義史のB型ワールド

2019年10月11日

毎度お馴染みの”吉野家”で9年ぶりにパワーアップしたと言う”牛キムチクッパ”を食べてみた!牛肉は美味いが、やっぱ辛い物は好きになれない・・・。

Filed under: — 代理人 @ 10:48 PM
 
代理人記録
 
最近の『吉野家』の話題と言えば税込価格860円もするのに私が食べに行った店舗では初日の正午前に売り切れた特撰 すきやき重”とか、同じく私が良く利用する店舗で先行販売されていた”月見牛とじ御膳”が話題の的?なのだが、その話はまた後日詳しく?書くとして、先ずは7月下旬頃に9年ぶりにパワーアップして登場したと言う”牛キムチクッパ”を食べたお話・・・。
 
吉野家250号線加古川店
こちらがまたまた行って来た明姫幹線加古川中学校南交差点の角にある『吉野家/250号線加古川店』で、この日もランチタイムには少し早目の午前11時半頃の訪問だったのだが、相変わらず先客万来で賑わっている。ま、後日”特撰 すきやき重”や”月見牛とじ御膳”を食べに来た時程では無かったので、そう考えると空いていた方なのかも知れない・・・。
 
吉野家牛キムチクッパのメニュー吉野家牛キムチクッパのメニュー
そしてこちらが『吉野家』から期間限定で登場した”牛肉の旨みが決め手の吉野家特製キムチクッパ”と言う謳い文句が付いた”牛キムチクッパ”のメニューで、公式案内に寄ると”2010年11月から期間限定販売したメニューで、昨年一部地域でテスト販売を実施したところ、大変好評をいただきました。9年ぶりにパワーアップした内容で全国の吉野家に戻ってきます”との事。2010年頃も当然の如く、毎月『吉野家』を利用していたと思うが個人的に”牛キムチクッパ”を食べた記憶は無いし、当ブログの過去記事を検索しても出て来ない・・・。ま、個人的に辛い物はそれほど好きと言う訳では無いので興味が沸かなかっただけかも知れないが、最近はブログネタも兼ねて期間限定で登場する商品の大半は食べているので、今回も取り敢えず食べてみる事に決定!!!
 
吉野家牛キムチクッパ
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛キムチクッパ”で、お値段は通常税込価格490円の処、今回もJAFのチラシに付いていたクーポン利用で50円引きとなって税込価格440円也。ご覧の通りパッと見ただけでもメチャ辛そうな色具合だ。ちなみに商品説明に寄ると”ご飯の上に吉野家秘伝のたれで煮上げた牛丼の具(牛肉と玉ねぎ)、吉野家特製キムチ、もやしナムル、豆腐を、コチュジャンベースのスープに昆布/かつお/しいたけ更に牛肉のエキスをたっぷり効かせた旨辛スープと一緒によそい、最後に青葱をトッピングして提供します。一口食べると、辛さの中に牛を中心とした重層的な旨味が口の中にたっぷり広がる商品となりました。味の決め手は、吉野家牛丼の具とスープに入れた牛肉エキスのマリアージュです”との事。何やらあれこれと御託が並んでいるが、取り敢えずスープを飲んだ印象は単純に辛い!!!
 
吉野家牛キムチクッパ
そしてこちらは”牛キムチクッパ”に入っていた”吉野家秘伝のたれで煮込んだ牛肉”で、お肉自体は結構大きくて柔らかく中々美味しいのだが、旨辛スープとやらがたっぷりと浸み込んでいてやっぱり辛い!!!個人的には”牛キムチクッパ”では無くてシンプルに”牛玉子クッパ”みたいな方が良かったのになあ・・・と思った瞬間であった!
 
吉野家牛キムチクッパ
ちなみにこちらは”牛キムチクッパ”に入っていた豆腐とキムチで、これを見てふと脳裡に浮かんだのが、そう言えば冬定番の”牛チゲ鍋膳”も毛嫌いして食べた事無かった・・・(”旨辛味噌牛鍋”は店舗限定メニューだったので、思わず食べてしまったが・・・)。やっぱ私はこの手の辛い商品は敢えて食べて来なかったのだと、今更ながらに気が付いたのであった!!!
 
てな事で、毎度お馴染みの『吉野家』で”9年ぶりにパワーアップした内容”で登場したと言う”牛キムチクッパ”を食べてみたのだが、牛肉自体は普通に美味しい物の個人的にこの手の辛い物は余り好きでは無いので、それ以上の味わいは無かった・・・。てか、早くこの手の激辛ブームが終わって欲しいと切に願う・・・。

WordPress.com Blog.