭火焼き鶏重
で、間も無く手元のブザーが鳴ったのでセルフで運んで来たのがこちらの”黄金つくねと炭火焼き鶏重”(並)で、お値段は税込価格690円也。何時もであればこれにJAFのチラシに付いている”なか卯で使える小うどんはいから(1杯)無料券”を利用して”小うどんはいから”もあるのだが、8月は前回”黒毛和牛ローストビーフ重”を食べた時に使い終わってしまっていたのと、何故か9月号からは”なか卯で使える小うどんはいから(1杯)無料券”が付いて来なかったので、前回訪問日以降、今日に至るまで”小うどんはいから”は食べていない・・・。
 
なか卯黄金つくね炭火焼き鶏重
そしてこちらがセルフで”こだわり卵”の卵黄だけをトッピングした”黄金つくねと炭火焼き鶏重”で、商品説明に寄ると”最大の魅力は、大判の鶏つくねに色鮮やかで濃厚なコクが特徴の「こだわり卵」を添えた「黄金つくね」。つくねの味付けには生姜を効かせ、レンコンを加えることでシャキシャキとした食感がアクセントに。とろりとした黄身と鶏つくねを絡めた、コク深い味わい。また、炭火で焼き上げた鶏のもも肉は香ばしく、ジューシーで食べ応え十分。そのままでも、濃厚なこだわり卵を絡めても、見た目も香りも楽しめる”との事。
 
なか卯黄金つくね炭火焼き鶏重なか卯黄金つくね炭火焼き鶏重
それはさて置き、早速この”黄金つくねと炭火焼き鶏重”の最大の特徴である”大判の鶏つくね”から食べてみると、ご覧の様に焼鳥屋さんで食べるような串に刺した小さな団子状の丸いつくねでは無く、何と無くハンバーグにも見える結構大きなサイズのつくねで、若干食感がしっかりしているような印象だが、特製のタレがかかっていてそのまま食べても中々ウマいし、卵黄に絡めて食べてもこれまたウマい!
 
なか卯黄金つくね炭火焼き鶏重
そしてこちらは”黄金つくねと炭火焼き鶏重”に入っていた”炭火で焼き上げた鶏のもも肉”で、雰囲気的には以前食べた・・・あるいはこの数日後に再び食べた”炭火焼き親子丼”に入っていた物と同じような感じで、確かに炭火で焼いたような?香ばしさがあって、これまたウマかった
 
最期に・・・、『なか卯』の公式サイトに”プレミアム重シリーズ”が記載されていたので後々の参考の為にこちらにも書いておこう・・・(途中からは私が加筆・・・)。
 

<これまでのプレミアム重シリーズ>
第1弾
うな重(2016年8月~)
第2弾
ローストビーフ重(2016年9月~)
第3弾
熟成リブロースステーキ重(2017年2月~)
第4弾
黒毛和牛重(2017年9月~)
第5弾
牛たん重(2017年12月~)
第6弾
豚テキ重(2018年2月~)
第7弾
豚角煮重(2018年11月~)
第8弾
厚切り豚ロース重(2019年4月~)
第9弾
牛カルビ重(2019年6月~)
第10弾
黒毛和牛ローストビーフ重(2019年7月~)
第11弾
黄金つくねと炭火焼き鶏重
(2019年8月~)

ちなみに、この他にも”牛しぐれ重”とか”うな玉親子重”とか”トリュフの親子重”(こちらは親子丼革命シリーズの商品)”なんてのも食べた事があるのだが、それらはプレミアム重シリーズでは無いらしい・・・。更に付け加えると本文の中にも登場した”生うにのせ 黄金ローストビーフ重”はプレミアム重シリーズ第2弾で登場の”ローストビーフ重”の派生バージョン扱いっぽい雰囲気で、これまたプレミアム重シリーズに入って無いようだ・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『なか卯』からプレミアム重シリーズ第11!として登場した”黄金つくね炭火焼き鶏重”を食べてみたのだが、結構大き目サイズの”大判の鶏つくね”に『なか卯』ご自慢の”こだわり卵”が絡んで中々美味しかったし、”炭火で焼き上げた鶏のもも肉”の方も以前食べた”炭火焼き親子丼”に入っていた物と似通ってはいたが、これまた”こだわり卵”に絡めて食べても中々ウマかった!それにしても最近は”さん天の鶏づくし天丼”とか”かつやの鶏つくね味噌カツ丼”等、この手のファストフード店で”つくね”を使った丼を食べる機会が増えたような気がする・・・。何故かは知らないがもしかすると”つくね”がブームになっているのかな?

WordPress.com Blog.