義史のB型ワールド

2019年9月11日

毎度お馴染みの”吉野家”で店舗限定の”から揚げ定食”を食べてみた!揚げ立て熱々で普通にウマいが、やっぱ専門店へ行って食べる方がエエような・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:48 PM
 
代理人記録
 
最近の『吉野家』の話題と言えば税込価格860円もするのに私が食べに行った店舗では初日の正午前に売り切れた特撰 すきやき重”とか、同じく私が良く利用する店舗で先行販売されていた”月見牛とじ御膳”が話題の的?なのだが、その話はまた後日詳しく?書くとして、先ずは6月下旬頃に最近はあちこちの店舗でも販売が開始された”から揚げ定食”を食べたお話・・・。
 
吉野家250号線加古川店
こちらがまたまた行って来た明姫幹線加古川中学校南交差点の角にある『吉野家/250号線加古川店』で、この日は日曜日のランチタイム始まって直ぐの正午過ぎの訪問と言う事もあってか、土砂降りの雨の中でも店内は満席に近い状態・・・。と言うよりも、この日以降も最初に書いたように”特撰 すきやき重”とか”月見牛とじ御膳”を食べに来た時は、この日の教訓もあってわざと時間をずらして早目に食べに行ったのだが、その時もこの日同様に店内はほぼ満席だった・・・。『吉野家』って相変わらず人気があるのね・・・。
 
吉野家から揚げ定食のメニュー
それはさて置き、この日に『吉野家』を訪問した最大の理由は毎月JAFから送られて来る会報誌のチラシに付いている割引クーポン券(その内にJAFのクーポンと簡略化する予定・・・)を使う事にあったので、特にこれと言って食べたい料理があるわけでは無かったので、何を食べようかと思案した結果、以前は『2号線加古川平野店』等の一部店舗限定のメニューだった”から揚げ定食”が、今年になってから?だったかにこの『250号線加古川店』でも販売開始されたので、その中から今回はシンプルに”から揚げ定食”を食べてみる事に決定!!!
 
吉野家から揚げ定食
で、間も無くして運ばれて来た(と、何時もの如く書いたが”から揚げ定食”は調理に時間がかかると言われ、実際は若干の待ち時間があった)のがこちらの”から揚げ定食”で、メインの”から揚げ”が盛られたお皿の他にライスと味噌汁がセットになって、お値段は通常税込価格580円の処、先にも書いたように今回もJAFのクーポン券利用で50円引きとなって税込価格530円也。運ばれて来た時の第一印象は、以前に『2号線加古川平野店』で食べた”タルタル南蛮から揚げ丼”よりも”から揚げ”の数が少ない・・・・と言うのか、何と無くボリュームが少な目でこれでお腹が一杯になるのかな?と言う一抹の不安だった・・・。
 
吉野家から揚げ定食
そしてこちらが”から揚げ定食”のメイン料理である”鶏のから揚げ”で、ご覧の様に大小様々な形の物が4個で、その脇には千切りキャベツが添えられている。で、パッと見た印象は先にも書いたがように?この日の前後に食べた”から好しのももから揚げ”とか”博多豚骨ラーメン まるせんの唐揚げ”とか”から屋の鶏肉のから揚げ”と食べ比べをしてみたかったからなのだが、例に寄って値段が異なるので単純比較は出来ないが何と言ってもその大きさが一番小さいような・・・。これで看板商品の”吉牛”並の380円ならば価値があるのかも知れないが、正価で税込価格580円だと言われると、少し足を延ばしてでも『からあげ専門店 から好し』の方に食べに行くよなあ・・・。
 
吉野家から揚げ定食
ちなみにこちらは”から揚げ定食”に付いていたみそ汁で、個人的に『吉野家』でみそ汁を飲むのはこれまた久々だが、相変わらず具はワカメとネギぐらいしか入って無くて味的にも可も無く不可も無く・・・。正価で税込580円する定食なので、みそ汁も少しは具が入っている内容にして欲しい気がする・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『吉野家』で店舗限定メニューの”から揚げ定食”を食べてみたのだが、基本的には以前『2号線加古川平野店』で先行販売されていた時に食べた”から牛”に入っていた”鶏のから揚げ”と同じで普通に美味しいが、今となってはこの界隈にもあちらこちらに誕生した”からあげ専門店”へ行って食べる方が絶対に良いような・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.